大人ニキビを治す5つの方法!正しくケアをして脱ニキビ肌

大人ニキビを治す5つの方法!正しくケアをして脱ニキビ肌

大人ニキビを治す方法はいろいろありますが、中でもどんな方法が効果的なのか知りたいですよね!正しいケアをすれば、肌質が変わり、ニキビができにくい肌を作ることができます。今ある大人ニキビを治して、更にニキビ肌から卒業しましょう!

正しい対処法で大人ニキビを改善!

大人ニキビができると、メイクで隠したいけど隠そうとすればするほど目立って本当に困りますよね。

大人ニキビのためにいろいろ試行錯誤してきた方も多いと思いますが、今日はたくさんの人が試してきた対策の中から、効果的な5つの方法を細かく解説していきたいと思います。

undefined
はるこ先生
ニキビ肌だから出来ても仕方ない…と思うのはまだ早いです!ケア方法を変えれば、肌も変わります。私も今やニキビとは無縁なツルツル肌になれましたよ!

  • サイト立ち上げまでのネットリサーチ数⇒約1,200サイト
  • 医学書〜雑誌まで読んだ書籍⇒ 30冊
  • 皮膚の変化⇒ニキビまみれだったが今は跡も残らない美肌に
編集部で大人ニキビについて調査したところ、大人ニキビを治すポイントを5つに絞ることができました。特別難しい方法ではなく、日頃の生活習慣やスキンケアを見直すだけで大人ニキビを治すことができます。
試したことがない方法は、ぜひ実行してみてください!

大人ニキビを1日で治す方法はある?

できるだけ早くニキビを治したいと思いますが、大人ニキビを一日で完治させることは不可能に近いです。肌は細胞が生まれ変わることで皮膚を再生していきます。

それにはどうしても時間がかかるため、余程治りかけの状態でない限り一日で治すということは厳しいのです。

ですが、その一日でも何らかのケアをしておけば、少しでも早く大人ニキビを治すことができるでしょう。まずは日々のケアでできることから行いましょう。

炎症だけでも抑えるコツ

こうして炎症を抑えよう

  • 清潔に保つ
  • 早く寝る
  • ビタミン剤を飲む

 洗っていない手でニキビを触ると、そこからばい菌が入り、大人ニキビは治るどころか悪化します。薬を塗る際も洗顔した直後など清潔な状態で塗るようにしましょう。

また、肌は寝ている間に再生する力が活発になります。夜更かしをしているとホルモンバランスが乱れて、ニキビも治りにくく、ニキビが出来やすくなります。

肌のゴールデンタイムとも言われている22時には寝るように心がけましょう。

普段から食生活が乱れている方や、野菜やフルーツを食べる機会が少ない方は、ビタミン剤を飲んで栄養を補給しましょう。

ビタミン剤をたくさん飲むのが面倒という方には、マルチビタミンという1粒で複数のビタミンをとることができるビタミンもおすすめです。

目立たなくする方法

 メイクをするときについニキビの部分を厚塗りしてしまいがちですが、厚塗りするとよれて汚くなり、余計に目立ってしまいます。目立たなくするコツを知っておきましょう。

メイクの時はここに注意

  • コンシーラーを使用する
  • パウダーファンデーションを使う

 化粧下地やコンシーラーには、肌の凹凸をなめらかにする効果があります。そのためニキビも目立ちにくくすることができますので、ファンデーションを塗る前に使用することをおすすめします。

ファンデーションは油分の多いリキッドより、パウダーファンデーションの方がよれにくいです。

また、リキッドの油分の多さはニキビを悪化させる原因にもなります。できるだけ油分が少なくて軽いファンデーションを使用しましょう。

最後の手段は隠すこと

メイクをしても隠せないほど目立っていたり、どうしても気になる場合は、隠す方法もひとつの手です。

隠し方はこれ

  • マスクで隠す
  • 絆創膏を貼って隠す

顔の半分を隠すことができるマスクは万能で、見た目にも違和感がありません。少し風邪気味と言ったり、時期によっては花粉症かもしれないと言ったりすると自然に乗り切ることができます。

今は目立たない絆創膏も出ているので、絆創膏を貼って隠す方法もあります。ですが、その時は必ずニキビにも使える絆創膏か注意書きを見てからにしましょう。

また、絆創膏を使用する際は清潔な状態で行わないと、ばい菌を閉じ込めてしまう可能性があるので注意が必要です。

undefined
アッキー
隠すのも効果的だけど、蒸れて逆に雑菌が増える場合もあります。最後の手段として使うようにしましょう!

 【大人ニキビの治し方】1:洗顔で治す


大人ニキビに良い洗顔料を選ぼう

大人ニキビが出来ていると、しっかり洗い流したくなりますが、ニキビを治すには潤いが必要です。皮脂を落としすぎてしまうと肌は乾燥状態になり、ニキビが治りにくくなります。

皮脂を落とすことがメインになっている洗顔は避けるようにしましょう。

また、スクラブ入りやクール感が強いものなど、刺激が強いとニキビが悪化します。できるだけ低刺激な商品を選んだ方が、大人ニキビが治りやすい環境を作ることができます。

おすすめの洗顔料:ビーグレン-クレイウォッシュ

\洗い上がりしっとり!泥の力で汚れのみを落とす/

Source: 公式サイト

ビーグレン-クレイウォッシュ

  • 編集部評価 :★★★★★ 総合点92点
  • 価格 :3,900円
  • 内容量 :150g
  • メーカー・会社: ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

泡立てないタイプの洗顔料で、モンモリロナイトという天然クレイの力で汚れを落とします。モンモリロナイトは汚れだけを吸着して落とすため、余計な皮脂を洗い流さず、潤いを保ったまま洗うことができるのです。

公式サイトを見てみる

皮脂が気になる人におすすめの洗顔料:ノンエー

\泡立ちがすごい!ニキビ専用の薬用石鹸/

Source: Amazon

ノンエー

  • 編集部評価 :★★★★★ 総合点95.6点
  • 価格 :2,940円
  • 内容量: 100g
  • メーカー・会社 :有限会社プライマリー
濃密できめ細かい泡が出来るニキビ専用の石けんです。通常の石けん素地に比べて約4倍もの弾力があるため、肌に優しいクッション洗顔で毛穴の汚れをスッキリと落とすことができます。

肌トラブル相談室によせられた7万件以上の相談から開発された、ニキビ予防をすることを目的とした石けんなのです。

公式サイトを見てみる

正しい洗顔の知識

間違った洗顔を行っていると、洗浄しているつもりが大人ニキビにとっては悪影響になってしまいます。注意点をチェックしておきましょう。

洗顔の注意ポイント

  • 熱いお湯で洗わない
  • ゴシゴシ洗わない
  • すすぎが足りない

 洗顔で洗い流す際はぬるま湯がベターです。熱すぎるお湯で洗うと、必要な皮脂が流れてしまい、乾燥して保湿力が低下します。

汚れを落とそうとして、ゴシゴシ洗うのはやめましょう。肌にとって摩擦は大ダメージです。肌荒れの原因になりますので、洗顔をするときは優しく洗いましょう。

洗い残しがあると、そこから雑菌が繁殖してニキビができます。特に髪の生え際や眉毛の周りは洗い残しが多い部分です。満遍なくしっかりと洗い、できれば鏡で確認しましょう。

大人ニキビを防ぐ洗顔方法

1.手を洗う

手にはいろいろな雑菌がついているので、清潔にしておきましょう。そのまま洗顔をするとその雑菌が顔に移り、洗顔をする意味がなくなってしまいます。

2.ぬるま湯を使い、顔を洗う

熱すぎず、冷たすぎないぬるま湯で洗うことが肌にとってベストな洗顔になります。

3.泡だてネットを使いしっかりと泡立てる

泡だてが甘いと雑な泡ができ、毛穴の汚れをスッキリと落とすことができません。

4.Tゾーンから顔全体に泡をのせ、優しくクルクルと撫でて洗う

油分の多いTゾーンから泡をのせましょう。クルクルと洗う時は、顔と指が接触しないように洗顔料をクッションにして洗います。指が触れると摩擦が起き、ダメージを与えることになるからです。

5.ぬるま湯でしっかりと洗い流す

すすぎはしっかりと行いましょう。洗い残しがないかチェックが必要です。

6.清潔なタオルで、擦らないように優しく拭き取る

できれば柔らかいタオルを使いましょう。押さえるようにして水分を拭き取ると擦らずに済みます。

7.すぐに保湿する

洗顔後そのままにしておくと、肌はどんどん乾燥してしまいます。長くても5分以内には保湿をするようにしましょう。

【大人ニキビの治し方】2:スキンケアで治す

スキンケアをきちんとしておけば、ニキビを早く治すことができます。ですが、スキンケアは非常に種類が多く、どんな商品が大人ニキビと相性が良いのか選ぶのに迷うでしょう。

選び方のポイントをおさえておきましょう。

大人ニキビに乾燥は大敵!

思春期のニキビは皮脂の分泌異常によりできる場合が多いですが、大人ニキビは、乾燥が原因でできることがあります。

肌が乾燥すると肌のバリア機能が下がり、ちょっとした刺激で大人ニキビになったり、乾燥からの皮脂分泌異常で大人ニキビが出来たりします。そのため、大人ニキビに乾燥は大敵なのです。

ニキビ肌だとべたつくため保湿は軽めにしたくなりますが、ニキビ肌だからこそ保湿は必要です。乳液やクリームを積極的に使うようにしましょう。

べたつきが気になる場合は、さっぱりめの乳液やクリームがおすすめです。

基礎化粧品を選ぶポイント

化粧水などの基礎化粧水を選ぶ時は、配合されている成分をチェックしましょう。

乾燥を防ぐためにも、保湿力が高い成分が入っているものがおすすめです。

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ
  • 自然由来エキス

炎症を抑える成分や、ビタミン栄養がある成分が入っているものを選びましょう。

  • グリチルリチン酸
  • ビタミンC誘導体

他にも自然由来の成分で抗炎症効果があるものもあります。

おすすめの基礎化粧品:ルナメアAC

\ニキビの原因に届く!富士フイルムの独自技術/

Source: 公式サイト

ルナメアAC

  • 編集部評価 :★★★★★ 総合点95.4点
  • 価格:(1週間お手入れキット) 1,080円
  • 内容量 
    • クレンジングオイル3ml×7包
    • ファイバーフォーム(洗顔料)15g
    • スキンコンディショナーノーマルタイプ(化粧水)30ml
    • スキンコンディショナーしっとりタイプ(化粧水)3ml×2包
    • ジェルクリーム12g
  • メーカー・会社: 富士フイルム
富士フイルム独自のナノ化技術を使ったアクネシューターという成分を使い、ニキビ有効成分(グリチルレチン酸ステリアルなど)とうるおい成分(天然ビタミンEなど)をニキビの原因に直接届けます。

公式サイトを見てみる

美容液やジェルで効果的に保湿するのも◎

美容液やジェルは化粧水よりも保湿力が高いため、保湿が足りないと感じる場合に有効です。栄養がたっぷり配合されているものも多いため、積極的に使っていきたいアイテムです。

おすすめの美容液:ベルブラン

\すっぴん肌に自信が持てるようになる美容液/

Source: Amazon


ベルブラン

  • 編集部評価 :★★★★★ 総合点99点
  • 初回限定価格: 2,280円
  • 内容量 :30ml
  • メーカー・会社 :あいび
オリジナル成分でもあるナノ化油溶性甘草エキスとトラネキサム酸をW配合することで、肌の角層の奥まで成分が届き、美白効果があります。
ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドといった肌に優しい高保湿成分12種類も入っているため、肌に負担をかけることなくしっかりと肌を潤わせることができるのです。

公式サイトを見る

おすすめのクリーム:リプロスキンジェルクリーム

\高級美容成分配合の潤いジェル/

Source: 公式サイト

リプロスキンジェルクリーム

  • 編集部評価 :★★★★☆ 総合点85点
  • 価格 :3,750円
  • 内容量: 50g
  • メーカー・会社 :株式会社ピカイチ

4種類の植物幹細胞エキスを配合し、肌に栄養を与えることで健康な肌に導きます。ぷるんとしたジェルタイプですので、肌にピッタリと吸いつき、さっぱりとしながらも乾燥しないため、ニキビ肌の人におすすめです。

公式サイトを見てみる

ニキビ対策スキンケア法

ニキビの出来にくい肌を作るためには、スキンケアにワンポイント加えると更に効果的です。

保湿は洗顔後すぐに行いましょう。洗顔後は肌が敏感になっているため、早めに保湿し肌をバリアする必要があります。

また、基礎化粧品には使う順番が基本的に決まっています。

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液(クリーム)

メーカーによっては使い方の順番指定がある場合がありますので、その場合は従いましょう。

化粧水、美容液、乳液は手で優しく塗る方が肌に負担がありません。コットンを使用する場合はたっぷりと量を使い、肌を強く擦らないようにしましょう。

【大人ニキビの治し方】3:食事で治す

スキンケアなど外側からのアプローチだけでなく、内側からもアプローチしていきましょう。

まずは食生活を見直そう

普段の食生活の中にもニキビに悪影響なものがたくさんあります。

 脂肪分や糖分が多いスナック菓子やケーキは、皮脂の分泌が増えるためニキビが悪化します。刺激の強いコーヒーなどの飲み物は十分な睡眠がとれなくなり、結果ホルモンバランスが崩れ皮脂の分泌に影響が出るのです。

また、バランスの良い食事は肌の健康にも繋がります。偏った食事をしていると肌の皮脂の分泌量が増えたり、肌の潤いがなくなったりとニキビが出来やすくなるのです。

栄養バランスを意識した食事を行うようにしましょう。

さらに冷たいものを摂りすぎてしまうと、体が冷えます。体が冷えると血行が悪くなり、栄養が肌へ届きにくくなるのです。そうすると肌はどんどん潤いを失い、せっかくニキビのために良い食べ物を摂取したりビタミン剤を摂取したりしても、効果が薄れてしまいます。

氷がたくさん入ったキンキンに冷えた飲み物は避け、できれば常温か温かい飲み物を選ぶようにしましょう。

ニキビに効く栄養素

 ビタミンは肌を作るために必要な成分で、不足すると肌が荒れてしまいます。中でもおすすめのビタミンは、ビタミンA,B,C,Eです。

・ビタミンAニキビの原因にもなるアクネ菌を撃退する力があります。

・ビタミンB肌に栄養を運んだり与えたりする重要なビタミンです。肌の新陳代謝をあげるので、肌再生力がアップします。

・ビタミンC抗酸化作用があるため、肌をきれいにする効果があります。ニキビの炎症を抑える効果もあることから、美肌には欠かせないビタミンと言われています。

・ビタミンE…高い抗酸化作用があり、肌の老化を防ぎます。また、血行促進効果もあるため肌に栄養がまわりやすくなるのです。

野菜や果物は基本的にビタミンが豊富です。できれば毎食少しでも良いのでとりいれていきましょう。飲み物に関しては、ビタミンが豊富なはと麦茶や緑茶がおすすめです。

普段ジュースやコーヒーを飲むことが多い方は、その回数を麦茶や緑茶に変えるだけで美容効果が高まります。

また、食事バランスが偏りがちと言う方は、サプリを利用することもおすすめです。

おすすめサプリ:きらりのおめぐ実

\まるで美容成分のお弁当箱/


きらりのおめぐ実

  • 編集部評価 :★★★★★ 総合点97点
  • 初回価格 :1,980円
  • 内容量 :360mg×90粒(約1ヶ月分)
  • メーカー・会社 :ファンファレ
ビタミンはもちろん、ビフィズス菌や食物繊維など、根本的に肌をきれいにするための成分が多数配合されているサプリです。
内側からどんどん体内改善されるため、肌が健康になり、ニキビがなくなるどころかニキビ知らずの肌になれるでしょう

公式サイト見てみる

忙しい朝におすすめの簡単レシピ:野菜ジュース

朝バタバタしていてしっかりとした朝食を摂ることが出来ないと言う方におすすめの簡単レシピを紹介します。

材料

  • 水 100cc
  • 小松菜 5枚程度
  • りんご 1/4
  • バナナ 1本

作り方

材料を全てミキサーにいれ、撹拌したらコップにうつして完成です。

ポイント

  • 小松菜はまとめ買いし、洗って適当に切ったあと冷凍しておくと便利です。
  • 水を豆乳に変えることもできます。
  • 生ぬるくて飲みにくいという方は、氷を入れてミキサーにかけるか、リンゴを冷凍しておくと飲みやすくなります。
undefined
はるこ先生
野菜ジュースであればバリエーションがたくさんあるので、飽きがこないですね!野菜や果物を変えるとガラっと味が変わります。旬のものを使うのもおすすめです♪

 【大人ニキビの治し方】4:薬で治す

炎症を起こしている大人ニキビの場合は、薬を塗ることで鎮静化し、早期改善を望むことができます。

ニキビ薬の定番オロナイン

\家族で使える万能軟膏/

オロナイン

  • 編集部評価 :★★★★★ 総合点95点
  • 価格: 940円
  • 内容量 :100g
  • メーカー・会社 :大塚製薬株式会社
オロナインは殺菌効果があるため、菌により炎症を起こしているニキビに効果があります。年齢制限がなく小さい子供でも使用することができるため、肌への負担も軽く、手軽に使うことができる薬です。
ニキビに使用する際は少量を軽くすりこみます。ニキビの他に、あかぎれ、軽いやけど、ひびやしもやけにも使用できる万能薬です。

オロナインはコチラ

 赤ニキビにはテラ・コートリル

\炎症ニキビに大活躍/

Source: 公式サイト

テラ・コートリル

  • 編集部評価 :★★★★★ 総合点92点
  • 価格 :1,000円
  • 内容量 :6g
  • メーカー・会社 :ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
赤ニキビに効果のあるテラ・コートリルは、ヒドロコルチゾンという優れた抗炎症作用がある成分を使用しているため、化膿している湿疹や皮膚炎にも効果があります。

テラ・コートリルには弱いステロイドが入っているため、長期間による使用は控えるようにしましょう。

テラ・コートリルはコチラ

即効性を求めるなら皮膚科を受診

一刻も早く大人ニキビを治したいという場合は、すぐに皮膚科を受診しましょう。ニキビの状況を見て、合った薬を処方してもらえます。

主な処方薬は下記の3つです。

・ディフェリンゲル…毛穴の詰まりを解消する効果があります。

・アクアチムクリーム…アクネ菌の繁殖をおさえます。

・べピオゲル…毛穴の詰まり解消や、炎症をおさえる効果があります。

undefined
はるこ先生
皮膚科では、塗り薬だけでなく、内服薬として抗生物質が処方されることもあります!

【大人ニキビの治し方】5:場所別のケア方法

大人ニキビは場所によってケア方法が変わってきます。それぞれ合った対処法を行いましょう。

鼻のニキビ

鼻は顔の中でも毛穴が多い部分ですので、どうしても毛穴がつまる率が高まります。

鼻ニキビは、メイクでどうしても厚塗って隠してしまいがちですので、できるだけ薄くファンデーションを塗り、皮脂とファンデーションの油分が混ざる量を減らしましょう。

また、ニキビが悪化して毛穴がこれ以上開かないようにするためにも、洗顔をするときに擦りすぎないように細心の注意を払う必要があります。

おでこのニキビ

おでこに出来たニキビは、皮脂の分泌が多いことで毛穴がつまりニキビができることが多いです。

元々皮脂の分泌が多いおでこですが、ホルモンバランスが崩れることで皮脂の分泌が多くなります。そうすると毛穴が更につまりやすくなるためニキビが出来るのです。

おでこのニキビを早く治すには、これ以上雑菌が増えたり刺激で皮脂の分泌が増えたりしないように、清潔にしておくことです。シャンプーなどの洗い残しがあったり、前髪があたったりすると、ニキビが悪化してしまいます。

頬のニキビ

頬は乾燥している場所ですので乾燥が悪化してバリア機能が弱まり、ちょっとしたダメージで肌が炎症を起こしてニキビができます。また、乾燥しているからこそ肌が皮脂を過剰に分泌して、そこから毛穴がつまることもあるのです。

乾燥に心当たりがある方は、保湿をしっかり行いましょう。できれば、Tゾーンよりも気持ち多めに保湿をすると良いです。

乾燥はホルモンバランスの乱れから起こる場合があるため、睡眠や食生活の見直しも行いましょう。

また、もしニキビが片方の頬だけできている場合は、寝具に雑菌がついている可能性があります。枕が衛生的かどうか今一度確認をしましょう。

おすすめ商品:メルライン

\繰り返しできるあごやフェイスラインのニキビに/

Source: Amazon

メルライン

  • 編集部評価 :★★★★★ 総合点95.4点
  • 価格 :4,980円
  • 内容量 :55g
  • メーカー・会社: リアルビューティーケア
乾燥による肌のバリア機能低下や皮脂の過剰分泌に対応できるように、厳選された10種類の徹底保湿成分を高濃度で配合しています。
肌をひきしめる効果でニキビ跡をケアすることもできるため、長年ニキビに悩んできたという方の評価が非常に高い商品なのです。

公式サイトを見てみる

ボディのニキビ

ボディのニキビは、ホルモンバランスの崩れで起こることがほとんどです。ストレスなどでホルモンバランスが崩れると自律神経が乱れ、男性ホルモンが多く分泌されます。

そうすると皮脂の分泌に影響が出て、ニキビが出来てしまうのです。

背中ニキビや胸ニキビは、マラセチア菌というカビの一種が原因の場合があります。皮脂が汗が原因でマラセチア菌が繁殖し、小さながブツブツができてしまうのです。

ケア方法は、胸や背中の場合は髪の毛の毛先が当たらないようにすることです。

その他の部分は、寝汗が原因になっている場合もあるため、まずは寝具を清潔に保つようにしましょう。

また、服の素材によっては摩擦で肌が負けてしまい、炎症を起こしている場合もあります。柔らかい肌当たりの良いものを着用するようにしましょう。

おすすめ商品:ジッテプラス

\見とれるような背中になれる美背中ジェル/

Source: Amazon


ジッテプラス

  • 編集部評価 :★★★★★ 総合点98点
  • 初回価格 :980円
  • 内容量 :60g
  • メーカー・会社: 株式会社イッティ
顔の5倍もの厚さがあるという背中の厄介なニキビもジッテプラスであれば、高保湿成分配合できれいな背中に生まれ変わらせることができます。

洗浄成分としてグリチルリチン酸2などといった毛穴の炎症を抑える成分も入っているため、保湿をしながらも洗浄効果・美白効果が期待できるのです。

公式サイトを見てみる

【原因】大人になってもニキビは何故できる?

ニキビといえば思春期の印象が強いですが、大人になってもニキビはできます。できる場所やケアの仕方が異なりますが、どんな原因で大人ニキビができるのでしょうか。

ニキビができるメカニズム

ニキビは本来排出されるはずの皮脂が毛穴につまり、そこで炎症がおこることで出来てしまいます。皮脂自体は分泌されることに問題はないのですが、その皮脂が増えてしまうと、排出されにくくなりつまってしまうのです。

また、男性は女性に比べて皮脂の量が多いように、男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やす作用があります。ホルモンバランスの崩れで男性ホルモンが多くなると、皮脂量が増えてニキビが出来る可能性が上がるのです。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

思春期は成長ホルモンが多く分泌されるため、皮脂の量が増える時期です。そのため皮脂の分泌が多いおでこに出来る場合が多いと言われています。

それに対し、大人ニキビはストレスや生活習慣でホルモンバランスが崩れることで、肌のバリア機能が低下しニキビが出来ます。

思春期ニキビがおでこにできやすいのに比べて、大人ニキビは乾燥しやすいフェイスラインにできることが多いです。

大人ニキビの原因は1つとは言い切れない

大人ニキビは、ひとつの原因でできるわけではありません。

  • 睡眠不足
  • 食事のバランス
  • ストレス
  • 乾燥

こういった生活に関することが元で出来るため、原因は多岐にわたります。まずはこのような原因から当てはまる項目がないか、生活習慣やスキンケアの方法を見直す必要があるのです。

薬やサプリで改善することもできますが、大人ニキビは繰り返しできる特徴があります。根本的な原因を解決して、ニキビができにくい肌を作りましょう。

【予防】大人ニキビのできない肌になろう

大人ニキビができない肌を作るには、どんな項目を意識すればよいのかチェックしておきましょう。

良質な睡眠を取るポイント

睡眠中は肌の新陳代謝がよくなるため、できるだけ質の良い睡眠をとるようにする必要があります。肌のゴールデンタイム22時~2時には寝るように意識しましょう。

理想の睡眠時間は7~8時間です。仕事の関係などでどうしても短くなってしまう場合は、できるだけ質の良い睡眠がとれるように、寝る前にテレビやスマホを見たりコーヒーを飲んだりすることはやめておきましょう。

刺激があると体は疲れて寝ていても、脳は覚醒状態にあり熟睡することができなくなるのです。

栄養バランスの良い食生活

栄養バランスは少しでも意識するだけで違います。自炊をしている方は材料を選ぶ時に、買ったり外食したりすることが多い方は選ぶ時に、野菜を意識してみましょう。

野菜だけでなく、お肉や魚などたんぱく質も肌を作るために必要な成分です。全体的にバランスがよいメニューになるように考えましょう。

毛穴を詰まらせない

ニキビは毛穴のつまりから出来てしまうため、毛穴がつまらない環境をつくることも必要です。丁寧な洗顔や十分な保湿をして、規則正しい生活をおくりましょう。

そうすることでホルモンバランスを整えることができるため、皮脂の過剰分泌もなくなり、ニキビが出来にくい肌になれます。

繰り返さないためには日々のケアが大切

大人ニキビが繰り返しできないようにするためは、毎日のケアの積み重ねが大事です。スキンケアや食生活、睡眠を見直したあとは、それが毎日続くように頑張りましょう。

最初はなれないところもあるかと思いますが、毎日きちんとケアをすれば徐々に繰り返しできなくなります。

一度に生活改善をすることが難しい場合は、1週間に1項目ずつ改善項目を増やしていくこともおすすめです。

まずは自分にどんなところが当てはまるのか紙に書き出してみて、見直すことから始めましょう。