美肌を支える化粧品ブランドTOP3!おすすめは優秀保湿ケア!

肌がきれいな人はそれだけで美人度がアップするもの。いつもちゃんとスキンケアしているつもりなのに肌に自信が持てない人は、基礎化粧品を見直してみましょう。

この記事では、肌美人に評判のスキンケア化粧品をランキング!その他にも

  • 自分の肌の状態を知る方法
  • 美肌のための化粧品の選び方 
  • 美肌になるスキンケア方法

なども紹介していきます。今すぐおすすめの化粧品を知りたい人は美肌の基本!保湿化粧品のおすすめTOP3にジャンプしてくださいね♪

美肌な人が愛する化粧品をこっそり伝授!

美肌はすべての女性のあこがれ。うっとりするようななめらかな白肌になりたいと思いながら、現実ではニキビや肌荒れ、シミなどの肌トラブルに悩まされていませんか?


undefined
はるこさん
テレビや映画で見る女優さんたちの美肌、憧れますよね。でも、「生まれつき肌の性質が違うから」と思ってあきらめていませんか?肌トラブルは間違った生活習慣やスキンケアからきてることも多いのよ。
  • リサーチした美容サイト⇒37サイト
  • 調査した口コミ⇒311件 
  • この記事で紹介するスキンケア化粧品⇒8種類

今回は美肌になるためのスキンケア化粧品の特集です。今使っている化粧品は本当にあなたの肌に合っていますか?あなたの肌にぴったりの化粧品を見つけて、もっと美肌を目指しましょう!

美肌のための化粧品の選び方

あなたは普段、何を見て化粧品を購入していますか?CMやパッケージにはつい目が行くものですが、肝心なのはそこではありません。まずは化粧品選びに欠かせないポイントを3つ学びましょう。

しっかり保湿できる化粧品を選ぶ

スキンケアのなかでも、この「保湿」は非常に重要なキーワードです。なぜなら、肌トラブルの多くは「乾燥」が原因といっても過言ではないからです。

たとえばニキビで悩んでいる人は皮脂が過剰になることにとらわれて、つい保湿もおろそかしにしてしまうことがありますが、皮脂が過剰になる原因が「乾燥」であることがとても多いのです。肌が乾燥しているので、肌を守るために皮脂をたくさん出しているのです。

また、肌には水分の蒸発を防ぐために皮脂膜がありますが、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使うと必要な皮脂まで奪われてしまいます。すると肌内部の水分が奪われてシワができたり、紫外線などの外部刺激をダイレクトに受けるようになってしまいます。 

このように「乾燥」から肌を守る「保湿」は美肌作りに欠かせないものです。保湿のための成分には次のようなものがあるので、購入するときにはぜひチェックしてみましょう。

  • ヒト型セラミド(一般のセラミドより人間が持っているセラミドに近いため浸透しやすい)
  • 水添レシチン(保湿とヒト型セラミドの浸透を助ける)
  • ヒアルロン酸(代表的な保湿成分で、非常にポピュラー)
  • プロテオグリカン(ヒアルロン酸よりさらに保水力が高く、コストも低め)
  • 天然保湿因子(NMF)(水溶性なので化粧水によく使われ、アミノ酸や尿素でできている)
  • スクワラン(水分の蒸発を防ぐ)

悩みに合わせた成分入りを選ぶ

保湿は肌トラブルがある人はもちろん、健康な肌をキープするためにも必要ですが、この他にも肌悩みそれぞれに合わせた成分が入ったものを使うと、より美肌に近づきやすくなります。

乾燥にプラスして、肌悩みに合った成分が入った化粧品でケアをしましょう。

◆エイジング

肌のハリに働きかける成分として、以下のようなものがあります。

  • レチノール 
  • コラーゲン
  • ヒトオリゴペプチド

◆美白

シミやくすみをできにくくする働きがある成分として、以下のようなものがあります。

  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸

◆ニキビ

炎症や皮脂を抑える成分として、以下のようなものがあります。

  • グリチルリチン酸ジカリウム 
  • アスコルビン酸 
  • アラントイン

肌に優しい化粧品を選ぶ

せっかく美肌をめざして化粧品を使うなら、なるべく刺激が少なく、肌に負担をかけないものを使いたいものです。とくに敏感肌の人は刺激を受けやすいので、以下のような成分はなるべく避けるようにしましょう。

  • 香料
  • アルコール(エタノール)
  • パラベン
  • タール系色素

美肌の基本!保湿化粧品のおすすめTOP3

美肌になるには保湿を忘れてはいけません。肌の水分を守ってくれる化粧品にはどんなものがあるのでしょうか?高保湿のスキンケアラインをランキングで見て行きます。

POLA モイスティシモ

\角層を潤いで満たしてもっちり肌へ/

Source: 公式サイト

POLA モイスティシモ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合98点
  • 価格:3,456円
  • 内容量:2週間分
  • メーカー:ポーラ
私たちが「肌」と呼んでいる角層は、わずか0.02ミリしかありません。この薄い角層をうるおいで満たして、乾燥改善に働きかけるのがこちらのモイスティシモシリーズです。

日本人女性の肌を研究するために1,500万件以上もの肌データを調べ、乾燥の原因となっている角層の乱れに着目して作られました。

〇トライアルセット内容〇

  • クレンジングクリーム 20g
  • ウォッシュ 20g 
  • ローション 20mL 
  • ミルク 8mL
  • クリーム 4g

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • ぬるつきが気になる
    クレンジングクリーム
    クリーム状のクレンジングが顔に乗せるとみるみるうちにオイルに変化していきます。 メイクとしっかり馴染んで浮かせて落としてくれそうと期待しましたが 何度洗い流してもヌルツキ感が気になってしまって・・・。 後で洗顔はするので気にしないようにしましたが、私自身の好みの洗いあがりではありませんでした。

    @cosme

  •  
  • ベタつく
    トライアルセット
    何より香りが気に入りました。 普段はインナードライ肌なので、こちらを使うとちょっとベタつきが気になりました。(夜使って朝まで少しベタつきあり) ローションがとろりとしていて気持ちいいです。

    公式サイト

クレンジングクリームや「ぬるつく」という口コミがいくつかありました。洗顔が必要なタイプですが、気になる人もいるようですね。

また、ベタつきが気になる人もいるようですが、ゆっくりハンドプレスしていくと浸透しやすくなるかもしれません。

良い口コミからみるメリット

  •  
  • コスパが良い
    ローション
    とろみのあるローションですので、ドボドボと出ず、そこそこ長期間使えます。 高いと思いましたが、意外とコスパは悪くないかも。

    @cosme

  •  
  • クリームが良かった
    トライアルセット
    トライアルを購入してよかったです。 私には、ローションはあまり潤いを感じませんでした。 以前使用していたRED B.Aはローションの時点でしっとり感のある使い心地でしたが、こちらはローション・ミルク・クリームを使用しました。 クリームはとても気に入りました。ベタベタが苦手ではない人にはオススメです。

    公式サイト

たしかに化粧水はつい出し過ぎてしまうことがありますよね。とろみのあるタイプの化粧水はその心配がないという点はお得かもしれません。クリームはベタつくと感じる人もいるようですが、保湿力に満足している人が多いようです。

公式サイトを見てみる

POLA モイスティシモの成分と特徴

  • 保湿成分として「サクラエキス」「オウレンエキス」を配合
  • 敏感肌の人でも使える低刺激性(全ての方に皮膚刺激が現れないというわけではありません)
  • 好評のジェントルフローラルの香り

「サクラエキス」はソメイヨシノの葉から抽出した成分です。保湿以外にも肌荒れや炎症を防ぐ効果もあるといわれており、美容にぴったりです。

また、オウレンエキスはキンポウゲ科のオウレンから抽出した成分です。こちらは皮脂バランスをととのえたり炎症をしずめる効果があるといわれています。

POLA モイスティシモを安く買う方法

もっとも安かったのは楽天ですが、化粧品は肌に直接触れるものなので、価格差がごくわずかという点と安心感という点から、公式サイトがおすすめです。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年3月現在)

公式サイトAmazon楽天
3,456円3,456円3,400円

公式サイトを見てみる

エトヴォス モイスチャーライン

\ヒト型セラミドで自信を持てるすっぴんに/

Source: 公式サイト

エトヴォス モイスチャーライン

  • 編集部評価:★★★★★ 総合92点
  • 価格:2,052円
  • 内容量:2週間分
  • メーカー:エトヴォス

セラミドのなかでも、人が元々持っているセラミドと同じ構造の「ヒト型セラミド」でうるおいを抱え込むスキンケアラインです。

セラミドが不足するとバリア機能が低下し、そこから刺激を受けやすくなって肌ダメージを引き起こすという悪循環にもなりかねません。エトヴォスのモイスチャーラインは、内側からうるおうみずみずしい素肌をめざします。

〇トライアルセット内容〇

  • クリアソープバー10g
  • モイスチャライジングローション 30mL
  • モイスチャライジングセラム 10mL
  • モイスチャライジングクリーム 5g

公式サイトを見てみる

dプログラム モイストケア

\モチモチのしっとり素肌をめざそう/

Source: 資生堂

dプログラム モイストケア

  • 編集部評価:★★★★★ 総合91点
  • 価格:1,512円
  • 内容量:1週間分
  • メーカー:資生堂

資生堂の「dプログラム」は敏感肌を守りながらはぐくむ、低刺激設計の薬用シリーズです。4種類のラインがありますが、乾燥をケアしたい人にはこちらの「モイストケア」がおすすめ。透明感のあるしっとりモチモチとした美肌へと導くスキンケアセットです。

〇トライアルセット内容〇

  • ディープクレンジングオイル 2mL×2
  • コンディショニングウォッシュ 20g
  • モイストケア ローション W (医薬部外品) 23mL
  • モイストケア エマルジョン R (医薬部外品) 11mL

公式サイトを見てみる

悩みにあわせた化粧品ブランド3選

保湿ケアをしたい人におすすめのスキンケアラインを見てきましたが、今度は肌悩みに合わせたおすすめのブランドを紹介します。エイジングケアは早めのケアが大切です。また、美白したい人やニキビで悩んでいる人にも、ぴったりのスキンケアラインがありますよ。

エイジングケアにおすすめ

オルビスユー

\30歳からのエイジングケア/

Source: 公式サイト

オルビスユー

  • 編集部評価:★★★★★総合98点
  • 価格:1,296円
  • 内容量:1週間分
  • メーカー:オルビス

全商品オイルフリーのオルビスから出ている、30代以上の肌の悩みにこたえるオルビスユーシリーズです。各人の弱点を見つけ出して集中的にケアするというヒートショックプロティン(HSP)を配合しています。

美肌を構成するのはキメ、ハリ、潤い、透明感、バリア機能、滑らかさという6つの要素。HSPはこのすべてにアプローチし、肌の弱点を回復してくれるでしょう。

〇トライアルセット内容〇

  • ブライトニングジュレウォッシュ20g
  • ローション20mL
  • 日中用保湿液8g
  • 夜用保湿液5g

公式サイトを見てみる

美白ケアにおすすめ

ビーグレン ホワイトケア

\ビーグレン独自の浸透技術を採用/

Source: 公式サイト

ビーグレン ホワイトケア

  • 編集部評価:★★★★★総合83点
  • 価格:1,944円
  • 内容量:1週間分
  • メーカー:ビーグレン

肌悩み別にさまざまなスキンケアプログラムを提供しているビーグレンの商品です。天然のクレイで汚れを吸着して落とす洗顔料や高濃度ピュアビタミンCが配合された美容液など、5つのステップで透明感のあるハリ肌へと導いていきます。

また、ビーグレンでは独自の浸透テクノロジーがあり、従来は浸透しにくかった成分も角層のすみずみまで浸透して肌に届けることが可能になったようです。

〇トライアルセット内容〇

  • クレイウォッシュ15g
  • QuSomeローション20mL
  • Cセラム5mL
  • QuSomeホワイトクリーム5g
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム7g

公式サイトを見てみる

ニキビケアにおすすめ

ラミューテ

\女性ホルモンに着目したニキビケア/

Source: 公式サイト

ラミューテ

  • 編集部評価:★★★★★総合95点
  • 価格:9,234円
  • 内容量:1.5か月分
  • メーカー:ラミューテ

繰り返す大人ニキビはホルモンバランスの乱れが原因という発想から、製薬会社との共同開発で生まれたスキンケアラインです。

原料に使われているダマスクローズは国内の無農薬有機栽培。リラグゼーション効果のある香りにつつまれながら、体の内側からキレイをめざせます。初回は半額になるので、気になる人は試すチャンスです。

〇トライアルセット内容〇

  • ビオリズム洗顔フォーム120g
  • エンリッチ化粧水100mL
  • アドバンス保護美容液30g

公式サイトを見てみる

安いけど優秀な化粧品ブランド2選

美肌にはあこがれるけど高い化粧品は使えない、という人は、プチプラ商品を使ってみましょう。化粧品は値段よりも肌に合うものを使うことが大切です。安くても良いものがあります。

ドラッグストアのプチプラ化粧品

ちふれ

ドラッグストアにはほぼ必ずといっていいほど置いてある「ちふれ」はプチプラコスメの代表格です。「安い化粧品は肌によくないのでは」と思う人もいるかもしれませんが、実は「ちふれ」は1959年から安くて良い化粧品を販売する夢を追い続けている会社なのです。

欧米では1ドルで化粧品が売られているのに対し、当時の日本では化粧品はとても高価なものでした。安くて品質が良い「100円化粧品」の販売を始め、「高い化粧品と区別がつかない」といわれるほどに成長したところで、1968年に「ちふれ化粧品」として新たに誕生しました。

いまも「ちふれ」は外見よりも中身を大切にした商品づくりをしています。

〇ちふれの中でも特に人気の化粧水

\1968年から続く日本のプチプラの老舗/

化粧水 とてもしっとりタイプ

  • 編集部評価:★★★★★総合98点
  • 価格:604円
  • 内容量:180mL
  • メーカー:ちふれ

美肌になるためには保湿が肝心です。化粧水は必要な量をじゅうぶんに使うことが大切なので、この点からもプチプラのちふれはおすすめです。

ちふれでは低価格の保湿重視のスキンケアラインがあり、この中でも「化粧水 とてもしっとりタイプ」は保湿効果が高く、肌がしっとりすると評判です。

保湿成分にはヒアルロン酸とトレハロースを配合しており、無香料・無着色・ノンアルコールです。ニキビ肌や敏感肌の人でもこちらを愛用している人が多いようです。

楽天を見てみる

市販で人気のプチプラ化粧品

無印良品

1980年生まれの「無印良品」は「本当に必要なものを本当に必要なかたちで」というコンセプトで作られています。素材を重視して包装を簡略にしたためにとてもシンプルですが、低価格で質の良い商品を生み出しています。

化粧品のボトルも飾らず、過剰な包装をしない無印良品らしくあっさりしていますが、本質を重視しているために、「使ってみたら思ったより良かった」と喜びの声が多いのが特長です。

〇無印良品の仲でも特に人気の美容オイル

\いつものスキンケアにプラスして保湿UP/

Source: 公式サイト

無印良品 ホホバオイル

  • 編集部評価:★★★★★総合99点
  • 価格:1,978円
  • 内容量:100mL
  • メーカー:無印良品

スキンケアの基本は化粧水・乳液・クリームですが、美肌になるにはさらにプラスして使えるホホバオイルが便利です。

ホホバオイルは保湿効果を高めるので、顔全体はもちろん、気になるところだけに使ったり、ボディオイルとしても使えるスグレモノ。肌になじみやすく、使い心地はサラリとしているのでベタつきません。

無印良品のホホバオイルは無香料・無着色でコスパの良さでも人気です。

楽天を見てみる

美肌になるスキンケア方法

美肌をめざしているのになかなか効果を実感できないときは、スキンケア方法を見直してみましょう。クレンジングや洗顔の正しいやり方と保湿ケアのポイントを紹介していくので、いつものスキンケア方法を比較しながら読んでみてくださいね。

クレンジングのポイント

肌トラブルに悩む人は、クレンジングの仕方が間違っていたり、合わないクレンジング剤を使っている場合も多いようです。なるべく肌への負担が少ないクリームタイプを使い、落ちにくいアイメイクなどはポイントメイク用のクレンジングを使いましょう。

クレンジングするときはここに注意!

  • 熱いお湯ですすがない
  • マッサージしない
  • 強く擦らない
  • シートタイプは使わない

◆お湯の温度

洗顔の時に体温より高い温度のお湯を使うと、皮脂が多くとれすぎてしまうので注意が必要です。やや冷たく感じる体温より低いぬるま湯で洗うようにしましょう。

◆クレンジングは手早く

クレンジング剤は長時間顔に置かず、手早く行うことが大切です。マッサージを兼ねてゆっくりしてしまうと、肌荒れを起こしてしまうことがあります。

◆ゴシゴシしない

汚れを落とそうとして力を入れてゴシゴシするのは厳禁です。クレンジング自体が洗浄力が強いものなので、指先でやさしくメイク汚れとなじませるようにしましょう。

◆シートタイプ

拭くだけで落とせるシートタイプのクレンジングは便利ですが、洗浄力がとても強いものです。肌のためには使わないほうがベターです。

洗顔のポイント

洗顔では、極力肌に負担をかけないで汚れを落とすことがポイントです。洗いすぎは禁物。皮脂を取り過ぎて乾燥肌になってしまいます。

洗顔のときはここに注意!

  • ぬるま湯で行う
  • シャワーで流さない
  • 皮脂が気になっても洗顔は1日2回
  • おでこやフェイスラインの洗い残しをしない

◆お湯の温度

クレンジングと同様、高い温度のお湯を使うと、皮脂が多くとれすぎて肌荒れの原因になります。かといって冷水は刺激が強いのでおすすめできません。30~35度ぐらいのぬるま湯で洗うようにしましょう。

◆シャワーより手で流す

シャワーの水流は肌には刺激が強いものです。毎日シャワーの刺激を受け続けると、それだけで肌ダメージになりかねません。両手ですくったぬるま湯でやさしく洗い流すようにしましょう。

◆洗顔しすぎない

皮脂が気になる人やニキビ肌の人はつい何度も洗顔してしまいがちですが、実はこれが乾燥をまねいていることがあります。乾燥すると皮脂の分泌を促進させるので皮脂が気になっても洗顔は朝晩だけにしましょう。

◆すすぎは手を抜かない

洗顔の時につい見落としがちなのが「すすぎ」です。きちんと洗い流したつもりでも、額やこめかみなどに泡が残っていた経験はありませんか?洗顔料が肌に残っているとここから肌荒れを起こすことがあります。おおよそ30回はすすぐようにしてください。

保湿ケアのポイント

クレンジングや洗顔以外にも、まだまだ気を付けたいポイントがあります。保湿したいときは、以下のような点にも注意してください。

保湿ケアはここに注意!

  • 入浴後はすぐに保湿する
  • 化粧品をたっぷり使う
  • 乾燥した空気は保湿の敵
  • 紫外線は乾燥のもと

◆入浴後

入浴後は暖かいお湯や石鹸で皮脂が落とされた状態です。肌は水分を欲しがっているときなので、なるべく早く化粧水などで保湿するようにしましょう。「寝る前にゆっくり」と思っていると、どんどん乾燥が進んでしまいます

◆化粧品はケチらない

高い化粧水などはつい少量ずつ使ってしまいがちですが、量が足りないと効果がじゅうぶんに期待できません。高価なものを使わなくても、肌に充分な水分が与えられるよう、量をケチらないようにしましょう。

◆室内の湿度 

意外と忘れがちなのが室内の空気です。乾燥した室内にいれば肌の水分が奪われやすくなるので、空気の乾燥にも注意しましょう。加湿器を設置できればいいのですが、できないときは濡れタオルなどを置いて乾燥を防ぎましょう。

◆紫外線

紫外線というと夏のイメージがあるかもしれませんが、実は春から紫外線の量が増えてきます。紫外線は肌の乾燥を招くものなので、紫外線対策を忘れないようにしましょう。

さらなる美肌を目指すなら

ここまでに保湿のポイントを紹介してきましたが、日常生活のなかでも保湿につながるポイントはたくさんあります。美肌になるために欠かせない保湿ケアとして、以下の点も心掛けるようにしましょう。

肌の状態を正しく知る

見た目や触った感触だけではなく、本当の肌の状態を理解しましょう。肌の潤いひとつにしても、化粧品の油分で潤いを感じているだけかもしれません。

実際の肌の状態がどうなっているのかを確認できる便利な肌測定があるので、いくつか紹介します。年と共に肌は変わるので、時々チェックすると良いですよ。

〇百貨店やドラッグストアの化粧品売り場で受ける

店頭でカウンセリングを受けながら、それぞれの化粧品ブランド独自のマイクロスコープ測定器で診断します。メイクを落とした肌に機械をあて、時間は数秒~1分ほどです。データ化された診断結果を見ながらアドバイスをもらえます。

〇スキンケアチェックサンプルで精密に検査

POLAが行っている「アペックスアイ肌診断」では、自分の肌細胞をPOLAのカウンターで採取してもらい、肌分析センターに送って顕微鏡で細胞を確認してもらうことができます。

1,300万人の肌データーを元に精査し、将来起こる肌の状態が分かるというものです。診断は11項目ほどで、10日ぐらいで精密なデータ分析表が送られてきます。

〇自分で行う方法

パソコンやスマホアプリ、セルフチェックの機械を利用して、自分で手軽に肌測定をする方法もあります。マイクロスコープを購入したりアプリを用意する必要がありますが、頻繁に肌の状態をチェックできるので、スキンケア商品の効果を確認するのに役立ちます

食事に気をつける

美肌はスキンケア以上に内側からのケアが大切です。食事が偏っていたり栄養が不足していると肌にも十分な栄養が行きわたらず、肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。以下の栄養素が不足していないか、チェックしてみてくださいね。

〇タンパク質

不足すると新陳代謝が衰え、肌の老化につながります。免疫力も低下するので、肌荒れなどの肌トラブルの原因になることも。

〇ビタミンB群

肌の細胞分裂・再生に関わり、正常な代謝に欠かせない栄養素です。

〇ビタミンA

皮膚や粘膜を強める働きがあります。過剰摂取は良くありませんが、野菜に多く含まれるβカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変わるので、なるべく野菜で摂ることがおすすめです。

〇ビタミンC

体内でコラーゲンの生成を助ける大切な栄養素です。抗酸化作用も高く、肌を老化させる活性酸素を取り除いてくれます。

〇ビタミンE

血行を良くして肌に酸素や栄養を運び、肌代謝を高めます。さらに抗酸化作用もあり、細胞内で過剰に発生した活性酸素を除去し、肌の老化やメラニンの生成を抑えます。

〇発酵食品

味噌や納豆などの発酵食品は、食材を発酵させることで栄養価が高まり、優れた美肌効果を発揮します。

〇コラーゲン

皮膚を構成するタンパク質のひとつで、肌の本体である「真皮」の7割を占め、肌のハリや弾力を担っています。このコラーゲンは20歳ぐらいをピークに質・量とも減っていくため、加齢により肌の弾力は失われていくことに。

※食事の補助にはサプリもおすすめです。詳しく知りたい人はこちらも読んでみてくださいね。

憧れのツヤ肌を目指すべく、美肌サプリを試してみたいとは思いませんか?お手入れしても増えるシミやしわ、弾力のない肌、体の中からアプローチすると変化が現れるかもしれません。独自調査したおすすめの美肌サプリをランキング形式で口コミとともにご紹介!

睡眠時間をキープする

睡眠不足は美肌にとって大敵。美肌は質の良い睡眠を取ることで得ることができるのです。

〇睡眠と美肌の関係

睡眠中は体から成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが行われる大切な時間です。このときに肌の修復や再生が十分になされることで、美肌を維持できるようになります。

また、生理前にニキビができやすいのも、その時期に黄体ホルモンが多く分泌され、ホルモンバランスを崩すからです。睡眠不足は女性ホルモンのバランスを乱す原因になるので、十分な睡眠を取るようにしましょう。

〇上質な睡眠のコツ

睡眠時間は少なくとも6~7時間半は取るのが望ましいといわれています。成長ホルモンを良く分泌させるためには、肌のゴールデンタイムと言われる夜の10時から夜中の2時の時間帯には睡眠しているのがベストです。

この時間に眠れなくても、眠り始めてから3時間までの深い眠りにときに成長ホルモンは良く分泌させることが確認されています。この時間に質の良い睡眠ができるためには、食事は早めに済ませ、寝る直前にはパソコンやスマホの使用は控えてゆったり過ごすことが大切です。

紫外線対策をしっかり行う

日光浴は多少であれば、ビタミンDの生成やセロトニンの分泌など体に有益なものですが、紫外線の浴びすぎは肌に大きなダメージをもたらします。

とくに紫外線の大部分を占めるUV-Aはコラーゲンやエラスチンを生成する繊維芽細胞を損傷する危険性があるので、日ごろからのUVケアは美肌に欠かせないものです。

〇日焼け止めはしっかり落とす

日焼け止めにもいろいろタイプがありますが、ウォータープルーフなどクレンジングを使わないと落ちないタイプもあります。日焼け止め自体が肌には刺激があるうえに、しっかり落とさないとさらに肌への負担が大きくなります。

※おすすめの紫外線対策について詳しく知りたい人はこちらも読んでみてくださいね。

数ある日焼け止めの中から、厳選したおすすめ商品をランキングにしました!2017年最新の人気商品、レジャー用、そして化粧下地など優秀なラインナップが揃っています!あらゆるシーンで活躍する日焼け止めはどれ!?特に顔を焼きたくない方、必見ですよ♪

入浴法にこだわる

入浴の仕方ひとつでも、美肌になるか否かが左右されます。毎日のことなので、意識して行えば数ヶ月先の肌が違ってくるでしょう。

〇ゴシゴシ洗うのはNG

汚れは案外簡単に取れるものです。ゴシゴシ洗いは避け、優しく洗う習慣を身につけてください。

〇湯上り後は10分以内にスキンケアを

湯上りは急激に肌から水分が蒸発します。遅くとも10分以内にはスキンケアを終えましょう。顔は湿っているぐらいの状態で化粧水をたっぷり付け、そのあとも時間を置かずに保湿を行います。

〇定期的な角質ケアも

脂性肌やニキビができやすい人は、定期的に角質ケアをすることでターンオーバーが促され、肌をキレイにすることができます。角質ケアはピーリング効果のある洗顔料や化粧品で簡単に行えます。

適度な運動を取り入れる

美肌のためには適度な運動も必要です。運動することで新陳代謝を高め、ストレスを解消するなど美肌効果がたくさん期待できます。

運動するにも時間がない、という人でも、ストレッチをするだけで体がほぐれ、血流が良くなり細胞も活性化していきます。コラーゲンやヒアルロン酸を作る線維芽細胞も活性化させることができるので、いくつか基本のストレッチをご紹介しましょう。

〇全身のストレッチ

  1. あお向けに寝る
  2. 足を少し広げ、つま先は上を向かせる
  3. 手を頭の上にあげ、腕や胸、足など全身の筋肉を伸ばす

〇骨盤のストレッチ

  1. あお向けに寝る
  2. 左足のかかとを右ひざの上に乗せる
  3. 右手で左ひざを持ち、右肩の方へ引く
  4. 30秒間、呼吸しながら維持する
  5. 左右2回ずつ行う

3で左足のかかとが右ひざから離れないように注意すること。

アッキー
職場の椅子でも足を伸ばしてかかとを回したり、腰を後ろに反らすなどしてみるといいよ。時々体を伸ばす習慣を付けて、血行を良くしようね。 

番外:化粧品を使わないで美肌になる!?

何もスキンケアを行わない「肌断食」というスキンケア方法があります。文字通りいっさいスキンケアを行わず、洗顔するときも石鹸も使わない水洗顔のみです。なぜ「肌断食」が良いといわれるのでしょうか?その理論とリスクを考えていきます。

肌断食という美容法

「肌断食」では、スキンケアのし過ぎは肌本来の力を弱めるとされます。塗るときの摩擦や、添加物などの化学物質による刺激で肌のバリア機能は落ち、ターンオーバーも乱れてしまいます。

スキンケアに含まれる防腐剤は、肌の常在菌を減らし、肌トラブルも起こりやすくなると考えられています。これら一切のスキンケア行わないことで肌本来の力を取り戻し、美肌に近づくというわけです。

つまりメイクやスキンケアはすべてが「害」であるという考え方ですね。やり方は、毎日肌断食をするものから、時々化粧品を断つプチ肌断食までいろいろあるようです。

肌断食に伴うリスク

肌断食は愛好している人もいる一方で、リスクも伴います。とくに多いのは、乾燥肌になったり、乾燥から皮脂が過剰になるという肌トラブルです。肌断食ではこれを一時的なものと考えているようですが、そのまま回復しない人もいるようです。

また、紫外線が肌に悪影響をもたらすことは広く知られていますが、日焼け止めを塗らない紫外線対策は非常に難しいものです。乾燥も紫外線も肌にとって大きなダメージを与えるものなので、肌断食をする前にこの点をよく考える必要があるでしょう。

まずはしっかり保湿で美肌の土台作りを!

美肌になれる化粧品の選び方や人気のスキンケア化粧品、スキンケアで気を付けたいポイントなどについて解説してきました。「ここを変えてみようかな」というところは見つかりましたか?

スキンケアはつい自己流になってしまいがちですが、見直してみると忘れていたことが見つかるものです。本当に肌に合った化粧品を使って、今よりもっと美肌をめざしましょう。

もう一度おすすめのスキンケア化粧品を見たい人は、美肌の基本!保湿化粧品のおすすめTOP3にジャンプしてくださいね。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事