弱酸性の石鹸はあるの?アルカリ性とメリット・デメリットを比較|肌に合った石鹸の選び方を徹底解説

目次

  • 弱酸性の石鹸ってあるの?メリット・デメリットを徹底調査!
  • すべての石鹸が「アルカリ性」な理由とは?
  • 弱酸性石鹸のメリット・デメリット
  • おすすめのボディ用弱酸性石鹸
  • デリケートゾーンのお手入れは弱酸性石鹸がおすすめ
  • アルカリ性の石鹸シャンプーはどんな人におすすめ?
  • 使う場所や肌の状態で弱酸性・アルカリ性を見極めよう!

弱酸性の石鹸ってあるの?メリット・デメリットを徹底調査!

皆さんはいつも洗顔をするとき、石鹸で洗っていますか?洗顔フォームでしょうか。ジェルやパウダー、スクラブに泡立たない洗顔料なんてものもありますね。今回はその中でも優しい洗い心地が特徴の「弱酸性石鹸」に焦点を当てて、私、はるこ先生と一緒に見ていきましょう。洗顔はできるだけ石鹸を使いたい、でも普通の石鹸と弱酸性石鹸は何が違うの?と言うあなた、必見です!

アッキー
はるこ先生~僕いいこと思いついちゃいました☆肌って弱酸性なんですよね。だったら洗浄料も全部弱酸性にしたらいいんじゃないですか?肌に優しく洗いあがりますよ。
はるこ先生
甘い!も~アッキーが甘すぎて血糖値が上がっちゃうわ。弱酸性が肌に優しいのは本当だけど、じゃあ全部弱酸性にしちゃえばいいかってそんな単純な話ではないの。皮膚科の先生が「普通の石鹸」を勧めるのには理由があるのよ。「肌に優しいから弱酸性にしよう」と思っていたみんなも、ちょっと今日はそこのところバッチリ確認していきましょう。
アッキー
え?普通の石鹸って……弱酸性の石鹸と普通の石鹸って何が違うんです?はるこ先生、待ってくださいよー!

すべての石鹸が「アルカリ性」な理由とは?

実は「石鹸」と呼ばれるものはすべてアルカリ性。アルカリ性は酸性である油やたんぱく質を溶かします。そのため、食器用洗剤も洗濯洗剤も中性かアルカリ性がほとんどでしょう。

石鹸が全てアルカリ性である理由

「石鹸」に分類されるものは、すべてアルカリ性です。それは何故かと言えば、話は単純。アルカリ性の物質と油脂で作られているから。アルカリ性の物質とは、「苛性ソーダ」のこと。以前手作り石鹸が流行した時期がありましたが、薬事法(現薬機法)が改訂されてから入手は劇物取り扱いに関する免許がないとほぼ不可能になりました。苛性ソーダは劇物で事故の可能性がありますから、一般の人には売れない!となったのです。


苛性ソーダはさておき、石鹸はそんな風に必ずアルカリ性の苛性ソーダと油脂を熱し、鹸化反応と呼ばれる「石鹸のもと」の状態にして行き作られます。(熱さずに作る方法もありますが、基本的にはこの方法です)油脂は中性なので、中性とアルカリ性の苛性ソーダを混ぜても酸性にはなりません。よって石鹸はすべてアルカリ性になるのです。

アッキー
石鹼は全部アルカリ性!?じゃあ「弱酸性石鹸」ってなんです?
はるこ先生
確かに不思議ね。その前にちょっと「アルカリ性」の働きを見てみましょうか。「弱酸性が一番!」と思っている人も、ぜひのぞいてみてほしいわ。

なぜ昔ながらの石鹸はアルカリ性なのか

石鹸はすべてアルカリ性。それは昔からずっと変わりません。どうしてアルカリ性が洗浄剤として重宝されているかと言えば、アルカリ性である石鹸には2種類の高い洗浄力があるからです。

  • 油分と反応し、その油を石鹸のように変えてしまう働き
  • たんぱく質汚れの結合をカットし落としやすくする働き

つまり油汚れにもたんぱく質汚れにもいいので、食器洗剤・洗濯洗剤・そして石鹸にも向いているのです。

はるこ先生
「水で落ちる!」なんて書かれて売られているあの水も、実はただの水ではなく水を電気分解した強いアルカリ水なの。だから油が驚くほど落ちるのね。でも水じゃなくてアルカリ水だから、素手で扱っていると手の脂まで取ってしまって「なんだか知らないうちに手が荒れてる……。」なんてことにもなりかねないから注意よ。

 

アッキー
ん?じゃあ弱酸性ってなんのためにあるんです?どうやって汚れを落としてるんですか?
はるこ先生
そこで出てくるのが、水にも油にもなじみやすい「界面活性剤」よ。勘がいい人ならわかったかもしれないけど、「弱酸性の石鹸」はこの界面活性剤から作られたものなの。

「弱酸性石鹸」とは、合成界面活性剤を固形石鹸の形にしたもの

 「石鹸」はすべてアルカリ性なので、弱酸性の石鹸は存在しません。「弱酸性の石鹸」と呼ばれるものもその中身は合成界面活性剤。合成界面活性剤を硬めにまとめて石鹸の形にしたものがそう呼ばれているのです。合成界面活性剤と言うと「肌に悪そう!」と思う人もいるかもしれませんが、実は乳液やクリームにも当たり前のように入っている成分です。水にも油にもなじみやすいので、効率的に汚れを浮かせる働きがあります。


問題は界面活性剤の方ではなく「弱酸性」と言う点です。弱酸性は肌に優しいというイメージから、弱酸性にするためだけに洗浄力の強い界面活性剤が入れられている商品もあるのです。ですから弱酸性石鹸を選ぶときには、中身をしっかりチェックすることが重要です。

弱酸性石鹸のメリット・デメリット

前提として、「良い成分で作られている弱酸性石鹸」を使った場合のメリット・デメリットを考えてみましょう。肌に刺激になるような成分がたっぷり入った「弱酸性の石鹸」はそもそも選ばないようにしてほしいです。何を選んだらいいかわからない、そんなあなたも大丈夫。後できちんとアイテムもチェックしていきます。

メリット

肌は弱酸性です。ここにたんぱく質汚れや脂質汚れがたまっていくので、汚れを落とすことだけ考えればアルカリ性の石鹸を選ぶに越したことはありません。

しかし、たんぱく質や脂質を落としてしまうアルカリ性では、肌が弱っていると必要以上に皮脂が落ち肌が荒れることも……。弱酸性石鹸はそんなデリケートな肌質の人にも優しい洗い上がりになります。

デメリット

弱酸性の石鹸は洗浄成分が優しく、古い角質を落とす効果は弱いとされます。つまり健康的な肌の人が特に理由もなく弱酸性を選んでいると、古くなった角質が知らずに溜まっていき、肌のごわつきや毛穴のつまりによるニキビ、吹き出物、肌荒れを感じることがあるかもしれません。他にもあまりよくない成分で作られた弱酸性石鹸は、強力な成分を添加物でごまかしているケースもあります。今使っている洗顔料が「肌に優しい弱酸性なのに、なんだか使うほどに肌荒れを感じる」と言う人は注意ですよ。

アッキー
うーん、乾燥肌やアトピーで悩んでいる人は良さそうですが、普通の肌の人やオイリー肌の人はやっぱり普通の石鹸が良さそうですね。
はるこ先生
そうね、でも多くの人はそんなに簡単に自分の肌質を見分けられないと思うから、肌の状態によって使い分けるのもいいと思うわ。普段は弱酸性石鹸、皮脂詰まりが気になったら普通の石鹸、と言う感じでね。自分の肌状態と向き合うのも美肌には大切よ。

おすすめのボディ用弱酸性石鹸

弱酸性石鹸と言えば「ミノン」とも言えるくらい、有名であり成分も信頼できる内容となっています。ボディ用弱酸性石鹸としてみていきますが、もちろん顔に使ってもOKですよ。ミノンには洗顔専用の「フェイシャルウォッシュ」もありますから、あわせてチェックしてみてください。

ミノン薬用スキンソープ

乾燥肌で冬は粉を吹いてしまうくらい、と言う人におすすめの「ミノン薬用スキンソープ」弱酸性石鹸であり、かつアミノ酸系界面活性剤(洗浄成分)なので、肌に優しくマイルドに洗い上げられるでしょう。アミノ酸系洗浄成分と言えば、ちょっとお値段の張るシャンプーでもおなじみ。ミノンスキンソープをシャンプーとしても活用している人がいるほどです。


こちらは「弱酸性にするためだけにきつい洗浄料を使って、そのきつさをごまかすために添加物ドサドサ入れてる」と言う部類の洗浄料ではないようです。たった4つの成分から作られており、洗浄成分自体が肌にマイルドなアミノ酸系、色を付ける成分として酸化チタン、さらに水道水の中の金属イオンを不活性化させる成分であるEDTA-2Na(エデト酸ナトリウム)が配合されています。簡単に言えば泡立ちを良くするものです。


無香料・無着色・防腐剤も無添加で低刺激性な作りになっています。アレルギーの原因物質もできるだけカットされているようですが、成分の残り1つである「セタノール」だけ稀にアレルギーとなり得る物質です。以前にスキンケア用品で反応のあった人は注意しておきましょう。ドラッグストアやAmazon等で購入でき、価格は700円前後となっています。

  •  
  • 何よりよかったのが、
    これで洗顔した後、何もつけなくても粉を吹かない!!乾燥しない!!翌朝程よい感じにちゃんと皮脂が出ている!!弱酸性のチカラを感じました。 当然、洗浄力は白いせっけんに劣ると思います。けれど、私が今求めていたのは、洗浄力より乾燥しない石けんだったので、いいんです。 もう当分、この石けんを使い続けると思います。

    @コスメ

  •  
  • 洗顔後に
    口もとが白くカサカサする私と中3の息子。ミノンスキンソープを使い始めてから数日後、ふと気付きました。口もとが白くカサカサしていない!皮脂を守ってくれている?そんな気がします。使い続けてみようと思います。

    @コスメ

アッキー
弱酸性石鹸って選ぶのが難しそうですけど、信頼できそうな石鹸があってよかったです♪乾燥肌がひどくて粉を吹くレベルの人は、まずはミノンから試してほしいですね。ちなみにはるこ先生、「添加物ドサドサで無理やり弱酸性にしてる」ってどんな商品ですか?
はるこ先生
もちろんそれが肌に合って使い続けている人もいるだろうけど、「弱酸性」を売りにしていて、裏を見たら成分表にぶわーっと成分名が並んでいるようなものはちょっと避けておいた方が無難かもしれないわ。

ミノン薬用スキンソープはこちら

デリケートゾーンのお手入れは弱酸性石鹸がおすすめ

デリケートゾーンを洗うとき、通常の石鹸やボディソープで洗って染みたことがありませんか。デリケートゾーンはとても繊細な場所ですから、アルカリ性の石鹸やボディソープで洗って染みたことはある人は弱酸性石鹸がおすすめです。


ただしこの場所は脇の下と同じで、アポクリン汗腺がある場所。つまり腋臭体質の人は臭いも発生しやすいところです。その場合は、やはりきちんと汚れや臭いの原因を落とせるアルカリ性石鹸が良いでしょう。自分の肌質を確認して決めていきましょう。

なぜ弱酸性がいいの?

女性に限った話になってしまいますが、デリケートゾーンは非常に複雑な形になっており、ササッと洗ったくらいでは洗い残しができてしまうことも。かといって普通の石鹸では長い時間使っていると染みてきてしまうかもしれません。そんなとき弱酸性の石鹸ならば、染みることなく細かいところまでしっかり洗えるでしょう。


「膣内は酸性だから弱酸性の石鹸がいい」と言う意見もありますが、むしろ膣内は洗ってはいけません。膣内は何もしなくても常在菌の働きでpH4程度の弱酸性に保たれています。ここで悪い菌が膣内に入り込むのを抑えているのです。なのに中までしっかり洗ってしまってはせっかくの常在菌を殺菌してしまうことに。自ら悪い菌を呼び寄せてしまうことになるので、膣内まで洗うのはやめましょう。

アッキー
やっぱり刺激を感じやすい部分ですから、優しく洗い上げたいですね。デリケートゾーン専用の石鹸ってあるんですか?
はるこ先生
基本的にはミノンで全身洗えるし、デリケートゾーンもミノン薬用スキンソープで良いと思うわ。参考までに、デリケートゾーン用の洗浄料を見ていきましょうか。

pHケアーフェミニンウォッシュ

ボディソープ状のさらさらとした弱酸性洗浄料。日本製ではなくフィリピンの海外製アイテムです。弱酸性に作られていますが、洗浄料はシャンプーでよく目にする「ラウリル硫酸Na」で、とても洗浄力の強い成分です。お財布に優しい種類のシャンプーでよく目にする「ラウレス硫酸Na」よりさらに強いとされるので、「弱酸性」の文字だけで使うのはおすすめしません。


ただ、「さっぱりスッキリ洗い上げる」ことはできるので、生理前後の不快感が多いとき、夏場で蒸れを感じてしまうときなどピンポイントで使うのはいいでしょう。シャンプーにたまにスカルプケアを取り入れるような感覚です。毎日使用するのは乾燥を招くかもしれません。価格は150mlで700円前後となっています。

  •  
  • ボディソープで洗ったり、
    薬用石鹸で洗っていたりしてもおりものが多かったり臭いが気になっていましたが、こちらのシリーズを使い始めてからは全然違います。 どうせ洗うんだから同じだろうと思う方が多いんじゃ無いかなと思いますが、全然使用感が違うし臭いが気になら無くなります。

    Amazon

  •  
  • ちゃんと確認しなかったのかいけませんが、
    私が蕁麻疹でる事のある洗浄剤でした。 期待していたので残念。 これはデリケートな部分に本当に優しいの? 購入する際は成分のご確認をおすすめします。

    Amazon

アッキー
ははぁ、見事に正反対の口コミがありましたね。
はるこ先生
基本的には洗浄力の強い成分だけど、やっぱり「肌に合う・合わない」って部分もあるからね。「海外でたくさん売れてるからいい」って声もあったけど、使うのは海外の誰かさんではなくあなた自身。きちんと自分に合っているかどうか見極めて。

PHケアーフェミニンウオッシュ商品ページはこちら 

薬用ジャムウソープ ディアルナ

ジャムウとは、インドネシアに昔から伝わるハーブの伝承薬のこと。「ジャムウ」と言うものがあるわけではなく、ハーブを調合したものをジャムウと呼ぶのですね。カレーにはスパイス調合のレシピがあるように、ジャムウにはジャムウの調合レシピがあるようです。漢方薬にも似たところがあるでしょうか。


そんなジャムウを使ったボディソープが「ディアルナ」です。泡で出てくるのでそのまま使いやすいのが嬉しいポイント。有効成分のイソプロピルメチルフェノールは殺菌成分で、菌による嫌な臭いを防ぐ働きがあるようです。とはいえ殺菌成分に変わりはありませんから、女性は膣内までは洗わないでください。


洗浄成分はヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液で、ベタイン系と呼ばれるアミノ酸系と同程度にマイルドとされる洗浄成分です。さらにラウロイルメチルーβーアラニンナトリウム液も配合されており、こちらは弱酸性でありつつ適度な洗浄力もある成分です。泡がもっちりとして洗いやすく、ベビーシャンプーなどにも使われる成分です。こちらは日本製です。価格は150ml税込み2,700円です。

  •  
  • 少しスースーしますが
    洗い流せば何ともないですし、さっぱりしてにおいもとれます。殺菌してくれるため膣炎にもかかりにくくなりました。ただ、星一つ減らした理由はお値段が高いので。もっと安ければもっとリピしたかったです

    Amazon

  •  
  • 現在4本目使用中です。
    泡になっているのでとても使いやすく重宝しています。特に夏場ワキにぬると黒ずみが薄くなったようなきがして汗の臭いも気にならなくなってきました。泡をつけた後はとてもスースーして夏場はいいですが冬場は寒いです。生理の時にも重宝しています。

    @コスメ

アッキー
ミノンにはない「殺菌成分」が配合されているのがポイントですね。蒸れやすく夏場のニオイなどが気になる人におすすめです。

薬用ジャムウソープディアルナ商品ページはこちら

アルカリ性の石鹸シャンプーはどんな人におすすめ?

弱酸性の話をたくさんしてきましたが、ちょっとだけアルカリ性の話もして終わりにしましょう。アルカリ性が洗浄力が高いのなら、シャンプーにもいいのでは?と考えた人もいるかもしれません。いわゆる「石鹸シャンプー」ですね。どんな人におすすめできるでしょうか。

脂性肌の人、皮脂がたまりやすい人、カラーリングをしていない人

石鹸シャンプーはとても洗浄力が高く、頭皮のことだけを考えると脂が非常に多い人に向いています。ただし髪のことを考えると刺激が強すぎるかもしれません。よって、おすすめできるのはとても脂のたまりやすい人です。男性で短髪、脂性の人などは使いやすいでしょう。毎日使うのではなく、特別さっぱりさせたい日に使用しましょう。


石鹼シャンプーは、髪の潤いを守るキューティクルを開いてしまうため、カラーリングしている人にはおすすめしません。退色しやすくなるだけでなく、ダメージも受けやすくなります。また石鹸成分が髪の間に残りやすいともされ、正直髪を洗うものとしては石鹸や石鹼シャンプーは強くおすすめできません。肌を洗うのに使うのは皮膚科医も推奨しているように、いいのですが。

髪が傷んでいたり乾燥肌の人はアミノ酸シャンプーが◎

髪が傷んでいる人・乾燥肌の人にはアミノ酸系シャンプーが良いでしょう。優しい洗浄力で皮脂を取りすぎることなく洗い上げてくれます。髪自体にも刺激が少ないでしょう。乾燥したパラパラとしたフケに悩んでいる人は、アミノ酸系シャンプーに変えてみましょう。


アミノ酸系シャンプーの見分け方は成分にアミノ酸の名前がついているものですが、多くの場合「洗浄成分はアミノ酸系」とはっきり書いてあったり、高級なシャンプーはアミノ酸系洗浄成分であることが多いです。

はるこ先生
アミノ酸系洗浄成分は、語尾にアミノ酸の名前がついているわよ。

アミノ酸系洗浄成分はタウリン・グルタミン・アラニン・サルコシンなどがあります。「ココイルメチル」や「ラウロイルメチル」の後にこれらのアミノ酸の名前が入ってきて、成分名となっています。例:ココイルメチルタウリンNa。アミノ酸の名前が覚えられないときは「ココイル」か「ラウロイルメチル」だけ覚えれば問題ありません。ココイルはココナッツオイルから作られるので「ヤシ脂肪酸」と言う表記もあり、そこだけ注意しましょう。

使う場所や肌の状態で弱酸性・アルカリ性を見極めよう!

「絶対にアルカリ性を使った方がいい!」「弱酸性こそ正義!」ハッキリ言って、このような決まりはありません。あなたと言う1人の肌でも、部位によって弱酸性とアルカリ性の使い分けが大切なのです。CMなどの「肌に優しい」と言うコピーにとらわれず、どうかあなた自身の肌と向き合って自分に最も合っているスキンケア用品を使ってくださいね。

はるこ先生
そう、だから冒頭の話に戻ると、「何でもかんでも弱酸性にすればいい」ってのは間違い。あなたの肌質に合っているものが一番なんだから。
アッキー
うーん、良い思い付きだと思ったんですけどね。まだまだ知らなきゃいけないことがありそうです。皆さんも、また何かあったらいつでも僕とはるこ先生に会いに来てくださいね☆

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事