ニキビ跡のタイプ別!ニキビ跡を隠すベースメイク術

ニキビ跡を隠すベースメイク術

ニキビ跡を隠そうとして厚塗りにすると、余計崩れやすくなります。

化粧下地やコンシーラーの持つ特性を十分に活かしたメイク術を、ぜひこの機会にマスターしてくださいね。

赤みタイプニキビ跡の場合

グリーン系・イエロー系の下地+ファンデーション」が赤みタイプのニキビ跡メイクの基本。

この際、悩みに合わせたメイクのポイントは以下のようになります。

  • 首の色と合わない → 気になる部分にだけ下地を塗る
  • コンシーラーを使いたい → 赤みの部分にのみ乗せる
  • メイク崩れを防ぎたい → フェイスパウダーを使う
undefined
はるこさん
コンシーラーはニキビ跡に直接塗らず、その周辺から徐々に馴染ませていくのがポイントです♪

 色素沈着タイプニキビ跡の場合

「コンシーラー+リキッドファンデーション」が色素沈着タイプのニキビ跡の基本です。

そして仕上げに「パール感のあるパウダー」をつけることが色素沈着タイプにおすすめのメイクです。

パールの光反射は、ニキビ跡や毛穴をとばしてくれるのでより自然な仕上がりにすることが出来ます。

クレータータイプニキビ跡の場合

メイク前の「保湿ケア」を重点的に行うことで、クレータータイプのニキビ跡の凹凸にフィットさせやすい肌の土台を作れます。
パウダータイプよりもリキッドタイプで固めのテクスチャーのファンデーションがおすすめです。

ただ厚く重ねてしまうと濃いメイクの印象になってしまうため、薄く丁寧に重ね塗りするように意識してみましょう。

また、リキッドタイプはミネラルでも丁寧にクレンジングをすることで毛穴詰まりを起こさないように使っていくことができます。


undefined
あっきー
今回はミネラルファンデを中心に紹介されて、さらに色んなメイクテクで素肌に負担の少ないメイクが実現しそうですね!
undefined
はるこさん
ニキビ跡があってもメイクを楽しんで欲しいですよね♪ただ最後にひとつ、金属アレルギーの人はミネラルファンデを選ぶときに「酸化〇〇」や「ナノ化されている」ものは選ばないようにしましょう!
undefined
あっきー
ミネラル=鉱物、ですもんね。僕も気になりましたが、肌の奥まで入り込まないように作られている(ナノ化してないなど)ファンデだと良いみたいですね!

メイク前の保湿ケアにはこちらの記事で紹介している化粧水がおすすめです。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事