頭皮が日焼けして赤い・かゆい・汁が出る!5つの対処法とおすすめケア用品

顔の2倍の紫外線が当たってる!頭皮の日焼け症状と対策

紫外線対策を叫ばれる今、季節問わずUVケアをしている人は多いと思います。では、そのUV対策は頭皮までされていますか?


undefined
はるこ先生
というのも、編集長の私も頭皮の日焼け対策をして痛い目に遭ったことがあるからです。顔まではバッチリ日焼け止めを塗ったんですけどね…実は、頭皮に紫外線が当たる量は、顔の2倍になる時もあるんだとか!そんなの早く知りたかった!ってごもっともです。
  • 調べたサイト⇒12サイト
  • 調査した雑誌・書籍⇒10冊
  • 閲覧した口コミ⇒78件 

この記事では、すでに頭皮を日焼けしてしまったという人が知りたい情報を集めました。日焼けしたらどうなるのか、どう対処したらいいのか、そんな時に使えるおススメの商品まで分かりやすくまとめましたので、最後まで読んでいってくださいね! 

 

 頭皮が日焼けするとどうなるの?

1.抜け毛・薄毛・毛髪の成長が遅くなる

頭皮は髪の毛が作られるいわば土台のようなもの。そこにダメージが加わると、毛髪に影響が出ることは避けられません。

具体的にお話しすると、地上に届く紫外線には2種類あり、そのうちA波(UV-A)と言われる方は、皮膚の奥まで到達すると言われています。頭皮の奥に到達した紫外線は、髪を作る毛母細胞にダメージを加えます。そうすると毛母細胞が正常に働けなくなり、抜け毛や薄毛、白髪の原因になります。

また紫外線には、頭皮の皮脂を酸化させる作用があります。そうなると、毛根は萎縮してしまうので、髪の成長が遅くなり、生えてきてもそれは健康的な髪とは言えない状態なんです。さらに紫外線を過度に浴びてしまうと、頭皮の角質がめくれてしまうことがあります。そのダメージをカバーしようと余計に皮脂が過剰に分泌されることになり、その皮脂が剥がれた角質と一緒に毛穴に詰まってしまいます。それは結果、抜け毛の原因にもなります。

2.炎症を起こす

肌に紫外線が過剰に当たると火傷したかのように真っ赤になることがありますよね。つまり、酷い日焼けの状態です。この状態になるのは、頭皮であっても例外ではありません。普段、頭皮は髪に守られているので気付きにくいのですが、実は、頭皮は繊細で傷つきやすいんです。特に日本人は元々黒髪の人が多いので、髪の毛が紫外線を吸収してくれることが多く、頭皮に酷い日焼けをしたという人が少ないのも事実です。しかし白髪の人や色素が薄い人、薄毛の人にも頭皮が炎症を起こすリスクが高くなってしまいます。

頭皮が炎症を起こすと、痛みやかゆみが起こってしまいます。またフケの原因になると言われています。

3.日光角化症

紫外線の恐ろしい所は、皮膚に癌を作ってしまうことがあることです。紫外線は、細胞のDNAにダメージを与えることができます。基本的には、細胞はそれを修復する能力が備わっていますが、繰り返し紫外線によってダメージを加えられると、突然変異が起こし、ガンになってしまうことがあるんです。

皮膚ガンの代表的なものに「日光角化症」があります。これは大量の紫外線が当たり、皮膚の表面がカサカサして赤くなって、かさぶたができた状態のことを指します。この状態は、表皮部分にとどまっている初期の段階なので、転移の心配はありません。しかしそのままにしておくと、次第に進行して転移するタイプのガンに成長してしまうこともあります。

日光角化症は紫外線の当たりやすい場所にできやすいと言われていますが、頭皮にもできることが分っています。 

4.毛髪が変色するおそれ

紫外線は毛髪にも直接ダメージを与えます。紫外線には、髪の毛のタンパク質を変性させてしまいます。その為、髪の毛の内部に空洞ができて、切れやすくなったり、パサパサしたりしてしまいます。また毛髪には、自分で修復することができません。ダメージが繰り返し加えられると、キューティクルも痛み、枝毛ができたり、乾燥しやすくなります。また髪の毛を黒く見せてるユウメラニンが酸化分解されてしまうので、髪の毛の色が赤っぽく変色してしまいます。紫外線は、ヘアカラーで染めた髪の色が褪色するのを進める作用もあります。


【1】頭皮が赤いかゆい!日焼け直後のケア

真っ先に患部を冷やす

頭皮が日焼けをして赤くなってしまっている場合、まずは「冷やし」ましょう!痛みがあまりない程度の軽度の日焼けであれば、冷やしたタオルを頭皮に当てる方法で十分に冷やせます。もしかゆみや痛みが伴う時は、水をごくごく弱いシャワーでかけたり、氷水で冷やしたタオルを使うと効果的です。この時、氷や保冷剤を直接頭皮に当てるのは、肌が冷えすぎたり、刺激になることもあるのでおススメしません。

患部を冷やすと、自然と痛みやかゆみは改善することが多いです。しかしそれでも引かない場合は、症状が重いので、自己判断はせずに皮膚科に診てもらうようにしましょう。

火照りが引いたら保湿する

患部を冷やして、火照りが落ち着いて来たら、次にすることは「保湿」です。日焼けをした頭皮はすごく乾燥している状態です。

頭を洗いたい時は、症状が落ち着いて来たら、ぬるま湯または刺激の弱いシャンプーで洗うことができますが、その後は潤い成分を多く含んでいるコンディショナーを使うといいでしょう。こうすることで、頭皮にも髪にも適度に水分・油分を補ってあげることができます。

お風呂から上がった後は、化粧水や乳液、保湿クリームなどを使って患部を直接保湿してあげましょう。頭皮専用のローションも販売されているので、それを使っても良いですし、家にない場合は、普段顔に使っている化粧品を使っても大丈夫です。ただ痛みが酷い時や分泌液が出ている時は、皮膚科で診てもらってから指示に従うようにしてくださいね。


【2】日焼けで皮が剥がれるときの対処法

皮もかさぶたも無理にはがさない

頭皮が日焼けして、乾燥すると表皮が剥がれやすくなってフケのようなものがでることがあります。そうやって皮が剥げてくると、かゆみが出たり、かさぶたができたりします。ついつい触りたくなってしまいますが、頭皮やかさぶたを無理矢理剥がさないようにしましょう。掻くのも我慢しましょう。ひっかいて、頭皮に傷がついてしまうと症状が悪化してしまう可能性も考えられます。できるだけ刺激を与えないことが早く治すための近道です。

皮がはがれる時も重要なのは保湿

頭皮がはがれてる時にも、一番有効的な方法は「保湿」です。保湿をしたからと言って、皮がむけるのを防いだり、改善することはありません。実際、皮が剥がれるのを治す直接的な方法はありません。自然にはがれるのを待つしかありません。しかし保湿することで、乾燥している頭皮に水分と油分を補うことで、肌のターンオーバーを整えることができます。つまり、頭皮がキレイに生まれ変わる助けになります。

一般的には、普段お使いの基礎化粧品や頭皮専用ローションで保湿することができます。日焼けは肌が炎症を起こしている状態なので、刺激のある化粧品やアルコールなどが含まれるものは避けましょう。またかゆみが酷い場合、それから皮がむけて痛みが強い場合は、持っている化粧品では刺激になってしまうこともあります。皮膚科に診てもらって、軟膏などを処方してもらう方がいいかもしれません。


【3】日焼けで汁や膿が出るときの対処法

日焼けで出る汁の正体は?

頭皮が日焼けをしてしまった時、汁が出てしまうことがあります。これは「リンパ液」といわれるもので、他にも浸出液と呼ばれることがあります。頭皮だけじゃなくても、どこかケガをした時に透明~淡い黄色の汁が出たことはありませんか?それと同じものです。リンパ液は、タンパク質や血小板などで構成されているものなのですが、細胞を再生したり、細菌やウイルスの感染を防ぐなど、傷を治す働きがあります。なので、この汁が出る状態は正常なことなので心配は要りません。

この汁には臭いがあったり、ジュクジュクしたりするので、不快かもしれませんが、拭き取るのは逆効果です。そのまま放置しましょう。傷が治ってくると、自然に出なくなります。

汁が固まっても無理に取らず様子を見る

汁が頭皮の表面に出てくると、次第に固まると思います。いわゆるかさぶたができた状態ですね。かさぶたができるとついつい剥がしたくなってしまいますが、無理に剥がさないようにしましょう。無理に剥がすと、また頭皮に傷ができてしまい、汁が出てしまうことがあります。それでは、また同じことを繰り返しているだけです。

気になったり、かゆみが出たりすることもあると思いますが、触らないことが早く治す方法だと信じて、治るのを待ちましょう。

リンパ液ではなく膿が出る場合は皮膚科

リンパ液が出ることは体の正常な反応なので、問題ありません。注意してほしいのが、「」ができてしまった場合です。膿は、傷口から感染した細菌とそれと戦って死んだ大量の白血球の死骸などです。膿には、細菌が含まれているので、そのまま放置すれば、傷が治りにくくなるどころか、周りにまで炎症が広がってしまうこともあります膿が出ている場合は、個人で治すことは難しいので必ず皮膚科に行きましょう。

リンパ液と膿の見分け方ですが、膿はリンパ液に比べて、ドロっとしています。またリンパ液が透明であるのに対して、膿は白、もしくは黄色や茶色をしています。臭いもかなり強く出ます。膿が出ている時は、細菌感染を起こしているので、熱感や痛みを感じることもあります。


【4】日焼け頭皮に薬を使うときの注意点

日焼けに使える市販薬は主に4種類

日焼けをしている時は、肌が火傷をしているような状態です。ですから、市販でお薬を選ぶときは、火傷に効果がある薬を選ぶと良いです。それに当てはまる市販薬には主に4種類あります。

1.非ステロイド性消炎鎮痛剤

非ステロイド剤というのは、ステロイドは入っていませんが、炎症を鎮める効果がある薬です。非ステロイド剤で有名なものにオロナイン軟膏があります。オロナイン軟膏には、効果効能のところに軽いやけどと書かれています。ですから、症状の軽い日焼けなら使うことができます。オロナイン軟膏以外にも非ステロイド剤はありますが、中には刺激のある成分が配合されているものもあるので、購入の際は、薬剤師さんに相談しましょう。


2.副腎皮質ステロイド剤

副腎皮質ステロイド剤というおは、合成副腎皮質ホルモンという成分を配合したお薬です。ステロイド剤には、炎症を起こすタンパク質の生成を抑制し、炎症を抑えるタンパク質の生成を助ける働きがあるので、炎症を抑えることができます。非ステロイド剤に比べて、痛みや赤みに効果を発揮しますが、免疫力を低下させる働きもあるので、日焼けの症状が強い時やジュクジュクしてしまっている時は使えません。


3.抗生物質配合の軟膏

抗生物質は、細菌を殺したり、感染を抑えたりする成分です。ですから、日焼けをしたところが炎症があったり、感染の疑いある時に有効です。日焼けを原因として傷ができてしまった場合、そこは保護されず化膿しやすい状態です。傷になっていても浅く、軽度の場合なら、抗生物質を含んでいる軟膏を使うことができます。


4.傷跡を治す薬

傷跡を治す薬は、血行を促進したり、皮膚のターンオーバーを高める働きがあります。これは直接、日焼けの症状を改善する薬ではありません。しかし日焼けも火傷をしているのと同じなので、跡が残ってしまうことがあります。そんな時に使えるのが傷跡を治す薬です。あくまで日焼けの症状が落ち着いてから、傷跡が残りにくくするために使いましょう

市販薬が対応できるのは軽いやけどのみ

日焼けした時に使える市販薬を4種類ご紹介しましたが、いずれの場合も使えるのは症状が軽い場合に対してだけです。市販薬はあくまで個人が購入して使用することを考えて、病院で処方されるお薬より成分の配合量が少なかったり、安全性の高い成分しか入っていないものです。ですから、症状が重い場合は市販薬では効果が期待できません。また市販薬とはいえ、副作用が全くない薬は存在しません。間違った使い方をすれば、今の症状が治らないだけでなく、悪化させてしまうことも考えられます。市販薬が使えるのは、軽い症状の時だけというのは肝に銘じておきましょう!

自己判断で薬を選ばないこと

ドラッグストアや薬局などで市販薬を購入する時は、薬剤師さんなどに聞いて適切な物を選ぶようにしましょう。先ほどお話ししたように、市販薬も薬です。副作用が起こることも考えられますので、素人判断は危険です。

もし市販薬をしばらく使ってみても効果を感じられない場合、薬が合っていない可能性もあります。その時は、すぐに使用を中止して皮膚科に行きましょう。その時、使っていた市販薬も持っていくといいかもしれません。

 

【5】日焼けして痛い日のシャンプー方法

日焼け後1週間ほどは慎重に洗う

日焼けをした後、洗髪をすることはできます。しかし火傷をしている状態なので、とても傷付きやすく注意が必要です。日焼けをした後、1週間ほどはいつもより優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。シャンプーを使う時は、直接頭皮につけるのではなく、手のひらやネットを使ってよく泡立ててから頭に乗せましょう。洗う時も、指の腹を使います。絶対に爪を立てることがないようにしましょう。

シャンプーは刺激の少ないものを使う

日焼けをしている時に使うシャンプーは刺激の少ないものを選びましょう。市販されているシャンプーには「アルコール系」や「石鹸系」、「アミノ酸系」などがあります。アルコール系は石油系界面活性剤を含んでいるもので、洗浄力が高いのですが、刺激が強すぎます。石鹸系は天然成分を使用しているので、一見優しく見えますが、アルカリ性なので洗浄力が強く、髪にはあまり適していません。このように市販されているシャンプーのほとんどが洗浄力がある分、刺激も強い傾向にあるので、日焼けをしている頭皮や髪には合いません。

 その点、アミノ酸系などのシャンプーは低刺激なので、おススメです。アミノ酸系のシャンプーというのは、洗浄成分がアミノ酸系の成分が配合されているものです。代表的な成分としては「ラウリン酸」「ヤシ油脂肪酸」「ココイルグルタミン酸」などが有名です。シャンプーは3倍ほど薄めて使うと、刺激は抑えつつ、洗浄力は高くなるそうです。

またシャワーの温度にも気を付けましょう。低すぎても、汚れが落ちにくくなりますが、高すぎると、必要な皮脂などまで洗い流してしまいます。おススメの温度は38度から40度の間くらいです。

ブラシやドライヤーの使い方に気をつける

日焼けした頭皮や髪は傷つきやすいので、濡れた髪をタオルで拭くときゴシゴシすると刺激になるので避けましょう。またブラシをする時も頭皮に当たらないように優しくしましょう。

ドライヤーを使う時は、いつもより離して使いましょう。目安としては30センチ以上です。また同じところに長い時間当てるのも避けましょう。頭皮が日焼けしている状態では、ドライヤーの温風の乾燥はよりダメージを与えてしまうからです。だからと言って、自然乾燥もおススメはできません。髪が濡れたまま寝ると、キューティクルが開いたままなので傷みやすくなりますし、頭皮に菌が繁殖してしまうこともあります。できるだけ、ドライヤーを動かしながら、短い時間で乾かすようにしましょう


日焼け頭皮に優しく抜け毛薄毛を防ぐおすすめシャンプーは?

日焼けした後の頭皮はとても乾燥していて、傷つきやすい状態です。シャンプーは汚れはしっかり落としながら、潤いを残してくれるタイプの優しいものを使いたいですね。潤いを補うためにも、コンディショナーもしたいですが、日焼けした直後の炎症のある状態の頭皮に、薬以外のものをたくさんつけたくありませんよね。できるなら、リンスやコンディショナーしなくてもすむシャンプーなら、より良いですね。

ナチュラルシャンプーuruotte

\頭皮と髪と同じ弱酸性/

Source: 公式サイト

ナチュラルシャンプーuruotte

  • 編集部評価:★★★★総合点89点
  • 価格:2,592円(送料540円)
  • 内容量:260ml
  • 保証・特典:定期購入で送料無料
  • メーカー:株式会社クィーン

天然ヤシ油由来のアミノ酸シャンプーです。低刺激ですし、髪や頭皮と同じ弱酸性なので、お子様にも安心して使えます。もちろん日焼けした後の乾燥している頭皮にもおススメです。なんと成分の99%が植物由来成分で作られていて、オーガニックホホバオイルなどの精油が配合されているので、リンスをする必要もありません。

配合の18種類の和洋漢植物エキスが頭皮をケアしてくれるので、使い続けることで健康的なふんわりした髪になっていきます。

公式サイトを見てみる 

日焼け頭皮におすすめの保湿化粧水は?

日焼け後の頭皮を保湿する化粧品は、普段顔に使っているものでも構いません。普段お使いの化粧品にアルコールなど刺激になる成分が入っている場合は、それ以外のものを用意することをおススメします。

普段お使いの化粧品でケアする場合は、顔同様、化粧水⇒乳液⇒クリームの順番で付けましょう。直接塗ってもいいですし、コットンを使っても塗りやすいかもしれません。化粧水をつけただけでは、乾燥を進めてしまいます。必ず油分を含む乳液、もしくはクリームで水分が逃げないようにしてあげましょう

頭皮には髪の毛があるので、普段使っている化粧品を使いにくいという場合は、頭皮専用のローションも販売されているので、そちらもおススメです。

頭皮保湿ローション(キュレル)

 \潤い成分配合の頭皮専用ローション/

Source: 花王公式サイト

キュレル 頭皮保湿ローション

  • 編集部評価:★★★★★総合点92.5点
  • 参考価格:1,404円(公式サイトに公表なしのためAmazonから引用)
  • 内容量:120ml
  • 保証・特典:特になし
  • メーカー:花王株式会社

セラミドやユーカリエキスなどの潤い成分を配合して、頭皮を保湿するために作られたローションです。日焼けしている頭皮は傷付きやすい状態なので、できるだけ触れる回数を減らしたいもの。キュレルの頭皮保湿ローションならボトルの先が細くなっていて、患部に直接塗ることができます

頭皮になじみやすい処方になっているので、塗ったあとベタベタすることなく過ごせて不快感がありません。乾燥が原因で繰り返しがちなかゆみやかさつきに作られているので、敏感になっている日焼け後の頭皮にもおススメです。保湿されることで、かゆみも抑えられるので、ひっかいて傷を悪化させることも防ぐことができます。

キュレルの頭皮保湿ローションには、アルコールやメントール成分が配合されていないので、頭皮の刺激になることなく、安心して使うことができるところも魅力です。


キュレル 頭皮保湿ローションの販売サイトを見てみる 

頭皮も紫外線対策して日焼け予防しよ

 頭皮が日焼けしてしまった時のことを中心にお話ししてきましたが、一番いいのは、日焼け対策をしっかり行って日焼けしないことです。紫外線は太陽が出ていない時でも、地球には降り注いでいます。その為、季節を問わず紫外線対策は必須です。特に春から秋にかけては特に紫外線の影響が強くなる季節。顔や体だけではなく、頭皮や髪のことも気にしてあげましょう。ちなみに、頭皮の紫外線対策に有効な方法として、帽子をかぶるというものがありますが、その中でも麦わら帽子がおススメだそうです。麦わら帽子は紫外線が当たるのを防いでくれつつ、通気性が良く、頭が蒸れることがないからだそうです。最近では、オシャレな形の麦わら帽子も増えてきていますから、ファッションアイテムの1つとしてコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?