NO IMAGE

乾燥肌の水分補給にお茶はNG!飲み物の選び方や飲み方に気をつけよう

乾燥肌の水分補給にお茶を使っていませんか?実はお茶では水分補給にならないだけではなく、水分を失ってしまうこともあります。乾燥肌におすすめな飲みものの選び方や飲み方に注目して体の内側と外側から乾燥肌対策!

乾燥肌って水分補給で改善するの?

乾燥肌改善のために水分補給をしたいと考える人は多くいますよね。外側からだけではなく内側からの水分補給はとても大切です。水分補給は摂取方法や飲むドリンクの種類によっては体質の改善ができるとして注目されています!

undefined
はるこ先生
こんにちは。水野はるこよ。乾燥肌の人や敏感肌の人は体質改善のためにも水分補給に注目してほしいの。わたしも敏感肌だからこそ、飲み物などには普段から注意しているわ。
undefined
アッキー
こんにちは。アッキーです。普段からはるこ先生が水分補給にまで注目しているとは知りませんでした…勉強になります。僕はお茶で水分補給をすることが多いのですが、お茶ではダメなのですか?
undefined
はるこ先生
アッキー良い質問ね。実はお茶だと水分補給にならないことが多くあるの。普段から飲むものを変えるだけでも大きな肌への効果が期待できるわ。私が今までで徹底リサーチしたアイテムから飲み方やおすすめの飲み物を紹介してあげるわよ!
  • サイト立ち上げまでのネットリサーチ数⇒約1,200サイト
  • 医学書〜雑誌まで読んだ書籍⇒30冊
  • 皮膚の変化⇒10代の頃、ニキビまみれだったが今は跡も残らない美肌に

数々のリサーチによって見つけた水分補給での体質改善のポイントをはるこ先生とアッキーに解説してもらいながら紹介!最後には内側のケアと一緒に使ってほしいおすすめの外側からのケアアイテムも紹介しているので要チェック!

水分補給で体質改善!その効果は?

血行促進に繋がる

体は水分不足になってしまうと血液もドロドロになってしまって血流が悪くなります。ドロドロの血液が循環している体だと、必要な栄養素や酵素などが体に行き渡りにくくなるのでむくみや冷え性、肩こりを招いてしまいます。適切な水分量を保つということは血行促進効果が得られるため、普段から悩みやすい冷え、むくみ、肩こりの解消に繋がります。

体内の水分量を保つ

体内の水分量の目安は大人で約60%程度子供で約80%程度と言われています。体内の水分量が1%程度減少するだけでも喉の乾きを感じるほか、2%が減少すると脱水症状が引き起こされることがあります。水分が少なくなると体内から乾燥し始めてしまうため、肌の乾燥に繋がってしまいます。

undefined
はるこ先生
体の一番外側にあるのが肌なの。ここまで栄養素や水分が行き渡るようにするためにも水分補給が大切よ。ハリやしなやかさを失って乾燥している時には1日に必要な水分が飲めていないことが考えられるわ!

水分が不足してしまうとデトックスが正常に行われなくなってしまうため、老廃物が溜まってしまいます。老廃物を排出することがうまくできなくなってくるとニキビなどの肌荒れに繋がってしまいます。また、肌の水分量が減ってしまうことで肌を守ろうと皮脂の分泌が多くなってしまうため毛穴が詰まりやすくニキビなどの肌荒れを起こします。

undefined
アッキー
体内の水分を保つことは、肌の潤いを守ることにも繋がるのです。肌トラブルを未然に防ぐためにも、水分は意識的に摂取しておくとが好ましいですね。

 乾燥肌のための水分補給方法

基本の飲み方

基本の飲み方で覚えておきたいポイントは…

  • 1日2Lをこまめに飲む
  • 常温の水か白湯を飲む

乾燥肌の予防や改善のためには1日2Lをこまめに飲むことが良いとされています。食事に含まれている水分は別として、意識的に摂取していきましょう。注意として、一気に飲んだり、許容量を超えて飲んでしまうと内臓に負担をかけてしまいます。大量の水分で胃液が薄められると、食事の時に消化不良を起こしてしまうことがあるので注意しておきましょう。

undefined
はるこ先生
コップ1杯程度の水分をタイミングを決めて飲んでみましょ!
★起床の時
★毎食の時
★間食の時
★入浴の後
★就寝前
などがわかりやすいタイミングね!

必ず水分補給は水ではないといけないというわけではありません。たまには水意外の飲み物を挟むのも問題ありませんが、冷たいと体に負担がかかってしまうため注意しておきましょう。

undefined
アッキー
冷たい飲み物は体を冷やして血流が悪くなり、水分補給の効果がでにくくなってしまうのですよね!はるこ先生から教えられました。常温のものや温かいものがおすすめです。

 夏と冬で飲み方を変える

夏と冬では飲み方を変えることで効果的に水分補給ができるようになります。夏と冬で飲み方が同じという場合には、もしかしたら水分がうまく体に補給できていないことも…季節に合わせて飲み物を楽しみながら摂取できるように覚えておきましょう。

夏の水分補給の場合は、他の季節と比べて水分不足になる可能性が一番高い季節として知られています。夏には熱中症や脱水などが起きやすくなってしまうため、きちんと水分補給をすることが大切です。また、脱水時に水だけを飲んだ場合にはナトリウムの濃度が低下してしまって喉の乾きが止まり飲み物を飲まなくても平気になってしまう自発的脱水というものに注意が必要です。

自発的脱水になった時には体液の塩分濃度を戻そうとして尿で水分を排出してしまうので、より脱水症状が進んでしまいます。夏の時の飲み物には水だけではなく塩分が補給できるスポーツドリンクなどを使っていきましょう。普段よりも多く汗をかくので水分量は多めに飲みます。エアコンなどで汗をあまりかかないことがありますが、肌からは水分が蒸発しているため水分の摂取は意識しておきましょう。

undefined
はるこ先生
夏場に多いのが冷たい飲み物やアイスなどね。体が冷えてしまって血流が悪くなることがあるの。どうしても冷たいものが飲みたい時には飲みすぎに注意しましょう。出来る限り常温にしてみてね。

冬の水分補給の場合は、風邪やインフルエンザ予防のためにも水分補給は重要なポイントになるとされています。冬は寒い上に汗がでてきにくいため水分補給のタイミングを見失ってしまうことが多くあります。意識して水分補給を行っていきましょう。また、こたつなどで寝てしまうと多くの水分が失われてしまうので注意が必要です。

冬の水分補給の場合にはスポーツドリンクなどを飲みすぎてしまうと糖分の取りすぎになってしまうため常飲にしないようにしましょう。どうしてもスポーツドリンクを使う時は2倍に薄めるようにしてみましょう。また、温かい飲み物を選んで飲むことによって血流が促進されるのでおすすめです。

undefined
アッキー
冬は誰でも水分補給を忘れてしまいやすくなります。タイミングを決めて水分補給をしていきましょう。汗をかいていないからといって水分が失われていないということはありませんよ!

 赤ちゃんの水分の摂取方法

赤ちゃんの場合は新陳代謝がとても活発で、日頃から大人よりも多くの汗をかいています。お昼寝後お出かけ後お風呂上がりなどは特に水分補給を意識しておこなってあげましょう。水分補給には離乳食が始まる頃までは母乳やミルクで十分です。しかし、頻繁に喉が乾いている場合や母乳やミルクを飲まないといった時には湯ざましや赤ちゃん用の麦茶を活用してみましょう。

undefined
はるこ先生
水分補給で使う水は【硬水】は避けておきましょ。ミネラルが多く、消化機能が弱い赤ちゃんには負担が大きいわ。日本の水の多くは【軟水】だから、煮沸したあとの湯冷ましを使ってみてね。

赤ちゃんの水分補給のポイントは…

  • 糖分・カフェインが含まれるものは控える
  • 夏場の授乳は涼しい場所で
  • 飲み物は人肌の温かさがおすすめ
  • 下痢や発熱時は経口補水液にする

です。普段から意識していないと赤ちゃんは自分から水分が補給できないので夏場は特に注意してあげましょう。

たまに飲むと乾燥肌に効く飲み物

乾燥肌対策に有効的な飲み物を確認する前に、注意したい飲み物を知っておく必要があります。コーヒー緑茶などはタンニンという成分が含まれているのでミネラルである亜鉛の吸収の邪魔をしてしまいます。亜鉛は不足すると肌の新陳代謝が悪くなるので、コーヒーや緑茶は乾燥肌対策の水分補給にはむいていません。

また、カフェインが含まれている飲み物もおすすめできません。カフェインは利尿作用という排尿を促してしまう効果があります。体内に水分を留めることが難しくなってしまうためカフェインレスのものを選ぶようにするのもポイントです。

undefined
はるこ先生
タンニンとカフェインが含まれていない飲み物を選ぶようにしましょ。私が徹底リサーチしたおすすめの飲み物を確認していきましょう。気に入るものがあるといいんだけど…!

お茶では水分補給にならない?

市販されているお茶にはタンニンやカフェインが含まれているものが多くあります。これらは乾燥肌対策の水分補給には向いていません。お茶の種類によってはタンニンやカフェインが含まれていないものもあるため、種類を選ぶことで使うことができます。

青汁

青汁の効果は豊富に含まれている栄養素によって期待できるものが多くあります。ビタミン、ミネラル、食物線維、葉酸も豊富に含まれており、乾燥肌対策だけではなく普段の健康維持にも効果的です。特に注目したいのがビタミン群です。

ビタミンAには肌細胞の代謝を活発にして肌の水分量などを補う働きをもっており、ビタミンB類は皮脂分泌を正常に整えてくれます。ビタミンCは水分維持に欠かせない成分でコラーゲンの生成にも必要なものです。肌を健康な状態に導きながら水分補給ができるため、一日の水分に加えてみましょう。

豆乳

健康と美容をサポートしてくれる効果がぎゅっと詰まっているのが豆乳です。イソフラボンタンパク質サポニンレシチン大豆ペプチドが含まれています。イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしてくれるので、女性は積極的にとりたい成分としても知られてきています。

豆乳の嬉しい効果は…

  • 美肌
  • 抗酸化作用
  • ホルモンバランスの調整
  • がん予防
  • 基礎代謝アップ
  • 血液サラサラ
  • ダイエット
  • 血圧降下
  • 抗酸化作用

などがあります。コレステロール排除の効果や肝機能の向上効果も期待できるのでおすすめな飲み物です。

undefined
はるこ先生
1日にコップ1杯〜2杯が適量とされています。飲みすぎてしまうと、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうので過剰摂取に注意しておきましょう。規則正しい食事をとりながら健康と美肌維持をしましょう。

 生姜湯

生姜汁にお湯を入れて、砂糖やはちみつで好みの甘さに調節するだけでOKなのが生姜湯です。生姜に含まれている成分によっては血行を促進して体を温めてくれます。簡単に作れるだけではなく、世界中で乾燥肌対策として使われているものとしてしられています。

ハーブティ

ハーブティで乾燥肌対策ができるとされています。最も効果的と言われているハーブティがローズヒップです。ビタミンCが豊富に含まれているので、乾燥肌ではなくシミやシワなどの改善効果も期待できるとして注目されています。

ローズヒップにはビタミンCをが豊富ですが、ハイビスカスもビタミンCが豊富に含まれているので選んで見ても良いかもしれません。見た目や香りなどを楽しみながらリラックスすることができるので、ストレスの解消やゆったりとした一時を過ごすようにしてみてください。

ビタミンウォーター

ビタミンウォーターにはビタミンCをが豊富に含まれているため、乾燥肌からシミやシワの改善の効果が期待できます。ビタミンウォーターにはグレープフルーツキウイレモンなどが含まれているものを選ぶと効果的です。アンチエイジング効果も期待できるため、たまに飲みたい飲み物としては最適です。

体外からの水分補給も大切

角質層の潤いと細胞間脂質で対策を

化粧品は基本的に角質層までしか浸透しないので、水だけではなく細胞間脂質にアプローチする化粧品が良いとされています。細胞間脂質のほとんどがセラミドという角質細胞間脂質で構成されているためセラミドに対してアプローチできる化粧品を選ぶようにしてみましょう。

おすすめの化粧品

エトヴォス|セラミドスキンケアモイスチャーライン

(セラミドに触れる)

\インナードライ肌や超乾燥肌の人でも安心して使える/

Source: @コスメ

エトヴォス セラミドスキンケアモイスチャーライン

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:1,900円(送料無料)
  • 内容量:約2週間分
  • 保証・特典:なし
  • メーカー:エトヴォス

セラミドの中でも保湿力が高く、浸透率が良いヒト型セラミドを配合しており肌にしっかりとセラミドの補給ができます。非ヒト型セラミドよりも、高保湿で高浸透のヒト型セラミドをたっぷりと使っていながら、独自の7つの不使用によって敏感肌にも優しい処方なのもおすすめポイント!

【公式サイト】エトヴォスについて詳しく知るならコチラ

ビーグレン|QuSomeLotion

\17時間とどまり続ける潤いでセラミドにアプローチ/

Source: @コスメ

ビーグレン QuSomeLotion

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:5,000円(送料無料)
  • 内容量:120ml
  • 保証・特典:365日間返品・返金保証
  • メーカー:ビーグレン

ビーグレンQuSomeLotionに含まれているオリゴペプチドによってセラミドの生成を助けて、細胞間脂質にアプローチしてくれます。ペプチド自体も保湿成分なので、しっかりと保湿をしながら肌質の改善効果が期待できます。トライアルセットも肌のトラブルに合わせて用意されているのでおすすめ!

【公式サイト】ビーグレンについて詳しく知るならコチラ

正しい水分補給で肌に潤いを

undefined
はるこ先生
どうだったかしらアッキー。普段から飲み物でも乾燥肌の対策ができるの。水分をとるのが面倒という人がいるかもしれないけど、人間の身体は水分がとっても重要なのよ!
undefined
アッキー
今回もとっても勉強になりました。普段から飲む水分量がもしかしたら足りないかも…今からでも早速水分補給を意識してみたいと思います。

 正しい水分補給は肌質を維持するためにも重要なポイントです。ついついむくみなどを気にして水分量が減ってしまっていることもあります。意識して水分をこまめにとる!というのが大切ですよ。