ココナッツオイルがニキビに効く理由と正しい使い方。万能食材のメカニズム

ココナッツオイルはニキビ対策の心強い味方!

アナタは美容や健康に気を使っている人に注目されているココナッツオイルが、ニキビ対策にも効果的という話を聞いたことがありますか?

アッキー
ココナッツオイルっていわゆる「ヤシの実」のオイルなんですよね!でも、ニキビが出ている時って、できるだけ油分を控えた方が良いと言いますよね?ココナッツオイルはどうやって使うんですか?
はるこ先生
ココナッツオイルは東南アジアなどでは普通に使われているけど、日本ではあまり使ったことがない人も多いわよね。食べても、肌に塗ってもニキビに良いと言われているのよ!
アッキー
へぇ~そうなんですか!僕もさっそく試してみようかな。

ココナッツオイルがニキビに効果的と言われている理由や利用法についてはるこ先生が詳しく解説します。ただし、気をつけなければ逆に悪化することもあるので、注意点や口コミも参考にしてくださいね!

ココナッツオイルがニキビに効く理由とは?

ココナッツオイルがどうしてニキビに効果的なのかという理由は、ココナッツオイルに含まれている成分に秘密があります。それぞれの成分が相乗効果を発揮することで、美容や健康はもちろん、ニキビにも効果的だと考えられています。

ココナッツオイルの主成分について

ココナッツオイルを構成している主成分の多くは飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸は乳製品や肉の脂肪部分など動物性脂肪に多く含まれている栄養素です。ココナッツオイルは植物性油脂ですが、飽和脂肪酸が豊富に含まれているという珍しい特徴があります。飽和脂肪酸は体を動かすエネルギー源として活用されるため、毎日の食生活できちんと摂取するのが望ましいとされています。

でも、過剰に摂取すると中性脂肪や悪玉コレステロールを増やすため注意しなければいけないとも言われています。ココナッツオイルに含まれている飽和脂肪酸は、中鎖脂肪酸なので過剰摂取になりすぎないと言われているのも特徴です。

【ココナッツオイルの主成分】中鎖脂肪酸

ココナッツオイルが健康や美容に良いと言われている理由は、中鎖脂肪酸が多く含まれていることに秘密があります。飽和脂肪酸は長鎖脂肪酸・中鎖脂肪酸・短鎖脂肪酸という種類があり、過剰摂取に注意しなければいけないと言われているのが長鎖脂肪酸です。中鎖脂肪酸はスムーズに消化されるという特徴があるため、摂取した分が効率良く代謝されやすいのです。代謝を良くするため、お肌の新陳代謝を活発にする効果も期待できます。ニキビができてダメージを受けた後の肌を元通りのキレイな肌に戻すために役立ち、新たにニキビができるのを防ぐことも期待できます。

【ニキビの改善にも役立つ】ラウリン酸

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸のうち、大部分を占めているのがラウリン酸です。ラウリン酸がニキビに効果的と言われている理由は、抗炎症・抗菌作用があることと、免疫力アップに役立つからです。

ラウリン酸の抗炎症・抗菌作用

ココナッツオイルでオイルプリング(口をゆすぐ)と、虫歯予防ができると言われています。これはラウリン酸が持つ抗菌作用によるもので、他にも水虫の原因菌などにも効果的と言われています。ニキビの原因菌とされるアクネ菌に対しても抗菌作用が期待できるため、ニキビ予防や改善ができると考えられています。また、ニキビが悪化して炎症を引き起こしていた場合には、ラウリン酸の抗炎症作用で早く治りやすいと言われています。

ラウリン酸の免疫力アップ効果

ラウリン酸は母乳にも豊富に含まれていて、赤ちゃんの免疫力をアップさせる役割があります。免疫力が低下している時には、アクネ菌が繁殖しやすくてニキビができやすくなると考えられます。肌の免疫力をアップさせるためにも、ラウリン酸が活躍してくれます。

【ビタミンEの一種】トコトリエノール

ココナッツオイルにはビタミンEの一種・トコトリエノールが含まれています。トコトリエノールは抗酸化作用がとても強いことから、スーパービタミンEと呼ばれるほどの実力があります。抗酸化作用とは、体の中に存在している「活性酸素」を取り除く役割のことです。活性酸素は体に侵入した外敵から身を守るために活躍するものですが、ストレスや紫外線の影響などを受けて過剰に増えやすいものです。過剰に増えた活性酸素は、体に害をもたらす外敵だけでなく、正常な細胞まで攻撃し始めます。これがニキビなどの肌荒れを引き起こす原因になっているのです。

アッキー
そういえば、活性酸素は肌を「酸化」させるっていう話を聞いたことがあるのですが、この酸化ってどんな意味なんですかね?
はるこ先生
酸化という言葉の意味は、酸素とある物質が結びつく反応の事なの。例えば、鉄と酸素が結びつくと酸化鉄になって「サビ」ができるでしょ?じゃあ、ここで問題!肌が酸化するっていうのはどんな事だと思う?
アッキー
(うわぁ、いきなり^^;)えっと…肌もサビるということですか?
はるこ先生
そう!肌が酸化するということはサビる、つまり老化するということなの。肌の老化に伴って正常なターンオーバーができなくなるのが、ニキビなどの肌荒れを引き起こす原因なのね!

ここで改めてニキビができる原因をおさらいしてみましょう!

  1. 毛穴に皮脂や古い角質が詰まる(白ニキビ)
  2. 詰まった皮脂が酸化し始める(黒ニキビ)
  3. 溜まった皮脂をエサにしてアクネ菌が増え炎症(赤ニキビ)
  4. 炎症が更に悪化して化膿(黄ニキビ)

このように、1から4の流れでニキビがどんどん悪化していきます。そもそも最初の白ニキビができる、毛穴に皮脂が詰まってしまう現象は、ターンオーバーが正常に行われなくなったからです。ターンオーバーを正常化させるためにも、活性酸素を増やさないことが大事!そこで抗酸化作用の強いビタミンEを活用することがニキビ予防に繋がるというわけです。ココナッツオイルに含まれているトコトリエノールは微量ですが、抗酸化作用が強いので活性酸素を取り除く作用が期待できると言われています。

ココナッツオイルの便秘解消作用について

ココナッツオイルは整腸作用があるため、便秘解消に繋がってニキビの改善にも役立つという説があります。便秘になって腸の働きが滞ると、老廃物がスムーズに排出されなくなってニキビができやすくなります。便秘が自律神経のバランスを崩して、血行不良や食欲不振になって肌に栄養が届かなくなるのも原因になります。そのため、便秘を解消することがニキビ予防に繋がるのは間違いありませんが、ココナッツオイルで便秘解消できるという説については真偽が分かれています。

ココナッツオイルで便秘解消できるとは限らない理由

ココナッツオイルが腸内環境を整えて便秘解消に繋がると言われている理由は以下の通りです。

  • 食物繊維が含まれているから
  • 腸に溜まっている食品添加物を取り除く効果があるから
  • 潤滑剤のような役割を果たして腸の滑りを良くしてくれるから
  • 中鎖脂肪酸は代謝をアップさせるから

ココナッツオイルの便秘解消作用について調べてみると、このような理由で便秘が解消されると言われています。でも、ココナッツオイルの原料・ココナッツには食物繊維が含まれていても、搾り取られたオイルには食物繊維が含まれていません。その他の理由についても、確実に便秘解消に繋がるとは言い切れない面もあります。でも、実際にココナッツオイルを毎日摂取していたら便秘解消できたという人もいるのです。結論としては、必ずココナッツオイルで便秘が改善されて、ニキビにも効果があるとは言えませんが、期待できるかもしれないという程度に考えておくと良いでしょう。

ココナッツオイルのおすすめ利用法

ココナッツオイルをニキビの改善に活用する方法としては、大きく分けると食事に取り入れる方法と、直接肌に塗る方法があります。ニキビの改善に役立てるためには、どのような活用法があるのか紹介します。

ココナッツオイルを食事に取り入れる

ココナッツオイルを食事で取り入れるには、以下の方法がおすすめです。

食事に取り入れる際のポイント

  • いつもの調理油をココナッツオイルに変える
  • バターやマーガリンの変わりとして使う
  • コーヒーやお茶に混ぜて飲む

 工夫次第でいろんな方法で食事に取り入れることができますが、摂取量の目安は1日に大さじ2杯くらいです。どんなに美容や健康に役立つと言われているココナッツオイルでも、過剰摂取は禁物です。

ココナッツオイルの種類について

ココナッツオイルの原産国では日常的に使われているものです。しかし、日本ではあまり使い慣れていない人も多いため、ココナッツオイル特有の甘い香りが苦手と感じる方も多いです。特に天ぷらなどの揚げ物にココナッツオイルを使う場合は、甘い香りが合わないから調理には使えない!という意見も多いようです。実は、現在市販されているココナッツオイルは大きく分けると2種類あります。

「ココナッツオイル」と「ヴァージンココナッツオイル」と表記されているものがあり、それぞれの違いを見極めて食事に取り入れてみましょう。

ココナッツオイルヴァージンココナッツオイル
精製精製済(精製方法は商品によって違う)未精製
香りほとんどなし甘い香り
栄養価精製で失われる場合も(商品によっては残っている)酵素など素材本来の栄養価が残されている

ここで注目したいのが、精製しているか、していないかという違いです。精製済の場合は日本人が苦手としている甘い香りがしないため、調理にも活用しやすくなっています。でも、精製時に化学薬品を使用している場合があり、せっかくの栄養価が失われている可能性があります。ただし、商品によっては天然石灰や活性炭で精製して、できるだけ栄養価を失わずに香りだけを抑えている場合もあります。揚げ物など加熱調理をするなら精製済を、ドレッシングや飲み物に混ぜて使う場合は未精製というように使い分けるのもおすすめです。

ココナッツオイルを肌に塗る

ココナッツオイルは先ほど紹介したように、大きく分けると2種類あります。肌に直接塗る場合は、有効成分が豊富に残っている未精製のヴァージンココナッツオイルを選びましょう。使用前の準備として、気温が低い時期は固まってしまうので、あらかじめ温めておきましょう。25℃前後で固形から液体に戻りますので、ぬるま湯で湯煎してください。

化粧水前のブースター

液体になったココナッツオイルを、洗顔後の顔に馴染ませておくとブースター代わりに活用できます。使用する量はほんの数滴で、手の平全体に伸ばしてから顔全体に馴染ませてください。たったこれだけで、肌が柔らかくなったのを実感できるはずです。その後はいつも通りに化粧水や乳液などをつけてみると、肌にスーッと浸透していくのがわかるでしょう。肌の保湿力アップにも役立つのでぜひお試しください。

マッサージオイル

ココナッツオイルは肌馴染みが良いので、マッサージオイルとして活用するのもおすすめです。液体のココナッツオイルを少し多めに手の平に馴染ませて、優しく顔全体をマッサージします。この時あまりゴシゴシこすらないように注意してください。顔の中心から外側に向かってマッサージをしてから、最後にぬるま湯で洗い流しましょう。血行が良くなり、肌の代謝アップに役立ちます。

ココナッツオイルを利用する際の注意点

ココナッツオイルは体に良いから、積極的に食べても肌に塗っても大丈夫!と考えている人も多いです。でも、使い方によっては逆効果になることも。ここではココナッツオイルをニキビ肌の改善に使う場合に注意しておきたいポイントを紹介します。

ココナッツアレルギーについて

アレルギー体質の方はもちろんですが、今まで特にアレルギー反応が現れた方がない方も注意が必要です。ココナッツアレルギーで現れる可能性がある症状は以下の通りです。

  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 下痢
  • かゆみ
  • 湿疹など

比較的重篤な症状は起こりにくいと言われていますが、稀に呼吸困難などのアナフィラキシーショック症状が起こる場合も考えられます。アレルギーの有無に関わらず、パッチテストを行って異変がないことを確認してから使用してください

ココナッツオイルの好転反応について

アレルギー反応と区別がつきにくいのは、好転反応による症状です。ココナッツオイルは体の中に溜まっている老廃物=毒素を排出する代謝機能が高いと言われているため、体内に毒素がたくさん存在していた人ほど好転反応が現れやすいと言われています。好転反応の症状で多いものは以下の通りです。

  • 下痢
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 湿疹など

これらの症状はアレルギー反応で見られる症状とよく似ているため、どちらなのか判断がつきにくいものです。好転反応であれば、継続して続けなければ意味がありません。でも、アレルギー反応だった場合は更に症状が悪化することも懸念されるため、すぐに使用を中止しなければいけません。この場合は自己判断ではなく、医師に相談をしてみることをおすすめします。

ココナッツオイルはカロリーが高い!

ココナッツオイルはオイルなのでカロリーが高いことを忘れてはいけません。大さじ1杯で約111kcalなので、1日の推奨摂取量大さじ2杯なら222kcalになります。過剰摂取にならないように注意しながら、1日の推奨摂取量を守りましょう。ただし、適量をしっかり守ればダイエット効果も期待できると言われています。ココナッツオイルの主成分・中鎖脂肪酸は、エネルギーの代謝を高めてコレステロールになりにくいとされています。だからといって多く摂りすぎるのは良くないので、1 日大さじ2杯までを厳守してください。

肌に塗る場合には少量に!

ココナッツオイルを肌に直接塗る場合には、たくさん塗りすぎないように注意してください。過剰に塗りすぎると毛穴を詰まらせてしまい、ターンオーバーができない状態になります。肌に余計な負担をかけないためにも、ほんの少量だけを肌に馴染ませて使ってください。

ココナッツオイルはニキビに効果がある?口コミの評価を徹底調査!

ニキビでお悩みの方が、ココナッツオイルを使ってみたところどのような結果になったのかを調べてみた結果、以下のような口コミが見つかりました。

ココナッツオイル入りコーヒーでニキビ知らずに!

ココナッツオイルを入れたコーヒーを飲む方法は、世界的に有名なミランダ・カーも実践しているそうです。使用するのは栄養が残っているヴァージンココナッツオイルがおすすめ!甘い香りとコーヒータイムを楽しみながら、ニキビ知らずのキレイな肌になれたら一石二鳥ですね。

ココナッツオイルを塗ったら白ニキビが改善

ニキビの初期段階・白ニキビを早めに改善しておくことが悪化を防ぐ第一歩になります。この方が実践した方法は肌に負担をかけないスキンケアだったのも良かったのだと思います。

ココナッツオイルで赤ニキビが増えた!

人によってはココナッツオイルのスキンケアが合わないこともあります。天然由来成分なら誰にでも合うという考え方は間違いです。この方のように肌に合わない場合もありますので、おかしいなと思ったらすぐに使用を止めて、皮膚科医に相談してください。

ココナッツオイルは日々のニキビ対策に使える!

ココナッツオイルは、美容や健康にも良いと言われていますが、ニキビ対策にも使えることがわかりましたね。でも、間違った使い方や過剰に使いすぎるとニキビを悪化させる原因にもなるので注意しなければいけません。ココナッツオイルに限らず、人間の体に良いとされている物の効果は個人差があります。あくまでも、ココナッツオイルはニキビ対策の一つとして捉え、他にも食生活やスキンケアなどに気をつけながら地道に改善を目指すことが大切です!

▼ニキビケアにおすすめの化粧品が知りたい人はこちらをCHECK▼

ニキビケア化粧品ランキング16選!大人・思春期ニキビを治す方法

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事