肌の若返りは実現できる?食べ物から美容整形まで効果的な方法を解説

今日から始められる肌の若返りとは

年齢による肌の変化は、誰にでも訪れる仕方のないものとあきらめていませんか?

年齢のサインが出始めた肌も、ケアと生活の見直しで若返りは可能です!


undefined
はるこ先生
たるみや小じわをメイクでカバーしようとすると、かえって老けて見えますから、肌自体を若返らせるんです!
  • 試したエイジングケア化粧品⇒27種類
  • 調べたエイジングケア成分⇒32種類
  • 調査したサイト数⇒96サイト

今回は肌の若返り方法について、さまざまな角度から調べてみました。もちろん美容外科に行くという選択肢もありますが、今日からすぐに始められる自分でできる方法もたくさんあります!

肌の若返りのためにちょっと努力するのとしないのとでは、数年後の見た目年齢は大きな差が出ますよ!

肌の若返りに取りたい食べ物と栄養素

私たちのカラダは毎日の食事に支えられていますが、それは肌も同じこと。肌の若返りのために摂りたいのは、老化の原因となる活性酸素を取り除く抗酸化作用をもつ食品です。

リコピン

老化の原因となる抗酸化作用はビタミンEの100倍と強い他、メラニン生成を抑える作用、コラーゲン生成促進作用、紫外線のダメージから肌を守る作用などがあります。

トマトに含まれていますが、1日の中で朝の時間帯に摂ることと、、生トマトより加工用トマトをオリーブオイルで加熱調理すると吸収率が上がります。また一定時間しか体内に蓄積されないため、1度にまとめて摂るのではなく数度に分けて摂るのがポイントです。

ルテイン

目や皮膚に存在している成分で、体内で自然に合成することはできず、年齢とともに減少していきます。目の健康を守るものとして知られていますが、抗酸化作用紫外線のダメージから肌を守る作用、皮膚の水分量を増加させる作用など肌の老化も防ぎます。

ほうれん草葉レタスかぼちゃケールブロッコリーなどの緑黄色野菜、とうもろこし卵黄などに多く含まれ、油溶性のため油を使って調理すると吸収が良くなります。

ポリフェノール

肌にいい成分として知られているポリフェノールには、アントシアニン、イソフラボン、ルチン、カテキンなどさまざまな種類がありますが、共通しているのは抗酸化作用抗菌作用です。

赤ワインを始めとして、コーヒー緑茶ブルーベリーイチゴカカオ豆などに多く含まれています。

大豆イソフラボン

ポリフェノールの一種で抗酸化作用がありますが、注目されているのは、コラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートするなど女性ホルモンに似た働きがあるため。

納豆豆乳豆腐油揚げきなこ味噌などに含まれています。

抗酸化ビタミン

ビタミン類の中で抗酸化作用があるのは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE。

3種類のビタミンともに緑黄色野菜に多く含まれる点で共通していますが、ビタミンAとビタミンEが油溶性で油と共に摂ると吸収されやすいのに対し、ビタミンCは水に溶けやすく熱で壊れやすいので調理方法には気をつけたいところです。

オメガ3

健康を促進することで知られるオメガ3は、抗酸化作用代謝を促進する作用があるため美肌のためにも大切な成分です。

えごま油亜麻仁油の他、サバイワシなどの青魚に多く含まれています。

肌の若返りにおすすめサプリはコレ

肌の若返りに必要な成分すべてを食事から摂るのは難しいですね。肌に有効な成分がたっぷり入ったサプリを上手に活用しましょう。

ポーラ インナーリフティア

\美容と健康に嬉しい成分を1包で!/

Source: 公式サイト

ポーラ インナーリフティア

  • 編集部評価:★★★★★総合98点
  • 価格:4,860円(税込
  • 1回当たりの値段:162円/30日分/30包
  • 保証・特典:ー
  • メーカー:株式会社ポーラ

コラーゲン植物プラセンタヒアルロン酸エラスチンといった美容と健康にいい成分をたっぷり配合したサプリ。個包装なので飲みやすく、携帯にも便利です。

1日1包でOK、1包はたった4.6kcalしかありませんから、ダイエット中の人にも安心ですね。

徳用サイズ1.8gx90包13,284円もあります。

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  • お値段が高い
    2.9/5
    39歳 女性
    体の内側から働きかけるので効果も期待できそうですが、お値段が高いので続けるのは大変そう。

    @cosme

  • 飲み易い
    4/5
    40歳 女性
    ピーチが強いので美味しいです。 これからも続けていくつもりです。御値段的にはマイナス星ひとつです。

    公式サイト

効果に関しての悪い口コミは見当たりませんでしたが、続けるにはお値段が高すぎるという口コミや、人気があり過ぎてすぐに売り切れてしまうので買えないことがあるという意見がありました。

いい成分が含まれているものは、それなりに価格も高くなってしまうものですね。自分に何が必要で何はいらないのかよく考えて、購入するものを選ぶようにするといいでしょう。

良い口コミから見るメリット

  • とても気に入りました
    4.3/5
    37歳 女性
    1週間くらい飲んでみてすぐに効果が実感できました。 以前よりハリのあるお肌になったし、手触りもすべすべ。

    @cosme

  • 気に入りました!
    5/5
    30代 女性
    鉄分も入っているのがすごくいいと思います。さっと溶けて飲みやすいし美味しいです。

    公式サイト

肌にハリが出た手触りが良くなったなど効果を感じられたという良い効果に関する口コミが多かっただけでなく、鉄分が入っているのが嬉しいピーチ味が飲みやすいを通り越しておいしい、水なしで飲めて携帯にも便利という声もたくさん届いていました。

実際にサプリはなかなか続かなかってけれど、これだけは続いているという人も少なくないようです。おいしくて、手軽に飲めて、効果が実感できるのですから、言うことないですね!

公式サイトを見てみる

ポーラ インナーリフティアの成分と特徴

  • ポーラの独自素材セラクティブコラーゲン
  • メロン胎座から抽出した植物性プラセンタ
  • 女性に不足しやすい赤血球に必要な鉄
  • 保水能力の高さで知られるヒアルロン酸
  • コラーゲン繊維を結び付けるエラスチン

年齢とともに減少してしまうコラーゲンとアミノ酸を豊富に含み安全性も高い植物性プラセンタを同時に配合、コラーゲンの独特の匂いやプラセンタの苦味を独自配合でピーチヨーグルト味でおいしく摂ることができるように作られいます。

美容成分と不足しやすい鉄分を一緒に摂ることができる女性にうれしいサプリです。

ポーラ インナーリフティアの保証内容と安く買う方法

購入するときは、商品と送料を合わせた価格が一番安い公式サイトがおすすめです。

公式サイトでは月ごとに送料無料などのキャンペーンがあったり、お友達紹介やレビュー投稿でプレゼントがもらえる企画などもあります!

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年2月現在)

公式サイトAmazon楽天
4,860円5,500円4,860円

公式サイトを見てみる

肌の若返りに必要なスキンケア成分

化粧品を買うときは、キャッチコピーやパッケージだけで選ぶのではなく、どんな成分が入っているのかも確認したいところ。

肌の若返りのために必要な成分には次のようなものがあります。

セラミド

皮膚の最も外側の角質層に存在する角質と角質の隙間を埋める細胞間物質の主成分で、水の分子とセラミドが交互に層のように重なるラメラ構造を作って、内側の水分を逃がさず、外部の刺激から肌を守ります

体内で生成されるものですが、年齢を重ねて肌のターンオーバーが正常に行われなくなるとセラミドを作り出す力も落ちため、肌の水分が奪われやすくなり外からの刺激にも弱くなります。

ヒアルロン酸

主に皮膚の真皮に存在し、コラーゲンやエラスチン等の隙間で水分を抱え込む働きをしています。真皮の中のヒアルロン酸が減少すると、保水力も減少するため、肌のみずみずしさやハリ、弾力が失われます。

体内のヒアルロン酸量は赤ちゃんの時が最も多く、年齢とともに減少しますが、30代から急激に減少40代では赤ちゃんの約1/260代では1/4になると言われています。

コラーゲン

真皮の70%を占めるタンパク質の一種で、バネのような働きをして肌にハリや弾力をもたらしています

体内でアミノ酸から生成されますが、加齢に伴い生成されにくくなり、20歳代以降は少しずつ減少して40代では約1/2になってしまいます。

プラセンタ

胎盤から抽出されたエキスで、抗酸化作用メラニン生成を抑制する作用などがあります。また、他の美容成分にはない成長因子という物質が細胞の成長を促進します。

プラセンタ配合の化粧品に肌につけると、成長因子が肌のターンオーバーを促進するため、シミを始めとした肌トラブルを改善する作用が期待できます。

レチノール

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを作る線維芽細胞に作用して、生成を促進する役割があるため、肌のハリや弾力を取り戻すのに有効で、ターンオーバーを促進する作用もあるとされています。、

ただし、ピーリング効果があるため使用する際には日焼け止めを必ず塗る必要があり、敏感肌の人には刺激になることもあるなど注意も必要です。

肌の若返りにおすすめの化粧品3選

肌の若返りには毎日のスキンケアで、有効な成分が配合されたものを使うことも大切です。

ビーグレン エイジングケア

\海外セレブも愛用のレチノールを配合/

ビーグレン エイジングケア

  • 編集部評価:★★★★★総合98.5点
  • 価格:1,800円(税込・送料無料)
  • 内容:クレイウォッシュ15g、QuSomeローション20mL、Cセラム5mL、QuSomeレチノA5g、 QuSomeモイスチャーリッチクリーム7g
  • 保証・特典:365日返金保証、後払い・代引き手数料無料・
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

年齢を感じ始めた肌に必要なのは、ハリや弾力を取り戻すこと。こちらのセットで注目したいのは、コラーゲンの生成や肌のターンオーバーを促進するレチノールを配合した美容液QusomeレチノAです。

試してみた人の98.5%がリピート購入するというエイジングケアを、7日間たっぷりと試すことができます。

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  • Cセラム
    4.3/5
    44歳 女性
    Cセラムは、ちょっと注意が必要かも。ピーリング効果なので、私の場合肌が粉を吹く。 Tゾーンの皮脂分泌は抑えられる。よって化粧崩れもおきにくくなった。

    @cosme

  • 刺激
    4.3/5
    33歳 女性
    CセラムはビタミンCが高配合で入っているので、つけた瞬間からみるみる浸透して肌がカーッと熱くなる感じがあって好きでした。私は肌が強いので、このくらいのやってやったぜ!感が好きですが、肌の弱い人はもしかしたら刺激に感じるかもしれません。

    @cosme

Cセラムに配合されているピュアビタミンCは、コラーゲンの生成や肌のターンオーバーのサポート、メラニン生成を抑制などさまざまな効果をもたらしますが、肌が敏感な人や乾燥がひどいときには刺激になってヒリヒリすることがあるようです。

ローションをつけてしっかり保湿を行った上でつけることで改善しますが、ヒリヒリ感が消えない場合などは無理をして使い続けるのは止めましょう。

良い口コミから見るメリット

  • 本気でお勧めします
    5/5
    55歳 女性
    40代後半から感じ始めるほうれい線やあちこちに現れる小じわに効果があると思いました。少なくとも私は使い始めて翌日に効果を感じ、数日後には絶対手放せないと確信しました。

    @cosme

  • ラッキー
    3.6/5
    38歳 女性
    1週間のトライアルセットだけど2週間くらい使えます 小じわにきいたらラッキーと、思っていたらだいぶ毛穴が消えました

    @cosme

小じわやほうれい線の改善に効果があったという口コミが多数ありました。小じわや毛穴が改善されたというのは、弾力のあるふっくらした肌になったからでしょう。トライアルセットだけでも効果が実感できるというのは頼もしい限りです。

本当に肌にいい化粧品に出会うと、手放すことができなくなるものですね。

公式サイトを見てみる

ビーグレン エイジングケアの成分と特徴

  • 汚れや古い角質を落とすクレイウォッシュ
  • 肌を潤しハリと透明感を与えるローション
  • レチノール配合のQusomeレチノA
  • ビタミンC7.5%と高配合したCセラム
  • 肌に弾力を与えるQusomeモイスチャーリッチクリーム

有効成分は独自の浸透テクノロジーQusomeで肌の奥まで届けられ、そこに留まり働きかけるのもビーグレン製品の特徴。ハリと弾力のある肌へと導いてくれるセットです。

ビーグレン エイジングケアの保証内容と安く買う方法

ビーグレン エイジングケアを購入することができるのは公式サイトのみ

本製品の価格に換算すると71%オフになるセットを、360日間返金保証付きで販売するというのは、実際に試してみると良さがわかってもらえるという、ブランドの自信があらわれていると言えるでしょう。

レチノールを試してみたい人にピッタリのセットです。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年2月現在)

公式サイトAmazon楽天
1,800円取り扱いなし取り扱いなし

公式サイトを見てみる

ディセンシア アナヤス

\敏感肌と乾燥肌のためのエイジングケア/

ディセンシア アヤナス

  • 編集部評価:★★★★★総合97点
  • 価格:1,480円(税込・送料無料)
  • 内容:濃密化粧水20mL、糖化ケア美容液10g、ハリアップクリーム9g、目元用アイクリーム1回分
  • 保証・特典:30日間返品保証・手数料無料
  • メーカー:株式会社DECENCIA

敏感肌や乾燥肌にまず必要なのは保湿。こちらのセットで注目したいのは、保湿成分「ヒト型セラミド」をカプセルで囲んで通常の1/20サイズにしたセラミドナノスフィアで、濃密化粧水と糖化ケア美容液に配合され、角質のすみずみまで潤いで満たします。

また、特許に認定された技術ヴァイタサイクルヴェールをハリアップクリームとアイクリームに配合、敏感肌や乾燥肌を外部の刺激から敏感な肌を守ります。さらに、糖化物質を分解するシモツケソウエキスが糖化ケア美容液に、コラーゲン生成をサポートするCVアルギネートとメラニン生成を防ぐローズマリーがすべての製品に配合されています。

こちらの10日間トライアルセットは公式サイトのみで購入可能です。公式サイトを見てみる

アテニア ドレスリフト

\肌にタテとヨコのハリを与えて若い印象に/

アテニア ドレスリフト

  • 編集部評価:★★★★★総合96.5点
  • 価格:1,500円(税込・送料無料)
  • 内容:フェイシャルソープ15g、ローション30mL、デイエマルジョン15mL、ナイトクリーム8g、ミッドナイト美容マスク8g
  • 保証・特典:使用後でも到着後2週間以内返品・交換OK(送料メーカー負担)
  • メーカー:株式会社アテニア

顔の見た目を老けた印象に変化させるのは、肌のメリハリが失われて平たん化することである点に着目。

ローション、デイエマルジョン、ナイトクリームに、タテのハリを与えて肌に弾力と厚みを導く発酵コラーゲンヨコのハリを与えて表情による肌の伸縮に対応するクインスシードエキスを配合したセットです。

さらに、1日の中で状態が変化する肌に合わせて朝と夜で美容アイテムを使い分けることで、24時間体制で美肌をサポートします

14日間ハリ実感プログラムを購入できるのは公式サイトのみです。

公式サイトを見てみる

究極は美容整形?若返りのためのメニュー

美容外科で施術してもらえる肌の若返り方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

シワ改善:ボトックス注射

ボツリヌス菌の毒素を弱毒化したものを眉間や目尻など、シワが気になる部分に注射し、筋肉の収縮を抑えることで目立たなくする治療。2~3日で効果があらわれ通常3~4カ月持続します。

メスを使わないため体への負担は少なく効果も実感しやすいですが、副作用として注射後に一過性の内出血や腫れ、頭痛などが出ることがあり、また表情のこわばりを感じることがあります。

費用はクリニックによりさまざまですが、1部位1~5万円程度、あまりに安価な場合は使うボトックス製剤自体が安価なものであったり、不慣れな医師が行うことも考えられます。

肌のハリ:ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を注射することで肌に注入しシワを隆起させて目立たなくしたり、肌にハリを与えてふっくらさせたりする治療で、効果はすぐに表れ1~3ヶ月間持続します。

もともと体内にある成分であることから安全性が高く体への負担も少ないですが、ヒアルロン酸を注入する部位や量は医師の判断にゆだねられる点で、思った通りの効果が必ず得られるとは言えません

費用はクリニックによって差があり、注入するヒアルロン酸の種類によっても異なります。注射1本2万円~10万円前後と考えておきましょう。

シミ消し:ダーマペン

11本のマイクロ針で皮膚に目に見えないほどの垂直な穴を開けてコラーゲンを増加させるとともに、成長因子やヒアルロン酸を注入することで細胞を活性化し、肌の再生能力を高めることでシミの改善をする治療です。継続することで効果がアップします。

施術時間が短く体に負担も少ない治療ですが、金属アレルギーの人や妊娠中の人、ケロイド体質の人は受けることはできず、副作用としてニキビが増えてしまうことがあります。

費用はクリニックによっても注入する成分によっても異なりますが、1回の施術費用は2~4万円前後のところが多いようです。

リフトアップ:ウルトラリフト

これまで美容外科で行うリフトアップと言えば針と糸を使った施術でしたが、ウルトラリフトは針と糸を使わず特殊な超音波で真皮の奥にあるコラーゲンからできたSMAS筋膜に熱ダメージを与えてリフトアップする方法。効果は半年~1年間ほどです。

熱ダメージを受けたコラーゲンが縮むことでリフトアップ効果が得られた後は、約2~6ヶ月かけてコラーゲンを修復しようとする働きが起こることで、新しいコラーゲンが生成されて皮膚に弾力が生まれると同時に、肌がキュット持ち上げられることで小顔効果もあります。

費用は顔だけの施術で10万円前後となり、副作用はほとんどないと考えていいでしょう。

毛穴の引き締め:イオン導入

肌に微弱電流を流すことにより、ビタミンC誘導体、プラセンタなど有効成分をイオン化して肌の奥まで浸透させる施術で、化粧品を直接肌につける場合の30~100倍も浸透力があると言われ、継続することで効果が続きます。

美容皮膚科で行うイオン導入は、家庭用のイオン導入器より高性能・高機能な機器を用いて医師による施術が行われるため安全性も効果も高いと言えます。副作用はほとんどないといわれていますが、中には微弱電流で肌に刺激を感じる人もいるようです。

費用は浸透させる有効成分によって異なりますが、ビタミンC誘導体は3,000円~6,000円程度、プラセンタは3,000円~10,000円程度となります。

若返るために知っておきたい肌年齢について

自分の肌年齢は何歳くらいなのか知っていますか?

肌年齢測定とは?

肌年齢とは、実際に測定器で肌のいくつかの要素をチェックし、そのときの肌の状態を数値化してどれくらいの年齢の肌に近いのかを示すものです。

デパートの化粧品カウンターショッピングモールの化粧品売り場などで測定してもらうことができます。

肌年齢を判断する要素は、水分量・油分量・メラニン量・弾力などですが、測定する機器によって多少の差はあるようです。

実年齢よりも高い年齢がでてしまっても落ち込む必要はありません。肌に必要なケアを継続して行うことで、肌状態は必ず改善されるものだからです。

肌年齢を測定する意味は、自分の今の肌状態と肌が必要としているケアをすることにあるのです。

「年齢肌」とはどんな肌?

ときどき耳にする「年齢肌」という言葉、いったいどんな肌を指しているのでしょうか?

「年齢肌」とは年齢を重ねるとともに肌に変化が表れ始めた肌のこと

何歳以上の肌というように年齢で区切られているのではなく、肌にハリがなくなった、今までなかった小じわができた、肌のきめが粗くなった、肌色がくすんできたなどと感じたら、それは年齢肌ということなのです。

特別なケアをしなくても悩みのなかった20代の頃の肌と比べて、変化を感じるようならエイジングケアを始めましょう。

自分に合う方法で肌の若返りを叶えよう

肌の状態を改善して肌を若返らせる方法はいくつもあります。

美容外科に行って施術を受ければキレイになれるのに時間的にも経済的にも難しい……などとできないことに目を向けるより、まずはできることから始めてみましょう

食生活の見直しや、年齢肌に合ったスキンケアを行うかどうかで、数年後の肌には大きな違いが出るはずです。

PICK UP

ピックアップ

Post thumbnail 100300

大人ニキビに効く化粧水ランキング2018|市販や人気の24品辛口テスト

2018.09.16 | スキンケア

Post thumbnail 163948

大人ニキビに効く「神」洗顔料ランキング!しっかり治せる18選

2018.12.06 |

Post thumbnail 101422

おすすめの実力派アイクリーム30選|透明感のあるハリツヤ目元に!

2018.11.26 | スキンケア

Post thumbnail 167086

シミをケアする美白化粧水8選!紫外線ダメージやニキビ跡にも◎

2018.11.27 | スキンケア

Post thumbnail 115956

シミに効く化粧品おすすめ20選!話題の美白ケアでクリアな肌へ

2018.09.20 | スキンケア

Post thumbnail 106367

シミに効く美容液ランキング9選!口コミ評判のおすすめからプチプラまで

2018.11.08 | スキンケア

Post thumbnail 69118

シミを消す化粧品6選|美白効果が出せるシミの種類も要チェック!

2018.11.27 | 肌悩みで選ぶ

Post thumbnail 144079

【厳選】おすすめ化粧水76選!肌別・目的別ベストアイテムを紹介

2018.12.06 |

Post thumbnail 119533

【2018年最新】洗顔料おすすめランキングTOP10!人気の洗顔でツルスベ肌に

2018.09.21 | スキンケア

Post thumbnail 151533

美白クリームおすすめ20選!今年の夏までに欲しい人気アイテムを大公開

2018.10.25 | スキンケア

Post thumbnail 132369

美白サプリメントおすすめ10選!今年の夏買うべきトレンドランキング

2018.12.06 |

Post thumbnail 127867

美白美容液おすすめ9選!2018年新登場のシミに効く人気3つを審査

2018.10.31 | スキンケア

Post thumbnail 92809

ブツブツ毛穴は正しい洗顔で解決!毛穴ケアにおすすめランキング3

2018.12.18 | スキンケア

Post thumbnail 60800

毛穴ケアランキング60選!女子1000人が選んだ黒ずみに効く化粧品

2018.11.30 | 肌悩みで選ぶ

feature

特集記事