【スキンケア】乳液からクリームまで必要なもの18選!ケア力も比較!

【スキンケア】乳液からクリームまで必要なもの18選!ケア力も比較!

スキンケアの基本は、化粧水、乳液、クリームですが、自分の肌が何を欲しているかを改めて考えてみると、アイテム選びの視点が変わってきます。本当に必要なものだけを、タイムリーに、コスパ良く取り入れる為の基準とコツ、ケア力を考えてみました。

スキンケアに必要なものはどれ?

皆さんは、当然、スキンケアは毎日行っていますよね。日々繰り返すものは、自動的、習慣的になりがちです。一度、なぜ自分がこのアイテムを使っているのかを考えてみると、実際に色んな疑問がでてくるものです。

例えば、「化粧水だけで十分肌は潤うのに、乳液は必要なの?」など。

undefined
はるこ先生
今回は、基礎3品といわれる、化粧水、乳液、クリームにまつわる疑問を解決しながら、自分に本当に合ったコスパの高いアイテムを見つけることを目的としています。
  • 調査したアイテム数⇒50アイテム
  • おすすめできるアイテム数⇒18アイテム
  • リサーチした口コミ数⇒80件以上

編集部でも、これまでの常識を一旦取り払って、なぜこれを選んだのか?をじっくり考えてみました。

沢山の口コミや評価、実体験を踏まえながら分かったのは、それぞれのアイテムには使う理由がある、ということ。そしてアイテム選びは、ニーズに合わせて細かく選んでいく、ということでした。

日々のスキンケアを見直し、綺麗になれるお手伝いができたら嬉しいです♪早速、レポートを見ていきましょう!

【疑問】スキンケアに乳液は必要か?

基礎化粧品を調査していて、多く目についたのは、「乳液の必要性」について。進める前に、乳液についての定義や特徴を確認しておきましょう。

乳液とは、主体である水分に、1割〜3割の油分、乳化剤、保湿成分、美容成分を混合したものです。ちなみに、スキンケアでは、化粧水⇒美容液⇒乳液という順番が一般的となっています。

「化粧水だけでちゃんと肌が潤っているから乳液はいらない」という乳液不要派と、乳液必要派にそれぞれ意見を聞いてみました。

乳液が苦手な理由

乳液が苦手だ、または、乳液はいらないと答えた人は、乳液のべたつきが嫌い、ということが分かりました。その背後にあるべたつきの原因は、主に3つです。

  • 季節や湿度などの環境要因⇒夏場はべたつく
  • 年齢や肌質による皮脂量⇒10代〜20代は皮脂量が多い、脂性肌
  • 選んだ乳液の成分がそもそも自分の肌に合っていない⇒油分量が多いものを使っている

undefined
あっきー
乳液なしでも、肌の調子が良い人はいいのかもしれないですが、合わない乳液を使って乳液嫌いになっている場合は、選び直す必要がありそうです。

乳液が必要な理由

乳液必要派では、乳液なしだと、肌が乾燥する、乳液を付ける肌がモチモチになる、という理由が最も多かったです。乳液は適度な油分が含まれています。

ちょっとしたメイク落とし代わりに使ったり、乳液だけを小鼻に塗って、角栓を落としやすくしたり、乾燥が気になる部分に重ね付けするなど、「乳液万能説」もちらほら。

肌の構造からみると、化粧水の後の乳液は必要です。化粧水の役割と乳液の役割を比較してみると……

化粧水:角質層を潤し、キメを整え、美容液の美容成分が導入されやすいようにすること。化粧水は角質層の上までしか浸透しない為、時間が経つと、蒸発して乾いてしまう。

乳液:角質層を保湿し、美容液の美容成分が、水分と一緒に蒸発しないように蓋をすること。洗顔後、皮脂が落ちた後、皮脂膜が再び形成されるまでの「つなぎ」の役割をする。

undefined
アッキー
どちらも水分補給や保湿がメインだと思っていたんですが、随分役割が違うんですね。他にも色々湧いてきたので、先生に聞いてみましょう。

化粧水を使わずに乳液だけでもいい?

結論から言えば、乳液には水分と油分がバランスよく含まれているので、乳液だけでもOKです。ただし、肌の状態によります。肌のキメが荒れて角質層がボロボロの人は、乳液だけを擦り込んでも、肌摩擦負担になる上、成分が浸透しないので、化粧水で角質層を柔らかくし、乳液を使うのがおすすめです。

乳液とクリームの違いは?

乳液とクリームは役割が似ていますが、油分の配合量が違います。クリームには乳液よりも油分が多く含まれ(25%〜50%)、テクチャーは重め。保湿力が高く、乳液のあと、または、スキンケアの最後に塗り込みます。
乳液とクリームは併用する必要は特になく、乾燥の度合いによって使い分けます。スキンケアの基本として、まずは化粧水と乳液から始めてみましょう。

基本のスキンケアとしては、化粧水、乳液はマストアイテム。乾燥の度合いや肌の状態で、油分や美容成分がたっぷり含まれているクリームを使うのが、肌が喜ぶやり方です。

undefined
口コミにもあるように、季節的や年齢的に、油分のべたつきがうっとうしく感じたら、テクスチャーの面を工夫するといいですね。

それぞれのアイテムには、独自のスキンケア力があります。今度は、同じカテゴリーの中でスキンケア力を比較しながら、マイベストを見つけていきましょう!

基礎3品のスキンケア力を比較しよう

基礎3品と言われる、乳液、化粧水、クリームは、それぞれの役割があり、全てが「保湿」だけと思ったら間違いです。

化粧水、乳液、クリームと、お互いに代替できない役目ももっているので、スキンケアではしっかりと取り入れていきたいです。そこで、大切になるのが、商品のスキンケア力です。

  • できるだけ肌負担にならずに、商品の本来の目的が発揮されているか。(低刺激性・保湿力など)
  • 価格と効果は見合っていて、毎日続けられるかどうか。
  • 肌にとってプラスとなる成分が含まれているか。

次は、それぞれ、編集部が厳選したスキンケア力の高いアイテムを紹介していきます。

【乳液】プチプラ&おすすめ比較

プチプラといわれる乳液は、数百円〜2000円以内の商品で、ドラッグストアなどでも気軽に購入できるものが殆どです。編集部では沢山の口コミから、評価の高い乳液を厳選しています。それぞれ、プチプラならではのスキンケア力を見ていきましょう。

プチプラ乳液のスキンケア力

まずは、乳液を省いている人にもぜ取り入れて欲しい乳液部門からです。プチプラなので、どんどん使えて、顔にもボディにも惜しみなく使えるというのがメリットの一つ。

プチプラ乳液の特徴は、美容成分をごちゃごちゃ含まず、肌に最低限必要な「保湿」に特化していること。多くの効果を求めなければ、スキンケア力はかなり高めです。

商品名成分コスパ保湿力低刺激
ちふれ化粧品 乳液 さっぱりタイプ

無印良品・乳液・敏感肌用・高保湿タイプ
ニベア スキンミルク しっとり

ちふれ化粧品 乳液 さっぱりタイプ

\べたつき皆無で気持ちよく使える/

Source: 公式サイト

ちふれ乳液さっぱりタイプ

  • 編集部評価:★★★★☆総合84点
  • 価格:550円(税別)
  • 内容量:150ml
  • メーカー:ちふれ

保湿成分として、ヒアルロン酸、トレハロースを配合したシンプル処方です。ジェルのようにさらっとしたテクスチャーでべたつきがないので、夏場や脂性肌でも気持ちよく使えるところが◎。

乾燥が気になるところに重ね付けすると、内側から潤ったようなモチモチ肌になります。

公式サイトを見てみる

無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ

\シンプル処方!吸い付くようなしっとり肌に/

Source: Amazon

無印良品・乳液・敏感肌用・高保湿タイプ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合88点
  • 価格:780円(税込)
  • 内容量:200ml
  • メーカー:良品計画

こちらは、敏感肌でも使える高保湿タイプの乳液です。敏感肌の人は、化粧品の刺激で肌がピリピリしがちですが、肌刺激を感じず、しっかり潤ったという声が多数。ちふれに比べて、保湿力は高めで、乾燥肌向きです。

無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリーのこちらの乳液に変えたら、肌が落ち着いたという人もいるほどです。吸い付くようなペトッとした肌触りで、保湿効果はかなり高めです。

公式サイトを見てみる

ニベア スキンミルク しっとり

\顔にもボディにも使える万能ミルク/

Source: Amazon

ニベア スキンミルク しっとり

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合82点
  • 価格:434円(税込)
  • 内容量:200g
  • メーカー:花王株式会社

こちらは、ボディ用に特化したミルクタイプのスキンケアです。高保水型ヒアルロン酸、セラミド、トレハロースが保湿成分として含まれ、一度塗ると、保湿効果がかなり長く続きます。

ボディ用とありますが、顔にも使用可能。青缶のニベアよりも柔らかいので、肌に馴染みやすいです。香りがあるので、好き嫌いは分かれます。

Amazonを見てみる

おすすめ乳液のスキンケア力

今度は、編集部が「これはおすすめ!」とイチオシする乳液です。おすすめする理由は、保湿に、̟プラスαの効果が期待できる点でしょう。

保湿だけでも十分目的は達成しているのですが、アンチエイジングや美白など、肌悩みにアプローチしているところは、30代以上にとってはかなり重要なポイントです。

商品名成分コスパ保湿力低刺激
シーボディー プラチナVC 乳液・クリーム
アスタリフト エマルジョン
HANAオーガニック ムーンナイトミルク

シーボディー プラチナVC 乳液・クリーム

\あらゆる美白成分を凝縮!/

Source: 公式サイト

シーボディー プラチナVC 乳液・クリーム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:5,832円(税込)
  • 内容量:60g
  • メーカー:株式会社シーボディ

年齢とともに気になる肌のくすみに徹底的にアプローチする乳液です。みずみずしいテクスチャーで、べたつきが苦手な人でも使えます。

これ1本に、最新型ビタミンC誘導体、新安定型ハイドロキノン、プラセンタエキス、アルブチンなどの、代表的な美白有効成分が凝縮。肌の奥に潜むメラニンまで抑えてくれるので、使うごとに、透明感がUP!

公式サイトを見てみる

アスタリフト エマルジョン

\抗酸化力のあるアスタキサンチン配合/

Source: 公式サイト

アスタリフト エマルジョン

  • 編集部評価:★★★★★総合92点
  • 価格:4,536円(税込)
  • 内容量:100ml
  • メーカー:富士フィルム

富士フィルムのナノ技術を活用したアスタリフトシリーズは、アスタキサンチンリコピンなど、抗酸化作用の高い赤の成分がぎゅっと配合されています。

乳液には、3種のコラーゲン、ヒアルロン酸、スクワランなどの保湿成分がバランスよく入っていて、肌の水分と油分のバランスを整えてくれます。軽やかなテクスチャーでべたつきが苦手な人にも最適です。

公式サイトを見てみる

HANAオーガニック ムーンナイトミルク

\日中のダメージから肌を立て直す夜用乳液/

Source: 公式サイト

HANAオーガニック ムーンナイトミルク

  • 編集部評価:★★★★★総合90点
  • 価格:4,286円(税別)
  • 内容量:30ml
  • メーカー:えそらフォレスト株式会社

こちらは、日中に受けた肌ダメージを立て直すナイトミルクです。酸化を防ぎ、常在菌バランスを整え、肌本来の自然の力を引き出す効果があり、使っていくうちに、肌がドンドン甦ってきます。

保湿効果もありますが、美容液のような+αの効果が高く、年齢を感じ始めた肌におすすめしたいアイテムです。

公式サイトを見てみる

【化粧水】プチプラ&おすすめ比較

洗顔後の肌に初めにつける化粧水は、成分や使い心地、低刺激性などにこだわりたいものです。プチプラの化粧水は、コットンパックなどにも惜しみなく使え、角質層をじっくり潤すのには最適です。

編集部おすすめ化粧水は、成分がナノ化されていたり、角質層と同様の成分が使われていたりして、浸透率が格段に高い!それぞれのスキンケア力をみていきましょう。

プチプラ化粧水のスキンケア力

1000円前後で購入できるプチプラ化粧水は、シンプル処方と保湿力が鍵。スキンケアでは、けちらず、バシャバシャ惜しみなく使える点が、実は、最も大切だったりします。浸透率なども合わせて比べていきましょう。

商品名成分コスパ保湿力低刺激
無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ
セザンヌ スキンコンディショナー高保湿
肌研 (ハダラボ) 極潤 ヒアルロン液

無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

\リピジュアとヒアルロン酸でしっとり/

Source: Amazon

無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合85点
  • 価格:700円(税込)
  • 内容量:200ml
  • メーカー:良品計画

無印良品のロングセラーの化粧水です。スキンケア力では、肌への優しさ、低刺激、保湿力の点で優れており、乾燥肌や敏感肌、ニキビ肌も安心して使える点が高評価。保湿成分のリピジュア®とヒアルロン酸のW配合で、表皮をしっかりと潤してくれます。

角質層の奥まで浸透するような成分はありませんが、たっぷり使うことで、キメがふっくらと潤う、という口コミが多数。

公式サイトを見てみる

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

\1本で4か月!ヒト型セラミドの保湿力/

Source: 公式サイト

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

  • 編集部評価:★★★★★ 総合87点
  • 価格:650円(税抜)
  • 内容量:500ml
  • メーカー:セザンヌ

600円代のプチプラなのに、肌馴染みのヒト型セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸、コラーゲンなど、ワンランク上の化粧水並みに様々な成分が配合されています。弱酸性で、敏感肌でも使え、使用後は、しっとり。

1本500mlの容量で、朝晩使って約4か月分もちます。コットンパックなどでスペシャルケアをするのがおすすめですよ。

Amazonを見てみる

肌研 (ハダラボ) 極潤 ヒアルロン液

\スーパーヒアルロン酸で吸い付くような肌に/

Source: 公式サイト

肌研(ハダラボ) 極潤 ヒアルロン液

  • 編集部評価:★★★★★総合85点
  • 価格:1,082円(税込)
  • 内容量:170mL
  • メーカー:ロート製薬
無駄な成分をそぎ落とし、とにかくヒアルロン酸にこだわっています。化粧水というよりは、ヒアルロン液と呼ぶのに相応しく、3種類のヒアルロン酸を贅沢に配合。とろみのあるテクスチャーで、肌に乗せたそばから、プルプルに潤うので、乾燥肌にもおすすめです。

なんとこちらは、髪の毛にも使えるそう。1本で保湿が完了するので、シンプルケア派にはぴったりのアイテムです。

公式サイトを見てみる

おすすめ化粧水のスキンケア力

編集部でチョイスしたおすすめの化粧水は、肌に乗せた時の浸透力や、保湿以外の美容効果、肌への優しさなどを考慮しています。プチプラにはない、メーカー独自の成分や、テクノロジーなどにも注目しましょう。

商品名成分コスパ保湿力低刺激
ビーグレン QuSomeLotion
エトヴォス モイスチャライジングローション
アスタリフト モイストローション

ビーグレン QuSomeLotion

\理想の水分量を17時間キープ!/

Source: Amazon

ビーグレンQuSomeローション

  • 編集部評価:★★★★★総合96点
  • 価格:5,130円(税込)
  • 内容量:120ml
  • メーカー:ビーグレン

浸透性だけでなく、貯留性のある成分を配合しているので、豊かな潤いが17時間続くのが特徴です。化粧水でありながら、角質層の奥まで届く美容液成分をたっぷり含んでいるので、アンチエイジング効果が期待できます。

テクスチャーはまろやかで、べたつかず、スッと肌に馴染みます。

公式サイトを見てみる

エトヴォス モイスチャライジングローション

\敏感肌にスッと浸透する保水力に注目/

Source: 公式サイト

エトヴォス モイスチャライジングローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合90点
  • 価格:3,200円(税別)
  • 内容量:150ml
  • メーカー:株式会社エトヴォス

乾燥肌、インナードライ、混合肌向けのローションで、肌の保水力を向上させる成分(セラミド、POs-Ca®)などが含まれています。ヒアルロン酸、リピジュア®、天然保湿因子など、元々肌の構成要素である成分がメインなので、浸透しやすく、肌荒れしにくいのが特徴。

天然ラベンダー花水が主体になったまろやかなテクスチャーで、心も癒されます。

公式サイトを見てみる

アスタリフト モイストローション

\ダメージコラーゲンに着目した赤のローション/

Source: 公式サイト

アスタリフト モイストローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合92点
  • 価格:4,104円
  • 内容量:130ml
  • メーカー:富士フィルム

肌のハリを低下させるダメージコラーゲンに着目したローションです。コラーゲンやビタミンをナノ化した独自成分「CLリフレッシャ―」がぐんぐん肌に浸透し、使い続けるごとに、ピンとしたハリが生まれてきます。

抗酸化作用のある赤の力(アスタキサンチン、リコピン)が、肌の老化を食い止めてくれる点も高ポイントです。

公式サイトを見てみる

【クリーム】プチプラ&おすすめ比較

次は、スキンケアの最後に使うクリームを見てみましょう。乳液とクリームは、併用しなくてもOKですが、乾燥が酷い時や、肌に栄養を与えたい時などにプラスすると、肌が元気になります。

保湿メインのクリームと、美容成分がたっぷり含まれているクリームの2種類があり、成分によって値段が変わってきます。

プチプラクリームのスキンケア力

プチプラクリームは、どれも「保湿力」に優れています。スペシャルステップとして、基本のステップではうるおいが足りない時にプラスしてみましょう。また、乳液⇒混合肌&普通肌、クリーム⇒乾燥肌と、使い分けるのもおすすめ。

低価格な分、シンプル処方が多く、肌荒れや乾燥ニキビなど、トラブルが起こりやすい肌にも適しています。

商品名成分コスパ保湿力低刺激
セザンヌ モイスチュアリッチ エッセンスクリーム
なめらか本舗 クリームNA
明色化粧品 セラコラ 保湿クリーム

セザンヌ モイスチュアリッチ エッセンスクリーム

\コエンザイムQ10配合のリッチなクリーム/

Source: Amazon

セザンヌ モイスチュア リッチ エッセンスクリーム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合88点
  • 価格:800円(税別)
  • 内容量:50g
  • メーカー:セザンヌ

モイスチュアリッチのシリーズで、基本のケアでは潤いが足りない時にプラスします。こちらのシリーズには、アミノ酸・ビタミン・ミネラルが豊富な酵母が使われていて、皮膚の細胞の正常なバランスをキープしてくれます。

保湿成分として、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドをトリプル配合。更に、コエンザイムQ10が肌を若々しく保ちます。しっとりとした使用感です。

公式サイトを見てみる

なめらか本舗 クリームNA

\パック効果でふっくらもち肌に!/

Source: Amazon

なめらか本舗 クリームNA

  • 編集部評価:★★★★★ 総合89点
  • 価格:997円(税込)
  • 内容量:50g
  • メーカー:常盤製薬

豆乳発酵液をベースにした濃厚なクリームです。豆乳イソフラボンは、女性の肌には欠かせない成分で、肌のキメを整え滑らかな状態を保ってくれます。成分は濃縮されていますが、テクスチャーはぷるぷる系でべたつきません。

たっぷり塗りこんでもスッと浸透し、パック効果で、翌朝はびっくりするほどモチモチ肌に。べたつかないので、ニキビ肌や混合肌にもおすすめです。

公式サイトを見てみる

明色化粧品 セラコラ 保湿クリーム

\乾燥・敏感肌におすすめの肌バリアクリーム/

Source: Amazon

明色化粧品 セラコラ 保湿クリーム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合87点
  • 価格:1,080円(税込)
  • 内容量:90g
  • メーカー:株式会社明色化粧品

乾燥が続く原因は、肌バリアが機能しておらず、潤いが蒸発してしまう為です。一見、皮脂が多いニキビ肌でも、肌の内側がカラカラでバリア機能を失っている場合も。そんな時は、美容成分を色々与えるよりも、バリア機能を回復させるスキンケアが必要です。

浸透性の高い3種類のセラミドとコラーゲンを配合したシンプルな処方で、ボロボロになった肌の保水力をぐんぐん上げていきます。

公式サイトを見てみる

おすすめクリームのスキンケア力

編集部が厳選したおすすめクリームは、保湿は勿論、しみ、しわ、たるみなどの年齢肌にも使える高いスキンケア力が特徴です。美容成分や独自の成分が使われているので、値段は上がりますが、スペシャルケアにぜひ取り入れたいアイテムばかりです。

3点厳選しましたが、それぞれ効果が異なるので、自分の肌に必要なものを選びましょう。

商品名成分コスパ保湿力低刺激
アスタリフト クリーム
エトヴォス セラミドスキンケア モイスチャライジングクリーム
ビーグレン QuSomeモイスチャーゲルクリーム

アスタリフト クリーム

\夜の集中ケアで翌朝はふっくら/

Source: 公式サイト

アスタリフト クリーム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:5,400円(税込)
  • 内容量:30g
  • メーカー:富士フィルム

濃厚なテクスチャーのナイトクリームで、肌が疲れてきたな、と感じた時の救世主です。ナノ技術で、高濃度なオイル系保湿成分を安定化させているそうで、肌にピタッと密着し、ぐんぐん浸透していくのが分かります。

リコピン、アスタキサンチンの他に、優れた抗酸化力とチロシナーゼ活性阻害力をもつメマツヨイグサ種子エキスを配合しています。

公式サイトを見てみる

エトヴォス セラミドスキンケア モイスチャライジングクリーム

\5種類のセラミド配合の肌の救世主/

Source: 公式サイト

モイスチャライジングクリーム

  • 編集部評価:★★★★総合94点
  • 価格:3,800円(税別)
  • 内容量:30g
  • メーカー:株式会社エトヴォス

乾燥肌の原因にアプローチする保湿重視のクリームです。水分、油分ともに不足し、バリア機能の衰えた肌に最適な1本で、水分をクッションのように抱え込む5種類のヒト型セラミド、4種のビタミンが濃縮されて配合されています。

マカデミア種子油やホホバ種子油など、植物性のオイルも配合されているので、しっとりモチモチの使用感。シンプルな処方で低刺激なので、荒れた肌があっという間に回復するという声もありました。

公式サイトを見てみる

ビーグレン QuSomeモイスチャーゲルクリーム

\うるおいの連鎖を創りだす保湿ゲル/

Source: 公式サイト

ビーグレン QuSomeモイスチャーゲルクリーム

  • 編集部評価:★★★★総合95.4点
  • 価格:6,000円(税別)
  • 内容量:30g
  • メーカー:ビーグレン

クリームというと、ちょっと重い感じがしますが、こちらは、浸透率の高い保湿ゲルで、みずみずしさが長時間続くのがポイントです。4種類の美容成分を含む独自の複合成分が、角質の奥まで入り込み、根本からの乾燥を解決してくれます。

べたつきが皆無なので、皮脂が多いインナードライやニキビ肌にもおすすめ。一見、潤いが足りないように感じても、使い続けるごとに、キメが整ってくるのが分かります。

公式サイトを見てみる

スキンケアは肌とニーズに合うものを

プチプラとおすすめの2つの視点から、様々なスキンケアアイテムを見てきましたが、使ってみたいものは見つかりましたか?成分や効果を欲張ってしまうと、本当に肌に必要なものが見極められなくなるので、まずは、今の肌に必要なものは何か、改善したい点はどこか、1つ、2つに絞ってみましょう。

必ずしも高い=効果がある、というわけではないです。肌が欲しているものをちゃんと選んであげれば、どんどん綺麗になりますよ!