日焼けトラブルを防ぐ紫外線対策|グッズを使ったUVカット術の紹介

紫外線対策で日焼けトラブルを防ごう

5〜7月は、1年の中で最も紫外線量が多い時期です。紫外線を浴びると、肌が日焼けをしてしまったり目が充血したりしてしまいますよね。

紫外線を継続して浴びると、肌は乾燥し肌表面には現われない潜在シミも増え、何年後かに現れたりします。

将来のシミ・シワを防ぐためには、日々の紫外線対策が必要です!

undefined
アッキー
紫外線対策って、しようとは思うのですが日焼け止めを塗るくらいしか思いつかなくて・・・
undefined
はるこさん
確かに、日焼け止めを使っている人は多いわね!私はおしゃれも兼ねてサングラスをして目の紫外線対策をしているの。実は、それ以外にもイロイロなグッズがあるのよ〜!

この記事では、日焼け止めクリーム以外の紫外線対策を知りたい人や、おしゃれに紫外線対策がしたい人のためにおしゃれグッズなどを紹介していきます!

※日焼け止め効果とは、日焼けを防ぐ効果のこと(日焼け止め・・・日焼けを防ぐ効果のある化粧品)

紫外線によって起きるトラブルとは?

紫外線を浴びすぎると体に良くない、ということは広く知られていますが、具体的にどんなトラブルが起こるのでしょうか?

肌が炎症してシミやシワの原因になる

紫外線には、UV-A、UV-B、UV-Cと主に3種類あります。UV-Cはオゾン層までしか届かないので浴びることはほとんどありません。UV-AとUV-Bに関しては、

  • UV-A:真皮まで届き、シワやたるみの原因になる
  • UV-B:表皮まで届き、シミやそばかすの原因になる

といった特徴があります。

UV-Aは、肌の奥の真皮という部分にまで届き、肌のハリや弾力を保つのに必要なエラスチンなどを破壊してしまいます。

UV-Bは、肌がヒリヒリしたり黒くなる、いわゆる「日焼け」を引き起こす紫外線で、肌表面の表皮にダメージを与え色素沈着やシミを引き起こします。

その他にも、最近では真皮のさらに奥の皮下組織の上まで届く「近赤外線」や肌表面を酸化させてダメージを与える「PM2.5」なども肌に悪影響を及ぼすことがわかってきました。


undefined
アッキー
紫外線を浴びると肌のバリア機能が壊されてしまうんですよね。だから肌を守ろうとしてメラノサイト (色素細胞) からメラニン (色素) が作られます。でも、それが結果的にシミとなってしまうんです。

 

undefined
はるこさん
メラニンは悪いものというイメージがあるけど、実は肌を守ってくれる役割を果たしているのよ!メラニンが紫外線を吸収することで、DNAが傷つくのを防いだり、肌表面の活性酸素を中和してくれているのよ〜!

 

日焼けなどの紫外線による肌のダメージが積み重なると、シミやシワができやすくなります。シミができるのを防ぐには、紫外線対策グッズを使ったり、メラニンの生成や蓄積を防ぐ美白化粧品を使うなどの対策が必要です。

すでにできてしまったシワはとにかく保湿をして、シミはターンオーバーを促すことで目立たなくすることができます。

目が充血して眼病になるリスクもある

もともと目には紫外線を防ぐ機能が備わっていますが、長時間浴び続けると目のトラブルにつながります。考えられるものとしては、

  • 充血
  • 角膜炎 (角膜が傷ついてしまう)
  • 白内障 (ピントを調節する水晶体が濁って視力が落ちる)
  • 黄斑変性 (色や形を識別する黄斑が傷ついてしまう)

などです。日常生活の中で浴びる分には大きな問題ありません。しかし、アウトドアスポーツや外での仕事など長時間外で活動する人は、目の紫外線対策をぜひ積極的に行いましょう。

顔のための紫外線対策ポイント

紫外線対策グッズを選ぶときは、「紫外線透過率が低い」ものを選びましょう。「紫外線透過率1%未満」「紫外線遮光率99%以上」などと表示されているものが良いでしょう。おすすめの顔の紫外線対策を、5つのグッズと一緒に紹介します。

帽子での対策

1つめはUVカット帽子です。帽子をかぶることで、顔だけでなく頭皮も紫外線から守ることができます。

頭皮は顔よりも紫外線を約3倍も浴びるので、健やかな髪を保つためにも帽子はぜひかぶりましょう。

UVカット帽子の特徴は3つあり、

  • 帽子の生地の表面にUVカットしてくれるコーティング剤を施してある 
  • 帽子の素材にUVカットしてくれる素材を織り込んである 
  • UVカット加工はされていないが、ポリエステルやウール素材のもの

ものがあります。色に関しては意見は様々あるようですが、基本的にUVカット加工されているものであれば何色でも良いようです。

黒や紺などの暗めの色は熱がこもりやすいですが、他の色よりも紫外線を通しにくいというメリットがあります。

また、帽子はツバが広く7〜10cmほどあるものだと顔全体を紫外線から守りやすいですよ。

小さいお子さんがいるママ・パパも、真夏は子どもに帽子をかぶせてあげましょう。紫外線から頭皮や目を守り、熱中症対策にもなりますよ。

  • 価格の目安:約1,000円〜2,000円

マスクでの対策

2つめはUVカットマスクです。UVカットマスクの特徴は、普通のマスクよりも横長で、UVカット加工がされていることです。日焼け止めクリームが肌に合わない人、念入りに顔の紫外線対策をしたい人におすすめです。

使い捨てタイプと洗って繰り返し使えるタイプがあります。使い捨てタイプは通気性もよく、気温の高い日でも使用しやすいです。

繰り返し使えるタイプは、通気性は劣るものの保湿素材でできているので柔らかいつけ心地です。

  • 価格の目安:1枚約100円〜(使い捨てタイプの場合) / 1枚約1,500 円〜 (繰り返し使うタイプの場合) 

日傘での対策

3つめは日傘です。日傘を選ぶポイントは、「ポリエステル素材」であることと「外側も内側も黒色」であることです。

紫外線対策で注意したいのは、「日差しの照り返し」です。紫外線は上からだけでなく、水面や地面に反射して下から浴びてしまう場合もあるのです。

日傘を使うことで空から降り注ぐ紫外線を防ぐことができます。さらに日傘の内側が黒色であれば、この照り返しによる紫外線も吸収してくれますよ。

  • 価格の目安:約2,000円〜3,000円

日焼け止めでの対策

4つめは日焼け止めクリームです。日焼け止めクリームを塗ることで、紫外線からのダメージや乾燥から肌を守ってくれます。

日焼け止めクリームを選ぶ時は、

  • 通勤時間・家事の最中・散歩などで短時間外にいる人・・・SPF 20 / PA++
  • 外での勤務やスポーツで長時間外にいる人・・・SPF 30 / PA+++
  • 真夏にアウトドアスポーツをする人・・・SPF 50 / PA++++

を目安に選びましょう。SPFとPAの数値が高いほどUVカット効果が期待できますが、その分肌への負担が大きいです。1日の終わりには日焼け止めクリームをしっかりと落とし、保湿ケアを念入りに行いましょう。

おすすめの日焼け止めについてはコチラの記事をどうぞ

日焼け止めタイプの下地についてはコチラの記事をどうぞ

保湿化粧品での対策

5つめは保湿化粧品です。紫外線を浴びた後の肌は、普段の何倍も乾燥しています。さらに紫外線を継続的に浴び続けると、肌が常に乾燥して慢性的な乾燥肌になってしまう可能性もあります。

理想の対策は、紫外線を浴びる前後に化粧水や保湿クリームをたっぷり塗ることです。肌の水分量が増えることで、乾燥を防ぎしシワができにくくなります。保湿化粧品は、肌と同じ成分である天然保湿因子が配合されているものがおすすめです。

おすすめの保湿化粧品についてはコチラの記事をどうぞ

目のための紫外線対策ポイント

目も顔と同じように紫外線を浴びています。顔も体もしっかり紫外線対策しているのに、日焼けしたりシミができてしまった、という経験がある人は、もしかしたら目から入ってくる紫外線が原因かもしれません。

undefined
はるこさん
目は紫外線を浴びたことにより、その刺激が脳下垂体に伝達されるの。紫外線によるダメージから目や体を守ろうとしてメラニンが作られるので、結果肌の日焼けやシミにも繋がってしまうのよ〜!

 シミ・シワ予防だけでなく目を守るためにも、目から入る紫外線をカットする必要があります。

目薬での対策

目薬を使うことで、角膜ダメージを軽減させることができます。

目薬を選ぶポイントは、「活性型ビタミンB2」と「コンドロイチン」が配合されているものを選ぶことです。ダメージを修復を促したり、角膜に潤いを与えることで蓄積された紫外線によるダメージを取り除きます。1日5,6回点眼できるので、充血などが気になった時にすぐ使えるのが嬉しいポイントです。

UV目薬は、紫外線を浴びた後のケアが目的です。紫外線を浴びる前からケアをしたい人は、サングラスやコンタクトレンズがおすすめです。

  • 価格の目安:約500円〜1,000円

サングラスでの対策

UVカットサングラスは、「紫外線透過率が低い」ものを選びましょう。紫外線をなるべく通さないものの方が、ダメージを減らすことができます。

よく、サングラスは色の濃い方が紫外線をカットできると思いがちですが、実際は色の濃さと紫外線カット率は関係ありません。

むしろ紫外線をカットできる機能がないのに色だけ濃いサングラスは、瞳孔 (目の中央にある光を通す領域) が開いて光を取り込みやすくなり、結果的に紫外線も取り込みやすくなってしまうので注意しましょう。

サングラスをすることで、目の周りの皮膚も紫外線ダメージから守ることができるので、目元のシワやたるみなどをできにくくすることもできますよ。

  • 価格の目安:約1,500円〜

コンタクトレンズでの対策

UVカットコンタクトレンズには、紫外線を吸収する機能があります。黒目を直接覆ってくれるので、サングラスの隙間から入ってきてしまう紫外線もカットし、目のトラブルを予防してくれます。

一方で、コンタクトレンズでは覆いきれない白目の部分は保護できないというデメリットもあります。

メーカーによっては全ての製品にUVカット機能が含まれているため、ハード・ソフト・使い捨て・乱視用など様々なタイプのコンタクトに対応できます。

  • 価格の目安:約140円〜 (使い捨てコンタクトレンズ1日分の場合)

おしゃれに紫外線対策するなら?


紫外線対策アイテムを使いすぎて肌全体を覆ってしまうと、どうしても「おばさん」っぽく見えてしまいがちです。この項目では、おしゃれに紫外線対策できるポイントをまとめました!

肌に合わせたアームカバーコーデ

アームカバーを使う時は、全体のファッションから浮かないようなデザインを選びましょう。アームカバーの色と服の色を同じにしたり同系色でまとめると、オバさんっぽくならずにファッションに取り入れることができます。

アームカバーのデザインは、シンプルなものからスポーティーなもの、ガーリーなものなど種類は豊富にあります。なかにはボレロ風のアームカバーもあるので、ファッションのアクセントになったりもします。

UVカット機能だけでなく、ひんやりした涼感作用のあるものもあるので気温の高い日でも快適に身につけられますよ。

つばの広さや素材にこだわった帽子

おしゃれを重視するなら、つばの広い女優帽のようなデザインのものを選びましょう。首まで保護してくれる便利な帽子もありますが、見方によっては農作業をする人や幼稚園児の印象になってしまいます。

気温の高い日などは特に通気性の良いメッシュタイプのものがおすすめです。

最近ではリバーシブルのものや折りたたみ可能なものまであるので、気軽におしゃれを楽しめるグッズが増えてきているようですよ。

UVカットタイプのカラコンを装着

UVカット機能が含まれているコンタクトの中には、もちろんカラコンもあります。おしゃれアイテムとして取り入れるのであれば、涼しげな色を選んでみたり夏のファッションに合わせて選ぶとおしゃれを楽しめると思います。

カラコンの選び方は、一重・二重・奥二重などによって色や着色直径の大きさを選ぶとより馴染みやすいですよ。

紫外線対策はいつ頃からするべき?

紫外線対策と聞くと夏のイメージが強いですが、夏だけ対策すれば良いのでしょうか?

春から夏にかけては本格的に

紫外線対策は、1年を通して毎日必要です。特に、春から夏にかけては紫外線量が多くなるので本格的に対策しましょう。調べてみると、サイトによって紫外線量の多い時期に関しては多少ズレがありましたが、総合してみると

  • UV-Aは4~8月がもっとも強い
  • UV-Bは6〜8月もっとも強い

となります。

紫外線量が強い時期にしっかりと対策しておかないと、秋冬になって蓄積されたダメージが乾燥・シミ・シワといった症状が出てきてしまいます。

真夏は特に日焼け止め下地とUVファンデを同時に使うなどして対策しましょう。顔と一緒に首やデコルテ周りまで紫外線対策を行うことで、首のシワ対策もできますよ。

秋や冬でもそれなりには必要

冬はUV-Aに注意しましょう。冬になるとUV-Bの量はピーク時の1/5程度ですが、UV-Aは半分以上もあります。肌が赤くなったりヒリヒリするのは、UV-Bをたくさん浴びた時の症状です。UV-Aはそういった症状が出ないのでダメージに気がつかず、知らないうちに紫外線ダメージを負っている場合が多いのです。

秋冬であれば、UV下地とUVパウダーを使うなどの対策をしましょう。

総合的にみると、時期により量に差はありますがUV-AとUV-Bは1年中肌に降り注いでくるので、季節ごとに紫外線対策する必要がありそうです。

抜かりない紫外線対策で日焼け知らず

老化の原因の80%は紫外線だといわれています。シミ・シワは、年齢問わず肌のダメージが大きいほど早く出てくる可能性が高いのです。

シミ・シワがあるかないかで、見た目年齢は最大7歳差が出るといわれています。紫外線対策をしっかり行うことで、シミ・シワができにくくなり若くも見られやすくなりますよ。

普段使っている化粧品をUVカット機能があるものに変えたり、紫外線対策グッズを使ったりすることで肌を守り美肌を目指すことができます。

今日からあなたも紫外線対策を始めましょう!

 

日焼けをしたらひたすら冷やすだけ・・・。そのケア方法は正しいでしょうか?日焼け後の肌は症状によって正しいアフターケアをしないとますますひどい状態になるので要注意です。こんな時はどうすればいいか?日焼けのアフターケア方法をご紹介いたします。

 

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事