ニキビ悪化の季節『冬』の5大原因と治し方。保湿ケアがきれいの砦!

ニキビ悪化の季節『冬』の5大原因と治し方。保湿ケアがきれいの砦!

冬は寒くて乾燥する季節なのにニキビが悪化するのはなぜ?実は冬こそ、ニキビを悪化させるための条件がそろっているシーズンだったのです。お肌の大敵である乾燥を防ぐ保湿のポイントとあわせて、冬のニキビの治し方をみていきましょう!

冬にニキビが増えるのはなぜ?

こんにちは!編集長の水野春子です。​1年を通して一番乾燥する季節である冬はニキビが悪化する季節でもあります。

汗もかくし蒸れる夏場の方が肌にできものができやすいイメージですが、冬もニキビが増えて悪化する条件がそろっています。

undefined
はるこ先生
肌が乾燥してカサカサになるだけでも憂鬱なのに、冬のニキビは本当にやっかいですよね。
  • 試した化粧品数⇒約100種類
  • 医学書~雑誌まで読んだ書籍⇒30冊
  • サイト立ち上げまでのネットリサーチ数⇒約1200サイト

 この記事では、冬の吹き出物​のメカニズムと治し方のポイントをまとめています!冬ニキビにおすすめの化粧品も紹介していますからぜひチェックしてくださいね!

冬のニキビ悪化の5大原因

 冬のニキビを悪化させる原因とは?5つの大きな原因について説明します。

原因①肌の乾燥

肌は肌表面の薄い角質細胞が幾重にも積み重なった​「角層」と呼ばれる部分で潤いを保っています。 角層は「角質細胞」から形成され、その内部にある「NMF(天然保湿因子」)、角質細胞同士の間を埋めている「細胞間脂質」によって水分を保ちます。また、汗と皮脂によって形成される「皮脂膜」が水分の蒸発をブロック。

しかし色々な原因で肌が乾燥すると角層に隙間ができ、水分がどんどん逃げて肌が敏感な状態になります。そこへ過剰に分泌した皮脂や紫外線などの外部刺激によって肌荒れが起こるのです。

乾燥すると、肌はそれを補うために過剰に皮脂を分泌します。これが結果的に毛穴に詰まりやすくなりニキビができてしまうというわけです。

冬場は特に乾燥しやすいので注意が必要です。

空気の乾燥 

冬の冷たく乾燥した空気に肌がさらされることで、肌の表面が乾燥し​ます。 日本の 夏の平均湿度は70~80%ほどになるのに比べて冬は50%に満たない日が多く あります。​

空気中の湿度が50%以下になると、急激に肌の水分が失われて乾燥が進行します。

暖房器具の影響

冬場の室内も乾燥しています。というのも、冬は暖房を使用することで空気が乾燥するのです。

暖房を使用する時は一緒に加湿器も使用するなど工夫が必要です。

汗の減少

肌の保湿には汗と皮脂による皮脂膜の働きも必要ですが、寒い冬場は体を動かす機会も減り、汗をかく機会自体が減ります。

そうすると皮脂膜の働きだけでなく、皮脂分泌や発汗の機能まで衰え肌の代謝も低下してますます乾燥​していきます。

入浴や洗顔時のお湯

寒くなると入浴する時や洗顔する時のお湯の温度をつい高めに設定しがちになります。ですが、お湯の温度が高いと肌の汚れを落とすだけでなく、肌の保湿に必要な皮脂まで洗い流すことになります。

すると肌が乾燥してしまうのです。

原因②たっぷり保湿クリーム

肌を乾燥から守るため、水分を逃がさないように油分たっぷりの保湿クリームを使うというのはNG。

ニキビの根本的な原因は肌の乾燥によるものなので、肌を保湿するのは正しいのですがクリームの油分がニキビの悪化を招くのです。まずは化粧水でしっかりと肌に水分を与えることが大切です。

肌は本来、天然の保湿クリームともいえる皮脂膜で保護されているのですがクリームを塗りすぎるとかえって皮脂膜の邪魔にもなります。

保湿した肌に適量のクリームを塗るようにしましょう。

原因③雑菌

冬場はマスクやマフラー、タートルネックのセーターなどの出番が増えます。これらは直接肌に触れるので肌に刺激となり、角質を厚くさせます。

角質が厚くなると皮脂が詰まりやすくなりますし、汗や皮脂、ファンデーションなどによって雑菌が増殖しその刺激でニキビが悪化します。

冬場、フェイスラインにニキビができやすくなる人はこういったものが原因かもしれません。

原因④免疫力の低下

気温が下がると体も冷えやすくなりますね。身体の冷えは体の代謝を滞らせるので免疫力を低下させます。

ニキビの原因となるアクネ菌は実は常在菌なのでいつも肌に存在して肌を守る役目も果たしています。しかし、免疫力が低下するとアクネ菌が過剰に繁殖​するのでニキビの悪化を招くのです。

原因⑤自律神経の乱れ

自律神経は体温調節機能もありますが、温かい室内から寒い外に出るなどの寒暖差によって体温調節機能​が働きすぎると自律神経の乱れも引き起こします。

さらに自律神経の乱れは男性ホルモンを過剰に分泌させたりするので、皮脂の分泌が増加します。そうすると毛穴の詰まりの原因となりニキビができるのです。

冬ニキビはニキビ跡になりやすい気が…なぜ?

本来、ニキビ跡は肌のターンオーバーによって少しずつ薄くなるもの。
ですが、冬は寒さによる冷えなどから新陳代謝が低下しやすいのでニキビ跡が残りやすく、跡が残りやすいと感じるのです。

冬ニキビの治し方


ニキビのできやすい原因が多い冬。冬のニキビの改善にはどのようなことを気をつけると良いのでしょうか?

最重要は保湿ケア

空気が乾燥する冬はとにかく肌の保湿ケアを意識しましょう。まずは乾燥した肌にしっかりと水分を与えること。​

洗顔後や入浴後、清潔な肌に化粧水で水分を与えて美容液、乳液、保湿クリームの順にお手入します。

油分の多いアイテムを後にすることで肌に与えた水分を逃がさないようにするのがポイントです。

【肌の保湿に役立つ成分】

■ヒアルロン酸…真皮に存在していて、1gあたり6リットルの水分を保水する​非常に高い水分保持力を持つ成分。

■コラーゲン…たんぱく質の一種であり、肌のハリや弾力の維持​に働く成分。栄養素のビタミンCはコラーゲンを作り出すのに不可欠な成分です。

■セラミド…表皮の角質層に存在する細胞間脂質のひとつ​。肌を保湿し、細胞間をすき間なく埋めることで外部刺激から肌を守ります。

スキンケアアイテムにはこれらのような高保湿成分が配合されているものを選びましょう。

また、保湿ケアは顔だけでなく体全体にも必要です。入浴後に、顔のお手入れとあわせて身体の保湿ケアもしましょう。

とくに、ひじやひざ、かかとなどは乾燥し角質が厚くなりやすい部分なので念入りに。
保湿ケアにはお手頃価格で入手しやすいワセリンやニベアもおすすめ。化粧水で水分補給した肌から水分が逃げないようにカバーするのに役立ちます。

肌を乾燥させない洗顔をする

洗顔料は丁寧にしっかり泡立てて、泡で優しく汚れを落とすように洗いましょう。

洗い流すときはつい温かいお湯を使いたくなりますが、必要な皮脂まで流してしまうのでぬるま湯(体温よりも少し低いくらい​)で洗い流しましょう。

強い刺激は肌にダメージを与えてしまうので、洗い上がりの水分をふくときは優しくタオルで水分を押さえるように、強くこすらないように注意します。

undefined
はるこ先生
洗顔はぬるま湯で優しく丁寧に、を心掛けましょう。

食べ物でもサポートする

乾燥改善にはかぼちゃ!

かぼちゃには体内に入るとビタミンAに変わるβカロテン​体内に入るとが豊富。皮膚や粘膜を強化して健やかな肌を保つので乾燥肌の改善に。油を使って調理するとβカロテン​の吸収率アップ。冬に積極的にたべたい食材です。

免疫力アップにはみかん!

冬が旬のみかんは100gあたり50kcal前後​と低カロリーながら免疫力アップに欠かせないビタミンCが豊富。ビタミンCには、メラニンの生成に働きかけてシミなどの予防をする働きだけでなく、体内に侵入してきたウィルスや細菌と戦う力があります。

冷え改善には根野菜&生姜!

人参やゴボウなど土の中で育つ野菜は体を温める効果があるとされます。中でもカブは冬に旬を迎える根野菜なので、冬の冷え改善にピッタリ!

また、しょうがは血行を良くするので冷え性におすすめの食材です。

水分摂取を心がける

気温が低い冬は、夏場に比べてのどの渇きを感じにくいので無意識のうちに体が水分不足になっている場合が多いです。

水分不足になると当然肌も水分が足りずに乾燥しやすくなります。

1日に必要な水分量は「体重(kg)×30ml」の式​で計算できます。体重が50kgであれば一日1,500ml​が必要ということ。冬場も意識的に水分摂取する必要があります。

冷えの改善

気温が下がると体も冷えやすくなります。体が冷えることで血液の巡りが悪くなり、肌細胞に酸素や栄養などが十分に届きにくくなるので肌荒れが起きます。

冷えを改善するには、なるべく体を温めることが大切です。いつもお風呂をシャワーで済ませているのであれば、しっかり湯船に浸かって体を芯から温めましょう。

また、飲み物も常温~温かいものを飲むようにするのも良いですね。冷えが解消されると血液の巡りが改善されて、肌細胞に酸素や栄養などが​しっかり届くので代謝がアップします。

部屋の湿度を保つ

冬は外気も乾燥しますが室内も乾燥します。乾燥した空気によって肌の水分が奪われるので、室内も加湿して湿度を保ちましょう。

湿度の快適指数は60%とされているので、加湿器などを使用してこれを保つことがポイントです。

衣服の素材に気をつける

冬の肌は乾燥によってバリア機能が低下し敏感肌になりがち。そこへウール素材のマフラーやタートルネックなどのチクチクとした刺激がフェイスラインに与えられると肌荒れが起こりやすくなります。

マフラーやタートルネックセーターはファンデーションなどの汚れもつきやすいので、そこへ雑菌が増殖することもニキビの原因となります。こまめに洗濯をして清潔を保つようにしましょう。

ポリエステルやアクリル​は肌触りは問題ありませんが、通気性や吸水性が悪​いので常に汗ばんで蒸れてしまい背中ニキビなどができやすくなります。

できればシルクやコットンなどの天然素材の​物を選ぶようにしましょう。温かさはウールなどの方が優れていますが、天然素材の​服を重ね着するなどして体が冷えないようにも注意。

規則正しい生活をおくる

規則正しい生活は肌荒れを改善するためにも大切なこと。特に睡眠中に肌の新陳代謝は活発になるので、十分な睡眠をとることが欠かせません。

また、冬は寒いので運動不足になりがち。ですが、運動不足になると新陳代謝が低下して肌荒れの原因になります。

体を動かして血流がアップすると新陳代謝もアップするので、冬も意識的に運動しましょう。

たとえば、エレベーターではなく階段を使う、わざと遠回りして歩くなどのちょっとした積み重ねでも効果はあります。

高保湿で冬におすすめ化粧品4選

冬の乾燥したお肌の救世主となるおすすめの化粧品をご紹介します。

化粧水

イキテル ローション        

​\乳酸菌由来の保湿成分配合!/

Source: Amazon

イキテルローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:3,240円
  • 内容量:120ml
  • メーカー:ヤクルト

肌に存在している天然保湿因子に似た成分である「乳酸菌発酵エキス」で肌に潤いを与え、ハリを与える「ビフィズス菌発酵エキス」と潤いをキープする「高分子ヒアルロン酸」によって肌に本来備わっている潤う力をサポートします。パラベンやアルコールフリーなので、冬の乾燥で敏感に傾きがちなお肌にも安心して使えますね。

  • 満足
    4.7/5
    26歳・女性・乾燥肌
    無香料でとろみのある化粧水です。リベシィの乳液と一緒に使うと冬場でも乾燥がいままでより気にならなくなりました。3000円代でこの内容は大変満足です。

    @cosme

  • すっごく気に入ってます。
    4.5/5
    34歳・女性・混合肌
    このローションを使い始めてからお肌のキメが整って、ふっくらツヤツヤするようになりました。 使い続けるうちにお肌の奥からしっとりもちもちするような手触りを感じることが出来ました。 配合されている乳酸菌由来の3つの保湿成分が自分の肌にぴったり合ったのかな。 同じ乳酸菌でもパイオニアのヤクルトだけに品質の高さは信頼できますし、アルコールとかパラベンも入ってないのでお肌のコンディションが悪い時でも安心して使えるから嬉しいです。

    @cosme

 乳酸菌と言えばヤクルト、というくらい乳酸菌を知り尽くしているメーカーならではの化粧水なので安心。コスパも良いので続けやすい点も魅力ですね!

公式サイトを見てみる

フコイダン保湿ローション  

​\潤いを保持できる肌を目指す!/​

Source: Amazon

フコイダン保湿ローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:5,880円
  • 内容量:200ml
  • メーカー:ラムズ・マークス

フコイダンというのは海藻のヌメリ成分に含まれている成分です。高い保湿作用で肌をなめらかにして、肌のバリア機能をサポートします。フコダインは安全性の高いトンガ王国産のものを使用しているので、赤ちゃんの肌でも、アトピーや敏感肌でも安心して使える化粧水です。他にも外側から潤いを与える成分としてポリグルタミン酸やクインスシードエキス、内側からの水分保持にトレハロースとベタインを配合。ダブルモイスト効果で肌荒れ改善。

  • 効果を実感
    4.5/5
    40代・女性
    軽度のアトピーがあり、また年齢のせいもあり昨年あたりから冬の乾燥に悩まされてました。皮膚科の薬と市販保湿クリームを併用するもあまり効果がなく、たまたまこちらを見つけて購入しました。最初の数日は効果が見られず、これも今までと同じなのかと思いつつも、決して安くはない値段を出して買ったので使い続けてみようと。1週間したころから変化が。肌が落ち着きだし、風呂上がりに皮膚科薬とフコイダンローションを、朝はフコイダンローションのみを塗るだけで、痒くならなくなりました。私にとっては少々お高いものですが、冬場数ヶ月のことなので頑張ってまた購入したいと思います。

    楽天市場

  • 乾燥肌に
    4.2/5
    50代・女性
    トロリとしたテクスチャーで優しい使用感。お顔につけているうちに手指の乾燥までおさまっていました。低刺激で有名ブランド(内外問わず)化粧品では肌荒れや乾燥が解消しなかったのに、この商品はお風呂上がりにケアすれば朝までシットリ。オススメです。

    楽天市場

 お値段が少々張るというのがデメリットと言えばデメリットですが、それ以上に肌の乾燥を改善する効果が期待できるアイテム。低刺激ながら潤いの持続力は確かです!

公式サイトを見てみる

保湿クリーム

アヤナス クリーム コンセントレート

 \敏感肌のバリア機能を高める/

Source: ディセンシア

アヤナスクリームコンセントレート

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:5,940円
  • 内容量:30g
  • メーカー:株式会社DECENCIA​​

角層を包んで外部刺激を防ぐヴァイタサイクルヴェールという特許技術によって、本来の肌のバリア機能を高めます。抗炎症成分コウキエキスやメラニン生成を防ぐローズマリーエキス、ディセンシアオリジナル複合成分「ストレスバリアコンプレックス®」​によってエイジングケアも。また、ストレスも肌荒れの原因となりますが、配合されている2つの天然植物エキス​の香りでストレスから解き放ってくれます。

  • 心地良い
    4/5
    27歳・女性
    塗った瞬間濃厚なのにみずみずしい膜に包まれているような安心感のあるクリームがとにかく心地良いです。 私は乾燥肌なのでとにかくこの潤いが冬は必須!ベタつかないので夏のクーラーの部屋の中でも活躍しそうです。

    @cosme

  • 乾燥肌の方には本当にオススメです!
    4.6/5
    26歳・女性
    冬の時期でもクリームをしっかり塗るとカサカサもなくなるし、外部刺激からも守ってくれるみたいです! また、他の口コミには化粧の時のムラが気になるともありましたが、5分くらいおいたり、テッシュで抑えると全然気になりませんでした。 乾燥知らずですごく気に入りました!

    @cosme

 こくりとしたテクスチャーなので極上のハリと保湿を実感できます。乾燥を改善するだけでなく、外部刺激から肌を守ってくれるので乾燥する冬場は大活躍してくれますよ。

公式サイトを見てみる

ディープモイスチュアクリーム

 \水分保持に役立つ有効成分配合/​

Source: Amazon

ディープモイスチュアクリーム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合91点
  • 価格:8,000円
  • 内容量:30g
  • メーカー:株式会社アイム

世界の美容家や​芸能人にも愛用者が多いライスフォース。このディープモイスチュアクリームは肌が水分を保つ力を改善する「皮膚水分保持能改善」を認可された唯一のエキスであるライスパワーエキスNo.11を配合した薬用クリーム。生クリームのような濃密感でべた付かないのにしっかりと潤いを閉じ込めてくれます。

  • 気に入っています
    4.5/5
    30歳・女性・混合肌
    冬は何を使用しても乾燥してしまう私…。ネットの広告で前から気になっていたこちらのクリームを試しに使ってみました。クリームなのにベタベタしない使用感でとても気に入っています。1日中乾燥が気にならず、優しくしっかり潤って本当に快適♪キメが整って透明感も出てきました。

    @cosme

  • かなり良い!
    5/5
    29歳・女性・敏感肌
    大人ニキビで悩みいろんな化粧品を試しました。 どれもダメで・・・。 ニキビは治らない、ヒリヒリして痛い。 当分、敏感肌用を使っていました。ヒリヒリも落ち着いた時に友人に教えてもらったのがコレ!! 使用感 ☆ヒリヒリしない ☆ニキビが落ち着いた ☆翌朝、肌がしっとりした ☆肌が潤ってきた ☆ベタベタしない 大人ニキビと肌に潤いが戻ったのが一番嬉しい。

    @cosme

 冬の肌の乾燥を改善するだけでなく、ニキビにも効果があったという声も。しっかり潤うのにべたつかないので使いやすいと評判です。

公式サイトを見てみる

冬にキビの場所別・原因と対策

鼻&​ おでこ

鼻とおでこ、ここはいわゆるTゾーンと呼ばれる部分です。皮脂の分泌が多い部分なので、季節問わずニキビができやすい部分でもあります。

もともと皮脂の分泌が多いことに加えて冬は冷えや乾燥などによって新陳代謝が低下します。肌の生まれ変わりがスムーズに行かず、古い角質で毛穴が詰まりやすくなるためニキビができやすくなります。

Tゾーンに比べて皮脂を分泌する皮脂線​が少ない頬は乾燥しやすい部分です。特に冬は湿度が低下するので乾燥した空気にさらされることで肌の水分が逃げやすくなります。

この乾燥を防ごうとして肌は必要以上に皮脂の分泌を促進します。乾燥した肌細胞は新陳代謝も低下しているので古い角質と一緒に毛穴に皮脂が詰まってしまいニキビの原因となります。

顎 

角質層の水分量が足りなくなると、肌を守るためのバリア機能が大幅に低下しニキビの初期段階である角栓が発生しやすくなります。

特にUゾーンは皮脂膜が張られにくい​ので敏感になりがち。そこへ、マスクやマフラーなどの外部刺激が加わることで肌荒れが起こります。

背中

顔同様に冬は体も乾燥します。ですが背中は自分では見えにくい部分なので保湿ケアを忘れがち

肌は乾燥から肌を守ろうとして皮脂を​たくさん分泌するのでそれが毛穴に詰まってニキビの発生へとつながるのです。

undefined
はるこ先生
パーツによってニキビの原因は違うように見えますが、根本的には肌の乾燥によるところが大きいです。
改善するためにはまず、お肌の保湿対策を念入りに!

大人の冬ニキビは保湿で治る!

冬のニキビを改善するにはとにかく保湿ケアを重点的にすることが何よりも大切。まずは乾燥に負けない肌を目指すことで必然的に健やかな肌を育むことができるのです。

さらに冬ニキビの治し方のポイントを抑えて冬のニキビを撃退しましょう!