セラミド化粧水の豆知識!意外と知られていない真実とは

セラミド化粧水の意外と知らない真実

セラミドは「保湿の王様」とも呼ばれる最強成分。しかし、セラミド化粧水を使っているのにイマイチうるおわない…という口コミも多くあります。なぜ保湿力を実感できない人がいるのか、その秘密と本当の効果を見ていきましょう!

セラミドは水分を抱え込むことができない

セラミドは他の保湿成分と違って、水分をつかんだり抱え込んだりする働きがありません。付けてすぐにしっとりするのは、水分を抱え込むヒアルロン酸や、水分をつかむアミノ酸。セラミドは目に見えるうるおいを感じにくいのが特徴です。

水分をはさみこむセラミド
水分を抱え込むヒアルロン酸・コラーゲン
水分をつかむアミノ酸・グリセリン
セラミドの効果はあくまでも「肌のバリア機能を正常の戻す」こと。水分の蒸発を防ぐことはできるけど、必要以上に肌の水分を増やすことはできないんです。
undefined
はるこさん
付けた瞬間のみずみずしいうるおいも欲しいなら、セラミドと他の保湿成分が一緒に入っている化粧水を選ぶのが正解です♪

水分の蒸発を防ぐことはできない

セラミドはクリームやオイルのように、油膜を作って水分を閉じ込める効果はありません。だからいくらセラミド入りの化粧水でも、それだけでお手入れを完了するのはNG。肌表面のカサカサをケアするためには乳液やクリームもプラスしましょう。

▼美容液・乳液・クリームもセラミド入りが気になるという人はコチラをチェック!

セラミド美容液おすすめランキング

セラミドクリームおすすめランキング

セラミド乳液おすすめランキング

セラミドの真の効果は「ラメラ構造」を作ること

undefined
あっきー
それじゃ、結局セラミドは何に良いんですか?
undefined
はるこさん
セラミドの真の効果は「ラメラ構造」を作ること!これが他の保湿成分には真似できない、特別なチカラなのよ♪

ラメラ構造とは

健康的な肌の角質層は、水分と脂質が交互に重なり合ってミルフィーユのような形になっています。この「水分⇒脂質⇒水分⇒脂質…」という重なりがラメラ構造

ラメラ構造が整っている肌は、「バリア機能が正常に働く(刺激に強い)」「水分をしっかりキープできる」とまさに理想的な状態を保つことができます!

ラメラ構造を作ってバリア機能を高める

セラミドはラメラ構造の「脂質」の50%を占めている絶対に必要な成分。しかし年齢とともに作られにくくなり、様々なきっかけでラメラ構造は崩れてしまいます。

  • 間違ったスキンケア
  • 外からの刺激
  • 紫外線
  • ストレス
  • ホルモンバランス

セラミドが減る=ラメラ構造が乱れると、乾燥肌や敏感肌になりがち。さらにアトピー肌は生まれつきセラミドの量が少ないといわれています。

【セラミドは化粧品で補うことができる!】

セラミド配合の化粧水やクリームを使えば、足りないぶん・失ったぶんを補うことができます。こうすることでバリア機能が整い、水分キープ力の高い肌に立て直すことができる。これこそがセラミドスキンケアの真のパワーなんです!

undefined
はるこさん
セラミドは20歳頃からどんどん減り始めるのよ。洗顔でも流れていってしまうから、しっかり補うことが大切ね!

疑似セラミド配合のキュレルはニセモノ?

敏感肌にも安心のキュレルはセラミド化粧水の代表選手。しかしキュレルに使われている「疑似セラミド」は、ニセモノのセラミドという噂も出ています。疑似セラミドとは何者なのか、実はニセモノなのか、ここで真実を紹介します!

セラミドに似た構造をもつベツモノ


結論からいうと、疑似セラミドは人間の肌にあるセラミドとは別物です。上の画像のように、肌に存在しているセラミドと同じ形をしているのはヒト型だけ。疑似セラミドはヒト型に比べて「保水効果」も「バリア機能を守る効果」も劣ります

本物セラミドと同じくらい人気の理由

疑似セラミドは肌の中にある本物のセラミドにはなれませんが、本物セラミドをサポートするチカラがあります。また、安く大量生産できることから、高濃度で配合することも可能です!

高濃度の疑似セラミドに他の保湿成分もプラスすれば、十分なうるおいが実感できるのは間違いありません。

undefined
ちょこ
疑似セラミドはもちろん、天然セラミド・植物セラミドも肌にあるセラミドとは別物。ヒト型だけが唯一無二の存在なのよ。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事