化粧水や乳液・クリームの役割や必要性とは?男も使う必要あるの?

目次

  • ​化粧水や乳液・クリームの必要性とは?
  • 化粧水や乳液・クリームとはどういうもの?​
  • 化粧水や乳液・クリームの効果は?​
  • 化粧水や乳液・クリームは”必要”という意見​
  • 化粧水や乳液・クリームが”不要”という意見​
  • スキンケアの必要性Q&A​
  • ​自分の肌質や肌の状態に合ったスキンケアを!

​化粧水や乳液・クリームの必要性とは?

化粧水や乳液、クリームは必要でしょうか?いろいろご意見があると思いますが、私、水野は毎日のお肌の手入れを続けることで調子が良くなり、とても必要性を感じています。お肌の乾燥は様々なトラブルの原因となります。私は化粧水や乳液で保湿することにより、お肌が潤ってトラブルも減ってきました。

また、女性だけではなく、男性にもお肌の悩みがあると思います。きれいなお肌作りのために、化粧水や乳液の必要性について考えていきましょう。


化粧水や乳液・クリームとはどういうもの?​

化粧水の役割とは?

​人の肌は乾燥や紫外線、加齢などでダメージを受けるようになります。お肌が乾燥するとガサガサに荒れたり、毛穴が目立ってしまいます。化粧水は、お肌に水分を与えて乾燥を防ぐために使うものです。お肌の乾燥は女性にも男性にも起こりますし、男性は髭剃りをすることでお肌の保護膜が傷つきますから男性も恥ずかしがらずに化粧水を使いましょう。

水でいいだろうと思われるかもしれませんが、ただの水をつけただけでは保湿になりません。ただ水分が蒸発するだけです。化粧水には乾燥を防ぐための成分が含まれています。その成分がお肌の中へ浸透し、潤いを保ってくれるのです。日常的に化粧水を使うことによってお肌の乾燥を防ぎ、​毛穴が目立たなくなったりニキビができにくくなる、カミソリ負けしにくくなる、などの効果があるでしょう。

乳液の役割とは?​

お肌を保湿するためには、実は化粧水だけでは足りないんです。いくら水分を与えても、油分も与えなければ蒸発しやすくなって効果が小さくなります。乳液は、化粧水で水分を与えたお肌にフタをして、長時間の潤いを守ってくれる効果が期待できます。

化粧水と乳液は、セットで使いましょう。

乳液には油分の他にも、保湿効果のある成分が配合されています。お肌に合った成分を選んで使うことで、乳液の効果が発揮されるのです。また、乾燥がひどい場合などに効果的なのが「乳液先行」というやり方です。化粧水の後に乳液を使うのが一般的ですが、先行乳液は化粧水の前に使います。先に使うことで、後から使う化粧品の効果を高めるものを「ブースター」と呼びますが、先行乳液はブースターの役割があります。

先に乳液を使ってお肌を柔らかくしておくと、後からつける化粧水が浸透しやすくなり、保湿の効果が高まるというわけですね。ただ、乳液先行をする場合には、乳液ならなんでもいいわけではありません。油分を先に与えると膜ができてしまい、水分がはじかれるからです。乳液先行に適した商品を選びましょう。

化粧水と乳液を使う習慣をつけると、だんだんお肌の調子が変わってくることを感じられるでしょう。毎日のお手入を続けることが大事ですね。

化粧水や乳液・クリームの効果は?​

化粧水の効果について​

お肌は、たっぷりの水分で潤っているのが理想的です。ですが、洗顔や加齢などによって必要な水分が失われてしまいます。化粧水は水分を補うために必要なもので、ただの水ではなく、保湿効果のある成分が含まれています。まず、化粧水をつけることで肌表面の角質層が潤い、お肌がやわらかくなります。そして保湿成分でお肌の潤いを保ち、しっとりさせる効果があるでしょう。化粧水は水分と保湿成分をお肌に届けているのです。

また、化粧水はお肌を整えることで、次に使う乳液やクリーム、美容液などの成分を受け入れやすくして効果を高める役割があります。お肌の角質層を潤し、有効成分をしっかり浸透させるための土台作りをしているのです。他にも化粧水の効果として、お肌のコンディションが良くなる、ファンデーションのノリが良くなる、肌荒れを防ぐ、ひげそり後のヒリヒリを抑える、などを実感されている方が多いのではないでしょうか。

保湿効果の高い化粧水を丁寧につけると、お肌がモチモチ、プルプルになることを感じられるでしょう。

乳液の効果について​

乳液はなんとなくベタベタして好きではない、化粧水だけで潤うから平気、という方もいらっしゃるかもしれません。ニキビができることを心配して乳液は使わない、という方もいらっしゃるでしょう。ですが、乳液にもいろいろな種類があり、それぞれ使用感や効果がちがいます。ベタベタ感がイヤな方には、さっぱりしたタイプの乳液があります。ご自分のお肌に合った乳液を選ぶことが大切なのです。

化粧水の主成分は水ですが、乳液には油分が含まれています。化粧水で補った水分を乳液の油分で保つ効果があるため、化粧水と乳液はセットで使うのがおすすめなのです。

乳液には様々なタイプがあり、例えばこういうものがあげられます。

  • 保湿効果が高い
  • UVカット効果が高い
  • 化粧下地効果が高い​

目的に合わせて乳液のタイプを選びましょう。また、人によって適量は異なります。効果的に使うためには、適度な量を使用し、丁寧にハンドプレスすることで成分がお肌に留まりやすくなるでしょう。

化粧水や乳液・クリームは”必要”という意見​

化粧水や乳液、クリームを必要だと思っている方の意見を参考にしてみましょう。なぜ”必要”だと感じるのでしょうか?

化粧水は”必要”だと思う人の意見

  •  ​化粧水をつけると肌がしっとりプルプルになる
  • 化粧品カウンターで肌の水分量を測ってもらったら水分不足だったため化粧水をすすめられた
  • ひげ剃り後に何もつけないと肌がヒリヒリするから男も必要
  • 肌のキメが整うから
  • 日焼け後のほてった肌が落ち着く
  • 化粧水で毛穴を引き締める効果を狙っている
  • ニキビ防止のために炎症を抑える効果のある化粧水は必須
  • 化粧水の香りやしっとり感で気持ちも癒される

化粧水でお肌の水分を補ったり、調子を整えたりすることを重要だと感じている方にはそれぞれ理由がありますね。なぜお肌に水分が必要なのか?それはキメを整えるためであったり、カサカサに荒れるのを防ぐためであったりします。それぞれが目的を持って化粧水を使っているのです。

ここでもう一つ聞いてみたいのは、化粧水の使い方です。化粧水が必要だと感じている人は、使い方にも気をつけていたり、重要に思っているのではないでしょうか。化粧水の使い方のこだわりを聞いてみましょう。

  • 化粧水を手に取り、顔を包み込むように優しくハンドプレスしてつける
  • 毛穴を引き締めるためにパシャパシャと軽く押し込むようにつける
  • 手の平にとって、しばらく体温であたためてからつける
  • とにかく量を惜しまないでたっぷり使う
  • ​コットンに取り、すみずみまでたっぷりつける
  • コットンに化粧水を浸してパックする

このように、化粧水はいろいろな使い方があります。化粧水が必要な方は、それぞれのお肌の状態によって上手な使い方をされているようですね。同じ化粧水でも、使い方が雑だと効果が薄くなるように感じます。気持ちを込めて丁寧に使うのがコツかもしれませんね。

乳液やクリームは”必要”だと思う人の意見

  • 化粧水だけでは潤いが足りないので乳液で油分を足したい
  • シワやたるみを防ぐために乳液やクリームは必須
  • 紫外線が気になるのでUVカット乳液やクリームは必須
  • 男だけど保湿のため乳液は必要
  • ファンデーションの前に下地乳液をつけるとノリが良くなる
  • エアコンによる乾燥を防ぐために必要
  • 脂性肌だけど保湿のために軽い乳液は必要
  • 加齢で油分がなくなってきたのでクリームは必須​

乳液やクリームが必要だと感じている方は、保湿やUVカット、アンチエイジングケアなどの効果を期待されているようですね。必要派の方の中には「乳液やクリームは必須!」というくらい、必要性を感じている方もいらっしゃるようです。

では、乳液やクリームが必要と感じている方はどのような使い方をされているのでしょうか。先にお話ししましたように、乳液の使い方は一つだけではありません。「乳液先行」というやり方があります。乳液を化粧水の前に使う方、後に使う方、それぞれの使い方を見てみましょう。

<化粧水の後に乳液やクリームを使う場合>

  • 化粧水がしっかり浸透してからマッサージするようにクリームをつける
  • 化粧水の後に美容液をつけ、乳液かクリームを重ね塗りする
  • 手の平であたためてから丁寧につける
  • 脂性肌なのでさっぱりタイプの乳液を肌に保護膜を作るようにのばす
  • 紫外線カットのために厚めに塗る

<化粧水の前に乳液やクリームを使う先行型の場合>

  • 洗顔後に軽くタオルで水分をとってから肌が湿っているうちにクリームをつける
  • 気になる部分は丁寧にマッサージするようにのばした後でハンドプレスする
  • 乳液→化粧水→乳液→化粧水、と重ねる「ミルフィーユ塗り」をする​​

乳液やクリームは化粧水より先でも後でも、丁寧に塗ることが大事なようですね。特にUVカット乳液は充分な量を塗らないと効果が出にくいと言われています。時間がたってから塗り直しをすることも必要になります。乾燥がひどい場合には化粧水と乳液を重ねる「ミルフィーユ塗り」が効果的なようですね。ブースターの役割がある先行乳液と化粧水を交互に塗って保湿を高めるやり方は、超乾燥肌の方にもおすすめしたい方法です。

化粧水や乳液・クリームが”不要”という意見​

化粧水や乳液、クリームは必要ないと思っている人もいます。保湿に欠かせないと言われるこれらをなぜ“不要”だと感じるのでしょうか?理由を見てみましょう。

化粧水は”不要”だと思う人の意見

  • 化粧水なんてただの水と変わらないと思うから必要ない
  • 特に潤った気がしない
  • 化粧水は肌表面の角質層を潤すだけで内部まで入るわけじゃないから
  • パリジェンヌは化粧水を使わないと聞いたから
  • 化粧品の数が増えると面倒
  • 洗顔後に直接美容液やクリームを塗る方が好き

化粧水の主成分は水です。そこにいろいろな保湿成分や美白成分などを入れているのですが、あまり効果を感じられない方もいらっしゃるようですね。商品によっては有効成分の量が少なかったり、使う人に合わないこともありますから、選び方も大事だと言えるでしょう。

化粧水は肌表面しか潤わないから意味がないという意見ですが、もし何も塗らなかったらどうなるでしょう。無防備に素肌をさらして紫外線やエアコンの風、外気の汚れに当たってダメージを受けることにならないでしょうか?

化粧水、美容液、乳液、クリームなどを重ねづけするのが面倒だという意見の方の中には「オールインワン」と呼ばれる一つで済むタイプの化粧品を使っている方もいるでしょう。これも賛否両論で、それぞれに役割があるのだから化粧水と乳液を使うべきだと考えている人もいます。

乳液やクリームは”不要”だと思う人の意見

  • 化粧水だけで充分だから乳液やクリームは必要ない
  • 肌を甘やかしているような気がするのでつけない
  • ベタベタするのが嫌
  • 油分が酸化しそうな気がする
  • ニキビができるから
  • 毛穴がつまってよけいに油っぽくなる
  • 髪の毛が張り付いて気持ち悪い

もともとお肌の乾燥を感じていない若い方や、ニキビができやすい方などは乳液やクリームは必要ないと思うようですね。脂性肌の場合はクリームをつけるとさらに油っぽくなるので必要ないと感じるのでしょう。「結局どっちがいいの?」と思われるかもしれません。「それは個人の自由よ!」と言いたいところですが、ご自分の肌タイプをきちんと知ってから判断していただきたいのです。脂性肌だと思っていても、実はインナードライだったということもあるのです。

インナードライ、乾燥性脂性肌と呼ばれるタイプは一見脂っぽそうに感じるのですが、実は内側は乾燥しています。余分な皮脂を取っても取っても脂が浮いてくる場合はこのタイプでしょう。さっぱりした化粧水や乳液、ジェルなどで保湿すると改善されることが多いようです。

特に冬場は乾燥しやすくなります。化粧水もクリームも塗らないで素肌をさらしていることは自傷行為的であると言えるでしょう。乾燥がひどい方は部分的にワセリンを塗る、オイルパックするなども効果的ではないでしょうか。油分が“不要”だと決めつけてしまうと危険だと思われます。​​

スキンケアの必要性Q&A​

そもそも、なぜスキンケアが必要なのでしょうか?男性にもスキンケアは必要でしょうか?よくある疑問をまとめてみました。

男も化粧水や乳液・クリームなどのスキンケアが必要?​

なんで男にもスキンケアが必要なの?なんの目的でやるの?

男性も女性と同じようにお肌の悩みがありますよね。お肌の調子を整えるためにスキンケアをおすすめします。
男性がスキンケアをすることは、お仕事の場においてもプライベートでもキラリと光る”武器”になったり”モテ要素”になるんですよ。きれいなお肌は好感を持たれるでしょう。 

男は脂っぽい人が多いけど、どうしたらいいの?

男性は女性に比べて皮脂が多い傾向があります。脂っぽいお肌はギラギラして見えてしまいますね。毛穴も開いてしまいます。余分な皮脂が毛穴につまって不潔になったり、ニキビができやすくなります。
洗顔後に化粧水で毛穴を引き締めつつ保湿したり、乳液を少し使うとだんだん皮脂のバランスが良くなると思いますよ。

男にもシワが多い人がいるけど、なぜ?どうしたらいい?

男性は女性に比べてお肌の水分量が少ない傾向があります。その上スキンケアをしないと早くからシワが出てきてしまうんですね。
化粧水や乳液、クリームで早めのスキンケアをすることをおすすめします。シワが出てくる前からスキンケアを始めた方がいいですよ。できてしまったものをなくす、というのは難しいです。日頃からお手入れの習慣をつけましょう。 

ヒゲを剃った後にヒリヒリするのはなぜ?スキンケアが必要?

ヒゲを剃るとお肌の角質層や保護している皮脂まで削っているのです。そのため、お肌の表面が乾燥して荒れてしまいます。化粧水で整え、乳液やクリームで保護してあげましょう。 

スキンケアに美容液は必要なの?​

男女共にスキンケアが必要なことは、おわかりいただけたでしょうか。お肌を守るために化粧水や乳液、クリームを使いたいですね。では、「美容液」は必要なのでしょうか?

美容液ってどういうもの?使い方は?

美容液は「美白」「保湿」などの目的に合わせて集中的にケアするための化粧アイテムです。一般的には化粧水の後に使い、その後に乳液かクリームを重ねます。 

男でも美容液を使っていいの?

もちろん男性にもお使いいただけます!外で紫外線を浴びる機会の多い男性は、日焼け止めを使わない方もいらっしゃいますのでシミやシワができやすくなります。ビジネスシーンで明るい素肌は好感度アップにつながりますね。ぜひ美白美容液を使ってみてください。 

​自分の肌質や肌の状態に合ったスキンケアを!

化粧水、乳液、クリームの役割や必要性などを見てきましたが、きちんとスキンケアをした方がお肌の調子を整えたりトラブルを防いだりできるということですね。大切なのは「自分に合ったスキンケアをする」ことです。間違った化粧品選びや使い方は、お肌のために良くないからです。自分の肌タイプを知り、目的に合った成分が配合された化粧品を選んで丁寧に使いましょう。

もちろん、スキンケアだけでキレイになれるのではありません。食生活や睡眠など、お肌のために良い習慣を取り入れて内側からもキレイになれるように心がけましょう。お肌を作っているのはタンパク質です。暴飲暴食は避けて、質の良いタンパク質をとってくださいね。内から外から、キレイなお肌を目指しましょう!

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事