顎ニキビの5つの原因と解決方法~生活習慣の見直しが重要だった~

顎ニキビは目立つ&治りにくいのが悩み…

赤くて大きくブツっと出てきたり、白い角栓がやけに目立ったり、1つだけではなく一気に3、4個できたり…、なかなか一筋縄ではいかない顎ニキビ。フェイスラインでボコッと目立つので、一度できると途端に憂鬱な気分になってしまう、という人も少なくないでしょう。しかもあごのニキビは治りにくくて悪化しやすいのも大きな特徴です。ジュクジュク化膿してしまったり、ニキビに熱や痛みを伴ったり、治ったと思ってもまたすぐ新しいニキビができてしまったり…。深刻な状態に発展することもあります。

そもそもあごは、顔の他のパーツにはあまりニキビができないのに顎ニキビだけはずっとでき続けている、という人もいるくらいニキビができやすい部分でもあるの。しかも、原因が複雑に絡み合っていることも多いから、根本的な解決のためには本当に正しい知識を身につけておくことが大切よ!

顎ニキビと言えば、男性は思春期によくできるイメージがあります。でも、女性は大人になってから悩まれる人が圧倒的に多いようですね。これは何か関係があるんでしょうか? 

そうなの!顎ニキビの大きな原因の1つがホルモンバランスなのよね。大人の女性はいろいろな原因でホルモンバランスが崩れがち。だからこそ、あごにニキビができやすいの…。解決するためには、スキンケアだけじゃない、生活習慣の見直しからはじめていくことが重要よ!

痛いし目立つしニキビ跡にもなりやすい顎ニキビ。あごにニキビができる主な原因をしっかり理解して、根本的な解決を目指していきましょう!顎ニキビができる仕組みを私、水野が解説します。正しい予防方法の知識も身につけて、ぜひニキビのない美しいフェイスラインを目指していってくださいね。 

顎ニキビの原因(1)ホルモンバランス

顎ニキビができる原因としてまず最初にあげられるのがホルモンバランスの乱れです。生涯でスプーン1さじ程度しか分泌されないとも言われるホルモン。女性の生理周期によって優位になるホルモンが変化したり、ストレスなどによって男性ホルモンが優位になったり、ほんのわずかな量の中でもこのバランスは日々変化しています。毎日正常なバランスを維持できたら良いのですが、なかなかそうはいかないのが現実。このホルモンバランスによっても、あごにニキビができやすい状態に陥ることがよくあります。

ホルモンバランスの乱れで顎ニキビができる仕組み

人間は、ストレスや緊張を感じると、体を活発に動かす働きがある交感神経が優位になるようにできています。すると体を休める役割のある副交感神経がうまく働けなくなり、ホルモンの分泌を調節している機能である自律神経のバランスを崩します。すると体は混乱して、男女共に男性ホルモンを増加させてしまいます。

男性ホルモンはもともと、皮脂の分泌を促進する作用があります。男性なら長年の蓄積でこの皮脂の分泌にも多少は対応できるのですが、女性の場合はそうはいきません。特にあごは汗をほとんどかかないパーツです。過剰な皮脂の分泌に耐えきれず、皮脂が詰まって顎ニキビが一気にできてしまうのです。

女性は生理や妊娠でバランスが崩れがち

女性の場合、男性ホルモンの分泌が増えることだけでなく女性ホルモンのバランスも顎ニキビの原因になっています。女性ホルモンは2種類あります。それが、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。女性の体は通常、生理周期に合わせてこの2つのホルモンの分泌バランスが変化しています。

  • 生理開始から排卵まで : エストロゲンが優位な状態
  • 排卵後から次の生理開始まで : プロゲステロンが優位な状態

エストロゲンは幸福ホルモンとも呼ばれ、女性の肌に自然なツヤとハリ、うるおいを与えて美しく見せてくれる働きがあります。一方、プロゲステロンは妊娠した場合に備えて体の中に栄養や水分などいろいろなものをため込む働きがあります。妊娠している場合はこの働きのおかげで不安定な子宮を守って流産しにくくしてくれるものですが、一方でむくみや便秘、イライラしやすくなる原因になるだけでなく、肌の代謝を滞らせる、皮脂の分泌を過剰にするなど男性ホルモンに似た働きをする一面もあります。

このため、健康的に排卵を終え生理になるまでの間は、どんなに気をつけていてもあごやフェイスラインにニキビができやすくなってしまうんです。

思春期はバランスが不安定=思春期ニキビ

女性ホルモンが体の中で作り出されるようになるのは、初潮がくる頃です。はじめからベストバランスで分泌されたら良いのですが、卵巣の働きはまだまだ未発達。生理周期もバラバラだし、排卵もあったりなかったり、ホルモンバランスが不安定な時期が続きます。この時期は、肌も皮脂が過剰に分泌されたり極端に乾燥してしまったりと、ニキビができやすい状態が続いてしまいやすいものです。

ホルモンバランスが整い始めるのはだいたい18~20歳頃。それまではエストロゲンとプロゲステロンのバランスもなかなか整いません。しかも、思春期はストレスを感じることも多いうえ、正しいスキンケアもまだなかなか難しいことが多いですよね。なので、思春期の頃はどうしてもニキビができやすく悪化しやすい条件が揃ってしまいがちな時期なんです。

ホルモンバランスは簡単に崩れるもの

そもそも、ホルモンバランスはとても簡単に崩れます。

  • 睡眠不足が続いている時
  • ストレスを感じている時
  • お菓子や脂っこい食事ばかりに偏っている時
  • 生活リズムが不規則になっている時
  • 運動不足が続いている時
  • 過度なダイエットに取り組んでいる時
  • 更年期や排卵前後
  • 思いっきり笑う機会が少ない時
  • 体が冷えている時

ホルモンは脳から分泌されます。この脳がちょっとしたことでも影響を受けやすいため、ホルモンバランスも簡単に崩れてしまうようになっているのです。こうしてホルモンバランスが崩れた状態が続くのも、顎ニキビができる原因になります。体に悪いとされていることの多くが、顎ニキビの原因になっていると考えてもいいくらいだと認識すると良いでしょう。


いくら健康に過ごしていても、女性なら生理前になったらあごにニキビができてしまう確率が高くなるものなの。悩みすぎはストレスの元になるわ。確かにあごやフェイスラインのニキビは痛いし目立つし嫌なものだけど……気にしすぎないように意識するのも大切よ!

顎ニキビの原因(2)病気や内臓の不調

顎ニキビは何か病気が隠れていたり内臓の調子が悪いことでできることもあります。ただこの場合、直接あごにニキビができる原因になっているというわけではありません。病気や胃腸の疲れによって消化不良を起こしていたり体の中に毒素が溜まりやすくなったりすることで、結果的に肌が荒れやすくなるという仕組みなんです。病気の疑いがある場合を除いて、生活習慣の悪化がこの不調の原因になっていることが多いです。

婦人科の疾患

生理前、黄体ホルモンであるプロゲステロンが優位な状態になると顎ニキビはできやすくなります。でも、この顎ニキビが病気によってなかなか治らなくなるということも確かにあります。

  • 生理の周期が乱れている、何ヶ月も生理が来ていない
  • 以前と比べて体毛が増えたと感じている
  • 声が低くなった。高い声が出なくなったと感じている
  • 生理がなかなか終わらない。出血量がずいぶん多く感じる

顎ニキビに加えて、このような症状にも心当たりがある場合は、多嚢胞性卵巣症候(PCOS)などの病気が潜んでいることもあるようです。生理前以外でも顎ニキビが改善せず黒いニキビが急に増えることも、卵巣や子宮の病気の可能性があると言われることがあります。このような状態に心当たりのある人は、一度婦人科にかかってみることをおすすめします。

内臓の疲れ

胃腸は体の中に栄養を吸収するだけでなく、たまった老廃物を排出しようとする働きも担っています。暴飲暴食を繰り返していたり、辛いものなど刺激の強いものをたくさん食べると、胃腸は吸収だけで大忙しになり、老廃物の排出までなかなか手が回らなくなります。こうなると、体の中に老廃物や毒素、熱など排出すべきものを溜め込んでしまい、血液がドロドロになり、結果的にニキビができやすい状態を作り出します。

また、アルコールや毒素を分解する機能である肝臓、体の中のフィルター機能を担っている腎臓の機能が鈍ってしまうのも顎ニキビの原因になります。肝臓や腎臓の機能が鈍ると、体の中を巡る血液に老廃物がたくさん混ざり血液がドロドロになります。結果的にニキビとして肌に出てきやすくなってしまうのです。


胃腸はただの食べ過ぎでも疲れてしまうこともあるわ。暴飲暴食を続けていたらニキビができた、という経験に心当たりがある人も多いんじゃないかしら?そんな胃腸疲れには、お腹に優しい食事やプチ断食で調子を整えるという方法もあるわよ。どうしても困った!という時にはぜひ思い出してみて☆

顎ニキビの原因(3)食べ物

顎ニキビは食べ物が原因で出てくることもあります。特定の食べ物を食べたらもれなくニキビが出てくる、というようなことはありません。でも、特定の食べ物の「ばっかり食べ」を続けているとそれがニキビにつながっていくことがあるのです。人間の体は食べたものでできています。バランス良く食べていくことがニキビのない1番の近道だということを忘れないようにしていきましょう。

糖分や油分の摂りすぎ

顎ニキビの原因としてとても影響が大きいのが、糖分と油分です。チョコレートにケーキ、ジュースだけでなく、菓子パンやデニッシュ系パンなども糖分が多い食べ物。糖分はエネルギーとなるため、人間の体に必要不可欠ではありますが、摂りすぎはやはり良くありません。体の中に脂肪として蓄積されることになり、皮脂の過剰な分泌の原因になります。

ファーストフードや揚げ物、肉などの油っこい食事も同じく、皮脂の分泌を過剰にする原因になる食べ物です。皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まりやすくなるため、ニキビができやすくなるのです。特に女性のあごの毛穴は皮脂や汗に慣れていないので、影響が出やすいと言えるでしょう。

アルコール

アルコールも適量であれば血行促進など健康にも役立つものですが、飲み過ぎはやはり良くありません。ニキビにも影響を及ぼします。アルコールの摂りすぎは、ニキビの原因になる肝臓への負担を増やすだけではありません。アルコールの種類によっては糖分も多く含んでいるため、どうしても皮脂の分泌を過剰にしてしまうのです。

もちろん、ここで過剰に分泌された皮脂はニキビを作りやすくします。それだけでなく、アルコールの摂りすぎは体の中に活性酸素を作り出します。活性酸素は体や皮膚の細胞を傷つけ、衰えさせる原因になる物質。ニキビだけでなく肌荒れや老化を進める原因にもなります。お酒はやっぱりほどほどに、が大切です。

刺激物

辛い食べ物や酸っぱい食べ物、塩分の多い食べ物など、刺激の強い食べ物もニキビの原因になります。こういった刺激の強い食べ物は、胃腸に大きな負担をかけています。この負担で胃腸が疲れてしまうと、消化不良を起こし、体に老廃物を溜め込むことになるので、結果的にニキビができやすい状態を作り出してしまうのです。

また、コーヒーなどに含まれるカフェインも摂りすぎは良くありません。健康的な肌の維持に欠かせないビタミンB群の吸収を低下させ、ニキビや肌荒れの原因になることがあります。胃腸に負担をかける飲み方をしていないか、一度見直してみると良いでしょう。


でも、カフェインも適量なら肌に良い作用があるのよ。一切飲まない!というのはもったいないわ。毎日2~3杯までにとどめること、砂糖やコーヒーフレッシュを入れずに飲むようにすること、缶コーヒーやコーヒー飲料はさけることを守れば大丈夫。コーヒーはリフレッシュにも役立つものなので、上手に活用していきましょう☆

顎ニキビの原因(4)間違ったスキンケア

ニキビを防ぐためには、スキンケアも大切です。大人ニキビの場合、肌の乾燥によってニキビができやすくなっていることが多いもの。人それぞれ肌質は乾燥肌や脂性肌などタイプがあるものですが、どんな肌質でも基本は同じ。とにかく肌を守るための保湿が重要なのです。


ニキビに悩んでいる人は皮脂を気にするあまりさっぱりしたスキンケアに偏りがち。これではニキビを改善するどころか悪化させることになってしまうわ!次のようなスキンケアを行なっていないか、今すぐ見直してみて!!

8つの間違ったスキンケア

  • 1日に何度も洗顔するなど顔を洗いすぎている
  • 洗顔後は化粧水だけでスキンケア
  • 毛穴の汚れをしっかり落とすために週に何度も毛穴パック
  • 頻繁にピーリングや肌のマッサージなどを行なっている
  • 思春期向けニキビケア化粧品を使っている
  • 1年中いつでもまったく同じスキンケアを続けている
  • 生理前などスキンケアでピリピリ刺激を感じることがある
  • フェイスラインや首周りはスキンケアを行わない

思春期の場合は、確かに皮脂が過剰に分泌されるため比較的さっぱりめのスキンケアが良いとされることが多いです。大人のニキビでも脂性肌だと感じている人は保湿は控えめ、という方もいるでしょう。ニキビケアでは、でも、どんな肌質の人でも、基本は肌に負担をかけない洗顔方法や肌のバリア機能を補う正しい保湿です。自己流であれこれ手を出したりせず、肌に合うスキンケアを正しいやり方で行なうことがとても大切です。


男性の場合も、ニキビ予防には保湿ケアがとても重要です。
あと、ヒゲ剃り方法が悪くて顎ニキビができやすくなっていることもありますよ。ヒゲ剃り前は温かいタオルなどでヒゲを柔らかくして、シェービングフォームで滑りを良くした状態で清潔で良く剃れる刃を使って剃ること。ヒゲ剃り後に正しい保湿をしているかどうかでも変わります。肌に負担をかければかけるほどニキビはできやすくなるということをしっかり認識しておきましょう! 

顎ニキビの原因(5)外部からの刺激

顎ニキビの原因は、自分が普段何気なく行っている行動のせいで悪化している、ということもあります。普段からこんな習慣はありませんか?

ニキビを悪化させる何気ない習慣

  • 鏡を見たらついついニキビを触ってしまう
  • 白いニキビは潰さずにはいられない
  • 頬杖をつくくせがある
  • 紫外線のケアを行なっていない
  • 肌に合わないコンシーラーなどでニキビを隠している
  • 洗顔やクレンジングはゴシゴシこすって行なう
  • 髪が顎やフェイスラインに常に触れている

顎ニキビに悩んでいる人の多くは、ニキビが気になるあまり、うっかりニキビを手で触る機会がよくあるようです。でも、手には思った以上にたくさんの細菌がついているもの。もちろん、細菌はニキビの大好物です。ニキビを手で触ってしまう機会が多いのは、ニキビを自分の手で悪化させているのと同じです。気になってもできるだけ触らず、治るまでそっとしておくつもりでいるのが大切です。


あと、忘れてはいけないのが紫外線からのダメージや肌をこすることで起きる摩擦によるダメージね。化粧などの汚れが落としきれずに雑菌が繁殖することも注意が必要なの。ニキビ跡を残さないためにも、優しく丁寧に扱うようにしていきましょう!

顎ニキビの治療と予防方法

顎ニキビを防ぎ、治りやすくしていくために必要なのはスキンケアだけではありません。これまで解説してきた通り、顎ニキビの原因は体の内側にあることが多いんです。ホルモンバランスを整えて胃腸も元気にしていくために、生活習慣の見直しからはじめましょう!

顎ニキビをできにくく、治りやすくする方法

  • ホルモンバランスをできるだけ正常に保てるようにする
  • 1日を通してバランスのとれた食生活を心がける
  • ストレスを溜め込まず、上手に発散していく
  • 本当に正しいスキンケアを行う

ニキビ改善に特効薬のような方法はありません。でも、小さなことを少しずつ積み重ねていくことで、本当にニキビができないツルンと美しい肌を目指していくことはできます。本当に肌のためになるスキンケアと生活習慣で、コツコツしっかり積み重ねていきましょう。


特に顎ニキビは、できてしまうと治るのに時間がかかることが多いもの。生活習慣をガラッと変えても、急にニキビがなくなるということはないわ。でも、この対策を実行できれば、少しずつ変化していくはず。だからこそ地道な改善が大切よ! 

ホルモンバランスを正常に

ホルモンバランスはとても簡単に崩れるものです。少しでも長くバランスの良い状態を維持していくためには、食事に気をつけたりストレスをうまく解消していくばかりではなく、上手にリラックスする時間を取るようにすることが大切。ホルモンバランスが崩れている時は、自律神経の調子も悪くなっていることが多いです。これはつまり、体がずっと緊張状態にあるということ。これでは調子を崩す悪循環に陥ってしまうので、意識的に何も考えずにリラックスする時間を取っていきましょう。生理前でイライラしやすい時期などにホルモンバランスを保つためには、豆乳など大豆製品に頼るのもおすすめです。

バランスの良い食事

ニキビのない美肌を作るために欠かせないのが、バランスのとれた食生活です。糖分や油分の多い食事、刺激の強い食べ物ばかりに偏ってしまわないように気をつけて、野菜もタンパク質も炭水化物もバランスよく摂取するように意識しましょう。3食全部を整えるのが難しい場合でも、2~3日の食事をトータルで考えてバランスがとれていれば大丈夫です。前日に肉類を食べすぎた!という時は、翌日の朝から昼の食事で野菜中心にしていくなど、調整しながらバランスをとれるようにしていくと良いでしょう。

ストレス軽減

ニキビのない美しい肌を目指していくのに欠かせないのが、ストレス対策です。ストレスは溜まっているだけでホルモンバランスを崩し、血行や代謝を鈍らせ、体を老けさせます。しかし普通に生活をしているだけでもストレスは溜まるものなので、ストレスを溜めないようにするのは難しいことです。なので、こまめにストレスを解消していくことを意識していきましょう。ストレス解消には、意識的にリラックスすることはもちろん、思いっきり笑ったり泣いたりすることや好きなことに熱中する時間を作るのも良い方法です。忙しくてもちょっとした工夫で上手に解消できる方法を自分なりに見つけていってくださいね。

顎ニキビに効く正しいスキンケア方法

ストレスを感じたり食生活が荒れたりしてもニキビができなかった!ちょっと辛いものを食べただけなのにニキビができてしまった…。肌のコンディションによってニキビができやすかったりそうでなかったりすることがあります。これを左右しているのが肌のバリア機能です。

適切なスキンケアで肌が健康な状態になっている場合、肌がもともと持っているバリア機能が働き、ちょっとした刺激くらいではニキビや肌荒れを起こさないように守ることができるのです。でも、顎ニキビに悩んでいる人は、このバリア機能がうまく機能できていないことが多いのです。この機能を回復できるようなスキンケアを行うのも顎ニキビ対策にとても良い方法です。

  • 優しい洗顔、肌を擦らないケアなど肌の負担を最小限にする
  • 肌の表面に長くとどまることができる保湿成分を活用する
  • 肌に栄養となる成分を補給して肌の代謝を促す

特に大切にしたいのが、スキンケアで補給する成分です。セラミドやヒアルロン酸、スクワランなどの肌の保水機能を補える保湿成分と、プラセンタやビタミンC誘導体、アラントインといった肌の代謝を促して肌を整えようとする機能のある成分を活用するのがおすすめです。

高ければ良い、有名なら良い、自然派だから良い、ということはありません。必要な成分がきちんと入っていて、自分の肌に負担なく使うことができるスキンケア化粧品を使いましょう。

おすすめアイテム : ラ・ミューテ アドバンス保護美容液

価格7,300円(定期便で6,570円に)
主な美容成分熟成ダマスクローズウォーター、ヘキサペプチド3、メバロノラクトロン、プラセンタ、3種セラミド、スクワラン
無添加パラベン、アルコール、合成着色料、鉱物油、石油系界面活性剤

肌の表面を保護しながら傷ついた肌へ働きかけ、肌が本来持つ力をしっかり引き出すためにサポートしてくれる美容液です。ローズウォーターまで配合されているので、女性ホルモンにも働きかけを行いながら肌のバリア機能をサポートするという理想的なニキビケアが行えます。
ラ・ミューテ アドバンス保護美容液を見てみる

おすすめアイテム : パルクレールジェル

価格9,700円(定期便で4,980円に)
主な美容成分プラセンタ、アラントイン、紫根エキス、カミツレ花エキス、スクワラン、ヒアルロン酸、コラーゲン、トレハロース他
無添加パラベン、アルコール、シリコン、合成着色料、香料、鉱物油、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤

日本人の肌に合わせて作られた日本製の薬用ニキビケアジェル。大人ニキビのケアのために作られたジェルなので、適度な保湿にターンオーバーの促進、刺激の少ないケアなど、大人のニキビケアに必要なスキンケアがこれ1つで行えます。顎ニキビだけでなく、背中ニキビやニキビ跡ケアにも使えるジェルです。

パルクレールジェルを見てみる


思春期にできるニキビは専用のケアアイテムを使った方が良いですが、大人の男性の顎ニキビケアも考え方は同じです。髭剃り後のケアを行うことも考えると、パルクレールジェルくらい低刺激で大人ニキビを考えられたものを使ってもやりすぎではありません!はじめは面倒かもしれませんが、改善のためにも丁寧なスキンケアを考えてみてくださいね。

顎ニキビは「生活見直し」からしっかり対策が◎

顎ニキビはスキンケアだけでなく、ホルモンバランスを整えたりストレスを軽減したり、生活習慣の見直しから対策が必要です。忙しくて難しい!ということも多いかもしれませんが、できることから少しずつ、生活を見直していってくださいね。

あごのニキビはできやすくて治りにくいものでもあるので、対策をはじめたからといってすぐに効果があらわれることはありません。でも、きっと顎ニキビをゼロにすることは可能です。気がついたら綺麗になっていた!を目指して、ぜひ今日からできることをはじめていきましょう!

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事