ニキビ化粧水ランキングTOP5!大人な乾燥肌や敏感肌におすすめ♪

20代からのニキビには大人向け化粧水が必須!

何度も繰り返し、跡が残りやすい大人ニキビ。しっかりお手入れしているはずなのに、気付いたらまたニキビの前兆……もう何をしたら良いのか分からなくなってしまいますよね。

化粧水を選ぶ前にまず知って欲しいのが、大人のニキビ肌は水分不足の「砂漠状態」だということ。ここで安易に市販のニキビ化粧水を使うとさらに水分不足が加速して、肌の状態が悪化してしまうこともあるんです。

大人ニキビには、大人ニキビ向けの化粧水を使うことが重要です!潤い補給+ニキビケアができる化粧水で、繰り返さない肌に整えていきましょう。

undefined
はるこさん
大人ニキビ用の化粧水を正しく選べば、生理前ニキビも予防することができるわよ♪

 今すぐおすすめの化粧水が知りたい人はコチラ

※本記事における美白とは、メラニンの生成によるシミ・そばかすを防ぐこと

大人ニキビをケアする化粧水の選び方

大人ニキビのケアで目指すべきは「できにくい肌を手に入れること」。そのためには化粧水選びにちょっとしたポイントがあります。

大人ニキビに大切な3つのポイント

  • 保湿第一!肌の水分量をキープする
  • 毛穴を詰まらせない処方を選ぶ
  • 有効成分で積極的にニキビを防ぐ

重視するのは保湿力

大人ニキビの最大の敵は「乾燥」です!大人ニキビは10代のニキビと違って、フェイスラインなど顔の下半分(Uゾーン)にできやすいですよね。

実は、顔の水分・油分を詳しくチェックしていくと、大人ニキビができる人ほどUゾーンの水分量が少ないことが分かっています。大人ニキビができない肌になりたいなら、たっぷりの保湿が欠かせない条件です。

「でも保湿するとニキビが悪化しちゃう…」という人は、油分を与えすぎていませんか?また、肌表面のベタつきでニキビが悪化する人もいます。大人ニキビの保湿にはベタベタせず水分を保ってくれる成分が◎。例えば以下の成分がおすすめです。

  • セラミド
  • アミノ酸
  • ヒアルロン酸
  • リピジュア
  • プラセンタ など

逆に、思春期ニキビ用の化粧水に多く配合されているアルコールは肌を乾燥させてしまうため、避けた方が良い成分です。このことからも、大人ニキビには大人ニキビに合った化粧水が必要なことが分かりますね!

▼でもニキビなのに保湿が重要って不思議。大人ニキビの原因をもっと詳しく知りたい人はコチラを先に読んでみてください♪

毛穴を詰まらせない処方

ニキビが繰り返しできる人には*ノンコメドジェニックテスト済みの化粧水もおすすめ。これは、その化粧品がニキビのもと(コメド)になりにくいことを証明するテストのことです。

乾燥した肌は「余計に皮脂を分泌する」「角質がたまりやすい」と、まさにコメドができやすい条件そのもの。化粧水でニキビを増やさない、悪化させないためにもチェックしたいポイントです。(*すべての人にコメドができないわけではありません)

ニキビを労わる有効成分

大人ニキビ用の化粧水には、以下のような有効成分が配合されているものがあります。

  • グリチルリチン酸ジカリウム
    ⇒肌荒れを防ぐ
  • サリチル酸
    ⇒角質を柔らかくする・菌の繁殖を防ぐ
  • アラントイン
    ⇒肌荒れを防ぐ・肌の修復を助ける

    これらはニキビができそうなときに特におすすめです。しかし、乾燥しやすくなるサリチル酸など頼りすぎはNGな成分も…。保湿第一の大人ニキビには、肌荒れを防ぐ有効成分が向いています。

    リラックス効果でストレスニキビをケア

    undefined
    はるこさん
    もうひとつ、大人ニキビのケアでシャボンが注目しているのは「リラックス効果」よ!

    大人ニキビに大きな影響を与えるのがストレス!私たちが思っている以上に心と肌は密接で、実際にストレスが大人ニキビをできやすくすることも分かっています。

    そこで大切なのが、好きな香りやテクスチャーなど使っていて楽しい、リラックスできる化粧水を選ぶこと。ふーっと心が安らぐ化粧水で、スキンケアとストレスケアを同時に行いましょう。

    undefined
    アッキー
    ストレスは気持ちの問題、とあなどってはダメなんですね。たっぷりの保湿とリラックスできる使い心地…大人ニキビの化粧水選びが分かってきました!
    undefined
    はるこさん
    さらに、今ある肌荒れや毛穴詰まりも防げたらより良いわね。ここからは、それらを基準に厳選した「大人ニキビにぴったりな化粧水」を紹介していくわよ♪

    大人ニキビにおすすめ化粧水ランキングTOP5

    それではおすすめ化粧水TOP3を見ていきましょう。今回はいかに「大人ニキビができにくい肌に整えられるか」を重視しました。たっぷり保湿&低刺激な化粧水が揃っているので、乾燥肌や敏感肌にもおすすめです♪

    ビーグレン クレイローション

    \潤いの膜がニキビの原因から肌を守る/ 

    ビーグレン

    • 価格:3,996円(税込)
    • 内容量:120ml
    • メーカー:ビーグレン

    大人ニキビのケアに大切な「肌荒れを防ぐ」と「乾燥や刺激から守る」がこれひとつでできる化粧水。天然クレイが肌表面にうるおいのヴェールを作り、様々な外的刺激から肌を優しく守ります。

    さらに有効成分&たっぷりの保湿成分が、気になる肌荒れを防ぎながらニキビのできにくい肌環境に。乾燥させる有効成分やアルコールは入っていないので、すべての肌タイプにおすすめです。

    1位の理由

    • うるおいの膜が肌バリアを整える
    • ニキビを防ぐ有効成分配合
    • デリケートな肌にも使える優しい設計

    ありきたりな保湿ではなく、大人ニキビができにくい肌に整えることができるのが1位に選ばれた理由です!

    お得に買う方法

    クレイローションをお得に試すなら、洗顔・化粧水・美容液・クリームがセットで1,800円のニキビケアトライアルがおすすめ。使用後でも気に入らなければ365日間返金保証付きなので、気軽に試すことできますね。

    公式サイトを見てみる

    ラミューテ エンリッチ化粧水

    \繰り返す生理前ニキビにアプローチ/

    ラミューテ

    • 価格:6,804円(税込)
    • 内容量:100ml
    • メーカー:ラミューテ

    エンリッチ化粧水は、生理前やストレスによる女性特有にニキビにおすすめ。美容成分を3倍濃縮した熟成ダマスクローズがホルモンバランスにアプローチして、内側から大人ニキビをケアしていきます。

    乾燥した肌をたっぷりの潤いで満たす、ナノヒアルロン酸ナノコラーゲンも配合。パラベン・アルコール・鉱物油など刺激になる成分は一切不使用で、デリケートな肌にも安心です。

    2位の理由

    • 生理前ニキビがケアできる
    • ナノ保湿成分で乾燥ケアもバッチリ
    • 有効成分が入っていないのが惜しい

    生理前ニキビをケアできるのは女性にとって嬉しいですよね!有効成分は入っていないので予防におすすめです。

    お得に買う方法

    ラミューテがはじめての人は、洗顔・化粧水・保護美容液のフルラインが半額の8,550円でお試しできます!こちらは定期コースですが、180日間の返金保証付き。合わないと思ったら初回で返金&解約もOKです。

    公式サイトを見てみる

    ルナメアAC

    \ニキビの原因に有効成分を直接届ける/

    Source: 公式サイト

    ルナメアAC

    • 価格:2,376円(税込)
    • 内容量:120ml
    • メーカー:富士フイルム

    ニキビができる毛穴に有効成分を直接届ける化粧水。ニキビ有効成分&保湿成分をナノ化した「アクネシューター」が、毛穴の脂に引き寄せられてぐんぐん馴染んでいきます。

    さらにハーブ由来成分からできたハーバルモイストエキスが、乾燥した肌にたっぷりのうるおいを補給。*ノンコメドジェニックテスト済みなので、毛穴が詰まりやすい肌にもおすすめです。

    *すべての人にニキビのもと(コメド)ができないわけではありません

    3位の理由

    • ニキビケア成分が毛穴に集中して届く
    • 保湿力が高く乾燥肌にも◎
    • しっとりタイプはベタつくという人も

    有効成分が毛穴に直接届くのは、他にはないポイント。ベタつきが苦手な人は、ノーマルタイプを選べば大丈夫です。

    お得に買う方法 

    ルナメアACのトライアルは、クレンジング~保湿ジェルまでのフルラインが1週間分1,080円!化粧水はノーマルタイプとしっとりタイプの2種類付いているので、どちらの使用感が合うか実際に試すことができますよ♪

    公式サイトを見てみる

    dプログラム アクネケアローションW

    \敏感肌のニキビケアと美白がこれ1本/

    Source: dプログラム

    dプログラム

    • 価格:3,780円(税込)
    • 内容量:125ml
    • メーカー:資生堂

    敏感肌の大人ニキビを優しくいたわる化粧水。健康で美しい肌に欠かせない美肌バリアを育んで、大人ニキビのできにくい刺激に負けない肌に整えていきます。

    ニキビ跡の色素沈着をケアする成分も配合し、大人女性が気になる美白までサポート。非常にさっぱりとした使用感でなので、目元や口元など乾燥しやすい部分はプラスで保湿するとより◎です。

    公式サイトを見てみる

    NOV AC アクティブフェイスローション

    \うるおいバランスを整えてニキビを予防/

    Source: NOV

    ノブ ACアクティブ

    • 価格:3,240円(税込)
    • 内容量:135ml
    • メーカー:NOV

    皮膚科でも取り扱いがある、ノブの大人ニキビ用化粧水。3種類のニキビ有効成分、ビタミン、たっぷりの保湿成分を配合し、水分・油分のバランスが整った健やかな肌へと導きます。

    サリチル酸が入っているため、敏感肌には合わない可能性があるのが惜しいポイント。ニキビの炎症を繰り返している人や、乾燥するのにベタつくインナードライ肌にはとてもおすすめです!

    公式サイトを見てみる

    ニキビに優しい化粧水の使い方

    ニキビを刺激・悪化させないためには付け方も重要です。間違った使い方は大切な肌バリアを低下させてニキビの原因になることも!ここでもう一度正しい付け方をおさらいしておきましょう。

    基本的な化粧水の付け方 

    まずは毎日の基本の付け方から。スキンケアには無意識のクセがあり、意外と間違っている人も多いんですよ。

    STEP1.適量を守って付ける

    メーカーによっても変わりますが、基本は500円玉大の量が1回に付ける目安です。たくさん付ければそれだけ浸透するわけではないので、適量を守りましょう。

    STEP2.手orコットンで優しく付ける

    化粧水は「手で付ける派」か「コットンで付ける派」か賛否が分かれますが、刺激を与えなければどちらでもOKです。肌荒れやニキビが進んでいるときは、より刺激が少ない手でいたわるように付けましょう。

    コットンは肌全体にムラなく付けられるのがメリット。肌が回復して好調なときは、コットンで付けた後1~2分ローションパックをするのもおすすめです。

    STEP3.回数を分けて肌に付けていく

    手で付ける場合は一度全体に付けた後、追加で100円玉ほどの量を手に取り、ニキビが気になる部分や乾燥している部分に優しく重ね付けします。手はコットンよりもムラになりやすいので、2度付けすることでより確実に化粧水が行き渡ります。

    STEP4.ハンドプレスで最後の仕上げ

    まんべんなく化粧水を乗せたら仕上げは優しくハンドプレス。10秒~15秒ほど肌に浸透しているイメージを浮かべながらハンドプレスをし、美肌を育みましょう。

    敏感肌さん&乾燥肌さんへの注意点

    以上が基本的な化粧水の付け方ですが、肌が敏感なときは特別なケアが必要です。

    ぴりぴり沁みる時はニキビケアはお休み

    生理前や花粉・黄砂の時期などは、いつもの化粧水がピリピリ沁みたりしませんか?そんな肌が弱っているときは、一度ニキビケアはお休みしましょう。

    沁みるのに使い続けると、刺激で肌状態が悪化してニキビができやすくなる可能性も!肌がデリケートなときは、低刺激な保湿ケアに切り替えて回復を待つのがベストです。

    ここときぜひスキンケアに取り入れて欲しいのがセラミド。セラミドは保湿成分の王様ともいえる成分で、弱った肌バリアを整えてくれます。敏感肌や乾燥肌の人は、普段から取り入れるのも◎。回復したら、いつものニキビケアができるようになります。

    ▼お肌が弱っているときに使えるスキンケアが知りたい!という人はコチラの記事もチェック♪

    敏感肌にも優しいセラミドクリームランキング

    なぜできる?大人ニキビの3大原因

    10代の頃にできる思春期ニキビは、増えすぎた皮脂がおもな原因です。しかし大人ニキビには、もっと別の原因が隠れています。これ以上ニキビを繰り返さないためにも、なぜ大人ニキビができるのかを知っておきましょう。

    1番の原因は「お肌の乾燥」

    乾燥は大人ニキビの敵だとはじめにお伝えしましたよね。乾燥で大人ニキビができる理由は、ターンオーバーが乱れるからです。

    乾燥はターンオーバーを乱す

    乾燥でターンオーバーが乱れると、バリア機能が低下します。すると肌は危険を感じて未熟な角質を次々に作り出します。本来、健康な角質には「外的刺激から守るバリア機能」「肌のうるおいを保つ」という働きがありますが、残念ながら未熟な角質ではその役割を果たせません

    すると肌はさらに乾燥し、ターンオーバーが乱れる⇒未熟な角質が作られるというループに陥ってしまうんです。

    ちょっとの皮脂でも毛穴に詰まる

    ではなぜターンオーバーの乱れがニキビを作るかというと、未熟な角質は剥がれ落ちにくいという特徴を持っているから。つまり、古い角質が肌に溜まりやすくなるんですね!

    角質が溜まると、少しの皮脂でも毛穴に詰まりニキビのもとになります。これが乾燥から大人ニキビができる大きな原因です。

    undefined
    はるこさん
    大人ニキビを作らないためには、やっぱり保湿が重要なのね。

    2番目は「生活の乱れ」

    不規則な生活が続くと、ニキビができたり治りが遅かったりしませんか?生活習慣の中でも特に睡眠不足食生活の乱れは大人ニキビに大きな影響を与えます。

    生活が乱れると⇒肌が乾燥する

    睡眠不足は肌を乾燥させる原因です。睡眠中に分泌される「成長ホルモン」が減ると、ターンオーバーが乱れて肌の水分をキープするセラミドも作られにくくなってしまいます。

    また、食生活の乱れも乾燥を引き起こします。うるおいのある肌を作るためには、たんぱく質、良質な油、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂りましょう。

    生活が乱れると⇒皮脂が多くなる

    ジャンクフードスナック菓子甘いものの摂りすぎは皮脂を増やす原因です。肌は食べたものからできているということを忘れずに、スイーツやお菓子はたまに食べるご褒美にしておきましょう。

    そして大人に意外と多いのが、乾燥によるオイリー肌。肌の水分量が減ると代わりに皮脂が多く分泌されてしまうので、バランスの良い食事良質な睡眠を意識することが大切です。

    ▼そうはいっても毎日規則正しい生活をするのは難しいもの…。生活の乱れはサプリでサポートするのもおすすめです!

    大人のニキビ対策におすすめのサプリランキング

    3番目は「ホルモンバランスの乱れ」

    ホルモンバランスが乱れると皮脂が増える角質が溜まりやすくなるバリア機能が低下する…と大人ニキビができやすい肌状態になります。

    • 生理前
    • ストレス
    • 睡眠不足
    • 冷え

    これらはすべてホルモンバランスが乱れる原因のひとつ。生理前ニキビも、毎月こうした肌状態に傾くことで起こります。そんなときこそ低刺激な化粧水でニキビを予防することが大切!スキンケアで弱った肌バリアを外側からサポートしてあげてください。

    ▼敏感に傾いた肌にもおすすめの大人ニキビ用化粧水はコチラ

    間違わない化粧水選びに知っておきたい3つのコト

    ニキビ用化粧水を使うと「なぜか悪化する」「乾燥で肌がゴワゴワ」なんて経験ありませんか?そうならないためにぜひ覚えておいて欲しい、化粧水選びの3つのポイントを紹介します。

    市販の化粧水がランクインしてない理由は?

    市販のプチプラ化粧水にもニキビ用はありますよね。でもおすすめしないのには理由があるんです。

    • 保存料や添加物が心配
    • アルコール入りが多く乾燥しやすい
    • プチプラ高保湿はベタつくことが多い
    • スキンケア成分の配合量が少ない

    プチプラのニキビ用化粧水は「さっぱりを選ぶと乾燥する」「しっとりを選ぶと肌表面がベタつく」ものが多いです。選び方のところで紹介したように、どちらも大人ニキビのケアにはあまり向いていません。

    すべての商品に当てはまるわけではないですが、成分から使用感までしっかり研究された化粧水はどうしても高くなりがちです。本気で悩んでいるならせめて肌が安定するまでの間だけでも、大人ニキビのためにこだわって作られた化粧水を使いましょう。

    アットコスメで人気な商品は信用できる?

    化粧品を買う前は、口コミサイトをチェックする人も多いですよね。ひとつの意見として参考にするにはとても便利なものです。しかし、口コミもあまり過信しすぎるのは危険!なぜなら、みんなに合う=自分に合うとは限らないからです。

    そもそも口コミは「それほど悩んでいない」「2~3日使っただけ」「値段の割には良かった」という人の声もたくさん混ざっています。口コミで人気なのにイマイチだった…とならないためには、成分をきちんと理解して自分に合った化粧水を選ぶことが大切です。

    そして、良いかもと思える商品を見つけたら、自分の肌で試してみるのが一番。ちょっとお高い化粧水も、お試しサイズ返金保証があれば安心ですよ♪

    思春期やメンズ用のは使っちゃダメなの?

    思春期用・メンズ用の化粧水は、過剰な皮脂をコントロールするタイプが多く大人ニキビにはNGです。さっぱりして良さそうなイメージですが、乾燥が進んで余計に悪化することもあります。

    ただし人によっては思春期と同じく、過剰な皮脂が原因でニキビができることも…。ここで簡単な見分け方を紹介します。

    • 水分量が少なく皮脂が多い肌
      • ⇒インナードライ(大人ニキビ)
    • 水分量も皮脂も少ない肌
      • ⇒乾燥肌(大人ニキビ)
    • 水分量たっぷりで皮脂も多い肌
      • ⇒脂性肌(脂性ニキビ)

    脂性肌に当てはまったら、皮脂が原因でニキビができている可能性大。そんな人は化粧水よりも洗顔にこだわるケアで、皮脂の詰まりを防ぐことが大切です。

    ▼大人だけど脂性肌。皮脂をケアするおすすめの洗顔料が知りたい人はコチラの記事にジャンプ!

    ニキビケア洗顔料ランキング

    潤い化粧水でニキビ知らずなお肌になる♪

    大人ニキビの悩みが繰り返すのは、できやすい肌状態が続いているから。しっかりうるおう化粧水を使って、できない肌の土台を作っていきましょう!

    気になるニキビ跡も、正しいケアでターンオーバーが整えば目立たなくなっていきます。まずここから1ヵ月。化粧水を1本使い切る頃、あなたの肌はきっと変わっているはずです♪

    大人ニキビにおすすめの化粧水をもう一度見たい人はコチラにジャンプ!

  • PICK UP

    ピックアップ

    |

    |

    |

    |

    |

    |

    |

    |

    |

    |

    |

    |

    |

    |

    |

    feature

    特集記事