【肌トラブル】原因からスキンケアでの改善におすすめな8つの化粧品まで

肌はトラブルに応じてスキンケアしよう

年齢によって肌に現れる悩みは変化していきますが、それぞれのトラブルの原因を知ればスキンケアでカバーすることも可能です。

undefined
はるこ先生
しっかり肌をお手入れしていけば、加齢とともに現れやすい肌トラブルも未然に防ぐことができますよ!
  • 調査した肌トラブル⇒8種類
  • 確認した化粧品ブランド⇒40種類
  • チェックした口コミ数⇒200件

調査の結果、年代別に起こりやすい肌トラブルが判明しました。それぞれの肌トラブルの原因を知って、症状に合わせたスキンケア方法をチェックしていきましょう。

【年代別】肌のお悩みランキングTOP3

10代から50代までの肌悩みをアンケート調査して、次のような結果が出ました。年齢ごとに起こりやすい肌トラブルを見ていきましょう。

10代の肌悩み

10代の肌悩みランキングは次のような結果になりました。

1位:ニキビ

2位:毛穴

3位:乾燥

成長期でホルモンバランスが崩れやすい10代の肌悩みで圧倒的に多かったのが、思春期ニキビです。皮脂分泌が盛んなため、毛穴も開きがちに……。

オイリーになりがちな肌がベタつくのを恐れて、スキンケアで保湿することを怠りがちな人も多いようです。そのため肌が乾燥している人も意外と多く、肌悩みTOP3にランクインしています。

20代の肌悩み

すべての年代の中でも最も肌調子がいいはずの20代ですが、次のような肌悩みを抱えている人が多いようです。

1位:毛穴

2位:乾燥

3位:ニキビ

メイクアップを本格的に始める人が多い年代なので、肌表面の凹凸が気になる人が多いようです。

皮脂分泌の多かった10代では感じることのなかった肌の乾燥に悩む人も多くなります。

思春期の頃とは違い、ストレスやインナードライ肌などが原因で起こる大人ニキビに悩まされている人も多いようです。

30代の肌悩み

肌の曲がり角を感じ始める30代では、10代・20代のスキンケア次第で差が出てくる肌悩みがトップに。

1位:シミ

2位:乾燥

3位:毛穴

20代までは日焼けしても元の状態に戻っていたかもしれませんが、30代になるとそうはいきません。肌の奥に潜んでいたシミが現れてくる時期です。

肌のターンオーバーも滞ってくるため、ニキビ跡などもなかなか消えず色素沈着として残りやすくなります。

20代でもランクインしていた乾燥や毛穴は、30代になるとさらに悪化する場合も多いようです。

40代の肌悩み

30代で現れた肌悩みが、40代になるとさらに深刻な状態になってくるようです。

1位:シミ

2位:乾燥

3位:くすみ

肌悩み1位のシミは30代の頃のものよりもさらに濃く頑固な状態で、目に見えて数が増えていることが多いようです。

肌の保水力がおとろえて乾燥もひどくなってくるので、保湿は今までのスキンケアでは対抗できなくなるかもしれません。

新陳代謝も悪くなっているので古い角質が溜まりやすく、顔全体が暗い印象になり黄ぐすみが気になる人も増えてきます。

TOP3にはランクインしていませんが、肌のハリがなくなってくるためシワに悩み始める人も多いようです。

50代の肌悩み

50代の肌悩みは肌のハリ・弾力に関するトラブルが多くなっています。

1位:しわ

2位:シミ

3位:たるみ

30代・40代でも肌悩みとして挙がりやすいシワですが、50代で現れるのは乾燥による小じわとは違う表情じわなどの深いシワです。

真皮層にまで達したシワの場合スキンケアだけでは改善することが難しくなってしまうので、軽い症状のうちに早めのケアを始めることが大切です。

シワ対策も3位にランクインしているたるみ対策も、スキンケアでのハリ・弾力UPが鍵となってきます。

【種類別】肌トラブルの原因と改善方法

歳を重ねるごとに変化する肌トラブルですが、それぞれの原因を知れば改善する方法がわかってきます。各肌悩みごとに原因と対策を確認しておきましょう。

乾燥

年齢に関係なく肌悩みランキング上位に挙がる乾燥。加齢で肌を保湿する成分が不足してくるのはわかるのですが、健康なはずの若い世代の肌でも乾燥しやすくなるのはなぜなのでしょう?

肌の一番上の層にあたる表皮にはもともとセラミドなどの細胞間脂質が存在していて、自ら潤いを保持して乾燥から肌を守る機能を持っています。

洗浄力の高いクレンジングや洗顔料で顔を洗いすぎたり、睡眠不足などでターンオーバーが乱れたりすると、保水力が衰えて乾燥を招いてしまうのです。

乾燥が気になる人は、肌に必要な皮脂や細胞間脂質を奪うスキンケアや生活習慣になっていないか一度見直してみましょう。

また歳を重ねるごとに減少していくことがわかっているセラミドなどの美肌成分は、化粧品で補ってあげることが乾燥対策に繋がります。

ニキビ

10代、20代に多い肌悩みのニキビですが、それぞれの年代によって原因は異なります。

10代にできる思春期ニキビは、成長期特有のホルモンバランスの乱れや皮脂の過剰分泌が原因と考えられます。

20代以降にできるのは大人ニキビといって主に乾燥肌にできやすいとされるニキビです。

乾燥肌にうるおいを取り戻そうと過剰に皮脂が分泌されたり、肌表面の古い角質がはがれ落ちず毛穴に詰まったりすることなどが原因とされています。

どちらのニキビも原因となるアクネ菌の働きを抑えるスキンケアを取り入れることが効果的ですが、脂っこい食事や睡眠不足など生活習慣を見直すことも大切です。

シミ

30代以降に目立ってくるシミですが、紫外線をよく浴びる人や遺伝的にソバカスができやすい人は年齢に関係なく現れやすい肌トラブルです。

また紫外線だけでなくニキビやかぶれなどの炎症が原因で色素沈着として跡が残る場合もあります。

本来肌のターンオーバーが正常であれば、シミも古い角質とともに剥がれ落ちるものです。

30代以降になると新陳代謝が滞ってくるため、ターンオーバーが乱れてきます。

紫外線などさまざまな原因でメラニンが過剰に作られ、排出されずにそのまま色素沈着してしまったものがシミになるのです。

シミを防ぐには紫外線を出来るだけ浴びないというのが一番ですが、早いうちから紫外線予防効果のある化粧品で皮膚をカバーしていくことが大切です。

できてしまったシミには、肌の代謝を促してメラニンを排出してくれる美白効果のある化粧品をプラスするのが有効です。

シワ

30代・40代の頃から気になってくるシワは、大きく3種類に分けられます。

乾燥が原因で起こる乾燥小じわは肌に潤いが足らないためにできるもので、シワの進行度としては軽度なものですが放っておくと真皮層まで深く刻まれたシワへ進行してしまいます。

乾燥対策と同じく、保湿力の高いスキンケアで肌を保護してあげることが大切です。

次に紫外線によるダメージからできる紫外線じわは、紫外線ダメージが真皮層にまで影響して肌の弾力をキープするコラーゲンやエラスチンが減少してしまうことが原因です。

紫外線じわを防ぐにはシミ対策と同じく、日頃からスキンケアなどで紫外線対策をすることが大切です。

50代の肌に現れやすい表情じわは、加齢により肌のハリ・弾力が衰えてくることで表情のクセがそのままシワとして刻まれたものです。

深刻なものは真皮層にまで深く刻まれているので、スキンケアだけではなかなか改善することが難しくなります。

ただスキンケアで肌をしっかり保湿してエイジングケア成分が含まれる化粧品をプラスすることで、肌の弾力を高めてシワを目立たなくすることは可能です。

毛穴

乾燥と同じく年齢を問わず肌悩みとして話題に挙がりやすい毛穴ですが、世代によってその原因はさまざまです。

皮脂分泌が盛んな10代や20代では、皮脂の出口である毛穴も開きやすくなってしまいます。定期的にケアしないと皮脂や汚れが毛穴に詰まり黒ずみの原因にも……。

とくに皮脂腺の多いTゾーンは毛穴が目立ちやすいので、しっかり保湿して過剰な皮脂分泌を抑えるようにしましょう。引き締め効果のある化粧品をプラスするのも有効です。

30代以降に現れる縦に広がったたるみ毛穴は、若い頃の毛穴の開きとはまた違った原因で起こります。

加齢により真皮層のコラーゲン量が減ってくると、弾力も衰えて肌表面がたるんできます。皮膚も重力に逆らえず下に引っ張られる形でできるのがたるみ毛穴です。

こちらも保湿は欠かせませんが、肌の再生を促進してくれるエイジングケア化粧品を取り入れて肌弾力を高めることが大切です。

くすみ

30代以降に感じやすい顔のくすみですが、加齢によるターンオーバーの乱れや血行不良、糖化などが原因で起こりやすい肌トラブルです。

乾燥や肌老化から肌のキメが整っていない状態なので、透明感がなく老けた印象を与えやすくなってしまいます。

くすみを防ぐには、糖化の原因となる糖質の多い食事やアルコールの飲みすぎに気を付けることが大切です。

また肌の代謝を促したり抗酸化作用を高めてくれるエイジングケア化粧品を取り入れることも、くすみ改善に効果的です。

たるみ

40代・50代で感じやすい肌のたるみですが、加齢によって肌弾力の鍵となるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少してしまうことが主な原因です。

また40代をすぎると顔を動かす表情筋自体も加齢とともに衰えてくるので、さらにたるみやすくなってしまいます。

コラーゲンなどを作り出す線維芽細胞を活性化するエイジングケア成分をスキンケアで補うことで、肌のハリや弾力を高めることは可能です。

表情筋に関しては意識して表情豊かに過ごしたり、表情筋を鍛えるエクササイズを取り入れたりすることが大切です。

赤み

肌の赤みは色白な人や皮膚がもともと薄い人に多い症状ではないでしょうか。中には敏感肌が原因で炎症を起こすことで、赤みが出ているという人もいるかもしれません。

赤みが気になる人はできるだけ刺激の少ない化粧品を使って、肌が健康な状態を保てる環境にすることが大切です。

肌が薄い人はスキンケアで肌をしっかり保湿して、健康な角層を育てることを心がけましょう。

【トラブル別】おすすめの化粧品8つ

さまざまな肌トラブルに対処する方法がわかったところで、それぞれのケアにおすすめの化粧品を紹介します。

乾燥ケアにおすすめ

エトヴォス モイスチャライジングセラム

\ヒト型セラミド配合保湿美容液/

Source: 公式サイト

モイスチャライジングセラム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合97点
  • 価格:4,320円
  • 内容量:50ml
  • メーカー:エトヴォス

肌に馴染みやすい5種類のヒト型セラミド天然保湿因子(NMF)などが配合された高保湿美容液です。

シリコン・パラベン・石油系界面活性剤・鉱物油・合成香料・着色料など不使用で肌に優しく、美容液と乳液の2つの機能が1本になっています。

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  • 肌に合わなくて残念
    49歳
    乾燥しやすい時期でも乾燥しにくくなったような感じもしますが、若干油っぽいのか吹出物がちょっと増えました…。 保湿効果はバッチリなのにお肌に合わなくて残念です。

    @cosme

  • 潤いが足りない
    44歳
    どちらかというと乾燥肌なので、このセラムでは潤い感が全然足りません。

    @cosme

口コミサイトでも上位にランクインしている美容液なので極端に低い評価はあまり見かけませんでしたが、中には「吹き出物ができた」「保湿力が物足りない」という声もありました。

いい化粧品でも肌に合う・合わないはあるので、不安な人はリーズナブルな価格で試せるトライアルセットから試してみるといいかもしれません。

良い口コミからみるメリット

  • 小鼻周りのカサカサが治った
    5/5
    30代
    ややサラッとしていますが、付けるとしっとり! しかも美容液と保湿乳液を兼ね揃えていますので、夜は化粧水にこちらだけでも十分潤います。 小鼻周りのカサカサも治りました。

    公式サイト

  • 長年悩まされたテカりがなくなった
    5/5
    20歳
    いつもは顔から皮脂が溢れ出してテカテカになっているはずなのに、しっとりもちもち肌で、テカリはありませんでした。 感動!!!

    @cosme

たくさんの人が「カサつきがなくなった」「肌がモチモチになった」など、嬉しい美肌効果を実感しているようです。

気になる保湿力ですが、「これ1本で十分うるおう」という声もあり問題なさそうです。

肌がしっかり保湿されることでインナードライ肌が改善して、テカりや乾燥から解放されたという人も!

保湿に効果的なヒト型セラミドが凝縮されているだけあって、乾燥対策にもってこいの商品だと感じました。

公式サイトを見てみる

モイスチャライジングセラムの成分と特徴

  • 肌に浸透しやすい「ヒト型セラミド」
  • 保湿成分「天然保湿因子(NMF)」
  • 肌の再生促進「植物性プラセンタエキス」
  • 保湿成分「スクワラン」
  • 保湿成分「シアバター」

肌に優しく低刺激なので、敏感肌の人にもおすすめです。

モイスチャライジングセラムを安く買う方法

全国のエトヴォス取扱店舗で購入でき、公式サイトでも通販を行っています。

Amazonでは現在品切れとなっていました。楽天では取り扱いがありましたが、定価での販売でした。

公式サイトでは定価の10%オフで購入できる定期コースも用意されているので、公式サイトからの購入がおすすめです。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年2月現在)

※楽天・Amazonは公式ではないので、偽物や保証が受けられない場合があります

公式サイトamazon楽天
4,320円在庫切れ4,320円

公式サイトを見てみる

ニキビケアにおすすめ

ビーグレン Cセラム

\独自の浸透技術採用ビタミンC美容液/

Source: 公式サイト

Cセラム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:5,076円
  • 内容量:15mL
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ

美白・美肌効果の高いビタミンCを独自の浸透技術QuSome(R)で包んで、角層の奥まで届けるマルチな美容液です。

皮脂バランスを整えて、透明感のある美肌へ導きます。メラニンを還元する効果もあるので、ニキビ跡にも効果的です。

公式サイトを見てみる

シミケアにおすすめ

アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレート HQ110

\新安定型ハイドロキノン配合美容液/

Source: 公式サイト

ラグジュアリーホワイトコンセントレート HQ110

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:10,800円
  • 内容量:11mL
  • メーカー:ハイサイド・コーポレーション

美白効果が高くマイクロカプセル化された新安定型ハイドロキノンが、高濃度で配合された集中美白美容液です。

肌に刺激を与えることなく必要な箇所に届くので、シミの根本原因にダイレクトに働きかけてシミを防いでくれます。

公式サイトを見てみる

シワケアにおすすめ

ビーグレン QuSomeレチノA

\2種類のレチノール配合美容液/

Source: 公式サイト

QuSomeレチノA

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:6,480円
  • 内容量:15g
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ

独自の浸透技術で極小カプセル化したピュアなレチノールと肌への刺激を抑えたレチノイン酸トコフェリルの2種類のビタミンAが入っている美容液です。

肌の奥までしっかり浸透してハリの元を作り出し、内側から弾力のある肌へ導いてくれます。肌の弾力を高める最新型ペプチドやスクワランなど年齢肌に働きかける美肌成分が詰まっています。

公式サイトを見てみる

毛穴ケアにおすすめ

BIRAI ソワン

\遺伝子レベルで年齢毛穴ケア/

Source: Amazon

ソワン

  • 編集部評価:★★★★★ 総合97点
  • 価格:8,013円
  • 内容量:30ml
  • メーカー:コレクト

ぱっくり開いた毛穴を引き締めて、むきたてのたまごのような肌に導いてくれる毛穴ケア美容液です。

肌にハリとうるおいを取り戻し、エイジングケアをサポート。収れん作用のあるハーブも配合されているので、毛穴を引き締めて透明感ある肌へ導きます。

公式サイトを見てみる

くすみケアにおすすめ

シーボディ プラチナVCセラム

\先進ペプチドTGP配合美白美容液/

Source: 公式サイト

プラチナVCセラム

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:6,048円
  • 内容量:30ml
  • メーカー:シーボディ

美白作用だけでなく、コラーゲンの生成を促進する先進型ペプチドTGPが高濃度で配合されたブライトニング美容液です。

プラチナナノコロイド・最新型ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・アルブチン・植物エキスコンプレックスがあらゆる方向から先回りして、肌悩みを起こさない肌へ導いてくれます。

公式サイトを見てみる

たるみケアにおすすめ

ビーグレン QuSomeリフト

\たるみ顔を引き上げるマッサージ美容液/

Source: 公式サイト

QuSomeリフト

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:7,560円
  • 内容量:60g
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ

たるみやほうれい線ケアのために開発されたマッサージ美容液で、引き上げと引き締めを叶える独自の複合成分QuSome(R)フェイスリフトコンプレックスが配合されています。

毎朝マッサージしながら使うことで、たるみのないシャープな輪郭を実現してくれます。

公式サイトを見てみる

赤みケアにおすすめ

白漢 しろ彩ラメラローション

\赤みをケアする和漢植物配合化粧水/


しろ彩 ラメラローション

  • 編集部評価:★★★★★ 総合97点
  • 価格:6,048円
  • 内容量:100ml
  • メーカー:エクラ

拡張した血管にアプローチするプランクトンエキス配合で、臨床試験で顔の赤みが軽減されたことが確認されている化粧水です。

巡りを良くして肌荒れを予防する4つの和漢植物も配合されていて、赤ら顔を徹底的にケアします。

公式サイトを見てみる

皮膚科の受診が必要な肌トラブル症状は?

肌トラブルに合ったスキンケアを取り入れることである程度改善することは可能ですが、ひどい症状が続く場合は無理をせず皮膚科の専門医に見てもらうことが大切です。

次のような症状が長く続いている人は、一度病院で受診してみることがトラブルを改善する一番の近道かもしれません。

こんな症状は皮膚科で見てもらおう

  • ニキビが数カ月引かない
  • どの化粧品を使ってもかぶれる
  • ニキビ跡やクレーターが改善しない
  • 乾燥して痒みや炎症が起こっている
  • 頑固なシミが消えない
  • 深く刻まれたシワが改善しない

実際スキンケアだけではどうしようもない皮膚疾患や症状も存在します。上記の項目に心当たりのある人は、皮膚科で相談してみてはいかがでしょう。

適切なスキンケアで肌トラブルを改善しよう

いろいろな症状の肌トラブルを調べていると、間違ったスキンケアをしていて肌トラブルを招いている人も多いようです。

それぞれの肌悩みに合った化粧品を取り入れれば、理想の肌へ近づくことも可能です。

今回紹介した改善方法を参考に、自分にピッタリな化粧品を選んで肌悩みを解消しましょう!