ホルモンバランスを整える効果的な方法|食事から漢方・サプリまでまるわかり!

目次

  • ホルモンバランスを整えると体にいいことがたっくさん!
  • ホルモンバランスが崩れると、どうなるの??
  • ホルモンバランスを整えるための「生活習慣」
  • ホルモンバランスを整えるための「ツボ」
  • ホルモンバランスを整える「サポートアイテム」
  • 何よりも大切なのは、日々の小さな積み重ね

ホルモンバランスを整えると体にいいことがたっくさん!

皆さんは普段から、自分のホルモンバランスを意識して生活していますか??

ホルモンは体の様々な器官を正常に機能させる役割を持っていて、健康な体を維持するために欠くことのできない重要な物質です。そのため、ホルモンの分泌状態が乱れ始めると、体に様々な不調が出はじめ、美容と健康に悪影響を及ぼします。

ホルモンバランスの乱れを整えることで、健康的な体を手に入れられるほか、女性はいつまでも若々しく美しく、男性はよりたくましく若々しくいることができるんです。

編集長の私、水野春子がホルモンバランスを整えるためのポイントをまるっと紹介!普段の生活を見直して、美と健康を手に入れましょう。

ホルモンバランスが崩れると、どうなるの??

ホルモンのバランスが乱れ始めると、以下のようなさまざまな不調が体に起こります。

【肌】ニキビなどの肌荒れが起きる

私たちの肌は、古い角質細胞は剥がれ落ち、新しい細胞に入れ替わるという「ターンオーバー」を、一定周期で繰り返しています。ホルモンバランスが崩れることでこのサイクルが乱れ、角質は厚くなり、皮脂がたまりやすい状態になってしまいます。また、くすみ、シワ、シミ、たるみなどが多くなり、肌の老化につながってしまうんです!(キャー!>_<)

【髪】ツヤがなくなったり、薄毛になったりする

ホルモンには髪のコラーゲンを増やしたり、成長を促す作用があります。ホルモンが不足することで、髪のハリとツヤがなくなり白髪が増えるほか、抜け毛が多くなる場合も…。

【心】イライラしたり、精神的に不安定になる

ホルモン分泌の司令塔となる視床下部は自律神経の中枢でもあるため、精神の安定とホルモンバランスは密接に関係しています。このため、ホルモン分泌が乱れることにより、憂鬱になったり、なんとなく悲しい気分になったりと、精神面への影響も現れます。

【体力】疲労感がとれない

体内でエネルギー代謝を促す甲状腺ホルモンや、骨格や筋肉を発達させたりする成長ホルモンなどが不足すると、筋力が低下し、疲労を感じやすくなります。

≪女性≫ 生理不順が起こり、生理痛が悪化する

女性ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類があります。この2つが一定の周期で分泌されることにより、女性らしいふっくらとした体型をつくり、排卵サイクルを保っています。両ホルモンのバランスが崩れることにより、生理不順が起きたり、生理痛・頭痛・イライラ感といった「PMS(月経前症候群)」の症状が悪化してしまいます。

≪男性≫ 性欲が減退、活力も低下

男性ホルモン「テストステロン」は、性欲を司り性機能を維持する働きを持ちます。また精神面でも大きな役割をはたしており、活力の元となるドーパミンを生成させ、幸福感や士気を高める働きをしています。テストステロンが正常に分泌されなくなると、性機能に何らかの異常が起こったり、モチベーションの低下にもつながります。

アッキー
ホルモンバランスって女性が意識することが多いけど、こうやって見ると、男性の美容と健康にもよく関わってるのがわかりますね。薄毛になったり肌荒れが起きたりするのは、若い男性たちにとっては死活問題ですっ!
はるこ先生
そうよね。ホルモンバランスを整えるためには、まずは生活習慣の見直しが最優先。日ごろのちょっとした心がけで、このような体の悩みを改善することができるんです♪ 

ホルモンバランスを整えるための「生活習慣」

その1.良質な睡眠をとる

「睡眠は美容と健康に欠かせない」なんてよく言われますが、その理由って皆さんちゃんと知っていますか?

睡眠中は、私たちの体内で「成長ホルモン」が分泌されています。この成長ホルモンが、傷ついてしまった細胞を修復し、新しい細胞を作り出すほか、免疫力を強化させる役割を持っているんです。そのほかにも、「副腎皮質ホルモン」「甲状腺刺激ホルモン」といった様々なホルモンが睡眠中に分泌され、体の不調を整えています。良質な睡眠をとることで、新陳代謝が活発になり、美容と健康を維持することができる、というわけです♪

「良質な睡眠」って、一体何時間寝ればいいの??

たくさん寝ればOK、というわけではありません。「良質な睡眠」をとる上で大切なのは、「長さ」よりも「質」を重視することです。その理由と、良い睡眠をとるためのポイントを、このあと紹介していきます☆

~睡眠のメカニズム~

私たちの眠りは、大きく分けて2種類の睡眠「レム睡眠」「ノンレム睡眠」によって構成されています。以下の表を見てみましょう。

レム睡眠
  • 浅い眠り
  • 体は休んでいるけれど、脳が活発に動いている状態
  • 体を休めるための睡眠
  • 目が覚めやすい
ノンレム睡眠
  • 深い眠り
  • 脳も体も休んでいる状態
  • 脳を休めるための睡眠
  • ホルモンの分泌を行っている

眠りの深さは周期的に変動しています。眠り始めの3時間~4時間は、深度の深い睡眠に入るため、ゴールデンタイムと呼ばれているんです。

深いノンレム睡眠の間は、体と脳がしっかりと休息の状態になり、ホルモン分泌が活発になります。「仕事や家事で忙しくて十分な睡眠時間を確保できない」という人も、最低でも4時間半以上は寝られるように、1日のスケジュールを組み立てるようにしましょう。

はるこ先生
以前は「夜10時~2時=ゴールデンタイム」と認識されていましたが、ライフスタイルが多様化している現代は、活動時間は人によって様々。
「はやく寝なければ」と意識しすぎても、眠りにくくなってしまったり、ストレスにつながる可能性があります。睡眠の「質」を上げさえすれば、無理にこの時間帯に寝ようと意識しなくてもOKです!  

~睡眠の質を上げるポイント~

1.光を調節して体内リズムを整える

睡眠の質を上げるためには、まず体内リズムを整えることが最優先です体内時計の働きには、神経伝達物質の「セロトニン」と睡眠ホルモンの「メラトニン」の生成が大きく関わっており、この2つを制するためには、意識的に光を調節することが必要です。

セロトニン

体を覚醒させる働きを持つ神経伝達物質。

日中に光を浴びることで多く分泌される。

メラトニン

気持ちを落ち着かせ、眠りを誘う働きを持つ睡眠ホルモン。

夜間に多く分泌される。

※日中分泌されたセロトニンをもとにして生成される

まずは朝起きたら、十分に日の光を浴びてセロトニン分泌を活発にさせましょう。日中セロトニンが分泌されることで、夜間スムーズにメラトニンが分泌され、入眠しやすくなります。

またメラトニンは、目が覚めてからおよそ14~16時間後に分泌量が上昇し、体を休息状態に導きますが、強い光の下では分泌されにくくなる傾向があります。就寝前は、明るめの蛍光灯の使用を避ける、スマホやパソコンは長時間使用しないなど、意識的に光を調節するようにしましょう。

2.カフェインの摂取を控える

カフェインには覚醒作用があるため、就寝を妨げてしまいます。個人差はありますが、摂取後4~10時間ほど覚醒作用が持続するので、以下のような飲料は過剰摂取しないようにしましょう。

  • コーヒー
  • 玉露
  • 栄養ドリンク
  • ココア
  • 紅茶 など
アッキー
最近は「ノンカフェイン」「カフェインレス」などと記載された市販飲料も多いので、時間帯によって飲み分けるといいかもしれませんね♪

3.就寝3時間前までに夕食を済ませる

人は、体の内部の温度(深部体温)が下がることで眠くなります。寝る直前に食事をしてしまうと、食べたものを消化するためにエネルギーを使うため、深部体温が睡眠中に下がりきらず、浅い眠りになってしまいます。遅くとも3時間前までに夕食を済ませれば、就寝までに深部体温を下げることができます。

4.就寝前の激しい運動は避ける

3.で説明したとおり、深い眠りにつくためには就寝前に深部体温を上げないことがポイントです。

私たちの体で働いている自律神経には、活動しているときや緊張状態のときに働く「交感神経」と、体がリラックスした状態のときに働く「副交感神経」の2種類があり、睡眠前には副交感神経が優位になります。しかし就寝前に激しい運動をしてしまうと、交感神経が優位に働くことで血圧が高まり、寝つきが悪くなってしまいます。

負荷の多い運動は就寝4時間前までに、ウォーキングなどの軽い運動は就寝2時間前までに済ませるようにしましょう。またストレッチは副交感神経を優位にするので、就寝前に行ってもOKです♪

5.就寝1時間前に入浴する

入浴することで体がリラックスした状態になり、副交感神経の働きがぐんと高まります。

また私たちの体は、体温がいったん上昇すると、下げようとする働きがあります。入浴で体を温めることで、就寝前に深部体温を下げることができ、深い睡眠につながるんです。

入浴の際のポイントは、ぬるめのお湯(38℃~40℃くらい)に、全身浴で10~20分浸かること。と~っても気持ちよく寝られるので、オススメです☆

その2.食生活を改善する

バランスのいい食事を心がけよう

栄養バランスの偏った食事は、ホルモン分泌に影響を与え、体に様々な不調を起こす要因となります。以下のような食生活になっていないか、チェックしてみましょう。

こんな食事、続いてない??

  • インスタント食品

  →塩分の多い食事は体内のミネラルを奪い、成長ホルモンの分泌を妨げます。

  • スナック菓子やジャンクフード

  →油分の多いスナック菓子等は体の代謝を低下させ、ホルモンバランスの乱れにつながります。

  • 無理な食事制限

  →栄養不足はホルモンバランスの乱れに直結します。ダイエットもほどほどに!

規則正しい食生活を心がけよう

体内リズムを整えることが大切と、睡眠についての説明の部分で紹介しましたが、毎日決まった時間に食事をとることも、体内リズムを整える上でとても大切です。

「朝忙しくて朝食を抜いてしまう」という人も多いですが、朝食をとることで代謝は上がり、体が覚醒します。体内時計をきちんと機能させるためにも、規則正しく食事をとるように心がけましょう♪

ホルモンバランスをサポートしてくれる栄養素をとろう

まず女性に特におすすめしたいのは、やっぱりイソフラボン女性ホルモンのエストロゲンと非常によく似た科学構造を持っているため、エストロゲンと同じような働きをしてくれます。また血行を促進する作用を持つため、冷えや肩こり、肌荒れにもパワーを発揮してくれます!

はるこ先生
イソフラボンを多く含む食材は、
・納豆(1パック 65mg)
・豆腐(1丁 110mg)
・油揚げ(1枚 55mg)
・みそ(大さじ 7.2mg) …など。大豆食品に多く含まれています!

 

そして、男性にはおすすめしたいは、何と言っても亜鉛。男性ホルモン「テストステロン」の生成に大きく関わっており、精力維持や精子を作る上で欠かせない栄養素なんです。テストステロンは、士気感や活力を高める役割も持つため、亜鉛をとることでモチベーションアップにもつながります

アッキー
亜鉛を多く含む食材は、
・生牡蠣(1個 13.2mg)
・ビーフジャーキー(100g 8.8mg)
・するめ(1枚 5.4mg)
・牛ひき肉(100g 5.2mg)  …などがあります♪

 そのほかにも、血行促進作用や抗ストレス成分を持ち、ホルモン分泌をサポートしてくれる栄養素は様々あります。普段の食事に意識的にとり入れるようにしてみましょう。

栄養素効果・働き含有する食材
ビタミンE
  • 血行促進させ、ホルモン分泌を整える
  • 抗ストレス成分を含む
アーモンド、うなぎ、
オリーブオイル など
ビタミンC
  • 抗ストレス成分を含む
ピーマン、レモン、
アセロラジュース など
ビタミンB1
  • 脳の神経の働きを正常化する
  • ホルモン分泌をスムーズにする
豚肉、玄米、たらこ
いくら、のり など
ビタミンB2
  • 成長を促す
レバー、納豆、卵、
魚肉ソーセージ など
ビタミンB6
  • 女性ホルモン「エストロゲン」の代謝に必要
にんにく、まぐろ、
鶏ささみ、さんま など
EPA、DHA
  • 血行を促進し、ホルモン分泌を活発にする
  • 血管をやわらかくし、血行を良くする
まぐろ、いわし、
かつお、さば など

※EPA=エイコサペンタエン酸、DHA=ドコサヘキサエン酸。

その3.体の冷えを解消する

体の冷えによってホルモンバランスが乱れる理由は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、冷えや疲労などの肉体的ストレスは自律神経を乱し、視床下部からのホルモン分泌の指令を滞らせてしまうため。視床下部は自律神経の中枢でもあるため、ホルモン分泌はさまざまなストレスの影響を受けやすい特徴があるんです。

2つ目は、体が冷えて血管が収縮することにより、ホルモン分泌に必要な栄養素や酸素が行き渡らなくなってしまうため。ホルモン生成に必要な栄養が運ばれなければ、ホルモンがスムーズに分泌されなくなってしまいます。

はるこ先生
冷えを改善することは、ホルモンバランスを保つ上でとても重要なポイント!放っておかずに、冷え取り対策を常に心がけてくださいね。 

体の冷えを改善するためにしたい4つのこと

1.正しい姿勢で過ごす

姿勢の悪い状態が続くと血行不良になり、冷えや肩こりを引き起こします。長時間デスクワークをすることが多い人や、普段猫背になりがちな人は、再度自分の姿勢を見直してみましょう!

正しい立ち方のキ・ホ・ン!

  • お尻をキュッと締める
  • お腹をへこませる
  • あごを出さない
  • 頭・肩・肘・足首が直線上にある

また座る際には、骨盤をキュッと締めて腰掛けることがポイント。背骨はきれいなS字を描き、頭の重心も背骨の延長線上になるため、疲れにくくなります。

2.入浴して体を温める

日ごろシャワーだけ浴びている人も多いと思いますが、ゆったりと湯船に浸かることで全身の血行はぐんと良くなります。できるだけお風呂に入る機会を増やしてみましょう。入浴の際は、ぬるめのお湯(38℃~40℃くらい)に、全身浴で10~20分浸かりましょう。(「良質な睡眠」のとりかたについて説明したときと、同じ入浴法です☆)

3.体を温める食事をとる

冷たい飲み物や食べ物は体を冷やすので、できるだけ避けるようにしてください。また食事をとりすぎると、消化のために血液が胃の周辺に集まりすぎてしまい、全身の血行のバランスが崩れ、冷えにつながる場合があります。お腹いっぱいになるまで食べずに、「腹八分目」を心がけるようにしましょう♪

また体を温める効果のある食材は、何と言ってもショウガショウガオール、ジンゲロールという成分を含んでいて、これらには血行促進作用があると言われています。味噌汁や紅茶と相性がいいので、ぜひ併せてとるようにしてください♪ショウガのほかにも、血行促進作用があるも適度にとるように心がけましょう。

4.適度な運動を行う

軽い散歩やストレッチでもOK。体を適度に動かすことで全身の血行がよくなり、体もポカポカしはじめます。

その4.運動不足を解消する

運動不足で基礎代謝が低下すると体の冷えにつながるほか、ストレスをためやすくなってしまいます。ストレス状態が続くと、脳からホルモン分泌の指令がスムーズに出されなくなり、ホルモンバランスの乱れにつながります。また体が適度に疲れていなければ、深く良質な睡眠をとることができなくなってしまいます。

ホルモンバランスを乱れを整えるのにおすすめの運動ってある??

おすすめしたいのは散歩やウォーキングです。「歩く」という単純なリズム運動は、精神の安定を保つ「セロトニン」の分泌を活発にさせると言われているんです。セロトニンが活性化されることで自律神経は整えられ、ホルモン分泌がスムーズになります。

 ウォーキングをする際には、以下の3つのポイントをおさえるようにしてください☆

  • 5~30分程度、明るい時間帯に行う
  • 疲れない程度に行う
  • 「歩くこと」に集中する
アッキー
日の光はセロトニンを活性化させるので、明るい時間帯に行うことでさらに効果を高めることができます。また「集中」も、セロトニンを活発にする上で不可欠と言われています。

そのほか腹式呼吸も反復性のある運動なので、セロトニン分泌が活性化されるのだそう。酸素をしっかり取り込むことで血行が良くなり、冷えの改善にもつながります!ぜひこちらもチェックしてみてください。

≪丹田呼吸法≫

  1. イスなどに座るか、仰向けになり、深呼吸をして心を落ち着かせる
  2. 腹筋の収縮を意識しながら、口から息をゆっくりと吐ききる
  3. 口を閉じて腹部を膨らませることで、自然と鼻から空気が吸い込まれる

*これを1分間に3~4セット、5~20分間継続して行う

その5.脳をしっかり休ませる

多くのホルモンは、脳の視床下部からの指令を受けて分泌されています。視床下部は血中のホルモン量を常にチェックし、ホルモン分泌の指令を出しているんです。

何度か説明していますが、この視床下部は自律神経の中枢でもあるため、ストレスの影響を受けやすいという特徴があります。ストレスを感じることでホルモン分泌の指令をスムーズに出すことができなくなり、ホルモンバランスは崩れてしまうんです。(なかでも、女性ホルモンはバランスが崩れやすいため、女性は生理不順やPMS症状に悩まされることが多いんです…>_<)

仕事、家事、子育て、勉強など…、みなさんそれぞれ忙しい生活を送っているかもしれませんが、ストレスを溜め込まないことは、ホルモンバランスを保ち、心身ともに健やかでいるための重要なポイントです!十分な休息をとる、気分転換をするなど、自分の心と体を労わる時間を作るようにしてくださいね。

はるこ先生
私も仕事に家事に忙しい毎日を送っていますが、休日には家族でトレッキングに行ったり、ちょっとした日帰り旅行に行って、気分転換するようにしています。そうすることで、「よしまた明日から1週間がんばるぞ~!」ってやる気にもつながります♪ 

ホルモンバランスを整えるための「ツボ」

ホルモンバランスの乱れを改善するための「ツボ」もあるんです!以下の2つのツボも知っておきましょう☆

内分泌(ないぶんぴつ)

場所耳の穴の入り口の下の部分。耳たぶに近い場所。
押し方人差し指をツボに当て、親指でつまむようにしながら10回押す。息を吐きながら行うこと。
1日に5セットほど行い、徐々に回数を増やしていくとより効果が得やすい。
効果女性ホルモンの乱れによる様々な症状(PMS、生理不順、不妊、更年期障害など)を改善する。

神道(しんどう)

場所背骨の延長線と両脇の高さが交わる位置。肩甲骨の間。
押し方人に押してもらうか、もしくはイスの背もたれの角などを使って押す。
息を吐きながら10回ほどゆっくりと押す。
(またこのツボの周辺を、ドライヤーで30cmほど離して温めても効果あり。)
効果精神的ストレスによるホルモンバランスの乱れを改善する。
アッキー
ツボ押しは、血行が高まっている入浴後に行うと、より効果的です。またリラックス効果もあるので、就寝前に行うことで深い睡眠にもつながりますよ。

ホルモンバランスを整える「サポートアイテム」

ホルモンバランスを整えるには生活習慣の見直しが最優先ですが、体の不調が長引くようであれば、薬やサプリメントの力を借りてみましょう。ポピュラーなサポートアイテムを、分野別に紹介していきます。

漢方薬編

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

血行を促し体を温め、貧血を改善します。また痛みを和らげ、ホルモンバランスの乱れを整える効果を持ちます。華奢で体力があまりない人に向いています。貧血症状、冷え性、生理不順、生理痛、肩こりなどに効果があるようです。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

血液の循環を良くして体を温めるほか、のぼせなどの上半身の熱を冷まして、体温を調整する作用を持ちます。体が弱く疲れやすい体質の人に向いています。手足の冷え、のぼせ、生理不順、生理痛、不眠、神経症などに効果があるようです。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

身体の熱のバランスを調整することにより、冷えやのぼせの症状を和らげ、子宮の炎症を抑える効果を持ちます。体格のしっかりした人、赤ら顔の人に向いています。生理不順、生理痛、めまい、肩こり、のぼせ、足の冷え、ニキビやシミ、しもやけ、痔、子宮内膜症などに効果があるようです。

温経湯(うんけいとう)

血液のめぐりを改善して手先のほてりを沈めるほか、身体全体を温める作用を持ちます。また乾燥肌の改善、ホルモンバランスを整える効果もあります。冷え性で体力があまりない人、乾燥肌の人に向いています。生理不順、生理痛、頭痛、更年期障害、冷え、のぼせ、しもやけなどに効果があるようです。

市販薬編

生薬の力で生理中のイライラを改善!「命の母ホワイト」

販売元小林製薬
価格84錠・・・782円
180錠・・・1,809円
360錠・・・3,509円    ※amazon.co.jp参照(2016.11月現在) 
用法・用量1日4錠、1日3回毎食後に水かお湯で服用する。
特徴血行促進させ体温を上げることによって、女性ホルモンや自律神経の乱れが原因のさまざまな
不調(頭痛、重だるさ、イライラ感、肌荒れ など)を改善する。
注意事項
  • 15歳未満・授乳中の人は服用を避けること
  • 服用する場合は授乳時間をずらす、または避けること

「命の母ホワイト」 を購入

~利用者のリアルなコメント pick up!~

  •  
  • 重い痛みやイライラが少なくなった!
    5/5
    nanaabibiさん 52歳
    生理前に飲み始めるようにしていますが少し楽になりますね。 重い痛みやイライラが少なくなっています。 しばらく飲んでいなかったのですが生理の状態がおかしかったので 先月からまた飲みはじめています。今月は量が多かったのですが 痛みはなく7日でしっかりと終わってくれたのでこれからも 飲み続けたいですね。

    @cosme

 

  •  
  • ニキビが減った!
    4.5/5
    やな姫さん 35歳
    生理一週間前から使用 通常結構な痛みのある胸部分がほとんど痛まず それと必ずできる大きめなあごニキビがいつもの4分の1程度でした 下腹部痛は相変わらず あと頭痛はサプリを飲んだだけでスッと治まりました (これに関しては単にサプリの効果かもわかりませんが) いくつかの諸症状には効果あったので、今後も生理前から生理が終わるまで続けようと思います

    @cosme

 

 

  •  
  • イライラや気分の落ち込みは改善されましたが…
    1/5
    ○nagi○さん 20歳
    生理諸症状(特にイライラ、生理痛、腰痛)が酷く、生理前から服用できるものを探していたので試しに購入してみました。 さっそく生理予定日の3日前から服用を始めました。生理前のイライラや気分の落ち込み、軽い腹痛は改善されたので、良いかも!と思い生理が来てからも服用を続けました。 しかし、酷い生理痛と腰痛はあまり良くならず……。1日3回きちんと服用しても、効果が得られず生理痛と腰痛は1日ずっと続きました。カイロなどで腹部を温めたりもしましたが、解消されることはなく……。 私は生理痛と腰痛がかなり重く、薬を服用しないと日常生活を送るのがかなり辛いです。この商品を買う以前は、バ〇ァリンなどの痛みを和らげることに特化した薬を服用していました。それらの薬に比べると、やはり痛みを和らげる効果は弱いのかなと……。イライラや気分の落ち込みなど、精神的な症状には効果があるかな?とは思います。

    @cosme

はるこ先生
口コミなどを見ていると、全体的に評価は高い製品ですが、やはり人によって効果の出方は異なるよう。症状の具合を見て、他の薬と使い分けるといいでしょう。
アッキー
同シリーズに「命の母A」もありますが、こちらは更年期障害に悩む女性のための製品。40代を境に身体の不調が多くなってきた人は、こちらを試してみましょう。 

処方薬編

専門医に相談すれば、女性には以下の3つのような薬が処方されることがあります。

低用量ピル

女性ホルモンを含んだ薬です。排卵を抑制する働きを持つため、経口避妊薬やホルモンバランスを整える薬として使用されます。また子宮内膜の増殖を抑える作用を持つため、生理痛が辛い人や出血量が多い人にも処方されます。

対象となる人肌荒れが気になる、生理痛が辛い、月経量が多いなど
副作用

頭痛、吐気など。服用を続けることで徐々に収まっていくことが多い

ルトラール

黄体ホルモン(プロゲステロン)を配合した薬です。排卵を促進させる働きを持ち、不妊症治療のほか、月経不順や月経量異常の改善にも用いられます。

対象となる人月経不順、月経量に異常がある、不妊症、子宮内膜症など
副作用

頭痛、吐気、乳房の張り、便秘、不正出血など

※網膜血栓症、うっ血性心不全、呼吸困難など生命に関わる副作用もいくつか報告されています。

手足のしびれやむくみ、息切れ、動悸など、体に異変が起きた場合はすぐ担当医に相談しましょう。

注意事項肝機能に何らかの障害や病気がある場合は、服用してはいけません

プレマリン

卵胞ホルモン(エストロゲン)を配合した薬です。めまいや動悸といった更年期障害は、卵胞ホルモンの分泌量の低下によって起こるため、更年期障害に悩む女性に処方されることが多いです。

対象となる人更年期障害、卵巣欠落症、卵巣機能不全症、膣炎など
副作用

頭痛、吐気、乳房の張り、不正出血など

※手足のしびれやむくみ、息切れ、動悸などが起きた場合はすぐ担当医に相談しましょう。

はるこ先生
上記3つの処方薬は副作用がありますが、2~3ヵ月ほどすると体が慣れ副作用が感じられなくなる場合が多いようです。ですが、中には生命に関わるほどの副作用を引き起こす場合もまれにあります。
必ず担当医の指示を仰いで使用し、身体に異変が起きたらすぐ医師に相談するようにしましょう。



サプリメント編

安心の国内生産で高コストパフォーマンス!「ディアナチュラビタミンB群」

ホルモンの分泌を促したり血行を良くする働きを持つ、8種のビタミンB群を配合した製品。肌荒れや口内炎が改善したという口コミは多く、コストパフォーマンスが優れているため、購入者からの評価は高いようです。

販売元アサヒフードアンドヘルスケア株式会社
価格30粒入り(30日分)・・・255円
60粒入り(60日分)・・・454円   ※amazon.co.jp参照
こんな人におすすめ食事のバランスが気になる、ビタミン不足、魚不足、毎日を元気に過ごしたい人など

「ディアナチュラビタミンB群 30粒」を購入

「ディアナチュラビタミンB群 60粒」を購入

~利用者のリアルなコメント pick up!~ 

  •  
  • 2年前から愛用
    5/5
    Amazonカスタマーさん
    定期購入しています。口内炎が出来にくくなり、疲れも取れやすくなりました

    amazon.co.jp

 

  •  
  • 優れもの!
    5/5
    アマゾンの国からこんにちわ
    他社製品と比べて、安くてコンパクトで良いです。 B郡ということで口内炎対策、たんぱく合成などに良いと思います。 粒が小さくて飲みやすいのもいいですね。このシリーズオススメです。

    amazon.co.jp

はるこ先生
価格が手頃なのはもちろん、小さめの錠剤で飲みやすいというのも、多くのリピーターを獲得している理由なんですね♪ 

着色料・保存料無添加がうれしい「大塚製薬 ネイチャーメイドE400」

サプリメント先進国であるアメリカから発祥したシリーズ「ネイチャーメイド」。アメリカでは圧倒的なシェアを誇り、薬剤師からも高く評価されているサプリメントです。日本国内販売用のサプリメントは日本人向けに調合されているほか、着色料・保存料が一切使用されていないため、安心して摂取することができます。

販売元大塚製薬株式会社
価格50粒入り(50日分)・・・705円
100粒入り(100日分)・・・1,273円
こんな人におすすめ

冷え性、更年期障害が辛い、紫外線をよく浴びる、コレステロールが気になる、喫煙する など

「大塚製薬 ネイチャーメイド E400 50粒」を購入

「大塚製薬 ネイチャーメイド E400 100粒」を購入

~利用者のリアルなコメント pick up!~

  •  
  • 必要な効果が出ている気はする。
    4/5
    ワンワンさん
    血管が弱って来たのか、働き疲れると足の裏に血が溜まって小さく瘤状になるように。 血栓でしょうか?マッサージしてやると解消するのですが、頻度が増してきたので 気になって来ました。そこで、抗酸化作用のみならず血栓にも効果があるという ビタミンEの積極的な摂取を始めてみたわけですが・・・。 摂取を初めて2年ほどですが、いつの間にか足の裏に瘤が出来なくなりました。 ほかに生活習慣の変化はないので、これの効果なのかも知れません。 症状が軽かったせいでしょうか?取りあえず、抗酸化作用もありがたい効果なので 今のところ手放せなくはなっています。もちろん規定量を守って飲んでいます。 再び瘤が頻繁に出来るようになったら病院に行きますが、しばらくはこれで。 ★4なのは、やはり確信までは持てないから。 あと、ビタミンCは使い果たしたビタミンEの効果を復活させる働きがあるということで 一緒に飲んでいます。こちらはポポンS錠ですが。

    amazon.co.jp

 

 

  •  
  • しもやけが酷くて
    5/5
    (`ェ´)ピャーさん
    ネットで調べてたらビタミンEが良いと見たので 食生活も良くなかったでそれも補えたらと思って注文しましたが 半信半疑でしたが当たるだけで痛かった指がましになってきて 栄養の大事さが実感出来たので日頃の食生活も改善していきたいです。

    amazon.co.jp

 

はるこ先生
血流の改善、またしもやけ対策に役に立った、というコメントが多く見受けられました。体の冷えが気になる人には、特におすすめです☆ 

低価格で続けやすい!女性にもおすすめ「DHC亜鉛」

髪の毛のボリュームが気になりはじめた人、男性パワーを高めたい人から高い支持を得ている商品。「亜鉛=男性向け」といったイメージが根強いですが、肌荒れが気になる女性や、味覚の衰えが出はじめた高齢者向けに購入する人も多いようです。

販売元株式会社DHC
価格60粒(60日分)・・・483円
こんな人におすすめバイタリティを保ちたい、男性パワーの衰えを感じる、
偏った食事が多い、味覚が鈍く感じる、肌荒れが気になる など

「DHC 亜鉛 60粒」を購入

~利用者のリアルなコメント pick up!~

  •  
  • 良い歳になったので。
    4/5
    ytkaさん
    若い頃は髪が太かった私だが、30代半ばを過ぎてから徐々に細くなっていたところ、昨年末に撮った証明写真を見て、髪にボリュームが無くなったことにショックを受けた。 ネットで素人ながら調べ、この亜鉛+豆乳飲料を毎日摂取したところ、心なしか髪にハリとコシが。 最近は、若い頃のように寝癖が直らなくて困る、ということも増えた(←嬉しい)

    amazon.co.jp

 

 

  •  
  • 指先の荒れが治った!
    灘尾翠子さん
    もともとは疲れやすくなった主人のために購入したのですが、肌にも効いたという皆さんの口コミがあったので、私も飲むことにしました。飲み始めてから気づいたのですが、年中指先のあかぎれやかゆみに悩まされていたのが、最近まったくないんです。皮膚・粘膜の健康維持にも効くと書いてあったので、これって亜鉛の効果がでているのかも!ならば飲み続けなくちゃ!定期購入考えてます。

    dhc.co.jp

 

  •  
  • 高齢母の味覚障害
    菊池美紀子さん 55歳
    高齢の母が一緒に食事をしたときに以前のようにおいしいと喜ばず味気なさそうに食べるのでおかしいと思っていたところ、病院での血液検査で亜鉛の数値が低いと言われました。味がわかりにくかったりするか尋ねるとまさにそうだとのこと。そして亜鉛のサプリメントの摂取が有効であるとも聞きさっそく試してみましたところ、摂取開始から4か月後の今はおいしいとか、これは味が濃いとかいうようになり、食事が楽しめるようになっています。また食事が楽しめるようになったせいか、あるいは亜鉛の直接の効果かわかりませんが、顔色つやもよく元気も復活しているようです。ありがとうございます。

    dhc.co.jp

 

はるこ先生
男性ホルモンを生成してくれる亜鉛ですが、幅広い層の人たちから、健康維持に役立ったというコメントが寄せられていて、改めて「亜鉛パワーってすごい!」って感じました♪男女ともにおすすめしたい製品です。  

何よりも大切なのは、日々の小さな積み重ね

ホルモンバランスはちょっとした生活習慣の変化で乱れてしまうもの。それだけ私たちの体は繊細なんです。

過度のストレスをさける、十分な休息をとる、食生活を見直すなど、日々のちょっとした心がけで体と精神のバランスは保たれていきます。毎日を丁寧に過ごすことで、心身ともに健康的で、毎日をいきいきと過ごすことができる、というわけです。

これを機に自分の生活を見直して、今回紹介した様々な方法をぜひ実践してみてください♪

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事