ニキビのアクネ菌をエタノールで退治?危険すぎる行為に肌が悲鳴!?

絶対やめて!ニキビをエタノール消毒

 ニキビを引き起こしてしまうのはアクネ菌という細菌です。ニキビの治療薬はアクネ菌の殺菌と炎症を鎮める効果によってニキビを落ち着かせる効果がありますが、アクネ菌を殺菌するためにエタノールを使うというのはどうでしょうか。

undefined
はるこ先生
こんにちは。水野はるこよ。アクネ菌は確かに細菌だからエタノールでの殺菌と消毒効果によって効果があるように思えるわね。理論的には確かに可能だけど、エタノール消毒にはそれなりのリスクがあるわ。
undefined
アッキー
こんにちは。アッキーです。確かに、手指の消毒などでエタノールを使うことがありますね。アクネ菌にも効果がありそうですが…はるこ先生、そんなにデメリットは大きいんですか?
undefined
はるこ先生
顔にエタノールを塗るのにはかなりのリスクがあるわ。エタノールは揮発性があるので目にしみてしまったり眼球の炎症の危険性があるの。アクネ菌以外の必要な常在菌を殺してしまうことで肌に大きな負担になることも考えられるわね。
  • 医学書〜雑誌まで読んだ書籍⇒800冊以上
  • サイト立ち上げまでのネットリサーチ数⇒約1,200サイト
  • 皮膚の変化⇒10代の頃、ニキビまみれだったが今は跡も残らない美肌に

はるこ先生の言うとおり、常在菌を殺してしまうと皮膚からの有害な菌や物質から守っている効果がなくなるので肌荒れのきっかけになってしまいます。揮発性によって肌の水分を奪い乾燥肌になってしまうことも…。まずはエタノールを皮膚につけるリスクを正しく知っておきましょう!

エタノールを顔や皮膚につけるリスク

目に入ると眼球が炎症する危険がある

先程、はるこ先生が触れていましたが目の周りにエタノールを塗ってしまうことで目にしみてしまいます。エタノールが眼球に入ってしまうと眼球に炎症が引き起こされてしまい眼病の原因となってしまいます。医療機関などで行われている二重の手術などでもエタノール消毒はタブーとされており使われている所は基本的にありません。

眼球は非常にデリケートな部分なので炎症を引き起こしてしまうと、視力の低下などが起きてしまいます。視力は一度失ってしまうと元には戻らないことも多く、ニキビがキレイになったけど目が見えにくくなってしまったということにもなりかねませんね。

肌に良い皮膚常在菌を殺してしまう

アクネ菌を殺菌することでニキビの原因を取り除くことが可能ですが、肌に良いとされている皮膚の常在菌まで殺菌してしまいます。皮膚の常在菌は基本的に皮膚を細菌や有害物質から守っている役割を持っています。誰の皮膚にもいる菌は普段は人間を守り過ごしてしまいます。数が増えすぎてしまうことで問題となってしまうのです。

では、アクネ菌はどこからくるのかが気になりますよね。実は…アクネ菌も肌の常在菌で肌に必要な菌の1つと言われています。アクネ菌は肌を弱酸性に保つ役割を持っているので病原菌から皮膚を守ることができます。増えすぎてしまうことで問題になる菌のひとつですが、適度にいないと肌トラブルはどんどんと増えてしまいます。

蒸発する際に肌の水分を奪う

エタノールは非常に蒸発しやすい揮発性という性能を持っています。エタノールで消毒した部分はすぐに乾燥して乾いてしまいます。水は沸騰させることで気体になって消えていきますよね。エタノールはこの温度が常温で引き起こされるので気体となって消えてしまいます。気体になる時には周りの水分を奪っていくので肌の水分を蒸発させて乾燥させてしまいます。

undefined
はるこ先生
エタノールはテーブルや手指の消毒には効果的だけど、肌には合わないものなの。仕事でエタノールを使って消毒している人の手を見ると、乾燥してしまっていることがあるわ。濃度が低くても合わないとどんどんと手の荒れも悪化してしまうものよ。

そもそもエタノールとは何か

最も身近なアルコール類の1種

最も身近なアルコールの1種類としてエチルアルコールがあります。これはエタノールと呼ばれるものでアルコール飲料などに含まれているものです。水と自由に混合する性質をもっており、吸湿性があるのでアルコール脱水などに注意が必要になります。

エチルアルコールも揮発性という特性をもっており、特異な味とニオイのある無色の液体です。麻酔性をもっているのでアルコール飲料を飲むと痛みが消える感覚があります。お酒をこぼしても拭き取るだけである程度は乾くのがエチルアルコールの効果ですね。

日本薬局方が定める純度について

日本薬局方が定める純度としては無水エタノールの純度は約99.5%、エタノール(アルコール)の純度は約95.1〜96.9%、消毒用エタノールの純度は約76.9〜81.4%となっています。純度が高いと殺菌力が強いように感じますが、一番強いと言われるエタノールの殺菌力の純度は約76.9〜81.4%なので消毒用エタノールが殺菌に向いているということがわかります。

無水エタノールは水が入っていないので水拭きなどができないものでも拭くことができます。また化粧品の原材料の一部に使われていたりするのも無水エタノールです。無水エタノールはコスパも良く、防腐剤としての役割をもっていますが肌に刺激となることが多いとされています。

undefined
アッキー
肌の刺激が強いことから細菌ではアルコールフリーやエタノールフリーのものも増えてきています。敏感肌用となっているものの多くが無水エタノールを配合していないことが多いですね。

 消毒用エタノールとオキシドールの違い

消毒用エタノールはアルコールを主成分としたもので、手指や皮膚の消毒、手術部位の皮膚の消毒、医療器具などの消毒に使われているものです。オキシドールの主成分はアルコールではなく過酸化水素水なので傷口の消毒や粘膜の消毒、歯の洗浄といったものに使われています。

エタノールは刺激が強いので傷口や粘膜に使うと炎症を引き起こしてしまうことがあります。過酸化水素水で発泡効果によって傷口をキレイにすることがあります。殺菌力は強くなく、持続性もないので低刺激というわけです。

undefined
はるこ先生
強さによって使い分けされているということね。ニキビの部分は炎症を持ってしまったり、傷ができてしまっていることがあるからエタノールが不向きなの。

 化粧品としてのエタノール

<メリット>

エタノールには防腐力を高める役割があるので、品質を維持する効果として含まれていることがあります。肌への毒性が比較的低いほか、手軽に防腐力をあげられるので多くの化粧品などに使われています。アルコールフリーのものは確かに低刺激になりやすいかもしれませんが、エタノールの変わりに防腐剤を使用して刺激が強くなっているものがあるので注意が必要です。

エタノールには肌に清涼感を与えるほか、しゅうれん作用があるので毛穴や肌を引き締めることができます。夏場などに化粧品を使った時にスッキリとした感じを出すエタノールは化粧品のベタつきを抑える役目をもっています。浸透力を感じる、使っていて気持ち良いというのはエタノールが出している効果なのです。

エタノールが持つ揮発性は化粧水が浸透しているような感覚を与えてくれるので多くの人が愛用しているケースも多くあります。

undefined
はるこ先生
エタノールが必ずしも悪いというわけではないわ。防腐効果や清涼感などはエタノール独特の効果ね。でもエタノールにもデメリットがあるからこそ、アルコール成分フリーなどが出てきているの。

 <デメリット>

肌の赤みやかゆみがエタノールによって引き起こされることがあります。これはエタノールが持っている刺激によって肌が敏感に反応してしまうため、刺激から肌を守るための防衛反応のひとつと考えられています。アルコール過敏な人の場合は特に注意しておきましょう。

また、エタノールには抗菌効果があるので常在菌を減らしてしまい皮膚の免疫力が低下してしまいます。敏感肌のきっかけになってしまうこともデメリットの一つです。ニキビ用の化粧品に使われていることがありますが、ニキビが改善しても長期で使用し続けることで敏感肌に傾いてしまうため注意しておきましょう。

undefined
アッキー
エタノールは正しい使用で効果が実感できるものです。もちろんエタノールが含まれた化粧品が全てだめではなく、自分の今の肌質に合わせて使い分けをすると良いということになるんです!僕も勉強になりました!

 結局、ニキビにエタノールはいいの?

ニキビが悪化する恐れがある

エタノールの揮発性には肌の皮脂を落とす作用も含まれています。皮脂を落としすぎてしまうことで皮脂過剰を招いてニキビに繋がってしまうこともあります。また、エタノール自体が刺激となって今あるニキビの炎症を悪化させる恐れがあるため注意が必要です。エタノールが肌に合わない場合にはインナードライを引き起こしてしまうこともあるのでできれば避けたい成分と言われています。

選ぶならエタノールフリー化粧水

毒性だけで考えるならばほとんどないものなので、別の危険な成分を使うよりは安全と言われています。肌に合わせてエタノールを含む化粧品などは使うと効果的なこともありますが、基本的にはエタノールフリー化粧水などを選ぶのが効果的です。ニキビなどができてしまっている肌は非常に敏感になってしまっていることがあるので、エタノールの刺激が良くないことも多いためです。

エタノール系より病院のお薬が効果的

エタノール系のアイテムを使ってケアをするよりは、病院のお薬を使う方が安全で安心して治療を受けることができます。肌質に合わせて処方箋も幅広く用意されているので、今の肌トラブルの多くに対応してもらえます。今では、スキンケアの相談や生活習慣などの指導も一緒に行っている所も多く、キレイな肌を維持するためのアドバイスも聞けるのでありがたいですね!
undefined
はるこ先生
皮膚科でのスキンケア相談ができるようになっている所が多いから、スキンケアに悩んだら皮膚科に行ってみるのも良いわね。肌を独自で研究するのも大切だけど、専門の人の意見はとても貴重よ!

エタノール系頭皮シャンプーにも注意

エタノールは頭皮シャンプーなどにも含まれていることがあります。頭皮シャンプーは清涼感もよく、頭皮にメリットがありますがすすぐ時には顔や背中ニキビの刺激になる可能性があります。すすぎ残しをしてしまうことで、肌荒れを招いてしまうことがあるため注意しましょう。エタノールを含む頭皮シャンプーを使う場合には、洗顔や体を洗うのは頭皮シャンプーを使ってから行うのが良いですね。

ニキビ別おすすめエタノールフリー化粧品

鼻ニキビにおすすめ

ノブACアクティブシリーズ

\思春期ニキビや大人ニキビで鼻の皮脂が気になったらこれ!/

Source: 公式サイト

NOV│ノブACアクティブ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:1,500円(送料無料)
  • 内容量:約7日分
  • 保証・特典:プレゼント付き
  • メーカー:NOV

ノブACアクティブシリーズはアルコールフリー以外のフリー処方が特徴です。普段からのケアや思春期特有の肌質にも対応しているため、幅広いニキビなどの肌荒れ予防と改善に効果的です。

【公式サイト】ノブACアクティブについて詳しく知るならコチラ

背中ニキビにおすすめ

ジッテプラス

\背中ニキビに多くの有名人が愛用!/

ジッテプラス

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:980円(送料無料)
  • 内容量:約1ヶ月分
  • 保証・特典:初回限定で86%OFF価格、90日間長期返金保証付き
  • メーカー:Belle Eau

背中ニキビには背中専用のものを使うのが効果的です。顔の皮膚と比べると約5倍もある背中の皮膚だからこその成分配合でしっかりと浸透してニキビの予防と改善が期待できます。

【公式サイト】ジッテプラスについて詳しく知るならコチラ

おしりニキビにおすすめ

ビーグレン ボディマッサージクリーム

\ダイエット効果から徹底保湿効果まで◎/

Source: @コスメ

ビーグレン ボディマッサージクリーム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:7,500円(送料無料)
  • 内容量:150g
  • 保証・特典:全国どこへでも送料無料、365日間返品・返金保証
  • メーカー:ビーグレン

ボディラインをサポートしながら、しっかりと保湿をしてお尻ニキビにも効果的なのがビーグレンのボディマッサージクリームです。全身に使うことができて理想のボディラインを整えてくれる効果も嬉しいポイント。

【公式サイト】ビーグレンについて詳しく知るならコチラ

ニキビと消毒液のQ&A

ニキビに効果のある消毒液はないの?

ニキビに効果のある消毒液としてマキロンが良いというウワサがありますが、マキロンに使われているエタノールも刺激が強いためおすすめできません。基本的には消毒液ではなく、抗菌薬などの軟膏をおすすめします。肌質によってはエタノールでも効果がでますがおすすめできるものはリサーチでは見つかりませんでした。

消毒液で顔パックは危険ですか?

実際に行っている人は多くいますが、効果が実感できる代わりに保湿ケアラインなどはしっかりと行っていることが多いようです。また、乾燥肌や敏感肌の人、アトピーの人が行うことで思わぬ肌トラブルを起こすこともあるのでおすすめできないケースもあります。

ペットの猫ニキビの消毒におすすめは?

犬、猫などの動物全般は人間と違って薬物の代謝が非常に悪いとされています。人間用の消毒液・軟膏を使ってしまうと悪化してしまうどころか命の危険にさらしてしまうこともあります。
動物病院では人間用のお薬を使うケース(目薬や効果の微弱な軟膏)がありますが、安全性が確立しているものだけです。動物病院でもらう消毒用の薬以外は決して使わないようにしましょう。

undefined
はるこ先生
エタノールを含む消毒液を購入する金額で、ニキビ専用のケア用品を買うことができるようになってきたの。ニキビにはニキビ専用のものを選ぶのは肌を守るためにも必要よ!
皮膚科処方に近いテラ・コートリル軟膏やクレアラシルなど用途によって様々なものがあるから、私達も色々リサーチして紹介してきた記事もあるの。参考にしてみてね!

ニキビにはニキビ用のケアを

undefined
はるこ先生
どうだったかしら?エタノールは使い方次第で効果的に肌質改善を行うことができるけど、刺激が強いので注意が必要ね。
undefined
アッキー
今回もとても勉強になりました!エタノールフリーのものが乾燥肌や敏感肌の人にぴったりですね。継続して使うものだからこそ成分は確認しておきましょう。

 普段から使っていく化粧品だからこそ、成分には十分に注意して使っていきたいものです。ニキビができてしまったら、ニキビ専用のものを使うのが一番安全で一番効率的ということを再認識するのが良いかもしれませんね。

▼ニキビケアにおすすめの化粧品をもっと詳しく知りたい人はこちらをCHECK▼

ニキビケア化粧品ランキング16選!大人・思春期ニキビを治す方法

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事