ビタブリッドCフェイスで簡単シミ・シワ・たるみケア!効果をUPさせる使い方も紹介

世界特許も取得しているビタブリッドCフェイスって?

ビタブリッドCフェイス

シミやシワ、肌のくすみを始め、肌トラブルに悩まされている中で、肌に効果的と言われる成分の代表がビタミンC。そんなビタミンCを取り入れるための化粧品は多岐に渡り、一体どれを使っていいのか…。

更に化粧品を変更するとなれば今使っているものも全て変更しなければならないということにも繋がります。そんな人に手軽にビタミンCを取り入れることが出来ることで編集部がおすすめしている製品がビタブリッドCフェイス

通販限定の商品ではありますが、実は世界特許を取得しており、学会論文などにも多数発表されている国際的に高い評価を得ている製品でもあり、モンドセレクションでも最高金賞を受賞した人気商品でもあります。

undefined
はるこ先生
けれど、使い方が普通の化粧品と違ってパウダーだからこその特徴がある製品でもあるわ。
ビタミンCをパウダーにしているから、使い方と一緒に保存方法なんかもリサーチしちゃいましょう!

効果的に使う事で、ただ使うだけではなくより実感しやすく、肌の変化が分かるようにしていきたいもの。シミやシワなどに悩まされることのない、綺麗な素肌を手に入れて行きましょう!

ビタブリッドCフェイスの公式サイトはこちら

ビタブリッドCフェイスの5つの効果

使い方の紹介の前に、ビタブリッドCフェイスの特徴的な効果についてを解説していきます。

その1|ミネラルのハイブリッドパウダーが酸化を防ぐ!

  • ビタミンCという成分は実はすごく脆い成分で、空気に触れさせただけで簡単に酸化して使い物にならなくなるものも多くあります。そのため、ビタミンCを誘導体という形にして肌に浸透させることが増えてきました。しかし、ビタブリッドCフェイスはビタミンCをミネラルのハイブリッドパウダーで保護して酸化を防ぎ、お肌に浸透させることができます。

その2|12時間ビタミンCを浸透させられる

  • ビタミンCは壊れやすいというのもありますが、肌の吸収量にも制限があるために配合されている成分全てが肌に浸透するわけではありません。しかし、ビタブリッドCフェイスは特許技術によりビタミンCを長時間じっくりと、そして着実にお肌に浸透させることが出来ます。そのため家事や仕事の間でもまるでパックのように浸透していくのです。

その3|コラーゲンの生成促進!保湿と弾力を取り戻す

  • ビタミンCはコラーゲン生成の際のサポートのためにも必要不可欠な成分でもあります。食事などで得ようとしても調理の過程で壊れたり流出することがほとんどです。しかし、たっぷりとお肌に浸透させてあげられることができれば、コラーゲンの生成促進効果によりコラーゲンが無理なく作られ、お肌の保水力なども向上し、破壊された角質層細胞の代わりも務めることができます。

その4|美白効果で紫外線トラブルをカット!透明感も取り戻せる

  • ビタミンCという成分の効果として有名なのが美白効果。シミやくすみなどのメラニンによる肌トラブルの改善に特に効果的と言われています。メラニン自体に対する美白効果があるというのももちろんですが、メラニンの生成抑制効果もあるため、シミやくすみを作る前に予防することにも長けている成分ともいえるでしょう。

 

その5|肌のたるみの改善やトーンアップにも効果あり!

  • ビタブリッドCフェイスにはナイアシンアミドと呼ばれるビタミンB群の一種が配合されています。この成分は肌細胞を活性化させてトラブルを予防する効果やトーンを若々しくする効果が期待されています。また、表皮細胞の活性化によるたるみの改善や予防にも効果があると言われている他、セラミドの合成に働きかける効果も期待できます。

さっそくビタブリッドCフェイスを試してみよう

 まずは基本的な使い方をチェック!

では早速、基本的な使い方についてをチェックしていきましょう。

 1)洗顔後の肌に、いつも使っている化粧水などに混ぜて使用

 ビタブリッドCフェイスというのはパウダー状になって容器に入っているため、そのパウダーをいつも使用している化粧水などに混ぜて溶かしてお肌に付けます。

洗顔後の綺麗な肌に使用することで、いつもの化粧水に更にたっぷりのビタミンCなどを浸透させることもできるようになるのです。

2)適量は1回1プッシュ~2プッシュ

 使用する量の適量は1回1プッシュ~2プッシュになります。敏感肌で刺激などが怖い場合や上手く溶かすことが出来ない、という人は1プッシュから始めてみると良いでしょう。

ただし、出し過ぎてしまうと粉っぽくなってしまうので注意が必要です。

3)化粧水などと混ぜ合わせて顔全体へ馴染ませる

 手のひらに化粧水などを取りだしたら、そこへビタブリッドCフェイスを適量出して、しっかりと溶かして混ぜ合わせます。

粉っぽさなども無くきちんと混ぜ合わせられたら、顔全体やへ塗っていきます。ハンドプレスをしつつ浸透させてあげると良いでしょう。

その後は通常のスキンケアを行い、保湿クリームなどでしっかりと油分の膜を張ってあげてください。

4)使い終わったらキャップをしっかり閉めて保存

使い終わったらキャップをしっかりと閉めて、中身がこぼれないようにして保存しましょう。高温多湿の場所を避けて直射日光の当たらない場所に保存してください。

色んな口コミサイトでの評判を調べてみよう

効果を最大限引き出す方法

続いて最大限効果を引き上げるためにおすすめの使い方についてを紹介していきます。

塗る際の注意点

顔に塗る際にはフェイスラインを引き上げるために、下から上へと素早くなじませていきます。そして溶かす前に化粧水などを手のひらで少し温めてからビタブリッドCフェイスを溶かして付けると更に浸透しやすくなります。

そして最後に肌の奥へと押し込むように優しく肌をハンドプレスしてあげてください。

溶かす時のおすすめ

ビタブリッドCフェイスは基本的になんにでも混ぜることができます。

そのため、夏や冬など季節によって使用感やさっぱり感、しっとり感の変化を出したい人は水に混ぜたり、クリームに混ぜたりして使い分けているようです。

しかし、やっぱり溶かすときにおすすめなのはスキンケアで一番最初に使用する化粧水か美容液です。

肌に一番最初に付けるということと、肌に浸透しやすい化粧品ですのでビタブリッドCフェイスの成分が特に浸透しやすい状態になります。付けて終わった後、クリームなどでしっかり蓋をしてあげると更に効果アップに繋がります。

もちろん、オールインワンジェルを使用している人はオールインワンジェルに混ぜても問題ありません。

他の効果的な使い方を知りたい

要注意!効果を下げる使い方

ビタブリッドCフェイスを使う上で注意しておきたいポイントもここで抑えておきましょう。

直射日光の当たる場所や高温多湿の場所には保存しない

直射日光が当たる場所や高温多湿の場所に保存してしまうと、成分の劣化や変質が引き起こされる可能性があります。

ミネラルのハイブリッドパウダーで酸化しにくい状態にされているとはいえ、成分自体が劣化したり変質してしまうとそうも言ってはいられません。肌に対しても刺激に繋がりますので、保存場所は注意しましょう。

ビタブリッドCフェイスの容器に水や化粧水を入れない

毎回混ぜるのが面倒くさいといっても、ビタブリッドCフェイスの容器の中に水や化粧水などは入れないようにしてください。

容器の中にそうした化粧品などを入れてしまうことで、化粧品のボトルなどについている汚れ等から細菌が繁殖してしまうことも考えられますし、きちんと溶け切らず残っている場合や濃度の高い刺激の強いものになることも考えられます。

毎回適量を手のひらに出して混ぜるようにしましょう。

フェイス用以外にも種類は豊富!公式サイトでチェックしよう

ビタブリッドCフェイスの価格・量など

最後にビタブリッドCフェイスの詳しい商品情報をまとめて紹介していきます。

商品名ビタブリッドCフェイス
メーカー株式会社ビタブリッドジャパン
価格通常価格 6,200円(税抜)
初回お試しコース 1,500円(税抜)
定期コース 4,960円(税抜)
3g
注目成分アスコルビン酸
アセチルグルコサミン
ナイアシンアミド
ステアリン酸グリセリルなど
支払方法クレジットカード決済
代金引換
クロネコ代金後払い

気になる初回お試しコースについて詳しく知ろう

気になる紫外線トラブルを予防しつつ美白しよう

今回はビタブリッドCフェイスの使い方についてをリサーチし、紹介してきました。どうしようか悩んでいる人は一度初回お試しコースはかなりお得な上、次回商品お届け10日前までに電話すれば解約もキャンセルも簡単な為おすすめです。

ビタミンCをお手入れに取り入れたい、でも化粧品を変えたりするのは嫌、というような人には使いやすさも相まって特におすすめだと言えます。

世界特許を取得し、モンドセレクション最高金賞も受賞した、世界がその品質を認めた人気商品です。美白や紫外線トラブルの予防を徹底したい人にはぜひ手に取っていただきたい製品です。

明るい白い肌を手に入れる!