オロナインで鼻パックはやり方次第で逆効果!?毛穴や黒ずみが悪化する原因に……

オロナイン鼻パックが効果的というけど……


​ネットで話題の「オロナイン鼻パック」。オロナインをたっぷり鼻に塗ってしばらく置き、その後鼻パックすると鼻に詰まった角栓がごっそり取れてスッキリ!という方法です。驚くほど取れる、びっくりした、との口コミも見られますが、肌への効果・影響は実際のところはどうなのでしょう。

アッキー
はるこ先生、オロナイン鼻パックって知ってます?巷ですっごい評判なんですけど、どうなんでしょう。男は女性より皮脂が出やすくて鼻に脂がたまりやすいから、僕も気になっちゃうんですよね。
はるこ先生
当然チェック済みだし、やってみたわよ。自分でやってこそ詳しいコメントができると思っているわ。うーん、まずは基本的な「オロナイン鼻パックって何?」ってところからおさらいしてみましょ。アッキーはまだやったことないなら、いい機会だからやりながら進めましょ!
アッキー
ええ!い、今ですか!オロナインと鼻パック、買ってきますー!

オロナインパックって?やり方は?

 ではまずオロナイン鼻パックが何か、から見ていきましょう。名前は知ってるけど実践したことないな、と言う方も、ゆっくり見ていきましょう。

鼻の毛穴や角栓に効果ありと人気

オロナイン鼻パックは、目立つ鼻の毛穴や詰まった角栓に効果がありと人気の方法です。鼻パック単体よりも、「取れた!」と言う実感が大きく、SNSなどを中心として女性たちの間で広まりました。なぜオロナイン軟膏を塗ることで、角栓が取れやすくなるのでしょう。それは、オロナインに含まれる成分が関係しています。

角栓は余分に出た油脂やたんぱく質が毛穴に詰まり、酸化して硬くなったり黒ずんだものです。つまり脂やたんぱく質の塊ですね。脂は普通、水には溶けません。これを溶かすのに必要なのが「界面活性剤」です。オロナインには「自己乳化型ステアリングリセリル」と言う、天然の界面活性剤が入っています。これにより頑固な角栓を溶けやすくして、角栓除去や黒ずみに効果があるのです。さらにオリブ油(オリーブオイル)やミツロウ(ワックス成分)、ワセリンと言ったオイル成分も脂を溶かす手伝いをします。

オロナインは角栓のたんぱく質成分を溶かす力はありませんが、脂さえ乳化できればあとは鼻パックが脂ごと取り去ってくれるので問題ないのです。

オロナインパックのやり方

オロナインパックの方法は人により様々なようですが、基本は以下の通りです。

  1. オロナインと、鼻用のはがすシートタイプのパックを準備
  2. 洗顔してから鼻にオロナインを鼻が隠れるくらいまでたっぷり塗る
  3. 10分程度放置
  4. オロナインをぬるま湯で洗い流す
  5. 鼻用パックを通常と同様に使用し、乾いたらはがす
  6. 鼻に残ったのり成分を洗い流し、冷水などで毛穴を引き締める​
アッキー
はるこ先生!早速買ってきました!オロナインを塗ってからお風呂に入ると毛穴が開いて効果大って声もありましたよ!せっかくだからラップで覆ってお風呂入ってきます!
はるこ先生
いってらっしゃーい。……アッキーはお風呂に行っちゃったけど、鼻だけだったらレンジで温めたホットタオルで鼻の毛穴だけを開く方法もおすすめよ。かたく絞ったタオルを電子レンジで500Wで1分ほど加熱すればできるから、アナタも試してみて。疲れ目にもいいわよ。あ、アッキーが帰って来たわね。 
アッキー
はるこ先生!角栓結構取れてますよ!やっぱりオロナイン鼻パックってすごいんじゃないですか?
はるこ先生
うーん、やらせておいてなんだけど、実はあまりおすすめの方法じゃないの。おすすめできない理由を一緒に見ていきましょうか。アッキー、鼻赤いわよ。 
アッキー
だってパックはがすときに鼻の皮がむけちゃったんですもん……え、もしかしておすすめできないってこういうことですか!?僕は実験台ですか!

オロナインの鼻パックがNGな理由

 オロナインの鼻パックはSNSで絶賛されましたが、次第に後悔するコメントも増えて来ました。このあたりに、オロナインの鼻パックが実はNGだという理由があるのです。

はるこ先生
アッキーも実体験したように、鼻パックには表皮剥離作用があるわ。簡単に言えば皮剥けね。他にも口コミをチェックしてみましょう。 


アッキー
うわ、僕みたいに皮剥け起こしてる人多いですね……。
はるこ先生
そうね、でもそれだけじゃないNGな理由があるの。チャッチャと見ていくわよ! 

肌の表皮に大負担→乾燥肌へ

オロナインパックで角栓が取れる理由は、 界面活性剤で皮脂と混ざりやすいから、とチェックしましたね。実はこれが問題。皮脂と混ざりやすいということは、鼻全体の脂が溶けやすく、ゆるくなった状態なのです。そんな「やわやわ」な状態の肌に無理やり糊を貼り付けてベリベリとはがす……。これは鼻の表皮にかなり大きく負担をかけます。オロナインパックを何度も繰り返すことで皮膚はどんどん繊細に、傷つきやすく乾燥しやすい肌になってしまうのです。

殺菌効果で肌の常在菌まで殺菌

そもそもオロナインは殺菌剤の入っている皮膚薬です。ニキビなど炎症を起こしている部分にピンポイントで使うものであり、広範囲の健康な肌に使うものではありません。健康な肌に使うことで肌にいる常在菌まで殺してしまい、皮膚が荒れる原因になります。

そもそも鼻パック自体も問題

オロナインのある無しに関係なく、はがすタイプの鼻パックは鼻の皮膚に大きな負担をかけます。角栓をくっつけて取るために、比較的強い糊が使われているため、表皮も一緒にはがしてしまうのです。無理やりはがされた皮膚は水分が抜けやすく、乾燥肌になりやすいのです。日焼けして皮が剥けた後に乾燥を感じるのもこのためです。

オロナイン鼻パック後の鼻の状態

オロナイン鼻パックをした後の、鼻の状態を詳しく見てみましょう。角栓がスッキリ取れて気持ちいいと言う口コミの裏には、こんな鼻があるのです。

表皮が一部はがれてしまう

鼻パックで無理やりはがした鼻の表皮は、ボロボロと剥けていることが多いでしょう。スッキリ鼻パックをして角栓が取れても、次の日にメイクをしようと思ったら鼻の皮が不格好にボロボロになっている。そんな経験をしている人も多いようです。せっかくキレイになりたくて少し痛い思いをして鼻パックまでしたのに、結局鼻の皮がむけて目立ってしまうのでは残念ですね。

毛穴は開きっぱなし

鼻パックをした後の毛穴は、ポカーンと開いたままです。今までそこにあったものを無理に引っこ抜いたのですから、残念ながらこの毛穴をすぐに小さくするのは難しいです。オロナイン鼻パックのやり方でもチェックしたように、最後は冷水で引き締めると一時的に毛穴は引き締まります。

ただしその引き締まりはせいぜい30分。体温で温まった毛穴は、元のように開いてしまうのです。大きく開いた毛穴は皮脂を溜めやすく、「この前鼻パックしたばかりなのにもう溜まっている」と言うのはこのせいです。

かゆみや痛みが出る場合も

無理にはがした表皮は、表面がまばらに傷つきごく軽い傷を負っているような状態です。擦り傷を作ると痛みやかゆみが出るのと同じように、鼻にかゆみや痛みを感じることもあるでしょう。

アッキー
えー、鼻は赤くなっちゃいましたけど、角栓が取れてツルツルキレイになりましたよ?これ、角栓や毛穴汚れもすぐに戻っちゃうんですか!?
はるこ先生
個人差はあるけど、「思ったよりすぐにまた毛穴が目立ってる」って声は多いわね。しかも鼻パックで無理やりとることを繰り替えずと、鼻の毛穴が大きく目立つようになってしまうなんて声もあるわ。
アッキー
悪化しちゃう場合もあるってわけですね。それならこれを教訓としてやめといた方がよさそうですね。やっぱり鼻の角栓のスキンケアは1日でササッと終わらせるんじゃなく、毎日の習慣として行うのが正解みたいです。でもなんで鼻パックに消毒薬のオロナインを使おうとしたんでしょうか……? 
はるこ先生
うん、実はそれもオロナイン鼻パックの重要なポイントなのよ。次見てみましょう。

オロナインの効果が過信の原因に

オロナインは、本来消毒薬として用います。60年以上も前から発売されている薬なので、かなり多い効能・効果が表記されています。にきび、吹き出物、やけどなどなど……その数多くの効能・効果に「肌トラブルの万能薬」たるイメージがあるのでしょう。もちろん万能薬ではなく、効き目のマイルドな消毒薬です。

しかしその万能薬イメージから「なんにでも使っている」と言う人も多いようで、今回のような鼻パックにも使われたのでしょう。消毒薬ですから、どんな使い方をしてもいいわけではありません。オロナインにも「化粧下(地)に使わない」と書かれているように、健康な肌に使うものではないのです。

アッキー
あー、確かにオロナインが家にあると「なんだか安心」って感じありますもんね!そんなに高くない価格で大きいサイズが買えますし、いろいろ使いたくなっちゃう気持ちはわかります。
はるこ先生
そうね、オロナインってなんだか頼りたくなっちゃう魅力があるわよね。でもやっぱり薬は薬。間違った使い方は肌にとっての毒になってしまうこともあるから、正しく使って正しいスキンケアをしましょう。

失敗して後悔しないために。正しい鼻のスキンケア

 オロナイン鼻パックは、やはり鼻の毛穴の「将来」を考えるならばおすすめできません。間違った方法で後悔しないためにも、正しい鼻の毛穴や角栓のスキンケアをチェックしましょう。

定期的な酵素洗顔で角質除去

最初に少し触れましたが、実は角栓は脂だけではなく、たんぱく質汚れも含まれています。古くなった皮膚などがそうですね。毛穴パックならば問答無用で脂と一緒にたんぱく質も引っこ抜くことができますが、オイルクレンジングだけで角栓を取るのは無理があります

オイルクレンジングのパッケージにある角栓が取れるような表記を見て、長い時間鼻ばかりをクレンジングしている人はいませんか?肌を痛めてしまいます。週に2回程度酵素洗顔を使い、角栓などのたんぱく質汚れを落としましょう。

お風呂やホットタオルで温めてから洗う

毛穴は汚れを排出する働きがありますが、毛穴が冷えて硬くなっているとその働きが低下します。お風呂で温まってからなら汚れも出やすくなりますから、鼻を含めた洗顔はしっかりお風呂で温まってから行うといいでしょう。メイクを落としてすぐに洗顔したいときは、ホットタオルもお手軽です。

角栓対策用オールインワン美白美容液「ヴェルモア」もおすすめ

AHA(フルーツ酸)の働きで、優しいピーリング効果のあるオールインワン美白美容液「ヴェルモア」もおすすめです。フルーツ酸のピーリング効果で古い角質を優しくはがし、黒ずみ毛穴にアプローチします。さらに高濃度プラセンタが美白の助けをし、浸透性低分子コラーゲンが肌をしっかりもっちりと保湿してくれ、柔らかい肌に導きます。

毛穴の黒ずみや角栓が気になるアナタはもちろん、肌のごわつきが気になる、乾燥肌が気になる方にもおすすめです。定期コースなら1本4,980円です。とは言え、スキンケア化粧品ですから「肌に合うのかな?」と心配な人もいるでしょう。ヴェルモアは60日間全額返金保証なので安心です。かぶれやかゆみなどの異常を感じた時は無理をせずにサポート用ダイヤルに電話しましょう。

はるこ先生
やっぱり、毛穴には毛穴対策用スキンケアってことね!モチはモチ屋よ。スキンケアはスキンケア専用のものを使いましょ♪ 

ヴェルモア公式通販はこちら

ワセリンパックも人気あり

ワセリンを使って鼻をパックし、しばらくしてから洗い流すワセリンパックも人気があります。ただしオイルクレンジングと同様、角栓を溶かし出すような働きはありません。あくまで表面の脂をキレイにするくらいですが、白色ワセリンと言う精製度の高いものは赤ちゃんの保湿にも使われるので安全度が高く、肌への悪い働きはありません。ワセリンは原油から作られたいわゆる「鉱物油」です。

「無鉱物油」などと鉱物油を使っていないことを売りとしている化粧品もあり、悪者イメージがありますが決してそんなことはありません。​

【結論】オロナインは鼻パックにはNG!

結論として、オロナインを鼻パック前に使うことや角栓ケアに使うことはNGです。そもそも殺菌剤ですから、健康な肌には使わないでください。やはり鼻のケアには通常のスキンケアをしっかり行い、角栓を溜めない生活も大切です。新陳代謝が正常に働くよう睡眠をしっかりとり、肌にいい毎日を送ってください。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事