治らない頬の赤ニキビの原因チェック!薬の使いすぎは危険って知ってる?

頬の赤ニキビが治らない、助けて!

こんにちは、編集長の水野春子です。

頬にできてしまう赤ニキビが全然治らなくて困ってしまった経験はありますか?この繰り返したり、なかなか治らない赤ニキビを治すためにはどのようなケアをすればいいいのでしょうか?

undefined
はるこさん
治らない赤ニキビってすごく困るわよね。目立つし、気になるから触っちゃうし……。治るならしっかりケアしたいわよね♪
  • 調査時間⇒3時間
  • 参考サイト⇒29サイト
  • 参考口コミ⇒42

この記事ではなかなか治らないという赤ニキビを綺麗に治すためのケアの方法についてを解説していきます。赤ニキビをきちんと治したい人や治らない原因を知っておきたいという人必見の情報をまとています。

頬の赤ニキビの原因

頬の赤ニキビができる原因についてを知っていきましょう。基本の原因から男女や年代による原因にまで、多くのものがありますがその中で自分のニキビの原因を探してみましょう。

基本の原因

頬というのは様々な原因が絡まってニキビを作ることもあります。基本的な原因として挙げられるのは以下の様なものです。

赤ニキビは炎症が原因

赤ニキビというのは、アクネ菌が増殖して炎症を起こしたことが原因で引き起こされます。

そのため、元々ある白ニキビなどを放置することで皮脂を餌としてアクネ菌が増殖して炎症を起こして、肌にダメージをどんどん与えていくのです。

きちんとケアができていなく、悪化することでも炎症を起こして赤ニキビとなる場合もあります。

乾燥からの皮脂詰まり

肌が乾燥すると、ひどい乾燥から肌を守るために体は皮脂を多量に分泌します。

その大量の皮脂というのは肌にとっては余分なものでしかなく、毛穴の詰まりを引き起こしてしまう原因にもなってしまいます。

おまけに頬の毛穴というのは他の部位よりも細かいため、非常に詰まりやすい毛穴でもあります。

余分な皮脂が分泌されることで頬は毛穴の詰まりを引き起こしやすくなってしまうのです。

髪や寝具の汚れ

寝具といったものがふとした時に触れやすく、触れたものに付着している汚れや雑菌が付着しやすい部位でもあります。

そのため、寝具が不衛生であったり汗などをかいた後に髪の毛が触れたりすることで、肌に汚れや雑菌が付着してしまうのです。

結果として、その汚れが毛穴を塞ぎ、雑菌が増殖することでニキビが炎症してしまうことになります。

世代・男女別の原因

ニキビの原因は世代や男女の性差によってもそれぞれ違ってきます。

大人女性

大人の女性の場合は、肌の乾燥のほかにも生理周期によってニキビができることもあります。

特に生理周期により黄体ホルモンが優位になると、皮脂分泌が促進されてしまう為、余計な皮脂の分泌によるニキビができやすくなってしまうのです。

大人男性

大人男性の場合は、男性ホルモンが女性における黄体ホルモンのような皮脂分泌を促進してしまうため、男性ホルモンが多くなることで皮脂分泌が活発化してしまう事によってニキビが作られるということもあります。

ほかにも髭剃りを行った際のシェービングクリームをきちんと洗い落とせなかったことなどが原因でニキビを作ることもあるようです。

思春期

思春期に出来るニキビの原因は、過剰に分泌される皮脂です。

汗や汚れなどの原因ももちろん関与はしていますが、この時期は成長ホルモンが活発に分泌されるため、毛穴を塞ぐ大多数はほぼ過剰分泌された皮脂なのです。

そのため、Tゾーンと呼ばれるおでこや鼻などを中心に、皮脂腺の多い頬などの部分にもニキビが出来やすくなります。

症状別の原因

ニキビはその症状によっても原因が変わってきます。どのような症状がどんな原因で引き起こされるのかを解説していきます。

ひどい大量&ぜんぜん治らない

酷く大量にできてしまうニキビや、ケアなどを行っても全く治る気配がないニキビというのは、すでにニキビ肌となっているのが原因とされています。

ニキビ肌というのは、肌の常在菌のバランスが崩れていたり弱っていることでバリア機能が低下しているなどのニキビができやすい状態の肌のことをいいます。

薬の使用しすぎにより、原因のアクネ菌だけではなく他の常在菌も殺菌しすぎてしまい肌の常在菌のバランスが崩れる他、健康的な部分に薬が触れることで逆に弱らせてしまうこともあるため、そうした原因も重なって治らなくなることや、大量にできることもあるのです。

突然できた

突然ニキビができた、という場合は生活習慣が乱れてしまっていたり大きなストレスを抱えてしまったことが原因で突然頬にニキビができるということもあります。

睡眠不足毎日の生活によってたまるストレス、そして偏った食生活などが原因でホルモンバランスが崩れてしまい、皮脂が過剰分泌されることやターンオーバーが乱れることもあるのです。

そうした結果、突然ニキビが発生するのです。

できてしまった赤ニキビの治し方

赤ニキビを治すためにはどのような事を行わなければならないのでしょうか?セルフケアや皮膚科治療に至るまでを解説していきます。

セルフで治すには市販薬が必要

赤ニキビを治すためには炎症を抑えることがとても大切です。

しかし、セルフケアで治すためには抗炎症作用のある化粧品でのケアだけではどうしても間に合わない場合も多くあるのです。

そのため、セルフケアで治そうと思うのであれば市販薬を使うことが必要になってきます。

ペアアクネクリームテラコートリルなど、抗炎症作用や抗菌作用の高い薬などを使用することで、早期に炎症を抑えていくことが可能になります。

しかし、テラコートリルはステロイドが配合されていますので、長期使用には注意してください。

即効性なら皮膚科治療を

即効性を求めるのであれば、皮膚科に受診してみるのもよいでしょう。

ルリッドアクアチムクリームなどの抗炎症効果の高い内服薬や外用薬が処方されることや、ケアに対するアドバイスなども受けられますので、きちんと、そして素早く治したいという人は皮膚科を受診する場合も多くあります。

基本的に効果の高い薬を処方されても、治るまでには2~3ヶ月程度かかるという事を念頭に置いておきましょう。

しかしセルフケアで治す場合はそれ以上の期間を必要とすることもありますので、2~3ヶ月でもかなり早い期間ともいえます。

undefined
はるこさん
薬以外にも、保険適用外だけれどレーザー治療などもあるから、医師と相談したり、自分の肌の状態によっていろいろ考えてみてね。

オロナインは効かないの?

抗炎症作用がありますがそこまで強いものではありません。赤ニキビにオロナインが効いてくれるのは炎症が始まったばかりの初期の状態やある程度落ち着いた終期の状態です。

治らない赤ニキビは肌質改善で治す

治らない赤ニキビを綺麗に治すためには肌質を改善していくことがもっとも効果的です。

洗顔方法をかえる

毎日行う洗顔だからこそ、実はダメージを与えているということに気づかないということもあります。

赤ニキビが出来ている肌はとても刺激に弱くなっている状態です。

そんな状態の肌に、刺激に感じる洗顔料洗顔方法を使うと改善どころか悪化させてしまうことになってしまいます。

洗顔は手を綺麗に洗った後、しっかりと泡立てた洗顔料で手が顔に触れないように気を付けながら洗います。

こうすることで、余計な刺激を抑えられるため悪化の心配が一つ減ることになるのです。

洗顔料もなるべく刺激の少ない低刺激のものを選ぶと良いでしょう。

それでも刺激を感じる時には何も使わずに水のみで洗顔する水洗顔を行うのも良いでしょう。

Non A.

\ニキビ専用だからこその効果の高さ/

Source: Amazon

Non A.

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95.6点
  • 価格:2,940円(税込)
  • 内容量:100g
  • メーカー:有限会社プライマリー

もっちりとした泡をちょっとしたポイントを押さえるだけで簡単に作ることができるため、濃密な泡で綺麗に洗い上げることができます。

保湿成分としてヒアルロン酸やローヤルゼリーなども配合されているため、洗うことで汚れを落とすだけでなく保湿を行うことも出来ます。

ニキビの相談によって生まれた石けんだからこその効果の高さも評価を得ています。

公式サイトを見てみる

ニキビ用の化粧水を使う

赤ニキビを改善するためには、グリチルリチン酸ジカリウム甘草エキスなどの成分が配合されている抗炎症作用のものや、ダメージを修復できるような保湿成分が配合されているものを選びたいものです。

しかし、どれだけ効果的とはいえど肌が刺激に感じてしまったのであればむしろ使わない方が良いという場合もあります。

酷く刺激を感じるときはワセリンなどの肌に浸透しないものを使って保湿しましょう。

ベルリアン

\ニキビで負った肌ダメージを修復/

Source: 公式サイト

ベルリアン

  • 編集部評価:★★★★★総合点96点
  • 価格:7,280円(税別)
  • 内容量:30ml
  • メーカー:株式会社あいび

ニキビのダメージで負ってしまった肌の修復や角層を整えていくだけでなく、炎症や外部ダメージを防いで保水機能を向上させることができるのがこのベルリアンです。

8つの無添加処方を行うことで、肌に刺激になるものをほぼ排除している為、刺激を感じやすい状態の肌でも使いやすく、ニキビやニキビ跡を改善していくことができます。

また、アクネ菌の予防や皮脂のバランスを整えることも可能なので、ニキビ予防にも大きな効果が期待できます。

公式サイトを見てみる

食生活を見直す

1日3回取る食生活が乱れがちだと、どうしても肌トラブルが多発しやすくなります。

健康でキレイな肌を保つためには、栄養バランスの整えられた食事をとることがとても大切になってくるのです。

ビタミンCやビタミンB群、ビタミンE、タンパク質などの野菜や肉類魚類に豊富に含まれる栄養素を積極的に摂ると、肌を健康的に保つことや皮脂の抑制効果、そしてコラーゲンの生成にも大きな助けとなってくれますので、一度食生活を見直してみましょう。

きらりのおめぐ実

\こだわり抜いた植物由来の栄養素/

Source: 公式サイト

きらりのおめぐ実

  • 編集部評価:★★★★★ 総合97点
  • 価格:5,400円(税込)
  • 1回あたりの値段:180円
  • メーカー:株式会社ファンファレ

毎日の食生活で、どうしても不足しがちな栄養素をしっかりと補いたい、けど一緒に肌の改善もしていきたい、という人におすすめなのがこのきらりのおめぐ実です。

クロレラや複数のビタミン、オリゴ糖にビフィズス菌と豊富な栄養素を自然由来の成分にこだわって配合している他、豊富なポリフェノールも配合されています。

そのため、栄養をきちんと補充するだけでなく肌の改善も手軽に行えるサプリメントでもあるのです。

公式サイトを見てみる

しっかり眠る

ニキビを始めとした肌トラブルを改善するためには、しっかりとした睡眠時間が大切です。

特に肌のターンオーバーに密接する睡眠が不足すると、ターンオーバーの不規則化や肌トラブルの原因にもなるストレスを溜めてしまうことにもなります。

理想としては8時間、最低でも7時間の睡眠を摂るとターンオーバーも規則正しく行われますので、綺麗な肌を整えることができるのです。

眠る前に軽く運動をするパソコンなどの電子機器を使わないなどのポイントを押さえておくとより深い眠りに入ることができます。

ホルモンバランスを整える

ストレスの発散や睡眠不足を解消することで、ホルモンバランスを整えていくことも出来ます。

ホルモンバランスが乱れると皮脂が過剰分泌されたりターンオーバーが乱れたりする原因にもなります。

そのため、なるべくホルモンバランスは整えるようにリラックスした時間ストレスの発散方法などを持っておくことが大切です。

特に女性の場合は生理周期の関係でバランスが崩れやすいので、特にこうした時間や方法が必要になることもあるのです。

適度な運動を取り入れる

ウォーキングなどの適度な有酸素運動を取り入れると、肌の健康状態も良くなるためニキビの改善にも大きな助けとなってくれるのです。

有酸素運動を行うと、体全体の毛細血管が拡張されて血流が良くなることで、酸素や栄養が体全体に行き渡ることになるのです。

また、老廃物の排出にも効果的ですので、毎日の通勤や休日のちょっとした時間に有酸素運動を取り入れてみるのも良いでしょう。

心のケアが有効な場合もある

あまりにひどいストレスを溜めこんでいる場合は、そのストレス源自体をどうにかする必要がある場合もあります。

職場でのストレスなどは特にこうしたことになりやすく、吐き出すことも出来ずにそのままため込んでしまうのです。

そうした時には心療内科などストレスを吐き出すことや、ストレス源の相談を行うなどの心のケアを行うことが有効であることもあります。

▼ニキビケアの化粧品をもっと詳しく見たい人はこちらもチェック!
ニキビケア化粧品ランキング16選!大人・思春期ニキビを治す方法

頬の赤いニキビ跡はどうしたら?

赤ニキビができると、その炎症のダメージによってどうしてもニキビ跡が残りやすくなってしまいます。どのようにケアをしていけばよいのでしょうか?

赤ニキビと赤いニキビ跡の見分け方

赤ニキビと赤いニキビ跡というのは似ているようで違います。

赤ニキビは炎症がまだ完全に残ったままアクネ菌が増殖している最中のニキビでもあるため、更に進行すると膿が発生して黄ニキビとなってくるのです。

しかし、赤いニキビ跡は炎症が残っているとはいえ、それ以上アクネ菌が増殖することや膿が発生することもありません。

そのため、赤ニキビの場合は清潔にしつつもアクネ菌の増殖に対しても対処しなければなりませんでしたが、赤ニキビ跡の場合はその炎症を抑えてダメージを補修するようなケアを行わなければいけないのです。

ビタミンC入りの化粧品を使う

赤いニキビ跡に対して効果的なのがビタミンCが配合されている化粧品です。

抗酸化作用や抗炎症作用が期待できるだけでなく、コラーゲンの生成の補助も行える成分ですので、使うことで赤ニキビ跡の改善には大きな助けになってくれるでしょう。

シーボディ

\たっぷりビタミンCを与えたい人向け/

Source: 公式サイト

シーボディ

  • 編集部評価:★★★★★総合94点
  • 価格:1,800円(税別) ※スターターセットの場合
  • 内容量:化粧水20ml、薬用美容液8ml、クリーム2g×7 ※スターターセットの場合
  • メーカー:SiBODY

ビタミンCの中でも、通常のビタミンCの200倍のVC200という成分を配合しているのがこのシーボディです。

そんなVC200の効果を確かなものにするために、誘導体という形で配合していることでより肌に浸透してからの効果が実感できるようになるのです。

美白効果や抗酸化作用、抗炎症作用がしっかりと働いてくれますので、赤ニキビ跡を改善するためにはとても効果的な化粧品です。

公式サイトを見てみる

炎症が強いなら薬を使う

どれだけ炎症を抑えようとしてセルフケアを行っても、あまりにも炎症が強い場合はセルフケアだけでは間に合いません。

肌の角質層に確実に続くダメージは、徐々に角質を破壊してしまうことにも繋がってしまいます。

その時、炎症を抑えるためには薬を使うことも一つの方法です。

市販薬でも大丈夫ですが、効果がより高いものが良いという場合は皮膚科に受診して処方してもらうのも良いでしょう。

紫外線は絶対避ける

赤いニキビ跡が出来てしまった時というのは、特に肌は弱く刺激に敏感になってしまっています。

そのため、更に追加のダメージとなりえる紫外線は悪化を防ぎたいのなら絶対に避けておきたいものです。

日焼け止めや日傘、帽子などを使用して紫外線をなるべく肌に当てないように気を付けなければなりません。

▼ニキビ跡ケアにおすすめの化粧品をもっと詳しく知りたい人はこちらもチェック!
ニキビ跡の毛穴におすすめ化粧品9選!効果の高い人気ランキング

繰り返さないためには生活改善も重視

赤ニキビが一度できると、その原因をどうにかしないと何度も繰り返してしまいやすくなります。

そんな繰り返されるニキビを予防するためには、毎日の生活習慣を改善または変更しなければならないこともあります。

治らないニキビがある時は、まず自分の生活を一度ゆっくりと見直してみましょう。