ニキビ跡治すなら美容皮膚科が確実!処方薬・治療法・全国おすすめ院

ニキビ跡治すなら美容皮膚科が確実!処方薬・治療法・全国おすすめ院

ニキビ跡にお悩みの方は、美容皮膚科での治療を検討してみてはいかがでしょうか?自力でケアするよりも安全確実に消すことができるはずです。治療法もクリニックによって様々なので、費用や治療内容を見て自分に合った美容皮膚科を探してみてください。

ニキビ跡は皮膚科で治る

こんにちは、編集長の水野春子です。繰り返しできるニキビは厄介ですが、それと同じくらい、むしろそれ以上に厄介と言っても過言ではないのが「ニキビ跡」です。

一度跡になってしまうと「もう治らないのかな……」と諦めつつある人も多いと思いますが、実はニキビ跡もニキビと同様、皮膚科での治療が効果的だということをご存知でしたか?

undefined
はるこ先生
いくら頑張ってケアしてもびくともしないニキビ跡……。そんなニキビ跡が皮膚科で治せるなら、利用しない手はないですよね!
  • 調べた皮膚科の治療の種類⇒20種類
  • リサーチしたサイト数⇒30サイト
  • リサーチした書籍⇒10冊

誰しもニキビ跡のないツルツル肌になりたいはず。今回は、皮膚科で行うことができるニキビ跡治療にフォーカスを当てて詳しくご紹介していきます!

自力ケアより皮膚科がいい理由

ニキビ跡は比較的身近なものであることから、どうにか自力で改善させようと思う人が多いのではないかと思います。それに、高い費用がかかってしまうのはなるべく避けたいところでしょう。

しかし、ニキビ跡を確実に治療したいのであれば自力でケアするよりも皮膚科を受診した方が確実と言えます。その3つの理由について見てみましょう。

市販薬より有効な薬を処方してくれる

市販薬の多くは、あまり高い効果を持たないものが多いです。その上、本当に自分の症状に合った薬かどうかもわかりません。だらだらとただ市販薬の使用を続けていても、改善が見込めない場合も多くあるでしょう。

皮膚科で診察を受ければ、症状に合ったより有効な薬を処方してくれます。ピンポイントで高い効果が期待できる薬です。市販薬より多少費用がかかったとしても、少ない処方で確実に改善へと導いてくれるはずです。

プロによるニキビ跡治療が受けられる

皮膚科でニキビやニキビ跡治療に従事することができるのは、深い知識と技術、そして国家資格を持った専門医のみです。プロの目で悩みの肌を直接見てもらうことができ、最適な治療法を提案してくれます。

ニキビ跡治療は皮膚科以外にエステで受けることもできますが、医師の資格を持っていなければ使うことができない、つまりエステでは使用してもらえないような機械を導入している皮膚科も数多くあります。精神的な面で言っても、プロによる治療を受けるとなると大きな安心感があるでしょう。

安全確実に消すことができる

ニキビ跡を自力で消そうとして、自分であれこれいろいろな方法を試している方も多いかもしれません。しかし自己流の方法でニキビ跡を消そうとすると全くと言っていいほど効果がなかったり、逆に悪化させてしまったりすることにもなりかねないでしょう。

そうなることを防ぐためには、やはり皮膚科に頼るのが一番の近道です。プロが肌の状態を見て最適な治療法を選んでくれるので、危険を及ぼすこともなく、安全に治療に取り掛かることができるでしょう。

自力で消そうとするよりもニキビ跡をきれいに消すことができる可能性は何倍も高いはずです。

皮膚科で処方されるニキビ薬

皮膚科で医師から処方されるニキビ薬には、いくつかの種類があります。塗り薬と飲み薬に分けて、それぞれ詳しくご紹介します。

塗り薬

(1)外用レチノイド製剤

肌の新陳代謝を高めるとされているビタミンA誘導体が配合されている外用薬です。

肌の細胞を活性化させるとともに、ヒアルロン酸コラーゲンなどの成分の生成促進が可能であるとされています。色素沈着などが原因のニキビ跡に対しては、レチノイドによる効果が期待できるでしょう。

なお、レチノイドを患部に塗布すると、副作用で痒みや赤みが発生することがあるようです。自己判断による使用は危険なので、あくまでも医師の指示に従って使用することが前提となります。

(2)外用ハイドロキノン製剤

ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」とも呼ばれており、気になる肌のシミや色素沈着の解消に効果があるとされています。市販薬の中にもハイドロキノンが配合されているものがありますが、皮膚科で医師の診察を受けた上で処方してもらうのが確実でしょう。

ハイドロキノンがニキビ跡に作用するメカニズムとしては、「チロシナーゼ」という酵素に働きかけメラニンの生成を抑制する効果と、すでに存在するメラニン色素を薄くする効果の2つが挙げられます。いわばWの効果で、頑固なニキビ跡にも効果を発揮してくれることが期待できるでしょう。

(3)外用ステロイド薬

ステロイドは抗炎症作用を持っており、ニキビ跡に対する治療でも使用されることが多い薬です。

ただ、ステロイドが効果的なのは炎症やしこりになっているニキビ跡のみ。あくまでも炎症を抑えるために使われる薬なので、色素沈着やクレーター状のニキビ跡には効果はほとんど期待できません

(4)ビタミンC誘導体の薬

ビタミンCは、たくさんの美容効果があることで知られている成分です。美白成分抗酸化作用など、女性にとっては特に嬉しい効果が盛りだくさんなのですが、ビタミンCそのものは水溶性でありとても不安定。

そこで、より効果的に皮膚内部まで届かせるためにつくられたのがビタミンC誘導体です。クリームやローションなどにビタミンC誘導体を配合することによって、頑固なニキビ跡にもしっかりと働きかけてくれます。

飲み薬

(1)ビタミン剤

ニキビ跡がいつまで経っても消えないのは、肌に必要な栄養素がきちんと摂りきれていないからかもしれません。中でも大切な栄養素は、先ほどもご紹介した「ビタミンC」です。

ビタミン類は食事だけではなかなか摂取できないことも多いでしょう。その場合処方されることがあるのがビタミン剤です。ビタミン剤の摂取で肌に足りない栄養素を補うことによって、ニキビ跡を改善していく目的があります。

(2)トラニラストカプセル

ケロイドと呼ばれる、患部がしこりのように硬い状態になってしまっている場合にはトラニラストという薬が処方されることがあります。

トラニラストは抗アレルギー薬の一種で、ケロイドの治療にはもちろん、予防にも効果的とされています。

(3)トラネキサム酸錠

トラネキサム酸を服用すると、炎症の原因となるメラサイトの働きが低下し、シミやニキビ跡の色素沈着などを解消することができるとされています。気になるニキビ跡を解消できるだけでなく美白効果も期待できるとのこと。

あまり即効性は期待できませんが、ある程度の期間服用し続ければニキビ跡は徐々に解消できるでしょう。

病院の保険適用薬

(1)ディフェリンゲル

ディフェリンゲルは外用レチノイド製剤の一種です。毛穴の詰まりを取り除く効果、ターンオーバーを促進する効果があるとされています。

クレーター状の凹凸にはあまり効果は期待できませんが、色素沈着や赤みに対してはある程度改善が可能でしょう。

(2)ベピオゲル

ピーリング効果と抗菌作用があるとされている薬です。何度も繰り返しできてしまうニキビに対しては、このベピオゲルが役立ってくれるでしょう。

抗菌作用によりニキビの原因となる菌を殺菌し、跡になるのを防いでくれるはずです。

(3)デュアック配合ゲル

デュアック配合ゲルには、ピーリング効果があるとされています。ピーリング効果により、使用を続けると肌の凹凸が和らいでくるとのこと。

長期間使用しすぎると耐性がついてしまうことがありますが、医師の指示に従って使用することである程度の効果が期待できるでしょう。

(4)ダラシンTゲル

ニキビ跡の中には、皮膚の深層部分にまだアクネ菌が残っているものがあります。これを根こそぎ殺菌してくれるという薬が、ダラシンTゲルなのです。

ダラシンTゲルに配合されている抗生物質のクリンダマイシンゲルという成分がアクネ菌を殺菌してくれるそうです。

皮膚科で行われるニキビ跡治療

皮膚科では具体的にどのような治療を受けることができるのか、主な治療方法についてご紹介していきます。

ケミカルピーリング

特殊な薬剤を肌に塗布することにより、毛穴に詰まっている角質や老廃物を排出することができるという治療方法です。

ニキビ跡が治らない場合、ターンオーバーが正常に行われていないことが考えられます。このターンオーバーの促進にも効果が期待できるのが、ケミカルピーリングなのです。

ケミカルピーリングで主に用いられるピーリング剤は以下の3つです。

(1)サリチル酸マクロゴール

  • 特徴:ピーリング効果が高い、痛みが少ない、副作用(赤みや炎症)が少ない
  • 費用:8,000〜15,000円程度
  • 効果が期待できるニキビ跡:色素沈着、凹凸
  • 施術にかかる時間:約30分〜1時間
  • 効果を実感できるまでの回数目安:6〜8回
  • ダウンタイム:ほとんどなし
  • 保険適用:×

角質を溶かすサリチル酸と、ピーリング剤が皮膚の深層部まで到達してしまうのを防ぐマクロゴールという成分が合わさった薬剤です。

マクロゴールのおかげで角質層のみにアプローチすることができるので、すでにニキビができてしまっていたり、敏感肌が気になる人でも安心して受けることができる治療法です。

undefined
はるこ先生
サリチル酸マクロゴールピーリングの場合、一回の治療にかかる費用は8,000〜15,000円と少し高いけど、副作用が少ないのと、比較的効果が出るのが早いことから人気みたいですよ!

(2)グリコール酸

  • 特徴:ピーリング効果が高い、痛みを感じやすい
  • 費用:5,000円〜8,000円程度
  • 効果が期待できるニキビ跡:色素沈着、凹凸
  • 施術にかかる時間:約30分〜1時間
  • 効果を実感できるまでの回数目安:6〜8回
  • ダウンタイム:ほとんどなし
  • 保険適用:×

グリコール酸とはAHA(フルーツ酸)の一種。肌にもともと存在する酸のため負担が少ないことから、ニキビケアのケミカルピーリングに使用されることも多いようです。

肌質や症状にもよりますが、基本的には2週間に1回程度の頻度で治療を受けることができるとされています。

(3)トリクロロ酢酸

  • 特徴:ピーリング効果が最も高い、痛みが少ない
  • 費用:3,000円〜10,000円程度
  • 効果が期待できるニキビ跡:凹凸
  • 施術にかかる時間:1時間
  • 効果を実感できるまでの回数目安:3〜5回
  • ダウンタイム:10〜14日
  • 保険適用:×

トリクロロ酢酸によるピーリングはTCAピーリングとも呼ばれており、凹んでいるニキビ跡をあえて傷つけることで治癒力を働かせ、ニキビ跡を解消するという治療方法です。

凹凸が激しいニキビ跡でも、トリクロロ酢酸ピーリングを行うことにより凹み部分が浅くなり、跡が目立たなくなるようです。

レーザー治療

ニキビ跡になっている部分の皮膚組織にレーザーを当ててあえてダメージを与えることで、肌のターンオーバーを促すのがレーザー治療です。

一口にレーザー治療といっても実は様々な種類がありますが、今回はその中でも特に使用されることが多い3つのレーザーをご紹介します。

(1)フラクセル2

肌の奥深くまで届かせることができるレーザーなので、クレーター状になってしまったニキビ跡への改善効果も期待できます。

ダウンタイムはほとんどなく、治療後はすぐにメイクをすることも可能です。効果が高い分、費用が割と高くなってしまうのがデメリットと言えるでしょう。

(2)フォトRF

フォトRFで照射するのは光エネルギーです。肌への刺激はあまり強くないものの、赤みがかっていたり色素沈着を起こしているニキビ跡には効果が期待できるでしょう。

ただし肌の深層部までは届かないため、凹凸の激しいニキビ跡にはあまり効果は見られないようです。

(3)フラクショナルレーザー

肌にごく小さな穴をあけることにより細胞を刺激し、ターンオーバーを促すことによってニキビ跡を改善させる治療法です。穴をあけると聞くと恐ろしいもののように感じますが、あくまでも治療の一環なので心配はいりません。

このフラクショナルレーザーと同時にイオン導入などを行うと、より効果的なようです。

ニキビ跡に強い全国のおすすめ皮膚科

ニキビ跡を治療するなら皮膚科選びも重要!ということで、全国のおすすめ皮膚科をいくつかご紹介します。

【全国展開NO1】湘南美容皮膚科

\ニキビを繰り返さない肌を目指すなら湘南美容皮膚科/


Source: 公式サイト

湘南美容皮膚科

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点 98点
  • 皮膚科の種類:美容皮膚科(保険適用外)
  • 治療の種類:ケミカルピーリング、イオン導入、ロアキュタン、ベビースキン、アクネライト、ダーマペン

湘南美容皮膚科では、一人一人のニキビ跡の症状に合わせた治療を行い、ニキビやニキビ跡を繰り返すことのない肌をつくることを目的としています。

医師が患部の状態をしっかりと確認し治療計画を立ててくれるので、頑固なニキビ跡に悩んでいる人にもおすすめです。

ケミカルピーリングはサリチル酸マクロゴールを使用しており、小1回4,860円(税込)で受けることができます。

良い口コミから見るメリット

  • ケミカルピーリングの効果がすごい!
    5/5
    初めは顔に張りがでたので気に入り通っていましたが、だんだんニキビ跡も改善されてきて、こんなに効果があることにびっくりです。 続けてみて良かったと思いました。

    ニキビ皮膚科口コミ.com

想像以上にニキビ跡改善効果があったとのこと。しかもニキビ跡だけでなく顔に張りまでもが出るとは、嬉しいことづくしです。 

店舗情報

<湘南美容皮膚科 新宿本院>

住所:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
電話番号:0120-5489-40
診療時間:10:00〜19:00
休診日:年中無休
※予約制

公式サイトはこちら

【東京】オザキクリニック

\凹凸のあるニキビ跡だって大丈夫!/

Source: 公式サイト


オザキクリニック

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点 93点
  • 皮膚科の種類:美容皮膚科(保険適用外)
  • 治療の種類:フラクセル、アンコア(ブリッジセラピー)、フォトRF(オーロラ)、ラクトピーリング、サリチル酸マクロゴールピーリング

オザキクリニックでは、主に「ピーリング」「レーザー」「」の3つのニキビ跡治療として行っています。例えば、赤みや色素沈着のニキビ跡であればピーリングもしくは光、凹凸の激しいニキビ跡に対してはレーザー、というような使い分けです。

もちろん、ニキビ跡が一種類のみではない場合にはこれらの治療法を組み合わせて行うこともあります。その時々に適切な対処をすることで、元のきれいな肌に戻す効果が期待できるのです。

良い口コミから見るメリット

  • カウンセリングが丁寧
    4.4/5
    カウンセリングは非常に丁寧でした。悩みや施術をしたい部分に合わせて、どの施術が向いているか、逆にこの施術はあまり向いていないなど丁寧に説明してくださったので安心できました。

    美容医療の口コミ広場

初めての治療は緊張する人も多いと思いますが、丁寧なカウンセリングをしてくれるようなので安心して治療を受けられそうです。 

店舗情報

<オザキクリニック LUXE新宿院>
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-17 エキニア新宿7F
電話番号:0120-565-449
診療時間:平日 11:00〜20:00 土日祝 10:00〜18:00
休診日:毎週木曜日
※予約制

公式サイトはこちら

【横浜】横浜マリアクリニック

\クリアな肌を取り戻す!/

Source: 公式サイト


横浜マリアクリニック

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点 96点
  • 皮膚科の種類:美容皮膚科(保険適用外)
  • 治療の種類:ケミカルピーリング、バイオニックセルサー、フォトRF(オーロラ)、イオン導入

ケミカルピーリングには、グリコール酸ピーリングサリチル酸マクロゴールピール乳酸ピーリングの3種類のピーリング剤があります。中でも乳酸ピーリングは刺激が少なく、フォトRF(オーロラ)と同時に治療することも可能です。

シミや色素沈着の場合、ケミカルピーリングをすることで角質を取り除き、クリアな肌を取り戻すことができるでしょう。

良い口コミから見るメリット

  • テキパキとした施術
    4.6/5
    丁寧且つテキパキとしていて、めちゃくちゃ波長が合いました!!お医者さまは、ポーカーフェイスででもよい方でした。

    美容医療の口コミ広場

治療内容だけでなく、どのように治療をするかも気になるポイントだと思います。医師と波長が合うかどうかも大切でしょう。

店舗情報

住所:〒220-0011 横浜市西区高島2-19-2 横浜神谷ビル4F
電話番号:0120-851-929
診療時間:10:00〜19:00(最終予約受付18:00)
休診日:水曜日
※予約制

公式サイトはこちら

【大阪】梅田フェミークリニック

\一般皮膚科ではできない治療が可能/

Source: 公式サイト

フェミークリニック

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点 95点
  • 皮膚科の種類:美容皮膚科(保険適用外)
  • 治療の種類:外用薬、内服薬、ビタミン剤、ケミカルピーリング、クロモライト、フォトRF、PRP療法

クロモライトやPRP療法など、他の皮膚科ではあまり扱っていないような治療方法もあります。

PRP療法はACR療法とも呼ばれており、自身の血小板を利用することによって低下している肌機能を蘇らせる効果が期待できるそうです。副作用もほとんどないとのこと。

良い口コミから見るメリット

  • 跡が目立たなくなった
    5/5
    新しいニキビができなくなり、跡も目立たなくなっている点が一番の良かった点です。食生活や洗顔のやり方といった自分でできるケアの仕方を教えてくださったのも助かっています。また施術直後でもあまり跡が残らないのも嬉しいです。

    美容医療の口コミ広場

 跡が目立たなくなっただけでなく、ニキビ自体もできにくくなったという口コミがありました。普段の生活の中でのアドバイスをしてくれるというのも親切ですね。

店舗情報

住所:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング2F
電話番号:0120-3888-67
診療時間:月~土 11:00~20:00 日・祝 11:00~19:00
休診日:年中無休
※予約制

公式サイトはこちら

【神戸】神戸山手クリニック

神戸山手クリニック

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点 92点
  • 皮膚科の種類:美容皮膚科(保険適用外)、皮膚科(保険適用)
  • 治療の種類:外用薬、フラクセル、フォトRF、ビタミンCイオン導入、マイクロ排膿

神戸山手クリニックでは、マイクロ排膿というオリジナルの治療法を行っています。ニキビでもニキビ跡でも、肌の奥に潜んでいるコメドやニキビ排膿を確実に取り去ってくれるとのこと。これにより、繰り返しできるニキビを防ぐことができるそうです。

良い口コミから見るメリット

  • マイクロ排膿の効果抜群!
    5/5
    一年前くらいに神戸山手クリニックにマイクロ排膿治療に通ってから初めて結果が良くなるのがわかりました、もっと早くに通えばよかった、、、。会う人にも肌が綺麗になったと言われます。

    エストドッグ

マイクロ排膿は神戸山手クリニックがオリジナルで行っている治療法ですが、実際に体験し確かな効果を実感したという口コミが見られました。他では受けられない治療なので、勇気を出して試してみたくなりそうです。

店舗情報

住所:〒650-0021 神戸市中央区三宮町1-4-4 木口ビル5F
電話番号:078-391-5822
診療時間:平日 10:30〜19:00 土曜日 10:00〜18:00 ※15:00〜16:00は昼休み
休診日:日曜日、月曜日
※予約制

公式サイトはこちら

【名古屋】佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

\赤みもクレーターもおまかせ!/

Source: 公式サイト

佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点 90点
  • 皮膚科の種類:美容皮膚科(保険適用外)、皮膚科(保険適用)
  • 治療の種類:ケミカルピーリング、イオン導入、レーザー など

佐井泌尿器科・皮フ科クリニックでは、赤みもクレーターも独自の治療方法により大きく改善することができるとされています。ニキビ跡を消すだけでなく、ニキビができにくい肌にもできるとのこと。

良い口コミから見るメリット

  • 無理に高価な施術を進められない
    4.3/5
    診察の段階でいろんな方法を聞きましたが、高価な施術をすすめられるわけでもなく自分の予算の範囲で選べたのは良かったです。

    caloo

ニキビやニキビ跡の治療を検討していると、相談した段階で高いコースを進められたりすることもありますが、 このクリニックではそんなことはないようです。予算の範囲で選ぶことができるのは安心ですね。

店舗情報

住所:〒468-0011 名古屋市天白区平針2-1906 KMビル2F
電話番号:052-847-5110
診療時間:9:00~12:00/16:00~19:00 ※土曜は9:00~12:30
休診日:水曜日、日曜日、土曜日午後
※予約制

公式サイトはこちら

【福岡】天神皮ふ科

\保険治療と自費治療が選べる/  

Source: 公式サイト

天神皮ふ科

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点 90点
  • 皮膚科の種類:美容皮膚科(保険適用内治療あり)
  • 治療の種類:内服薬、ビタミン剤、レーザー

保険内治療の場合は、基本的に内服薬による治療となります。内服薬は症状によって、漢方薬や抗生剤などを使い分けます。ニキビ跡をすぐにでも治したい人や症状が重症な場合は、レーザーによる治療がおすすめ。クレーター状のニキビ跡にも効果が期待できるようです。

良い口コミから見るメリット

  • 先生が優しい
    5/5
    すごく優しい先生で、いろいろと相談にものってくれました。 金額的に無理のない治療を考えてくれてありがたかったです。 おかげでニキビ跡が綺麗になくなり手触りの良いツルツル肌になることができました!

    エキテン

予算も考えた上で治療を提案してくれる先生だと、安心してなんでも相談することができます。人柄の良さも重視したいポイントの一つでしょう。

店舗情報

住所:〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-20天神プラッサ3F
電話番号:092-733-0871
診療時間:月~土 9:30~12:30/14:30~19:00 日・祝 9:30~17:30

休診日:年中無休※年末年始を除く
※予約制

皮膚科の治療にかかる料金と回数

美容皮膚科でニキビ跡治療を受けるとなると、気になるのはその料金でしょう。ニキビ跡治療はほとんどの場合保険適用外なので、ある程度の費用はかかってしまいます。

ただ、一回の料金が安いからといって安易におすすめできるわけではありません。治療内容によっては、何回も通わなければならないこともあります。最終的にかかった金額が予算オーバーだった……なんていうことにもなりかねません。

自分のお財布としっかり相談するためにも、皮膚科でのニキビ跡にかかる料金と回数を把握しておくことが大切です。ここでは、上記でご紹介した7つの皮膚科の平均をご紹介したいと思います。

ケミカルピーリング1回10,000円
イオン導入1回5,000円
フラクセルレーザー1回47,000円
フォトRF1回20,000円

上記はあくまでも平均ですが、目安として覚えておくと良いでしょう。クリニックによってはこれより高いこともあるので、受けたい治療の費用は事前に確認しておくことをおすすめします。

undefined
はるこ先生
保険適用外の治療にかかる費用は、クリニックによってまさにピンキリなんです!安ければいいというものでもないけれど、ニキビ跡治療はある程度長期的になることが多いので、リーズナブルかどうかもある程度はチェックしておきたいところですね。

 正しく知る!ニキビ跡治療の副作用

ニキビ跡は、適切な処置をすれば改善することも不可能ではありません。しかし、治療において全くの危険性がないというわけではなく、治療方法によっては副作用があらわれる可能性もあります。

特に多いのが、レーザー治療による副作用です。少なからず肌にダメージを与えることになるため、人によっては治療後に患部が腫れたり、痒みや痛みを伴うことがあるようです。

美容皮膚科で治療を受ける場合、診断をするのは専門的な知識を持った医師であるためアフターケアも安心ですが、治療後数日から数週間は肌に赤みが残ったりすることがあります。

外用薬などでも同様です。単なる塗り薬でも肌にとって刺激が強いものの場合、塗布後に痒みや赤みなどが生じることがあるとされています。

もちろん、副作用などはほとんどないものもありますが、ニキビ跡治療をするなら少なからず副作用の可能性があるということも覚えておくとよいかもしれません。

色素沈着もクレーターも皮膚科で治す

治ったと思ってもいつまでも肌に残り続けるニキビ跡。「一生治らないのかな……」と諦めず、皮膚科という救世主が残っていることを思い出してみてください。肌のプロが患部の状態を見極め、ピーリングやレーザーなど、一人一人にぴったりの治療方法を提案してくれるはずです。

治療方法によっては、ニキビ自体ができにくくなるようなものもあるとのこと。きれいな素肌を取り戻すために、ぜひ皮膚科に足を運んでみてください。