症状でわかる顔のできもの11種類を解説!原因に合った対策を行おう

症状でわかる顔のできもの11種類を解説!原因に合った対策を行おう

鏡を見ると顔にできものが…!ニキビとは少し違うような…そんな肌の悩みをスッキリと解決しちゃいます。ここでは顔のできものの特徴から原因や対策をご紹介していきます。もしかしたら、いつも出現しているできものには隠された原因があるかもしれません!


顔にできものができた…一体なに?

大切な日に限ってできやすい、顔のできもの…。ケアをしてもなかなか消えてくれないこと、ありませんか?もしかしたらそのできもの、ただのニキビではないかもしれません。

ここでは、わたくし編集長のはるこ先生こと水野春子が、今までの知識と調査から気になるふきでものの正体を暴き、原因に迫っていきます。

今すぐに実践できる対策もたっぷりご紹介していきますよ。是非、最後の番外編までチェックしてみてくださいね♪

こんにちは!助手のアッキーこと進藤明人です。
謎のふきでものの正体を暴く、ということで、今回とっても興味深いです!
ところではるこ先生…できものは全てニキビや吹き出物ではないんですか?
顔にできるできものにはニキビや吹き出物の他にも様々な種類があるの。ニキビや吹き出物は毛穴に皮脂が詰まってできるできものだけど、他にもニキビに似た症状をもつできものもあるわ。
そうなんですね!ニキビや吹き出物ではないできものは、ニキビ対策と対策法も違うんでしょうか?
ニキビ対策をしても治らないものもあります!
なかなか治らないものは特に注意が必要。厄介な病気に繋がってしまうこともあるから、その種類を知っておくだけでも対策の幅が広がるはずよ。では、できものの種類を見ていきましょう!

顔のできものの種類

白いもの

白ニキビ

直径1~3mmほどのポツンと小さな白色のできものです。触れると痛みを伴うことも多くTゾーンとUゾーンにできやすい傾向にあります。

通常なら毛穴に皮脂が入り込んでしまっても、洗顔と共に洗い流されます。しかし、古い角質がターンオーバーの乱れによって厚みを増し、皮脂が流れずに溜まってしまうと、アクネ菌が繁殖し白ニキビになります。

黒ニキビや赤ニキビになる前のいわゆる「生まれたてのニキビ」

ケアを間違うとアクネ菌が増殖し炎症を起こして赤ニキビ、酸化を起こして黒ニキビとなり治りにくくなります。

→白ニキビの治し方はコチラ

稗粒腫(ひりゅうしゅ・はいりゅうしゅ)

目の周り、額、頬によく見られる直径1~2mmほどの白色または無色の小さなできものです。痛みはなく、粒のように小さなものもあります。

ニキビのできにくい目の周りにできるのが特徴です。脂肪の塊と呼ばれることもありますが実際には中に角質が入っています。

毛穴の奥にある毛包や未熟な皮脂腺に角質が溜まって起こります。体質によってできやすい人がいるようですが、比較的女性に多い傾向があります。

稗粒腫は、よく見かけるできもののひとつ。皮膚科で除去できる疾患ですが、目をこすったり手で触れたりするのを避けるだけで、なくなることもあるそうですよ。 

赤くて痛いもの

赤ニキビ

赤色で触れると痛いできものの代表格である赤ニキビは、ニキビの元であるアクネ菌が繁殖して炎症を起こしている状態です。

赤ニキビには赤色のできものの中心に黄色や白色の芯が見られるものと、芯が見られないものがあります。

芯が紫色をしている場合、赤ニキビが悪化していることを示します。芯が見られずニキビの境界線が甘い場合は皮膚の奥深くで炎症が起こっている可能性もあります。どちらにしても炎症を和らげる対策が必要になります。

原因は白ニキビと同様、毛穴に皮脂が詰まってしまったものです。

→赤ニキビの治し方はコチラ

面疔(めんちょう)

目や鼻の周りにできやすい面疔、あまり聞き慣れない言葉ですよね。

面疔は一般的に「おでき」「せつ」という名で知られています。このおできやせつが顔に現れたものを面疔と呼びます。面疔はニキビと間違いやすいできものの一つですが、大きな違いは原因菌にあります。ニキビはアクネ菌ですが、面疔の場合、黄色ブドウ球菌が原因となって発症します。

ニキビとの違いは、できやすい場所と見た目です。ニキビは皮脂分泌の多い場所にできやすいですが、面疔は顔の中心部にできやすいという特徴があります。ポツンとした突起が赤くなりやすいニキビに対して面疔は、幹部を中心に広く赤みを帯び大きく腫れやすく、中心が膿んでジュクジュクしているものが多いようです。面疔の怖いところは、繁殖した黄色ブドウ球菌が鼻を通して脳へ達する可能性がある点。髄膜炎や脳炎の原因になることもあるので発症した場合は専門機関の受診が安心です。

→面疔の治し方はコチラ

帯状疱疹

水疱瘡にかかったことのある方に起こる帯状疱疹も、痛みを伴う赤い発疹が特徴です。

幼い頃に発症した水疱瘡の原因ウイルスである水痘・帯状疱疹ウイルスは、完治したあとも神経細胞に潜んでいることが多いのです。症状がすすむと間違うこともないのですが、初期の帯状疱疹はニキビと間違いやすいという点で注意が必要です。

まず、皮膚の内側から刺すようなピリピリ、チクチクといった痛みに襲われ、その痛みに沿うところが赤く盛り上がってきます。帯状に広がることが多く、約5日後~7日後にはかさぶたとなり剥がれて症状がなくなります。自然治癒しますが、深い潰瘍で傷痕が残ってしまったり、神経痛を引き起こす後遺症も多く認められていますので、専門機関を受診することをおすすめします。

現れやすい場所は胸部、背中上部など胴体上部です。胴体下部、頭皮、顔、首にもできることがありますが、多くは左右どちらか片側にできることが多いようです。

→帯状疱疹の治し方はコチラ

面疔、帯状疱疹、初めて知りました!どちらも軽視できないほど怖い疾患です…。ニキビと間違えないように注意したいですね。

赤いが痛みがないもの

毛包炎

赤みを帯びているものの痛みや痒みを伴わないできものに、毛包炎(もうほうえん)があります。毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれることもあります。

カミソリやピンセットでムダ毛の処理をした後、赤く小さなプツプツが残ったことはありませんか?きっと多くの方が経験しているあの発疹こそが、毛包炎です。

毛包炎の原因は表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌が毛穴に侵入したことによる炎症です。

カミソリなどで肌をこすると小さな傷が付きます。ここに菌が入り込んで炎症を起こすのです。

同じく黄色ブドウ球菌が原因となる面疔は、この毛包炎の炎症が深く更に悪化したものです。毛包炎の多くは毛穴の表面の炎症で、菌の繁殖によって広範囲に及ぶことがあります。

軽度の毛包炎はムダ毛処理をしたことのある女性なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。悪化することで面疔になるので注意したいですね。

→毛包炎の治し方はコチラ

固いもの

硬結ニキビ

しこりのように固いできものは、硬結ニキビである可能性が高いです。

硬結ニキビとは読んで字のごとく硬くなってしまったニキビ。初期ニキビの中での闘いによる産物です。

ニキビがアクネ菌の増殖によって炎症を起こすと、それを食い止めようと白血球の一種である好中球がアクネ菌に戦いを挑みます。

好中球が活性酸素を発生させてアクネ菌を攻撃するのですが、この活性酸素によっても皮膚は大ダメージを受け、戦いにより毛穴の壁も破壊されていきます。すると肌ダメージを修繕するために放出されたサイトカインによりコラーゲンなどの結合組織が増加します。これが硬いニキビ(硬結ニキビ)を生み出すのです。

硬結ニキビは自分で綺麗に治すのは難しく、跡が残りやすくなります。

ニキビが硬くなる前に対策を講じたいものですね。

しこりニキビとも呼ばれる硬結ニキビ…なかなか治らない厄介なできものです。ニキビは早めの対策が肝心ですね。 

→硬結ニキビの治し方はコチラ

しこりがあるもの

毛嚢炎(もうのうえん)の場合

黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が原因の毛穴の炎症である毛嚢炎(毛包炎)は、悪化することで中心にが見られるようになります。

自然治癒する軽度のものが多いのですが、腫れを伴い芯のあるしこりに発展することもあります。下着などの摩擦によって化膿が進行するため、顔よりはデリケートゾーンにできることが多いようです。

痛みや痒みが長引く時には専門機関の受診がおすすめです。

→毛嚢炎の治し方はコチラ

粉瘤

しこりのあるできものの中に粉瘤と呼ばれる皮膚疾患があります。大きさは直径数mmから数cmに及びます。

粉瘤腫やアテロームとも呼ばれる粉瘤は、皮膚の内側から腫れが起こりコブのように大きくなることが多い良性腫瘍のひとつです。皮膚の内側にできた袋状の嚢胞に古い角質や老廃物が溜まり、日が経つにつれ少しずつ大きくなるのです。

どこでも発症しますが顔、首、耳の後ろ、背中に比較的できやすく、痛みはなく赤みもないことが多いようです。赤みや痛みがある場合は細菌感染が疑われます。

自然になくなることもありますが、大きくなると治療が必要になります。怖いのは、膿をもった粉瘤が体の内部に向けて破裂してしまった場合。破裂した部位によっては腹膜炎など他の恐ろしい病気の引き金となることもあります。

ニキビとの違いは、粉瘤の中心部にある黒い点(酸化した開口部)です。粉瘤と見分けやすい特徴ですが、認められないケースもあります。

→粉瘤の治し方はコチラ

外骨腫

痛みのないしこりのひとつに、外骨腫(骨軟骨腫)があります。ニキビと間違うことはほとんどない良性の骨腫瘍のひとつです。

触れるとゴリゴリするようなコブで、骨の成長期の10代に多く見られます。発症する方の50%以上は大腿骨・下腿骨に起こり、足や腕の関節周辺に多いのですがごくまれに顔(主に額)にできることもあります。若年層に多いのですが、骨腫に気付かずに生活をし肥大化して気付くこともあるのが特徴のひとつです。

40~50代で痛みのある骨のしこりが感じられた場合は悪性変化の可能性も考えられるのですぐに専門機関への受診をしましょう。

→外骨腫の治し方はコチラ

脂肪腫

脂肪腫もしこりのひとつで、比較的多い疾患です。脂肪を抱えた細胞が集まった腫瘍ですが、比較的40~50代の女性に多く見られます。

ほとんどが良性腫瘍であることが多いようです。お尻の周りや足にできやすいという特徴も。

大きさが5cm以上ある、短期間で肥大化した、生活に支障が出ている、痛みがある、などの場合に摘出手術が行われます。

→脂肪腫の治し方はコチラ

ニキビの場合

ニキビがしこりになるメカニズムは硬結ニキビの項目でお話しましたが、しこりの原因は「細胞の過剰生成」です。

過剰に生成された細胞は自然に綺麗になるということは難しく、数年から数十年しこりが続くことが多いのも特徴です。

上記の粉瘤、外骨腫、脂肪腫のように肥大化するものではありませんが、赤色や紫色に広がる場合はケロイドと言い、悪化している証ですので専門機関を受診しましょう。

顔のできもの特徴まとめ

  • ニキビ…アクネ菌が原因で発生。Tゾーン・Uゾーンにできやすい
  • 稗粒腫…小さめの白いプツプツ。目の周りにできやすい
  • 毛包炎(毛嚢炎)…ムダ毛処理後にできやすい
  • 面疔…黄色ブドウ球菌が原因で鼻・目の周りにできやすい
  • 粉瘤…角質が皮下の嚢胞に溜まる。
  • 外骨腫…硬い。顔では額にできやすい。骨の良性腫瘍
  • 脂肪腫…皮下にできる良性腫瘍。

ニキビと間違いやすいできものも沢山あるんですね。症状が似ていても、原因となる菌が全く違うものもあり、驚きました。
そうね。面疔や毛包炎(毛嚢炎)はブドウ球菌や黄色ブドウ球菌、帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルス、ニキビはアクネ菌が元になるようね。
顔にできるできものは、主にニキビ(吹き出物)とその他のものに分けられるわね!
はるこ先生、これらの皮膚疾患はそもそもどんな原因によって引き起こされるんですか?

\ニキビでお悩みの方必見!/
〜夏前に知っておきたい豆知識

ニキビにはいろいろな種類があると言われていますが、どんな種類のニキビでも共通して必要な対策が「紫外線予防」。

でも「日焼け止めってニキビやできものの上から塗っていいの?」「ニキビに日焼け止めがしみて悪化しそう」などと思っている方も多いのではないでしょうか?

日焼け止めは肌荒れしている人ほど塗って下さい!

ニキビは、アクネ菌が肌に大量発生していうる状態です。

アクネ菌は皮脂を食べて「ポルフィリン」という化合物を生み出すのですが、その「ポルフィリン」は紫外線に当たる事で「一重項酸素」というものを発生させます。

「一重項酸素」はとても攻撃性が高く皮膚が炎症を起こすので、ニキビが悪化してしまいます。

面疔(おでき)の人も、紫外線を浴びると色素沈着(シミ)がひどく残ってしまう危険性があるので、肌トラブルにお悩みの方は紫外線予防をしっかり行うこと!


でも、ドラックストアなどで売られている市販の日焼け止めは、余計な添加物が多いので要注意です。

添加物は肌に負担かけるので、オーガニックなどのなるべくお肌に優しいものを選びましょう。

オーガニック日焼け止めおすすめランキングTOP10

顔のできものを即解決するのには専用スキンケアを

顔のできもの•ニキビ治療専用スキンケア「ビーグレン」

ドクター医学会が認めるスキンケアライン「ビーグレン」

できものの主な原因である

•乾燥

•雑菌繁殖

•肌免疫力低下

これら3つを全てケア出来るので、顔のできもの•ニキビケアにはピッタリです。

しかも値段もトライアル割引が効くのでとっても手頃。通常4千円近くする物が今なら1800円でたっぷり7日分フルライン使いが可能。

天然泥パック洗顔で毛穴黒ずみをゴッソリ解消

毛穴の詰まりは、できもの•にきびの原因。

そんな汚れを天然泥クレイウォッシュが吸着して汚れを除去。

高保湿クレイローションで保湿&殺菌

 乾燥すると余計な皮脂が出てしまいニキビ発生の原因に。

高保湿ローションで保湿し、さらにできものやニキビの原因菌を殺菌するので清潔な肌へ

できもの跡やニキビ跡を速攻でホワイトニング

高濃度ビタミンC配合の美容液で沈着してしまった跡をキレイに美白。

ホワイトニング効果が非常に高いので、速攻コンシーラーいらずの肌へ

肌をなめらかに整える効果もあるので、凸凹肌も落ち着き、今後できものやニキビが発生しにくい肌へ整えます。

これらの効果をもつスキンケアラインが一気にお試し出来ちゃます!

今ならキャンペーン中につき73%割引の1710円(※9月30日まで)

「ちょっとライン使いをしてみたい!」

「ニキビが繰り返して全然治らない!」

「なんとなく今の化粧水を使っているのでそろそろ本格ケアしたい!」

なんて人はまず気軽なトライアルセットを注文してみましょう。


\今だけ73%OFF!1,710円(9/30まで)

ビーグレントライアルセットはコチラから


顔のできものの原因

ニキビ(吹き出物)の原因

憎きニキビが発生する主な原因は「皮脂の過剰分泌」にあります。皮脂は肌に潤いを与え乾燥を防ぐという点で、必要不可欠な分泌物です。

しかし皮脂が過剰に分泌することで、毛穴が皮脂で塞がり埃や角質も一緒に溜め込みやすくなってしまうのです。皮脂が過剰に分泌してしまう原因はいくつか考えられます。

中でも大きく二つのことに着目してみました。

乾燥

乾燥は皮脂分泌と対になると考えられがちですが、実は乾燥こそが皮脂の過剰分泌の引き金になります。

乾燥することで肌が危険サインを発し、皮脂を過剰に分泌しようとするのです。特に、間違ったスキンケアによる乾燥は皮脂の過剰分泌を引き起こしやすいと言えます。

過剰な洗浄で肌を守っている皮脂膜が落とされて乾燥が加速したり、シートタイプのクレンジングでゴシゴシ擦ったことが刺激となり乾燥することもあるので要注意。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスは皮脂を正常に分泌する上で大切なもの。女性はエストロゲンプロゲステロンというふたつの女性ホルモンが、シーソーのように分泌の増加を繰り返すことで肌の水分バランスも保たれます。これが乱れると皮脂の過剰分泌が起こります。

また男性ホルモンが活発化することも過剰な皮脂分泌に繋がります。

これらのバランスを整えるためにも、規則正しい生活、バランスのとれた食生活、適度な運動、ストレスを溜めこまないと言った生活習慣を整えることが必要です。

ニキビ(吹き出物)の原因となる皮脂の過剰分泌は私たちの努力次第で防ぐことが出来そうですね!

ニキビは、毛穴の便秘。言い換えれば、ニキビ治療とは、毛穴からスムーズに皮脂を排出するイメージ!

肌が乾燥すると、肌の表面が固くなって毛穴の出口を塞いでしまうので、「毛穴からスムーズに皮脂を排出」できなくなってしまいます。

そのためニキビ治療で一番大切なことは、肌を保湿して柔らかくすることなんです。

肌は、みなさんが思っているよりもすぐに乾燥してしまいます。

特に7〜8月は、汗や冷房によって肌の乾燥が一気に進む季節。外出先でもこまめな保湿対策をしてあげないと、肌の潤いは保てないのです。

そこでイチオシなのはビーグレンのニキビケアトライアルセット。

肌の冷房による乾燥「インナードライ」をしっかりケアする保湿力と、出来てしまったニキビをしっかり鎮静する効果の高いローション•美容液が付いたセットです。

トライアルなので継続する必要も一切なし。

1800円という(元は5000円くらいする)破格の値段でニキビ&インナードライ対策が出来るので、軽いお試し気分で使ってみると良いでしょう♪


\すぐにケアしないと手遅れに…!/

ビーグレンニキビケアトライアルセット注文はコチラ

その他のできものの原因

面疔

面疔ができる大きな原因は、黄色ブドウ球菌が傷などから毛孔(もうこう)に侵入したことによります。黄色ブドウ球菌は人の皮膚などに広く生息する常在菌の一種ですが、多量に摂取すると食中毒を引き起こす菌でもありますよね。この菌が毛孔に侵入し、炎症を起こし膿を発生させます。常在菌の一種である黄色ブドウ球菌が突然このように皮膚疾患として猛威を振るうのは、体力や免疫力が低下している時です。病中、病後、または日頃の疲れがたまっている時に感染しやすいと言えます。

帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウイルスは初めて感染すると水疱瘡を発症しますが、その後は神経節で再発の機会を伺いながら潜みます。そのウイルスが免疫力の低下、ストレス、季節の変わり目などをきっかけにして再活発化し、三叉神経(眼神経、上顎神経、下顎神経)に影響を及ぼすことがあるのです。これが帯状疱疹となって現れます。加齢による免疫力の低下もウイルス活発化の原因になります。

毛包炎(毛嚢炎)

毛包の炎症によって毛包炎(毛嚢炎)は引き起こされます。本来は皮膚を保護するバリア機能が常在菌であるブドウ球菌の侵入を防いでいます。それが、免疫力の低下など体調の変化によってバリア機能が低下し、肌の摩擦や小さな傷を介して細菌が毛包部に侵入しやすくなり炎症を起こします。特にブドウ球菌などの細菌は皮膚組織が弱っている部分に付着しやすいため、細菌が増殖する原因になるのです。カミソリやピンセットなどでムダ毛処理をすることによって肌に小さな傷が付くため、ブドウ球菌などの細菌が侵入しやすくなります。ジェルや乾燥を防ぐアフターケアが大切です。

毛包炎の原因は肌にダメージが起こった時に増殖しやすい表皮ブドウ球菌・黄色ブドウ球菌が原因。ムダ毛処理だけでなく、バリア機能が低下する乾燥も肌へのダメージに繋がりますよ。

粉瘤

粉瘤の確かな原因は定かになってはいません。しかし、皮膚の内側にできる袋状の嚢胞ができる原因として、外傷やニキビ跡など何らかの皮膚細胞の損傷によってできやすいという説が有力です。

粉瘤がいくつもできてしまう方もいらっしゃり、体質や遺伝的要素が関係しているという考え方もあります。

小さな傷が皮膚を内側にめくり上がらせて、袋状になったところへ古い角質や皮脂が溜まり続け肥大化していくともいわれています。

外骨腫

外骨腫は単発性と多発性とがありますが、その70%以上が単発性です。単発性の外骨腫(骨軟骨腫)ははっきりした原因が定かになっていません。

多発性の場合は遺伝子的要素が深く関係していると言われます。骨が成長する時の異常ということで原因は不明ですが、体質に起因する可能性が高く行っているスポーツが原因ということはあまりありません。

脂肪腫

原因は体質、遺伝的要素など諸説ありますが、はっきりとしていません。

脂肪という観点から肥満の方がなりやすいように思いがちですが、体型は関係ありません。染色体の異常が脂肪腫の80%ほどに見られることから、できやすい体質があるのは確かです。女性より男性のほうが脂肪腫を患う確率が高いといいます。ストレスや免疫力の低下が原因であるという考え方もあるようです。

粉瘤、外骨腫、脂肪腫はどれもはっきりとした原因があるわけではないようです。原因がはっきりしないと言うことは、誰にでも起こるということでもあります。どれも他人事ではない、と注意してみる必要がありそうですね。

原因と考えられるものをチェック

  • ニキビ…乾燥やホルモンバランスによる皮脂の過剰分泌など
  • 面疔…体力の低下・免疫力の低下など
  • 帯状疱疹…免疫力の低下・季節の変わり目・加齢など
  • 毛包炎(毛嚢炎)…ムダ毛処理後のケア不足・乾燥など
  • 粉瘤…外傷・ニキビ跡・体質・遺伝子要素など
  • 外骨腫…体質・遺伝子要素など
  • 脂肪腫…染色体の異常・ストレス・免疫力の低下など

顔のできものがニキビの場合の治し方

白ニキビの治し方

生まれたてのニキビである白ニキビは早い段階で治すと、悪化を防ぐことができます。その反面、間違った治し方をしてしまうと悪化することもあります。

よく間違えてしまう方が多いのですが、ニキビを潰して中の皮脂を絞り出すことは絶対にNGです。細菌が入りやすくなるほか、細胞を壊し傷痕が消えないといったトラブルに繋がりやすくなります。

ニキビ用軟膏を使う方法や、皮膚科の面皰圧出を受ける方法もありますが、一番の方法はニキビが悪化するのを防ぐことです。

ニキビ用の軟膏や皮膚科の面皰圧出治療を用いて一時的にニキビを除去しても、抜本的な改善にはなりませんよね。
まずは生活習慣を見直して、ニキビの悪化を防ぎ、更にニキビができてしまうのを防ぐ必要がありそう!具体的には、以下のことを意識してみてください♪

食生活を見直す

ニキビに限らず肌に起こる様々なトラブルは、食生活を見直すことで改善できるものが多いんです。まずは脂質・糖質を摂り過ぎていないか毎日の食事をチェックし、減らせるところは減らすようにしましょう。

次に、ニキビ改善、美肌維持に必要な栄養素をしっかりと摂っているかチェックしましょう。皮膚を形成するために必要不可欠なタンパク質、ターンオーバーを整えるために忘れたくないビタミン、肌の乾燥や老化を防ぐとされるDHAEPAなどの必須脂肪酸が不足しないように気を付けます。

特にビタミンB2はニキビの元である皮脂の分泌量をコントロールしてくれるので、積極的に摂取したい栄養素です。

質の良い睡眠をとる

ただ眠れば良い、のではなく、体がしっかりと休息できるような質の良い睡眠が何よりも大切。

寝ている間に分泌される成長ホルモンは、約28日周期で生まれ変わるとされる肌のターンオーバーに深く関わります。

しかしそもそも質の良い睡眠って、どんな睡眠か分かりませんよね。まず私たち人間は一度眠りにつくと、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。夢を見るのは脳が覚醒しているレム睡眠で、脳も体も休息している深い眠りはノンレム睡眠です。このノンレム睡眠をいかに深くするか、がポイントです。

睡眠の質をアップする方法を以下のチェックボックスにご紹介します。

睡眠の質をアップさせる6つの方法

  • 日中しっかりと太陽を浴びる
  • 夕方に適度な運動をする
  • 音、光などの刺激を遮断する
  • 就寝前2~3時間は食事をしない
  • 就寝前にカフェイン・アルコールを摂取しない
  • 就寝前にパソコンやスマホの画面を見ない


ストレスを解消する

ニキビの原因である過剰な皮脂分泌は、ストレスと大きな関係があります。

ストレスが及ぼす悪影響のひとつにホルモンバランスの乱れが挙げられます。

女性にとって美容と健康に大きな影響をもたらすのがホルモン

女性ホルモンの代表格であるエストロゲンとプロゲステロンは、お互いの分泌を加減しながら、女性にとって大切な美容と妊娠のサポートをしています。しかしこのホルモンバランスが乱れたり、男性ホルモンが過剰に分泌することで、皮脂分泌はアップします。

またストレスは活性酸素を大量に生み出します。活性酸素が溜まるとニキビの原因ともなるターンオーバーの乱れ、皮脂の酸化を加速させます。

皮脂に含まれるスクワレンは活性化酸素によってスクワレン過酸化物質という酸化物に変化します。スクワレン過酸化物質が肌への刺激となり、古い角質が剥がれずに残り厚みを増すことで毛穴が詰まりやすくなるのです。

上手なストレス解消法を見つけることが、脱ニキビ肌の近道になりそうです。

赤ニキビの治し方

赤ニキビの赤みは炎症を起こしている証拠です。炎症を起こしているということは、アクネ菌の増殖が認められ、アクネ菌が猛威を振るっている可能性が高いと言えます。そんな赤ニキビを治す方法は、白ニキビの治し方にプラスして正しいスキンケアやニキビ専用スキンケアの使用がおすすめですよ。

正しいスキンケアを行う

ニキビを悪化させてしまう大きな要因は間違った洗顔と保湿にあります。ニキビができているからと洗顔を過度に行ったりスキンケアを省いたりすることで肌が乾燥します。

乾燥することで肌はアクネ菌の餌となる皮脂を過剰に分泌します。これではアクネ菌の増殖を抑えることは出来ません。そこで、「皮脂を落とし過ぎない」、「清潔に保つ」、「刺激の少ない保湿」の3つをポイントとしてスキンケアを行っていきましょう。

「皮脂を落とし過ぎない」洗顔は肌の状況を見て行いますが、朝は水洗顔で汚れを落とし夜は泡洗顔で優しく洗顔という洗顔法をおすすめします。洗顔料はニキビにとって刺激になりやすいため、皮脂の過剰分泌が認められない場合は朝の水洗顔で様子を見てみてくださいね。洗顔料を使う場合は、手の摩擦で洗うのではなく泡の力だけで洗ってください。

次のポイントである「清潔に保つ」は、手指やタオルを清潔にすることです。洗顔の前、スキンケアの前など肌に触れる時は手指をハンドソープで丁寧に洗い、タオルは一度使ったら洗うようにしてください。アクネ菌の繁殖を防ぐためにも、とっても大切なことです。

そして最後の「刺激の少ない保湿」は、配合されている成分に着目し、肌にダメージを与えないことを第一に考えます。赤ニキビのできている肌は、敏感肌と言えます。そこで肌への刺激を極力減らした敏感肌向けスキンケア製品がおすすめです。洗顔後はスキンケアを省くことなく、普段通り化粧水・美容液・乳液を使ってください。化粧水でしっかりと水分補給をし、美容液で気になる乾燥部分を保湿強化、乳液で蓋をするというイメージで丁寧に行ってください。

ニキビ専用のスキンケアアイテムを使う

ニキビを改善させ、更にはニキビの再発を防ぐためにおすすめのニキビ専用スキンケアアイテムは、ニキビ肌で悩む方に是非おすすめしたいアイテムです!

ニキビ肌には専用のものが、安心ですね。ここでおすすめしたい商品は3シリーズです。乾燥肌や脂性肌どちらにも使用できる、ニキビ専用オールインワンジェルエクラシャルム、そしてニキビ肌や敏感肌のために作られたと言っても過言ではないプロアクティブ+シリーズ、ノブACアクティブシリーズを紹介します♪

まずはエクラシャルムからご紹介していきます。

オススメ!ニキビケア専用スキンケアランキング

ニキビ即効ケア!ルナメアAC

富士フィルムが開発したニキビ専用スキンケアシリーズ「ルナメアAC」が人気ナンバ−1。

ナノ化された美容成分を毛穴の奥、角質層の奥までしっかり浸透させる技術を持つルナメアAC。

ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑え、毛穴の奥に潜むニキビの原因菌に有効成分を届ける事が出来るのでニキビ肌治療に高い即効性を発揮すると言われています。

保湿力も抜群なので、肌のキメを整えキレイなスッピン肌を作る効果も◎

ニキビをしっかり改善しつつ、土台の肌質を整える効果も高いので、ニキビ肌がちで悩んでいる人向けのスキンケアラインでしょう。

トライアルセットも販売されているので、安い値段でライン使い出来るのも魅力的。

 まずは7日間集中ニキビケアを

そんなニキビケアに有効的なルナメアACがたっぷり1週間分使えるトライアルセットが1080円でネット限定で発売中。

•クレンジング

•洗顔

•化粧水

•ジェルクリーム

これら4点フルライン使い可能。

ライン使いする事で、それぞれの効果がしっかり引き出されるので、より高い効果と即効性を実感することが出来ます。

値段も1080円というコスパの良さも魅力の一つ。

「今あるこのニキビをなんとかしたい!」なんて時の集中ケアとして注文しても良いですね。

  • 赤く腫れたニキビも翌朝には小さく!
    4.9/5
    いつも大きなニキビが出来ては炎症を起こしていたのですが、そんな炎症ニキビもルナメアACを使った翌朝には小さくなっている事も。 ニキビ跡も残らず治ったので、さっそく今ではリピート使いしています。 ただ、あまりドラッグストア等で販売されていないのが残念です…!これだけ良いアイテムなので、店舗で気軽に買えたらいいのにな〜と思いつつ愛用しています。

お店で買うのが難しいのが少々残念ですね。

ただそれ以上に効果を実感している人が多い事から、ルナメアACの高い効果が伺えます。

まずは肌に合う合わないをトライアルセットでチェックしてみましょう。


\ルナメアACを使ってみたい?/

ルナメアAC トライアルセットはコチラ


 ~オールインワンジェルでニキビケア!エクラシャルム~

詳しくはこちら

ニキビケア商品って、専用のスキンケアラインを一式で購入しないといけないからちょっと面倒臭いですよね。

エクラシャルムはオールインワンジェルタイプのニキビケア商品なので、これ1つでニキビケアが出来るのが魅力のポイント。

乾燥肌や脂性肌にも使える理由は、ニキビができる原因を根本からシャットアウト出来る効果があるからです。

エクラシャルムには「トラネキサム酸」「グリチルリチン酸ジカリウム」という二つの抗炎症作用がある成分が含まれています。トラネキサム酸はかなり貴重な成分で、配合されている商品を調べるとデパ地下の某化粧品で7,000円もする物も。

そしてエクラシャルムは合成香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコールを一切使用していないので、デリケートなニキビ肌にも心配しないで使用できます。

他にも53種類の自然由来の美容成分が入っているのでたっぷり保湿、さらさらと塗り心地でテカリを抑えられるので、どの肌質でもニキビケアがしやすく作られています。

オールインワンジェルならニキビの為に色々塗る必要が無いからとっても楽ですね♪
しかもベタつきやテカリも無くニキビケアと保湿が出来るなら、面倒くさがりな人でも楽して美肌が手に入りますね♪
商品名特徴価格
エクラシャルム2つの抗炎症成分配合。
 サクラ葉エキス、クワエキスと言った自然由来の美容成分53種類配合。
 ヒアルロン酸、コラーゲン、ハチミツ、トレハロース成分が外側から肌の表面をコートして潤いを与え、天然レシチン、酵母エキス、アルギニン成分が肌内部を潤いをキープしてモイスチャーバランスをサポートするW保湿機能。
初回限定980円(税抜き) ※定期コースお申し込みのみ

【最後に】 エクラシャルムのことがよくわかる動画をご用意しました♪

エクラシャルムが人気な秘密がよくわかる動画をご用意しました。他の化粧品との違いを動画でチェックしてみましょう!

公式サイトはこちら

~ニキビケアの王道プロアクティブからの新シリーズ~

詳しくはこちら

日本のニキビケア商品で13年間連続1位、国内280万人の人が使っている人気のプロアクティブシリーズ。このプロアクティブ+の「+(プラス)」は従来の商品とどう違うんでしょうか?

それは「ニキビ殺菌力の高さ」「肌への優しさ」が従来のプロアクテイブよりもプラスされているんです。


プロアクティブは「洗顔」「美容液」「クリーム」の3STEPでニキビをケアします。従来のプロアクティブにはニキビを殺菌する「サリチル酸」という成分が洗顔とクリームだけに配合されていました。

新しいプロアクティブ+にはこのサリチル酸が3STEP全ての商品に配合されているので、前よりもよりニキビ菌に強くアプローチするようになりました。そして、セットでついてくるクリームには美白成分もプラスされてニキビケアをしながら美白もできるように!


また、従来のプロアクティブの洗顔料はスクラブ状になっていて、ニキビによって敏感になった肌だと「ちょっとザラザラして痛い・・・」、「ヒリヒリする」と言った口コミもあったようです。新しいプロアクティブ+の洗顔は、肌に馴染むような優しいテクスチャーになったので、ヒリヒリする事なく、そして美容液、クリームは水々しくてスーッと肌に染み込む様になったので、使用感はグッとあがりました。

日本以外にも世界で2000万人がプロアクティブを使用しているそうです!そして新しいプロアクティブ+になってから、よりニキビをケアしやすく、より肌に優しくなったので、ニキビで悩んでいたらまずプロアクティブ+を使ってみるのが良さそうですね♪
商品名特徴価格
プロアクティブ+3ステップセット新技術のスマートターゲットテクノロジーを採用。肌の汚れや角質を取り除き、毛穴の奥深くにニキビケアの成分をダイレクトに届ける。
数量限定でセット購入時に「電動洗顔ブラシ+ボディブラシ」をプレゼント。
(60日間の返金保証あり)
4,900円(税込)


購入はこちら

~乾燥肌を外側から解決!ノブACアクティブ~

詳しくはこちら

ノブACアクティブシリーズは、メイク落とし・先顔料・化粧水・乳液の4アイテムから成ります。

シリーズの特徴はピーリング、保湿、予防、美白です。

刺激の少ないマイルドなピーリング効果で古い角質が毛穴を詰まらせるのを防ぎ、ターンオーバーを促します。更には美容成分がこれでもか!と入った化粧水・乳液で徹底保湿を行うことができます。

それだけではなく、ニキビ専用スキンケアアイテムには珍しい美白成分(ビタミンC誘導体)の配合によって美白効果も期待できると言うから驚きです。

もちろん、無香料・無着色で、ノンコメドジェニックテスト・アレルギーテスト・パッチテスト済みなので低刺激です。

おすすめの理由は、敏感肌の方が絶賛する肌への思いやりを感じつつも、しっかりと有効成分が配合されている「全部入り」な点です。痒い所に手が届くアイテムと言えそうです。
商品名特徴価格
ノブACアクティブ
クレンジングリキッド
メイクだけでなく古い角質もしっかりオフし乾燥も防ぐ2,700円(税込)
ノブACアクティブ
ウォッシングフォーム
マイルドピーリング作用でターンオーバーを促す(オイルフリー)2,700円(税込)
■ノブACアクティブ
フェイスローション
■フェイスローション(モイスト)
ビタミンC/E/B6誘導体・ビタミンB2・ビタミンE・ヒアルロン酸・セラミド3・リピジュア配合
(オイルフリー)
3,240円(税込)
ノブACアクティブ
モイスチュアミルク
ビタミンC誘導体配合で美白効果が期待できる3,240円(税込)
トライアルセット(1週間分)お得な4本セットに、今なら化粧水ミニボトルなど豪華3点セットがプラス!(初回限定)1,620円(税込)

購入はこちら


硬結ニキビの治し方

市販薬を使う

なかなか治りにくいしこりニキビこと、硬結ニキビは通常のニキビケアでは改善しないこともあります。そこでニキビ専用の市販薬を購入して応急処置を施すという方法もありますよ。現在ニキビ専用の市販薬は50種以上もの種類があり、自分に合うものを見つければニキビを効率的に素早く治せるかもしれません。市販薬に配合されているのは、殺菌作用のある薬用成分、抗炎症作用のある薬用成分、強い殺菌作用のある抗生物質、強い抗炎症作用のあるステロイドなど。抗生物質やステロイドと言っても市販薬なので比較的低刺激の部類に入ります。硬くなってしまった硬結ニキビや炎症の激しいニキビにはこれらの殺菌作用・抗炎症作用が効果をもたらしてくれることもありますよ。どの市販薬も用法・容量を守ってお使いくださいね。

皮膚科で治す

市販薬を使っても改善しない硬結ニキビは皮膚科を受診することが解決に繋がります。皮膚科ではニキビに直接注射をする注射治療が主なニキビの治療法になります。注射治療にはステロイド剤、プラセンタ、ヒアルロン酸が用いられることが多いようです。市販薬と違い医師の元に行う治療なので、驚くほど効果が高く即効性もあります。しかしあくまでも対症療法の域を出ないため、ニキビ肌を改善するといった根本的な方法は生活習慣の改善や日々のスキンケアが重要ですよ。

顔のできものがニキビではない場合の治し方

面疔

面疔は鼻の付近にできるため、まれに脳へ菌が到達することもあります。軽度の場合は自然治癒も可能ですがある程度の腫れがある場合は薬を塗るのもひとつの方法です。面疔に効果のある市販薬は、抗生物質入りの軟膏(ドルマイシン軟膏など)、抗生物質とステロイド剤の入った軟膏(フルコートFなど)があります。症状に合わせて薬を選びたいですね。もしも軟膏をつけても症状が良くならない、悪化した、という場合は皮膚科を受診することをおすすめします。皮膚科では、抗生物質の飲み薬や塗り薬が出されることが多いようです。症状が酷い場合はステロイド薬、ステロイド注射が施されることもあります。切開手術が行われることはほとんどありませんが、ごくまれに症状が酷い場合は検討されることもあります。

帯状疱疹

帯状疱疹はウイルスが原因となりますが約1ヶ月前後で自然治癒することもできる病気です。しかし痛みもあり後遺症が残ることもあるため、病院での早期治療がおすすめです。後遺症には痛みの続く帯状疱疹後神経痛や難聴や顔面神経麻痺、味覚障害を引き起こすラムゼイ・ハント症候群などがあります。こうした後遺症を未然に防ぐためにも、帯状疱疹のような発疹が現れた場合はすぐに皮膚科を受診すると良いでしょう。

治療は抗ヘルペスウイルス薬(飲み薬)が基本で、皮膚の炎症を押える消炎症薬・ステロイド薬の処方があることもあるようです。痛みが酷い場合は神経ブロックという局所麻酔の注射を打つこともあります。帯状疱疹ウイルスが活性化するのは免疫力が落ちている時。治療と同時に心身ともにしっかりと休息をとることも大切です。

毛包炎(毛嚢炎)

多くは市販の塗り薬で治療もできますが、炎症が悪化すると膿をもったり範囲が広がることもあるので悪化を防ぐため、皮膚科などの専門機関へ受診するのもひとつの方法です。皮膚科では抗菌薬、ステロイド配合の軟膏、抗真菌薬などの塗り薬が治療の基本となります。

面疔、帯状疱疹、毛包炎はウイルスや菌が増殖することで悪化します。これを抑える塗り薬や飲み薬が治療の基本となるんですね。 

粉瘤

粉瘤は自然治癒のできない疾患です。しかし、必ず治療しなくてはいけないという疾患ではなく、目立たない粉瘤の場合はそのまま経過観察することも可能です。粉瘤が大きくなってきたり痛みを生じる場合には皮膚科の受診をしましょう。治療は炎症を鎮めて膿を出す応急処置をはじめ、患部を切開して膿を摘出するものが基本です。治療法は中心部から切開し嚢腫を袋ごと除去する切除術、または粉瘤に穴をあけ内容物を取り出してから袋を除去するくり抜き法などがあります。

外骨腫

外骨腫は正式名称を骨軟骨腫といい、自然治癒することのない疾患です。外骨腫は生活に支障がなければ、そのまま経過観察をすすめられることが多いようですが、痛みや動作の妨げになる場合は骨腫の摘出手術をします。成人になってから外骨腫が肥大化している場合は軟骨肉腫への悪性化が疑われ、生活に支障がない場合も手術をすすめられるようです。まずは整形外科を受診しX線写真で外骨腫を確認するところから治療法が決まります。

脂肪腫

脂肪腫も自然に小さくなることはほとんどない疾患と言えます。目立たない場所で小さい場合はそのまま経過観察することも可能です。もし大きくなったり痛みがあるような場合は整形外科を受診し、治療法を医師に委ねることが賢明かもしれません。電気メスで切除し、内容物を摘出するのが手術法です。内容物を摘出したあと、そのまま縫合すると空洞ができて血が溜まり血種を作ってしまい兼ねませんので、止血が同時に行われます。切除した腫瘍は悪性腫瘍でないことを確認するため病理検査に出されます。

粉瘤、外骨腫、脂肪腫は、経過観察で様子を見ることもありますが、大きくなったり生活に支障が出る場合は手術が必要となります。
小さいものでも不安な場合は、専門機関の受診が安心ですね。

顔のできものを取るには皮膚科?美容外科?

顔のできものができた時、そのできものの度合いによって掛かる専門機関を変えましょう。

炎症を起こしたニキビ、毛包炎、面疔は皮膚科がおすすめ。保険適用になることが多いので、費用を安く抑えられますよ。
何度も繰り返すニキビや酷いニキビ跡は、美容における最先端技術が集結する美容皮膚科がおすすめです。保険適用にならないこともあり費用は高くなりますが、肌の悩みから解放されるはずです。
一方、コブのような大きな腫瘍は整形外科で診てもらうのがベストです。X線写真など検査もしっかり行え、治療も幅広く検討できるでしょう。

もし顔のできものの原因が何か分からず悩んだ場合は、皮膚科に行って判断を煽ってくださいね。

顔のできものに効く薬はある?

ニキビ・面疔には抗炎症作用や抗菌作用のある市販の軟膏があります。この他、粉瘤や毛包炎(毛嚢炎)など、膿を出して治したい時に塗る薬として、大正2年から発売を続けている「たこの吸出し」が良いと巷で噂になっています。長い歴史の中で愛されているこの薬は、切開せずに膿を出すという目的のもとに当時生まれたそうです。これらの薬をもってしても改善が見られない場合は、できものの種類が別のものである可能性もあります。長引くと肌にとっても大きなダメージになるので、皮膚科を受診するのがベストと言えます。

【番外編】顔のできもの、夢占いの意味は?

番外編は、夢占いです♪
夢の中で顔にできものができたってこと、ありませんか?とってもショックなできもの…その夢、意味があるかもしれませんよ。
実は夢の中で顔にできものができる場合、深層心理のあることが関わっているんだそうです。試しに占ってみてくださいね! 

できものができる

顔にできるできものは、「生理的に受け付けないもの」や「煩わしいもの」の象徴です。それは自分に対するコンプレックスであり、他人に抱く気持ちでもあります。

顔にできものができる夢は、今まで我慢していた「生理的に受け付けないもの」や「煩わしいもの」に限界を感じて、表面化してきたことを意味します。ストレスや嫌悪感がふつふつと蓄積し、爆発寸前である場合も多いですよ。

また、他人に対し「生理的に受け付けない」と感じているということも言えます。更には、自分に対して自信をなくしている時もこういう夢を見る傾向にあります。

ストレスや他人・自分に対する嫌悪感がある場合は、解消できるように努めることが大切ですね。心にたまった毒素を吐き出すことで、夢の中のできものも解消するはずです!

できものが潰れて膿が出る

できものが潰れて膿が出るということは、心や体に溜まった毒素が吐き出されて解消されることを意味します。今まで心を悩ませていた問題の解決という象徴的な夢です。出る膿の量が多ければ多いほど、事態が好転します。ちょっと不快な夢のように思えましたが、実はとっても良い夢なんですね♪

できものが腫れ上がる

できものが大きく腫れ上がる夢は、健康面での危険サインです。心を悩ませる問題によって健康面に支障が出ることを意味しているのです。

病気、怪我が起こることの暗示でもあるので、特に夢の中でできもののできた場所は用心深く注意することが大切です。

悩んでいる問題でストレスを抱えている場合は、できるだけストレスを解消できるように努めることがポイントになりそうです。

できものが治る

できものが治る夢は「問題の解決」、「運気の上昇」の象徴です。煩わしいできものが綺麗に治り、心にかかっていた靄が少しずつ晴れていく様を暗示しています。

できものが治らない

できものが治らない夢は「問題解決が先延ばしになる」、「悩みがなくならない」という意味を示します。今抱えている問題やトラブルの解決にはもう少し時間が掛かりそうです。この夢を見た理由を考え、自分が今解決に躍起になっている場合は、違った対処法を試してみることをおすすめします。今まで見えなかった問題解決の対策法が見えてくるかもしれません。夢の中でも現実でも、できものが治らないということはとっても苦痛ですね。

顔のできものが気になったら、皮膚科へ行こう!

顔にできるできものには、皆さんが想像した以上に様々な原因や疾患があったのではないでしょうか。

今回見てきたできものは、私たち誰でも起こりうるものです。原因が定かでないものもありますが、誰がなってもおかしくないんです。ニキビとは違うできもので疑問を感じた時は、是非一度チェックして対策を考えてください。

しかし、自己判断をして無暗に市販薬を使うのは危険を伴います。一度専門の機関を受診することが症状を劇的かつ効率的に改善させる唯一の方法とも言えそうですね。

気になるできものが一体何というできもので、原因は何かを知るだけで、心のわだかまりがスッキリするような気がしませんか?ストレスは肌の大敵です。悩んだときは皮膚科に行きましょう♪