合成ポリマー化粧品の真実。肌に悪い影響を与える成分と正しい知識を身につけよう

目次

  • ポリマー入りの化粧品が肌に与える影響は?安全性や成分を徹底分析
  • そもそもポリマーとは?
  • 必要性はあるの?合成ポリマーの持つ役割
  • 合成ポリマーの成分と種類
  • ポリマー入りの化粧品が肌に与える影響
  • 選ぶなら無添加!ノンポリマー化粧品おすすめランキング
  • いつまでも綺麗な肌でいるために。オーガニックな化粧品を選ぼう

ポリマー入りの化粧品が肌に与える影響は?安全性や成分を徹底分析

化粧品には合成ポリマーというものが使われているってご存知でしたか?もともと合成ポリマーはメイク用品に使用されていて、メイクを落ちにくくするために使用されていたのです。そして、その落ちにくいメイクを落とすために、洗浄力の高い石けんでメイクを落とす必要が出てきました。洗浄力の高い石けんで顔を洗うと、乾燥した状態になるから保湿力の高い化粧品が必要に。保湿力の高い化粧品を作るために合成ポリマーを添加する……というなんとも言えない悪循環に陥っているのです。

合成ポリマーの入っている化粧品を使うとそのときは肌にハリが出て潤いに満ちているようにも感じます。そして、一時的に肌がふっくらしてしわが消えたように感じられるんですが、これって本当にお肌のためにはいいのでしょうか?はるこ先生と一緒に合成ポリマーについて勉強していきましょう。

そもそもポリマーとは?

ポリマーというのは、そういう物質があるわけではありません。言葉の意味としては「重合体」と言って、単量体(モノマー)と呼ばれる基本単位が数百以上つながったものをポリマーと言うそうです。身近なものとして、ナイロンなどの合成繊維やビニール袋などに使われているポリエチレンという合成樹脂、シリコンオイルやシリコン樹脂、合成ゴムやポリウレタンなど。それらの物質を総称して「合成ポリマー」って言うのです。合成ポリマーが使われているものにオムツがありますが、水分を吸収して保持するというのがよくわかりますよね。

必要性はあるの?合成ポリマーの持つ役割

合成ポリマーが入っている化粧品は、一瞬にして肌にハリが出たり、リフティング効果が出たりすると言われます。つまり、肌の表面にビニールを貼ったような感じになるために、お肌がピンと張ってツルツルに潤って見えるのです。合成ポリマーはたくさんの水分を保持できます。それがお肌の表面に乗ると、しわなどに入り込み、皮膚が一時的にふっくらとするからしわが消えたように見えるんです。

合成ポリマーの成分と種類

化粧品に使われている合成ポリマーにはいくつか種類があります。合成ポリマーがどんなものか少しでも分かれば、化粧品を選ぶ参考にもなるはず。それぞれの成分の特徴について詳しく見てみましょう。

水溶性ポリマー

一般的には、天然のポリマーであるヒアルロン酸やキサンタンガムなどと同じように水に溶け、粘度をもっているものを水溶性ポリマーと言います。増粘剤やゲル化剤として使われているんです。水溶性ポリマーの代表的なものはカルボマーや水溶性コラーゲン、加水分解ケラチンと呼ばれている物質。肌のしっとり感を長持ちさせる効果があると言われています。この水溶性ポリマーが化粧品には主に使われているんです。

シリコーンポリマー

ケイ素系の合成ポリマーです。汗に強いファンデーションや落ちにくい口紅などに使われています。その他には皮膚の凹凸を消したり、ツヤ出しに使われることも。撥水性の高い皮膜剤として使われるんですね。表示には「シリコーン」と書いていないので少し分かりづらいです。「ジメチコン」、「トリメチコン」などがケイ素系の合成ポリマー。使用されているので表示をしっかり確認してみてください。

ジェル

ジェルは水溶性のポリマーが水溶液になったもの。化粧水→美容液→乳液→クリームの順に合成ポリマーの濃度が高くなります。水溶性ポリマーは低い濃度で作ることができるため、成分表では表示順位が下の方にあることが多く、分かりづらいのが特徴。特にいろいろな成分が入っていて「お肌にいいですよ!」って言っている化粧品にも実は水溶性ポリマーが使用されている!なんてことも。成分表示はしっかりと確認した方がよさそうです。

はるこ先生
「カルボマー」や「~メチコン」っていう表示がないか確認してね。これが合成ポリマーを見分けるポイント!

ポリマー入りの化粧品が肌に与える影響

ほとんどの男性は顔を洗った後、化粧品など使わずそのまま過ごす人が多いですよね。それは、お肌には自ら潤う力が備わっているから、本来なら何もする必要がないからなのです。化粧品を使うことでお肌を「過保護」にしてきたから、皮膚の構造を壊してしまっているというわけ。

合成ポリマーの入った化粧品を使い続けるとどうなると思いますか?誰の肌にも備わっている天然の潤い「セラミド」が減ってしまって、自分自身では潤いを保てないようになってしまうのです。さらに、合成ポリマーは汗も油も通さないと言われています。そのため、肌の常在菌にもよくないようです。中でも「シリコーン」は肌の耐水機能を高めてしまう効果があると言われています。シリコーンの作用で、汗をかいても肌に吸収される前に蒸発してしまって肌が乾燥してしまう原因に。

アッキー
日焼け止め下地やファンデーションなどに多く使用されているから注意してね。

選ぶなら無添加!ノンポリマー化粧品おすすめランキング

イオナスキンローションブリリアント

うるおいをたっぷり与えて輝く素肌を保つ、さっぱりタイプの化粧水です。古い角質を取り除き、肌の生まりを助ける成分や、シミの原因を取り除く成分配合。引き締め効果もあり肌本来の保水力を調えてくれるでしょう。

・価格 120ml 2,900円(税抜)

水、エタノール、グリセリン、岩石抽出物、クエン酸、パンテノール、グリチルリチン酸2K、乳酸Na、クエン酸Na、マンニトール、メチルパラベン

Source: https://www.iona-intl.com/io/products/ingredient.html#04


イオナスキンローションブリリアント

リフトボーテ エクサローション 

ヒアルロン酸の10倍の保水力で肌本来の働きを守ると言われる化粧水です。肌のきめを調えて、潤いを与える成分や抗酸化作用のある成分が配合されているので健やかな肌へと導くでしょう。ローズ水配合で、ほのかな優しい香りが心を和ませてくれます。

・価格 100ml 5,400円(税込)

水、BG、エタノール、グリセリン、ペンチレングリコール、ローズ水、アスコルビルリン酸Na、ホエイ、スイゼンジノリ多糖体、ヒアルロン酸Na、ヒポファエラムノイデス種子油、ピチア/レスベラトロール発酵エキス、セイヨウミザクラ果実エキス、クエン酸、キサンタンガム、クエン酸Na、グリチルリチン酸2K、タンニン酸、1,2-ヘキサンジオール

Source: https://www.liftbeaute.jp/shopdetail/000000000001/

リフトボーテエクサローション

華密恋 ナチュラルスキンローション

カモミールの自然の恵みをローションにギュッと詰めた、100%天然由来成分化粧水です。カモミールのもつ保湿成分がお肌に水分を与え、乾燥を防ぐ効果が期待できます。さっぱりした使用感なのに、長時間しっとり。肌本来の美しさを手に入れることができるでしょう。オーガニック精油の香りが心も癒してくれます。

・価格 120ml 3,800円(税抜)

水、エタノール、グリセリン、カミツレエキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、リゾレシチン、クエン酸、ローマカミツレ油*、ベルガモット果実油*、香料*(天然香料:アトラスシーダー)*(※*印はオーガニック原料を使用 ベルガモット果実油は光毒性のないフロクマリンフリーです。)

シーボディ VCローション

毛穴トラブルやニキビに悩んでいる方におススメの化粧品です。角質ケアやアクネ菌に有効な成分配合で、毛穴やニキビケアに最適と胃されています。お肌に優しい無添加処方なので、敏感肌の方でもお使いいただけます。

・価格 150ml 8,640円(税込)

水、ペンチレングリコール、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、レチノイン酸トコフェリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トコフェロール、サリチル酸、セイヨウオトギリソウエキス、オウレンエキス、カンゾウ根エキス、セイヨウハッカ葉エキス、オウバクエキス、アルギニン、クエン酸、グリセリン、BG、フェノキシエタノール、EDTA-4Na

Source: https://ec.sibody.co.jp/products/detail.php?product_id=12

シーボディ VCローション


北海道純馬油本舗 白樺化粧水

 白樺樹液から生まれた、無添加化粧水です。潤い成分がお肌を健やかに保ってくれるでしょう。香料や着色料などはもちろんのこと、化粧水を作るときに必ずと言っていいほど配合される水やアルコールも全く入っていません。自然の恵みをぜひお試しください。

・価格 180ml 3,780円(税込)

白樺樹液・白樺の葉

Source: https://item.rakuten.co.jp/bayubayu/c/0000000220/

北海道純馬油本舗 白樺化粧水

いつまでも綺麗な肌でいるために。オーガニックな化粧品を選ぼう

合成ポリマーがお肌にとってあまりよくないものであるというのはお分かりいただけましたか?すべての合成ポリマーが「悪い」ものというわけではないのだけど、使い続ければお肌に悪影響を与えることになりかねません。いつまでもきれいな肌でいるためには、やっぱり合成ポリマーが無添加のものを使う方がいいですよね。肌本来の潤いを保っていつまでもきれいでいましょう。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事