アトピー肌用化粧水の選び方ポイント3つ

アトピー肌用化粧水の選び方ポイント3つ

肌のバリア機能が低下しているアトピー肌の人が化粧水を選ぶ時には、重要なポイントがいくつかあるようです。

たとえ「アトピー肌専用の化粧水」と謳っている商品があったとしても、アトピー肌の人にとっては刺激となってしまう可能性もあるため、次の3つのポイントに気をつけて選ぶことを心がけてください。

1. 肌への刺激成分が不使用のものを選ぶ

基本的なポイントとして、アトピー肌の人は肌への刺激成分が不使用の化粧水を選ぶということが大切でしょう。

肌のバリア機能が弱いアトピー肌には、微量の添加物であっても肌への刺激となる場合があるため、香料、防腐剤、着色料などの添加物が入っている化粧水を選ばないということが肝心です。

また、界面活性剤にも気をつけるようにしましょう。脂溶性の成分が配合されているものには、比較的界面活性剤が多く含まれている場合があるため避けた方が良いようです。

できるだけ成分が明らかで、配合されている成分が少ないタイプの化粧水を選ぶようにすることをおすすめします。

2. 保湿成分が含まれているものを選ぶ

アトピー肌には保湿が肝心となるため、化粧水にも保湿成分が含まれているものを選ぶこともポイントの1つでしょう。

保湿成分と一言で言っても、様々な成分がありますが、水分を吸着するタイプではなく、水分を抱え込んで保持してくれるタイプの保湿成分を補うことが肝心です。

そこで、おすすめの保湿成分と特徴をお伝えします。

  • ヒアルロン酸……アミノ酸の1種で、保湿性と水分保持力に優れている
  • エラスチン……コラーゲンを結びつけて、肌に弾力を与える働きを持つ・肌の表面で高い保湿力を保つ性質がある
  • コラーゲン……たんぱく質の1種で、肌の水分を保ったりハリを与える働きを持つ・肌の表面で水分をしっかり抱え込む性質がある

3. パッチテストを行なって合うものを選ぶ

アトピー肌の人は、化粧水に限らず新しいスキンケア商品を試す時には必ずパッチテストを行って肌に合うものを選ぶことも肝心でしょう。

アトピー肌には、実は2つのタイプがあると言われています。

1つ目は肌への刺激全般に弱い敏感肌のタイプ、2つ目は特定の物質に反応するアレルギー体質のタイプだとされています。

もしも、アレルギー体質によるアトピー肌の場合には、病院で詳しい検査が必要となりますが、自宅でできる簡易的なパッチテストでも化粧水に対して反応を起こしてしまうかどうかということを検証することができるようです。

そこで、簡単なパッチテストの方法を紹介します。

簡易的なパッチテストの方法

【用意するもの】

  • 化粧水
  • 絆創膏(普通のサイズのもの)

【やり方】

  1. 化粧水を絆創膏に染み込ませる
  2. 二の腕や太ももなど、肌が柔らかい部分の肌に貼る
  3. 48時間後に剥がして赤みやかぶれなどの肌の異常が出ていないか確認する

【検証方法】

赤みやかぶれ、かゆみがある場合にはアレルギー物質が含まれている可能性があります。

対して、皮膚になにも異常が出ていないようであればアレルギーではないと言えるでしょう。

皮膚科などでは、より精密なパッチテストを行うことができるため、心配であれば受診してみるのもおすすめです。

その場合には、アレルギーやアトピーの治療を専門に扱っている病院を選ぶようにするとより安心できるでしょう。

化粧水を選ぶ時のポイント!

  • 香料、防腐剤、着色料、界面活性剤などの添加物配合タイプに注意!
  • 成分が明らかな化粧水を選ぶ
  • 配合されている成分が少ない化粧水を選ぶ
  • 保湿成分が配合されている化粧水を選ぶ
  • 使用前には必ずパッチテストを行う
undefined
あっきー
なるほど!「肌に優しい化粧水」と記載があるからといって安心するわけではなく、しっかりお伝えしてきたポイントを参考にして選ぶようにするとより安全に化粧水を使用できますね♪

オーガニックはアトピー肌にいい?

植物性のオーガニック系の化粧品には皮膚へのアレルギーを起こしてしまう可能性があるため、人によっては刺激が強く起こってしまう場合があるようです。

undefined
はるこさん
エキスの精製度によっても、含まれている不純物に反応して炎症やかぶれが起きることもあるので、使用を検討しているならば慎重に検討することが必要ですよ!ぜひ覚えておきましょう!