変性アルコールが入った化粧品の嘘ホント!成分表示や安全性を解説

目次

  • 変性アルコールが入った化粧品は安全?
  • 変性アルコールとは
  • 気になる肌への影響や毒性は?
  • 結局変性アルコール配合の化粧品は良い?悪い?
  • 変性アルコールも上手に付き合えば肌の味方に

変性アルコールが入った化粧品は安全?


 新しい化粧品を使い始めるときのワクワク感。この楽しい気分に水を差してしまうことがあるのが、化粧品によるかぶれなどの皮膚トラブルです。アルコールで肌が赤くかぶれてしまう人もいますよね。


皮膚トラブルの原因を探ろうと、化粧品の成分表示を見てみると、「変性アルコール」と表示されていることもあります。この変性アルコール、「肌に悪い」というイメージを持つ人も多いと思います。変性アルコールとは一体何なのでしょうか。今回は化粧品に使われている変性アルコールについて、私、水野が徹底調査しました。



アルコールで皮膚がかぶれる人もいるし、変性アルコールは肌に良くないと言われることもあるけど、アルコールも変性アルコールも完全に悪者というわけではないの。変性アルコールのことをよく知って、自分に合った化粧品選びに役立ててくださいね♪ 

変性アルコールとは

変性アルコールの特徴 

​なぜ「変性」なの?

変性アルコールのことを説明する前に、アルコールについて少しご説明します。日常会話で「アルコール」というと、ほとんどの場合「エタノール」のことを指しています。アルコールとは、メタノールやエタノール、プロパノール(イソプロピルアルコール)などの物質のグループの総称なんですね。


エタノールを含むお酒には、酒税という税金がかかっています。酒税がかかるのは、消毒用エタノールや化粧品に使われるエタノールなど、工業用エタノールでも同じです。酒税がかかる分、価格も高くなってしまいます。変性アルコールを使う目的の1つは、酒税によるコストアップを防ぐこと。変性アルコールとは、工業用につくったエタノールを、お酒など飲むことができるエタノールに転用されないように、プロパノールなどのほかのアルコールや香料などを混ぜたりして、人が飲めないようにしたものです。エタノールにプロパノールや香料を混ぜた変性アルコールを使うと、酒税がかからなくなるので、その分コストダウンできるというわけですね。

エタノール(エチルアルコール)との違い

エタノール(エチルアルコール)は、エタノールという1つの物質だけでできた純粋な物質です。一方、変性アルコールはエタノールにプロパノールや香料などを添加したものなので、混合物ですね。ただし、変性アルコールは飲むのには適していないというだけで、消毒用や化粧品にはエタノールと同様の目的で添加されています。

化粧品に配合する目的

それでは、なぜ変性アルコールが化粧品に配合されているのでしょうか。変性アルコールを化粧品に加える目的について、詳しく説明していきますね。

収れん作用

変性アルコールには収れん作用があるので、収れん剤として使用されます。収れん作用とは、肌のタンパク質の構造を変えて血管や組織を引き締める作用のこと。毛穴を引き締めて、汗や皮脂の分泌を抑えることができます。エタノールや変性アルコールは、水よりも蒸発しやすく、これらが蒸発するときに肌の熱を奪っていきます。これが収れん作用につながるわけですね。

溶剤

化粧品には、水によくなじむ成分と油によくなじむ成分を含む場合があります。しかし、水と油はうまく混ざり合うことができませんね。エタノールや変性アルコールは、水によくなじむ成分と油によくなじむ成分の両方を溶かしこむことができます。エタノールや変性アルコールにとけることによって、水によくなじむ成分と油によくなじむ成分が、化粧品の中に均一に混ざり合うというわけです。

減粘剤

エタノールや変性アルコールには、化粧品に含まれる水の粘性を下げる効果があります。化粧品のサラッとした使い心地は、エタノールや変性アルコールがつくり出しているんですね。

化粧品に含まれる変性アルコールの種類

化粧品に含まれる変性アルコールの種類は3つあります。「酢酸リナリル変性アルコール」と「政府所定変性アルコール」、「政府所定外変性アルコール」です。

酢酸リナリル変性アルコール

酢酸リナリル変性アルコールは、エタノールに酢酸リナリルという物質を加えたものです。酢酸リナリルは、ボアドローズ油(ローズウッド油)リナノール油といった天然の油分からとれるリナロールを化学処理してつくられます。そのほかにも、針葉樹に多く含まれる香り成分であるβ‐ピネンや、アセチレンといった物質を原料にして合成されることもあります。


酢酸リナリルは、クラリセージやベルガモットなどの精油(エッセンシャルオイル)にも多く含まれている香りの良い物質で、ストレスを鎮めてくれる作用もあるそうです。香料として使うという側面もあるんですね。

政府所定変性アルコールと政府所定外変性アルコール

政府所定変性アルコールは、政府が規定した変性剤を使っている変性アルコールです。一方、政府所定外変性アルコールは、政府が規定したもの以外の変性剤を使った変性アルコールです。


政府所定変性アルコールに使われる変性剤には、ゲラニオールジエチルフタレートリナールアセテオートブルシンなどがあり、これらのうち1種類をエタノールに添加しています。政府所定変性アルコールに使われる変性剤の中では、ゲラニオールを使うことが多いそう。ゲラニオールはゼラニウムやローズなどの精油(エッセンシャルオイル)にも含まれている物質で、これもとても良い香りがします。


政府所定変性アルコールの中で少し注意が必要なのは、ジエチルフタレートやブルシンが含まれたもの。ジエチルフタレートの蒸気は目や皮膚、粘膜を刺激することがあるそうですし、ブルシンは大量に体に入ると目に影響があるほか、けいれんや呼吸麻痺を引き起こすことがあるそうです。ただし、どちらも大量に使った場合。市販の化粧品に含まれている量では、過剰に心配する必要はなさそうです


IPAって何?

イソプロピルアルコール(Isopropyl alcohol)の略で、正式名称は2‐プロパノールです。イソプロピルアルコールの性質は、エタノールとよく似ているため、化粧品の成分としては、溶剤や減粘剤として使用されています。ただし、エタノールよりも皮脂を除去する作用が強いので、化粧品に配合されることは少ないようです。

ゲラニオール変性アルコールは安全?

ゲラニオールはゼラニウムやローズなどの精油(エッセンシャルオイル)にも含まれている物質で、これらの精油の香りのもとにもなっています。一般的には安全性に問題はないといえそうなのですが、ゲラニオールには子宮収縮作用があるので、妊娠中の方は少し気をつけたほうがよいかもしれませんね。


気になる肌への影響や毒性は?

影響を受けやすい人 

エタノールや変性アルコールで影響を受けやすいのは、敏感肌の人やアトピー性皮膚炎を起こしやすい人です。敏感肌は、水分量や皮脂量が十分に保たれておらず、肌のバリア機能が弱まっている状態ですし、アトピー性皮膚炎を起こしている肌は乾燥や赤い腫れなどの症状が出ていて、こちらも肌が刺激に対し弱くなっている状態です。


変性アルコールに含まれるエタノールは、肌につくとカタラーゼという酵素によってアセトアルデヒドに変えられます。アセトアルデヒドは、おもにALDH2(アセトアルデヒド脱水素酵素)という酵素によって酢酸に変えられます。しかし、特に日本人は、このALDH2を十分に持っていない人やALDH2をまったく持っていない人が多いのです。ALDH2によってアセトアルデヒドが分解されないとなると、アセトアルデヒドが肌に残ってしまうことになります。アセトアルデヒドは刺激の強い物質なので、肌のバリア機能が低下している敏感肌の人やアトピー性皮膚炎を起こしている人の肌に残ると、炎症を起こしやすくなります


また、エタノールや変性アルコールは皮脂を落とす作用があります。必要な皮脂まで取り去ってしまうおそれがありますので、敏感肌やアトピー肌で乾燥しやすい人は、エタノールや変性アルコールが入った化粧品を使った後にしっかり保湿する必要があります。

ベストな配合濃度

エタノールも変性アルコールも、溶剤減粘剤といった化粧品にとって大切な役割を果たしています。エタノールにしても変性アルコールにしても、重要なのはその濃度です。エタノールや変性アルコールの濃度が高くなるほど、肌への刺激が大きくなるので注意が必要です。


安心できる基準としては、エタノールや変性アルコールの濃度が10%前後のもの。市販の化粧水でいうと、「しっとり系」といわれるものがこれくらいの濃度の様です。「さっぱり系」「オイリー肌用」などといわれるものは、もう少し濃度が高く、15%ほど。このくらいの濃度になると、敏感肌やアトピー肌の人にとっては刺激となってしまうことが多いようですので、注意して使ってくださいね。エタノールや変性アルコールが入っている化粧品を使っていて、肌がヒリヒリするという場合は、エタノールや変性アルコールの濃度が低いものや、アルコールフリーのものを選ぶのも1つの手です。



いつも使っている化粧品でも、かぶれたりヒリヒリしたりすることもありますよね。
そうね。特に肌が荒れているときや炎症を起こしているときは要注意ね。そういうときにアルコール濃度が高い化粧品を使うと、肌に刺激を与えてしまうことがあるの。
ただでさえ肌が荒れているところに刺激……。肌荒れが余計に悪化しそうですね。
その通り。自分の肌のコンディションを把握して、肌の状態に合った化粧品を使うことが大切よ。


結局変性アルコール配合の化粧品は良い?悪い?

「肌に刺激があるなら、エタノールや変性アルコールは入ってない方が良いのでは?」と思う人もいるかもしれないわね。でも、エタノールや変性アルコールは化粧品にとって大切な役割を果たしているの。


エタノールや変性アルコールが入っていない、「アルコールフリー」の化粧品も市販されていますね。エタノールや変性アルコールで肌が乾燥してしまうという人にとっては嬉しいアルコールフリーの化粧品ですが、安心するのは少し待ってください。


エタノールは消毒用アルコールとしても使われる成分であることからもわかるように、化粧品に含まれるエタノールや変性アルコールも殺菌作用があります。つまり、防腐剤としての役割があるということですね。アルコールフリーの化粧品は、エタノールや変性アルコール以外の防腐剤を使用していることもあります。しかし、エタノールや変性アルコール以外の防腐剤が、人によってはエタノールよりも肌への刺激が強い場合があるのです。アルコールフリーの化粧品を選ぶときには、ほかの成分についてもチェックすることが必要ですね。

自分の肌に合わない成分を知ろう

敏感肌やアトピー肌の人などは、エタノールや変性アルコールによって肌の乾燥が悪化したり炎症がひどくなったりするというおそれがあるので、エタノールや変性アルコールが入った化粧品を使うときは注意が必要です。しかし、オイリー肌の人にとっては、皮脂が過剰に出るので、皮脂を取り去ってスッキリとした清涼感を与えてくれるエタノールは強い味方にもなります。大事なのは、エタノールや変性アルコールが自分の肌にあうのかどうか.ということ。エタノールや変性アルコール以外の成分も同じことがいえますね。

アルコールを理解して肌に合ったケア商品を選ぼう

ここまで読んでいただいて、「アルコールは肌が荒れる」というイメージも変わってきたと思います。アルコールによる肌への刺激は個人差がありますから、自分がどの程度のアルコール濃度の化粧品であれば使うことができるのか知っておくことが大切ですね。


化粧水であれば、「しっとり系」といわれるものはアルコールの濃度が10%「さっぱり系」といわれるものは15%程度。皮脂や汚れをとるのを目的とした「拭きとり化粧水」は30%以上になっていることが多いようです。「アルコールが入っているから」とアルコールが入った化粧品をすべてNGにするのではなく、自分の肌に合わせ、目的に応じた化粧品を選ぶと良いですね。


敏感肌やアトピー肌の人は、アルコールが入っていないアルコールフリーの化粧品を使うのも良いでしょう。アルコール以外の添加物も、自分の肌に刺激になるものがないかどうかチェックをお忘れなく。防腐剤無添加のものは、使用期限が短いものもあるので、使いきれる容量のものを選びましょう。


変性アルコールも上手に付き合えば肌の味方に

いかがでしたか?エタノールも変性アルコールも、敏感肌やアトピー肌の人は少し注意が必要ですが、そうでない人にとっては強い味方になることもあることがおわかりいただけたと思います。エタノールも変性アルコールも、決して悪者ではありません。自分の肌に合うアルコール濃度の化粧品を選ぶと、化粧品の能力を十分に活かしながら快適に使うこともできます。「アルコールが入っているから」といって、アルコール入りの化粧品をすべてシャットアウトするのではなく、アルコールが入った化粧品をうまく使いこなせるようにしましょう

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事