アトピー肌のボディソープの選び方は?安心して使える商品ランキング&正しい洗い方まとめ

アトピー肌にぴったりのボディソープランキング。安心して使えるのはどれ?

アトピー肌さんがボディソープに求めるもは何でしょうか?

お肌に沁みない、洗いあがりがつっぱらない、お肌が炎症を起こさないなど、求めるものはけっこうありますよね。だからこそ、アトピー肌さんは基準をしっかりと決めてボディソープを選ぶべきでしょう。やみくもに、いろいろな商品を試しても自分の肌に合ったボディソープを見つけるのは難しいですよ。

そんな自分の肌に合うボディソープがかわからないという方のために私、水野がアトピー肌さんのボディソープを選ぶ基準をお教えします。そして、アトピー肌さんにぴったりのおすすめボディソープをランキングにしてご紹介いたします。基準を決めて選べば自分にぴったりのボディソープは必ず見つかりますよ。

アトピー肌さんがボディソープを選ぶ時のポイントは?

アトピー肌の方にとってボディソープ選びは“スキンケア”の一環といえるかもしれません。体を洗うのは毎日のこと。どのボディソープを使うかがお肌の状態を大きく左右してしまうからです。だからといって、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。市販のボディソープにもアトピー肌の方が安心して使えるものがあります。アトピー肌の方が選ぶべきボディソープ。その基準はとてもシンプルです。

低刺激で保湿効果のあるものを選ぼう

アトピー肌の悩みといえば「乾燥」と「刺激」ですよね。実は、肌の乾燥と刺激への弱さには関係があります。
肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が弱まり、外部からの刺激に対して敏感になります。刺激を受けて弱った肌は内部の水分が失われ、ますます乾燥がひどくなります。こうして乾燥と刺激が相互に肌細胞を傷つけ、肌はどんどん衰えていってしまうのです。従って、アトピー肌の方がボディソープを選ぶときには「低刺激」と「保湿効果」が重要なキーワードになります。

低刺激なボディソープとは?

ボディソープがお肌へ刺激を与える成分の一つに「界面活性剤」という物質があります。界面活性剤は水と油を混ぜ合わせるためのもので洗浄力や泡立ちにも関係しています。界面活性剤には天然の素材を活用する「天然界面活性剤」と人の手で人工的に作られた「合成界面活性剤」という二つの種類があります。天然界面活性剤には、大豆などに含まれる「レシチン」や植物の茎などにある「サポニン」、また牛乳に含まれる「ガゼイン」などが使われています。自然界に存在するものを使うため、人の肌にとって刺激成分となりづらいものです。


一方、合成界面活性剤は石油やアルコールなどから作られる刺激性の強いものと、アミノ酸など天然由来物質から作られる「低刺激」のものがあります。石油やアルコールなどから作られた合成界面活性剤は肌への刺激物質となるばかりか、洗浄力が高い分、肌に必要な皮脂まで落としてしまい肌のバリア機能を破壊してしまう恐れがあります。
アミノ酸から作られた合成界面活性剤は低刺激性を謳った商品が多く、天然由来成分を使って人工的に作られるため「天然系合成界面活性剤」と呼んだりします。「天然」と聞くと体にいい感じがしますが、人工的に作られたものであることに変わりはなく、肌に合うかは体質次第といえます。


合成界面活性剤を使えば比較的安く商品を作れるため、多くのボディソープには合成界面活性剤が使われています。アトピー肌の方は、まず成分表で界面活性剤の原料に注目しましょう。
下記の原料は合成界面活性剤の中でも要注意な成分です。このような成分表記がしてある商品は選ばないほうが賢明ですね。

​合成界面活性剤要注意成分
​ラウリル硫酸、ラウレス硫酸、スルフォン酸Na、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩、トリエタノールアミン、キシレンスルホン酸アンモニウム、アルキルエーテル硫酸ナトリウムなど​

レシチンなど天然の界面活性剤がおすすめです。人によってはアミノ酸系の界面活性剤によるボディソープもいかもしれません。アミノ酸系の界面活性剤が使われている商品には下記の成分が表記されています。

​アミノ酸系界面活性剤成分
アシルグルタミン酸、ラウロイルメチルアラニンNaなど

ボディソープには界面活性剤以外にもお肌を刺激する物質が入っています。香料着色料といった添加物も原料によっては要注意です。“いい香り”や“洗いやすさ”などはもちろんうれしい機能ですが、これらはすべて刺激物質が関係している場合が多いのです。香りや肌触りを良くするために、余計なものが入っているボディソープはタブー。例えば次のような成分表記のボディソープは避けた方がいいでしょう。

​肌に刺激を与える要注意成分
​ラウリル硫酸、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベン、エデト酸塩、安息香酸など

肌にやさしいボディソープは洗浄力が落ちると気にする方もいらっしゃいますが、ボディソープとして商品化されているのですから汚れが落ちないということはまずありません。アトピー肌の方は洗浄力や泡立ち、香りなどではなく低刺激を優先してボディソープを選びましょう。


保湿効果のあるボディソープとは?

肌が乾燥しやすいアトピー肌さんは、ボディソープに保湿効果も求めたいところです。洗った直後の肌からは急速に水分が蒸発していきます。それこそ数分の違いで肌の潤いに影響がでるんのです。だからこそ、ボディソープの保湿効果は見逃せないポイントです。
一般的にボディソープに含まれる保湿成分には以下のようなものがあります。アトピー肌さんは成分票にこのような保湿成分が記載されてあるボディソープがおすすめです。

​保湿成分
​セラミド、ヒアルロン酸、ホホバオイル、コラーゲン、ワセリン、グリセリンなど

毎日の入浴で使うボディソープに保湿成分が含まれているか、いないか。この差がアトピーの症状に大きな違いを生むかもしれません。アトピー肌さんのボディソープは保湿成分にもこだわるのが正解ですよ。

泡や液体のボディソープと石鹸どちらが良いの?

体を洗うボディソープには、液状もしくは泡状のいわゆる「ボディソープ」と呼ばれるものと「固形石鹸」があります。アトピー肌さんにはボディソープと固形石鹸どちらがふさわしいのでしょうか?
アトピー肌に避けたいのは「刺激成分」、そして欲しいのは「保湿成分」。ですから、まず重要視したいのはボディソープか固形石鹸かよりも、どんな原料で作られているのか、どんな成分が含まれているのかといった点です。原料と成分をチェックして大丈夫ならば、ボディソープと固形石鹸どちらを使っても問題ないと思われます。

ただ、一般的には固形石鹸の方がシンプルに作られる分、余計な成分が含まれていない無添加のものが多いです。ボディソープから固形石鹸に変えたらアトピーの症状が改善されたという方もたくさんいらっしゃいます。ですから、アトピー肌さんは無添加の固形石鹸を使った方が安全かもしれません。
しかし、固形石鹸は泡立ちの悪さや匂いがキツイものも多く、その辺がどうしても気になる方は低刺激性のボディソープもアリです。ボディソープには保湿成分消炎成分が含まれているものがあり、ボディソープのほうが肌に合うというケースもあります。ボディソープか固形石鹸かは、アトピーの症状やお肌の状態など、体質や好みで選んでいいと思います。

アトピー肌におすすめのボディソープランキング【泡・液体編】

ボディソープは固形石鹸に比べ洗いやすいというメリットがありますが、余分な成分が入っているものもあるため、より慎重に選ぶ必要があります。
今はアトピー肌さんでも安心して使える、お肌にやさしいボディソープってけっこう出ています。私がおすすめするアトピー肌さんにぴったりのボディソープBEST3はコレです!

MINON(ミノン) 全身シャンプー しっとりタイプ

ミノン全身シャンプーしっとりタイプ」は、肌の潤いを守りながら汚れを落とす低刺激性のボディソープです。
やさしい洗浄力の秘密は「植物性アミノ酸系洗浄成分」。汚れはきちんと落としつつも必要な潤いは残して、肌のバリア機能をしっかり守ってくれます。そのしっとりとした洗い心地を「洗う保湿ケア」と呼ぶほど保湿にこだわっている商品です。
肌あれ防止成分である「アラントイン」と「グリチルリチン酸アンモニウム」を配合しているのもアトピー肌にはうれしいところ。1本で髪や顔を含め全身が洗え、肌荒れやふけ・かゆみの防止にも効果を発揮します。アトピー肌さんは、シャンプーのすすぎ残しでお肌が刺激を受けることがありますので、これ1本で髪まで洗えるのはけっこう大きなメリットかもしれませんね。

価格:450ml/1,173円

​成分
​アラントイン、グリチルリチン酸アンモニウム、濃グリセリン、DL-PCA・Na液、アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリ二ウムベタイン、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン、ラウリン酸ジエタノールアミド、クエン酸、パラベン、香料

  •  
  • 肌が荒れている部分でも沁み​ない
    生まれつきアトピーで、ボディソープは合わない物が多いです。 このミノンのボディシャンプーは肌が荒れている部分でも沁みずに使うことが出来ます!すごく体に優しいので、ずっと愛用しています。 これ以上のものが現れなければ一生使うと思います…笑

    @cosme

 


アトピー肌さんにとって「沁みない」というのは重要なポイントですね。
全身をやさしく洗える、まさに一生物のボディソープです。

 

キュレル ボディウォッシュ ポンプ

 「キュレル ボディウォッシュ ポンプ」は肌の保湿成分「セラミド」を保持しながら、汚れだけを洗い流すボディソープです。
そのやさしさは赤ちゃんにも使えるほどの低刺激。肌にやさしい洗浄力なのに泡立ちはよく、きめ細やかな泡でお肌に負担をかけることなく洗うことができます。
高い保湿力に加え、消炎効果のある有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」の働きで肌荒れの防止も期待できます。しっかり保湿しながら、気になる部分もやさしく洗える、アトピー肌さんにとって総合力の高いボディソープです。

価格:480ml/1,008円

​成分
グリチルリチン酸ジカリウム、水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム液、アルキルグリコシド、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、POEラウリルエーテル酢酸、POEラウリルエーテル、エタノール、水酸化ナトリウム液、塩化Na、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体液、POEメチルグルコシド、ユーカリエキス、DL-リンゴ酸、アクリルアミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液、グリセリルエチルヘキシルエーテル、ポリ塩化ジメチルメチレンピペリジニウム液、BG、安息香酸塩
  •  
  • キュレルが一番好きです​
    敏感肌用や無添加をうたっているボディソープを色々試しましたがキュレルが一番好きです。 しみない、洗い上がりしっとり、でも適度にさっぱりします(この手の商品にありがちな、しっとりするけどなんだかヌルヌル感が残るということがありません)。 これを使って「さっぱりしない」「可もなく不可もないのに高い」という方は、そもそも『敏感性乾燥肌』ではないのでしょうから、わざわざこれを使う必要はないと思います。 アトピー持ち乾燥肌の私はとても気に入っています。

    @cosme

 

 

保湿力のあるボディソープはヌルヌル感が取れずらいものがありますが、「キュレル ボディウォッシュ ポンプ」は「しっとり」と「さっぱり」を兼ね備えたボディソープといえます。
アトピー肌さんには人気の商品ですよ。

 

CareCera(ケアセラ) 泡の高保湿 ボディウォッシュ

 「ケアセラ 泡の高保湿 ボディウォッシュ」は7種類の天然型セラミドを配合した保湿力にこだわったボディソープです。
天然型セラミド3つの植物エキスといったうるおい成分が豊富に配合されているのが特徴。さらに、きめ細かなしっとりした泡が、お肌へ負担をかけず、うるおいを守りながら汚れを洗い落としてくれます。
アトピー肌は時としてタオルでこすることが刺激になってしまいます。うるおい成分がたっぷり入ったホイップクリームのような泡でやさしく洗えるボディソープは、アトピー肌さんにとっての理想といえるかもしれません。

価格:450ml/709円

​成分
​水、ラウリン酸PEG-80ソルビタン、ソルビトール、ココイルグルタミン酸2Na、ココイルグリシンNa、ラウリルヒドロキシスルタイン、ココイルメチルタウリンタウリンNa、カプロイルメチルタウリンNa、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6II、セラミドEOS、カプロオイルフィトスフィンゴシン、カプロオイルスフィンゴシン、ベヘン酸、コレステロール、タンブリッサトリコフィラ葉エキス、フキ葉/茎エキス、カミツレ花エキス、ポリクオタニウム-7、デキストリン、BG、グリセリン、EDTA-2Na、イソステアリン酸イソブチル、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、PEG-60水添ヒマシ油、セタノール、セテアレス-25、コカミドDEA、クエン酸、香料

  •  
  • おすすめです!​
    かなりの低刺激性に驚きました。 傷口に泡を当てても、痛くなくて、 すごく助かります。 低刺激で高保湿ということで、乾燥肌でアトピー肌の私にはとても良く合いました。 洗浄力はあまりないかもしれませんけど、おすすめです!

    @cosme

 

 

低刺激性を謳うボディソープは多いですが、なかでも「ケアセラ 泡の高保湿 ボディウォッシュ」の低刺激性はかなりのレベルなようです。
アトピー肌さんにはおすすめの商品ですよ。

 

アトピー肌におすすめのボディソープランキング【固形石鹸編】

アトピー肌にとって何より大切な「やさしさ」を重視するなら、やはり固形石鹸が一番でしょう。無添加の固形石鹸はお肌と同じアルカリ性なので、アトピー肌にも刺激となりにくいものが多いのです。
反面、泡立ちの悪さは多くの固形石鹸に共通するデメリットです。低刺激性を優先して、洗いづらさを我慢するかは、個人差がでるところかもしれませんね。
ちょっと不便でも、お肌にやさしいものを選びたいなら次の3つの固形石鹸がおすすめです。

アレッポの石鹸

 「アレッポの石鹸」は古くから続く伝統的な製法で作られる完全無添加の固形石鹸です。
原料はオリーブオイルローレルという月桂樹のオイル。この原料を釜で熱し、時間をかけて練り上げていくだけの製法で、防腐剤や着色料などの添加剤は一切加えていません。
オリーブオイルは、人の肌の脂肪酸と似た成分「オレイン酸」多量に含んでいるため、肌のうるおいを保ちながら汚れを落とすという二つの効果があります。そのうえ、洗顔、洗髪、メイク落としにまで使える万能石鹸なのです。
天然の保湿成分がアトピー肌をやさしく包んでくれる石鹸。それがアレッポの石鹸です。

価格:180g/630円

​成分
​オリーブオイル、ローレルオイル、水、苛性ソーダ

  •  
  • 一つ使いきりました​
    アトピー持ちの敏感肌のため、できるだけ肌に優しいものをと思い購入。一つ使いきりました。 私は、髪も顔も体も全身この石鹸を使って洗っていました。 まず良かった点は、肌荒れしないこと。 私の肌に合っていたのか、ベビー用品にさえかぶれや肌荒れを起こすことがある私にも刺激なく使えました。 ずっと悩んでいたかなりひどい手湿疹が、ほとんど改善されたのには驚きました。 洗い流した後もしばらくしっとりしているため、保湿を急がなくても良いという安心感もあります。 そして安さも魅力的です。全身使えて600円、贅沢に使っても2ヶ月持ったと思うのでコスパはとても良いです。

    @cosme

 

 

ベビー用品にかぶれるほどのアトピー肌さんでも刺激がないというやさしさ。
しかも、髪、顔、体と全身洗えて、2ヶ月で600円というコスパの良さ。
スゴすぎます。

 

アブドゥールの石けん

 「アブドゥールの石けん」は完全無農薬のオリーブから作られる完全無添加の石鹸です。
シリアで500年以上続く会社が作っており、シリア政府から「唯一の最高品質」と承認された逸品でもあります。その品質は世界各国で認められており、最高品質の石鹸として数々の賞を受賞しているほどです。500年もの間変わらぬ伝統の製法で作られ、人の肌に刺激を与えるものはまったく加えられていません。
柔らかな泡立ちと、さっぱりとした泡切れ、そしてオリーブオイルに含まれる保湿成分が洗いあがりの肌をしっとりとさせてくれます。原料にこだわった最高品質の石鹸「アブドゥールの石けん」なら、アトピー肌にもきっとやさしいはずです。

価格:220g/630円

​成分
​オリーブオリル、ローレルオイル、水酸化ナトリウム

  •  
  • 乾燥肌&敏感肌、アトピー持ち​におすすめ
    100%、オリーブ石けんが使ってみたくて、自然派化粧品店にて購入。 匂いは自然です。 泡立ちはあまりよくないかもしんないけど、優しい使い心地でツルツル。 スベスベします。 デカイし、コスパもイイ。 まぁ、アレッポよりちと高いですね。ほんのちょっとだけど。 ただ、なんか賞も取ってるし。世界的にはこちらのが、有名ブランドみたいです。 アレッポのが入手しやすいし安売りしてるけど、こちらも又、見つけたら買いたいです。 乾燥肌&敏感肌、アトピー持ちはお試ししてもイイと思いますょ。

    @cosme

 

 

優しい使い心地と肌がツルツル、スベスベになる洗いあがりが100%オリーブ石鹸の力。
乾燥肌や敏感肌、アトピー持ちの方にこそおすすめです。

 

まるごと椿石鹸(のんのか)

 「まるごと椿石鹸のんのか」は無添加椿だけを使用した椿油石鹸です。
椿農園が椿の栽培から製造まで一貫して手掛けた自家製石鹸でもあります。椿油には天然の洗浄作用保湿作用があり、この自然の力に着目して作られたのが「まるごと椿石鹸のんのか」なのです。
「まるごと椿石鹸のんのか」に含まれているのは天然成分だけ。色や香りづけ、泡立ちも自然の素材だけを使っています。また、これも天然素材である「かたしの実」の粉末が練り込んであり除菌効果も期待できます。
生産地のわかる天然素材だけで洗浄、保湿、そして除菌までできる「まるごと椿石鹸のんのか」ならアトピー肌にも安心ですね。

価格:60g/2,200円、105g/3,500円

​成分
石鹸素地、水、濃グリセリン、ツバキ油、クエン酸、はちみつ、植物スクワラン、セラミド、ローヤルゼリーエキス、グリチルリチル酸2k、加水分解コラーゲン、トコフェロール、エタノール、ツバキ搾りカス


  •  
  • 肌への負担が少ない​
    1個使用しました。 肌が薄く刺激にとても弱い肌なので合う化粧品が見つからず、ネット検索でこの石鹸に出会いました。 泡立ちは水を少なめにしてネットで泡立てるとクリーミーな泡ができます。 洗い流す際の泡切れがとてもいいので、肌への負担が少ないですね。洗いあがりはさっぱりという印象。 何を使っても私の肌は突っ張り感は出てしまうのでこの石鹸も同じでした。 ただ、不思議なのが時間が経つにつれて肌が潤ってくることです! 翌日の朝はとてもしっとりで、一日中乾燥することがありませんでした。

    @cosme

 

 

洗いあがりはさっぱりしていて、翌日になっても肌はしっとりしてる石鹸はなかなか貴重ですね。
敏感肌には間違いなく良い石鹸とのことです。

 

かゆみを治める薬用ボディソープランキング

アトピーの症状でかゆみが気になる方は、ボディソープでもかゆみ対策をしたほうがいいかもしれません。ボディソープの中には、かゆみを抑える薬用成分が入ったものがあります。次の3つのボディソープは、アトピーの症状緩和が期待できるおすすめのボディソープです。

薬用ユースキンS ボディシャンプー

 「薬用ユースキンS ボディシャンプー」は、うるおい成分である「しその葉エキス」を配合した全身に使えるボディソープです。
「しその葉エキス」以外にも3つのうるおい成分が含まれており、ソフトな泡立ちと洗い上がりのしっとり感が特徴です。頭皮にも使えるので、頭のかゆみが気になる人にも最適。アトピー肌、乾燥肌にうるおいを与え、かゆみにも効果が期待できるのが「薬用ユースキンS ボディシャンプー」です。

価格:500ml/1,073円

​成分
​グリチルリチン酸ジカリウム、シソエキス、濃グリセリン、トリメチルグリシン、ブチレングリコール、オレンジ油、クエン酸、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、水酸化カリウム、アクリルアミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液、N-ラウロイル-L-アスパラギン酸ナトリウム液、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、モノラウリン酸ポリグリセリル、ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液、ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸三ナトリウム液、パラベン、フェノキシエタノール、精製水、アラントイン

  •  
  • 髪から体まで全身を洗うことが​できる
    アトピーの冬のかさつきにも耐えられるボディソープがほしい、シャンプーが時期によって肌に合わなくなる。 この2点を解決できるものを探していたところ、このボディシャンプーに行き着きました。 クチコミどおり髪から体まで全身を洗うことが出来、かさつきも落ち着きました。 敏感肌の家族も快適に使っています。 シャンプーとボディソープを兼ねているので値段も安いと思います。

    @cosme

 

 

アトピー肌さんの悩み、冬のかさつきにも効いて髪から体まで全身洗える。
それでいて、この価格には大満足ですね。

 

薬用ピュアソープピュアボディソープ

 「薬用ピュアソープピュアボディソープ 」は石鹸本来の製法で作られた薬用の無添加ボディソープです。
原料にはオリーブ油紅花油を中心に、肌にやさしいものだけを使った低刺激性が特徴。植物性の原料が天然の保湿成分として肌にうるおいをもたらします。
甘草から抽出したエキス「グリチルリチン酸ジカリウム」も配合されており、肌荒れや肌の炎症にも効果を発揮します。石鹸本来のやさしさにこだわった「薬用ピュアソープピュアボディソープ 」は日本アトピー協会推薦品です。 

価格:700ml/1,960円

​成分
​カリ石ケン素地(オリーブ油、紅花油)、グリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)

  •  
  • アトピー肌の家族で使っています
    お肌に優しいので助かります。 アトピー肌の家族が多いため、いつも購入しています。 泡立ちもよく、汚れも落ちるので、今のところ、お肌に問題がなく使い続けています。

    楽天

 

 

肌に優しいうえに、泡立ちもよく、汚れも落ちる理想のボディソープですね。
家族みんなで使っても問題なしだそうです。

 

薬用ボディソープ・肌つつみ

 「薬用ボディソープ・肌つつみ」はオリーブ油紅花油を原料にした全成分天然由来の薬用ボディソープです。
オリーブ油と紅花油の成分は肌をやさしく洗える洗浄力と、うるおいを守る保湿効果を発揮します。甘草由来の有効成分も含まれていて、この成分が肌荒れや肌の炎症を鎮めてくれます。アトピー肌にもやさしいボディソープとして日本アトピー協会からも推薦されています。

価格:700ml/2,500円

​成分
​グリチルリチン酸二カリウム、精製水、ベニバナ油、水酸化カリウム、オリーブ油

  •  
  • ボディソープの概念が変わりました
    今迄、アレルギーに‥乾燥肌に良い!と言われる 多種多様のボディソープを使って来ましたが、その何れも今一つの物ばかりで半ばボディソープには限界を感じ「精々ボディソープなんて こんな物!」と半ば…いいえ殆ど諦めていました。 そんな時に“肌つつみ”に最後の望みを託し、購入。先ず突っ張りません! カサカサしません!! ボディソープの概念が“肌つつみ”で変わりました。有難う御座いました。

    通販生活

 

 

今まで、どんなボディソープを使っても大した効果が得られず諦めていた方が、突っ張らない、カサカサしないとその効果に大満足。
念願のボディソープとようやく巡り合えたようです。

 

アトピー肌の体の洗い方と注意点

どんなに自分に合ったボディソープと巡り合えたとしても、洗い方が間違っていれば効果は半減です。アトピー肌対策には洗い方も大切なんです。アトピー肌を洗う基本はもちろん徹底的に刺激を避けることです。

泡立てネットで泡を作ろう

体を洗うときにタオルで肌をこする刺激を甘く見てはいけません。タオルの摩擦によって肌表面がダメージを受け続けると、角質層まで傷つき肌の水分が失われることになりかねません。アトピー症状で傷ついた肌はタオルではなく、ボディソープを泡立てた泡で洗うのが一番です。
ボディソープは市販の泡立てネットを使えばラクに泡立てることができます。十分泡立てた泡を手のひらに乗せ、泡を肌の上で転がすように洗いましょう。手を肌に触れないように泡だけで洗うのがコツです
手が届かない背中などは、コットンのような柔らかな材質のタオルを使いやさしく洗いましょう。泡で洗うことを物足りなく感じるかもしれませんが、泡だけでも汚れを吸着できるので、十分汚れを落とすことができます。

熱いお湯はNG。ぬるま湯で優しく洗い流して

アトピーで敏感になった肌には熱いお湯も刺激になります。お湯の温度が高めだと、肌表面の保湿成分まで流れ出てしまう弊害もあります。ボディソープを洗い流すときは、ぬるま湯を使うようにしましょう。温度の目安は38℃程度。触った感じ、物足りないくらいの温かさです。もちろん、洗ったあと熱いお風呂に浸かるのもNGです。

かゆみが酷い日は洗わない手も

お肌の状態が良くないときは、無理してボディソープで洗わないという判断も必要です。肌にやさしいボディソープでも、肌の状態が悪いときに無理に洗うと症状が悪化するケースがあります。もちろん、肌は清潔にすることが大切ですし、かゆみが気になる部分もあるでしょう。そんな部分はぬるま湯で軽く流すようにしましょう。お湯だけでも肌表面の汚れは落ちますし、十分清潔にすることができます。アトピー肌は肌の状態と相談しながら洗うことが大切なんです。

アトピー肌にボディソープ選びは最重要!自分にあった商品を見つけよう

アトピー肌の方にとってボディソープ選びは本当に大切です。肌に合わないボディソープを使っていると、乾燥がひどくなったり、痒みが強くなったりしてアトピーの症状が悪化してしまうこともあります。だから、ボディソープを選ぶのに妥協やガマンは絶対にダメ!何が何でも自分に合ったボディソープを見つけるべきです。


一度で自分にぴったりのボディソープを見つけるのは難しいかもしれませんが、いくつか試しているうちにだんだん自分に合うボディソープの傾向がわかってきます。自分に合ったボディソープを知っているのは、自分の肌だけです。あきらめずに自分にあったボディソープを見つけましょう。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事