美肌になれるおすすめ成分一覧!栄養補給で自信の肌に♩

コラーゲンは必須!

肌に潤いを与え、ハリと弾力のある若々しい肌を保つのに重要な成分おすすめ1位は「コラーゲン」!
しかしこのコラーゲン、肌に大切な成分であるのはもちろんですが、実は単体だけではその働きは十分ではないこともあるのです。 せっかく肌に十分な水分を抱え込んでも、その水分をギュッとキープしておくことができなければ意味がありません。

また、ある栄養素が欠けるとコラーゲンの生成がうまくいかず、ハリ肌は実現しないこともあります。 コラーゲンは、皮膚のおもな組織である真皮の7割を占めるタンパク質の一種で、肌の土台といってもいい成分です。

もし美肌サプリを使用するなら、最適な組み合わせで効果を最大限に引きだしたいですね。

合わせて使うと効能をUPできる成分4選

エラスチン

【肌の弾力キープ】

肌の真皮に網目状に張り巡らされるようにして広がるコラーゲン。このコラーゲンのつなぎ目に、絡みつくようにして存在しているのがエラスチンという成分です。

エラスチンはまるでゴムのように伸び縮みできるだけの柔軟性があり、コラーゲンの網目の継ぎ目に絡みつくことでしっかりとコラーゲンを支えているのです。

コラーゲンの網目部分の接着剤の役割をしているともいえるエラスチンが減少すると、コラーゲンに緩みが生じ、肌はでこぼことたるんだ状態となってしまいます。

ヒアルロン酸

【潤いある肌に】

網目状に張られている、コラーゲンの隙間を埋めるようにあるのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は非常に高い水分キープ力があり、たった1gで6Lもの水分を抱え込むことができるといわれています。肌に必要不可欠なの保湿成分としては、とても有名ですね。

そんなコラーゲンとヒアルロン酸ですが、プルプル肌を保つためには互いにどちらが欠けてもいけない関係にあります。

いくらコラーゲンがあっても、隙間を埋めるヒアルロン酸が減少すると肌は乾燥してシワの原因に。また十分なヒアルロン酸があっても、コラーゲンが足りないと各細胞同士をつなぎとめることができず、ハリのないたるんだ肌になってしまいます。

ビタミンC

【肌にハリ・つや】

ビタミンC肌細胞の酸化(老化)を防いだり、美白効果があるとされており、美肌成分としてはぜひ取り入れたいものの1つです。

またビタミンCはコラーゲンの造成にも大きく関与しているため、必要なコラーゲンを上手に吸収するにはビタミンCが不足してはいけないのです。

体内に入ったコラーゲンはそのまま消化吸収されるのではなく、いったんアミノ酸へと分解されたうえで、腸で吸収される際にまたコラーゲンへと合成される仕組みです。

この、コラーゲンの合成を助ける酵素の働きを活発にするために必要なのが、ビタミンCの存在。ビタミンCが不足すると十分にコラーゲンが合成されなくなり、シミ・しわ・たるみといったすべての肌トラブルへと発展してしまう可能性もあります。

ビタミンE

【ターンオーバーの促進】

強い抗酸化作用をもち若返りのビタミンともいわれるビタミンEは、アンチエイジング効果が期待できる栄養素の1つです。また、全身の血流を良くして細胞のすみずみまで栄養を届ける手助けをするため、新陳代謝も活発になって肌のターンオーバー機能も向上します。

いくらコラーゲンが頑張って良い仕事をしても、ターンオーバーがきちんとおこなわれず古い角質が残ったままでは、肌のくすみの原因になってしまいます。

ハリと弾力をキープしながら透明感のあるキメ細かな肌を目指すなら、ビタミンEも一緒に摂ったほうが良いですね。

undefined
はるこさん
栄養は単体よりも、いろんな成分を同時に摂ることによる「相乗効果」に大きな美肌効果が期待できるわ。サプリでも食事でも、色んな種類を適量取っていくことが大切なんです。

 

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事