ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9の美白効果は?《画像あり》シミ消しの口コミ・成分解析

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9のシミ消し効果は?

一般的な美白化粧品はシミの予防しかできませんが、できてしまったシミが消える!?と評判になっているのがビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9

漂白型美白成分として注目を集めているハイドロキノン配合で、販売実績10年以上!しかも累計59万本突破!という、独自の浸透技術キューソーム(QuSome®)が採用されたナイトクリームです。シミ・そばかす・色素沈着・肝斑・くすみでお悩みの方は気になりますよね。

undefined
はるこさん
ビーグレンは薬学博士が開発したアメリカ最先端のサイエンスコスメ♪
undefined
あっきー
CEOが日本人のビーグレン!国内製品は日本人向けの処方になっているから日本人の肌にぴったりですよ!

ただ「シミが増えないようにするだけでも大変なのに、本当に消えるの?」と疑問ですよね。そこで編集部では実際にQuSomeホワイトクリーム1.9を試してみました。

この記事を最後まで読むと、シミの消えるメカニズムが分かりますよ!まずは徹底リサーチした口コミから見ていきましょう。

安心して買える!365日返金保証あり

QuSomeホワイトクリーム1.9の口コミをチェック

QuSomeホワイトクリーム1.9の口コミをチェック!

シミ消しもシミの予防もOK!?と話題になっているビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9。その評判は真実?それとも嘘?実際に使った人の口コミを集めました。

効果なし?悪い口コミ

評価の高い口コミが多かったものの、悪い評判もまったくなかったわけではありません。とくに「肌の漂白剤」と注目を集めているハイドロキノンに関する辛口コメントが目立ちました。

  • 2週間ではムリ
  • 2週間ではムリ
    2週間ではムリ
    2/5
    30代 / 敏感肌
    ちふれの「しっかり美白セット」を愛用中ですが、プチプラじゃない美白クリームも使った方が早くシミがなくなりそうと思い、こちらを試してみました。同じビーグレンでも美容液のCセラムは顔がつっぱるとか皮がむけたなどの悪いうわさを聞いていましたが、QuSomeホワイトクリーム1.9にはつっぱり感やベタつきはありません。でも、2週間ではシミは消えませんでした。いくら即効性が高いとはいっても最低限1ヶ月は使わないとダメかも。

        

  • 結果はまだ
  • 結果はまだ
    結果はまだ
    3/5
    40代 / 乾燥肌
    医薬部外品だから安心!と思ってポーラのホワイトショットSXSを使ってきましたが、できてしまったシミは消えないし、値段も安いわけじゃないから「どうなの?」って感じでした。有効成分のルシノールとビタミンC誘導体では、シミの予防はできてもシミの改善には良くないみたいなので、ハイドロキノン配合のビーグレンに変更!でも使い始めたばかりだから結果はまだ出ていません。顔色は少し明るくなりましたが、これからに期待!

        

  • 使い方には注意が必要
  • 使い方には注意が必要
    使い方には注意が必要
    2/5
    30代 / 敏感肌
    頬骨の肝斑を消したい!と、雪肌精のクレンジング・洗顔・化粧水・乳液にビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9をプラスしました。ただ欲張って重ね塗りをしたせいか、ヒリヒリとした刺激を感じました。ハイドロキノンは合わない人もいるみたいですが「正しい使い方じゃなかった?」と考え直し、少量を顔全体に伸ばしたら大丈夫でした。早めに気がついたから深刻な肌トラブルにはなりませんでしたが、使い方には注意が必要ですね。

        

  • 吹き出物ができた
  • 吹き出物ができた
    吹き出物ができた
    2/5
    20代 / 混合肌
    刺激があるかも?と心配でした。頬にあるニキビ跡の色素沈着と目の下のクマが薄くなることを期待して使ってみましたが、1週間では変化がありませんでした。ベタベタしないテクスチャーは気に入りましたが、吹き出物ができたのがちょっと気になります。白く変色してまだらになる……なんてことはなかったから大丈夫なはずですが、「ハイドロキノンは刺激が強い」と聞いていたのでどうしてもそのせいかと疑ってしまいます。

        

  • 独特のニオイが苦手
  • 独特のニオイが苦手
    独特のニオイが苦手
    3/5
    40代 / 乾燥肌
    皮膚科医にハイドロキノンを処方してもらうと保険適用外で値段が高いらしいので、市販の美白クリームを探していて見つけました。ビーグレンは日本人の肌をモデルにして製品開発しているとか。シミのない透明肌になって若返りたい!と思って使ってみました。半年後には顔全体がトーンアップし、シミだけでなく眉間のシワや毛穴、たるみも目立たなくなりました。ただ独特のニオイがあるので、そこだけは好きになれません。

        

QuSomeホワイトクリーム1.9の「1.9」という数字は、ハイドロキノン濃度を表しています。皮膚科や美容クリニックで処方されるハイドロキノンは4%~5%が主流なので、1.9%だと低刺激ですが、それでも状況によっては刺激や赤みを感じる方もいるようです。

undefined
はるこさん
正しい使い方をすることで、ハイドロキノンの刺激や赤みを回避できる場合もあります♪
undefined
あっきー
ハイドロキノンについては成分や使い方の項目で詳しくお伝えしましょう!

公式サイトの口コミを見る

効果あり?良い口コミ

実際にQuSomeホワイトクリーム1.9を使って「シミが消えた!」という口コミはたくさんありましたよ!

  • シミが薄くなった
  • シミが薄くなった
    シミが薄くなった
    5/5
    30代 / 敏感肌
    これまで無添加のファンケルを使っていました。ただ石油系界面活性剤こそ不使用ですが、合成界面活性剤は使われているとか。肌に優しいのか疑問になったうえに、お店で買える基礎化粧品ではシミ消しは無理みたいとあきらめ、ネット注文のサイエンスコスメ「ビーグレン」に切り替えました。良かったのはQuSomeホワイトクリーム1.9。2週間くらいで顔色がパッと明るくなり、1本使い切った頃には目の下のシミがかなり薄くなりました。

        

  • そばかすにもいい
  • そばかすにもいい
    そばかすにもいい
    5/5
    20代 / 敏感肌
    いつのまにかシミが消えた職場の先輩に「これいいよ!」とプレゼントされたのがきっかけ。ずっとそばかすがあり、大学生以降はリキッドファンデやパウダーファンデーションなどのベースメイクを厚塗りしていましたが、隠しきれてなかったみたい。最初は「1日何回使うの?」などドタバタしたものの、1年後にはそばかすはすっかり目立たなくなりました。完全に消えたわけではありませんが、肌がトーンアップして薄くなったようです。

        

  • 顔色が明るくなった
  • 顔色が明るくなった
    顔色が明るくなった
    5/5
    40代 / 乾燥肌
    濃いシミも深いシワも、たるみやほうれい線も気になり、ざっくりエイジングケアしなきゃ!と困っていました。そんな時にハイドロキノン配合の美白クリームがいいと聞いて、お試し!ヒフミドではシミの予防すらままならかなったのに、ビーグレンを使い始めてから一気に顔色が明るくなりました。おかげでシミも少しずつ薄く小さくなり、肌にハリも出てきました。まわりからも若く見られるようになり、嬉しい限りです!

        

  • 肝斑が消えた
  • 肝斑が消えた
    肝斑が消えた
    5/5
    30代 / 乾燥肌
    妊娠・出産を経て茶クマが頬骨あたりまで広がった、と思っていたら肝斑でした。「どうしたら消えるの?」とアレコレ試した果てにたどりついたのがビーグレン。有名人が広告するコスメとは違うものの、人気雑誌やブログなどで話題になっていて、使っている芸能人もいるとか。さすがは薬学博士が開発した浸透技術!1ヶ月半ほどで1本を使いきった頃には「どこに肝斑があった?」というくらいキレイに消えてくれました。

        

  • 長年の悩みが解消された
  • 長年の悩みが解消された
    長年の悩みが解消された
    5/5
    20代 / 混合肌
    エトヴォスではニキビ跡の色素沈着が消えなかったので、ビーグレンのニキビ跡ケア・ニキビケア・ホワイトケアのトライアルセットをお試し!そのうちハイドロキノン配合の美白クリームが良かったと気づいて現品をリピートしたところ、1ヶ月で長年の悩みだった色素沈着がほとんど目立たなくなりました。炎症ニキビが治まったのはクレイローションのおかげかもしれませんが、毛穴が開いてザラザラだった肌もなめらかになりました。

        

シミ・そばかす・色素沈着・肝斑、いずれにも効果的なようですね!

薬学博士が開発!浸透技術をお試し

ツイッター・インスタの評価

QuSomeホワイトクリーム1.9はSNSでもシミ改善効果が評判になっていました。

シミが薄くなってきたよ

3日目に肌が明るくなった

約1年愛用中

実際に「肌が明るくなった」「シミが薄くなった」と大好評です!

人気の秘密をチェック

QuSomeホワイトクリーム1.9を使ってみた【画像あり】

QuSomeホワイトクリーム1.9を使ってみた♪

口コミでは比較的早めにシミ改善効果を実感している人が多いことが分かってきました。編集部にも肝斑ニキビ跡の色素沈着で悩んでいるスタッフがいたので、実際にQuSomeホワイトクリーム1.9を1ヶ月試してもらいました。嬉しい変化があったみたいですよ!

体験者プロフィール
性別 / 年齢:女性 / 34歳
肌タイプ:敏感肌
これまでのスキンケア:サエル
悩み:肝斑・ニキビ跡の色素沈着

公式サイトで注文!試しにつけてみた

もともと頬にニキビ跡の色素沈着はありましたが、30歳を過ぎてから肝斑ができました。シミができる年代や年齢層はもっと上かと思っていたので、何歳からできるもの?と調べたら30代~40代にできやすい肝斑だと分かりました。    

これまではディセンシア「つつむ」のクレンジング・洗顔料、サエルの化粧水・美容液・薬用クリームを使ってきました。ただ美白有効成分アルブチンよりもハイドロキノンの方が美白効果は高いらしいと聞き、クリームのみQuSomeホワイトクリーム1.9に変更しました。

QuSomeホワイトクリーム1.9

公式サイトで注文するとすぐに到着!

QuSomeホワイトクリーム1.9

いつものスキンケアの最後に試してみました。

QuSomeホワイトクリーム1.9

クリームなのでそれなりに粘度はありますが、軽めのテクスチャーです。

QuSomeホワイトクリーム1.9

ハイドロキノン独特のニオイはほんの少しあるかな~?というくらいで、ほぼ無臭といえるほど気になりませんでした。

QuSomeホワイトクリーム1.9

少量で伸びが良く、なじませるととろけるように肌の奥まで浸透しました。すごい塗りやすいクリーム!ベタつきもなく、1回使っただけでもツヤ感のある肌になった感じがしました。

1週間:顔色が明るくなった

QuSomeホワイトクリーム1.9のテクスチャー♪

夜のみの使用で1週間続けたところ、肌がトーンアップして顔色が明るくなりました。肝斑もニキビ跡の色素沈着もまだ消えていませんが、全体的に薄く目立たなくなり始めています。

独自の浸透技術キューソーム(QuSome®)のおかげで浸透性や即効性がすごい!とは聞いていましたが、本当に効果が出始めるのが早い!と驚きました。

2~3週間:かなり薄くなった

使ってみた動画はこちら

【動画】QuSomeホワイトクリーム1.9を塗ってみた!

肝斑と色素沈着の部分には重ね塗りをしたくなりましたが、顔全部をハンドプレスするだけに留めて、毎日コツコツ使い続けました。そのおかげか3週間が過ぎた頃には、肝斑も色素沈着もかなり薄くなっていました

1ヶ月後の感想:ほとんど消えた!?

ビフォーアフターの写真はこちら

ビフォーアフターの写真♪

見てください!この変化。毎日鏡を見ていたので少しずつ目立たなくなっているな~とは思っていましたが、まさかここまで薄くなるとはほとんど消えたといってもいいくらいです。ビーグレンのハイドロキノンはすごいとは聞いていましたが、すごすぎました。

もちろん肝斑も色素沈着も完全に消えたわけではないので、これからもじっくり続けてさらに透明感を高めます

サイエンスコスメを自分で試す

QuSomeホワイトクリーム1.9のメリット / デメリット

透明感UPの集中ケアクリーム!

ハイドロキノン配合でシミ消しに即効性があることが分かってきたQuSomeホワイトクリーム1.9ですが、効果が高い分デメリットがあることも事実。対処法をおさえておきましょう。

ホワイトクリーム1.9のメリット

  • シミの予防も今あるシミ消しもOK!
  • 全体塗りだから顔全体を明るくできる
  • 10年以上の販売実績があるから安心
  • 累計59万本突破!人気も実力もある
  • 薬学博士が開発!美白効果が高い
  • 日本人向けの処方だから肌に優しい

ホワイトクリーム1.9のデメリット

  • 朝・日中の使用、重ね塗りは不向き
  • ハイドロキノン独特のニオイがある
  • 状況により刺激を感じることもある
  • トレチノインとの併用は要注意
  • シミの種類によっては効かないことも

夜の使用がベスト!

ビタミンC・アルブチン・トラネキサム酸など代表的な美白成分の約10~100倍も美白効果が高いというハイドロキノン。その反面、濃度や使い方によっては白斑やピリピリとした刺激・赤み、かえってシミが濃くなるなどの異常が生じることも。※白斑:白なまず・白抜け

さらにハイドロキノンには紫外線に弱いという光毒性があるため、使用は夜がベストです!

undefined
はるこさん
朝・日中の使用はひかえることをおすすめしますが、どうしても使いたい時は日焼け止めが必須♪

重ね塗りはダメ!

ハイドロキノン濃度は2%以下の1.9%に抑えられていますが、独自の浸透技術により4%の効果を発揮します。シミのある部分に重ね塗りをしたくなるところですが、白斑や刺激・赤みなどの可能性が高まります。

undefined
あっきー
重ね塗りは逆効果になる場合もあるため、なるべくやめておきましょう。

トレチノインと併用する時は医師に相談

またハイドロキノンはビタミンA(レチノール)と併用するとホワイトニング効果が高まると考えられていますが、ビタミンA誘導体の一種トレチノイン(レチノイン酸)との併用は要注意

undefined
ちょこ
トレチノインそのものは美白成分ではありませんが、日本では医師の処方が必要なほどシワ改善効果が高い成分♪
undefined
はるこさん
ハイドロキノンとトレチノインを併用する時は、必ず医師の指示に従うようにしましょう!

またレチノール(ビタミンA)レチノイン酸トコフェリル(ビタミンA&E)が配合された美容液QuSomeレチノAと併用する時は、朝と夜で使い分けましょう。朝にQuSomeレチノA、夜にQuSomeホワイトクリーム1.9、様子を見ながらごく少量を使うのがおすすめです。

ハイドロキノンでは効かないシミもある

一般的なシミそばかす、ニキビ跡や虫さされ跡などの色素沈着肝斑改善・予防に向いているハイドロキノン。ただアザほくろ真皮性のシミなど、効果が期待できない種類のシミもあります。

undefined
ちょこ
ハイドロキノンでも無理な種類のシミについては、クリニックでのレーザー治療などが必要でしょう。

ハイドロキノンが効果的なシミ

  • 一般的なシミ(老人性色素斑)
  • そばかす(雀卵斑)
  • 炎症性色素沈着(ニキビ跡など)
  • 肝斑(頬骨などの左右対称なシミ)

ハイドロキノンが不向きなシミ

  • アザ(対称性真皮メラノサイトーシス)
  • 青アザ(太田母斑)
  • 茶アザ・カフェオレ斑(扁平母斑)
  • 老人性イボ(脂漏性角化症・SK)
  • ほくろ(母斑細胞母斑)
  • カラスの足跡(光線性花弁状色素斑)

ハイドロキノンでシミを解決♪

QuSomeホワイトクリーム1.9と他の人気商品を比べてみた

ビーグレン vs アンプルール

ハイドロキノン配合の美白クリームといえばビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9が大人気!ただハイドロキノン配合の美白美容液アンプルールのラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110とどっちがいいのか、迷っている人もいるのでは。

ビーグレンの方がおすすめの理由

  • ハイドロキノン濃度1.9%で低刺激!
  • 独自の浸透技術で濃度4%効果を実現
  • トリプル美白成分でシミを徹底ケア

結論からいうとアンプルールよりビーグレンの方がおすすめです。その理由を詳しく比較してみました。

ビーグレンアンプルール
アイテム

QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

コンセントレートHQ110

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
内容量
15g

11mL
1回あたりの値段
約218円

約240円
ハイドロキノン濃度
1.9%

2.5%
技術

QuSomeホワイトクリーム1.9

  • 6,480円 / 1ヶ月強分 / 1日1回
  • 種類 / 使用法:クリーム / 全体使い
  • 効果:シミ・そばかす・肝斑・色素沈着(改善・予防)
  • 主成分:ハイドロキノン・ビタミンC誘導体・美白ペプチド
  • 技術:キューソーム(QuSome®)・ナノカプセル化

コンセントレートHQ110

  • 10,800円 / 約1ヶ月半分 / 1日1回
  • 種類 / 使用法:美容液 / 部分使い
  • 効果:シミ・そばかす・肝斑・色素沈着(改善・予防)
  • 主成分:ハイドロキノン・カンゾウ根エキス
  • 技術:新安定型ハイドロキノン・マイクロカプセル化

低刺激で効果の高いビーグレン

ハイドロキノン濃度は2.5%とアンプルールの方が高いものの、刺激の面で考えると2%未満がおすすめ!その点ビーグレンは1.9%でクリアしています。しかもハイドロキノンを独自の浸透技術キューソーム(QuSome®)化することにより、4%効果を実現しています。

undefined
はるこさん
ビーグレンの方が低刺激で高い効果が期待できるということですね♪

ビーグレンなら徹底美白が可能

ハイドロキノン以外に、ビタミンC誘導体美白ペプチドも配合されているビーグレン。そのため「入口で阻止する」「内側で攻める」「出口で阻止する」という、3段階の徹底したシミケアが可能です。

undefined
あっきー
徹底美白できるアイテムを選びたいなら、ビーグレンがおすすめ!

全体使いでコスパも良い

アンプルールの美容液はピンポイントの部分使いですが、ビーグレンのクリームは全体使いという違いも。また約1ヶ月半分と内容量がやや多いアンプルールですが、その分10,800円と値段も高め。対するビーグレンは1ヶ月強分6,480円とコスパが良くなっています。

undefined
はるこさん
顔全体のトーンアップにはビーグレンの方が向いていますね♪
undefined
あっきー
お財布に優しく経済的なのもビーグレン!国内製造で日本人の肌にぴったりなところもおすすめです。

ビーグレンやアンプルール以外の美白化粧品が気になる方は「シミ消しクリーム人気ランキングTOP80」の記事もチェックしてください!

\日本人の肌に合う/安心の国内製造コスメを選ぶ

QuSomeホワイトクリーム1.9の成分・副作用

QuSomeホワイトクリーム1.9の成分をチェック♪

「入口・内側・出口」の3段階で徹底美白ができるビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9。どの成分がシミの改善や予防につながるのか、シミの消えるメカニズムと併せて分析しました。

注目成分

  • 入口!オリゴペプチド-34【美白ペプチド】メラニン生成を抑制
  • 入口!オリゴペプチド-68【βホワイト】メラニン合成を阻害
  • 内側!ハイドロキノン【漂白型美白成分】メラノサイト&チロシナーゼ抑制
  • 出口!ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸【最新型ビタミンC誘導体】ケラチノサイト輸送阻止

1. 入口で阻止!シミの原因を作らせない

入口で阻止する成分

紫外線などの外的刺激を受けると、表皮の底にあるメラノサイトという色素細胞から、シミの元になるメラニンが生成されます。この初期段階で、シミの原因となるメラニンを作らせないようにするのが、2種類のペプチドです。

オリゴペプチド-34【美白ペプチド】

オリゴペプチド-34

美白ペプチドと呼ばれるオリゴペプチド-34にはメラニンの生成を抑える働きがあり、初期段階でシミの原因となるメラニンが作られないよう指令を出してくれます。

オリゴペプチド-68【βホワイト】

オリゴペプチド-68

シミの原因メラニンは、アミノ酸の一種チロシンから生まれ、チロシナーゼなどの酵素により次々と変化し、最終的にメラニンになります。βホワイトと呼ばれるオリゴペプチド-68は、メラニンの合成そのものを阻害し、チロシナーゼTRP-1・2という酵素の働きを抑えます。

undefined
ちょこ
オリゴペプチド-68(βホワイト)は、シミができるメカニズムごとストップしてくれるというわけですね♪
ペプチドとは?
ペプチド=アミノ酸が結合したもの
タンパク質>ペプチド>アミノ酸
タンパク質:アミノ酸が50個以上
ペプチド:アミノ酸が2個以上50個未満
タンパク質を構成するアミノ酸:20種類

2. 内側で攻め!できたシミを薄くする

内側で攻める成分

できてしまったメラニンを薄くしてくれるのがハイドロキノンです。

ハイドロキノン【漂白型美白成分】

ハイドロキノン

肌の漂白剤としてシミ消し効果が注目されているハイドロキノンですが、色素細胞メラノサイトやチロシナーゼ酵素を抑える働きもあり、シミの予防にも役立ちます。

多くの美白成分と何が違うの?

多くの美白成分

紫外線をブロックし、メラニンの生成を抑えるのが多くの美白成分。未来にできるシミの予防に役立ちます。

ハイドロキノン

ハイドロキノンにはシミの予防に加えて、今ある濃いシミを薄くする効果が期待できます。

浸透技術キューソーム(QuSome®)

QuSome®カプセルは髪の毛の1/500サイズ♪

ホワイトニング効果の高いハイドロキノンでも、肌バリアに阻まれて浸透しなければ意味がありません。ビーグレン独自の浸透技術によるキューソーム(QuSome®)化ハイドロキノンは、髪の毛の1/500サイズと非常に小さく、優れた浸透性・安定性・持続性・低刺激を実現しています。

QuSome®化で4%効果&刺激1/4

QuSome®化ハイドロキノン1.9%=4%の効果

アメリカでは1982年にFDAより美白成分として認可されたハイドロキノンですが、日本では2001年の薬事法改正により化粧品にも使われるようになりました。ただEUでは2001年に化粧品への配合が禁止されており、アメリカでも4%以上は処方箋が必要です。

効果と刺激のせめぎ合いのなか、おすすめのハイドロキノン濃度は2%未満になります。しかもホワイトクリーム1.9に配合された1.9%のハイドロキノンは、QuSome®化されているため4%と同じ効果を発揮してくれます。

QuSome®化ハイドロキノン=刺激1/4

1.9%のQuSome®化ハイドロキノンは、4%ハイドロキノンと比べて刺激が1/4であることも実証されています。

どうして医薬部外品じゃないの?

実は「化粧品<医薬部外品」ではなかった!

効果は高いものの刺激が心配なハイドロキノンは、処方薬以外の医薬部外品には使用できません。医薬部外品なら美白効果あり!と広告できるので、配合すると医薬部外品にならないハイドロキノンを敬遠するメーカーもあるほど。

undefined
ちょこ
ビーグレンは効果重視のブランドなので、薬用ではない化粧品として、ハイドロキノンを配合しています♪

3. 出口で阻止!シミの元を封じ込める

出口で阻止する成分

入口で阻止する美白ペプチド、内側で攻めるハイドロキノンに対して、出口で阻止するのが最新型ビタミンC誘導体ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸です。

ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸【最新型ビタミンC誘導体】

ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸

色素細胞のメラノサイトは表皮の底の基底層にありますが、肌の生まれ変わりによって角化しながら上に進むと角化細胞のケラチノサイトになります。ケラチノサイトへの輸送を阻止し、シミとなって肌表面に現れないようにしてくれるのが、この最新型ビタミンC誘導体です。

その他の美容成分

  • ハイビスカス花発酵液:抗炎症作用で紫外線ダメージによる肌細胞を回復。
  • ゲンチアナ根エキス:細胞賦活作用により、いきいきした肌へと導く。
ハイビスカス花発酵液&ゲンチアナ根エキス

シミができるメカニズムに3段階で徹底アプローチすることによって、シミに効くQuSomeホワイトクリーム1.9。さらにシミができにくい肌へと生まれ変わるためには、バリア機能を強化し、ターンオーバーを整えることも大切!

undefined
ちょこ
ハイビスカス花発酵液やゲンチアナ根エキスなどの美容成分が健やかな肌へと導いてくれます♪

安全性&危険性は?副作用はある?

白抜けや白なまずともいわれる白斑とは、白いまだらの斑点のこと。マイケル・ジャクソンが患っていたという報道がありましたが、大きな原因はストレスと考えられています。

その治療に使われたのはハイドロキノンではなく、ハイドロキノンモノベンジルエーテルという毒性の強い別の成分だったそう。

場合によってはいったんお休みする

5%程度までのハイドロキノンでは白斑の報告はないようです。ただ低濃度でも長期間使い続けると、まれに白斑になる可能性があるそう。

QuSomeホワイトクリーム1.9は10年以上の販売実績があり、公式サイトに「使い続けても肌に影響はない」と明記されていますが、個人差があるため季節の変わり目などに刺激や赤みが生じた場合はいったんお休みしましょう。

undefined
はるこさん
万が一肌に合わなかった時は、無理せず使用を中止してくださいね。
undefined
あっきー
365日返金保証があるので、様子を見ながら試すことができますよ!

\安心の365日返金保証つき/QuSomeホワイトクリーム1.9をお試し

QuSomeホワイトクリーム1.9の効果的な使い方・順番

QuSomeホワイトクリーム1.9の使い方

QuSomのホワイトクリーム1.9ハイドロキノン濃度1.9%キューソーム(QuSome®)化されているから低刺激にもかかわらず、効果は4%と同じ。そのため使い方には注意が必要です。まずハイドロキノンは紫外線に弱いので使用は夜のみに限られます。

次に全体塗りはOKですが、重ね塗りはNG!1回の使用目安はパール1~2粒ほどと少量になります。乾燥肌・敏感肌の方はとくに少量からスタートしましょう。事前のパッチテストも大切です。基本的な使い方は次のとおり!

ホワイトクリーム1.9の使い方

  • 1. パール1~2粒ほどを手のひらにとる
  • 2. おでこ・あご・両頬・鼻に乗せる
  • 3. 顔の内側→外側へ伸ばす(目のまわりは円を描く)
  • 4. 顔全体を優しくハンドプレスする

塗る順番は「洗顔料→化粧水→美容液→ゲル」の後、クリームの前。ビーグレン製品と併用するなら「QuSomeモイスチャーゲルクリーム→QuSomのホワイトクリーム1.9」または「QuSomのホワイトクリーム1.9→QuSomeモイスチャーリッチクリーム」になります。

公式サイトの使い方を見る

Amazon・楽天・公式でQuSomeホワイトクリーム1.9の価格比較

薬局やドラッグストアなどの実店舗では取り扱いがないビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9が買える通販サイトのうち、おすすめは公式サイトです。

Amazonでの購入

Amazonでの販売価格は6,145円でした。

楽天での購入

楽天での最安値は6,942円でした。

公式サイトでの購入

通常価格6,480円(税込)

公式サイトの通常価格は6,480円でした。

価格比較(2018年7月現在)

公式Amazon楽天
価格6,480円
6,145円6,942円
送料無料無料有料
返金保証ありなしなし

値段が一番安かったのはAmazonでした。ただし販売元が公式ではないので、類似品や転売、在庫切れによる配送の遅れなどが心配されます。その次に安かったのが公式サイトでした。

365日返金保証!公式サイトがおすすめ

公式サイトなら初回購入時には365日返金保証がついています。注文から1年以内なら使用後でも全額返金してもらえるので、その際に返品する必要がある容器を念のため取っておきましょう。肌に合うかどうか、じっくり試せるから安心ですね!

電話:0120-329-414
メール:info@bglen.net
undefined
はるこさん
ビーグレンでは最初に無料の会員登録をすることで、3%還元のポイントがもらえます。1ポイント=1円でビーグレンのお買い物に使えますよ♪

年4回セールが実施されるビーグレン!単品購入のほか、割引率の高いトライアルセット定期コースもあるので、じっくり使うことを考えると総合的に公式サイトがお得になります

ビーグレンのセール

  • 春!スプリングセール:3月
  • 夏!【BIG】サマーセール:6月
  • 秋!オータムセール:9月
  • 冬!【BIG】年末セール:12月

返金保証あり!お得にGETする

QuSomeホワイトクリーム1.9に関する質問

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

他の美白化粧品では叶わないシミ消しが期待できる、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9。最後に残った疑問を解消しましょう。

単品使いでどれくらいもつ?

夜1回、パール1~2粒の使用で1ヶ月強が目安です。

評判の日焼け止めを併用したい

ビーグレンならUVカット化粧下地のヌーディーヴェールがおすすめ!

含まれるトライアルセットは?

ホワイトケアです。

QuSomeホワイトクリーム1.9を含むホワイトケアのトライアルセットを実際に試した体験レポはこちらの記事をご覧ください!ライン使いするなら「クレイウォッシュ→ QuSomeローション→Cセラム→QuSomeホワイトクリーム1.9→QuSomeモイスチャーリッチクリーム」の順番になります。

ドラッグストアや薬局にない?

編集部でもマツキヨなどのドラッグストアや薬局、ドンキ、ロフト、東急ハンズ、百貨店で探してみましたが、QuSomeホワイトクリーム1.9は見つかりませんでした。

おすすめの販売店は?

確実に本物が手に入り、365日返金保証もついている公式サイトがおすすめです。

何日で届く?

公式サイトなら注文後2営業日以内に発送されるので、すぐ届きますよ!

もっとQ&Aを見てみる

QuSomeホワイトクリーム1.9でシミ消し!透明肌に

今ある肌悩みを解消!

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9には「肌の漂白剤」と評判のハイドロキノンのほか、ビタミンC誘導体美白ペプチドも配合されています。

しかもビーグレン独自の浸透技術によるキューソーム(QuSome®)化ハイドロキノン髪の毛の1/500サイズなので、濃度1.9%で4%効果と1/4刺激を実現!「入口・内側・出口」という3段階のシミ予防&改善が期待できます。

いつものスキンケアに単品でプラスしても、ホワイトケアのトライアルセットで試すのもいいでしょう。いずれも公式サイトなら365日返金保証がついているので、じっくり時間をかけて見極めることができます。

本当にシミが消えた!」と実感して透明肌を手に入れたいなら、今すぐ薬学博士が開発したサイエンスコスメのビーグレンでホワイトニングケアを始めましょう!

\365日返金保証つき/最先端のサイエンスコスメをお試し

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事