かかとの乾燥は2ステップでケア!ガサガサかかとの原因と対策

目次

  • 痛いひび割れ…かかとはなぜ乾燥する?
  • かかとがガサガサになる原因
  • お手入れしているのに乾燥する理由
  • かゆみやこんな症状は水虫かも!
  • かかとケアの方法
  • 【角質ケア】かかとを柔らかくしよう
  • 【保湿ケア】クリームなどで潤いを与える
  • 普段の生活でコチコチかかとを予防するには
  • 編集長のおすすめケアアイテム
  • ひび割れまで進む前に柔らかくするケアがおすすめ

痛いひび割れ…かかとはなぜ乾燥する?

乾燥する冬場に特にひどくなりやすい、かかとのガサガサやひび割れ。ひどい場合には痛みをともなって出血してしまう場合もあります。かかとのガサガサは特に乾燥肌の人に起こりやすい症状なのですが、肌の一部とはいえ、かかとだけがどうしてこんなにもひどく乾燥してしまうのか…きちんとケアしているのに乾燥してしまうのはなぜか、その原因をしっかり考えてみましょう。

またかかとのガサガサはごくまれに病気が潜んでいる可能性もあります。かかとの乾燥から考えられる病気の可能性についても一緒にチェックしてみましょう。

はるこ先生
こんにちは。今日はついついお手入れをさぼりがちなかかとケアについてご紹介するわ♪この記事を読み始める前に、まずは自分のかかとをチェックしてみてね。あなたのかかとはどんな状態かしら?触るとザラザラしている、白い粉が吹いている、ひび割れている、皮がめくれている…そんな人はこの記事をしっかりチェックしてつるつるかかとを目指しましょう♪

かかとがガサガサになる原因

かかとがガサガサになる原因といえば、乾燥が1番に思い浮かぶと思いますがただの皮膚の乾燥ならかかとだけではなく、身体すべての皮膚に同じ症状が現れてもおかしくありませんよね。なのにかかとにだけ症状が出てしまうのには、きちんとした理由があるんです。

角質層の乾燥

かかとが乾燥しやすい1番の理由としては、かかとに皮脂を分泌する皮脂腺がないことがあげられます。皮脂は天然のクリームのような存在のため、水分を保持したり、外的刺激から守ってくれる働きがあるのですが、かかとにはそれがありません。そのため皮脂が分泌されないかかとは、他の場所にくらべて非常に乾燥しやすくなっているのです。

外的な刺激を受けやすい場所

かかとは全身の体重を支えている部分でもある上に、立ったり歩いたりして常に圧迫と摩擦といった物理的な刺激を浴び続けています。刺激をうけることによって角質層がダメージを受け、バリア機能が低下してしまい、皮膚がもつ水分を蒸発しやすくしていまいます。

ターンオーバーの乱れ

角質層が乾燥してしまうことで、肌はもっと皮膚を守らないと!と新しい角質をどんどん作り出そうとします。ですが本来20代女性であれば28日~36日かけて作られるはずの角質を、急いで作ることで未熟な角質が出来上がってしまいます。

未熟な細胞がどんどん増えていくことで、水分の保持能力もないまま角質だけがどんどん厚く硬くなってしまいます。

冷えやすい

もともと女性は冷え性の人が多く特に手足などの末端は冷えやすい場所です。身体が冷えることでリンパの流れが滞り新陳代謝が悪くなることで、古くなった角質がいつまでも肌に残ってしまいます。この残った角質がかかとのガサガサゴワゴワの正体です。

アッキー
ここだけの話ですけど…彼女とプールに行ったときとか、素足になったときなんかにかかとが乾燥してると、「え…!」と思っちゃう男性って多いんですよね。見えないとここそ綺麗にしてほしいですし、そういうとこまできっちりケアしてこそちゃんとしてるな~って思えるんですけど。でもかかとってこんなにも乾燥しやすい原因があったなんて知りませんでしたよ。

お手入れしているのに乾燥する理由

かかとが乾燥してしまう理由は、日常生活で避けて通れないものばかりですよね。毎日毎日蓄積されていく刺激に対して何もしていなければ、かかとが乾燥してしまうのは当然ともいえます。ですがきちんとお手入れしていても乾燥してしまう場合があります。お手入れしているのに乾燥してしまう理由はどこにあるのでしょうか?

古い角質が溜まる

かかとのお手入れを行う場合には、とても重要なチェックポイントがあります。それが角質ケア保湿ケアダブルポイントです。かかとの乾燥を防ぐためには、まず溜まってしまった古い角質を取り除くことが大切なのですが、お手入れしても乾燥してしまう人の多くは古い角質が溜まったままのかかとに保湿剤を塗っている人が多くなっています。これではすでに固まってしまった角質にはばまれて、保湿成分が肌の重要なところに届くことがありません。

角質が分厚くなることで乾燥が進行

ガサガサになってしまったかかとは角質硬化症といって、角質層内で水分を保持するセラミドや保湿因子が不足して細胞に水分がいきわたらず乾燥して荒れた状態になっています。この状態を放っておくと肌を守らないと!とさらに角質の生成が進んでしまい、結果乾燥を進行させてしまうことにつながります。

さらに乾燥がひどくなると、乾燥によるひび割れが角質層内だけではなく真皮にまで達してしまいます。そうするとひび割れから血が出たり痛みをともなってしまいます

かかとにNGな生活習慣・ケア方法をチェックしてみよう

日常生活で以下の項目に当てはまる人は、かかとのガサガサをさらに進行させやすくなっています。普段の生活にあてはめて、思い当たることがある人は注意が必要です。

  1. 裸足で過ごすのが好き
  2. ヒールの高い靴やサイズの合わない靴を履いている
  3. 歩き方や姿勢が悪い
  4. エアコンのきいた室内で過ごすことが多い
  5. とりあえず保湿だけしている
  6. とりあえず軽石だけしている
はるこ先生
OLさんなんかだと、毎日の生活の中でついついやってしまう項目が多いわね。女性の靴はOLさんのヒールパンプスといい、女子高生のローファーといいスリムにみせるためにきつめの靴が多いのが現状だわ。ついつい見た目を意識してしまいがちだけど、足の美容と健康のことを考えるなら機能性も重視した靴選びが大切ね。

かゆみやこんな症状は水虫かも!

乾燥が原因だと思ってたかかとのガサガサ・ゴワゴワ。でも実はそれ水虫かもしれません。乾燥か水虫か以下のチェックリストで確認してみましょう。

そのガサガサ水虫かも!?チェックにあてはまったら要注意!

  • 家族や恋人に水虫の人がいる
  • 指の間や足の裏にかゆみがある
  • 皮がむけることがある
  • 夏場でも白くむけたり、粉をふくことがある
  • 水ぶくれができている
  • 爪にも異常がある
  • 過去に水虫になった経験がある

当てはまるなら水虫の可能性

足のガサガサやゴワゴワ、ひび割れ以外にこれらの症状があてはまった場合は水虫の可能性があげられます。水虫は見た目や自覚症状のみで診断することは難しく病院で顕微鏡などを使って検査するしかありません。水虫は非常に移りやすい病気のため、水虫になっていることがわかったら一緒に暮らす家族や周りの人のためにも治療と、適切な対処法が必要です。

水虫治療薬でケア

水虫が原因の場合は、今からご紹介するかかとケアは効果がありません。むしろ方法によっては水虫を悪化させてしまう可能性もあります。もしかして水虫かも?と思った人はここから先のケアは実施せず、先に医療機関を受診するようにしましょう。水虫の治療は皮膚科が専門になるので、皮膚科にいくようにしましょうね

皮膚科にいって水虫でなかった場合は乾燥が原因となるため、今からご紹介するケアを試してみましょう。

かかとケアの方法

それでは実際のかかとのケア方法についてご紹介していきます。かさつきのレベルによって対処法も変わってきます。かかとの乾燥を以下の3段階にわけて考えていきましょう。

  • レベル1:触るとザラザラしていて、白い粉が吹いている程度
  • レベル2:かかとが固くなってゴワゴワしていて、分厚くなっている状態
  • レベル3:厚くなったかかとがひび割れている状態

角質ケアと保湿の2ステップ

レベル2~3の状態のかかとは、すでに角質の硬化が始まっている状態です。この状態になっていると、まず先に古くなったいらない角質を取り除く角質ケアを行った後で、水分や油分を補給する保湿ケアをする2ステップが必要になってきます。

角質が厚く固まってしまったガサガサ状態では、いくら保湿ケアを行っても成分が浸透していきません。まずは保湿成分を浸透させるために角質ケアをしっかり行っていきましょう。

軽度のかさつきならクリームで保湿

レベル1のようにまだ角質の硬化が始まっていない状態であれば、保湿ケア優先で問題ありません。お風呂上りのできるだけ角質が柔らかくなった状態で保湿クリームでケアするようにしましょう。


【角質ケア】かかとを柔らかくしよう

それではまずは保湿成分をしみこませるために大切な角質ケアについてご紹介していきます。肌の弱い人や、かかとがひび割れて出血がある人は無理に行うと症状が悪化してしまう場合があるので、自分の肌状態と相談しながらケアを行うようにしてくださいね。痛みや痒みを感じたらすぐ中止するようにしましょう。

軽石ややすりで角質を削る

1番オーソドックスな方法としては軽石ややすりで角質を削る方法があります。この方法は昔から行われていて道具にもお金がかからずだれでも手軽に始められるところも魅力的です。ただし注意点としてはこの削るという行為はあくまでスペシャルケア。毎日行うのではなく週に1回程度特別なケアとして行うようにしましょう。

≪角質の削り方≫

  1. お風呂に入って余計な汚れを落とし、湯船にゆっくりつかって硬くなった角質を柔らかくします。
  2. 塗れたままの足だと、本来必要な角質まで削りすぎてしまう可能性があるため、しっかりタオルドライしていったん乾燥させてからスタートします。
  3. 角質が硬くなっているところに、軽石ややすりを一定方向に動かして削っていきます。ついついゴシゴシ往復してしまいがちですが、必ず一定方向に動かしましょう。
  4. 削り終わった後は余計な汚れが角質を洗い流して、クリームでしっかり保湿し少しでも刺激を減らすために靴下を履くようにしましょう。

角質除去ジェルやスクラブでお手入れ

次に人気の方法としては市販の角質除去ジェルやスクラブ剤などの商品を使用することです。軽石ややすりなどの削るケア方法に比べると肌に優しいところが魅力的ですが、薬剤が肌に合わない場合があるため使用前は必ずパッチテストを行うようにしましょう。特にかかとケアの商品は長時間薬剤をつけっぱなしにする商品が多くなっています。短時間なら大丈夫でも、長時間の使用で痛みや痒みを生じる場合があるので十分注意するようにしましょう。

ケアの種類方法メリットデメリット
ジェル・スクラブかかとに塗ってマッサージすることで、ピーリングによってかかとの角質を取り除いてくれます。お風呂場で手軽にできる・削るケアより肌への負担が少ない削る方法に比べると変化がわかりにくい・商品が多くあって自分にあうものを見つけずらい
シート・パック専用の液に足を浸すことで、古い角質をはがれやすくしてくれます。薬剤に浸しておくだけでいいのでケアが楽・高い効果が期待できる長時間薬剤に浸すため肌に合わない場合がある・むけるまで時間がかかる

お酢でセルフピーリング

家庭にあるものでできる角質ケアとして、お酢を使ったセルフピーリング方法があります。お酢の酸性にはピーリング効果があり、どの家にもあるような食酢には有機酸が豊富に含まれているため、有機酸が角質を除去してくれます。さらにお酢には殺菌効があるため、気になる足のニオイの予防・改善にも効果的です。

≪お酢でセルフピーリングのやり方≫

  1. 両足がすっぽり入るサイズの洗面器(なければビニール袋でも可・こぼれやすいためお風呂場推奨)にお酢とお湯を1:3の割合で用いします。
  2. 足を30分~1時間浸します。足の裏までしっかりいきわたるように時々角度をかえるようにしましょう。
  3. 浸し終わったらタオルドライして、軽石ややすりなどで軽くこすります。
  4. 後は角質の削り方と同じようにしっかり洗い流して、保湿を行うようにしましょう。
アッキー
いろんな角質ケアがあるんですね~どれも簡単に試せそうだし、お金もあまりかからなさそうだし僕もやってみようかな~。男の人だってあんまり汚いかかとは格好悪いですもんね。
はるこ先生
そうね!男の人でも夏はサンダルを履くしかかとケアは大切よ!ただしどの角質ケアも毎日するものではなく、週1回程度が理想的よ。やりすぎたケアはさらに角質を硬化させてしまう原因になるの。あとお酢を使う場合は、お風呂場にお酢のニオイがこもってしまうから、お風呂の順番に注意が必要よ!できるだけ最後に入ったときに試すようにしましょうね。

【保湿ケア】クリームなどで潤いを与える

次に大事な2ステップめの保湿ケアについてご紹介します。角質ケアのあとはこの保湿ケアがとっても重要です。角質ケアを行ってむき出し状態になっている弱った肌をしっかり保護してあげましょう。

尿素配合クリームでケア

保湿ケアの主な方法としてはクリームでのケアになるのですが、普通の保湿クリームでは硬くなりがちなかかとの皮膚には浸透しきれない場合があります。そんなかかとの保湿ケアでおすすめなのは尿素が含まれたクリームです。

尿素ってハンドクリームとかでよく聞くけど一体なんなの?

尿素とは、NMF(天然保湿成分)の1つで、角質層にもともと含まれている成分です。肌の潤いを保つために必要な成分でお肌を保護する働きをもっています。またタンパク質を分解する力があり、硬くなってしまった角質を柔らかくしてくれます。

尿素配合のクリームは、普通のクリームに比べると硬化してしまった皮膚に効果的に浸透しやすくなっています。ですが尿素は正しい使い方を覚えておかないと、肌荒れが悪化したり、かゆみや痛みを生じる可能性があります。特に尿素は傷口にしみるため、かかとがひびわれて出血している場合などは使用することができません。

尿素はタンパク質を分解するので、正常な皮膚に使うと肌のバリア機能まで弱めてしまいます。そのため健康な肌や皮膚が薄い部分、子ども~10代の若い肌の人、敏感肌の人使用に注意が必要です。尿素を使う場合は長期使用はさけ、硬くなった角質に対してのみ使用するようにしましょう。

ニベアとラップで簡単パック

だれでも一度は見たことがあるであろうニベア。実は1個数万円するアメリカの高級化粧品ブランドの主力クリームとほぼ同じ成分で、高い保湿効果が期待できます。そんな高い保湿能力にも関わらず価格は1個数百円程度。とっても魅力的なクリームです。ニベアにはいろいろな種類がありますが今回使用するのはその中でも青いパッケージの青缶ニベアです。

≪ニベアパックのやり方≫

  1. ニベアとサランラップと靴下を用意します。
  2. お風呂あがりの清潔なかかとにニベアをたっぷり塗りこみます。
  3. ガサガサがひどい部分をラップで包んで上から靴下を履きます。
  4. そのまま15分程度放置しましょう。

たったこれだけで驚くほどかかとがツルツルになります。乾燥がひどいときにはそのまま一晩過ごすのもさらに効果的です。

ひび割れて痛い時にはワセリンで1晩パック

ひび割れて血が出ていたり痛みを感じる場合は、シンプルなのに万能なワセリンが活躍します。ワセリンは赤ちゃんから使うことのできる安心の保湿アイテムで薬局で購入することができます。ワセリンは原材料である原油を高い純度に精製したもので、中からも外からも皮膚を保護してくれるまさにサランラップのような存在です。

≪ワセリンパックのやり方≫

  1. ワセリン・尿素配合でない保湿クリーム・ガーゼ・ガーゼを止めるテープ・靴下(できれば綿)を用意します。
  2. お風呂にはいってかかとをしっかり洗い、湯船につかって角質を柔らかくします。
  3. タオルドライした後、傷口部分をさけて保湿クリームを塗ります。
  4. その上からワセリンをたっぷり塗ります。(ワセリンは傷口に塗っても大丈夫)
  5. ガーゼを巻き、テープでしっかり固定します。
  6. 靴下を履いて一晩しっかりパックします。

これだけで痛くて歩けないほどのひび割れが少しは改善されます。ですがあまりに出血がひどかったり、痛みを感じる場合は皮膚科を受診して薬を処方してもらうことも大切です。あくまですぐ病院にいけない応急処置として利用するようにしましょう。

普段の生活でコチコチかかとを予防するには

角質ケアや保湿ケアをこまめに行っていても、かかとは常に多くの刺激にさらされています。普段の生活の中で角質に負担をかける行為を少しでも減らすことが大切です。せっかく一生懸命ケアしてもかかとにNGな行為を繰り返していてはあっという間にコチコチかかとに逆戻りしてしまいます。コチコチかかとを予防するために普段の生活でできることを確認してみましょう

裸足で歩かない

裸足で歩くことで足は常に外気にさらされてしまいます。外気にさらされる時間が長くなることで乾燥しやすくなりますし、ゴミやほこり、砂などの汚れや刺激も受けやすくなります。さらに裸足でいることで血行も悪くなり冷え性になりやすくなってしまいます。かかとを守るためにもできるだけ靴下をはいて生活するようにしましょう。

正しい立ち方・歩き方を心がける

立ち方や歩き方の姿勢がゆがんでいると、かかとに過度な負担がかかってしまいます。片足のかかとだけがやたら乾燥していたり、かかとの一部分の乾燥がひどい人は立ち方や歩き方になんらかの癖がある場合が多くなっています。正しい立ち方歩き方は、かかとケアに限らず身体全体の健康と美容にもとても重要です。これを機会にしっかり正しい立ち方歩き方を覚えておきましょう。

はるこ先生
自分の姿勢をチェックしてみる簡単な方法を紹介するわね。壁の前にかかとをつけて立ってみたときに、後頭部・肩甲骨・お尻・かかとの4点が壁にぴったりくっついていれば正しい姿勢ができているということなの。あなたはどうかしら?チェックしてみてね♪

血行をよくする

血行が悪くなってしまうと、新陳代謝が落ちて肌のバリア機能の低下につながってしまいます。お風呂に毎日しっかり浸かる、靴下を履く、エアコンを使いすぎない、冷たいものを飲み過ぎないなど注意するようにしましょう。

またついついやりがちなのがあったか靴下を履いたり、靴下を二枚履きにしたり、夜寝るときも靴下を履く行為です。これらの行為はその瞬間はとてもあったかくなるのですが、そのまま続けることで足が汗をかいて体温を放出しようとしてしまいます。逆に足の血行を悪くしてしまう行為のため足があたたまったらもとに戻すようにしましょう。

編集長のおすすめケアアイテム

はるこ先生
かかとは角質が厚くなっている分、比較的化粧品でのトラブルは起きにくいから香りや感触・価格から自分好みの角質ケア用品・保湿用品を試しながら探していくのがいいわね。自分好みのケア用品を見つけてみてね♪今回は私が特におすすめしたい2つの商品を紹介するわね!

固い皮膚は柔らかくしてから保湿が大切

おすすめ商品をご紹介する前に、かかとが乾燥しやすい人はそもそも身体全体が乾燥しやすくなっている人が多いことに気づきましたか?乾燥肌の人は体質や生活習慣、環境が要因でうるおいを保持できない肌質になっている可能性が高くなってて、かかと意外にもなんらかの肌トラブルを抱えているのではないでしょうか。硬くなってしまったかかとには今回ご紹介した角質ケアと保湿ケアの2ステップケアが大切ですが、それにプラスして全身の乾燥肌を改善することも大切です。

《全身の保湿ケアにも》みんなの肌潤セット

カイテキオリゴなどの健康美容ケア用品でおなじみの北の快適工房から発売されているみんなの肌潤セット全国売上日本一、4年連続モンドセレクション最高金賞受賞したアイテムを含む潤い特化型のスキンケアセットです。このセットにはお風呂で使える入浴剤・潤い化粧水・保湿スキンケアの3つがセットになっています。

商品名成分・効果役割
みんなの肌潤風呂天然温泉成分の明礬温泉の湯の花成分を配合。余分な皮脂や汚れだけを取り除き、多量のミネラル成分がお肌を守ります。「清潔」
天然ミネラルの力で肌を清潔にして、その後のケアの力を高めます。 
みんなの肌潤糖砂糖を原材料とした新発想保湿ケア。特殊加工を施された北海道産のビート糖が優しく肌を保湿します。「浸透」
肌を柔らかくして、潤いを浸透しやすい肌に導きます。
みんなの肌潤ローションこんにゃくセラミドによって不足したセラミドを補給。潤いを逃さず外部の刺激からお肌を守ってくれます。「貯水」
たっぷりの潤いを与えて、ため込み肌から潤いを逃しません。

いつでもストップ自由の安心のお試し定期コースで1回のお届け(1セット)が定価8,960円から15%OFF7,616円(税別)で購入することができます。硬くなったかかとを柔らかくする入浴剤と、保湿ケアがセットになっているためより効果的に成分を浸透させることができます。

みんなの肌潤セット 公式サイトはこちら♪

《乾燥が酷いなら》塗るビタミンC「ビタブリッドCスキン」

ガサガサ超乾燥肌の人におすすめの新感覚の美容ケアのビタブリッドCスキン。皮膚のサイクルに良いチカラを発揮することが分かっているものの、そのままではすぐ酸化して壊れてしまっていたビタミンCを、世界有望8大技術にも選ばれた技術で12時間皮膚の上にとどめることを実現したハイブリッド構造をもつ美容液です。皮膚呼吸によって生まれる老廃物を塗るビタミンCと交換することで、肌奥深くへ美容成分を浸透させます。

  1. 「21世紀の驚異的薬草」としてWHO(世界保険機構)が認定したマデカッソシドを配合。肌鎮静効果と再生効果を与えます。
  2. セリン・ベタイン・加水分解コラーゲンなどによって肌バリアを強化。
  3. 除湿効果の高い特殊セラミックボール内蔵で肌になじみやすい微粒子化。

薬品ではなくビタミンとミネラル配合の製品で、敏感肌の人や肌トラブルに悩む人にも安心して利用することできます。かかとだけではなく全身使えるビタブリッドCスキンは通常価格6,900円(税抜)、定期お届けコースなら最大20%OFF5,520円(税抜)で購入することができます。

ビタブリッドCスキン 公式サイトはこちらから♪

ひび割れまで進む前に柔らかくするケアがおすすめ

かかとのガサガサケアは、たまった角質を取り除く角質ケアと、柔らかくして浸透させる保湿ケアの2ステップが大切なことはお分かりいただけたでしょうか。ですが、一度大きくひび割れてしまうと元の状態になるまでには多くの時間を必要としてしまいます。ついついケアを怠りがちなかかとですが、毎日こまめにケアすることが大切です。角質が硬化してしまう前に対処することを目指しましょう。

またどうしても日々の生活で刺激をうけやすい部分ですから、守ってあげる予防ケアもあわせて行うようにしてくださいね。

アッキー
彼氏の家にいったときに、デートにいったときに、いつ裸足になるかはわからないですよね。いつでもさっと裸足になれるつるつるかかとで素敵女子を目指してみてくださいね!サンダルの季節だけではなく、見えない冬こそケアの本番ですよ!
はるこ先生
見えないところからキレイにするのはとても大切な心掛けよね。それからいろんなかかとケアを紹介したけれど、かかとの角質には身体を支える大切な役割もあるの。ある程度の角質は残しておく必要があるわ。ケアしすぎて角質が薄くなると、今度は違うトラブルを引き起こしてしまうの。角質の削りすぎに注意して正しい角質ケアを目指してね♪

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事