ニキビに効くマッサージの正しい方法~悪化するって本当?

目次

  • マッサージのニキビ効果は予防?それとも改善?
  • マッサージが効果のあるニキビとは
  • ニキビに効果があるのはリンパマッサージ
  • マッサージクリームの選び方
  • ニキビ効果のツボもマッサージ!
  • ニキビ改善のためには正しくマッサージすることが大事!

マッサージのニキビ効果は予防?それとも改善?

お顔のマッサージはエステサロンでも行われていて、血行が良くなることで顔色がよくなったり、ファイスラインがスッキリしたりとうれしい効果がたくさん期待できます。ニキビにもマッサージが効くといいますが、マッサージをすることでニキビにどのような効果があるんでしょうか。今出来ているニキビを改善する効果があるのか、それとも予防的な意味なのか、ニキビにお悩みの方にとっては気になるところですよね。ニキビにもいろんな種類がありますので、どのニキビにもマッサージが効果的なのかというとそうでもないみたいです。ここではマッサージのニキビへの効果をたっぷりとご紹介します。

マッサージが効果のあるニキビとは

炎症ニキビはNG!

ニキビの中でも炎症しているタイプのニキビはマッサージをすることによって悪化させてしまう可能性が高いです。炎症ニキビは毛穴に汚れや皮脂が詰まり、ニキビ菌が繁殖して赤く炎症しているニキビのことです。炎症しているニキビは痛みがあったり、熱も伴っている場合があります。炎症がひどい場合はマッサージをすることによって化膿しているニキビがつぶれたり、さらに悪化してしまうことがあります。このような炎症してニキビがたくさん出来ている場合はマッサージは避けたほうがいいでしょう。炎症がひどい時には、一度皮膚科などで診てもらったほうがいい場合もあります。

ニキビ跡

ニキビ跡は炎症して化膿したニキビを無理やりつぶしたりすることで、肌に傷の跡がシミとして残ったり、皮膚表面がぼこぼことしている状態です。このニキビ跡にはマッサージはとても有効とされ、マッサージのおかげで肌の血流が良くなり細胞が活発に働くように。そして皮膚の再生化の促進によって、古い皮膚が新しい肌に生まれ変わります。肌のターンオーバーを促すことでニキビ跡は改善されやすくなるのです。そして、皮膚の真皮にあるコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸などを作り出している、線維芽細胞にマッサージは働きかけることが可能なのです。すぐに改善されるものではないため、気長にマッサージを続けていくことが大切です。

ニキビ予防、大人ニキビもOK?

マッサージはニキビが出来ないように予防としての効果も期待できます。フェイスラインにニキビが出来やすい方も多いと思いますが、フェイスラインはリンパの流れが滞りやすい場所です。流れが悪くなると老廃物も排出することができなくなるため、老廃物が毛穴から出ようとすることで、炎症が起きてニキビとなってしまうのです。普段から首の凝りや、肩の凝りがある方はフェイスラインの流れも悪くなっていることが考えられます。このような方にはマッサージを行うことで、リンパの流れを促してあげることでニキビも改善されやすくなりますし、またニキビも出来にくくします。フェイスラインにできるニキビは大人ニキビともいわれています。この大人ニキビにはマッサージは有効といえるようです。

ニキビに効果があるのはリンパマッサージ

そもそもリンパとは何?

リンパマッサージは美容や健康に良いといいますが、そもそもリンパが何かということを具体的に知っている方は少ないです。まずはリンパについて説明していきます。リンパ液は血液と同じように体の中を流れています。リンパ液はもともとは血液の中の液体の成分です。血液から染み出た組織液で血液に含まれている血しょうという成分がリンパ管に回収されリンパ液となります。ケガをした時などに血ではなく透明の汁が出た経験はありますよね?あの汁がリンパ液なのです。リンパ液がリンパ管の中を流れ体の中を循環しながら老廃物を回収し、首や脇、膝裏などのリンパ節で老廃物を輩出しやすいようにろ過しています。このリンパ節、リンパ液、リンパ管の総称をリンパと言っています。このリンパの流れが滞ってしまうと、老廃物が体外にスムーズに排出されなくなるため、様々な悪影響が出てきます。主な症状としては以下のような影響が現れます。

  • ニキビ
  • 肌荒れ
  • 冷え性
  • 肩こり
  • 偏頭痛
  • 血行不良

血液は心臓がポンプの役割となって全身に血液を行きわたらせることが出来ますが、リンパはポンプの機能がないので、筋肉の動きや呼吸、腸の蠕動運動などがリンパの流れを促しています。そのため、どうしても流れが滞ってしまいやすくなるのです。リンパマッサージはマッサージによって筋肉を促したり、下から上にマッサージすることでリンパの流れをスムーズにするという目的があります。外からリンパの流れを促すことで滞っていた流れが改善されやすくなります。リンパの流れは運動不足などによって筋肉が凝り固まっていると筋肉のポンプが働かなくなってしまいますので、筋肉もしっかりほぐして動かしてあげることが大事です。

顔のニキビ対策リンパマッサージの方法

はるこ先生
では、ニキビ対策で行うリンパマッサージの方法をご紹介していきます。自分で簡単に行えますので、ぜひチャレンジしてみてください。まずは顔のマッサージの前に鎖骨から流していきます。鎖骨から流すのは、鎖骨の部分がリンパの最終出口になる為、他の部位をマッサージする前にここを流しておくことで、流れがスムーズになりやすくなります。

①鎖骨

  1. まずは鎖骨の上のくぼみの部分を4本指でやさしく押さえます。
  2. 指をそのまますべらせていき、アゴ、耳の下の所までで押さえながら指を動かします。
  3. また鎖骨まで戻ってきたらこれを10程回繰り返します。

力を入れないように優しく行うのが大事なポイントです。ゆっくりと呼吸をしながら行ってみましょう。

②首

  1. 次は首です。耳の付け根から指本を密着させて肩までゆっくり流します。これを左右10回位行います。

首にはリンパ節がたくさんあるのでとても重要な場所です。首を流すときも力を入れすぎず優しくが基本です。首をしっかりと流しておくことが肌状態をよくするためにも欠かせません。

③あご

  1. あごの中心部分から耳の下に向かって指2本でフェイスラインを流していきます。
  2. 耳の下まできたら、また首のマッサージと同じように耳の下から方に向かって撫でおろしていきます。これを10回程行います。

たるみを気にしている方はこの部分を引き上げようと力を入れすぎてしまう傾向があります・フェイスラインに指を密着させることは大事ですが、圧は優しくで大丈夫です。

④頬

  1. 4本の指で鼻の横の溝から耳元まで真横にスライドさせていきます。これも10回行います。

⑤おでこ

  1. おでこの真ん中からこめかみのほうに向かって4の指で流していきます。これも10回行いましょう。
はるこ先生
顔はこれだけでOKです。実際にやってみると10分もかからないくらいでできますよ。マッサージするとわかりますが、お顔の筋肉も凝りますのでマッサージによってリンパの流れを促していきましょう。

背中ニキビ対策のリンパマッサージ

はるこ先生
ニキビは顔だけに出来るものではありません。体の色々なところに出来ますが、顔の次に背中ニキビで悩んでいる方は多いでしょう。背中は自分で見えない場所ですし、気づいたらニキビが出来てた!なんていうこともあるでしょう。背中をちゃんと洗っているはずなのに背中ニキビが出来て、そして全然治らないという方はリンパの流れが悪いことが原因となっていることもあります。首凝りや肩こり、背中のこり、腰痛などがある方は血行も悪くなっていたり、リンパの流れが悪くなっている可能性も大きいです。これが原因となって背中にニキビが発生してしまっているなら、背中もリンパマッサージをすることで、背中ニキビが改善されやすくなります。

背中リンパマッサージの方法

  1. まずは鎖骨を流したら、脇の下のリンパ節を掌で優しく押し足りして圧迫します。
  2. 肩の上から左の肩甲骨に手を回します。
  3. あばら骨のすきまに指を添わせるようにして左右に擦ってながしていきます。これを10回くらい行います。 

これだけですか、凝りがあったりしてリンパの流れが滞っていると痛みを感じると思います。痛気持ちいいくらいの強さに調節しながら行いましょう。

マッサージのポイント

①力を入れずに優しくがポイント

マッサージをするときは、ついつい強くした方が効くような気がして、力をいれすぎてしまうことがありますが、 力強くマッサージすると、刺激が加わってニキビが悪化してしまうことがあります。肌に刺激が加わらないように優しくマッサージを行いましょう。マッサージをするときはクリームやオイルをつけてからしましょう。そうすることで肌に摩擦が加わらず負担をかけることなくマッサージを行うことができます。

②清潔な状態で行う

マッサージをするときは清潔な状態で行うことが大事になります。マッサージの前に手を洗うのはもちろんですが、顔もクレンジング、洗顔したあとにするのが望ましいといえます。手や顔に雑菌がついたままマッサージを行うと悪化してしまう可能性もあります。

③マッサージは長期的に行うことが大事!

マッサージはリンパの流れを促す効果があるため、美肌効果が期待できますが、やはり短期間で結果が出るわけではありません。すぐに効果が出ないからと辞めてしまうかたも少なくありませんが、長い目でみてケアしていくことが大切です。 まずは1ヵ月続けてみましょう。

間違ったマッサージはニキビを悪化させる

マッサージはニキビにも効果があるとされていますが、間違った方法でのマッサージでニキビを悪化させてしまうこともあります。早く効果がほしいからと時間を長くしたり、強い力で行ったりすると、肌に刺激を与えてしまいます。肌への摩擦などの刺激はコラーゲン繊維が伸びてしまいたるみを引き起こしてしまうことにもなります。そしてリンパマッサージというのはリンパの流れに沿ってマッサージをすることが大事です。流れに沿ってマッサージをしなければ、スムーズに老廃物を流すことも出来ませんし、リンパ管はもろいため逆に流れを悪くしてしまうことも考えられますの気をつける必要があります。リンパの流れの通りにしっかりとマッサージできていればいいのですが、なかなか素人の方では正しく行うのも難しいのが現実です。自分ではしっかりしているつもりでもリンパをしっかりと流せていなくて効果が出ないということもあります。自分でするときは自己流でせずにリンパの流れもしっかりと把握しておくことが大事ですし、まずはプロの方の施術を一度受けてみることもおすすめします。

リンパマッサージによる好転反応

リンパマッサージをした後に体や肌にあらゆる不調が起きることもあります。実際に経験したことがある人もおられると思います。リンパマッサージの後に起こる不調のほとんどは「好転反応」と呼ばれるものです。リンパマッサージによって滞っていた老廃物が排出されることで、吹き出物や湿疹が出ることもありますし、体がだるく感じることもあります。肩こりなど体の筋肉が固まっている方はマッサージによって急激に流れがよくなり、頭痛などが起こることもありますし、一時的に凝りが強くなったように感じる場合もあります。ですがこれらの症状は体の不要なものが流れている証拠ですので、すぐに改善される場合が多いようです。

マッサージクリームの選び方

マッサージにはマッサージクリームを使おう

​マッサージを行うときはマッサージクリームで行うのがおすすめです。マッサージ用に作られているクリームは伸びもよく、マッサージもスムーズに行いやすくなっています。通常のクリームや乳液でマッサージをするとすぐに固くなってマッサージを滑らかに行うことが出来ませんので、何度も付け足したりしなければいけにことも多いでしょう。マッサージ専用のクリームであれば、すぐに乾くということもありませんので、マッサージがやりやすく感じると思います。

クレンジングオイルはNG

マッサージを行うときにはクリームもいいですが、オイルもおすすめです。オイルといっても、クレンジングオイルでマッサージする人もいますが、クレンジング剤でマッサージするのはよくありません。オイルのクレンジングはもともと洗浄力も強い為、マッサージオイルとして使ってしまうと皮脂を落としすぎてしまって肌に負担がかかりますのでやめましょう。マッサージオイルでもいろいろありますが、その中でもホホバオイルは、肌になじませると皮脂の汚れを浮かせて除去しやすくなる効果もありますので、皮脂バランスを正常に戻す効果も期待されています。保湿効果も高い為、乾燥によるニキビにも効果的です。精製されていない純粋なホホバオイルは、ビタミンA、E、D、ミネラルも豊富に含まれています。これらの成分がニキビ改善には欠かせません。ニキビ跡にも効果を発揮するとされています。皮脂は肌の弾力を保つために必要なものでもあり、不足する乾燥や酸化の原因にもなります。ホホバオイルは皮脂の成分ととても似ているため肌なじみもよく、肌に浸透しやすいというが最大の特徴です。

ニキビ効果のツボもマッサージ!

undefined
はるこ先生
ニキビは睡眠不足だったり、生理前だったり、ハードワークが続いていたり、「リラックスが足りないな」という時にできやすいですよね。「ツボ押し」は、自宅でできる、とても簡単なセルフケア。ニキビ・ニキビ痕と、ニキビの原因に効くと言われるツボ押しで、リラックスタイムを始めましょう 

合谷

合谷のツボは万能のツボともいわれるほどあらゆる効果が期待できるツボです。手の甲を上にして、人差し指と親指の骨が交わる部分で少し人差し指よりのくぼみを押すと痛い場所があると思います。このツボはいろんな症状に効果がありますが、ニキビやニキビ跡、肌荒れ、しみなどにも効果があるとされています。この場所であれば、いつでも押すことが出来ますので、気が付いたときに押してあげるようにしましょう。ツボを押す時はゆっくりと息を吐きながら5秒くらいかけてゆっくりと押していきましょう。じぶんが気持ちいいと感じる強さがベストです。他にも肩や首、目の疲れ、大腸の働きを整える働きもあるといわれています。

内分泌

耳にあるツボはたくさんあり、美肌や健康にいいツボが集中しています。耳の穴の下のところに大きな切れ込みがありますが、その下にあるくぼみが内分泌のツボになります。内分泌のツボはホルモンバランスを整えたり、美肌のために欠かせないホルモンの分泌を促し肌の代謝を高めてくれる効果が期待されています。人差し指と親指で、内分泌のツボを挟んで指を押し揉むようにするとことで、このツボを効果的に刺激することができます。耳にはたくさんのツボがあり、耳をもんでみて固く痛みを感じているところがあれば、そこもゆっくりと揉んでほぐしてあげましょう。耳がほぐれることで首や肩の凝りが軽減したり、顔のたるみが引きあがることもありますよ。

曲池

曲池は腕にあるツボで、腕を曲げた時にできるシワの一番端っこにあります。指で押すとズンと痛みを感じる場所です。曲池は大腸経のツボで、便秘や下痢、疲れ目、頭痛、美容にも効果が期待できるとされています。ここは軽く押しても痛みを感じやすいので、ゆっくりと押していきましょう。

足の胃腸の反射区

足にもツボはたくさんありますが、ニキビにおすすめは足三里(あしさんり)というツボです。このツボはすねの外側でひざ下から約指4本分下にあるツボです。ひざ下の右下辺りのくぼみがあるところですね。そのあたりを押してみて一番痛く感じる場所です。足三里は親指でグーっと押して揉むようにマッサージします。このツボもいつでも押せますので定期的に押して行きましょう。足三里は胃腸の働きを促す効果があると言われていて、便秘の解消も期待できます。便秘が解消することによりニキビの改善、予防にもつながります。自宅でお風呂上がりなどリラックスしているときに押すのがおすすめです。

ニキビ改善のためには正しくマッサージすることが大事!

ニキビの種類によってはマッサージも効果を発揮してくれます。しかし短期間で効果が出るわけではありませんし、リンパの流れに沿ってマッサージすることや清潔な状態ですることなど、正しい方法でマッサージを行うことが大事です。マッサージを続けて行うことで、ニキビだけでなく、むくみやたるみの予防や改善にもつながりますので、ぜひ続けてチャレンジしてみてください。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事