毛穴パックは危険?角栓を無理に取っちゃダメな理由と正しいケア方法

毛穴パックで肌トラブル続出!?

毛穴の汚れが気になるときどうしますか?「そんなときは迷わず毛穴パック!」、そしてゴッソリ黒ずみを除去するという方が多いようです。毛穴パックはもう世間の常識になりつつありますが、実はこの角栓をパックで取る、という毛穴ケア方法によるトラブルが続出しているんです。「みんなが習慣にしているから自分も」、というのではなく、正しい毛穴ケア方法によって美しさを保ちたいと思いませんか?

そんな正しい方法に強い関心を抱くあなたに、私、水野が責任をもって正しい毛穴ケアについてお伝えします。

こんな毛穴ケアは間違い

剥がすタイプのパックは一時しのぎ

コンビニで手軽に買える、剥がすタイプの毛穴パックは、簡単に角栓が取れるという理由から人気になっています。角栓パックのおすすめナンバーワンと言っても過言ではありません。小鼻を濡らしてシートを貼り、乾いてから剥がすとゴッソリ黒ずみが取れるので、病みつきになってしまうこともあるようです。でもちょっと待ってください!ゴッソリ取れるものの中には、角栓だけではなく皮膚の一部も含まれており、取れた後には穴が開いてしまいます。その穴に細菌が入り込んで炎症を起こしたり、すぐに汚れが詰まったりします。剥がすタイプのパックは一時しのぎで、またすぐに黒ずみが発生します。

角栓は無理やり取ってはいけない

ところで、角栓はいいものなのでしょうか?悪いものなのでしょうか?角栓はもともと角質を構成していたもので、お肌にとって必要不可欠なものです。その角質がどんどん新たにされていく中で、はがれかけた古い角質が角栓となって黒ずんだりします。自然のサイクルに任せて、角栓が自然に排出されるとよいのですが、なかなかスムーズに取れてくれません。

しかしだからと言って無理やり取ってしまおうと思って、角栓パックのシートなどを使って剥がしてしまうと、まだお肌に必要な角質の一部まで剥ぎ取ってしまいます。角栓は無理やり取ってはいけません。

話題のオロナインパックもやめて!

SNSを中心にオロナインパックが話題になっています。これは従来の毛穴パックにひと手間加える方法で、角栓パックのシートを貼る前にオロナインを塗って洗い流しておきます。そうすると、驚くほど黒ずみが取れます。

でもこれ、美容のプロの観点からすれば「とても危険、絶対にやめてほしい」方法です。なぜ危険かというと、お肌に必要な成分までゴッソリと取り除いてしまうからです。

ゴッソリ取れる量が多いという理由で人気になっているようですが、それはつまり「必要な角質をさらに根こそぎ持っていかれている」ことを意味します。角栓パックとオロナインという組み合わせはやめてください。

角栓を無理やり取るとどうなる?

開き毛穴の原因

毛穴の汚れや角栓だけを上手取り除いてあげるのが、正しいケア方法です。もし角栓を無理やり取ろうとすると、必ず角栓だけではなく肌の表面の角質や水分、脂分まで同時に奪ってしまいます。

ゴッソリと引き抜かれると、毛穴には大きな穴が開くことになります。開いた毛穴は瞬時に閉まってくれるわけではなく、しばらく開いたままになってしまいます。そこに再び汚れが蓄積されて黒ずみになり、気になるのでまた毛穴パックをしてゴッソリ取ってしまう……こんな悪循環に至りかねません。

角質層を傷つける

無理やり角栓を取ろうとすることによって、毛穴の周囲にある角質層を傷つけてしまいます。角質層はお肌の水分をキープするために必要不可欠ですが、それ以外にも、お肌をアレルゲンなどの外敵から守る役割を果たしています。

その角質層が、毛穴パックなどによって角栓と共に剥がされてしまうのが問題なんです。角質層が剥がされてしまうことによって、お肌は「早く修復しなければ!」と焦ってしまい、皮脂をたくさん分泌するようになります。そうなると、過剰な皮脂によって角化が早まり、余計に角栓ができてしまう原因となります。また、お肌トラブルを引き起こしやすくなります。

パックを買うなら「塗る→洗い流す」タイプ

無理やり剥がさないタイプのメリット

角栓をパックによって取ってしまうのが問題なのではなく、無理やり剥がすことが問題です。であれば、無理やり剥がさないタイプのケアをすればよいことになります。その点、チューブに入ったジェルなどを塗って、そのあと洗い流すタイプを使えば、シートで剥がす方法に比べて優しく角栓を除去することができて安心です。強力な粘着力によって力業で剥がすのではなく、毛穴に詰まっている角栓を優しく洗い流すことができます。自宅で角栓のセルフケアをするなら、塗って洗い流すタイプのジェルをおすすめします。

ジェルタイプ「MTG PLOSION クリアジェルパック」

上手な角栓の取り方に関心があるなら、まずジェルタイプの「MTG PLOSION クリアジェルパック」を試してみることができます。強引に角栓を取ろうとするのではなく、炭酸ジェルの発泡する力を利用して毛穴の汚れを取り除いてくれます。塗るときにはジェル状ですが、やがてシュワシュワ言い始め、毛穴の汚れを浮かせてくれますから、取りたい汚れだけをしっかり押し出してくれます。

「MTG PLOSION クリアジェルパック」の特徴

  • 角質を傷つけにくい
  • きめ細かい炭酸の発泡力で奥まで浸透
  • 鼻に塗るだけで簡単手間いらず
  • 洗い上がりがつるつる

 MTG PLOSION クリアジェルパックを見る

チューブで使いやすい「エンジェルレシピ ピールクレイ」

吸着成分によってゴッソリと角栓を除去する、これが「エンジェルレシピ ピールクレイ」の特徴です。無理なく、かつ確実に吸い取ってくれるので、塗るタイプの角栓パックの口コミでも人気になっています。チューブタイプでお風呂場に置いておくことができます。弾力のあるクリームなので垂れてしまう心配がなく、まず塗っておいて、それから体を洗うこともできます。取るべき角栓はしっかりとるのに、洗い上がりはツッパリ感がなく、むしろしっとりしているのが驚きです。

エンジェルレシピ ピールクレイの特徴

  • 抜群の吸着力
  • 垂れにくいので入浴中でも使える
  • 洗い上がりのツッパリがない

 エンジェルレシピ ピールクレイを見る

おすすめ角栓除去のやり方

蒸しタオルで毛穴を開く

角栓除去の第一ステップとして、蒸しタオルで毛穴を開いてください。毛穴を広げると共に、角栓を柔らかくする効果があります。

蒸しタオルは自宅の電子レンジで簡単に準備できます。タオルをおしぼり状態にして1分回せば完成です。やけどに注意しながらちょうどよい具合かどうか確かめて、小鼻を中心に広げて少しだけ放置します。「熱ければ熱いほうがよい」というわけではありませんので、何度か試しながら適温を見つけて、蒸しタオル作りに慣れてくださいね。

クレンジングやオイルでマッサージ

角栓はシートタイプのパックで強引に剝がすのではなく、クレンジングやオイルを塗って上手に洗い流すのがコツです。使用することになるケア商品の指示に従う必要がありますが、ポイントとしては次のようになります。

  • 蒸しタオルを使って角栓を柔らかくしておく
  • ジェルやオイルを鼻全体になじませる
  • 優しくマッサージする

とくにこの「優しくマッサージ」をするのがポイントです。


注意点もあります。

  • 絶対に強くこすらない
  • 使用頻度を守る

ついつい欲張ってゴシゴシしたり、間隔を開けないでケアしたりすることがないようにしてください。使い始める前に説明書をよく読んでから始めましょう。

いろんなクレンジングリキッドが市販されていますし、通販でも見つけることができます。好みに応じて自由に選ぶことができますが、美容のプロの観点からなにかおすすめできるとすれば、「オルビス-クレンジングリキッド」がよいかと思います。実はこのリキッドはオイルかと思いきや、オイルを一切使っていないのが特徴です。オイルを使っていないので、べたつかず、しかもすすぎも簡単に行なえます。高いクレンジング力をもっているので、塗ったらすぐに汚れが浮いてきて、上手に落ちてくれます。いろんなケアが煩わしいという方にも、お風呂の合間に使うことができて大変好評です。洗い上がりは乾燥しにくいので、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用できます。

重要ポイントはアフターケア

いくら丁寧に角質のパックをしても、アフターケアをしなければ正しいケア方法にはなりません
おすすめの角質除去のやり方は、

  1. 蒸しタオルで毛穴を開く
  2. ふさわしいクレンジングやオイルでマッサージして洗い流す
  3. アフターケアをしっかりする 

洗い上がったお肌がツルツルすべすべなので、そこで満足してアフターケアをしない方たちがいます。でも、角質除去における重要ポイントはアフターケアなんです。どれだけ上手に角栓だけを取り除いたとしても、取り除いた後は穴が開いた状態になってしまいますので、しっかりと毛穴を引き締めてあげなければいけません。同時に、角栓を取った後のお肌は、どうしても境目の角質が少し刺激を受ける形になりますので、しっかりと保湿してあげることによっていたわってあげなければなりません。

角質除去の際のアフターケアに使える商品はたくさんありますが、あえて選ぶなら「ノブAC アクティブフェイスローション(モイスト)」をおすすめできるかと思います。この化粧水は、炎症が起きているお肌にも優しいと評判で、質感はしっとりですが、しっかりと毛穴を引き締めてくれ、保湿力もかなりあるのでアフターケア用としては最適です。失敗のないアフターケアを心がけるなら、ノブAC アクティブフェイスローション(モイスト)が便利です。

日々の洗顔で角栓を作らないことも大切

鼻の黒ずみを取るために、上手な角栓のパックの使用が有効なのですが、基本的には日々のケアが大切です。日々の洗顔が正しく行なわれていれば、その分だけ角栓ができるペースを遅くしたり、角栓を目立たない程度に抑えることもできます。

正しい洗顔方法は、鼻の黒ずみ対策に限らず、美顔を維持するための基本です。ふさわしい洗顔フォームを使い、しっかりとすすぐことがポイントです。ワンポイント付け加えるなら、清潔なタオルで優しく拭いてくださいね。

洗顔フォーム選びには是非慎重であってください。洗顔フォームの選び方によっては、必要なものまで失ってしまったリ、お肌のトラブルを引き起こす可能性があります。

日々のケアのために安心して使える洗顔フォームをあげるとすれば、「ビーグレン-クレイウォッシュ」なら安心です。ビーグレン-クレイウォッシュのすごいところは、「落とすものと残すものをしっかりと見極めている」点です。天然クレイの持つ吸着力でしっかりと落とすべきものを吸い取って落としながら、取ってはいけないものは取らないよう工夫されています。


【毛穴ケア化粧品】口コミランキングTOP3

ルナメアAC

 ルメアナACは、あの有名な富士フィルムが開発した洗顔料です。糸状になっているファイバースクラブが配合されているのが特徴で、お肌へのダメージを最小限に抑えながら、角栓はしっかりと絡め取ってくれます。洗顔料なのに潤いを残すことができる点も嬉しいです。

ルメアナACのココがいい!

  • 富士フィルム製
  • ファイバースクラブ配合
  • 洗顔後にうるおいが残る
  •  
  • もう2年使っています
    5/5
    使い心地は、皮脂をしっかりとってくれるのに、洗い上がりはしっとり、もっちりとした感覚があります。ニキビにお悩みの方は、一度試されてみてください。これからも使い続けます。

    cosme.net

 

汚れはしっかり取れた!という実感があるのに、洗顔後の仕上がりには満足できる、そんなバランスの良い洗顔料はなかなか見つかりませんね。時々できるニキビにも悪化を心配しないで使える点は、高く評価できます。

 ルナメアAC

オルビスユー

 オルビスユーシリーズは、正しい角栓除去のケアをするために有効です。たとえば「オルビスユー モイストアップローション」は、洗顔後にサッと塗るだけでしっかりと毛穴を引き締め、保湿してくれます。その使い心地は「つけた瞬間に吸い込まれていく」という言葉が適しているほど、すぐに浸透してくれます。

オルビスユーのココがいい!

  • 浸透感アップ成分配合
  • 独自の高保湿成分「濃密ウォータリージェリー」でしっかりうるおう
  • 界面活性剤不使用
  •  
  • あっという間に浸透!
    5/5
    このローションはとろみはあるものの、あっという間に浸透。ちょっと感動しました。気持ちよく浸透するので、ちょっとのことですが時間短縮にも。 その後の張り感もいいです。

    pr.orbis.co.jp

 

使った人の多くが、似た表現を使っています。「あっという間に浸透!」

つけた瞬間に体感できるレベルのローションは、希少価値が高いですね。

オルビス ユー


ノブ AC(NOV)

 アウターケア用にもう1つおすすめしたいのは「ノブ AC(NOV)」の製品です。その中でも、「ノブ ACアクティブフェイスローションモイスト」は、お肌をしっかりと保湿しながらも、テカリやべたつきを抑えてくれます。アクネ菌の増殖を抑えるpH3.5を処方しているので、比較的ニキビができやすいという方におすすめです。

ノブ AC(NOV)のここがいい!

  • テカらない
  • べたつかない
  • アクネ菌の増殖を抑えるpH3.5処方でニキビ対策ができる
  •  
  • コレは 合います
    4.5/5
    乾燥肌 敏感肌 そして ときどき 吹き出物・・・・ という肌ですが コレは 合います。

    amazon.co.jp

 

質感はさっぱりしていてテカらないのに、乾燥肌でも十分対応できるところが魅力です。乾燥肌でニキビができやすい場合のローション選び、けっこう難しいのですが、ノブ ACアクティブフェイスローションモイストなら問題なさそうです。

ノブ ACアクティブ フェイスローション モイスト  

そもそも角栓は何故できる?

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、お肌の新陳代謝の周期のことです。わたしたちが意識していなくても、お肌は一定の周期で生まれ変わっているのですが、その周期が乱れるといろいろ問題が発生します。その中に角栓ができるという問題も含まれます。ターンオーバーが早くなっても遅くなっても角栓ができやすくなります。ターンオーバーが早いと、成熟しきれていない細胞が角質化することなくお肌の表面に来てしまうので、カサカサ状態のものができてしまい、その積み重ねが角栓になってしまいます。ターンオーバーが遅いと、自然にはがれ落ちるべきものが残ってしまい、容易に角栓となってしまいます。

洗い過ぎによる皮脂の過剰分泌

角栓ができないように洗っているつもりが、実は洗い過ぎによって角栓ができやすくしてしまうと聞いて驚かれるかもしれません。しかし事実として過度の洗顔は、皮脂の過剰分泌を促進して、かえって黒ずみをつくりやすくします。ふさわしい洗顔フォームを選べば、必要以上に洗顔しなくても大丈夫です。洗顔料を使って洗う回数と、どんな洗顔料を使うかに注意することで、角栓を作る原因の芽を摘むことができます。1日1回にする人もいれば、朝晩にする人もいますが、自分に合ったペースで洗顔しましょう

保湿不足

せっかく毛穴を綺麗にするためにあらゆる努力を払っても、保湿しなければ角栓がまたすぐにできてしまいます。でもなぜ保湿しないで乾燥したままにすると角栓ができやすくなるのでしょうか?お肌に正常な水分と脂分がないと、毛穴の汚れをスムーズに排出することができず溜まってしまいます。またお肌の一番外側にある古い角質が、乾燥によってなかなかはがれ落ちてくれなくなるため、角質が厚くなって固まってしまいます。せっかく毛穴をスッキリさせても、保湿しなければ角栓にとって成長しやすい環境を整えてしまうことになります。

ターンオーバーを整える方法

ターンオーバーを正常に保つ努力をしないと、さまざまな影響を受けながらすぐに乱れてしまいます。どんな努力を払えるでしょうか?

できることはいろいろあります。まず質の良い睡眠を確保すること、必要な栄養素をしっかりと体内に供給してあげること、紫外線にさらされないよう気を付けることなどです。

また、角質のパックを含む正しいスキンケア方法を知って確立することも大きな助けになります。すなわち、ふさわしい洗顔と、塗って洗い流すタイプのパック、保湿に心がけることなどです。大前提として、ふさわしいケア商品を選んでください。

角栓は気長にケア♪パックを使うなら洗い流すタイプ

角栓とは気長に向き合ってください。鏡を見て黒ずみが気になっても、一気に除去しようと思って角栓のパックで強引に剥がさないでください。角栓のできるメカニズムを正しく理解したうえで、残すべきものをしっかりと残して、取るべきものだけ取るよう心がけてください。できてしまった角栓を無理なく除去するためには、洗い流すタイプのパックがおすすめです。角栓と一緒にお肌の角質も同時に剥がしてしまうことがなく、まさに取れてほしいものだけ取ってくれる優れものだからです。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事