ニキビを1週間で改善する3つの方法!早く治すためのケアの知識

ニキビを1週間で改善する3つの方法!早く治すためのケアの知識

ニキビを1週間で治したい人必見。直近に大切なイベントがあると焦ってしまいますよね。でもそんな時こそ焦らずしっかり効果的なケアが大切です。即効で治す3つの方法を解説していきます。早く治すことはニキビ跡を残さないことにも繋がりますよ。

ニキビは1週間でどこまで治る?

こんにちは、編集長の水野春子です!

できてしまったニキビを治すためには時間が必要だといいますが、1週間ではどこまで治すことができるのでしょうか?気になる疑問をこの記事で解決していきましょう。

undefined
はるこ先生
1週間でどこまでニキビは改善できるのか気になる所よね。どんなケアをすればいいのか参考にもなってくれるわ!
  • 参考サイト⇒43サイト
  • 調査時間⇒8時間
  • 参考口コミ⇒38件

この記事ではできたニキビが1週間という時間でどの程度まで治すことができるのかについてや、治すためにはどのような方法があるのかということについてを解説していきます。なるべく早く治したい人や、早く治すためのケアを知りたいという人は必見です。

1週間でニキビを治す方法

1週間でニキビをなるべく治していくためにはどのようなケアをしていけばよいのでしょうか?短期間で治すために効果的な方法を解説していきます。

undefined
はるこ先生
この方法を基本に、他にも自分にあった化粧品なども取り入れるといいかもしれないわね!

1.ニキビ治療薬を使う

ニキビを素早く改善するのであれば、ニキビ治療薬を使うことも効果的な方法の一つです。

市販薬ではオロナインビフナイトが挙げられます。

皮膚科ではダラシンTゲルアクアチムクリームといった抗生物質が処方してもらえます。よほど炎症していなければ抗生物質は処方されることはあまりありませんが、ディフェリンゲルなどの保湿成分の入った有効な薬は処方してもらえます。

跡を残さないためには、こうした薬を使ったなるべく早い対処が必要です。ニキビの状態や肌の健康状態なども合わせて、自分に合った薬を使うと素早く治すことができます。

2.食事で体内からケア

肌を改善するにはバランスの取れた食事を行い、体内からケアしていくことも大切です。

ビタミンBビタミンCビタミンEタンパク質などの栄養素は皮脂抑制粘液の健康保持コラーゲンの生成補助といった効果を期待できます。肌トラブルの改善はもちろん、健康的に保つためにもとても重要です。

ビタミン類を多く含む食べものだけ、というのではなく、他の栄養素を含むものもバランスよく食べることでそれぞれの相乗効果にも期待することができます。

ビタミン類は主に野菜や果物に多く含まれ、タンパク質は魚や肉類に含まれます。ただし、ビタミン類はほとんどが水溶性茹ですぎや水に晒し過ぎてしまうと、栄養素が失われてしまします。調理には注意しましょう。

3.質の良い睡眠をとる

肌トラブルを改善するためには質の良い睡眠を取ることが大切です。

睡眠はターンオーバーの促進にもつながる他、ストレスの軽減にもつながります。理想的な睡眠時間は8時間です。最低でも7時間は取れるようにすると、睡眠不足に悩まされることもなく、きちんとターンオーバーを終えることができます。

更に質の良い睡眠を取ろうと思うのであれば、眠る前にはパソコンなどの電子機器を触らず、軽くストレッチや筋トレなどの運動を行うようにしましょう。さらに体温を適度に下げる行動を行うと眠りにつきやすく、深い睡眠に入ることもできるので質の高い睡眠を取ることができます。

1日でもニキビを早く治すには?

正しいケアといのはどういうものなのか、そして逆に控えた方が良いケアはどんなものなのかについては触れていきます。

undefined
はるこ先生
きちんと治すためのケアの基本や知ってほしいことも触れていくわよ~♪

小学生から知って欲しいケアの基本

ニキビというのは早ければ小学生でもできてしまうものです。しかし、小学生や中学生ではきちんとした基本的なケアが分からずに潰してしまったり、悪化させてしまうことも多くあります。

1日でも早く治すためには、触らない、潰さない、清潔に保つという3つの基本を守りましょう。

どうしてもで気になってしまいますが、触れることで汚れや傷をつけてしまい、炎症を起こすことによる悪化やつい潰してしまうことで跡ができてしまうなど様々なトラブルも引き起こしてしまうのです。

そのため、ニキビができても決して触らず、潰さないように気を付けながら、洗顔を欠かさずに清潔を保つようにしましょう。

肌質に合う洗顔料で正しい洗顔をする

肌を清潔に保つためには、洗顔料を使って洗顔をすることが一番ですが、その洗顔料もきちんと肌に合うものを選ぶ必要があります。選ぶポイントは、洗顔料の泡立ち、洗浄力、肌への刺激の3つです。

まず泡立ち。しっかりと濃密な泡が立つものが良いでしょう。泡があまり泡立たないものや、へたってしまうものは洗顔の際に手が顔に触れて摩擦ダメージを引き起こす原因になるため、しっかりと泡立つものを選びましょう。

そして洗浄力。あまり強すぎないものを選ぶのがポイントです。洗浄力が強いものが良いと思われがちですが、強すぎる洗浄力は逆に皮脂を落とし過ぎて肌の乾燥を招いてしまうのです。

最後に肌への刺激が少ないものを選ぶことが大切です。どれだけ有効成分が入っていようと、刺激が強いものは肌へのダメージになりやすく、トラブルを悪化させてしまうことになるのです。

こうしたポイントを含めて、自分にあうものを見つけてみましょう。

【おすすめ洗顔料】Non.A

\従来の約4倍という濃密な泡を実現/

Source: Amazon

Non.A

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95.6点
  • 価格:2,940円(税込)
  • 内容量:100g
  • メーカー:プライマリー

ニキビの専用とはいえ、確かな相談や声から生まれたものはないの?と探している人は意外と多くいます。そんな人におすすめなのがこのプライマリーのNon.Aです。

ニキビ相談から生まれたニキビ専用の薬用洗顔石けんであり、従来の石けんの約4倍という豊かな泡立ちが特徴です。手で擦るのではなく泡で洗い上げるというのを実感できるでしょう。

金額も1個ではなく3個セットで10%OFF、送料無料などの特典付きのものもあります。試してみて合うようならばお得なセット購入も一考の価値があります。

公式サイトを見てみる

ニキビ用化粧品で保湿をする

洗顔を終えたら、ニキビ用の化粧品を使って肌をきちんと保湿してあげましょう。

洗顔後の肌というのは酷く乾燥しやすく、ニキビの悪化を招きやすくなります。そのため、皮脂の過剰分泌などの乾燥から起こる悪化や他のトラブルを予防するためにしっかりと保湿ケアを行いましょう。

この時おすすめなのが、グリチルリチン酸ビタミンC、ビタミンEといった有効成分やヒアルロン酸リピジュアなどの保湿成分が配合されているもの。そしてアルコールなどの刺激になりやすい成分がほとんどない、低刺激かつきちんと保湿できるものです。

保湿をするための化粧品で刺激を感じたり、しっかり保湿できないという場合は肌トラブルが多発する原因にもなります。

【おすすめ化粧品1.】プロアクティブ+

\たくさんのニキビの悩みにアプローチ/

Source: 公式サイト

プロアクティブ+

  • 編集部評価:★★★★★総合99点
  • 価格:初回特別価格 4,900円(税込)
  • 内容量:スキン スムージング クレンザー 60g、ポアターゲティング トリートメント30g、スキン ブライトニング ハイドレイター 30g
  • メーカー:プロアクティブカンパニー

有名なメーカーだからこその安心感、というものは確かにあります。ニキビ製品であるならば、プロアクティブもその有名メーカーの一つと言えるでしょう。

特に思春期ニキビに対しては大きな効果が期待できます。極小スクラブや植物由来の保湿成分などが配合されていることで、毛穴の奥まで汚れを落とすことができ、しっとりと保湿することができるのです。

初めての申し込みなら、通常7,900円(税込)のところが4,900円(税込)になります。

公式サイトを見てみる

【おすすめ化粧品2.】ルナメアAC

\独自の浸透技術で確実に入り込む/

Source: 公式サイト

ルナメアAC

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95.4点
  • 価格:1,080円(税込)
  • 内容量:ファイバーフォーム15g、スキンコンディショナー(ノーマルタイプ)30ml、スキンコンディショナー(しっとりタイプ) 3ml×2包、ジェルクリーム 12g
  • メーカー:富士フィルム

ニキビに対して、しっかりと浸透する化粧品って本当にあるの?と疑問視している人におすすめなのが、このルナメアACです。

洗顔フォームには植物性のファイバースクラブが配合されているため、肌を傷つけることなく毛穴を洗い上げることができます。保湿化粧品はアクネシューターという独自の浸透技術により、油分にくっつくことで毛穴に確実に浸透してくれるのです。

確実に浸透し、原因菌に直接アプローチできる化粧品を探している人はまずは1週間お試しセットで確かめてみましょう。

公式サイトを見てみる

身の回り品も清潔にする

ニキビの悪化の原因になりやすいのが、身の回りの品の汚れや不衛生です。

髪の毛といったちょっとした拍子に触れるものをはじめ、寝具タオルといった毎日使うものまで多種多様です。

しかし、こうしたちょっとしたことが原因でニキビは簡単に悪化します。

悪化させないために、髪の毛をきちんとまとめることや、寝具などを清潔に保つために定期的に洗濯を行うことなどもおすすめです。

また、髪の毛を洗った際のシャンプーやトリートメントの洗い残しもニキビの元です。

お風呂に入った際にはきちんと綺麗に洗い流して、洗い残しが無いように気を付けましょう。

リスクあり!?即効で治す裏ワザ

即効で治せる、ということでネット上などでも色々な方法が提示されています。

歯磨き粉キズパワーパッド蜂蜜など様々なものを使った方法で行われるこの裏ワザなどはあまりおすすめできるものではありません。確かに効果はあるかもしれませんが、肌に大きな負担をかけるだけでなく一歩間違えれば悪化してしまう可能性も秘めています。

また、できたニキビに対する対処療法に当たりますので、ニキビ肌などを改善することができませんし、再発する可能性もとても高いのです。

ニキビができないようにしていきたい、というのであれば素早く治せるような裏ワザなどではなく、きちんとしたスキンケアで治していく必要があります。

ニキビのタイプ・場所別の対策方法

ニキビは年代によってできやすい場所や対策方法がちがってきます。

思春期ニキビ

思春期ニキビは主に10代の思春期にできるニキビのことを言います。主な原因は、成長ホルモンが活発に分泌されることによる皮脂の過剰分泌です。この皮脂の過剰分泌により、毛穴が詰まることでニキビができてしまいます。

できやすい場所と対処法

きやすい場所は、皮脂分泌が多いおでこや鼻といったTゾーンと呼ばれる部分です。皮脂分泌が活発かつ、シャンプーの洗い残しなどの衛生面においてもニキビができやすい部分になります。

対策としては皮脂分泌のコントロールを行うことと、清潔に保つことが大事です。皮脂分泌のコントロールは、ビタミンCビタミンEといった成分や睡眠をきちんと取ることで行えます。

毎日の食事で摂る他、配合されている化粧品を使うなどの方法や、しっかりと睡眠を取ることである程度のコントロールは行うことができますので、後はきちんと余分な皮脂を洗い落として清潔に保ちましょう。

大人ニキビ

大人ニキビというのは、10代以降の吹き出物の事を言い、様々な要因で簡単にできてしまいます。特にストレス肌の乾燥ホルモンバランスの乱れといった原因でできやすいです。

毎日のストレスによるホルモンバランスの乱れターンオーバーの乱れ、そして肌の乾燥による皮脂分泌の過剰により、毛穴の詰まりやダメージを与えてしまうこともあるのです。

できやすい場所と対処法

できやすいのはフェイスラインあごといったUゾーンと呼ばれる部分です。

フェイスラインやあごはホルモンバランスの影響が特に出やすいため、ストレスが酷く溜まっていたり、生理周期の巡りによっては簡単でポツポツとできてしまいます。

頬は特に乾燥しやすい部分でもあり、毛穴も細かいため、毛穴の詰まりを引き起こしやすい部分です。おまけに髪の毛なども触れやすいため、汚れも付着しやすいこともニキビを作りやすい原因であると言われています。

こうした大人ニキビのできやすい部分の対策は、スキンケアをきちんと行う事、そしてストレスを溜めないことです。スキンケアを怠らないようにし、ストレスはリラックスする時間や発散方法を持つことで対処するようにしましょう。

1週間以上治らない…症状に合わせた治し方

ケアをし続けているけれど、1週間以上治らないというニキビは実はその治し方が間違っているかもしれません。

背中ニキビ

背中というのは実は顔の次に皮脂の分泌が活発な部分です。汗もかくため雑菌の繁殖もしやすい上、顔よりも皮膚が分厚いこともあって化粧品などを使ってもなかなか浸透しにくいという部分でもあります。

そんな背中ニキビは汗の処理をきちんと行いながら、背中専用のケア用品などを使用していきましょう。化粧水などよりはジェルといった蒸発しにくいものを使用してみると良いでしょう。

また、背中を洗う時にはゴシゴシと強く洗うのではなく優しく素手や柔らかい素材のタオルで洗ってあげると良いでしょう。

ニキビ跡の赤み

ニキビは治せても、時折残るのがニキビ跡です。

このニキビ跡にある赤みというのは、ニキビの炎症が残っている場合肌のダメージを回復させようとしている毛細血管が集結しているのが透けて見えている場合の2種類があります。

ニキビの炎症が残っている場合は、なるべく早く炎症を収める必要があるため、抗炎症作用のあるビタミンCなどの成分が配合されている化粧品などを使用しましょう。

毛細血管が透けて見えている場合は、肌のダメージを回復させるのを補助してあげ、肌を再生させることが一番です。ヒアルロン酸コラーゲンが配合されている化粧品を使い、角質層の一部を肩代わりして再生させてあげましょう。

炎症のある赤ニキビ

炎症のある赤ニキビは、ニキビの初期である白ニキビや黒ニキビの内部でアクネ菌が増殖することで悪化したニキビのことをいいます。

放置すると、ダメージが肌に蓄積して角質層にまで至る場合もありますので、角質層を炎症ダメージが破壊する前になるべく早く炎症を抑える必要があります。抗炎症作用が期待できる薬化粧品などを使い、炎症を抑えることでそれ以上のダメージを無くしながら改善していく必要があります。

また、それ以上の悪化を予防するためにもなるべく清潔に保つことを心がけることが大切です。

化膿した黄ニキビ

赤ニキビが更に進行すると、ニキビの内部のアクネ菌などの原因菌を対処するために、白血球が生成されます。この白血球がニキビの原因菌と戦うことで死んでしまうと、ニキビの内部で膿として残ってしまいます。膿を持ってしまっている状態の化膿したニキビを黄ニキビと言います。

黄ニキビは未だ炎症が続いている場合が多いため、抗炎症作用のある薬または化粧品を使いつつ、保湿成分による破壊された角質層の補修なども行うと良いでしょう。

かなりの高確率でニキビ跡が残ってしまうニキビでもあります。対処は素早く、けれど無理矢理痛みのある黄ニキビを潰して膿を出したりするのも避けましょう。

ニキビの原因を理解し予防に努めよう

ニキビの原因は人によってそれぞれ変わりますが、主な原因は以下のものであると言われています。その原因別には予防するためのポイントなどを解説していきます。

undefined
はるこ先生
予防のポイントを守ることができれば、それだけニキビができにくい肌に近づいてくれるの!
あなたのニキビの原因をきちんと予防していきましょう♪

ストレスの影響

毎日の生活、そして繰り返しの仕事の中でどうしてもストレスとは溜まってしまうものです。そんなストレスは、肌のターンオーバーを不規則化したり、ホルモンバランスを乱したりしてしまうのです。

そのため、古い角質がきちんと剥がれ落ちないことや、きちんと成長しきっていない未熟な角質が表皮になること、皮脂の過剰分泌などのトラブルにもつながります。

ストレスをなるべくためないために、発散する方法を持っておく他、お風呂にゆっくり浸かるなどのリラックスできる時間を持つようにしましょう。

食生活の偏り

バランスの良い食生活を心がけようとしても、毎日の献立によってはどうしても偏ってしまうこともあります。特に油ものをよく食べる人は皮脂分泌量が多くなり、毛穴の詰まりを引き起こしやすくなってしまいます。

そうしたトラブルを引き起こさないためにも、毎日の食事をなるべく野菜を中心にして、ビタミンなどの肌に有効に働く栄養素をなるべく取るようにしてください。他の肉類や魚類などの栄養素と一緒に相乗効果が期待できるようにしてみましょう。

慢性的な睡眠不足

肌トラブルというのが起こりやすいのが、睡眠不足になった時です。睡眠不足になると、肌を正常に保つためのターンオーバーが乱れてしまい、古い角質や未熟な角質による毛穴の詰まりや肌ダメージによるトラブルが発生します。その他にも、大きなストレスを溜めこんでしまう原因にもなってしまいます。

そのため、睡眠不足を解消するためにもしっかりとした睡眠時間を取ることが大切です。理想的な時間は8時間夜10時から2時の間のゴールデンタイムに眠ることで、よりターンオーバーは促進されるようになります。

誤ったスキンケア

毎日行うスキンケアは本当に正しく行えていますか?汚れを落とそうとしてゴシゴシと力強く洗顔したり、保湿化粧品をしっかりと浸透させるために肌を叩いたりはしていませんか?

そうした誤ったスキンケアは肌にダメージを与えてしまい、トラブルを引き起こす原因にもなります。また、自分の肌に合っていない化粧品を使うという事もトラブルのもとです。スキンケアはなるべく肌に優しく、ダメージを与えないようにしてあげましょう。

肌質や年齢によるもの

年齢や人によって違う肌質で、ケアの方法は変わってきます。乾燥肌脂性肌大人ニキビ思春期ニキビといったトラブルの原因できちんと適切なケアを行うことが大切になってくるのです。

保湿ケアを行う時には肌のトラブル肌質、そして年齢に合わせたケアを行っていきましょう。

化粧品も肌質に合わせた成分を選んで使うことが重要です。保湿成分、有効成分が自分の肌にきちんと合っているかを確認しつつ、低刺激のものなど、肌に優しいものを使いましょう。ホルモンバランスを整えられる化粧品なども活用すると、生理周期などにもトラブルを抑えることができることもあります。

ニキビ跡にしないためにも早めの対策!

ニキビは早く対策すればするほど、跡を残したり悪化したりすることが少なくなります。特に白ニキビの状態で治すと、ほぼ跡は残りませんから、綺麗な肌で治すことが可能です。ニキビができた時には素早く対処して治すこと、そしてニキビができにくい肌を作り上げていくことが大切になってくるでしょう。