あそこ(陰部)が黒い原因は?解消予防法と人気美白クリームTOP3

【女性向け】あそこ(陰部)が黒い原因と解消法は?

「あそこが黒いかも…?」もしあなただったら誰に相談しますか?親、友人、彼氏…いや、誰であっても言いにくいですよね。

ましてや他人のものを見る機会もないため、自分の色は標準なのか異常なのかも比較しようがありません。まさに悩みだしたら止めようがない深刻な悩みでもあるのです。

undefined
はるこ先生
私も10代から「美白、美白」と言ってきましたが、あそこの美白まではなかなか考えなくて…。でも実際あそこが黒いと不潔なイメージですよね。そもそも何故あそこが黒くなってしまうのでしょう…?
  • 試したあそこの美白クリーム⇒12種類
  • 確認した口コミの数⇒300件以上
  • ネットリサーチ⇒35サイト以上

疑問を解消すべく、徹底調査をしました。「誰にも相談できない」と悩んでいる人に是非役に立ててほしい、あそこが黒くなる原因・解消法、おすすめの美白クリームなどの情報をご紹介していこうと思います。

誰にも知られないうちに、綺麗な美肌にして「見えない部分」の悩みも一挙に解消していきましょう。

あそこ(陰部)が黒くなる4つの原因

では、いつも隠れていて紫外線にも当たらないはずなのになぜ「あそこ」が黒くなってしまうのかを考えていきましょう。どの女性にも心当たりがあるような日常での行動を見直す必要があるのかも知れません。

1.摩擦刺激による色素沈着

「黒くなる」と言われると真っ先に思い出すのが「紫外線」しかし肌が黒くなるのは紫外線だけではありません。

  1. 肌が何らかの刺激を受ける
  2. 刺激から肌を守ろうとメラノサイトがメラニンを分泌する
  3. 通常はターンオーバーでメラニンが排出される
  4. 新陳代謝が乱れていたり、刺激が続くとターンオーバーではすべて排出されずに黒く残る

メラニンと言うとまるで「女性の敵!」「無い方が良いもの」なんて勝手なイメージが定着してしまっていますが、メラニンは刺激からの防御反応ですから、元々は必要なものなのです。問題は「ターンオーバーで排出しきれているか」なのですね。

  • 毎日キツイ下着で股が擦れている
  • トイレットペーパーで毎日何回も強くこする
  • お風呂でゴシゴシ洗ってしまっている

こんなことでも色素が沈着してしまうのです。毎日継続して刺激をし続けてしまうとターンオーバーが追いつかなくて黒くなってしまうのですね。

2.圧力による色素沈着

摩擦で肌に負担をかけるというのは分かりやすいですが、今度は「圧力」です。特にVラインは圧力がかかりやすく、メラニン分泌の原因にもなります。

  • サイズが小さめの下着で毎日長時間圧力をかける
  • 補正下着で無理に締め付けて刺激する
  • 座り仕事で長時間決まった部位に圧力をかけ続ける

圧力がかかると血行も悪くなり、余計にターンオーバーがしにくい状態になりますよね。圧力がかかっている部分ほど摩擦も起こりやすいですし、良いことは何もありません。圧力をかけ続ける状況の改善も必要ですが、座り仕事のようにすぐに改善できないものは工夫が必要です。

  • 乾燥していると刺激を受けやすいので出来るだけ保湿をしておく
  • 5~10分おきに少しだけ立つなど血流を促す
  • クッションなどを敷いて圧力を軽減する

少しの工夫で大きく改善されます。意識して生活に取り入れましょう。

3.炎症による色素沈着

炎症などの皮膚トラブルも色素沈着の原因になりかねません。陰部は皮膚が薄くデリケートな上に圧力や摩擦が起こりやすい部分です。肌トラブルが多く陰毛処理の際に使うカミソリなどで炎症、または毛抜きで毛穴を傷つけることも珍しくありませんね。

かゆみを伴う性病であると、ついかきむしって炎症を起こしたりもします。赤く炎症した後に、メラニンが残り「炎症性色素沈着」となってしまうのです。

undefined
アッキー
ここで押さえておきたいのが
「あそこが黒い=性病」だと決めつけないことです。
「性病であそこが黒くなることがある」と考えましょう。

4.ホルモンバランスの乱れによる色素沈着

摩擦・圧力・炎症ときましたが、その他に色素沈着に結び付けて考える人が少ない原因があります。それが「ホルモンバランスの乱れ」です。

そもそも女性ホルモンは美のホルモン「エストロゲン」と妊娠のためのホルモン「プロゲステロン」が交互にバランスを取って成りたっています。

この女性ホルモンは、生活習慣が乱れたり、ストレスを感じることでも簡単にバランスが取れなくなってしまうほどデリケートです。バランスが取れないというのは、どちらか一方が過剰・減少している状態なので体調を崩しやすいのですね。

こうなるともちろんターンオーバーが正常に働かなくなり、色素沈着がおこってしまうのです。

  • 睡眠時間・食事内容など生活習慣の乱れ
  • ストレスで脳から正しい指令が出せない
  • 卵巣・子宮が正常に働けないほど冷える

忙しく生活習慣が乱れやすい、またストレスが溜まりやすい現代の女性にとって、この理由での色素沈着は珍しくないのです。

undefined
はるこ先生
どうですか?現代の女性なら「どれも心当たりがない」なんて人は珍しいのではないでしょうか?しかしどれも少しの工夫で改善できることです。美容のためにも健康のためにも見直しましょう。

あそこ(陰部)の黒ずみを解消する方法

では、ズバリ「あそこの黒ずみを解消する方法」とはどんなものがあるのでしょうか。自分に出来るものから始めてみましょう。 

肌のターンオーバーを整える

メラニン自体は悪ではないことは、もうお分かりいただけましたよね。メラニンが分泌されていても、ターンオーバーが正常に働いて入れば問題ないのです。

  • 血行促進を意識し、ターンオーバーが正常になるように心がける
  • 質の良い睡眠で、ターンオーバーが乱れないようにする
  • 肌に必要な栄養素を摂りいれるべく、バランスのとれた食事内容を目指す
  • ホルモンバランスが乱れないようストレス解消法を身につける
  • 刺激後のケア・保湿ケアで回復力をアップさせる

これはあそこに限らず、全身の肌に言えることです。毎日の生活習慣を整えることで劇的に変わってくることでしょう。

レーザー治療や手術を受ける

「自分のケアでは限界」「早く確実に治したい」そう思う人には美容外科クリニックで実施されているレーザー治療がおすすめです。皮膚の基底層という深部に存在するメラニン色素に直接照射することで、メラニンを破壊し排出されやすくします。

  • メラニン色素のみを破壊し、肌が炎症する心配が少ない
  • 10分程度の照射で、1~2週間に1回、それを5~10回程度受けるのみ
  • 1回10,000円程度で複数回のパックで申し込むと1回あたりの値段がもっと安い
  • 輪ゴムを弾く程度の痛みがある場合もあるが、全く痛くないと言う人も多いほど負担の無い手術
  • ダウンタイムはほとんどないので日常生活に差し支えない

簡単で早く・確実に治療が出来るのがポイントですね。「あそこが黒い」と悶々と悩み続けることを思うと、思い切って手術を受ける方が良いのかも知れません。検討してみて下さいね。

陰部の黒ずみ用美白クリームを使う

「黒ずみだから美白クリームを!」となりそうなところですが、デリケートゾーンは本当に敏感です。美白成分はもちろん必要ですが、低刺激である「デリケートゾーン専用」美白クリームを選びましょう。

これが大事!美白成分

  • トラネキサム酸…厚生労働省認可の成分で、抗炎症作用・抗アレルギー作用があり、メラニン生成抑制効果が期待できる
  • ハイドロキノン…メラニン生成抑制・メラノサイト減少効果があり「肌の漂白剤」とも呼ばれる
  • トレチノイン…ビタミンA誘導体の1つでターンオーバーを促す
  • 水溶性プラセンタエキス…メラニンの生成を抑制する

やはり黒ずみには美白成分は欠かせません。これらの成分が含まれているかもチェックしてみましょう。

乾燥は大敵!保湿成分

乾燥気味だと、肌がトラブルを起こしやすい状態です。美白ケアするにあたって肌トラブルはネックとなりますから、しっかりと保湿することが大事ですね。保湿された肌は摩擦などの刺激を和らげ、肌のバリア機能も正常に働きます。

デリケートゾーン専用クリームは、その辺を考慮して保湿成分もたっぷり配合されていることが多いので、ここもポイントとして覚えておきましょう。

デリケートだから!低刺激なものを

例えばハイドロキノンは美白に強い効果が期待できるのですが、その反面刺激性もあります。デリケートゾーン専用のクリームを選べば高濃度に配合されていることはほぼありません。トラネキサム酸なら低刺激なので、配合している商品は多いですね。天然由来成分が多いかどうかも見分けたいところです。

また肌質も外国人とは全く違うので、日本人の肌質を考えて作られている「日本製」のものを使用するように心がけていきましょう。肌の負担になりかねない添加物が配合されていないかどうかも要チェックです。

継続が大事!継続できる価格で

美白ケアは1日では成り立ちません。継続してケアすることで結果が付いてきます。高すぎるものは長続きせず、結果が出る前に断念してしまう危険がありますので、無理のない価格帯で検討してみましょう。

undefined
はるこ先生
デリケートゾーンですから、敏感肌であるほどクリーム選びは慎重にしたいところ。気になるようでしたら、1度パッチテストを行ってから使用することをおすすめします。

あそこ(陰部)悩みをホワイトにする人気クリームTOP3

編集部が徹底調査した結果、人気・効果ともにおすすめのものを3つチョイスしました。口コミの評判や内容成分、低刺激かどうかなども総合的に評価していますので、どれが自分に合いそうか見ていきましょう。

ホスピピュア(シーオーメディカル)

\湘南美容外科と共同開発の自信作!/

Source: Amazon

ホスピピュア(シーオーメディカル)

  • 編集部評価:★★★★★ 総合97点
  • 初回価格:5,500円(税別)送料無料
  • 内容量:30g
  • メーカー:株式会社シーオーメディカル

デリケートゾーンや乳首など相談しにくい部位の黒ずみに特化して、湘南美容外科との共同開発で出来上がった商品です。肌に優しい天然成分をたっぷり配合した「塗るだけ」の簡単ケアで毎日のお手入れも負担がありません。美白ケア+保湿ケアで、黒ずみの再発も防げる優れものなのですね。

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • ニキビには効かなかった…
    4/5
    20歳女性
    トラネキサム酸が配合されているので顔のニキビ跡にも効けばいいなと思ったのですが、油分が多いのかニキビが出来てしまい、顔には塗っていません。肝心な黒ずみですが、やや薄くなったような気がします。ただ劇的な変化はないのでもっとたっぷり塗った方がいいのかな?わたしはそんなに色んなところに塗ってはいないので、1本使い切るまでに3カ月ほどかかりました。

    アットコスメ

  •  
  • 値段が…
    3/5
    肘の黒ずみが市販のクリームでは中々解消できなくお試しに購入してみました。 結果がでたら次は正規ルートで続けてみようと思ってます。(そちらの方が初回がお安いので)しっかし・・値段が高い・・・・。

    楽天

これは美白クリームなので、ニキビに使用するのは良くありませんでしたね。用途は必ず守ってほしいです。口コミでよく見られたのは「効いてはいるが、効果が緩やか」という意見です。効果の出方は個人差があるので根気よく継続したいところです。

あとはやはり値段ですね。継続するからには継続しやすい値段がベスト!公式サイトからの定期購入だと割引もあってお得なのでチェックしておいてくださいね。

良い口コミから見るメリット

  •  
  • 良いかも
    5/5
    今まで少しお安めのクリームを使って効いている感じもしたですが気のせいと言うかあまり効果がなかったんですが、まだわずかしか使って日がたってないですが効果が出て来たように思います。サラッと伸びも香りも良くてとても使いやすいです(⌒‐⌒)

    楽天

  •  
  • 頬のシミが薄くなった
    5/5
    29歳女性
    乳首や黒ずみの気になる場所に…とあるのですがシミ対策にも使えるようなので頬のシミ に使ってみました。1週間使用しましたが段々薄くなってきた気がします。完全に消えるまでは少し時間がかかりそうですが、使い続ければ結果の出る商品だと思います。

    アットコスメ

デリケートゾーンだけではなく、肘や膝、顔などに使用している口コミがチラホラ見受けられました。「伸びが良い」という意見も多く、コストパフォーマンスは意外に良さそうです。短期間で劇的に変化したという意見よりも、少しずつ薄くなっているという意見の方が多数でした。

継続してケアしていくべき商品なのでしょうね。90日間全額返金保証もありますから、気軽に試せるところも人気のようでした。

公式サイトを見てみる

ホスピピュアの成分と特徴

  • トラネキサム酸…メラノサイト抑制
  • メマツヨイグサ…美白・抗炎症・抗酸化作用
  • アーティチョーク葉エキス…メラニン色素沈着防止
  • スクワラン…汗と混じって皮脂膜を作り高い保湿力を発揮・ターンオーバー促進
  • シアバター…保湿力に優れ肌の保護・再生をする

ターンオーバー促進効果や高い保湿力を持つ美白・保湿成分たっぷりのホスピピュア。このほかにも天然成分がたくさん配合されており、塗るだけで肌を美しく導いてくれるクリームになっています。美白効果ですでにある黒ずみを解消し、保湿効果やメラノサイト抑制効果で黒ずみが出来ないようにするのですね。

ホスピピュアを安く買う方法

公式サイトなら初回限定でお得な値段での購入が可能です。その後2回の継続が条件であるものの、90日間全額返金保証がありますから、安心して挑戦できます。定期便を利用すると最大約48%OFFでお得に継続出来ますから、公式サイトが断然お得!

公式サイト以外でも取り扱いはあるものの、全額返金保証制度や定期便対象外となることから、どう考えても公式サイトから申し込むのが一番メリットがあるというわけです。公式サイトを是非チェックしてみて下さいね。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2017年11月現在)

※楽天・Amazonは公式ではないので、偽物や保証が受けられない場合があります

公式サイトamazon楽天
5,500円(税別)送料無料
6,970円(税込み)送料無料9,720円(税込み)送料無料

公式サイトを見てみる

ホワイトラグジュアリー(トータルビューティ美彩)

\モンドセレクション受賞の実力!/

Source: Amazon

ホワイトラグジュアリー(トータルビューティ美彩)

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:5,980円(税込み)送料無料
  • 内容量:25g
  • メーカー:株式会社美彩

技術的水準を審査する民間団体「モンドセレクション」を2年連続で受賞している、実力はお墨付きの超おすすめ美白クリームです。全身にも使用できて、低刺激で副作用の心配も少ないと評判です!

美白のみならず、ターンオーバー促進にも効果が大きく期待が出来て、その効果は医学誌にも掲載されたほどだというのですから、試さない手はありません。有名雑誌や有名芸能人にも紹介されるこのホワイトラグジュアリー、1度ご自身でもチェックしてみましょう。

公式サイトを見てみる

ホワイトニングクリーム(イビサ)

\人気脱毛サロンが開発した医薬部外品!/ 

Source: Amazon

ホワイトニングクリーム(イビサ)

  • 編集部評価:★★★★★ 総合93点
  • 価格:4,970円(税別)送料無料
  • 内容量:35g
  • メーカー:株式会社ファイブテイルズ

美白効果の「トラネキサム酸」と肌ダメージを整える「グリチルリチン酸2K」の薬用成分Wアプローチで黒ずみを解消していきます。そのことから「美白・肌荒れ防止」の作用が認められた「医薬部外品」として登録もされているほど信頼性は抜群なのです。

美白成分・保湿成分がたっぷりな上、完全無添加で安心!28日間全額返金保証もありますので、是非この機会にトライしてみましょう。

公式サイトを見てみる

あそこ(陰部)の黒ずみを予防する方法

あそこの黒ずみは出来る前に予防したいもの。どんなことを意識していれば、その心配を避けられるのか一緒に考えていきましょう。 

ゆったりめの下着で摩擦を減らす

産まれてから死ぬまで、脱いでいることがほとんどない「下着」。毎日長時間着け続けるからこそ、自分に合うサイズのものを選ぶべきなのです。ついボディラインや見た目を気にするあまり、きつめだったり小さめだったりする下着を選びがちですね。

下着がきついと当然摩擦が起こり、それが毎日長時間ですので黒ずみが起こり、なかなか解消されません。出来るだけゆったりめの下着を着るようにして、摩擦から解放するようにしましょう。

肌に優しいナプキンを使う

毎月あるもので、少し煩わしくもある「生理」。なくては困るのですが、憂鬱になったり、失敗が無いように気を使ったりと女性は本当に大変ですね。ただでさえ蒸れやすく風通しが悪い部位なのに、生理時は長時間蒸れやすい状態でい続けなければなりません。

それにどうしても摩擦は避けられませんから、せっかくなら心地良い素材で過ごしたいですね。

  • ポリエチレンや高分子吸収ポリマーなどは石油素材で、刺激性や通気性は良くない
  • コットン素材や布ナプキンは天然素材で吸収性も通気性も良く肌に良い

布ナプキンは手入れが大変ですから、コットン素材の使い捨てナプキンで肌への負担を減らすのが一番かもしれません。

お風呂ではたっぷり泡で手で洗う

あそこ=汚い・汚れていると思ってしまい、つい強めに石鹸でゴシゴシしてしまっていませんか?床をこするようにゴシゴシすれば肌の汚れが取れるというわけではなく、これでは肌を傷めつけ、摩擦をかけて刺激してしまっている状況です。

肌の汚れは「たっぷりの泡」で優しく洗い上げることで十分に取れます。泡を立てたら「手で・優しく」洗いましょう。デリケートゾーンはこれだけで良いのです。ナイロンタオルのような肌を傷つけてしまうようなものは避けましょう。

上手にストレス解消する

肌の黒ずみに結びつくのが「ストレス」です。ストレスがあると脳から正しく指令が出せなくなったり、常に交感神経が優位になってしまったり、ホルモンバランスが乱れてしまいがちです。ホルモンバランスの乱れでターンオーバーが正常に働かず、黒ずみになってしまうのですね。

音楽を聴く・旅行に行く・カラオケで思い切り歌う・ジョギングをする・友人とランチに行く…どんなものでも良いですから、自分なりのストレス解消法を確立しておきましょう。ストレスフリーの状態はホルモンバランスを整えてくれるでしょう。

undefined
アッキー
デリケートゾーンは見えないから、ついケアをおろそかにしがちです。見えない部分に気を配れる女性こそ「本当の美人」なのでしょうね。

黒ずみになる習慣を続けると摩擦黒皮症に!

黒ずみをケアせず放っておくと「摩擦黒皮症 (まさつこくひしょう)」になってしまうのだとか。これって一体どんな症状なのでしょうか…?

摩擦黒皮症とは

摩擦黒皮症とは、どのような部位でも起こる皮膚疾患で、長期にわたって皮膚が摩擦で繰り返し刺激されることで起こります。メラニン色素が真皮層まで入り込んでしまう状態なので厄介なのは間違いありません。

  • 色は淡い褐色~黒褐色(境界が不明瞭なもの)
  • 骨が隆起した部位(背骨・デコルテ・足の付け根・脇・肘など)に起こりやすい
  • 1度出来ると治るまで時間がかかる

治るのに時間がかかるのですから、これはもう予防するのが1番の方法なのですね。

摩擦黒皮症の原因

刺激の強いナイロンタオルでこすったり、サイズが小さい下着を着続けることで起こることが多いようです。実に色素沈着の半数以上が摩擦なのですね。メラニンの生成量が少ない白人では黒ずみは起こりにくく、黒人はメラニンの生成量が多くても元々肌が黒いため黒ずみは目立ちません。

私たち日本人は「黒ずみが出来やすく、目立ちやすい」というわけですね。だから余計に摩擦などの刺激を避けるように注意しなければならないのです。

摩擦黒皮症の予防法

  • 摩擦による刺激を出来る限り避ける
  • 乾燥しないよう保湿対策をする
  • 美白成分のあるクリームでケアする

すでに摩擦黒皮症になってしまった!そんな人は皮膚科で内服薬を処方してもらったり、レーザー治療でより改善しやすくするなどの努力が必要です。

undefined
はるこ先生
黒ずみも進行すると「摩擦黒皮症」という皮膚疾患になってしまうのですね。とにかく予防することが大事!フェイスと同じくらいクリームなどでケアすることが必要なのですね。

知られる前に彼処(アソコ)キレイにしよ

「誰に相談したら良いのかも分からない」「…と言うより誰にも知られたくない」「通常はどの程度なのかが分かりにくい」「他人のものを見る機会がないので判断しにくい」など悩みのスパイラルに入ってしまうと中々抜け出せないのがデリケートゾーンの悩みですね。

それなのに、デリケートゾーンの黒ずみは「遊んでいる」「汚らしい」「老けている」イメージなどと散々です。悶々と悩んでいても解決するわけではありませんが、大々的に相談するのも気が引ける…本当に厄介でもあります。

あそこの黒ずみの美白クリームは、美白成分や保湿成分に優れているのはもちろん、デリケートゾーンだけに無添加低刺激にこだわっています。そして梱包や配送などでも「デリケートゾーン用クリーム」だと分からないように気を配ってくれる会社も多いですよ。

今まで悶々とした日々を送っていたのがウソのように悩みをすぐに解消してくれることでしょう。日常生活でも注意すべき点を守り、再発防止を意識しながらあそこを綺麗に美白していきましょう!

見えない部分でも美しさを求める女性は、きっと外から見ても素敵に映ることでしょう。