【手作り化粧水でニキビ対策】効果別8つの作り方で症状緩和の救世主!

目次

  • 手作り化粧水は改善しないニキビ肌の救世主?
  • 手作り化粧水がニキビに良い理由
  • ニキビにおすすめの手作り化粧水の基本レシピ
  • 手作り化粧水作り、ここに注意!
  • ニキビ用手作り化粧水アレンジはアロマも◎
  • オイリー肌のニキビにおすすめの手作り化粧水レシピ
  • 乾燥が原因の大人ニキビ用手作り化粧水レシピ​
  • ニキビ対策手作り化粧水に●●入れてもいい?
  • 手作り化粧水で化粧水ジプシーとおさらば!

手作り化粧水は改善しないニキビ肌の救世主?

​いろいろなニキビケア化粧水を試してみたけど、なかなかニキビ肌が良くならないと悩んでいませんか?そんなアナタには、ぜひ手作りの化粧水を試していただきたいです!無添加・リーズナブル・自分のニキビに合わせて材料が選べるなど、メリットがたくさんあります。刺激の強い成分を入れずに作れるので、ニキビを悪化させることがなく、さらにニキビに効く成分を組み合わせることで、ニキビ肌の改善効果が期待できます。

今から私、はるこ先生が、ニキビに効果的な手作り化粧水について詳しく解説していきます。手作り化粧水のメリットやデメリット、ニキビの原因に合わせたレシピ、注意点など、手作り化粧水に少しでも興味があるなら必見の内容ですよ!読み終わったあとにはアナタもきっと実際に化粧水を作ってみたくなるはずです。

手作り化粧水がニキビに良い理由

まずはなぜ手作りがいいかその理由をご紹介します。

無添加で肌に刺激が少ない

手作り化粧水は、市販の化粧水に入っているような​保存料やアルコールを入れずに作ることができます。肌への刺激が少なく、敏感肌の方でも安心して使えます。市販品だと保存料などの刺激が原因でニキビが悪化してしまうことがありますが、手作り化粧水ではその心配がありません。

有効成分を症状に合わせて調節もできる

自分の肌の悩みに合わせて有効成分を調整できるのも、手作り化粧水の良いところです。ニキビと一口に言っても、オイリー肌のニキビや乾燥肌のニキビなど原因は一つではなく、それぞれの原因に合った有効成分があります。手作り化粧水なら、自分のニキビに効果的な成分をピンポイントで使うことができるんです。後ほど、オイリー肌のニキビに効く手作り化粧水のレシピと、乾燥肌のニキビに効く手作り化粧水のレシピの両方をお教えしますね。

安いからたっぷり使える

手作り化粧水の基本の材料は、市販のニキビ用化粧水と比べて安く作れることがほとんどです。例えば、あとでご紹介するオイリー肌ニキビにおすすめのビタミンC誘導体+精製水の手作り化粧水は、100ml1,000円以内で作ることができます。せっかく効果のある化粧水でも高価だとなかなかたっぷり使えないですよね。だけど手作りの化粧水なら安いので、値段を気にせず使うことができます。

手作り化粧水はメリットばっかり?効果なしの声もあるけど……


アッキー
無添加で、自分の症状に合わせて調整できて、しかも安い……!手作り化粧水って、メリットがたくさんありますね。
はるこ先生
そうなのよ〜!だけど、無添加だからこそ保存期間が短かったり、作るのに手間がかかったりといったデメリットもあるから、その辺も頭に入れておくべきね。でも、こういったデメリットを差し引いても、安く無添加で作れるというのは大きな魅力よ!
アッキー
あの、はるこ先生、言いにくいんですけど……ニキビを解消する目的で手作り化粧水を作ったのに、ニキビに効果がなかったという話をちらっと聞いたことがあるんです。

 

はるこ先生
そういう場合もあるわ。誰のニキビにも効果的な化粧水なんて、すごく残念なことだけど、今はまだないのよね……。だけど手作りの化粧水がもし肌に合ってニキビが治ったら、素敵じゃない?安くて無添加の化粧水でニキビケアができるんだから。
自分のニキビに効果が有るかないかを知るために、一度は試してみるべきだと私は思うわ。手作りの化粧水なら、ニキビを悪化させるような成分を使わずに作れるから、試しやすいよね。


ニキビにおすすめの手作り化粧水の基本レシピ

ビタミンC誘導体はオイリー肌のニキビにおすすめ

​オイリー肌のニキビで悩む方におすすめなのが、ビタミンC誘導体を使った手作り化粧水です。ビタミンCには美白効果があるほか、皮脂の分泌や炎症を抑える効果があり、オイリー肌のニキビに効果的です。ただしビタミンCは水溶性のため、そのままでは皮脂にはじかれ肌からはほとんど染み込んでいきません。そこで、そんなビタミンCにリン酸などを加えて肌に染み込みやすく​したのが、この「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体は毛穴から浸透していき、​体内に入るとビタミンCに変化します。

材料は2つだけ!

  •  ​精製水 100ml
  • ビタミンC誘導体パウダー 5g

 精製水

精製水とは蒸溜やろ過などによって作られた、不純物をほとんど含まない水です。医療機器・コンタクトレンズの洗浄などにも使われるもので、無菌で保存料が入っておらず、肌への負担が少ないため手作り化粧水の材料にぴったりです。値段は500ml150円ほどとリーズナブルで、ドラックストアや通販などで買うことができます。

精製水の購入はこちら

ビタミンC誘導体パウダー

ビタミンC誘導体パウダーは、精製水100mlにつき5gを用意しましょう。購入は​通販サイトが便利です。10g1,400円ほどで販売されています。

ビタミンC誘導体の購入はこちら

手作り化粧水の基本の作り方

手作り化粧水は2ステップで簡単に作ることができます。作り方は以下の通りです。

  1. ​容器を消毒する。
  2. 消毒した容器に、精製水100mlとビタミンC誘導体パウダー5gを入れ、混ぜる。​

容器の消毒の方法は、容器がプラスチック製かガラス製かで異なります。

(1)プラスチック製

中性洗剤または石鹸を使って洗ったあと、消毒用エタノールを容器に入れ、よく振ります。エタノールを捨て、トレイやキッチンペーパーなどの上に置き、自然乾燥させます。

(2)ガラス製

中性洗剤や洗剤で洗ったあと、煮沸消毒をしてください。その際、容器の中は空洞にしておくのではなく、容器をお湯で満たすようにしてくださいね。20分ほど経ったら熱いまま取り出し、容器の口を上にして縦に置いて自然乾燥させます。乾燥したら、消毒用エタノールを容器に入れてよく振ります。最後に、エタノールを捨てて乾燥させてください。

せっかく不純物を含まない精製水を使っているのに、容器に菌などがついていたら台無しになってしまいます。容器の消毒は、忘れずに行うようにしてくださいね。

ニキビに効果が期待できる使い方

手作り化粧水のニキビへの効果を十分に発揮させたいならパックがおすすめです。パックをすると、ニキビの有効成分であるビタミンC誘導体をしっかり肌に浸透させることができます。水をたっぷり染み込ませた​コットンを肌の気になる部分を中心に置き、5分ほどパックしてください。

市販品との違いは何?

アッキー
はるこ先生、ちょっと質問なんですが、市販品でもビタミンC誘導体入りの化粧水ってありますよね。あれと手作り化粧水の違いって何ですか?

 

はるこ先生
良い質問ね!市販品との大きな違いは、ビタミンC誘導体の濃度なの。市販されている医薬部外品の化粧水には、ビタミンC誘導体を3%しか含んではいけないことになっているんだけど、ニキビへの効果が欲しいなら5%ほどが理想。手作り化粧水であればそれができるから、よりニキビへの効果が期待できるわ。
 
アッキー
なるほど、それは自分で作るからこその利点ですね。
はるこ先生
そうね。それに保存料などの添加物なしで作れるのも、市販品との違いよね。市販で無添加のものもあるけど値段が高めなことが多くて、手作りの方がずっと安くすむことが多いのよ。​

 

手作り化粧水作り、ここに注意!

間違うと大変なことになる場合もあるので注意してください。

保存料なし、だから雑菌には気をつけて

​保存料を含まないというのは手作り化粧水の大きなメリットですが、保存料を含まないからこそのデメリットもあります。それは、雑菌が繁殖しやすいこと。無菌の精製水で作っても、使っているうちにどうしても菌が入りこんでしまいます。使わないときはすぐにフタを閉めるなど、なるべく空気に触れないように気をつけながら、早めに使い切りましょう。

有効成分の加えすぎはNG

例えばビタミンC誘導体は精製水100mlに対して5gから10g、つまり5〜10%ほどが理想です。加えすぎると刺激が強くなり、逆にニキビの原因となってしまうことがあるので、注意してくださいね。有効成分はきちんとレシピ通りの量を加えるようにしましょう。

最初はシンプルなものからスタート

手作り化粧水は保湿成分を加えたり、アロマを加えたり、いろいろなアレンジが楽しめます。ですが、最初はシンプルなものから試すことをおすすめします。余計なものを入れてしまって、もし材料が肌に合わないとニキビが悪化する恐れがあります。まずはシンプルなものを使って、肌に合うことが分かったら、そのあとでいろいろ加えて楽しんでみてください。

保存期間や保存方法

上ですでに触れたのですが、手作り化粧水は作ったらなるべく早く使いましょう。​保存料無添加ゆえに雑菌が繁殖しやすく痛むのが早いためです。使い切る目安は約7〜10日。冷蔵庫で保管するようにしてください。

ニキビ用手作り化粧水アレンジはアロマも◎

シンプルなものがお肌合っていたら、今度は自分好みにアレンジはいかがですか?

アロマ入り手作り化粧水の作り方

<材料>

  • ​​精製水 100ml
  • 精油 6滴
  • 無水エタノール 10ml

こちらが、アロマ入り化粧水の基本材料です。無水エタノールには殺菌作用やベタつきを抑える効果があり、さっぱりとした使用感で特にオイリー肌のニキビの方におすすめです。無水エタノールは通販やドラッグストアで500ml1,300円ほどで購入できます。

無水エタノールの購入はこちら

アロマ入り化粧水の作り方は次の通りです。​

  1. 容器を消毒する。
  2. 容器に精油と無水エタノールを入れ混ぜる。
  3. さらに精製水を加えて混ぜる。

容器の消毒さえしっかり行えば、あとは材料を混ぜるだけなので簡単です。ただ精油については、精油と一言で言っても種類がたくさんあって何を使うか悩むところですよね。そこで次にニキビ対策におすすめのアロマをご紹介します。​

ニキビ対策におすすめのアロマ

​ニキビへの効果が期待できるアロマ​効能
カモミール​​心:鎮静作用、リラックス効果
体:鎮痛作用、胃腸の不調を改善
肌:抗菌作用、抗炎症作用、保湿効果
​ティートリー​​心:リフレッシュ効果
体:抗感染作用
肌:抗菌作用、抗炎症作用​
​プチグレン​​​心:精神のバランスを整える効果
体:体の循環をスムーズにする効果
肌:抗菌作用、皮脂抑制作用
​ラベンダー​心:精神のバランスを整える効果
体:鎮痛作用、免疫力強化
肌:抗菌作用、抗炎症作用
​シダーウッドアトラス​​心:気持ちを高め安定させる効果
体:滋養強壮、集中力を高める作用
肌:皮脂抑制作用
​フランキンセンス​​​心:イライラ解消効果、不安を沈める効果
体:免疫力強化、呼吸器の不調を改善
肌:アンチエイジング効果、皮膚の再生を促す​

おすすめのアロマ組み合わせ例

​手作りで化粧水を作る際は、アロマを1種類だけ使うこともできますし、複数のアロマを組み合わせて使うこともできます。以下で、ニキビに効果があるおすすめの組み合わせをお教えします。これはほんの一例なので、ご自身でネットや本などで調べつつ、アロマのいろいろな組み合わせを試してみるのも楽しいですよ。

ティートリー+ラベンダー​
人気のブレンドです。抗菌効果抜群の組み合わせで、ニキビ対策にぴったりです。
​カモミール+レモングラス+レモンバーム抗炎症作用・抗菌作用のほか、リラックス効果もあり。ストレスからくるニキビにも。

芳香蒸留水​を精製水の代わりに利用しても 

芳香蒸留水を利用してアロマを化粧水に取り入れるのもおすすめです。芳香蒸留水とは別名フローラルウォーターとも呼ばれ、精油を抽出する際に生まれる副産物です。微量の精油が含まれますが濃度が低いため、手作り化粧水の基本材料である精製水の代わりに使うことができます。

アロマを加える場合の注意点

人によってはアロマにアレルギー反応を起こす場合があります。アロマを加えた化粧水を作ったら、顔に使用する前にパッチテストをして、ご自分の肌で問題なく使えるかチェックしてくださいね。アロマによっては妊娠されている方やお子さんは使用しないようにと書かれているものもあります。化粧水に入れ薄まった濃度であればあまり影響はないという話もありますが、使用しても大丈夫と書かれたものを使うようにすると安心です(パッケージに記載がなくても精油を販売するホームページなどで確認できたりします)。

レモンやグレープフルーツといった柑橘系のアロマには光毒性があります。光毒性とは、紫外線に当たると強い日焼けを引き起こすもので、それが原因となってシミなどが生じたりします。手作りの化粧水に柑橘系のアロマを加える場合は、日中の使用は避け夜のみ使いましょう。

オイリー肌のニキビにおすすめの手作り化粧水レシピ

1. 日本酒入り化粧水

 <材料>

  • ​日本酒 100ml
  • 精製水 40ml
  • グリセリン 5ml

 日本酒には殺菌作用があり、オイリー肌のニキビに効果的です。日本酒と精製水だけでは保湿効果がほとんどないので、植物由来の保湿成分であるグリセリンをプラスしましょう。グリセリンは、ドラッグストアや通販で500ml700円ほどで買うことができます。

グリセリンの購入はこちら

 2. 緑茶入り化粧水

 <材料>

  • ​精製水 100ml
  • 緑茶の茶葉 大さじ1
  • グリセリン 5ml
  • 無水エタノール 5ml

緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用、ポリフェノールには抗酸化作用があり、どちらもニキビに効果的な成分です。皮脂分泌抑制効果のある無水エタノールを加えることで、オイリー肌のニキビへの効果がさらに上がります。作り方は次のようになっています。

  1. ​ 沸騰させた精製水に茶葉を入れ、冷ます。​​
  2.  茶こしなどで1をこす。
  3.  グリセリンと無水エタノールも混ぜ、消毒した容器に入れる。

3. ラベンダーウォーター入り化粧水​

 <材料>

  • ​ラベンダーウォーター 100ml
  • グリセリン 5ml
  • 無水エタノール 5ml

抗菌作用、抗炎症作用​のあるラベンダーウォーターをベースにした、手作り化粧水のレシピです。ラベンダーウォーターはそのまま肌に塗ることもできますが、グリセリンで保湿効果を加え、無水エタノールで皮脂抑制効果をプラスして、オイリー肌ニキビへの効果をアップさせましょう。ラベンダーの爽やかな香りに癒されます。

乾燥が原因の大人ニキビ用手作り化粧水レシピ​

1.グリセリン入り化粧水

<材料>

  • ​精製水 100ml
  • グリセリン 5ml

精製水とグリセリンのみのとってもシンプルなレシピです。リーズナブルに作れて保湿効果抜群なので、手作り化粧水の中でも高い人気を誇る化粧水です。グリセリンが肌をうるおしてくれるため、乾燥が原因の大人ニキビに効果があります。余計なものが入っていないシンプルさも魅力です。

2.豆乳を使った化粧水 

<材料>

  • ​無調整豆乳 500ml
  • レモン 2個
  • 消毒用エタノール 50ml

豆乳に含まれる豆乳イソフラボンにはホルモンバランスを整えニキビを改善する効果、大豆エキスには肌のバリア機能を高める効果、コラーゲンを作り肌にハリツヤを与える効果があります。さらに豆乳には高い保湿効果もあり、大人ニキビへの効果が期待できます。このレシピでは無水エタノールではなく消毒用エタノールを使います。水を含まない無水エタノールと違って、消毒用エタノールは水が加えられ約80パーセントの濃度になったものです。​ドラッグストアや通販で、500ml1,000円ほどで買うことができます。

消毒用エタノールの購入はこちら

豆乳入り化粧水の​作り方は次の通りです。

  1. ​豆乳を鍋に入れ火にかける。
  2. 豆乳が60℃ほどまで温まったら、レモンを絞ってレモン汁を入れる。 
  3. 豆乳が固まってきたら火を止め、消毒用エタノールを加える(エタノールに引火する恐れがあるので必ず火を止めてください!)
  4. 手ぬぐいやコットンと、キッチンペーパーを敷いたざるに3を流し入れる。
  5. ざるから出てきた汁を消毒した容器に入れる。

​3. ローズウォーターを使った化粧水

<材料>

  • ​ローズウォーター 100ml
  • ラベンターの精油 6滴
  • グリセリン 5ml

保湿効果の高いローズウォーターをベースに、 抗菌作用、抗炎症作用​のある​ラベンダー、保湿効果をさらに高めるためのグリセリンを加えた化粧水です。アロマの良い香りを楽しみたい方にもおすすめです。

ニキビ対策手作り化粧水に●●入れてもいい?

オイリー肌でニキビに悩んでいます。手作り化粧水にアルコールを加えようと思うのですが、大丈夫でしょうか?

肌がアルコールに弱くなければ、大丈夫です(不安であれば事前にパッチテストを行ってください)。

 アルコールには皮脂抑制作用や消毒作用があり、特にオイリー肌のニキビに効果的です。実際、上のレシピの材料として挙げたエタノールはアルコール成分です。​刺激が強いのであまり入れすぎないよう注意してくださいね。​

手作り化粧水の材料として尿素がいいと聞いたので入れていいですか?

私はおすすめしません。

尿素には保湿効果があるため手作り化粧水の材料として挙げられることがありますが、ピーリング効果が強く、使い続けると皮膚を固くしたり乾燥させたりしてしまいます。刺激が強いので敏感肌の方の場合は特に避けたほうがいい成分です。​

手作り化粧水で化粧水ジプシーとおさらば!

なかなか自分のニキビ肌に良い化粧水が見つからないと悩んでいるなら、ぜひ手作り化粧水を試してみてください。材料は家にあるようなものや通販またはドラッグストアでリーズナブルに買えるものばかりです。容器の消毒が少し面倒ですが、それ以外は作るのも簡単ですよね。

オイリー肌ニキビや大人ニキビといった自分のニキビ肌に合わせて、レシピや有効成分を選んでみてください。最初から効果が出るものには出会えないかもしれませんが、ぜひ諦めずにいろいろ試して自分だけのお気に入りの化粧水を見つけてください。アナタのニキビ肌に最適な手作り化粧水が見つかりますように!