冬のメイク悩み解決!カサカサ乾燥肌でも理想のメイクを作る6つのテク

肌悩みの多い冬に理想のメイクを作る6つのテクニック

空気が乾燥する冬は、乾燥が原因で肌がカサカサしたり、粉を吹いてしまうことも。そのため、「冬は夏よりメイクが崩れにくい」と思っていませんか?しかし、乾燥しているはずなのに肌がテカってメイクが崩れてしまうことがあります。

じつは、肌が乾燥すると、潤いを与えるために皮脂が過剰に分泌されることがあります。そのため、空気が乾燥している冬でも、皮脂の過剰分泌が原因でメイクが崩れることがあるんです。

undefined
はるこ先生
汗はかいていないはずなのに、なぜかメイクが崩れる冬のメイク崩れは、夏とは違う乾燥が原因なのよ。さらに、朝は綺麗にメイクしたつもりなのに、気がつくと肌がカサカサ、余計にシワが目立ってるなんてことも良くあるのでは?空気が乾燥している冬は、こんな肌悩みがとっても多い季節なの。でも、ちょっとしたテクニックをマスターすると、乾燥や崩れしらずの理想的なメイクに仕上げることができるのよ♪
  •  調査した商品数⇒21商品
  • 閲覧した口コミ件数⇒58件
  • リサーチしたサイト数⇒63サイト

 この記事では、私、編集長水野が冬のメイク悩みを解決する、メイクテクニックを6つ伝授します。さらに、化粧ノリを良くするスキンケアの方法や、冬のファンデーションの選び方、おすすめのファンデーションなどもご紹介します。

乾燥する冬におすすめのファンデーションとメイクテクニックで、一日中キレイが続く理想的なメイクを目指しましょう!

【1】冬でも化粧のりをよくするスキンケアテク

冬は湿度が低く空気が乾燥していて、さらに部屋の中では暖房を使います。すると空気が乾燥している場所で長く過ごすことになるので、1年の中で一番肌の乾燥が気になる季節です。

肌が乾燥してるとメイクのノリが悪くなるので、キレイに仕上がらず化粧崩れも起こしやすくなります。そこで、メイクのノリを良くするために、まず大切なのは肌のコンディションを整えること。

そのため、ここでは洗顔後に行うスキンケアテクニックを伝授します。洗顔後にひと手間かければ、肌のコンディションが整ってメイクのノリに差がでるんです。

保湿効果の高い基礎化粧品で保湿する

必要な皮脂が落ちている洗顔後の無防備な肌を、そのままにしていると、乾燥が進み、化粧水を付けた時にヒリヒリしてしまうことがあります。そのため、洗顔後は3分以内に肌を保湿あげることが大切だと言われています。

さらに、肌が乾燥しやすい冬は、夏と同じ保湿ケアでは十分ではない可能性も。そのため、夏よりも保湿効果の高い基礎化粧品でしっかりと保湿してあげましょう。

オイル+マスクでたっぷりの水分を与える

朝は忙しくてなかなか時間取れない人も多いでしょうが、メイクのノリを良くするためには、洗顔後のパックがおすすめです。

市販のシートマスクを使うのもいいですが、コットンにたっぷり化粧水を染み込ませ、それを顔に乗せるだけでOKのローションパックならもっと手軽にパックできます。

また、パックの前に美容オイルを肌に薄く延ばしておくと、美容成分が肌に浸透するのが高まるそうです。

朝は忙しくて時間なかなか取れない人でも、5分でいいので時間を確保してパックすると、メイク前の肌に水分をたっぷり与えてあげることができるので、メイクのノリが良くなると言われています。

メイク前に余分な油分をオフする

化粧水で肌の水分補給をした後は、乳液やクリームで蓋をすることが大切ですが、メイク前の肌に余分な油分が残っていると、メイク崩れを起こしやすくなります

そのため、メイク前はテッシュで軽く抑えて余分な油分を取っておくと良いでしょう。また、乳液やクリームを塗った後は、5分ほど時間をおくと肌に乳液やクリームが浸透されるそうです。そのため、時間があるときは5分待ってからメイクを始めるのがおすすめです。

undefined
アッキー
肌のコンディションが悪いと当然メイクは綺麗に仕上がらないですよね。少し手間をかけてあげて、肌のコンディションを良くすることがメイクをキレイに仕上げるポイントになりそうですね!

 

undefined
はるこ先生
そうなよアッキー。メイクのノリを良くするためには、まずは肌のコンディションを整えることから始めたほうがいいのよ。忙しい朝にパックをするのは、ちょっと面倒かもしれないけど、やっぱり冬の乾燥肌は水分補給をしてあげることが大切よ。たった5分のパックでもメイクのノリに違いが出るそうよ!

 

【2】カサカサ肌にツヤを出すベースメイクテク

ここでは、カサカサ肌にツヤを出すベースメイクテクニックを伝授します。乾燥で肌の水分が奪われると肌がカサカサになるので、冬はツヤ感のあるメイクは難しいと諦めていませんか?

じつは、ちょっとしたベースメイクのテクニックで、冬でもツヤのある潤いメイクが作ることができるんです。

保湿力の高い化粧下地を多めに使う

メイクの土台になる化粧下地は、メイクの仕上がりに差がでる重要なアイテム。

ファンデーションのノリを良くしたり、化粧崩れを防いだり、毛穴を目立たなくさせるなど様々な効果がある化粧下地ですが、肌が乾燥しがちな冬は、保湿力の高い化粧下地を少し多めに使うのがおすすめです。

保湿力が高い化粧下地を多めに使うことで、肌が乾燥から守られます。すると、乾燥が原因で起こる皮脂の過剰分泌が抑えられるため化粧崩れしにくく、肌にツヤ感も出すことができるんです。

ツヤ感を出すならリキッドファンデ

油分が多く含まれているリキッドファンデーションは、乾燥を防いでくれるので、空気が乾燥する冬におすすめのファンデーション。リキッドファンデーションを使えば、冬でも潤いのあるツヤ肌に仕上げることができます。

乾燥が気になる時や、さらにツヤ感をUPさせたい時は、リキッドファンデーションにオイルなどを混ぜるのも良いでしょう。

また、肌への密着度が高く、伸びが良いリキッドファンデーションは、カバー力があり、シミやしわなどを自然に隠してくれるという魅力もあります。

ツヤが増すコンシーラーのの入れ方

潤いたっぷりのツヤ肌になりたいけど、シミやしわなど気になる部分はしっかり隠したい、そんな時に活躍するのがコンシーラーです。

ファンデーションの厚塗りで、気になるシミやしわを隠そうとするとツヤ感がなくなり、余計にしわが目立ったり、厚塗りのメイクは老けた印象を与えてしまうことも。

そのため、肌の気になる部分はコンシーラーでカバーしましょう。目の下のクマや、シミやしわなどの気になる部分をコンシーラーでしっかりカバーすれば、厚塗りメイクにならないので、肌にツヤ感を出すことができます。

パウダーでツヤ感を出して崩れを防ぐ

フェイスパウダーはメイク崩れを防いでくれるアイテムですが、フェイスパウダーを使うとマットな仕上がりなってしまいそうですよね。しかし、肌に自然なツヤ感を出すことができるフェイスパウダーを選べば、簡単にツヤ肌を演出することができるんです。

例えば保湿効果が高く、パールやラメなどが含まれているフェイスパウダーは、肌に潤いを与えて上品なツヤ感を出してくれるため、肌にツヤ感を出したい時におすすめです。

しかし、フェイスパウダーは、リキッドファンデーションを塗った直後に塗るのはNG。リキッドファンデーションを塗った直後のベタ付きのある肌に、塗るのではなく肌がサラサラし始めたタイミングで塗りましょう。

立体感が出るハイライトのポイント

立体感のあるツヤ肌に仕上げたい時は、ハイライトを使うのも簡単で便利。ハイライトは塗った部分が明るくなるので、陰影が出来て顔に立体感が出ます。さらに、肌にツヤ感を出すこともできます。

ハイライトはパウダーやリキッド、クリームなどの種類があり、いくつかの色もあります。パウダーのハイライトは、肌に馴染ませやすくブラシを使えば広範囲に簡単に入れることができます。

一方、クリームやリキッドタイプのハイライトは、ツヤ肌を目指す人におすすめ。クリームタイプは、肌への密着度が高く、うるおいを与えることができ、液状のリキッドタイプはみずみずしく自然に仕上げることができるハイライトです。

また、ハイライトは様々な色がありますが、肌の悩みやどんな仕上がりにしたいかで選ぶ色が変わります。自然な明るさを出したい時や、肌の色が白い人はピンク系、黄味が強い肌の人はベージュ系のハイライトを選ぶと良いでしょう。

さらに、ハイライトは入れる場所や入れる順番を間違えると、顔に立体感を出すことができません。また、ツヤ肌ではなくただのテカリ肌に見えてしまうこともあるので要注意。

そのため、冬におすすめのリキッドファンデーションを使った時の、ハイライトの入れる順番と基本的な入れ方を伝授します。

【パウダータイプのハイライトを使う場合】

  1. 下地
  2. リキッドファンデーション
  3. パウダー
  4. ポイントメイク
  5. ハイライト

【クリーム・リキッドタイプのハイライトを使う場合】

  1. 下地
  2. リキッドファンデーション
  3. ハイライト
  4. パウダー
  5. ポイントメイク

ベースがリキッドファンデーションで、パウダータイプのハイライトを使う時はメイクの一番最後に、クリームやリキッドタイプのハイライトを使う時は、リキッドファンデーションを塗った後に塗るのがポイントです。


【基本的なハイライトの入れ方】

  1. ハイライトの量を指先やブラシ、パフなどで調整する。
  2. 目尻の下の頬骨の一番高いところにハイライトを入れる。
  3. Tゾーンにハイライトを入れる
  4. 顎に小さくハイライトを入れる。

自然に仕上がるためには、ハイライトは少量ずつ付けましょう。また、Tゾーンに入れる時は鼻先まで伸ばさず鼻の真ん中までで止めます。すると顔が長く見えずにキレイな仕上がりになります。

また、顎に入れるハイライトは小さく入れることがポイント。大きく入れると、顔が膨張して見えてしまう可能性があるため要注意です。

【3】血色が悪い・頬が赤いを隠すメイクテク

ここでは、血色が悪いくすみ肌や、頬が赤い赤ら顔を隠すメイクテクニックを伝授します。冬になると血色が悪くなり肌がくすんで見える、頬が赤くなるという悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?

肌の乾燥や冷えは血色を悪くするため、冬は肌がくすんで見えがち。また、冬は室内と室外の温度差が大きいため、内に入った時の急激な温度変化が原因で、頬が赤くなる赤ら顔を起こしやすいそうです。

また、乾燥した肌は角質が剥がれやすい状態です。そのため、肌が乾燥しがちな冬は赤ら顔になりやすいと言われています。

血色の悪さにはピンク系とパール下地を混ぜる

血色が悪いくすんだ肌は、不健康に見られがち。そんな血色の悪いくすんだ肌はピンク系の化粧下地を使うことでカバーすることができます。

ピンク系の化粧下地を使うと肌の内側から自然な血色感が出るため、肌が明るく健康的に見えるように。さらに、パールが配合されているものを使うと、肌にツヤ感を出すこともできます。

赤いほっぺには色付き下地で補正がベター

頬が赤くなる赤ら顔を、ファンデーションで隠そうとすると、どうしても厚塗りで不自然な仕上がりに。ファンデーションではキレイに隠せない赤ら顔は、色付きの化粧下地でカバーするのがおすすめです。

赤ら顔をカバーするおすすめのカラーは、グリーンとイエローの化粧下地で、赤味が強い人はグリーンを使うとキレイに赤味をカバーすることができます。

しかし、使う量が多いと白浮きしてしまいやすいので、赤味が気になる部分だけに使うほうが良いでしょう。

また、肌の色がブルーベースの人は、グリーンの下地が馴染みやすいですが、肌の色がイエローベースの人は、グリーンの化粧下地より、赤味をカバーする効果は低くなりますが、イエローの化粧下地の方が肌に馴染みやすいと言われています。

また、イエローとブルーの化粧下地を混ぜることで、より肌に馴染みやすくなる人もいます。

冬でもテカる肌にはパウダーのブラシ塗り

自然なツヤ肌を演出しているつもりが、ただのテカリ肌に見えてしまうこともあるため要注意。例えば、おでこや鼻などのTゾーンのテカリは、ツヤ肌ではなくテカリ肌に見えてしまうことも。

肌が乾燥していると、肌に潤いを与えるために皮脂が過剰に分泌されるため、Tゾーンのテカリは夏だけでなく、冬でも起こります。そこで、皮脂を過剰に分泌させないためには、しっかり保湿して肌に潤いを与えてあげましょう。

さらに、油分の少ないフェイスパウダーは皮脂は吸収してくれるため、テカリを予防する効果があります。そのため、フェイスパウダーをブラシ塗りするとテカリを予防する効果があると言われています。

【4】冬トラブルが多い唇メイクと対策テク

冬になると乾燥で唇がガサガサになってしまう人も多いのではないでしょうか?そのため、ここでは冬の唇メイクと乾燥してガサガサになった唇を改善させる対策を伝授します!

冬に選ぶべきリップ・口紅

 乾燥してガサガサになった唇に少しでも潤いを与えようとリップクリームを塗っても、効果ゼロ。そんな人は、リップクリームの選び方が間違っている可能性も。

乾燥する冬におすすめのリップクリームは、オイルや美容成分などがたっぷり含まれている保湿効果の高いものです。そのため、夏と同じリップでは乾燥が改善されない場合があります。

また、メンソールが含まれているリップは刺激が強いため、唇のトラブルが多い冬には適していないと言えるでしょう。

さらに、リップクリームだけでなく口紅もマットタイプではなく、保湿成分がたっぷり配合されている潤い効果の高いものを選ぶようにしましょう。

冬もふっくらツヤを出す塗り方

 冬でもふっくらとしたツヤのある唇に仕上げるためには、口紅を塗る前にリップクリーム塗るのがおすすめです。さらに効果的なのは、唇の周りの口輪筋のマッサージ。

リップクリームやワセリンを唇に塗って、唇の周りの口輪筋をマッサージをすると血行が良くなって、唇に潤いを与えることができると言われています。

【唇マッサージの方法】

  1. 上唇にリップもしはワセリンを多めに塗る。
  2. 上唇の真ん中から、口角に沿って10回程度、指でなぞる。
  3. 下唇にもリップもしくはワセリンを多めに塗る。
  4. 下唇の真ん中から、口角に沿って10回程度、指でなぞる。

唇マッサージで、血行を良くしたら次は、ふっくらとツヤを出す塗り方でみずみずしい唇を演出しましょう。上唇のラインを少しオーバーさせたり、唇の中央に明るい色を入れるとふっくらとした唇に。

さらに口紅を塗った後にグロスを重ね付けすると、ツヤが出るのでぷるんとした唇に仕上がります。

唇の乾燥対策にハチミツパック

唇は顔のパーツの中でも、目だって印象に残るパーツ。プルプルの唇は女性の憧れでであり、男性も潤いたっぷりのプルプルした女性の唇に魅力を感じると言われています。

しかし、肌が乾燥する冬は唇もガサガサになって酷い場合は皮がめくれてしまうことも。ガサガサで皮がめくれているような唇では、当然メイクもキレイに仕上がりません。

そんな、荒れた唇を改善する効果があると言われているのが、ハチミツパックです。ハチミツは、保湿作用のほかにも抗菌や消炎作用があり、肌荒れに効果的なビタミンなどの成分も豊富に含まれています。

そのため、乾燥して荒れた唇にはハチミツパックがおすすめ。ハチミツパックをすれば、炎症が抑えられ潤いのあるプルプル唇になれるそうです。

【ハチミツパックのやり方】

  1. 唇にハチミツをたっぷり塗る。
  2. その上にラップを乗せて5分程度そのままにする。
  3. 5分たったらハチミツを優しく拭き取る。

ハチミツパックは簡単でお金をかけずに唇をプルプルにする方法ですが、ハチミツパックに使うハチミツは砂糖や添加物が含まれていない天然のハチミツが適しています。

また、ハチミツにアレルギーがある人は、ハチミツパックは行うとアレルギー反応が出てしまう危険性があるので行わないようにしましょう。さらに、アレルギーがない場合も事前にパッチテストをしてから行うほうが安心です。

【5】冬のメイク崩れをなかったことにするテク

冬のメイク崩れの原因は、乾燥によるもの。肌が乾燥すると、潤いを与えるために皮脂が過剰に分泌されるためメイクが崩れやすくなるんです。ここでは、そんな冬のメイク崩れをキレイに直すテクニックを伝授します。

冬のメイク崩れに乳液が大活躍

朝はバッチリ決まっていたメイクも、昼にはもうすでに崩れている。そんな冬のメイク崩れに大活躍してくれるのが乳液です。適度な油分が含まれている乳液は基礎化粧品としてだけでなく、お化粧直しにも使える便利アイテムなんです。

メイクが崩れるとファンデーションを重ね塗りして直そうとする人も多く見られますが、それではただドロドロにするだけで、キレイにお化粧は直せません。

そのため、ファンデーションの重ね塗りではなく、まずは乳液で崩れたファンデーションをオフして肌を保湿してあげましょう。するとドロドロにならずにキレイにお化粧を直すことができます。

乾燥肌のメイク崩れを上手になおす手順

冬の乾燥によるメイク崩れは、乳液を使ってキレイに直すことができます。ここでは、その手順を詳しく伝授します。

  1. コットンに乳液を含ませて、崩れた部分のファンデーションをオフします。
  2. 別の新しいコットンに乳液を含ませて、ファンデーションをオフした部分に潤いをプラスします。
  3. オフした部分にファンデーションやフェイスパウダーを塗って完成。

乳液を含ませたコットンでファンデーションをオフ、保湿する時は擦るのはNG。トントン優しく押さえるのがポイントです。また、目の周りなどの細かい部分は、綿棒を使うのが便利。綿棒を使えば、細かい部分にもファンデーションがキレイに塗れます。

ハイライトでカサカサ乾燥を隠すコツ

ハイライトは乾燥やカサカサ感をごまかしてくれる便利なアイテム。ツヤのないカサカサの乾燥肌にハイライトを入れると、ツヤ感がUPして透明感のあるみずみずしい肌が演出できます。

また、カサカサした乾燥肌には、肌への密着度が高く、潤いを与えることができるクリームもしくはリキッドタイプのハイライトが適しています。クリームやリキッドタイプのハイライトは、カサカサした乾燥肌を上手くごまかしてくれるんです。

【6】日中にメイクの上から行う乾燥予防テク

乾燥が原因の冬のメイク崩れは、ちょっとした工夫で予防するこも。そのため、ここでは、日中にメイクの上から行える乾燥予防テクニックを伝授します!

手早く対策するならスプレータイプの化粧水

とにかく手早く乾燥を改善、予防したい人はスプレータイプのミスト化粧水がおすすめです。肌の乾燥が気になる時に、メイクの上からワンプッシュすると肌に潤いを与えることができます。

顔から少し離してスプレーして、その後手で抑えて馴染ませてあげると、しっかり潤いが肌に浸透します。また、ミスト化粧水は持ち運びしやすいサイズのものが多いので、ポーチに入れておけばいつでも気になる時に肌に潤いを補給できます。

部分的な乾燥にはスティック型の保湿アイテム

目の周りなどの部分的な乾燥対策には、ピンポイントで潤いを補給することできるスティックタイプの保湿アイテムが使いやすくて便利。乾燥が気になる部分に、ピンポイントで塗った後は、指で軽くトントンして叩き込んであげましょう。

さらに、べた付きが少ないものを選べばメイクがよれることがないので、ピンポイント保湿できる便利アイテムとして人気を集めています。

マスクは化粧崩れに配慮したものを使う

冬は風邪やインフルエンザが流行する季節、予防のためにマスクをする人が多くなります。また、最近はファッションの1つとして、マスクをする人もいるようです。

しかし、マスクをすると化粧が落ちてしまからマスクはできるだけしたくないという人も多いのではないでしょうか?そんな時は、化粧崩れに配慮しているマスクを使いましょう。

化粧崩れに配慮されているマスクは、内側に加工がされていてファンデーションや口紅が付きにくくなっています。そのため、マスクをしても化粧が崩れにくいと言われています。

冬のファンデーションを選ぶポイント

化粧水や美容液は季節ごとに使い分けているのにファンデーションは一年中同じものを使っていませんか?じつは、ファンデーションも季節ごとに使い分けをする方が、メイクの仕上がりに差がでると言われています。

そのため、ここでは冬のファンデーションを選ぶポイントを伝授します

冬の乾燥対策に保湿力を重視する

空気が乾燥している冬は、肌が乾燥しやすく、保湿やバリア機能があるセラミドも不足しがち。セラミドは、肌に潤いを閉じ込め、外部の刺激から肌を守ってくれる作用があるので、セラミド不足は肌の乾燥の原因に

そのため、冬におすすめのファンデーションは、セラミドやヒアルロン酸などの美容成分が含まれている保湿力の高いファンデーションです。保湿力の高いファンデーションを使えば、乾燥肌のかさつきが抑えられ、潤いのあるツヤ肌が演出できます。

冬特有の顔色を補正してくれる

肌の血色が悪くなるのは、乾燥や冷えが原因。さらに、部屋の外と中の気温の差が激しい冬は、頬だけ赤いなどの赤ら顔にもなりやすいそうです。

そのため、冬のファンデーションは、血色が悪い、頬だけ赤いなど冬特有の顔色を補正してくる効果があるものを選ぶと良いでしょう。

血色が悪いくすみ肌の人は、ピンク系のファンデーション、頬だけ赤いなどの赤ら顔の人は、イエローやベージュ系のファンデーションがおすすめです。

さらに、血色の悪さや赤ら顔は化粧下地でもカバーすることができます。血色の悪いくすみ肌は、ピンク系でパールが配合されている化粧下地を使えば、血色の良い健康的な肌に。頬だけ赤いなどの赤ら顔は、グリーンやイエローの化粧下地を使えば赤味をカバーすることができると言われています。

冬の弱い光の中でもツヤが出る

リキッドファンデーションは、乾燥してツヤのないカサカサ肌に自然なツヤ感を出してくれるため、冬におすすめのファンデーション。さらに、油分が多く含まれているので保湿力が高く、肌にしっかり密着してカバー力があるのもリキッドファンデーションの魅力です。

オイルなどを混ぜるとさらにツヤ感がUPするので、冬でも潤いたっぷりツヤ肌を演出できるファンデーションなんです。

undefined
アッキー
メイクを綺麗に仕上げるためには、季節によってファンデーションを使い分けることが大切なんですね。

 

undefined
はるこ先生
一年中、同じファンデーションを使っていても特に問題がない人は、変える必要がないかもしれないけど、肌トラブルがある人は使い分けることで、肌トラブルが解消される可能性もあるわ。汗を多くかいて皮脂の分泌も多い夏と、空気が乾燥して肌がカサカサになりやすい冬では、お肌の状態も当然違うでしょう。だから、ファンデーションも基礎化粧品と同じように季節によって使い分けるのがおすすめなの☆

 

乾燥する冬におすすめプチプラファンデーションTOP3

ここでは、プチプラで保湿やカバー力もしっかりある冬に人気のファンデーションを、ランキング形式で3つご紹介します!

リアルフィットリキッド(インテグレート)

 \高保湿美容成分が乾燥肌をみずみずしいツヤ肌に!/

Source: 公式サイト

リアルフィットリキッド(インテグレート)

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:1,404円
  • 内容量:30ml
  • メーカー:資生堂

リアルフィットリキッドは、リキッドファンデーションなのにベタ付かず、肌の内側から自然なツヤ感が出るので、冬でもツヤ肌を目指す人におすすめのリキッドファンデーション。

寒天クラッシュ技術でジェル化された高美容保湿成分が、たっぷり配合されていて、肌に優しいミネラル処方。そのため、冬の乾燥肌も潤いたっぷりの自然なツヤ肌に仕上げることができます。

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • 肌のアラは隠れません
    ただ、このファンデ、塗り心地やツヤ感は良いのですが、カバー力はイマイチ・・ 素肌感を生かしたファンデなので仕方ないと思いますが、部分的に下地を使ったりコンシーラーを使ったりしないと肌のアラは隠れません。 でも、塗った後は肌に馴染んで全体的に綺麗に見えます。

    アットコスメ

  •  
  • 残量が見えないのが難点
    値段が手頃で、良いのですが残量が見えないのが難点かなと思います。振ればなんとなくわかるのですが、残量が見える様にクリアな容器などにしてくれれば良いと思います。

    アットコスメ

肌への密着度が高く、伸びが良いリキッドファンデーションは、カバー力があると言われていますが、リアルフィットリキッドを使った人の中にはカバー力に物足りなさを感じた人もいるようです。

また、容器が透明でないので残量が分かりにくいという声もありました。

良い口コミから見るメリット

  •  
  • 今後はこちらをリピート
    時間が経つ事に肌に馴染み自然になっていき、崩れも無い。美しいツヤ肌。そして保湿感。モッチモチ! 今までも評判の良いリキッドファンデを使っていたのですが、今後はこちらをリピートすることになりそうです。プチプラでこの仕上がりはスタンディングオベーションものです。インテグレート舐めるべからず。

    amazon

  •  
  • 薄付きなのに毛穴をしっかりと隠してくれる
    こちらのリキッドは薄付きなのに毛穴をしっかりと隠してくれるので、とても重宝します! サイズもポーチに入りやすいのがいいですね! 旅行などにも持っていきやすいです♪

    公式サイト

保湿効果があり、ツヤ肌に仕上がる、崩れにくいなどの声が多く、プチプラであることも高く評価されているようです。

また、薄付きなのに毛穴をカバーしてくれるという声も見られたので、欠点をしっかりカバーしてナチュラルなツヤ肌メイクに仕上げたい人におすすめのファンデーションだと言えるでしょう。

公式サイトを見てみる

リアルフィットリキッドの成分と特徴

  • 寒天クラッシュ技術で高美容保湿成分をジェル化
  • イオンミネラルパウダーが肌荒れを予防
  • 無香料でパラベンフリー、アレルギーテスト済
  • ニキビができにくい処方
  • 紫外線を予防するSPF30PA++

リアルフィットリキッドは、ゼリー状の高美容保湿成分を寒天クラッシュ技術で細かくしてジェル化しているため、みずみずしく潤いのあるツヤ肌に仕上がるのが特徴。

さらに、無香料でパラベンフリー、アレルギーテスト済で、イオンミネラルパウダーが配合されているので肌に優しく、敏感肌の人でも安心して使いやすいリキッドファンデーションです。しかも、SPF30PA++だから紫外線対策もしっかりできます

リアルフィットリキッドを安く買う方法

リアルフィットリキッドは、ドラッグストアなどの店頭で気軽に購入できますが、ネット通販でも購入することもできます。ネット通販では、公式サイトの他にamazonや楽天でも取り扱いがあり、価格は3サイトとも同じです。

ネット通販で購入すると、他の商品と一緒にまとめ買いをすると、送料がかからないこともありますが、基本的には商品代金とは別に送料がかかります

そのため、買いに行く時間がない人や近所のドラッグストアには置いていない人は、ネット通販を利用するのが便利ですが、店頭で購入するのが一番安く購入できる方法だと言えるでしょう。


楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年1月現在)

※楽天・Amazonは公式ではないので、偽物や保証が受けられない場合があります

公式サイトamazon楽天
1,404円1,404円1,404円

公式サイトを見てみる

カラーステイ メイクアップ D(レブロン)

  \シミや毛穴をカバーして1日中潤い肌をキープ!/

Source: 公式サイト

カラーステイ メイクアップ D(レブロン)

  • 編集部評価:★★★★★ 総合95点
  • 価格:2,160円
  • 内容量:30ml
  • メーカー:レブロン株式会社

5つのうるおい成分が配合されているカラーステイ メイクアップ Dは、モイスト処方の乾燥肌用のファンデーション。そのため、肌が乾燥してガサガサになりやすい冬に適しています。さらに、伸びが良くてカバー力もあるため、シミや毛穴対策もバッチリできます。

また、崩れにくいので1日中潤いたっぷりのキレイなお肌をキープすることができるのも、魅力的なポイントです。

公式サイトを見てみる

ミルキィフィットフルイド(エクセル)

 \潤いが長時間持続する美容液ファンデーション!/

Source: 公式サイト

ミルキィフィットフルイド(エクセル)

  • 編集部評価:★★★★★ 総合94点
  • 価格:2,052円
  • 内容量:30g
  • メーカー:常盤薬品工業株式会社

ミルキィフィットフルイドは、保湿型ビタミンCやヒアルロン酸より保湿力が高いとされるリピジュアが配合されている美容液ファンデーションです。

肌の奥の各層までうるおいがしっかり届き、その状態を長時間キープ。しっとりなのにサラサラな仕上がりで圧迫感を感じにくいのが特徴です。

さらに、セラミド内包パウダーと皮脂吸着パウダーが肌のテカリを予防。密着ネット処方で薄い膜ができるため化粧崩れをしっかり予防します。

そのため、乾燥が原因の冬の化粧崩れ予防におすすめのファンデーションです。

公式サイトを見てみる

テクを磨いて冬のメイク悩みを解消しよう

肌が乾燥してカサカサになりやすい冬は、メイクの仕上がりもイマイチ、夕方までメイクが持たずテカって崩れてしまう。そんな悩みを持っている人が多いのではないでしょうか?

しかも、肌トラブルをメイクで誤魔化そうと厚塗りをすると、シワが目立ってしまったり崩れやすくなったりするのでかえって逆効果。さらに、メイクの厚塗りは、老け顔の原因になるので、メイクの厚塗りで乾燥肌をカバーするのはおすすめではありません。

乾燥による肌トラブル多い冬の肌でも、ちょっとしたテクニックでツヤ感たっぷりの潤い肌を演出することが可能です。テクニックを磨いて冬のメイク悩みを解消し、冬でも一日綺麗が続くつや肌メイクを完成させましょう!

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事