皮膚科でもらえるハイドロキノンの値段は?1カ月にかかる費用の目安

皮膚科でもらえるハイドロキノンの値段は?1カ月にかかる費用の目安

ハイドロキノンを皮膚科でもらうと値段はいくら?効果は?使い方は?お任せください!そんな疑問をすべてきっちり解決して、安心して皮膚科へ行きましょう。もちろんもっとお手軽な化粧品もありますよ。強力美白作用で、輝くような白い肌に導きましょう。

ハイドロキノンクリームはお高いイメージ

「ハイドロキノン」をご存知ですか?美白が気になっている人はとっくにご存知かもしれません。知らないと言うあなたは、とてもラッキーです。今回のこの記事で「ハイドロキノンが何か、値段はどのくらいで使い方はどうするのか」全て網羅していきますので、どうぞ美白にお役立てください。早速、私はるこ先生と一緒に、ハイドロキノンが何かと言うことから追求しましょう。

はるこ先生
くすみ、黒ずみ、シミ……はぁ~~。
アッキー
はるこ先生、おはようございます。どうしたんですか呪いみたいに深いため息ついて。空気がどんよりするからやめときましょうよ。悩みなら僕が聞きますよ。
はるこ先生
アッキー。おはよう。30代になるとね、なんとなくモヤがかかったような肌のくすみとか、スキンケアではどうにもならないシミやそばかすが気になるのよ。そんでもって鏡を見るたび憂鬱になるの。はぁ~。
アッキー
スキンケアではどうにもならない?やだなぁはるこ先生、そういう時はハイドロキノンじゃないですか。一般的な美白成分の10倍から100倍の効果があるみたいだって、はるこ先生が以前教えてくれましたよ?

はるこ先生
そっか!ハイドロキノンがあったじゃない~!よしアッキー、早速ハイドロキノンについて完璧に追及するわよ!皮膚科でもらったらいくらかかるかしら?やっぱりコスト面は大事よね!どんどん行くわよ!
アッキー
ええ~!ちょ、待ってくださいってー!

ハイドロキノンは漂白作用のあるお薬

ハイドロキノンは、一般的な美白成分と比べて10~100倍の作用があるとされる、強力な美白成分です。とても強い働きがあるので、「お肌の漂白剤」とも呼ばれていたりします。まずはハイドロキノンが何なのか、詳しく見ていきましょう。

イチゴやコーヒーにも含まれる成分

ハイドロキノンは、もとは還元剤として使われていた成分です。銀塩(フィルム)写真の現像のとき浸す薬液、あれにハイドロキノンが含まれています。最近ではプロの世界でもデジタル写真が主流です。銀塩写真はほとんど使われなくなってしまい、ドラマなどで目にする機会も減りました。そんなハイドロキノンを使って現像をしていた人の手が他の部位より白い!と言うことで美白成分として注目を浴び始めました。もちろんそのままでは劇薬なので、顔の皮膚にはかなり薄めて使用します。イチゴやコーヒーにも含まれ天然でも存在する成分ですが、取り扱いには注意が必要なのです。

シミの改善に効果

ハイドロキノンは還元剤、つまり酸化を防止する働きがあります。シミができるメカニズムは、肌にある「チロシン」が「チロシナーゼ」によって酸化され、黒く変色していき「メラニン」に変わることで発生します。ハイドロキノンはこのチロシナーゼが起こす酸化作用を防止する働きがあるのです。また、メラノサイトと呼ばれるメラニンを作り出す物質の働きも抑制します。これにより、すでにできているシミを薄くしていくことが期待できるのです。シミに変えない、作らせない、漂白する。これがハイドロキノンを使うことで期待できる大きな働きです。

はるこ先生
ビタミンCなども、美白作用があることで有名な成分ね。でもその効き方はとっても穏やか。それに対しハイドロキノンはかなりの強さを持っていると言われるわ。美白したい女性の味方と言える成分ね。
アッキー
でもはるこ先生、ハイドロキノンが使用に注意が必要なら、一体どこで手に入れたらいいんですか?
はるこ先生
ハイドロキノンは、2%を超えたら医師に処方されないといけないの。つまり濃度の高いものは皮膚科でもらいましょう!さぁ、次は実際に皮膚科でもらった場合のことをチェックしてみましょう。

皮膚科で処方してもらう値段は?

ハイドロキノンを使ってみたい!そう感じたら、まずはクリニック・皮膚科医に処方してもらうのが安全でおすすめです。 しかし医師に処方してもらうとなると、気になるのがお値段。実際のところ、いくらくらいで入手できるのでしょう。

保険は適用されない

ハイドロキノンを処方してもらうことは、治療ではなく美容目的です。つまり、保険は適用されません。健康保険証をもって皮膚科に行っても、使用できません。保険を使うこともないのでお金は少し余裕をもって持っていくといいでしょう。ハイドロキノンを用意してある皮膚科では、ホームページにほとんどの場合かかる費用が明記してありますので、チェックしてから出かけましょう。 

費用は皮膚科やクリニックでバラバラ

保険が適用されるものでは薬価はどこも同じですが、保険が適用されない「自由診療」では、薬価はクリニックや皮膚科によりバラバラです。ハイドロキノンクリームは皮膚科医によってすごく効いたり効かなかったりするものではありません。効果はどこも同じです。ただし濃度によって効果は違うので、濃度はしっかりチェックしておきましょう。

5gで2,500円前後

費用はバラバラ……と言うと皮膚科やクリニックに行くのを躊躇してしまうかもしれません。バラバラと言っても薬自体の価格が片方は1,000円で片方は1万円、と言うようなことはありません。どこでもらってもハイドロキノンは5gで2,500円前後が一般的でしょう。

1カ月当たりの目安

皮膚科で処方される5gのクリームで、約1カ月分です。ただしこれは気になるシミの部位に使った場合で、もっと広範囲に使った場合は1カ月持たないこともあるでしょう。広範囲に使いたい場合もまずは気になる部分にのみつかい、肌への刺激なども見ながら範囲を広げていくのが良いでしょう。1カ月でかかる費用は、3,000円前後から4万円前後までと、とても開きがあります。同じ効果の薬なのに、なぜこんなにも違うのでしょう。詳しくは次の項目で見てみましょう。

もっとも気にしたいのは診察代

実は料金の面で一番気にしたいのは、ハイドロキノンそのものの価格ではなく、病院の初診料や再診料、診察代です。ハイドロキノンのクリス代だけ払えばOKなわけではなく、医師に処方してもらう以上必ず初診・再診料がかかります。これは本当に皮膚科やクリニックによってバラバラです。調査した中で最も安いものは、診察などがなく処方のみで薬を出してくれる皮膚科で初診料2,000円、薬代1,750円でした。最初の1カ月分は合計3,750円です。2ヶ月目からは再診なので1,000円、合計2,750円になります。

最も高いところではトレチノインと言う薬代を含めた初回費用が4万円前後でした。トレチノインは後の項目「トレチノインとの併用について」で簡単に触れますが、さらに専門的な取扱いが必要でしょう。価格が高くなるのは仕方がないとは言えるものの、ハイドロキノンのみの最も安い皮膚科と比べ、10倍近い差があります。4,000円ほどなら自分のお小遣いの範囲内で……と言う人もいるでしょうが、4万円となると簡単に使うわけにはいかない人も多いのでは。この価格差は「診察・指導してくれるかどうか」もありますが、単純にクリニックの立地や知名度にもよります。

はるこ先生
何も知らない状態では不安だから、しっかりお金を払って知っておきたいと思うわよね。でも大丈夫。ハイドロキノンの使い方自体はとても簡単なの。あとで使用方法と注意点を確認していくから、しっかりチェックして、無駄なお金を使わなくていいようにしましょう。

アッキー
もちろん、しっかり診察してくれた上で安心の料金設定のところもありますよ。ハイドロキノン5gの処方で診察代も合わせて1万円を超えるところは、やや高い印象です。なにか付加価値があるならいいのですが、ハイドロキノンのみが目的ならばあまりおすすめはしません。

皮膚科より安いハイドロキノン美容液はビーグレン一択!

初診料、診察台、ハイドロキノンの薬代、これを踏まえるとかなりの金額に…

しかし現在、そんなハイドロキノン美白クリームが発売されているのをご存知ですか?

もちろん医学会認定スキンケアなので、安全性•効果共に安心のスキンケアアイテムです。

ビーグレンホワイトケアトライアルセットなら全部付いて1800円

ハイドロキノンを使用した美白専用スキンケアラインのトライアルセットならたったの1800円

今はちょうど割引セール中につき、元々の値段が6422円と効果な物が今なら71%割引。

これなら皮膚科でもらうよりも安く、洗顔から美容液まで美白ケアフルライン使いが出来るので効果の質もグンっとUP!

QuSomeという独自技術浸透率はエステの本格マシン同等のパワー

せっかくの美白成分も、シミの元となる角質層の奥底メラニンに届かなければ効果は半減。

その角質層まで成分を届ける技術というのは、エステや美容皮膚科で使用されているマシンのみだったのですが、ビーグレンはQuSomeと呼ばれる同等の浸透率を開発し搭載しているので、自宅のセルフケアでもしっかり美白成分をメラニンに届ける事が出来ます。

これなら某人気美容家電の美顔器も必要無し!

美容液には高濃度ビタミンCを、美容クリームにはハイドロキノンのW処方

このトライアルセットには

•クレイウォッシュ

•ローション

•美白美容液

•美白クリーム

•保湿クリーム

計6点がついているのですが、その中でも最も美白効果が高いアイテムが、高濃度ビタミンC配合美容液と、ハイドロキノン配合の美白クリームです。

ビタミンCが美白に効果的なのはもはや常識ですが、QuSome技術のパワーで即効性が高く、肌をパっと明るく透明感をもたらします。

ハイドロキノン配合のクリームは、ご存知の通りシミの漂白効果が高く、気になる箇所にスポット使い。

通常の医薬品ハイドロキノンと違って、しっかり美容アイテムとして作られているので、使い過ぎによる白斑などの心配もありません。


これら全て美白効果の高いアイテムでフルライン使いが出来るトライアルセット。

たった7日間という短い期間ですが、シミが薄くなった!という賞賛の口コミが大勢寄せられています

  • こんなに早くシミが消えるなら早く使えば良かった…!
    4.8/5
    エステやブランドコスメを使用しても、顎のニキビ跡が消えずに悩んでいました。 ハイドロキノンに興味があったので、いつか病院に行こうと思っていた所、フルライン使い出来るビーグレンを見つけました。 値段も安かった事から即注文! たった7日だからこそ、念入りに美容液とクリームをシミに塗り込む事3日。 以前と比べてだいぶ薄くなった実感がありました。 なにより即効性が高いので、たった7日のトライアルでも十分薄くなります。 とにかく安くおさえたい!と思っている人に使ってもらいたいです。 ハイドロキノンを処方してもらう前にぜひ!

 まずは皮膚科に通う前に試してみると良いでしょう!

トライアルセットの注文は公式サイトのみ取り扱っているので購入時は公式サイトをチェックしましょう。

\注文はコチラ/

ビーグレンホワイトケアトライアルセットはコチラから

 【最後に】ビーグレンのことがよくわかる動画をご用意しました!

undefined
はるこ先生
美白化粧品「ビーグレン」がおすすめな理由を動画でわかりやすく紹介しています。ぜひ最後までチェックしてくださいね!

購入は公式サイトから

ハイドロキノンの効果

1カ月にかかる費用がおおよそで分かったところで、ハイドロキノンの効果について今一度チェックしてみましょう。

シミ・そばかす

うっかり紫外線を浴びてしまったときも、シミやそばかすに変わるのを防ぐ働きをします。できてしまっているシミやそばかすにも作用し、薄くするよう働きかけます。どんなスキンケアでもなかなかシミに効果がなかったという人におすすめです。

肝斑

シミの一種、肝斑ですが、特徴があり見分けしやすくなっています。突如現れたシミで広範囲に広がっており、左右対称であるもの。また、季節によって濃さが変わったり妊娠経験がある人などは「大きなシミ」ではなく肝斑である可能性があります。肝斑はホルモンのバランスや紫外線、両方の要因が重なって起こります。

シミのサイズが大きいのでレーザー治療などでは取り切れなかったり、非常に高くなってしまうことも。ハイドロキノンは肝斑にも効果的とされており、大きめのシミでも塗るだけなので簡単に対処できます。肝斑は30~40代の女性に起こることが多く、それより上の世代ではあまり起こりません。思い当たる人はぜひチェックしてみてください。肝斑はトラネキサム酸とビタミンCの飲み薬が効果があるとされているので、併用するのが特におすすめです。

ニキビ跡などの色素沈着

色素沈着も、刺激によりメラニンが発生してしまい黒く変色しています。なかなか治らないニキビ跡、シミのように見えてしまうニキビ跡も、ハイドロキノンならば大丈夫。シミと同じように対処できます。年齢が若いのにシミのように見えてしまって、鏡を見るたびに憂鬱と言うあなたも、ハイドロキノンで肌を変えるチャンスです。

デリケートゾーンの黒ずみ

きつい下着をつけてしまい、できてしまったデリケートゾーンの黒ずみ。これも刺激によるメラニンの発生が主な原因です。ただし下着をつける部分なので日中に塗っておくのは難しいでしょう。寝る前に塗るのがおすすめです。また、医師に診察してもらう場合はできるだけハイドロキノンの濃度をよく相談しましょう。身体はなかなか濃度の高いものを使うのが難しいでしょうから、ハイドロキノン配合のボディ用のスキンケアジェル・クリームもおすすめです。最後の方でチェックしますから、ちょっと覗いてみてください。

トレチノインとの併用の効果

トレチノインは、ビタミンA誘導体のこと。誰でも血中に持っている成分なので、アレルギーの心配がないと言われています。そしてこのトレチノインは、とにかくすごいターンオーバー効果を持っています。美白やシミ・シワにいいとされる成分で「レチノール」と言うものを聞いたことがあるでしょうか。あれはビタミンAのこと。トレチノインは「ビタミンA誘導体」なので、いわばレチノールのスペシャル版。レチノールが子猫なら、トレチノインはライオンくらいの差があります。実に100~300倍と言われているんです。

トレチノインは高いターンオーバー作用で、古い皮膚をベリベリとはがし、コラーゲンの生成を促し新しい皮膚を作る手助けをします。そのためしわやニキビにも効果があると言われます。ハイドロキノンンの美白効果はとても高いのですが、皮膚に塗ってもなかなか浸透しにくいのです。トレチノインと併用することで、余分な皮膚をトレチノインが取り、そこにハイドロキノンが働きかけるというまさにスーパータッグが実現するのです。新しくて柔らかい皮膚には、ハイドロキノンも浸透しやすいとされるためです。これがトレチノインとの併用のメリットです。

アッキー
トレチノイン、凄いじゃないですか!これは併用するに越したことないんじゃないですか?
はるこ先生
ところが、そう簡単な話でもないの。皮剥けがひどく赤くなったりするから、本格的に取り組むならシミの部位を絆創膏で隠せる状態じゃないとだめね。広めの部位で行う場合、毎日お客様と顔を合わせる接客業やサービス業の女性ではなかなか使用が難しいんじゃないかしら。もし使いたい場合はダウンタイムを考慮したり、かなりしっかりした保湿をおすすめするわ。副作用を考慮したうえで上手に付き合っていきたい成分ね。

トレチノインはデメリットも多くあります。ハイドロキノン以上に厳重な取り扱いが必要です。強制的にターンオーバーを繰り返すので皮膚は赤くなり、痛みも生じることがあります。粘膜のそばには絶対に使用しないこと、口や目のそばに使うと粘膜にも作用しとても危険です。皮剥け中の皮膚は薄く、乾燥が進みかなり見た目にも悪く、「本当に使っていいのかな」と不安になることもあるでしょう。トレチノインの作用は長く、「やめよう」と思ってやめてもすぐに効果が収まるものではありません。

また、ビタミンAには大量摂取により催奇形性があるので妊娠中・妊娠を希望する女性のトレチノインの使用は絶対にNGです。トレチノインも医師の処方がなければ手に入らない薬なので、必ず医師の指導のもと使用してください。

アンプールは女性誌でも人気なハイドロキノン入スキンケア


女性誌でも人気なハイドロキノン入りスキンケアと言えばアンプルール。

通常のハイドロキノンよりも様々な美白効果を持つ、新安定型ハイドロキノンを配合しているため、ニキビ跡やシミなどの原因となるメラニンにスっと浸透して即効で美白ケア。

さらに、今後シミとして肌に浮き出てくる隠れメラニンも予防するので、30代40代以降もシミ一つない肌を目指せる予防美白スキンケアとしても効果が高いアイテムす。

今すぐニキビ跡やシミをケアしたい人はもちろん、今後の肌を真っ白に保ちたい人のための予防美白としても使えるアイテムで、今20代~30代の人を中心に人気を集めています。

トライアルセットがあるので気軽に使えるのもポイントが高い!

アンプルールは1890円でお試し可能

まずはトライアルセットで新安定型ハイドロキノンの効果を確かめましょう。

中でもこのトライアルセットに付いているラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110は大人気商品で、スポット使いする事で即効美白されると人気のアイテム

通常1万円以上する美容液が破格でお試し出来るチャンス!

•クレンジング

•洗顔

•美白化粧水

•美白美容液

•ラグジュアリーホワイト

•乳液美容ジェル

これら6点が7日分。

ライン使いする事で、より高い美白効果を発揮するので、トライアルセットでライン使いが出来るのは嬉しいですね。

今すぐシミをなんとかしたい!と悩む人は、ぜひ今すぐ試してみると◎

  • ハイドロキノンをもっと早く使っていればよかった
    4.9/5
    ハイドロキノンと言うと、皮膚科に行かないと貰えないものだと思っていたのですが、雑誌で紹介されているアンプルールを見て、絶対使いたい!と思い、トライアルセットを注文しました。 噂通り効果は高く、数日でコンシーラーを使わなくても目立たない程に。 正直人気になるのが嫌ですね(笑)
  • 日焼けした肌でも元通り
    4.7/5
    海に行ってから一気に日焼けしてしまい困っていた時に使用しました。 たった7日でもほぼ元通りの白さに落ち着きました。 紫外線を浴びると後々シミが出やすいとも聞いていたのですが、しっかりアンプルールでケアしたからでしょうか。 数ヶ月たった今でもシミはほとんど出ていないので、あの時使っていて良かった〜って今でも思います!

 シミやニキビ跡をケアする効果も高く、日焼けなどのケアにもバッチリですね。

紫外線はもはや夏だけでなく、秋冬でも降り注いでいます。

夏の様に真っ黒になる事はないですが、シミの元となるメラニンはどんどん増幅しています。

それらを予防する意味でも、アンプルールがオススメです!


\今日からシミとグッパイ!/

アンプルールトライアルセットはコチラ

ハイドロキノンの正しい使い方

ハイドロキノンは強力な働きを持っていますが、使用自体は難しいものではありません。しっかり使用法を確認して、適切に使いましょう。

洗顔後に使用する

成分がしっかり浸透するようにするため、洗顔後に使用しましょう。メイクの上からの使用などはNGです。ただし洗顔後すぐは浸透しすぎる場合があるため、スキンケアは行った後で塗りましょう。化粧水、乳液の後に塗ります。

1日に1~2回

1日1~2回、シミが気になる場所に塗ります。1~2回がおすすめですが、休日で外に出る予定がない日は2回、それ以外は夜のみと言う柔軟な使い方で良いでしょう。薬ではありますが、必ず使用しないといけないものではありません。ただし続けることで効果がわかりやすくなりますから、週に何回も塗り忘れてしまう日があるということは無いようにしたいです。

シミの部分にだけ塗る

シミの部位にのみ塗りましょう。綿棒などに少し取り、塗っていくのが良いでしょう。広範囲に使って顔全体の美白を試みる人もいますが、ハイドロキノン使用中は日焼け止めの使用が必須です。強い還元作用も、紫外線を浴びれば元に戻ってしまいます。シミが元に戻らないよう、シミの部分にだけ塗り、日焼け止めでしっかりガードしましょう。

効果が実感できるまでかかる期間

ハイドロキノンを使い始めてから効果が実感できるまでにかかる期間は、個人差もありますが3カ月程度と言われています。もちろん「あれ?変わってきたかも」と感じるのはもっと短い期間もありますが、はっきりと効果を感じるまでにはこのくらいかかるようです。

はるこ先生
どの皮膚科でも、3カ月程度で一度肌を休ませるように指導されることが多いわ。効果も高い分刺激もあるから、3カ月使ったら1カ月程度しばらく休んで、また始めるというのがいいみたい。
アッキー
肌が白くなってきたからと、欲張って使い続けるのは良くないということでしょうか。はるこ先生は欲張っちゃいそうですから、気を付けてくださいね。
はるこ先生
ケーキだったら欲張るけど、肌に関しては人一倍厳しいんだから大丈夫です!

皮膚科でハイドロキノンをもらうメリットとデメリット

ハイドロキノンは、濃度が2%以下のものなら化粧品でも購入できます。あえて皮膚科でハイドロキノンをもらう、メリットとデメリットについてチェックしましょう。

皮膚科で処方されるクリームは濃度が高い

メリットの1つとして、皮膚科で処方された場合2%を超える濃度のハイドロキノンが入手できます。濃度が濃ければ実感できるまでの期間が短くなるでしょう。その分肌への影響も強く、自己判断で使い続けるのは危険です。濃度が薄ければ効果が表れるまでに少し時間はかかるものの肌への影響も小さく、医師の診断無しに入手できるのです。

ちなみにハイドロキノンが5%を超えると発がん性が高まると言われているので、5%を超えたものを使用するのは避けた方が良いでしょう。皮膚科でもらえるハイドロキノンは効果と安全性を兼ね備えた、4%のものが多くなります。

診察代など費用が掛かる

デメリットのポイントは、費用が掛かることです。そもそもハイドロキノンのみの価格ならば2,500円前後なのに、診察代がかかることで倍以上費用がかかったりします。すでに使い慣れている人には、診察代として取られる料金はやや無駄に感じるかもしれません。

最大のメリットは安心感

皮膚科でハイドロキノンをもらうことで、最もうれしいことは何といっても安心感でしょう。ちょっと疑問に思ったことも診察のついでに聞けますし、自分の肌の状態を見てくれるプロがいるというのは非常に頼もしいことです。

東京の赤羽にある「中島皮フ科」は、無料でメール相談にも乗ってくれます。まずはこのような親身になってくれる皮膚科に相談に行ってみるのもいいでしょう。レーザー治療や皮膚形成なども行っており、美容についてさまざまな相談ができるのもポイントです。詳しい相談は実際に足を運んで、皮膚の状態を見てもらうのがいいでしょう。

はるこ先生
やっぱり、使い慣れるまではプロに見てほしい!って気持ちもあるわよね。
アッキー
できるだけトラブルなく使いたいですもんね。でも僕たちも一生懸命情報を網羅してあなたの疑問を少しでも減らしますから、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

中島皮フ科の公式サイトはこちら

副作用や注意点

ハイドロキノンは使い方はとても簡単ですが、注意点はいくつかあります。忘れてしまうと効果が台無しになってしまうものもあるので、しっかりチェックしてください。

紫外線の影響による悪化

先ほども少し確認しましたが、ハイドロキノン使用中は日焼け止めが必ず必要です。広範囲に使うほど日焼け止めの意識を高くしなければいけないので、慣れるまでは小さい範囲の美白を推奨するのはこのためです。特に夏場は汗などで簡単に日焼け止めが落ちてしまうこともあるため、ハイドロキノンは涼しい季節に行うのがおすすめです。

とは言え、夏に「始めたい!」と思う人もいるでしょう。日焼け止めが簡単に落ちてしまいそうなときは、塗った箇所に絆創膏を貼るなどして日光が絶対に患部に当たらないようにしましょう。ハイドロキノンは日光に当たることで毒性を持ち、色素沈着が起こったりして余計にシミが目立つようになってしまいます。ハイドロにキノンに日光は絶対にNGなのです。

赤み・炎症が起こることも。酷ければ中止を

効果が高い分、副作用として赤みや炎症が起こることも。広範囲に塗ったり、濃度が高いと起こりやすいので、まずは最小限の範囲から行いましょう。あまりにも赤みや炎症がひどく継続が難しい場合は、一度使用を中止し、皮膚科医に相談しましょう。

使用法を誤ると白斑を引き起こす

濃度の高すぎるものを使用したり、漫然と使い続けることで肌がまだらに白くなる「白斑」と呼ばれる状態になることがあります。海外製品では6%と言う高濃度のものもありますが、発がん性が高まりますし白斑を引き起こす可能性がぐっと高まります。たった数%の違いですが、かなり大きい違いであることを忘れないでください。必ず4%以下のものを使い、顔全体に使用したいときは皮膚科医に相談しましょう。」

妊娠中の使用は?

妊娠中、濃度の低いものなら使用しても赤ちゃんに大きな影響はないと言われていますが、妊娠中のハイドロキノンの使用はおすすめしません。ハイドロキノンを使用していて万が一何かがあった時、「もしかしてハイドロキノンを使ってしまったせいなのかしら」と自分を責める原因になってしまうかもしれないからです。

また、妊娠中はホルモンの量が普段と全く違います。ちょっとしたことが刺激になる可能性も否めません。無事に出産を終えて、授乳を終えてから本格的に美白に取り組むのがいいでしょう。併せて使うことの多いトレチノインは妊娠中はNGです。

はるこ先生
妊娠中は特にシミやそばかすができやすいけれど、お腹にいる間と授乳中はハイドロキノンもトレチノインも控えた方がいいわ。しっかり日焼け止めを塗って、ハイドロキノン美白に備えておきましょう。

ハイドロキノン配合化粧品もおすすめ

ハイドロキノンを皮膚科でもらうことを中心に話してきましたが、濃度が低いものならば化粧品でも試すことができます。

アッキー
はるこ先生、やっぱり使ったことがない人は、「少し不安」ってこともあるみたいですよ。もうちょっと違った方面から応援したいときには、どうしたらいいでしょうか。 
はるこ先生
だったら、配合されている濃度の低い化粧品がいいわね♪手軽に試せるし皮膚科に行くこともないし、ハイドロキノンが使い方さえしっかりしていればそんなに危ないものではないってこともわかってもらえると思うわ。
アッキー
なるほど!じゃあ早速、おすすめできそうな化粧品を探してみます♪ 

紫外線によるトラブルを解消したいあなたへ

「ビーグレン-QuSomeホワイトエッセンス」は、紫外線を受けてしまった肌のリセット力に着目した化粧品。ハイドロキノン誘導体でありビーグレン独自の「Q(HQ) QuSome化アルブチン」を配合し、これからの悩みを作らせないことに集中してケアします。アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖からできた物質。ハイドロキノンによく似ているものの、安定性が高まり、刺激などを受けにくい物質になっているとされます。

ハイドロキノンとはよく似ていますが別の物質のため、効果を実感できるまでには少し時間がかかると言われています。じっくり使い続けるのが良いでしょう。

価格:15ml 税込み5,400円

  • 1年半ほど使用していましたが、
    肌全体が明るくなりました。 ホワイトクリーム1.9と一緒に使うのがいいみたいですが 単品でもいい仕事してくれます。 ビーグレンの中では、ホワイトクリーム1.9やCセラムのような 代表選手ではないかもですが、私のお気に入りでした。

    @コスメ

  • 顎に出来た大量の頑固ニキビを
    早く治したいので洗顔からクリームまで使っています。使用開始から二週間になりますが、だいぶ目立たなくなり、このままいくと綺麗に完治しそうな勢いです。

    @コスメ

アッキー
こちらは「ハイドロキノン誘導体」。ハイドロキノンとは別物ですが、優しい作用で美白に効果的と言われます。日常的に使いたい人におすすめですよ。

QuSomeホワイトエッセンス商品ページはこちら

できてしまったトラブルを解消したいあなたへ

できてしまったトラブルを何とかしたい、悩みに効かせたいあなたにおすすめなのが「ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9。こちらにはQ(HQ) QuSome化ハイドロキノンが配合され、すでにできてしまった悩みに働きかけます。一般的な化粧品では太刀打ちできなかった悩みにしっかりアプローチし、シミやくすみのない輝く素肌を取り戻しましょう。

価格:15g 税込み6,480円

  • 継続使用中
    両頬のしみ(肝斑?)と細かな点々のシミが濃くなっていく様子が気になり出して、4年ぐらい。この2年ぐらいこちらを継続使用しています。消えてはないですが、少なくとも濃くはなっていません。伸びが良いためコストパフォーマンスが思ったよりよく、肌の調子も良いので、継続使用します。

    ビーグレン公式サイト

  • こめかみのシミが薄くなりました!
    こめかみと頬に米粒くらいのシミが5つあり、ずっと気にしていましたが、ホワイトクリームを使用して1カ月で、濃い茶色から薄茶色に変わっています!!小さいシミなら、もうコンシーラーがなくても、ファンデで綺麗に隠れてくれるので、すごく感動しました(涙) 半年くらい使ってみて、肌の変化を楽しみたいです。乾燥、刺激、一切感じませんでした。

    ビーグレン公式サイト

はるこ先生
「作らせない」エッセンスと、「追い出す」クリームで、QuSomeシリーズはライン使いがおすすめよ♪刺激が一切ないって口コミが嬉しいわね。
アッキー
顔だけでなく、身体に使える商品もありますよ。一緒にチェックしておきましょう。

QuSomeホワイトクリーム1.9商品ページはこちら

ボディの黒ずみや色素沈着が気になるあなたへ

シーボディ・ミネラルボディシャインジェルは、エステから生まれた身体用の美白ジェル。身体の気になる部分の黒ずみに、ハイドロキノンの働きで輝くような肌に導きます。美白成分として嬉しい、プラセンタやアルブチンも贅沢配合。コラーゲンやヒアルロン酸でみずみずしい肌へ。スルスルとのびて使いやすく、ユーカリの香りで気分よく使えます。

価格:200g 税込み5,940円

  • 21年間色黒で悩んできた私、、、
    もっと早くこの商品に出会いたかったです!私の場合、全身にたっぷり塗り込むのを毎日やっているため毎回一ヶ月たたずになくなってしまいますが、効果抜群なのでリピートしてます♪

    シーボディ公式サイト

  • 使い始めて4日目です。
    ここ数年アトピーが少し出て跡が残ってしまい、とても気になっていて 病院で頂いたクリーム、薬用の傷跡消しやホワイトニングクリームなどたくさん使い、効果があまり感じられず諦めていたところで、「ミネラルボディシャインジェル」をネットで見つけました。 最初は、諦め半分で試しに、、と思い使ってみたら たった4日で明らかに色が薄くなっています!!

    シーボディ公式サイト

はるこ先生
身体にも、どうして気になる黒ずみはできてしまうもの。かといって顔に使うような強力なものは使いづらい。そんな時にボディクリーム感覚で手軽に使えるボディジェルよ。
アッキー
うっかり日焼けしてしまった夏の疲れにもおすすめですよ。ボディにハイドロキノンを使った場合も、しっかり日焼け止めを塗ってくださいね。

ミネラルシャインボディジェル商品ページはこちら

ハイドロキノン化粧品のポイント

  • 濃度が低めなので使い続けても肌に影響がないとされる
  • ハイドロキノンだけではない美容成分が豊富
  • ハイドロキノン入りは日焼け止め必須か、夜のみ使用
  • 肌のコンディションが季節などで変化したら一度おやすみすること
  • 美白だけではない、トータルケアをしたいなら化粧品がおすすめ
はるこ先生
バッチリ美白したいならハイドロキノン単品、美容のケアをしながら一緒に美白もしたいなら、ハイドロキノン入りのスキンケアがおすすめよ♪

市販と皮膚科の費用対効果を比べてしっかり選ぼう

ハイドロキノンは処方薬なので濃度の高いものは市販していません。濃度の高いものもAmazonなどで見かけるかもしれませんが、多くは海外からの輸入になるのであまり使用はおすすめしません。問題が起こった時に自分では対処できないからです。つまり、市販の化粧品か皮膚科でハイドロキノンをもらうかの2択です。皮膚科は費用がやや掛かるものの、高濃度のハイドロキノンがもらえるのが利点です。化粧品は濃度が薄いものの、安心して使用し続けられます。どちらがあなたに向いているのか、しっかり比べてあなたにベストマッチなものを選んでください。