「フラーレン」の効果とは?3つのおすすめ化粧品の口コミから検証

目次

  • フラーレンって一体何に効果があるの?
  • 話題の美容成分「フラーレン」とは?
  • フラーレンの最大の効果は抗酸化作用
  • 具体的なフラーレンの美容効果
  • フラーレン配合の化粧品の選び方Q&A
  • おすすめ化粧品3選!口コミと効果
  • 副作用や毒性はないの?
  • フラーレンはアンチエイジングの救世主!

フラーレンって一体何に効果があるの?

高い美容効果があるとして美容業界から高い注目も集めているフラーレンですが、フラーレンはどんな働きがあるか知っていますか?フラーレンの主な働きは以下の通りです。

フラーレンの主な働き

  • 強い抗酸化作用
  • メラニン生成の抑制
  • 毛穴に詰まった皮脂の酸化を抑制
  • 毛穴を引き締める
  • 角質層を正常に保つ
  • コラーゲン生成

 ではこれらの働きがどのように私たちの肌に影響をもたらすのか、その効果を私、水野が詳しく紹介していきます。またフラーレン入り化粧品の選び方やおすすめの化粧品3選、気になる副作用まで解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

はるこ先生
フラーレンの働きを見るだけでもなんだか肌によさそうですよね。美容に興味がある人はもちろん、肌トラブルで悩んでいる人も必見ですよ。



話題の美容成分「フラーレン」とは?

美容業界でも話題の美容成分フラーレンですが、そもそもフラーレンとは一体どんなものなのか詳しく紹介していきましょう。

1996年ノーベル賞の受賞で脚光を浴びた

フラーレンは1985年にクロトー博士たちによって発見された物質です。その後は研究によってフラーレンの素晴らしい効果が次々と認められ、1996年には発見したクロトー博士たちにノーベル化学賞が贈られました。このノーベル化学賞で一気に注目が高まり、今ではフラーレンを応用して化粧品・美容皮膚科治療・医薬品・スポーツ用品など様々な用途で使われています。

活性酸素を除去する働き

フラーレンはダイヤモンドと同じ炭素同素体で、60個の炭素原子がサッカーボールのような形に組み合わさった構造をしているのが特徴です。フラーレンの最大の魅力は強い「抗酸化作用」で、抗酸化作用が肌の老化の原因でもある活性酸素を除去する働きがあります。そのため美容業界はもちろん、美容皮膚科や医療現場でも注目を集めている成分です。


はるこ先生
フラーレンは抗酸化作用がある事でも有名なビタミンCのなんと約172倍もの抗酸化作用があると言われているのよ。
すごい数字よね。
発見されてまだ期間もあまりたっていないのに、活性酸素を除去する成分No.1に輝いているの。いろいろな分野で注目されるのもよくわかるわよね。

 



脂溶性と水溶性の2種類

フラーレンと一言に言っても水溶性と脂溶性があり、水溶性フラーレンを「ラジカルスポンジ」、脂溶性フラーレンを「リポフラーレン」と呼びます。ではそれぞれの特徴を詳しく紹介していきましょう。

水溶性フラーレン(ラジカルスポンジ)

水溶性フラーレンは、粉状のフラーレンを加工し水に溶かしたもののことです。水溶性フラーレンは水分の多い化粧品と相性が良いので、幅広い化粧品に配合することができるという点がメリットと言えるでしょう。

ただし、水に溶けないフラーレンを水につかすために、PVP(ポリビニルピロリドン)と呼ばれる添加物が含まれています。そのため添加物が気になる人にとっては、デメリットと言えますよね。

脂溶性フラーレン(リポフラーレン)

脂溶性フラーレンは「スクワラン」と呼ばれる物質をフラーレンに混ぜ合わせることで、脂に溶けやすい液状にしたもののことを言います。スクワランは元々私たちの体内に存在する潤い成分なので、肌のと相性も良く浸透性に優れているのが特徴です。またスクワランは深海鮫の肝油やオリーブオイルなど天然のものから抽出されて作れているため、より肌に優しく自然派化粧品にこだわる人には特におすすめと言えます。

ただし脂でできてる油溶性フラーレンは水に溶けにくいため、水溶性フラーレンに比べると高濃度になりにくいといった点がデメリットです。



はるこ先生
ちなみに水溶性は2005年に、脂溶性は2009年に発売されたのよ。それぞれメリットとデメリットがあるから、その点を考慮して化粧品を選ぶといいわよね。



フラーレンの最大の効果は抗酸化作用

上記でも説明した通り、フラーレンの最大の効果は抗酸化作用と言われています。そんな抗酸化作用とは具体的にどのように肌に影響を与えるのか詳しく説明していきましょう。

アンチエイジングに期待

抗酸化作用はアンチエイジング(肌の老化を可能な限り抑制する)効果があると言われています。そもそも肌の老化はなぜ起こってしまうのかというと、活性酸素の増加が原因です。活性酸素とは酸素を取り込んだ時に作られる物質で、非常に強い酸化力を持っています。活性酸素は本来外から侵入してきた細菌をやっつけたり酵素の働きを助けるなど、私たちの健康を維持する為には必要不可欠なものなのです。

しかし強いストレス・食生活の乱れ・喫煙・紫外線などが原因で活性酸素が増加してしまうと、かえって細胞や血管を酸化させてしまいます。酸化するということは、簡単に言うと血管や細胞がさび付いてしまうということです。そのため細胞や血管が酸化するということで、老化が進みハリのない肌・シミ・シワ・そばかすなどが出来やすくなってしまいます

そんな時効果を発揮するのが「抗酸化作用」です。抗酸化作用には上記でも説明した通り、活性酸素を抑制する効果があります。フラーレンにはかなり強い抗酸化作用があるため、老化の原因となる活性酸素を抑制することで肌の老化を最小限に食い止めることができるのです。



抗酸化作用の持続する期間が長い

フラーレンの凄さは強い抗酸化力だけではありません。実は持続時間が長いのも特徴です。ビタミンC誘導体など抗酸化作用を持っている成分の場合、一度抗酸化力を使ってしまうとその効果はなくなってしまいます。しかしフラーレンの場合なんと12時間程度高酸化力をキープし続けることができると言われているのです。


なぜフラーレンは12時間も高酸化力がキープできるの?

それは抗酸化作用の方法に違いがあるからです。
ビタミンCなど通常のものの場合、自ら酸化させることで活性酸素の増加を抑えています。しかしフラーレンはスポンジのように活性酸素を吸収して行くため、長時間抗酸化力を維持することができるのです。

はるこ先生
フラーレンは12時間も高酸化力をキープしているから、朝フラーレン入りの化粧品を付ければ、その効果は夜まで持続させることができるのよ。

 

 

具体的なフラーレンの美容効果

様々な美容効果があると言われているフラーレンですが、具体的にどんな効果があるか紹介していきましょう。

シミ

そもそもシミはメラニンが過剰に作られることで出来てしまいます。メラニンの過剰生成の主な原因は、紫外線活性酸素です。これらが「メラノサイト刺激ホルモン」を刺激することで、メラニンが過剰に作られてしまいます。フラーレンには活性酸素を除去する抗酸化作用に加え、メラニンの生成を抑制する作用もあるのです。そのためシミの予防にも効果が期待できます。

ではすでにできてしまったシミにはどうなのかというと、フラーレンにはメラニンによって既に黒くなってしまった肌を白くする効果もあるため、薄くすることは可能です。しかしどちらかというとシミ予防に効果を発揮すると考えた方が良いでしょう。

毛穴

毛穴が開いてしまったり黒ずむ等、悩みを抱えている人は多いでしょう。毛穴の開きや黒ずみは、皮脂の過剰分泌や紫外線などが原因で活性酸素が増え酸化したことなどが原因で起こります。フラーレンには活性酸素を除去する働きはもちろん、皮脂の酸化を抑えたり毛穴を引き締める効果もあるのです。そのため毛穴の開きや黒ずみにも効果を発揮します。

しわ

そもそもなぜしわが出来るかしっていますか?しわが出来る原因には主に乾燥コラーゲンの減少などがあります。コラーゲンが減少してしまう原因の一つが、紫外線による刺激で増えた活性酸素です。活性酸素にはコラーゲンを分解してしまう作用もあるため、シワが出来やすくなってしまいます。フラーレンにはそんな活性酸素を除去する働きに加え、肌の乾燥を防ぐ効果も期待できるためしわ予防に効果が期待できるのです。


はるこ先生
では既に出来てしまったしわにはどうなるのか気になりますよね。
実はフラーレンは、プラセンタ(胎盤エキス)の約800倍のコラーゲン生成能力があると言われているんですよ。
またフラーレン入りのクリームを2ヵ月使用した結果、しわの面積が少なくなったという検査結果もあります。
そのため既にに出来てしまったしわにも一定の効果があると言えるわよね。


たるみ

顔のたるみがに気なる人も多いのではないでしょうか。たるみの主な原因もしわと同じく乾燥やコラーゲンの減少が原因と言われています。そのためたるみにも効果が期待できるのです。

乾燥

フラーレンは乾燥にも効果があると言われています。そもそも乾燥の原因は、紫外線などの刺激によって増える活性酸素がタンパク質を酸化させてしまうことで起こっています。またコラーゲンの減少も乾燥を引き起こす原因の一つです。

フラーレンは活性酸の除去に加え、コラーゲン生成能力が高い成分と言えます。フラーレンによって生成されたコラーゲンは肌の表面はもちろん、肌の奥深くまで浸透することで肌の内側と外側両方から乾燥を防ぐことが出来るのです

ニキビ

フラーレンはニキビにも効果があると言われています。そもそもニキビは毛穴に詰まった皮脂などが詰まり、アクネ菌が繁殖することで毛穴が炎症を引き起こすことが原因です。なぜアクネ菌が繁殖すると炎症を起こすのかというと、アクネ菌が排出する「ポルフィリン」と呼ばれる物質が紫外線の光を浴びることで活性酸素を大量に発生させます。活性酸素は細胞を攻撃し炎症を起こさせる作用がある為、毛穴が炎症を引き起こしてしまうのです。

フラーレンはポルフィリンが作り出す活性酸素も抑制する働きがあるため、ニキビの原因でもある炎症を抑える効果が期待できます。また毛穴の引き締め効果もある為、毛穴詰まりを防ぐことでニキビ予防にも一役買っているのです。


はるこ先生
フラーレンは炎症を抑制するため、特に赤ニキビに効果があるの。またフラーレンはターンオーバーの正常化や色素沈着の改善する効果もあるため、ニキビ跡にも一定の効果が見込めると言われているのよ。


紫外線対策

紫外線はシミやそばかすなどを始め、肌に様々な悪影響をもたらすことから紫外線対策に力を入れている人も多いのではないでしょうか。フラーレンは紫外線対策としても効果を発揮すると言われています。なぜかというと、フラーレンには紫外線によって作られた活性酸素から肌を守ることはもちろん、メラニンの生成も抑制する効果が期待できるからです。またフラーレンの効果でもお話しした通り、活性酸素の抑制効果は12時間続くことから、長時間紫外線から肌を守ることも出来ます。

髪の毛

フラーレンは髪の毛や頭皮にも嬉しい効果をもたらしてくれると言われています。実は抜け毛や薄毛、ツヤの無くなったパサパサの髪は活性酸素が大きく関係していると言われているのです。そもそも髪は18種類のアミノ酸で作られているのですが、活性酸素が増えるとそれを除去するためアミノ酸が使われてしまいます。髪の栄養となるアミノ酸が減少することで、髪に栄養が行き渡らなくなってしまうのです。また活性酸素は髪を作り出す毛母細胞や頭皮の細胞を破壊することで、頭皮が老化してしまいます。そのため活性酸素が原因で頭皮が衰え、抜け毛や薄毛、ツヤのない髪に繋がるのです。フラーレンはそんな活性酸素を抑える働きがあることから、髪にも効果的と言えるでしょう。


アッキー
抜け毛や薄毛、髪のダメージが気になる人はフラーレン入りのシャンプーやトリートメントを使うと良いですよ。
ただし水溶性フラーレンにはポリマーという添加物が入っているため、万が一何らかのトラブルが出た場合はすぐに使用を中止しましょう。
でもフラーレンは安全性の高い成分なので、そこまで気にする必要はないですけどね。

フラーレンはこんな人におすすめ

  • シミ・しわ・たるみを予防したい人
  • ニキビや毛穴の目立ちで悩んでいる人
  • 乾燥肌で悩んでいる人
  • 肌の老化を予防したい人
  • 抜け毛や薄毛、髪のダメージを改善したい人

 

 

はるこ先生
チェックリストに該当する人は、ぜひ一度フラーレンを試してみて!


フラーレン配合の化粧品の選び方Q&A


フラーレンが入っていればどんな化粧品でも良いのかというと、そうではありません。ではどうやって化粧品を選べばよいのか、気になる疑問と合わせて紹介していきましょう。

濃度によって効果に違いがあるの?

はい、違いがあります。
フラーレンの場合、濃度1%以上が理想的とされています。そのため1%未満のものは十分に効果が得られないことがありますので、濃度が1%以上の物を選ぶと良いでしょう。
ただし1%配合されていれば十分効果が期待できるため、それ以上濃度が高いものを選んでもさほど効果は変わらないと言われています。

化粧品に使われているフラーレンの種類は?

化粧品には水溶性・脂溶性・水溶性と脂溶性の両方使用の3種類あります。その中でも一番多く化粧品に配合されているのが水溶性入りです。また両方配合されているものはそれぞれの特徴を持ち合わせているため、より肌に浸透すると言われています。

他に配合されていると良い美容成分は?

ビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体は活性酸素を抑える抗酸化作用に加え、新陳代謝アップや美容成分コラーゲンを作り出すなど、美肌に効果的と言われています。そんなビタミンC誘導体と相性が良いのがフラーレンです。フラーレンとビタミンC誘導体を一緒に取り入れることで、よりビタミンC誘導体の効果が得られます。
ビタミンC誘導体の中でも特に相性が良いのが「APPS」と呼ばれるものなので、この成分が一緒に入っているものを選ぶと良いでしょう。

化粧品についているロゴマークは何ですか?

ロゴマークは、フラーレンが1%以上配合されているもののみについているマークです。
マークには3種類あり、「R.S.」は「ラジカルスポンジマーク」で水溶性フラーレン配合のもの。「L.F.」は「リボフラーレンマーク」で脂溶性フラーレン配合のもの。「Radical Sponge LipoFullerene」は「ダブルフラーレンマーク」で両方配合されています。

そのため、ロゴを目印に化粧品を買うと良いです。



はるこ先生
フラーレン入り化粧品の選び方を簡単にまとめると、ロゴマークがついているものやビタミンC誘導体配合のものを選ぶということね。
また脂溶性・水溶性・両方配合のものがあるから、自分の肌に合わせて選ぶのも大切なポイントよ。ちなみにはるこ先生のおすすめは、やっぱり両方配合されているものかな。


おすすめ化粧品3選!口コミと効果

フラーレン配合のおすすめ化粧品の効果や口コミなどを詳しく紹介していきましょう。

《Wフラーレン配合》ビューティーモール 

ビューティーモールの商品の中でWフローラン配合のものは、フラーレン日焼け止めナノモイストUVやWフラーレンオールインワンジェルリッチなどがあります。その中でも特におすすめなのが、「ダブルフラーレンマーク」を取得している「フラーレン日焼け止めナノモイストUV」です。ナノモイストUVは濃度1%以上のWフラーレンをはじめ、メラニン生成抑制・コラーゲン生成・抗酸化作用などの効果がるビタミンC誘導体、肌のバリア機能を高め肌荒れを抑制するビタミンE誘導体配合。また通常のヒアルロン酸より長時間肌に留まり続けることができる3Dヒアルロン酸や、紫外線を浴びると自ら保湿成分へと変化するOTZも配合されています。そのためUV効果はもちろん、長時間の保湿効果や肌トラブル防止にも一役買っているのです。

商品情報

商品名フラーレン日焼け止めナノモイストUV 
主な有効成分

Wフラーレン・ビタミンC誘導体(APPS・VCエチル・VCIP・APS)・ビタミンE誘導体(TPNa)・OTZ(オキソチアゾリジン)・3Dヒアルロン酸・マコンブエキス・メリロートエキス

商品の特徴

・「ダブルフラーレンマーク」を取得

・UVカットはもちろん、化粧下地・毛穴のカバー・美容液・パックとしての役割もはたす。

・アルコール・合成香料・パラベン・鉱物油・紫外線吸収剤・合成着色料未使用。

容量30g
価格

6,804円(税込)


口コミ

  •  
  • 使えば使うほど調子が良くなる
    41歳 敏感肌
    使えば使うほど肌の調子が上がる、日焼け止めでした。 すごく衝撃を受けた商品でした。 そもそもあまりフラーレンというものを知らなくてつかっていたのですが、 時間が経っても結構きれいな状態を保てていてあと、メイクを落としたあとも肌がきれいなんです。これ、色はついていなくて、どちらかというと白めなほうですが、毛穴カバー力があるのですっぴんで使えます。

    @コスメ

 

  •  
  • ニキビができにくくなった
    26歳 普通肌
    大好きな日焼け止めで日本初のダブルフラーレンという日焼け止め。 フラーレンを配合したコスメを使い続けていたらいつの間ににきびができにくくなっているので下地として毛穴カバー力もあるのですでに3本目くらいです。 使いやすくてハンドケアとしても使っています。

    @コスメ

 

  •  
  • メイクの仕上がりが白っぽくなる
    50代 乾燥肌
    冬でもしっとり、ノビもよくてべたつかず使いやすい日焼け止め。 ただ製品の色が白いので、メイクの仕上がりが若干白っぽくなる気がします。

    @コスメ

 


口コミの結果、日焼け止めとは思えない程のしっとり感、化粧を落とした後にも肌がぷるぷるしている、肌の調子が良くなったという声が大多数でした。ただ中には効果は実感しているものの、色が白いためメイクの仕上がりに影響が出るといった意見もあります。

はるこ先生
口コミを見てもわかるように、保湿能力の高さはもちろん使えば使うほど肌の調子が良くなるみたいね。化粧下地や美容液としても使えるから、忙しい人にもおすすめの1本と言えるわよ。

フラーレン日焼け止めナノモイストUVはこちら

《水溶性フラーレン》トゥヴェール 水溶性フラーレン

トゥヴェール 水溶性フラーレンの特徴は、原料メーカー基準内の最大濃度の10%配合しているということです。そのためフラーレンの効果を最大限実感することができます。ただし、フラーレン以外の有効成分が特に配合されていないシンプルなものなので、ビタミンC誘導体入り化粧品などと合わせて使うこと良いでしょう。

商品情報

商品名水溶性フラーレン 美容液
主な有効成分水溶性フラーレン
商品の特徴

・「リポフラーレンマーク」を取得

・フラーレン濃度10%。

容量3ml・10ml・20ml
価格3ml:864円(税込)・10ml:2,268円(税込)・20ml:3,618円(税込)


口コミ

  •  
  • 使い勝手がいい
    28歳 混合肌
    化粧水にまぜたり、美容液にまぜたりと使いかっていいです。 使い始めてから、お肌が強くなったような気がします。さらさらだけどもちもちに。

    @コスメ

 

  •  
  • ニキビが消えた
    32歳 敏感肌
    一時期原因不明の大人ニキビに悩まされたときにハトムギ化粧水に一滴垂らして使ってました。 しばらくして気付いたらニキビが消えていたのでこれが効いたのだと思います。

    @コスメ

 

  •  
  • くすみは改善されない
    51歳 敏感肌
    これをつけるととてもしっとりします。 フラーレンによる肌荒れや化粧カブレもなし。 けど、私のくすみ敏感肌を改善してくれているという実感は余りありません。

    @コスメ

 

 口コミの結果付けるととてもしっとりする、肌がもちもちするといった声が多く見受けられました。また肌トラブルが治まった、敏感肌の私でも特にトラブルなく使えるといった声もある中、あまり効果が実感できなかったという人もいるようです。


アッキー
口コミを見て思ったのが、皆さん化粧品や乳液などに混ぜて使っている人が多かったということです。混ぜて使うことでより効果が得られるということなので、化粧品や乳液に混ぜて使うと良いかもしれませんね。

 

 水溶性フラーレン3mlはこちら

 水溶性フラーレン10mlはこちら

水溶性フラーレン20mlはこちら

《脂溶性フラーレン》リポフラーレンオイル5%アルガンオイル・ザクロ・ダマスクローズ

リポフラーレンオイルは脂溶性フラーレンと相性が良いビタミンC誘導体やビタミンE配合で、肌の奥まで有効成分がしっかり浸透し肌に潤いとハリを与えます。また抗酸化作用に加え、コラーゲン生成や皮膚の修復・再生などに効果があるザクロオイルを始め、希少価値の高い天然オイル5種類を配合。これらのオイルが加わることでシミ・たるみ・シワの予防などにも効果を発揮します。

商品情報


商品名【フラーレンオイル】リポフラーレンオイル5%アルガンオイル・ザクロ・ダマスクローズ
主な有効成分脂溶性フラーレン・脂溶性ビタミンC誘導体(VC-IP)・ビタミンE・アルガンオイル・ザクロオイル・ローズヒップオイル・ダマスクローズオイル・メドウフォームオイル
商品の特徴

・「リボフラーレンマーク」取得

・オリーブオイルから抽出した植物性スクワランを使用

・皮膚刺激性テスト済

・顔・ボディ・爪・髪など全身に使える。

容量20ml
価格5,400円(税込)


口コミ

  •  
  • 半日たっても肌が元気
    41歳 混合肌
    オイルなのにサラサラの使い心地で、べたつきなくお肌がしっとりツヤっとして、半日経っても肌が疲れません。オイル後のコスメも浸透がよくて、化粧崩れも少ないような気がしています。

    @コスメ

 

 

  •  
  • 肌のかゆみが治まった
    26歳 普通肌
    もともとオイルはあまり好きではありませんのでファンデーションや、日焼け止めなどに混ぜたり、ヘアケアとしても使っています。 アトピーっぽい肌だったのが今ではかゆくなくなりました。 少々お高いですが、それに見合う価値のある商品ばかりで好きです。 毛穴がなくなるのがフラーレンの特徴のような気がします。

    @コスメ

 

 

  •  
  • 浸透性はイマイチ…
    52歳 混合肌
    他の美容オイルに比べると結構重いです。浸透も、う~~ん。馬油とかは洗顔後濡れた顔のまま塗るとあっという間に浸透しますが、こちらはちょっと時間がかかりました。(自分はね)ただ肌にツヤがでて、毛穴が縮みます。これは嬉しい効果。シワには今ひとつですかね。

    @コスメ

 

口コミの結果肌がしっとりモチモチになる、オイルなのにベタつかなくて使いやすい、毛穴が目立たなくなったといった声が多く見受けられました。また髪に付けたらダメージヘアが落ち着いた、髪がツヤツヤになったなど、顔以外にもオイルの効果を実感している人もいます。ただ中には思っていたより浸透力が良くない、可もなく不可もなく普通といった声もありますが、皆さん少なからず効果は表れているようです。


 リポフラーレンオイル5%アルガンオイル・ザクロ・ダマスクローズはこちら



はるこ先生
実は2016年12月に ビューティーモールから待望の新製品、脂溶性フラーレン配合の「LF7 フラーレンセラム」という美容液が発売されたの。残念ながら発売したばかりだから口コミはないんだけど、注目の商品なので簡単に紹介するわね。

「LF7 フラーレンセラム」

浸透性のよい脂溶性フラーレンに加え、水溶性ビタミンC誘導体よりもさらに浸透率の良い脂溶性ビタミンC誘導体(VC-IP)、肌荒れ防止や抗酸化作用があるビタミンE誘導体(TPNa)配合。これらの成分が肌の奥深くまで浸透することで肌に潤いとハリを与え、弾力のある若々しい肌に導いてくれます。

【商品情報】

商品名LF7 フラーレンセラム【フラーレン美容液】
主な有効成分脂溶性フラーレン・脂溶性ビタミンC誘導体(VC-IP)・ビタミンE誘導体(TPNa)
商品の特徴

・「リボフラーレンマーク」取得

・希少価値が高く肌にやさしい植物性スクワランを使用

・アルコール・合成香料・合成着色料・防腐剤・シリコーン・界面活性剤未使用。

・顔・ボディ・爪・髪など全身に使える。

容量20ml
価格4,320円(税込)

LF7 フラーレンセラムはこちら


副作用や毒性はないの?

優れた美容効果を持つフラーレンですが、やはり気になるのは副作用ではないでしょうか。ではフラーレンに副作用などはあるのか紹介していきましょう。

副作用の報告はなく安全な成分

フラーレンの副作用ですが、今のところ目立った副作用は報告されていません。ただし、フラーレンは2005年に初めて化粧品の成分として使われ出した歴史的にも新しい成分です。歴史が新しい分、抗酸化作用の強いフラーレンを今後何十年と使い続けた場合、肌にどのような影響があるのかはわかっていません。そのため今現在は安全な成分と言えますが、未知の部分もあるという事を覚えておきましょう。

フラーレンはアンチエイジングの救世主!

フラーレンは抗酸化作用を始め、コラーゲン生成能力やメラニン抑制など、私たちの肌にとって嬉しいことがぎっしり詰まった成分です。特に強い抗酸化作用はアンチエイジングの救世主的存在。また安全性にも優れているため、敏感肌の人にも使いやすいという点も嬉しいですよね。今回紹介した化粧品の選び方やおすすめの化粧品を参考に、ぜひフラーレンを存分に利用してハリのある若々しい肌を手に入れてみてはいかがでしょう。

 

アンチエイジング効果で話題のフラーレン、その美容効果は想像以上です。ビタミンCの125倍という抗酸化力はほかの美容成分と結びついてさらに高い効果を発揮。喜びの口コミもたくさんあります。おすすめ化粧品もご紹介。フラーレンのすべてが分かります!

 

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事