背中ニキビの原因は汗や皮脂だけ?体の内側や習慣にも関係があった!

いつの間にか背中にボツボツと現れているニキビ。しかし、背中ニキビは顔と違って自分では気づきにくく、はっきりした原因も分かりにくいと思われがちです。

undefined
はるこさん
背中は自分で確認しづらい部位だから、ニキビケアが難しいといった悩みもよく見かけますね。

実は背中ニキビの原因は意外なところにあり、無意識に行っている行動が大きく関係していることが分かりました。

背中ニキビの改善や予防のための第一歩は、その原因を突き止めること。ニキビに似た症状とその違いや7つの対策法も紹介していくので、一緒に解決法を見つけましょう♪


背中にニキビができる原因は?

顔以外のパーツで比較すると、背中は体の中でもっともニキビに悩まされやすい部位。腕や足といったニキビができにくい部位と比べると、何が違うのでしょうか?

背中にニキビができやすい理由を詳しく見ていきましょう。

皮脂の分泌が多く皮膚が厚いため

体の中でも顔から背中にかけての範囲は、皮脂腺の発達した脂腺性毛包が分布しています。皮膚の炎症を起こしてニキビへと繋げるアクネ菌は、皮脂をエサにして増える細菌。そのため、皮脂の分泌量が多い背中の毛穴は、角質などで出口が塞がれるとニキビになりやすい場所なのです。

さらに、背中は体の他のパーツと比べると皮膚が厚いという特徴があります。厚みのある皮膚は薄い皮膚よりも硬く、角質や毛穴の中の汚れがなかなか外に出てきません

つまり、皮膚の厚い背中は毛穴が詰まりやすい環境が整っているということ。ニキビも悪化しやすい上に、凸凹した跡や色素沈着が残りやすいといえるでしょう。

ホルモンバランスも関係している

男性ホルモンは皮脂分泌を促す働きをもち、女性ホルモンであるエストロゲンは皮脂の分泌を抑える働きをもちます。

女性の場合、通常であればエストロゲンが男性ホルモンより有利な状態であり、皮脂が過剰に分泌されないようにコントロールされています。そのため、脂性肌になったり、それに伴ってニキビが悪化することはあまりありません。

しかし、心身ともにストレスがかかると、体の中でストレスに対抗するためのホルモンが分泌されます。

このストレスホルモンは男性ホルモンの分泌量を増やす働きがあるため、そのうち女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が優位な状態へ移行。すると、男性ホルモンの働きによって増えた皮脂が角質などと混ざって毛穴を塞ぎ、ニキビができやすくなるのです。

このように、ルモンバランスの崩れは皮脂の過剰な分泌に直結しており、背中のニキビにも深く関係しています。

睡眠中の寝汗や皮脂分泌も影響する

人間は体温を下げることにより深い眠りに入るので、寝ている間も汗を書いて体の熱を冷まそうとします。これが、睡眠中の寝汗です。その寝汗は一晩でコップ1~1.5杯ほどもかくといわれています。

こんなに大量の水分が、毛穴から分泌された皮脂と共にパジャマや寝具に染み込めば、その湿った環境で雑菌は繁殖。睡眠中、これほど湿気の多く不衛生な状態で布団に押し付けられる背中は、ニキビなどの皮膚トラブルが起きやすい部位なのです。

正常な状態であれば、人は一度眠りにつくと数時間は起きることがありません。寝返りをうつこともありますが、背中は数時間単位で蒸れたパジャマや寝具に密着することから、雑菌による影響を受けることが多いといえます。

睡眠不足やストレスが原因になることも

人の肌は日々新しく生まれ変わっていますが、睡眠が十分に取れていないと、皮膚の修復・再生がスムーズに行われません。そのため、質の高い睡眠を最低でも6時間は確保する必要があります。いくらたっぷり寝たからといって、浅い睡眠では意味がないのですね。

また、ストレスを溜めないことも大切!本来、就寝前のリラックス時には、副交換神経という自律神経が優位になり、深い眠りにつくことができます。

しかし、ストレスが溜まった脳は交感神経を優位にさせます。交感神経とは、体が活動している最中に活発になる自律神経のこと。つまり、浅い眠りを誘発してしまうのです。

この状態が続くと、皮脂分泌が過剰になりターンオーバーが乱れ、皮膚の角質が厚くなります。そうすると毛穴に皮脂が詰まり、ニキビという炎症が起こるのです。

ニキビに似た症状との違いは原因菌

ニキビと思ってケアしてきたけど、どうもそうじゃないみたい……そんなあなたへ、ニキビに似た3つの症状とその原因となる菌を調査してみました。

自分の背中を観察して当てはまる症状があれば、無理せずに医師へ相談してみましょう。

アクネ菌が原因のニキビは硬くてまばら

冒頭でも少し触れましたが、アクネ菌は皮脂をエサにしてニキビを引き起こす「常在菌」のことです。

常在菌=人間の体に常に存在している菌なので、本来は肌に悪影響が出るわけではありません。ただ何らかの原因で皮脂の分泌が増えると、皮脂が好物のアクネ菌は急ピッチに増殖します!

実はアクネ菌には善玉菌悪玉菌の2種が存在しますが、ニキビを引き起こすのは、皮脂を栄養として繁殖する「悪玉菌」。ニキビは、この悪玉菌が毛穴に詰まった皮脂を分解し、有害なものへと変えてしまうことで起きる炎症なのです。

ニキビは顔にもできやすいので分かりやすいのです、触ると硬くて、場所を特定しません。白・赤・褐色など、色や大きさも様々です。

マセラチア菌が原因だと大きさが均一で大量

マセラチア菌は、皮膚に住み着くカビの一種のようなもの。加齢臭の原因と言われていますが、ニキビの原因にもなります。

このマラセチア菌の異常増殖によって引き起こされる病気が、マラセチア毛包炎です。胸・背中・腕・肩に起こりやすい皮膚疾患で、赤く光沢のある湿疹が毛穴に現れるのが特徴。年齢や性別に関わらず発症します。

気温が上がって汗をかきやすい時期に繁殖しやすく、その形状はニキビとよく似ています。ニキビとの見分け方は、均一の大きさの赤いぶつぶつが大量にあれば、マセラチア菌が増えてる可能性あり!

かゆみは強くありませんが自然治癒では難しく、抗真菌外用薬による治療が必要です。

特に皮脂の分泌量が多い背中は、マラセチア菌が好む環境。いつまでも背中ニキビが治らない、湿疹が光沢を放っている場合は、皮膚科を受診して治療を受けた方がよいでしょう。

黄色ブドウ球菌が原因だと脱毛後に発生

黄色ブドウ球菌も、人の皮膚などに存在する常在菌の一種です。毛穴の奥にある「毛包(もうのう)」と呼ばれる部分にこの黄色ブドウ球菌が感染すると、毛包炎という病気を引き起こすことがあります。

毛包炎の症状としては、赤くブツブツとした小さな隆起ができ、それが化膿すると膿ができます。軽い痒みも伴います。見た目はニキビとよく似ているため、判別しにくいです。

ただ毛包炎は、脱毛やカミソリでの毛の処理などの後に発症しやすいという特徴があります。これらの後に似た症状が出たら、毛包炎を疑ってみましょう。

背中ニキビを発生させる4つの盲点

背中は視界に入りづらい場所にあるため、無意識に行っていたケアが不十分だったり、汚れに気付かないことも珍しくありません。

自分では思ってもみなかった行動が、背中のニキビへと繋がっている可能性があります。盲点となっていた部分を見つけ出し、チェックしてみましょう。

しっかり洗いやすすぎができていない

背中はなかなか手が届かない場所にある上に、自分の目での確認がしづらい部位でもあります。

そのため、体を洗うにしてもスポンジやタオルが届かず洗浄が不十分になりがち。さらに、ボディソープや石鹸などの洗浄成分や、髪を洗う際についたシャンプーやリンスがきちんと洗い流せていなくても、自分ではなかなか気が付かないのです。

このように、背中がきちんと洗えていない、汚れを流しきれていないといった問題は意外とよく起こること。しかしこのタイプは、どちらかというとニキビに気が付いていない人に多く、いつの間にか背中にニキビが大量発生していた、ということも少なくありません。

ナイロン製のものでこすり過ぎている

体を洗うアイテムとして薬局などで売られている、ナイロン製のタオルやスポンジ。泡立てやすく体をこする時の刺激が気持ち良いと人気ですが、ナイロン製の道具で背中をこすり過ぎるのは、ニキビを増やす原因を作ってしまいます。

undefined
あっきー
ナイロン製のタオルやスポンジで全身をゴシゴシとこすると、それだけで汚れが落ちてさっぱりした気分になりますよね。
undefined
はるこさん
でも本当は、闇雲にこするだけでは汚れはきちんと落ちないの。さらに、皮膚への強い刺激はニキビができやすい状態を作ってしまうのよ。

化学繊維で作られたナイロン製のアイテムによる背中のこすり過ぎは、皮膚に必要な皮脂までも取り除いてしまい、乾燥を招きます。すると、肌を乾燥から守るために皮脂の分泌量が増加。毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが発生しやすい環境を整えてしまうのです。

さらに、必要以上の摩擦は皮膚の角質肥厚を招きます。皮膚の角質が厚くなるとそれが毛穴を塞いでしまうので、毛穴の中ではニキビの原因とされるアクネ菌が増殖しやすい状態になり、さらにニキビが増えてしまいます。

こんな行動、身に覚えがありませんか?

  • ナイロンタオルやスポンジで全身をゴシゴシこすらないと洗った気がしない
  • 背中にできた白ニキビを強くこすることで強引にとってしまうことがある

 吸湿性の悪い肌着やパジャマで寝る

衣服の材料となる化学繊維は、シワになりにくい・安く購入できるなどの理由から、衣服への使用が定着化しています。しかし、そんなメリットがある一方、種類によっては吸湿性が悪いというデメリットも存在し、その化学繊維を使った肌着やパジャマの着用は、背中ニキビを悪化させる原因となるために注意が必要です。

特に、化学繊維の中でも代表的なポリエステルは、吸湿性が低い素材。汗をかいても布が吸い込んでくれないため、水分が肌に長時間残ったままとなり、蒸れた環境を作りやすいという特徴があります。

ニキビの原因菌であるアクネ菌は、蒸れた環境において行動が活発化する菌。つまり、汗が衣服に吸い込まれず背中に残った状態が長く続けば、そこでアクネ菌が増殖してニキビを引き起こしてしまうのです。

夏の紫外線対策が背中までできていない

顔や腕、足のUV対策はできていても、背中まで念入りにやっている人は少ないかもしれません。でも、とくに夏場は背中の開いた洋服や水着になる機会が多いですよね。油断しがちですが、洋服の隙間からも紫外線は容赦なく入り込みます!

また、いざ背中に日焼け止めを塗ろうと思っても、ムラなくきれいに塗るのは意外と難しいもの。日焼け止めは、ムラがあったり汗や皮脂の上からでは効果が半減してしまいます。その結果、紫外線ダメージを受けた肌が乾燥し、ニキビができやすくなるのです。

さらに、アクネ菌は紫外線を感知するとポリフィリンという毒素を発生させます。この厄介な“毒”が、ニキビのさらなる悪化を招く可能性大!盲点とはいえ、背中のUV対策も大事なことなんです。

内臓不調も背中ニキビに関係あるの?

肌を内臓をうつす鏡。体の中に老廃物が溜まっていたりお疲れ気味だと、その不調は肌や体にあらわれます。具体的にどんな場合にニキビができやすいか知っておきましょう。

便秘になるとニキビができやすい

「3日以上便が出ていないと便秘」とよく言いますが、もし良好な腸内環境であれば、排便は1日1回が普通です。

便が腸内に長く留まると、それがエサとなり、クロストリジウムなどの悪玉菌が増えます。悪玉菌はさまざまな有害物質を発生させるので、これらの有害物質は腸壁から吸収され、いずれ血液中を巡っていきます。

こうなるともうお分かりですよね!?いわゆる“毒素”のような物質が体内に充満しつづけ、肌だけでなく、カラダにも悪影響を及ぼしてしまいます。日々の食生活や筋力の低下などが、便秘を引き起こします。

便秘になりにくい習慣

  • 食物繊維をしっかりとる
  • 色々な種類のヨーグルトを食べる
  • ウォーキングなどで筋肉をつける

胃が荒れるとニキビができやすい

胃は、食べ物を消化してくれる臓器ですが、食べ過ぎ・飲み過ぎは一時的に大きな負担をかけてしまいます。この消化活動のために血液が胃に多く集められることで、全身に栄養が行き渡らなくなるからです。そうすると代謝機能が落ち、肌トラブルが起きやすくなります。

また、ストレスも胃の調子を左右する要因に。ストレスは自律神経を乱し、胃腸の免疫力を弱めます。

ストレスを溜めないことも大事ですが、1日3食を規則正しく摂り、適度に胃を休ませてあげることも重要。理想は、最低でも8時間以上は胃を空っぽにする時間をつくること。これを睡眠時間にあててもいいですし、週末はたまにプチ断食をする、でもいいでしょう。

胃を健康に保つ習慣

  • 寝る2時間前までに食事を済ます
  • 時間をかけてよく噛んで食べる
  • 食べ過ぎ・飲み過ぎは控える

肝臓が疲れるとニキビができやすい

肝臓は、栄養素を代謝する働きや、添加物・アルコールといった有害なものを無害なものにする解毒作用など、実に500以上もの働きをしています。

これだけ働きものの肝臓が弱ると、まず血液の質が落ちます。その質の悪い血液がいずれ体じゅうに巡ることで、いわゆる「ドロドロの良くない血液」だらけの体になってしまいます!これでは、体も肌も健やかにはなりませんよね。

また、女性ホルモンの一つに黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。このホルモン、実は皮脂の分泌を促す作用からニキビを生みやすいのですが、肝臓には余分な黄体ホルモンを破壊する作用も持ち合わせています。

ただ肝臓が弱りこの働きが衰えると、黄体ホルモンが増え続けてニキビができやすくなるのです。

肝臓を元気にする習慣

  • アボカドやくるみなど良質な脂肪をとる
  • 食べ過ぎ・飲み過ぎは控える(とくにアルコールは注意)
  • ビタミンB群やビタミンCのサプリを摂る
undefined
はるこさん
内臓を健康に保つには、食べものはもちろん、食べ方や食事時間のサイクルを見直すことが必要そうね。

背中ニキビの治し方

皮膚科で抗菌剤を処方

もっとも効果的な背中ニキビの治療方法は、やはり専門家である皮膚科を受診して薬を処方してもらうことです。

主に処方されるのは、抗菌剤や抗生物質(ステロイド剤)です。飲み薬・塗り薬の両方がありますがどちらも保険適用で、ニキビの原因菌であるアクネ菌などに作用して炎症を抑えてくれます。ただし、長く使い続けると抗菌剤の効かない耐性菌が生まれたり、抗生物質の場合は糖や脂質の代謝異常などの副作用が起きる恐れもあるため、どちらも長期使用はできません。

症状や原因によっては、マラセチア真菌に効果のある抗真菌剤やピーリング効果で毛穴の詰まりを解消するレチノイド、皮脂の過剰分泌の原因となるホルモンバランスの乱れを整えるホルモン剤、肌の新陳代謝を高めるビタミン剤などが処方されることもあります。

背中ニキビは専用のケアを使うのが◎

背中ニキビを治すには、日頃から保湿ケアをしっかりしておくことも重要です。化粧水でしっかりと水分を与えておくことで肌の水分を保ち、水分と油分のバランスを取ることで新陳代謝も良くなり、柔らかい肌を育てることができます。

ただし、化粧水は顔用のものを流用するのではなく、背中ニキビに効果のある成分が含まれた背中ケア専用のものを選ぶようにしましょう。顔ニキビと背中ニキビでは原因菌が違うからという理由もありますが、背中は顔よりも角質層が厚いので顔用の化粧水では濃度が薄過ぎて十分な効果を得にくいからです。

また、背中は角質層は厚いものの顔のように日頃から外気にさらされてはいないため、体の中でも敏感な部位です。添加物やアルコールの使われていない肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

石鹸は成分にこだわって選ぶ

体を洗うときは、合成界面活性剤や添加物が多量に含まれ洗浄力の高過ぎるボディソープではなく、肌への負担の少ない石鹸を使いましょう。その石鹸も、以下のようなニキビの原因菌に効果のある殺菌成分や汚れをしっかりと吸着してくれる成分など背中ニキビに効果のある成分が含まれたものを選べば、さらに効果が高まります。

殺菌成分

ニキビに効果的な殺菌成分は「イソプロピルメチルフェノール」です。

殺菌作用・抗真菌作用があり、アクネ菌やマラセチア真菌を減らして炎症を抑える効果があります。ただ、殺菌力が強すぎることと、アレルギーなどの害があらわれる恐れがあるため厚生労働省により化粧品や医薬品への配合量に上限が設けられており、薬用石鹸では0.082~0.3%とされています。普通に使用している分には悪影響はないと考えられますが、用法用量を守って使用するようにしましょう。

汚れ吸着成分

余分な皮脂や汚れをしっかり吸着してくれるのは、天然のクレイです。

アメリカをはじめ、インドやドイツ、中国など世界各国で産出されており、皮脂や水分を吸着する「カリオン」、モロッコでのみ産出され洗浄力と保湿力の高さから泥パックとしても人気の「ガッスール」、降り積もった過ザ倍が圧力や熱で変化してできたもので、毛穴の汚れを吸着してくれる「ベントナイト」などがおすすめです。

undefined
はるこさん
ほかにも、香料や着色料、アルコールなどの添加物が使用されていないことも重要ですよ。

入浴時、体は最後に洗う

体を洗ったあとに頭を洗うと、せっかくキレイに洗い流した背中にシャンプーやリンス、コンディショナーなどの成分が流れてきてしまいます。シャンプーやヘアケアは体を洗う前にすべて済ませてから背中を洗い、しっかりとすすぎを行うようにしましょう。

また、背中を洗うときに対論などの化学繊維でできたタオルでゴシゴシ擦るのは厳禁です。洗顔と同じく、よく泡立てた石鹸で優しく手洗いするようにしましょう。どうしても手が届かないなどでタオルを使いたい場合は、綿などの柔らかい天然繊維のものを使ってください。

かゆみがあっても掻かない

初期は痛みや痒みのあらわれない背中ニキビも、進行すると痒みを感じることがあります。見にくい部位であることもあってつい無意識に掻いてしまいやすいのですが、ニキビの治りが悪くなってしまいますし、掻き潰して傷ができるとそこから雑菌が入って炎症を起こしてしまう恐れもありますので、痒くても掻かないように注意しましょう。

タオルに包んだ保冷剤などで患部を冷やすと痒みがマシになりますので、どうしても我慢できないときは試してみてください。

衣服や寝具は天然素材を

衣類を選ぶときはデザインを優先してしまいがちですが、素材にも注目してください。ナイロンやポリエステル、レーヨンなどの化学繊維は避け、肌に優しいコットン(綿)やリネン(麻)などの天然繊維のものを選びましょう。通気性・吸湿性の良いシルクやコットンがおすすめです。特に、肌に直接触れるインナーは天然繊維100%のものを選びましょう。

同じく、パジャマやシーツなど寝具の素材にも気を配り、できるだけ毎日洗濯して清潔を保つようにしてください。

ホルモンバランスを整える

睡眠不足やストレス、無理なダイエットなどにより、ホルモンバランスは簡単に崩れてしまいます。規則正しい生活と質の高い睡眠、栄養バランスの良い食事を心掛けて、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。

女性の場合、女性ホルモンの一つ「エストロゲン」と似たはたらきをする「大豆イソフラボン」を黄体ホルモンの分泌が増える生理前に取り入れることでホルモンバランスの崩れを抑えることができます。大豆イソフラボンは豆乳や豆腐、納豆などの大豆製品に含まれていますので、積極的に取り入れていきましょう。

内臓の調子を整える

内臓の調子を整えると、血行が良くなって老廃物の排出も促進されます。中でも、「肝臓」「胃腸」「腎臓」の調子は非常に重要です。

肝臓

代謝や解毒、胆汁の生成など500以上のはたらきを持ち、「人体の化学工場」とも呼ばれている肝臓。中でも、解毒はニキビケアと非常に密接な関係があります。肝臓の機能が落ちると体内で発生した有毒な物質を分解する力が弱まり、血液がドロドロになって代謝や免疫力も落ちてしまいます。

ニキビができやすくなるだけでなく、既にできているニキビが悪化しやすくなってしまうので肝臓の調子はきちんと整えておきましょう。肝臓の調子を整える栄養素としては、ビタミンA、C、Eや良質なたんぱく質、食物繊維が挙げられます。また、お酒やタバコは控えるようにしましょう。

胃腸

食べたものの消化を行っている胃腸の機能が落ちると、消化が上手くできなくなることにより栄養の吸収にも支障が出てしまいます。特にニキビ対策や肝臓の調子を整えるために必要なビタミンが不足しやすくなり、悪化するとビタミン欠乏症を引き起こす恐れもあるのです。

また、腸の活動が低下して便秘になると、腸内に溜まった老廃物から有毒ガスが発生し、ニキビの原因となってしまいます。発酵食材に含まれる乳酸菌やバナナや大豆製品に含まれ腸内の善玉菌の餌となるオリゴ糖、食物繊維を積極的に取り入れて、胃腸の調子を整えるようにしましょう。

腎臓

血液を濾過したり、余分な水分や老廃物を排出する役割を持つ腎臓のはたらきが低下すると、血行が悪化して体内に老廃物や毒素が溜まってニキビを引き起こしてしまいます。小豆や黒豆、玄米、黒ごま、昆布、椎茸、ゴボウ、魚類や貝類など黒い食べ物は腎臓に良い食べ物と言われています。一方、塩やたんぱく質の摂り過ぎは腎臓に負担をかけますので注意しましょう。

市販薬で治す

初期のニキビであれば、市販薬で症状を抑えることも可能です。中でも、手に入りやすくおすすめの市販薬を4つご紹介しておきます。

テラ・コートリル

Source: アマゾン

  • 価格:1,000(税抜)
  • 販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

医療用医薬品でも使われている副腎皮質ステロイド配合の医薬品です。本来ステロイドは医師の処方がなければ使用できませんが、テラ・コートリルに含まれているのはステロイドの中でももっとも刺激が弱いものであるため、処方箋なしでも購入することができます。

アクネ菌やマラセチア真菌に効果のある抗生物質の一種「オキシテトラサイクリン塩酸塩」も配合されており、市販薬の中でもっとも即効性の高い薬と言えるでしょう。

しかし、刺激が弱いとはいえステロイド剤であることに変わりはありません。緊急性の高いときのみに使用するなどして、2週間以上使用し続けるのは避けてください。

オロナインH軟膏

  • 価格:440円(税抜)~
  • 販売元:大塚製薬株式会社

一般家庭の救急箱の中でもよく見かける傷薬として有名なオロナインですが、協力な殺菌成分「グルコン酸クロルヘキシジン」は配合されており、パッケージの効果・効能にも「にきび・吹出物」としっかり明記されています。

オロナインH軟膏は、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビという進行状況の異なる3つのニキビのうち、赤ニキビに特に効果的です。ニキビ以外にも使えてリーズナブルなので、一つ常備しておいても良いですね。

ペアアクネクリーム

Source: アマゾン

  • 価格:950円(税抜)~
  • 販売元:ライオン株式会社

抗炎症作用のある「イブプロフェンピコノール」と、殺菌作用のある「イソプロピルメチルフェノール」が配合されている大人ニキビ対策として市販されている治療薬です。どちらの成分も、アクネ菌だけでなくマラセチア真菌にも効果があります。速やかに炎症を抑えてくれるので、1週間程度で症状が良くなる方が多いようです。

チョコラBBプラス

Source: アマゾン

  • 価格:1,280円(税抜)~
  • 販売元:エーザイ株式会社

塗る薬ではなく飲む薬が良いとう方におすすめなのが、TVCMでもお馴染みのチョコラBBプラスです。殺菌作用や抗炎症作用はありませんが、新陳代謝を高めるビタミンB2や抗酸化作用のあるビタミンB6をはじめとする5つのビタミンB群がたっぷり配合されており、体の内側から肌荒れやニキビのケアをしてくれます。

undefined
はるこさん
初期の背中ニキビであれば、市販薬でも症状を改善させることができます。
でも、症状が進んで炎症が酷くなったり膿んでしまったりすると市販薬ではどうすることもできませんので、きちんと皮膚科を受診するようにしてくださいね。

脱毛が効果的な場合がある

顔と比較して皮脂腺が大きく産毛も太いため、皮脂が詰まってニキビができやすい背中ですが、だからこそ脱毛がニキビ予防に効果がある場合もあります。脱毛をすると毛穴も引き締まり、産毛の周辺に皮脂が溜まってしまうこともなくなります。ボディソープなどもすすぎやすくなるので背中を清潔に保ちやすくなり、背中ニキビができにくくなるのです。

脱毛には色々な方法がありますが、背中ニキビに効果があるのは毛根に光を照射する「光脱毛(フラッシュライト脱毛)」です。光脱毛の際に使用される機械の中には、殺菌効果を持ったものもあり、ニキビの原因菌の増殖を防ぎ炎症を抑える効果も期待できます。

ほかの脱毛方法としてはレーザー脱毛やワックス脱毛がありますが、背中ニキビ対策としてはどちらもおすすめできません。レーザー脱毛は色の濃い部分に反応するため悪化したニキビによる色素沈着がある場合には受けられませんし、ワックス脱毛は刺激が強すぎるため、背中ニキビを悪化させたり、脱毛したあとの毛穴に雑菌が入ってニキビができやすくなってしまう恐れがあるからです。

また、自分で背中の産毛・むだ毛を処理するのもおすすめできません。鏡を使っても見えづらく、思うように手を動かせない場所なのでそもそもセルフケアが難しい上に、使用する脱毛クリームやワックス自体が刺激となってしまうからです。家族にカミソリで処理してもらうのも肌への刺激が強いので、背中の脱毛はサロンでやってもらうようにしましょう。

どこのサロンで施術を受けても背中ニキビに効果がありますか?

同じ光脱毛でも、使用される機械によって背中ニキビの改善効果は異なります。サロンによってはニキビへの効果をPRしているところもありますが、事前にサロンに確認しておくようにしましょう。

背中にニキビがあっても脱毛できますか?

サロンやニキビの状態によって異なります。ニキビが治ってからでないと施術しないサロンや白ニキビなら施術できるけど赤ニキビはできないサロンもありますので、事前のカウンセリングで背中の状態を見てもらうなどして確認しておきましょう。

脱毛したらニキビが増えたという人もいるみたいですが……

脱毛後のケアが悪いと毛嚢炎や背中ニキビを引き起こしてしまう恐れがあります。脱毛後は数日湯船に浸からない、背中をゴシゴシ洗わない、髪が背中に触れないようにする、タオルや衣類、寝具は清潔なものを使用する、しっかりと保湿を行うなど、患部のケアを心掛けるようにしてください。

背中ニキビやニキビ跡におすすめスキンケア6選

アッキー
顔でも背中でも、ニキビの予防や対策のためには毎日のスキンケアが重要ですよね。背中ニキビのケアには専用のものを使うのが良いということでしたけど、何か良いアイテムはありますか?
undefined
はるこさん
もちろんよ。背毎日のセルフケアにおすすめのスキンケアアイテムを6つご紹介します。

メルシアン

Source: 公式サイト

爪で掻くとポロポロと取れるような背中ニキビ対策用のスプレータイプのローションです。ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムのほかに、保湿と美白に効果のある水溶性プラセンタも配合されており、背中だけでなく顔やデコルテ、お尻など全身に使用できるローションです。

  • 価格:8,240(税抜)
  • 販売元:株式会社あいび
効果 使用感 保湿度 おすすめ度

  •  
  • 時間が経ってもしっとり
    37歳・乾燥肌
    凄くしっとりした使用感で時間がたった後も潤いを感じます。 だからといってべたつきが気になることもないので夏の時期でも大丈夫! 気になるニキビに対しては直ぐに効果が表れるわけではないけど少しずつブツブツが落ち着いてきて改善してるように感じます。ニキビ跡の黒ずみにも効果があるようなので続けてみたいなぁと思いました。

    @cosme

 

  •  
  • 背中のニキビも早く治り、肌のボコボコやざらつきなどもなくなった
    28歳・乾燥肌
    背中ニキビ用の化粧品ではありますが、背中意外にも使えるのもいいなと思いました 使ってから背中のニキビも早く治り、肌のボコボコやざらつきなどもなくなったので、良かったです 逆さの状態でスプレーしても普通に使えるのも良かったです

    @cosme

 

undefined
はるこさん
逆さ向けでも噴射できるので、背中の届きにくい部分にもしっかりスプレーできるのが嬉しいですね。ベタつかずしっかり潤ってくれるので、ニキビ予防や保湿ケア、エイジングケアにもピッタリです。

メルシアン

クリアボディローション

Source: アマゾン

ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムと天草エキス・桑白皮エキス・桃仁エキスの3つの和漢が配合された医薬部外品です。ニキビを改善するだけでなく植物エキスが肌を柔らかく保ってくれるので、ニキビ予防にも効果を発揮します。

  • 価格:1,300(税抜)
  • 販売元:オルビス株式会社
効果 使用感 保湿度 おすすめ度

  •  
  • すぐに乾くのでシャツをぱっと着れる
    27歳・脂性肌
    今まで何で使ってなかったのかと思う位です。背中も胸元もツルツルになりました。 特に背中のブツブツが治ったのと、出来にくくなった事が嬉しい。ボトルも爽やかデザインで 癒されます。すぐに乾くのでシャツをぱっと着れるのも便利なところです。 使用した商品

    @cosme

 

  •  
  • 35歳÷普通肌
    二の腕と背中に赤ニキビがポツポツできて気になり半信半疑で購入してみました。お風呂から上がり綺麗な状態で気になる部分にシュッシュッとスプレーし、少しひんやりして気持ちいい! まだ使って2週間位ですが明らかにポツポツの赤みがなくなりニキビも目立たなくなり減ってきました!! これにはびっくりしました お値段もお手頃だしたっぷり入ってるからお得!これはリピ確定! ほんと買ってよかったです

    @cosme

undefined
はるこさん
こちらも逆さ噴射可能なスプレータイプで、215mlで1,399円という破格のローションです。
メントールも配合されているので、汗をかきやすい夏のお風呂上がりも心地よく過ごすことができますよ。でも、冬はちょっと寒いかも。

クリアボディローション

ジッテプラス

Source: 公式サイト

グラビアアイドルの手島優さんも愛用されている、ジェルのようなクリームです。大きさが違う3種類のヒアルロン酸と浸透を助けるナノセラミドが配合されていて、保湿力抜群です。ベタつかずすーっと肌に馴染むので使いやすく、柑橘系の香りにも癒されます。

  • 価格:6,463円(税抜)
  • 販売元:株式会社イッティ
効果 使用感 保湿度 おすすめ度

  •  
  • 新しいニキビが出なくなって、もとからあった大人ニキビもだんだんと小さくなっていってます
    22歳・脂性肌
    真っ白い濃厚なクリームですが、塗り心地はとてもしっとりとしているので べたつくクリームが嫌いな私でも不快感なく使用できました! 香りは全然気にならないので、 お風呂上りに背中へたっぷりとつけます。 ニキビが気になる場所に塗っていきましたが、 新しいニキビが出なくなって、もとからあった大人ニキビもだんだんと小さくなっていってます!

    @cosme

 

  •  
  • 背中のニキビがだいぶ落ち着きました
    26歳・混合肌
    背中のニキビが大変な事になっていたのですがだいぶ落ち着きました(*^O^*) ジェルで伸びも良く塗りやすかったです。 背中だから鏡越しでしか見えないんですけど綺麗になったように思います。 完全ではないけど他人に不快感を感じさせない程度には… とりあえず続けていきます。

    @cosme

undefined
はるこさん
特に保湿力に優れているのがこちら。もちろんニキビの改善にも使えますが、それよりも背中の保湿と乾燥よるニキビの予防に効果絶大です。

ジッテプラス

ルフィーナ

Source: 公式サイト

背中だけでなく顔から足まで全身に使用できるクリームです。ヒアルロン酸以上の保湿力を持つシロキクラゲやお肌の角質層までしっかり届く低分子コラーゲン、ヒアルロン酸をはじめとする6つの植物由来成分を配合し、ニキビケアだけでなくお肌の状態を整えてくれる効果の高いアイテムです。

  • 価格:9,000円(税抜)
  • 販売元:キュアメディカル株式会社
効果 使用感 保湿度 おすすめ度

  •  
  • 1ヶ月ほどで大きなニキビがなくなりました
    17歳・混合肌
    数年前、ニキビができやすい体質で背中や胸にポツポツとできるので、全身に使えるものをと思い購入しました。 さっぱりした使い心地でお肌が柔らかくなり、1ヶ月ほどで大きなニキビがなくなりました。 現在は対策として薄く塗っています。

    @cosme

  •  
  • 残っていたニキビ跡が薄くなってきました
    41歳・普通肌
    私も肩付近にたま~にですが、ニキビ(吹き出物)が出来ることがあり 大きいと治るまでに炎症を起こして後が残ったりするのが嫌なんですよ でも、背中を綺麗に洗ってルフィーナでケアしていたら 残っていたニキビ跡が薄くなってきました ケアをしっかりしていると、ニキビも出来なくなるので これから温泉に行く方や、夏に海に行く方も自信をもっていけますね

    @cosme

undefined
はるこさん
お肌を整えターンオーバーを正常化することでニキビも改善していきます。肌が生まれ変わるサイクルが28〜56日ですので即効性はありませんが、肌本来の力を感じることができるようになりますよ。

ルフィーナ

パルクレール

Source: アマゾン

有効美容成分98.8%という、ニキビ対策と美白・美肌などのエイジングケアの両方ができるオールインワン・ジェルです。背中だけでなく顔にも使えるので、入浴・洗顔後のケアをこれ1つで済ませることができます。ジェルには即効性はありませんが、メイクアップ効果でサッとニキビを消すことのできるカラーコントロール付きなので、両方を組み合わせて使用するのがおすすめです。

  • 価格:9,700円(税抜)
  • 販売元:株式会社ビーボ
効果 使用感 保湿度 おすすめ度

  •  
  • べたべたせずにしっとりとした使い心地
    とてもよかった。 また欲しいと思った。 べたべたせずにしっとりとした使い心地だった

    Amazon

  •  
  • 使い始めてから肌のザラつきがなくなった
    使い始めてから肌のザラつきがなくなった。量の割には値段が少し高いです…

    Amazon

undefined
はるこさん
あらゆる角度からニキビと美肌にアプローチしてくれるぷるんぷるんのジェルです。スキンケアだけでなく、化粧下地やマッサージジェルとしても使えるので、化粧品の添加物によるダメージからも肌を守ることができますよ。

パルクレール

ジュエルレイン

Source: 公式サイト

グリチルリチン酸ジカリウムでニキビの炎症を抑えつつ、抗菌効果もあるサリチル酸で肌を柔らかくして原因菌が増殖するのを防ぎ、植物由来成分の美容成分で肌を整えるトリプルアクションで背中ニキビを徹底的に戦うジェルです。テクスチャーは伸びがよく、肌にスッと馴染みます。

  • 価格:6,225円(税抜)
  • 販売元:株式会社ピカイチ
効果 使用感 保湿度 おすすめ度

  •  
  • 半年くらいしたらすっかりつるつる
    30歳・混合肌
    背中のニキビが酷くて、藁をもすがる思いで思い切って定期コースで購入しました。 背中のTゾーンとお尻にあったニキビにすぐきいてくれて、たしか半年くらいしたらすっかりつるつるで、以前はタンクトップすらニキビが見え隠れしてたので着れなかったのに気にせず着れるまでになりました。

    @cosme

  •  
  • 即効性より少しずつ効く感じ
    28歳・乾燥肌
    使い始めて、そろそろ一年になります。 結果としては、確かに効果ありです。 まったくニキビが出来ない訳では無いです。 今の背中も綺麗と言える状態ではありませんが、使う前に比べたら格段に状態が落ち着いています。 即効性より少しずつ効く感じですね。 二の腕と背中に使用していますが、塗った翌日に、二の腕にツヤが出てビックリしたのを覚えてます。

    @cosme

undefined
はるこさん
効果は高いものの、お値段もそれなりです。でも、お得な定期購入でも「○個購入しないと解約できない」というような縛りがなく、いつでも変更・解約できるので、安心して試すことができます。

ジュエルレイン

背中のできものの種類と見分け方。痛いときは病院へ

「しつこい背中ニキビだと思っていたら、実はまったく違う病気だった!」ということがあります。それぞれニキビと見分けるポイントがありますので、ニキビではないようであれば早めに皮膚科を受診するようにしてください。

粉瘤

肌にできる腫瘍で、表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)やアテロームとも呼ばれるものです。何らかの原因で皮膚の下に嚢胞(のうほう)という袋状のものができ、そのなかに古い角質が溜まってしまう病気で、外傷や肌への刺激が原因で引き起こされることもあります。

黒ニキビと同じようにしこりの中心に黒い点が見られますが、しこりが硬く、皮膚の外側から嚢胞を摘むことができること、皮膚の表面に開口部という小さな穴が開いていて、しこりを圧迫するとその穴から白くてニオイのある油のような液体が出てくる点がニキビとの大きな違いです。また、進行するとしこりが1〜2cmから大きいものだと10cm以上にまで育ってしまうので、ニキビにしては大き過ぎるようであれば粉瘤を疑った方が良いでしょう。

嚢胞を取り除かない限り根本的治療にはならないため、治療は外科手術が必要となります。小さいうちであれば軽い手術で済み傷跡も小さいので、少しでも粉瘤の疑いがあれば速やかに病院を受診しましょう。

毛孔性苔癬

正式名称は「尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)」で、背中だけでなく二の腕や太もも、おしりなど全身の肌に起きる恐れのある皮膚疾患です。

本来であればターンオーバーで剥がれ落ちていくはずの古い角質が何かしらの異常で毛穴の周辺に溜まって毛穴を塞いでしまうというもので、原因は未だに解明されていません。遺伝的要因が強いとも言われていますが、妊娠や出産を気に発祥する女性も少なくないので、ホルモンバランスとの関連も指摘されています。

炎症とは違い痛みや痒みといった不快症状はありませんが、毛穴が固まった古い角質で塞がれることで肌がブツブツザラザラになってしまうため、見た目がコンプレックスになってしまい悩んでいる方も多くいらっしゃるようです。また、進行すると炎症が起こる恐れもあります。

ニキビと見分けるためには、ブツブツのでき方をよく観察しましょう。ニキビであれば、ブツブツはまばらに発生しますが、毛孔性苔癬の場合は腕なら両腕、足なら両脚と左右対称にブツブツが発生します。

治療としては、肌を柔らかくしたり毛穴を塞いでいる角質を取り去るために、塗り薬やピーリング、レーザー治療が行われることが多いです。ただ、残念ながら毛孔性苔癬が治る病気であることを知らない医師も少なくないため、「体質だから」と治療してもらえないこともあるため、知識のある医師を捜す必要があります。

ヘルペス

ニキビはアクネ菌やマラセチア真菌などの常在菌が原因ですが、ヘルペスはウィルスによる感染症です。ヘルペスといえば口周りにできるもの有名ですが実は背中にできることもあり、ストレスなどにより免疫力が低下すると発症することがあります。

見た目は白ニキビと似ていますが、白ニキビと違い触ると痛みや痒みを感じるので、ニキビとの見分けはつきやすいです。また、ヘルペスには白ニキビのような白さはなく、水ぶくれのように透明な肌色をしており、潰すと水が出てきます。

また、ニキビとのもっとも大きな違いとして、ヘルペスは非常に感染力が強く、他人にうつる恐れがあるということが挙げられます。直接触るだけでなく、タオルを共有するなどしても感染してしまいますので、早めに皮膚科を受診して治療してください。

治療には飲み薬や塗り薬が処方されますが、症状が進行して重症化している場合は点滴治療が選択されることもあります。

背中美人になる7つのニキビ対策

それでは、背中ニキビの改善や予防に役立つ対策を、具体的に紹介していきます。

入浴時の注意点から肌に良い睡眠のポイントなど、その方法は合計で7つ。しっとりツルツルな背中を手に入れるためにも、日常生活の中で心掛けてみるとよいでしょう。

【1】バスタイムでのコツを押さえる

汚れが残りにくく刺激を与えないのが、理想といえる背中ニキビの改善・予防法です。そのためにも、いくつかのコツを押さえて入浴することが必要になります。

まず、基本的に背中は手で洗うこと。

ナイロンでできたタオルは背中を傷つける恐れがあるために使いません。手で届かない場所は手ぬぐいなど柔らかい布で優しく洗い、強く擦らないようにして下さい。

また、髪を洗う時は頭を後ろに倒さず前に下ろして洗いましょう

頭を後ろに傾けるとシャンプーやリンスが背中に残りやすくなるため、注意が必要です。また、洗い残しを避けるためにも頭→体といった順番で洗うのが吉。

さらに、湯船の温度は38~40度で、つかる時間は合計して15分くらいを心掛けて下さい。

これよりも熱いお湯や長時間の入浴は、皮膚に必要な皮脂や、水分を蓄える役割をもつ細胞間脂質を洗い流してしまいます。すると、乾燥から肌が過敏になり、背中ニキビを引き起こしてしまうので気を付けましょう。

長く湯船につかっていると指がふやけますが、これは皮膚の保湿成分が流れている証拠だといわれています。リラックス効果があると人気の半身浴も、背中ニキビを予防するためには控えるのが賢明です。

バスタイムのコツ

  • 背中は手で洗い、届かない部分は手拭いなどを使う
  • 頭は体よりも最初に、前に倒して洗う
  • 湯船の温度は38~40度のぬるめに設定
  • お湯につかる時間は合計で15分を目安とする

 【2】スクラブやパックで角質ケアする

毛穴に角質や皮脂が詰まることで、ニキビはできてしまいます。そのため、背中の角質ケアとして1ヶ月に1~2回程度、スクラブやクレイパックを行うことをおすすめします。

細かい粒が研磨剤として練りこまれているスクラブは、強く擦り過ぎると肌を傷める原因になります。手拭いなどにつけて優し背中を擦りましょう。

また、泥を原料としているクレイパックは、皮脂を吸着する効果があるものを選ぶのがおすすめです。

さらに、手でつけようとすると背中全体に行き渡らずムラになってしまうため、ゴムベラを使ってクレイを塗るとよいでしょう。ゴムベラなら背中の中央にも届く長さなので、塗り忘れやムラを防ぐことができます。

undefined
ちょこ
クレイパックは顔用として販売されているものを背中に使って大丈夫です。

このように、定期的に角質をケアすることで毛穴詰まりを防ぎ、ニキビの予防にも役立ちます。

【3】背中専用の化粧品などでケアする

皮脂の分泌量が多い背中のニキビを改善・予防するために、とにかく汚れを落とすことばかりに着目しがち。しかし、皮脂を落とし過ぎると乾燥からニキビを引き起こすこともあるので、その後は背中専用の化粧品などで潤いを与えることも大切です。

背中用の化粧品には、主に化粧水・ジェル・クリームなどがあります。顔用の化粧品を使うという方法もありますが、顔よりも背中の方が角質層は厚く、顔用の化粧品では効果が現れにくいために避けた方が無難でしょう。

背中も顔と同じように、化粧品によって保湿や引き締めを行うことで、ターンオーバーを整えて柔らかい肌を作ることができます。皮膚が潤って柔らかいと毛穴に皮脂や角質が詰まりにくくなるので、ニキビを予防・改善することが可能になります。

背中のケアについて詳しく知りたい人はコチラをチェック♪

【4】寝具やナイトウェアに気を配る

眠っている間に起きる背中のムレを防ぐためにも、寝具やパジャマなどのナイトウェアは、吸湿性や通気性に優れた素材を使ったものを使うのがよいでしょう。

特に、シルクや綿などの天然素材で作られたパジャマは、汗を吸収する力が高いのでおすすめ。また、リネン地の衣服も通気性がよいので、背中ニキビ予防には効果的です。

寝具やパジャマを探す際の目安としては、機能素材として吸汗・速乾性がよいものを選ぶのがポイントです。特に汗をかきやすい夏は、速乾機能がついたシーツを使うと背中のムレを防止することができます。

なお、雑菌の繁殖を防ぐためにも、パジャマやシーツには気を配り、こまめに取り換えるようにしましょう。

【5】理想的な時間帯に睡眠をとる

睡眠時間の短さや浅い眠りといった睡眠不足は、体にとって大きなストレスとなります。

undefined
はるこさん
体がストレスを受けると、交感神経が活発化。男性ホルモンの分泌量が増えて皮脂の分泌が盛んに行われるようになり、ニキビができやすくなってしまうのよ。
undefined
あっきー
じゃあ、背中ニキビを改善・予防するためには、睡眠を正しくとらないといけないんですね。

 よく、「夜の10~2時は睡眠のゴールデンタイム」といわれますが、それは違います。

理想的なのは、睡眠のコアタイムにきちんと眠っていること。睡眠のコアタイムとは、深夜0~3時までのことをいいます。

肌の健康を保つ成長ホルモンは、入眠後3時間の間にもっとも分泌されるといわれています。しかし、入眠後の3時間に深い睡眠がとれていないと、成長ホルモンの分泌量も少なくなってしまいます。

一方、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌量が減り始めるのは午前3~5時で、この時間帯は眠りが浅くなりやすいのが特徴です。よって、眠り始めの3時間が午前3時以降に重なってしまわないために、遅くても午前0時には布団に入るのがよいでしょう。

これが、深夜0~3時が睡眠のコアタイムと呼ばれる理由です。

【6】エステでバックメニューを受ける

背中は自分でケアすることが難しい部位のため、時には専門機関での施術を受けるのも、背中ニキビの改善に役立ちます。エステサロンによっては背中だけのメニューが存在している所もあるので、そういった場所を利用してみるのもよいでしょう。

エステにおけるバックメニューには、例として次のようなものがあります。

  • ピーリング
  • ゴマージュ(角質ケア)
  • パック
  • イオン導入

背中だけのメニューは全身コースよりも低価格で、場所によっては専門のスタッフによるアドバイスを受けることもできます。また、エステは精神的にもリラックスできる場所なので、ストレスを和らげる効果も期待できるでしょう。

自分でケアしてもなかなか改善しない時、もしくは結婚式などで早急にニキビを少なくしたい時は、エステサロンを頼るのもひとつの手です。

【7】マッサージで心身を整えてもらう

マッサージは自律神経を整える力があるため、背中ニキビの予防に効果的です。

体をもみほぐすことによる血流の改善や、ツボの刺激によって心身がリラックスすると、副交感神経の方が有利になります。すると、皮脂の過剰分泌が抑えられるほか代謝アップホルモンバランスの乱れを整える効果も期待できるなど、メリットがたくさんあります。

さらに、背中や肩のコリは、背中ニキビができる原因のひとつといわれています。

筋肉のコリは血行が悪化していることを意味しますが、そうなると必要な栄養が細胞に運ばれにくくなり、新陳代謝が低下。古くなった角質が毛穴に詰まりやすくなるため、ニキビができやすくなるのです。

そのため、マッサージによって血流を良くすることでターンオーバーが促進され、毛穴に角質が詰まるのを防ぐ効果があります。

undefined
はるこさん
ただし、これらの効果が得られるのはプロから受けるマッサージのみ。資格がない人にやってもらうマッサージや自分で行うマッサージは、ニキビに十分な力を発揮しない可能性が高いので注意して下さいね。

 背中ニキビの原因に応じてケアしよう

自分の目で直接確認するのが難しい背中のニキビは、思いがけない行動が原因で起きている場合もよくあります。薬や病院での治療でニキビに対抗することは可能ですが、根本的な改善のためには、ニキビができる理由を突き止めることが大切なのです。

きちんとケアできていると思っていても、実は見落としている行動があるかもしれません。

入浴の仕方や睡眠のとり方など、この記事で紹介した原因に当てはまるかどうかしっかりチェックし、美しい背中を手に入れるために正しいケアを行っていきましょう。

そうすれば背中の開いたドレスやビキニ姿に自信が持てるようになるはずです!

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事