皮膚の赤みやかゆみの原因と治療法『肌の薄さ』がトラブルを招く!

目次

  • ケアしても頬の赤みが消えない。何がいけないの?
  • 皮膚の赤みは菲薄化が原因
  • 菲薄化による肌の赤みを消す方法
  • 保湿におすすめ化粧水3選
  • いつものケアにプラスしたい美容液3選
  • 他にも色々ある皮膚の赤みの原因
  • たかが赤みと放置しないで適切な処置を

ケアしても頬の赤みが消えない。何がいけないの?

ちゃんと効果のあるやり方や化粧水を使って肌をケアしているにも関わらず頬や皮膚から赤みが消えないことに悩み続けていませんか?なぜ正しい肌ケアをしているのにいつまで経っても肌のトラブルが収まらないのでしょうか。

こんにちは、編集長の水野春子です。正しいやり方のはずなのにいつまでも消えない皮膚の赤み……。もしかして肌ケアをやりすぎて生まれてしまっている赤みかもしれませんね。
こんにちは、助手のアッキーこと進藤明人です。正しいやり方をしているなら肌トラブルなんて起こらなそうですけど……やっぱりやりすぎると肌にも良くないのでしょうか?
ええ、そうよアッキー。いくら正しいやり方や肌に効果のあるアイテムを使っていてもやりすぎは良くないの。それが原因で新たな肌トラブルに見舞われている人も実際居るし、アナタが悩んでいる皮膚の赤みもそのやりすぎケアが原因で起きている可能性が高いんです!
今回はそんなケアしても消えない皮膚の赤みの原因とその対処法をご紹介します♪どうして皮膚が赤くなってしまうのか?ちゃんと知識を身に付けて常に綺麗な肌を維持できる女性を目指しましょう☆

皮膚の赤みは菲薄化が原因

 菲薄化(ひはくか)という言葉を耳にしたことはありますでしょうか。皮膚の赤みが生まれる原因はこの菲薄化にあると言われています。まずはこの菲薄化について知っていくところから始めてみましょう。

菲薄化とは

 菲薄化とは簡単に言うと皮膚が薄くなってしまっている状態のことを言います。その状態からビニール肌と呼ばれることもある菲薄化の肌ですが、肌が薄くなるということはその中で育つはずだった未熟な肌細胞が外に出てきやすくなるということでもあります。ちゃんと成長している肌細胞なら外に出てきても問題なく生活することが可能ですが、未熟な肌細胞だとちょっとした刺激を受けるだけで皮膚が赤くなるなどといった肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

菲薄化になる原因

それではなぜ肌が菲薄化してしまうのでしょうか?まず考えられる理由が加齢などによって起きる女性ホルモンの減少やコラーゲン不足です。コラーゲンは皮膚を作る大切な栄養素ですが年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌量が減ってくると、それによって生成されるコラーゲンの量も比例して減少していくことになります。

そして皮膚が菲薄化する原因としてもう一つ考えられるのが今回問題となっている肌ケアのやりすぎです。そもそも肌は古くなって乾燥してしまった角質などを落として新たにできた綺麗な肌に一定の周期で生まれ変わっています。このように肌が生まれ変わる周期のことをターンオーバーというのですが、過度に肌をケアしすぎているとターンオーバーが早まってしまって肌細胞が未熟なまま外に出てきてしまうのです。

ターンオーバーは遅いと肌が乾燥して良くないというイメージを持っている方が多いと思いますがターンオーバーが早すぎるのもそれはそれで問題です。一定の周期でターンオーバーを維持できるケアを心掛けてください。

菲薄化が起こると痛み・かゆみを伴う肌荒れになりやすい

菲薄化が起きてしまうと皮膚が薄くなって肌細胞や角質層に紫外線や摩擦による刺激が伝わりやすくなってしまいます。さらに皮膚が薄いということはそれだけ肌の中にある水分が渇きやすいということなので乾燥肌を引き起こす可能性も高くなってしまうのです。そういった紫外線や乾燥肌による刺激を受け続けていると人間の皮膚は炎症を引き起こしてしまいます。これは皮膚にできる赤みの正体です。

特に頬や鼻は人間の体の中でも日差しなどの刺激を受けやすい場所なので赤くなってしまうことが他の部分に比べて多くなってしまうんです……(泣)このように何度ケアしても消えない皮膚の赤みができたら菲薄化が原因である可能性が高いのでしっかりと対処して赤み1つ無い美肌を作れる女性になりましょうね♪

菲薄化による肌の赤みを消す方法

肌に赤みができる原因は菲薄化であることは把握できたかと思います。では菲薄化によって肌に赤みができてしまったらどうやって対処したら良いのでしょうか。次はそんな肌の赤みの消し方を具体的にご紹介致します。

スキンケアの見直し

 スキンケアのやりすぎによって皮膚が菲薄化しているのであれば、やはり自分がいつも行っているスキンケアを一度見直しておく必要があります。まずは以下の項目に心当たりがあるかどうか考えてみてください。

  • 自分の肌に合っていないクレンジングを使っている
  • 洗顔をやりすぎる
  • 肌を洗う際にゴシゴシと強く洗っている
  • 乾燥した肌を放置している

 この中にアナタが当てはまる項目はありましたか?1つでも当てはまっていると皮膚の菲薄化を招く危険性があるので注意しましょう。

自分に合ったクレンジングの選び方

クレイジングは1日のメイクを落とす大事なアイテムです。肌に合っていないクレイジングを使ってしまうとそれが肌に残ったまま負担をかけてしまう可能性があるのでちゃんと自分に合ったものを選ぶようにしてください。

クレイジングには大きく分けて4つのタイプがあります。まずはオイルタイプのクレンジング。これはその名の通りオリーブオイルなどの油分をメインに配合しているクレンジングのことを言います。濡れたままでも使えるので忙しい時にトイレに行ってサッと落としたりお風呂で使えるのがポイントです。ただし肌への負担がクレンジングの中でも大きいので敏感肌の方には向いていないタイプのクレンジングと言えます。

次はリキッドタイプのクレンジングです。サラっとした液状のものが多くさっぱりとした使用感で汚れが新たにつきにくいのが特徴です。べたつかないのでマツエクなどをよく使う方もマツエクを付けたまま使えるのが嬉しいポイントとなっています。ただしリキッドタイプもオイルタイプと同じで肌への負担が大きいので使える方は自分のメイクや生活習慣を見てどっちがのタイプが合っているかを考えてから買ってみてください。

オイルタイプ、リキッドタイプに比べて肌への負担が少ないクレンジングがクリームタイプのクレンジングです。しっとりとした洗い上がりで保湿力が高く、泡がクッションとなるので肌に摩擦が起きにくく肌が弱い方でも心置きなく使えるタイプのクレンジングです。敏感肌な方だけではなく、常日頃から乾燥肌に悩まされている方にもおすすめできるタイプのクレンジングとなっています。

そしてクレンジングの中で最も肌への刺激が弱いのがミルクタイプのクレンジングです。なめらかなテクスチャーで作られているのですぐに肌荒れや乾燥を引き起こしてしまう肌の持ち主には持ってこいのクレンジングです。しかしながら肌への刺激が少ない分メイクを落としてくれる力も少ないので、少し濃いメイクをしてしまうとミルクタイプのクレンジングだけではメイクを落としきれない可能性もあるので気を付けてください。

洗顔はやり過ぎない

洗顔のやり過ぎは前述したターンオーバーの周期を速めてしまい未熟な肌細胞を露出を引き起こしてしまいます。基本的にターンオーバーの周期は1か月ほどと言われているのでその周期を保つようにしてください。ちなみにターンオーバーが遅くなると古い角質が肌に残ったままとなり、乾燥肌やニキビを作る原因となりますので注意しましょう。

また基本的に外出などによって汚れをしっかりと落とさなければならない夜と違って朝起きた直後は汚れも少ないですし強く洗顔をする必要が無いですよね。そんなときに洗顔料を使ってしまうと逆に肌へ刺激を与えてターンオーバーを過度に早くしてしまう可能性があります。そんなときは人肌くらいのぬるま湯だけで洗顔するのがおすすめです。冷水だとシミなどができてしまう原因になりかねないので、必ずある程度暖かいお湯で洗顔を行うようにしてください。

肌を洗うときは優しく丁寧に

肌を洗うときに強くゴシゴシと洗ってしまってはいないでしょうか?特に浴槽から出て体を洗うときというのは肌がふやけて摩擦によるダメージを特に受けやすい状態です。そんな状態で肌を強く擦ってしまったら肌の表面だけではなく奥の方の角質層などにもダメージを与えてしまうかもしれません。そうなると肌の水分が蒸発して乾燥肌が作られやすくなってしまいます。もちろん洗顔の時にも同じことがいえるので、必要以上に肌を乾燥させないためにも優しく丁寧に扱ってあげるようにしてください。

乾燥肌にはすぐに対策を

肌が乾燥しているとそれだけで外からの刺激による炎症が起きやすくなって肌に赤みが出てきやすくなってしまいます。特に菲薄化で皮膚が薄くなっていると洗顔の刺激でも肌を傷つけてしまいかねません。肌が乾燥していると感じたり空気が乾燥する冬場はしっかりと保湿クリームや加湿器を使うなどして肌の水分が失われないように注意しましょう。

日常生活も見直して

乾燥肌になるのは何も間違ったスキンケアだけが原因ではありません。普段の食生活や乱れた生活習慣によっても乾燥肌は引き起こされてしまいます。普段の生活を見直して乾燥肌になる原因を作ってしまっていないか振り返ってみてください。

乾燥肌を防ぐならタンパク質を積極的に摂取する

普段の食生活の中で肌にとって大切な栄養素はタンパク質です。タンパク質と言えば筋肉を作る栄養素として知られていますが実は人間の肌もタンパク質によって作られています。つまりそのタンパク質が不足すると肌細胞がちゃんと生まれ変わることが無くなってしまい、ターンオーバーに乱れが生じて乾燥肌を引き起こしてしまう可能性があるのです。

ビタミン群も忘れずに摂る

タンパク質と同じように肌に対して大切な成分がビタミン群です。特にビタミンB群はターンオーバーを正常に保ち、乾燥肌や肌荒れを起こすリスクを抑えてくれます。またビタミンCは肌のうるおいを保つコラーゲンの生成を促してくれます。他にも抗酸化作用を防いでくれるビタミンEや皮膚の粘膜を正常に働かせて保湿力を保つビタミンAなどビタミン群は肌に効果のあるものがたくさんあります。それぞれのビタミンがどの食品に含まれているのかしっかり確認して積極的に食べるようにしてください。

ビタミン名各種ビタミンの効果含まれている食べ物
ビタミンA皮膚や粘膜が正常に働くように保つ鶏肉、うなぎ、にんじんなど
ビタミンB2肌の粘膜を保護して肌荒れを防ぐ豚肉、うなぎ、納豆など
ビタミンB6肌のバリア機能を高めて外部の刺激から肌を守るまぐろ、牛レバー、アボカドなど
ビタミンCコラーゲンの生成を助けて肌のうるおいを保つパプリカ、レモン、キウイなど
ビタミンE新陳代謝を高めて抗酸化作用で肌の細胞を守るアーモンドなどのナッツ類やカボチャなど

睡眠時間を確保と寝ている間に乾燥肌にならない環境作り

乾燥肌を防ぐためには常にターンオーバーを一定に保って保湿成分を生成してもらわなくてはなりません。このターンオーバーを保つために必要な成長ホルモンは睡眠中に分泌されていると言われているので睡眠時間が短ければそれだけ成長ホルモンの量も減ってターンオーバーの周期も乱れて行ってしまうのです。

また枕などの肌に触れることが多い寝具やパジャマの生地が粗いものだとそれが肌と擦れて角質層が剥がれ乾燥肌を作ってしまう原因となりかねません。ちゃんと肌触りのいいパジャマや寝具を使って寝ている間も肌をケアするように心がけましょう。

ひどい肌の赤みは皮膚科・薬で治療を

乾燥肌から来るにしてもひどすぎるくらい肌が赤くなってしまっていたり、いくらスキンケアをしても肌の赤みが無くならない方は皮膚科や薬で治療したほうが良い場合もあります。

皮膚科で受けることができる治療法

皮膚科で行ってくれる治療でアナタも聞いたことがある治療法がケミカルピーリングだと思います。ネットなどで購入することができる自宅用のピーリングアイテムと違って、病院でしか扱うことができない強力な薬品によって固くなってしまった角質を除去してターンオーバーを元に戻す治療法です。肌への負担を考慮して薄く薬品を塗るという治療を繰り返すので通院回数や治療期間は多くなってしまいますが、ケアしたい場所をピンポイントでケアすることが可能です。

この他にも専用のレーザー機器でピーリングを行うレーザーピーリングなど様々な治療法を行うことができるので自分に合った治療法で乾燥肌や肌の赤みをしっかりケアしてください。

薬による肌の赤みへの効果

近年では服用することによってニキビ跡や肌の赤みに効果を発揮する薬が注目されてきています。その内の1つであるディフェリンゲルは肌から突出している角質を隔離してピーリングしてくれる効果があると言われている外用薬です。ただし副作用で肌が乾燥しやすくなることもあるので、こういった薬を使用した際には化粧水による保湿などを絶対に欠かさないようにしましょう。

保湿におすすめ化粧水3選

肌の赤みは肌が乾燥することによってできやすくなってしまいます。そんな時は肌の乾燥を防いでくれる保湿力の高い化粧水を使うのが一番です。しっかりとした保湿力の化粧水を使って乾燥や外部の刺激から肌を守ってあげてください。

ビタミンC誘導体を多く配合したノブACアクティブフェイスローション(モイスト)

保湿のためにはビタミンCが必須ですが、このビタミンCは壊れやすく肌に行き届きにくい成分です。そんなビタミンCを肌まで無事に送り届けてくれるビタミンC誘導体がたっぷり含まれている化粧水がノブACアクティブフェイスローションです。

効果使用感保湿度おすすめ度刺激度
マイルドピーリング効果による毛穴汚れの洗浄
古い角質を剥がしてターンオーバーを元に戻す
ビタミンC誘導体が肌にうるおいをもたらす
保湿効果が高いので洗顔後の肌の乾燥を防ぐ
保湿力が高くプルプルとした肌になる
さっぱりとしていて肌に残る感覚が無い
SA+C

●通常価格

1,500円(1日換算で50円)

●ノブACアクティブトライアルセット(送料無料などの特典付き)

1カ月目は1,000円(1日換算で約33円)

2ヶ月目以降は通常価格

●内容量

化粧水60mlや乳液6ml、メイク落とし3ml、洗顔料3g×2個入り(目安1カ月分)

ノブACアクティブフェイスローションの口コミ

  •  
  • ニキビが気にならなくなった!
    5/5
    フェイスラインにたくさんニキビが出来てしまい、ネットでニキビに良い化粧水と調べたらNOVが出てきて気になったので購入しました。 使ってみるとニキビが出来ることが少なくなり、出来ても悪化したりせず、すぐ小さくなっていく感じです。あと顎にニキビの跡がクッキリあってすごく困っていたのですが、使い始めたら跡がどんどん薄くなっていきました!今ではもう気になりません。ニキビに悩んでいる人は是非使って欲しいです!

    @cosme

 

洗顔後の気になる乾燥がビタミンC誘導体によってケアされていますし、ニキビ跡が消えるなど効果も抜群という声が寄せられています♪オールシーズン使える便利な化粧水なので一本は欠かさず手元に置いておくと良い化粧品かもしれません☆

詳しくはコチラ

ノブACアクティブフェイスローション(モイスト)公式ページ

うるおいの持続力が抜群なビーグレン-QuSomeLotion

ビーグレン-QuSomeLotionはスキンケア成分が浸透する際に通る角層をケアしてうるおいを維持することによってスキンケア効果をアップさせて肌を乾燥や赤みから守ってくれる化粧水です。

効果使用感保湿度おすすめ度刺激度
ホメオシールドによって角層が整えられて肌がなめらかになる
アッケシソウエキスが肌のバリア機能を作って色素沈着を防ぐ
VCエチルが肌環境を調整して健康な肌を作る
EDP3によって肌が活性化され、弾力のある肌を内側から作る
肌に乗せた時はまろやかで肌の奥まで浸透する感触
すすいだ後はうるおって触ったら吸い付くような柔らかい肌が長時間続く
A+AC+

●通常価格

5,000円(1日換算で約166円)

●内容量

ローション120ml入り(目安1カ月分)

ビーグレン-QuSomeLotionの口コミ

  •  
  • 保湿が長く続いた
    4.6/5
    どうしても気になりまだストックもありますが買ってみました。 浸透なのか乾きなのかは鈍感肌のため定かではありませんが、サラッとするまでの間は早く感じます。多少独特の匂いがありますが、一日乾燥もせず好みの使用感でした。 今使っているラインのストックがなくなり次第、こちらの美白ラインに乗り換えてみようと思います。

    @cosme

一度使うと肌に浸透して乾燥した肌がうるおっているという口コミが多く寄せられています!しかもその持続力も長く1日中うるおいを続くのがうれしいという声も♪乾燥肌で何回も化粧水を塗るのが面倒くさい!という方はぜひ試してみてください!

詳しくはコチラ

ビーグレン-QuSomeLotion公式ページ

8割以上の方が効果を実感!みんなの肌潤ろーしょん

いくら洗顔しても肌がカサついたりゴワゴワしてしまうという方も多いのではないのでしょうか。そんな方には使用した8割以上の方が良いと実感したみんなの肌潤ろーしょんがおすすめです。

効果使用感保湿度おすすめ度刺激度
こんにゃくセラミドが肌を優しく包んでうるおいが逃げないようにしてくれる
ヒアルロン酸の2倍の保湿力があるリピジュアがもっちりとした肌を維持する
シュガースクワランによって肌のバリア機能やうるおいが保たれて乾燥肌が解消される
肌がつるつるとして保湿力の高さを実感する
使い続けるとモチモチとした肌が続いてると感じる
AA-C+

●通常価格

2,980円(1日換算で約166円)

●15%off基本コース(3ヶ月分通常価格より15%offの特典付き)

合計7,599円(1日換算で約84円)

1個当たり2,533円

●内容量

ローション80ml×3個入り

みんなの肌潤ろーしょんの口コミ

  •  
  • アトピーが治った!
    5/5
    これは私に合ってました。ずっとアトピーを何とかしたくてアトピー用化粧水はいろいろ試してきたんだけど、みんなの肌潤ろーしょんは私的には1番です!

    みんなの肌潤ろーしょんの口コミ

肌の赤みやアトピーが保湿成分によって治ったという声が多く寄せられているみたいですね。中には数回だけでは効果が得られないという口コミもあるようですが、長期的に使うと効果が出てきたという方もたくさんいます。肌にうるおいを取り戻したい方はぜひ買って使ってみてくださいね☆

詳しくはコチラ

みんなの肌潤ろーしょん公式ページ

いつものケアにプラスしたい美容液3選

常に洗顔などで肌をケアしているかとは思いますが、そんな肌ケアに一つ美容液をプラスするだけで効果が大きく変わってきます。いつものケアに一つアイテムをプラスして綺麗な肌を作っていきましょう。

セラミドの力で肌にうるおいを与えるセラミディアル(モイスチャーライジングセラム)

いくらスキンケアをしても乾燥肌が治らないという方は、ヒト型セラミドが配合されて保湿が長く続くセラミディアルをプラスしてみてください。乾きがちな肌がみるみるうちにうるおっていくかと思います。

効果使用感保湿度おすすめ度刺激度
高濃度のヒト型セラミドが肌をうるおしてくれる
植物由来成分がしっとりとした肌を作る
美容液と乳液が一つになっているのでお肌ケアを時短できる
人の肌と同じ構造のセラミドによって肌によくなじむ
植物の優しい成分が使用後にやわらかくしっとりな感触を残してくれる
SSC-

●通常価格

4,000円(1日換算で約133円)

●10%off定期コース(10%offの特別価格、送料無料の特典付き)

3,600円(1日換算で120円)

●内容量

美容液50ml×3個入り(目安1カ月分)

セラミディアルの口コミ

  •  
  • 肌が生まれ変わったかのようにうるおった
    4.8/5
    セラミドなど、たっぷりの美容成分を含んでます。 そのおかげか高い保湿感があります。 もっちりした肌はまるで生まれ変わったかのようです。 美容液の重要性を再認識できましたね。

    @cosme

人と同じ肌の構造のセラミドを使っているだけあって、肌なじみが良く使用後に違和感を感じることが少ないようです。保湿効果も高く乾燥肌が解消されたという声も多く寄せられているのでぜひ購入を検討してみてくださいね!

詳しくはコチラ

セラミディアル公式ページ

赤ちゃんのような素肌が作れるmamori保護美容液

mamori保護美容液はクリームタイプの美容保護成分が含まれた美容液です。肌の奥深くまで成分が浸透して赤ちゃんのような素肌を作ってくれます。

効果使用感保湿度おすすめ度刺激度
独自技術で作られたワセリンで肌の中から水分を逃がさない
肌を土台からうるおして肌の奥から乾燥を防ぐ
ワセリンでありながら使用後もべたつかない
無添加なので使っても肌トラブルが起きにくい
SA+C+

●通常価格

5,832円(1日換算で約194円)

●内容量

美容液30ml(目安1カ月分)

mamori保護美容液の口コミ

  •  
  • べたつきもなくうるおいが保たれる
    5/5
    高純度で安定した医療用ワセリンが肌をしっかり守る ワセリンのべたつきを抑えるために天然保湿成分で乳化 肌に存在する常在菌のバランスを整えて肌のバリア機能をサポート

    @cosme

ワセリンと言えば使用後にべたつくイメージがありますがmamori保護美容液
はそのべたつきが無くさっぱりとしているのが嬉しいポイントとなっているみたいです!もちろん保湿力も抜群で肌のバリア機能も修復してくれるので赤くなってしまった肌や乾燥肌に悩む方にピッタリの美容液となっています♪

世界中で人気の高いTRANSDERMA

TRANSDERMA(トランスダーマ)は世界中のセレブが愛用しているという人気の高い美容液です。ビタミンCが配合されて肌に透明感やつやを与えてくれること間違いない一品となっています。

効果使用感保湿度おすすめ度刺激度
肌に効果が高いビタミンCが肌の透明感やハリつやを良くしてくれる
ビタミンCの酸化を防ぐ成分によって長く使い続けられる
無香料・無着色で使用後に嫌な臭いが肌につかない
常にフレッシュな状態で使えるので、途中からべたつくような不快感が無い
A+A-C

●通常価格

16,000円(1日換算で約533円)

●内容量

美容液30ml(目安1カ月分)

TRANSDERMAの口コミ

  •  
  • 乾燥知らずの冬が過ごせる!
    5/5
    年末に自分にご褒美で大きいサイズを購入しました。 トランスダーマAと一緒に使用しています。 相乗効果なのか、とても調子が良いです。 以前使っていたC系の美容液はどうしても乾燥を感じてしまう事があったのですが、 この冬乾燥しらずで使えてます。 肌全体の質の底上げをしてくれていると感じます。ツヤツヤです。 ニキビの跡のでこぼこが多少あるので消えてくれたらとても嬉しい、 期待して使い続けたいです。

    @cosme

少しお値段は高めに感じるかもしれませんが、それだけ効果が高い商品となっています!肌の質が確実にアップしたという声や乾燥肌が治ったという声が多く寄せられており、同じくTRANSDERMAの製品を使うことで相乗効果が期待できます。こちらを使って気に入ったら他の製品も購入してより綺麗でうるおいのある肌を作りましょう!

詳しくはコチラ

TRANSDERMA公式ページ

他にも色々ある皮膚の赤みの原因

皮膚に赤みが出る原因は乾燥肌や洗顔のやりすぎ以外にもたくさんの原因が考えられます。先述した方法を試しても改善されない場合はこれから紹介することが原因である可能性があるので、対処法をしっかりチェックして綺麗な肌を作ってください。

毛細血管拡張症

皮膚の下には毛のように細い毛細血管が通っているのはご存知だと思いますが、皮膚が薄い方や気温の寒暖差によって毛細血管が拡張されてしまうと収縮力が弱まって毛細血管が皮膚から透けて赤く見えてしまうことがあります。これが毛細血管拡張症です。

毛細血管拡張症はレーザー治療や顔全体に柔らかな光線を当てるフォトフェイシャルなどで治療することができるほか、辛みやカフェインといった刺激物やアルコールの摂取のし過ぎによっても起きてしまうといわれています。食生活の改善や寒暖差の激しい場所では顔をできるだけ冷やさないようにするなどして血管が拡張しすぎてしまわないように注意しましょう。

脂漏性皮膚炎

洗顔ケアのやりすぎによって皮膚の赤みが出てくることがありますがこれ以外にも洗顔のやりすぎは肌から皮脂を必要以上に洗い流してしまい、過剰に皮脂を分泌させてしまう可能性があります。これ以外にも脂質や糖質が高い食べ物を食べ過ぎることによっても皮脂は多く分泌されてしまいます。

皮脂があまりにも多く分泌されてしまうと肌に溜まった皮脂が酸化して皮膚にある常在菌と反応を起こす可能性があり、それによって炎症が起きてしまう可能性があります。この現象を脂漏性皮膚炎と言い特に皮脂の分泌が多いTゾーンに起きることが多いとされています。

炎症だけならステロイド剤を塗ることで抑えることができますが、炎症の原因となっている菌を撃退しない限り再発する可能性が高いので医療機関で診断を受けて抗真菌薬などを処方してもらい根本から治療するようにしてください。

ヒリヒリ敏感肌

肌がヒリヒリしてちょっとした刺激だけで皮膚に赤みが出てしまう敏感肌な方も多いと思います。そもそも敏感肌とは肌の角質層が薄くなっている状態のことを言い肌のバリア機能は壊れてはいないものの弱まっている状態のことを指しています。そうなると乾燥肌と同じように結局外部からの刺激によって肌の奥にある神経が反応しやすくなり、ヒリヒリと感じたり炎症が起きて皮膚が赤くなってしまうのです。

こういった敏感肌を治すのも基本は保湿です。特にセラミディアルのようなセラミドが配合された化粧品は肌の中に水分を蓄えてくれることで肌のバリア機能を強くしてくれると言われています。またターンオーバーが早いと未熟な肌細胞が表に出て刺激に敏感になってしまいます。やはり過剰なスキンケアは抑えて焦らずに肌をケアしていくようにしましょう。

ニキビ

ニキビができる原因の一つとして肌の炎症によって肌がダメージを受けてそこに菌が入り込んでニキビになってしまうというものがあります。そうなると炎症による血管の拡張によってニキビ周辺の肌が赤くなってしまいます。

ニキビができることによって起きる皮膚の赤みはニキビが治るとともに炎症も収まっていくので自然と皮膚の赤みも治っていきます。ニキビに効果のある化粧水や薬を使ったり、ターンオーバーを元に戻して古い角質が残ることによってできるニキビを防ぐなどニキビ予防も怠らないように注意してください。

ニキビ跡

ニキビの治し方によっては炎症が収まらないままニキビが跡となって残ってしまったりニキビ跡に菌が入ることによって皮膚が赤みがかってしまうこともあります。こういった皮膚の赤みは新しいニキビを生み出す原因にもなると言われているので直ちに治療しましょう。

ニキビ跡の場合も同じく保湿とターンオーバーを治すところから始めましょう。それでもニキビ跡が消えなかったり皮膚の赤みが取れないなら医療機関などで治療してもらうのが一番です。全て自分の力だけで解決するには限界があるのでどうしても治らないことは他の人に頼ることも選択肢の1つとして頭に入れておいてください。

赤い点が出る血管腫

アナタの肌にはほくろのような赤い点が出たことはありますでしょうか?それはもしかするとほくろではなく皮膚の下の毛細血管が異常増殖することによって起こる血管腫と呼ばれる症状かもしれません。病気ではないですし基本的に放置していたからと言って悪化して何かが起きるということは少ないと言われているので急いで治療する必要はあまりありませんが、美容の面からみるとやはり不格好なのですぐに治したり予防したいものです。

血管腫が発症する大きな原因は紫外線による刺激と繰り返し何度も炎症を起こすことと言われています。ですので予防するときは紫外線対策やUVケアをしっかりしたり、肌を傷つけないようにしながらケアするようにしてください。どうしてもすぐ治療したいのであれば専門の医療機関でレーザー治療などの治療法がちゃんとありますので、お金を掛けてでも確実に除去したい方はそちらを試してみてください。

カサカサする赤み

乾燥肌以外にも以下の症状でカサカサとした感覚の皮膚に赤みが出ることがあります。

  • アレルギー
  • 便秘
  • タバコ
  • 冷え性

1つずつその症状と原因を見てみましょう。

アレルギーによる皮膚の赤み

アレルギーは最初は何も感じていなくても年々アレルギー成分が蓄積されることによって発症するので自分が掛かっていないからと言って油断していると痛い目を見る症状です。特にアレルギーの代表的な症状である花粉症は肌をカサカサにしてかゆみを起こしたり赤みを起こす可能性があります。しっかりと薬を処方してもらうなどして症状を抑えられるように対策をしましょう。

便秘による皮膚の赤み

便秘が起きるということはそれだけ体の中に便が留まり続けてしまっているということになりますよね。そうなると腸に詰まった便の有害物質が腸壁を通じて血液に流れ出てしまい、それが肝臓などの解毒機能の許容量を超えると肌荒れや皮膚の赤みを引き起こすことがあるのです。野菜などに多く含まれている食物繊維はお通じを良くする効果があるほか、ガムも多く噛んでいるとキシリトールの働きがお腹が緩くなると言われているので便が出なくて困っている方はぜひ試してみてください。

タバコによる皮膚の赤み

タバコは吸うだけで体の中にある25~100mgのビタミンCを失わせると言われています。そうなると肌のバリア機能なども保たれなくなって肌が乾燥してしまう可能性が非常に高いです。それ以外にもタバコに含まれているタールやニコチンには肌の色をくすませる悪影響があるとされていますので美容を気遣うのであれば禁煙することをおすすめします。

肌が冷えることによる皮膚の赤み

肌が冷える場所から寒暖差のある場所に入ると毛細血管が拡張されて皮膚が赤くなると先ほど書きましたが、それ以外にも肌が冷えることで肌のバリア機能が低下してさらに外部からダメージを受けやすくなってしまいます。また肌が冷えると血流が悪くなって肌の色が悪くなってしまうので、寒い日は暖かい格好で肌を冷やさないように注意しましょう。

腫れとかゆみを伴う赤み

皮膚の赤みとと共に腫れとかゆみが出てきたらこれらの症状の疑いがあります。

  • じんましん
  • 虫刺され
  • かぶれ
  • 湿疹

なぜこれらの症状は起きてしまうのでしょうか?

じんましんによる皮膚の赤み

じんましんは皮膚の一部が突然かゆくなって赤く腫れあがったりすることで起きる症状です。一度治まったとしても数時間後に再び発症することがあるので治ったからと言って油断できないのが難点となっています。皮膚の中にあるヒスタミンが過剰に分泌されることで起きる症状ですがこれは薬の摂取や気温による刺激、さらに疲労やストレスによっても起きると言われています。大小関わらず自力で治すのは難しいので皮膚科の病院へ行って治療もしくは薬を処方してもらいましょう。

虫刺されによる皮膚の赤み

蚊やノミ、ムカデやダニといった虫に刺されると皮膚の中に虫が持つ毒液が入り込んでしまい刺された部分がかゆみを伴って赤く腫れあがってしまいます。放っていても治る場合がありますがひどい場合には皮膚が変色したまま戻らなかったり硬くなってしまったりするので虫刺され用の薬や病院で治療を受けるようにしてください。

またダニやノミに刺された場合は住んでいる環境が良くない場合もあります。部屋の掃除や片付けをこまめに行うことで防ぐことができるので欠かさず部屋を綺麗にし続けるようにしましょう。

かぶれによる皮膚の赤み

皮膚に何らかの物体が触れるとその刺激がアレルギー反応となってかゆみや腫れを起こすことがあります。これが所謂かぶれで酷いときは水ぶくれなどの症状が起きることもあります。どれがかぶれを引き起こすかは人によって大きく違いますが金属や植物、衣服や動物との接触など原因となる物質は様々です。かぶれもひどいものは自力で治すのが難しい症状なので専門の医療機関で治療を受けるようにしてください。

湿疹による皮膚の赤み

一口に湿疹と言っても手にできるものやアレルギーで起きるもの、汗をかくことによって起きるものなど様々な種類のものがありますが、これらは全て皮膚科に相談することによって解決することがほとんどです。自力で治ったとしても再発する可能性が高いので医療機関で根本から治療してもらうようにしましょう。

腫れとしこりを伴う赤み

かゆみはないけど腫れとしこりが皮膚の赤みと共に出てきたらこれらの症状が考えられます。

  • 粉瘤
  • せつやよう
  • 脂肪種
  • 外骨種

一体どういった症状なのでしょうか?

粉瘤による皮膚の赤み

粉瘤とは良性の腫瘍の1つで皮膚の中に出来た袋の中に垢が溜まることによって腫れあがってしまう症状です。良性ですが排泄物である垢が溜まってできているものなので自然と消えることがなく逆に徐々に大きくなっていくことがほとんどです。医療機関に相談して治療や手術で取り除いてもらうようにしてください。

せつやようによる皮膚の赤み

せつとは1本の毛に炎症が起きてしまう症状のことで、これが伝搬して複数の毛に炎症が起きてしまうことをようと言います。炎症を放置していると内部に膿が溜まり痛みや腫れやしこりを起こすことがあるので注意しましょう。炎症が軽度なら抗生物質などを服用することで収まることがありますが、膿ができて腫れてしまっていると手術などが必要になってきます。いずれにしろまずは医療機関へ相談するところから始めてみてください。

脂肪腫による皮膚の赤み

脂肪腫とは皮膚の下にある脂肪細胞が溜まってできる腫瘍の1つです。原因がハッキリと解明されていませんがストレスが主な原因であるとされています。良性の腫瘍であることがほとんどですがあまりにも大きすぎるものは悪性のものである可能性があるほか、触ってみて痛みがあると脂肪細胞だけではなく血管組織も巻き込んでできた血管脂肪腫の可能性もあります。直ちに医療機関へ相談して取り除いてもらうようにしましょう。

外骨腫による皮膚の赤み

骨の表面にある軟骨組織が外側に飛び出ると皮膚を腫れあがっているように見えてしまいます。これが外骨腫というもので、これも基本的には良性であることがほとんどです。特に成長期の方は骨が成長する際に軟骨の組織が別の方向に育ってしまい外骨腫となることが多いとされています。日常生活に支障のない大きさのものなら医療機関に相談して経過観察だけで済みますが、大きすぎると手術で取り除く必要があります。

ブツブツが出る赤み

皮膚にブツブツと赤みができてしまうこともあります。そんなときはこれらの症状の可能性が無いか考えてみましょう。

  • カビ
  • 顔ダニ
  • 日光による湿疹
  • カミソリ負け

これらの症状も良く知って綺麗な肌を保ちましょう。

カビによる皮膚の赤み

顔にブツブツが出始めたらマラセチア菌という皮膚に常在するカビが引き起こすマラセチア毛包炎の可能性があります。最初はニキビに似た症状なのでニキビ用の軟膏などを塗ってしまいがちですがマラセチア毛包炎の患部に塗っても効果はありません。体に菌が増えると発症しやすい症状なので常に体を清潔にしたり、ビタミンB群を中心とした食生活で皮膚のコンディションを常に良いものとするようにしてください。

顔ダニによる皮膚の赤み

ダニというとあまり良いイメージが無いかもしれませんが、実は顔ダニはほとんどすべての人間の顔に寄生していて、過剰になった皮脂をエサにすることで顔の健康を保ってくれています。ただしこの顔ダニが多く増えすぎるとエサを食べて排出するフンや死骸が増えてしまい、それが毛穴に詰まることでニキビを発生させたり肌を乾燥させて皮膚を赤くしてしまうので気を付けましょう。

顔ダニを増やさないようにするにはまずは皮脂を増やしすぎないように食生活を改善すること。さらに顔ダニは夜行性で寝ている間に活動して朝になったら毛穴に戻るので朝夜の洗顔を欠かさず行うようにしましょう。ただし顔ダニが少ないと今度は皮脂が増えてしまうことで肌トラブルが起きる可能性があるので駆除しすぎずだからと言って増やしすぎないようにバランスを整えてください。

日光湿疹による皮膚の赤み

日光湿疹とは日光を受けることで起きるアレルギー症状で加齢によって起きると言われています。その中でも多いのが多形日光疹(たけいにっこうしん)という症状で強い紫外線を浴びてから数時間経つと湿疹が出てかゆみが出てくるようになります。湿疹は放置しておけば自然と治りますが、アレルギーが完全に治るのは難しいのでUVカットを怠らずにするようにしましょう。

カミソリ負けよる皮膚の赤み

男性なら主に髭剃りなどで、女性なら足のムダ毛を処理する際などにカミソリを使って毛の処理をすることが多いかと思います。この時に刃先に汚れが付いたカミソリを使うと毛を剃るときにどうしてもできてしまう肌の細かい傷に刃先の汚れが入り込んでしまい、それが炎症を起こして皮膚にブツブツとした赤みが出てきてしまうことがあります。

こういったカミソリ負けを防ぐには常にカミソリの刃を綺麗にしておくか使い捨てのカミソリを使って清潔なものを使うのが一番です。またカミソリを肌の流れとは逆に剃る逆剃りをすると肌がよりダメージを受けしまいます。逆剃りするとムダ毛がより根元から剃れるので何度もやってしまいがちですが、皮膚の赤みができる可能性も高くなるので、逆剃りをするならできるだけ少ない回数で留めておくようにしてください。

肌に赤みができる原因はこれ以外にもたくさん考えられます(汗)治療法が違うと当然治りませんしそうなるとどうやって治したら良いか迷っちゃいますよね。それで間違ったケアをして症状がより重くなったら身もフタもないので、そんなときは自分だけで治そうと無理せずすぐに皮膚科の病院にかかるようにしてくださいね☆

たかが赤みと放置しないで適切な処置を

 皮膚の赤みはちょっとしたことですぐできてしまうので何かと放置してしまう方が多くなっています。しかし皮膚の赤みは放置していると取り返しのつかない肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。ですので皮膚が赤くなっただけだからと放置することはせずにかといって洗顔のやりすぎて皮膚を傷つけないように気を付けながらケアをしていきましょう。

綺麗で赤み一つない肌を作って美しい女性となれるよう頑張ってください。


PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事