『ひざの黒ずみ』日本人は要注意?原因と取る方法をチェック!

目次

  • 膝が黒いとおしゃれも台無し!
  • 膝が黒ずむ原因
  • セルフケアで膝の黒ずみを取る方法
  • 頑固な黒ずみを皮膚科やエステで消す方法
  • 膝の黒ずみにおすすめ4つのスキンケア
  • 膝の黒ずみケアは予防もしないと意味が無い!

膝が黒いとおしゃれも台無し!

「こんなにひざ黒かったかな…」意識して見る機会があまりないひざは、知らない間に黒ずんでいることが多いのではないでしょうか?

ひざの黒ずみがあるとミニスカートを履いたり、おしゃれができないですよね。

今回は私、編集長水野が、ひざが黒くなる原因や黒ずみを取る方法を伝授します。なかなか取れない頑固な黒ずみも、原因を知って時間をかけてケアしていけば取ることができます。そしてケアしたあとは、黒ずみを作らならいようにしっかり予防することが重要です。ひざの黒ずみがなくなれば、ショートパンツもひざ上スカートも生足だって怖くありません。暖かい季節がやってくるまでに、ひざの黒ずみを取っておしゃれの幅を広げましょう!

膝が黒ずむ原因

ひざなどの関節は動かすために、皮膚が伸びたり縮んだりするため黒く見えやすいと言われています。しかし、ひざを伸ばしている時も、肌とは違う黒色をしている場合は、ひざが黒ずんでしまっています。ここでは、ひざが黒ずむ原因を徹底解説していきます。

摩擦や刺激による色素沈着

肌は摩擦や刺激受けると、肌を守ろうとしてメラニン色素を作ります。刺激を与え続ければ、どんどんメラニン色素が作られ、それが排出されずに蓄積されると色素沈着を起こしひざの黒ずみになります。また、ひざは皮脂腺が少ないため、潤い不足で乾燥しています。その乾燥が原因で、刺激に弱くなり色素沈着を起こしやすいと言われています。また、ひざと同じように皮脂腺が少ない肘も、肘をついたりする摩擦や刺激で黒ずみが出来やすいです。

さらに日焼けも黒ずみの原因になります。紫外線を浴びると刺激を与えた時と同じように、メラニン色素が作られます。メラニン色素が蓄積されると色素沈着を起こし黒ずみになると言われています。そこで、ひざの黒ずみを予防するためには、日焼け止めクリームなどを塗ってひざが日焼けしないように注意することが大切になってきます。

黒ずみの原因になる摩擦や刺激

  • 立つ時や座る時に床にひざをつく
  • ぴったりしたジーンズ
  • 足を組む
  • 正座
  • ひざを擦るスカートやパンツ

 ひざに黒ずみを作らないためには、日頃の生活でこのような摩擦や刺激は出来るだけ避けることが大切です。生活の中で、正座をすることが多い日本人は、ひざに黒ずみを作りやすい環境です。黒ずみを予防するために、正座を出来るだけしないように努力してみましょう。

進藤明人
はるこ先生、刺激や摩擦が原因でメラニン色素って作られるんですね。紫外線が原因で作られることは、よく知られているけど、刺激や摩擦も原因になるなんで知らなかったなぁ。

 

水野春子
そうよ、だからひざの黒ずみを予防するためには、ひざへ出来るだけ刺激や摩擦を与えないことが大切なのよね。日本人は、よく正座をするよね。この正座による刺激や摩擦も黒ずみの原因になると言われているの。難しいかもしれないけど、正座をするのをできるだけ避けたほうがひざの黒ずみを予防できるのよ。

 


肌のターンオーバーの乱れ

若い頃にはなかったのに、年齢を重ねてからひざに黒ずみが出来てしまったという人も多いのでは。ひざの黒ずみの原因になるメラニン色素。このラニン色素は、肌のターンオーバーが正常であれば、余分なものは排出されま。しかし、年齢を重ねると肌のターンオーバーが乱れ、余分なメラニン色素や細胞が排出されにくくなります。そこで年齢を重ねると、若い頃には出来にくかったシミや黒ずみが出来やすくなると言われています。

また、紫外線を浴びたり、睡眠不足などでも肌のターンオーバーは乱れま。そこで、肌のターンオーバーを乱れさせないためには、十分な睡眠と紫外線対策をしっかり行い、さらにバランスの良い食い食事を摂るようにしましょう。さらに肌のターンオーバーが乱れると乾燥を招いてしまいます。ひざが乾燥すると、刺激に弱くなり色素沈着を起こしやすくなり黒ずみの原因に。ひざの黒ずみを予防するためには、顔と同じようにひざもしっかり保湿してあげて乾燥させないようにすることが大切です。

セルフケアで膝の黒ずみを取る方法

一度出来るとなかなか取れないひざの黒ずみ。ここではセルフケアで黒ずみを取る方法を伝授します。

まずは日常生活の見直しを

ひざに摩擦や刺激が加わると、メラニン色素が作られて黒ずみの原因になります。タイトなパンツを履くと、ひざに摩擦や刺激を与えてしまいます。タイトなパンツを履くのはやめて、出来るだけひざに摩擦や刺激を与えないようなゆったりした服を選ぶようにしましょう。また、足を組むのが癖になっている人も多いのでは?足を組むことや正座もひざに摩擦や刺激を与えてしまいます。日頃からそうした姿勢はなるべく取らないように心がけましょう。

ほかにも、お風呂で体を洗う時に、ひざをナイロンタオルでゴシゴシ擦るのはNGです。乾燥しやすいひざをナイロンタオルでゴシゴシ擦れば、油分がますます奪われてしまいます。このような日常生活の何気ない行為が、ひざの黒ずみの原因になります。ひざに黒ずみを作らないためには、原因になるような行為はなるべくしないように心がけましょう。

スクラブやピーリングで角質ケア

古い角質が蓄積して固くなり黒ずんでしまったひざ、この固くなってしまったひざをいくら保湿しようとしても保湿剤は浸透していきません。そこで、保湿剤をしっかり浸透させるためには、まずはクラブやピーリングで不要な角質を除去してあげましょう。不要な角質を除去すれば肌が柔らかくなり、保湿剤がしっかり浸透していくようになります

また、不要な角質を除去しても、色素沈着にはほとんど効果がないとされています。そこで大切なことは、不要な角質を除去した後に、美白ケアを行なうことです。しかし、不要な角質があるとせっかく美白ケアしても成分が浸透していきません。美白成分を肌にしっかり浸透させるためには、美白ケアする前にスクラブやピーリングで不要な角質をしっかり除去しておくことが大切です。

塩や重曹を使って治す

塩を使って黒ずみを取る方法

塩にはタンパク質溶解作用があり、この作用の働きで古い角質を溶かすことができると言われています。また、肌のターンオーバーを整えたり、肌を引き締めたりする作用もあり、ひざの黒ずみを取るのに効果があるとされています。


【やり方】

  1. たっぷりの泡を作る。
  2. 泡をひざの上にのせて、一つまみの塩をかける
  3. 塩と泡を混ぜてくるくる円を描くように洗う。
  4. 最後にシャワーで洗い流す。
  5. 化粧水やクリームなどでしっかり保湿する


この時に使用するのは、ミネラルがたくさん含まれている天然塩を使しましょう。また、きめが荒いものより細かいもののほうが、肌を傷つけにくいのでおすすめです。注意点として、泡に塩を混ぜて洗うときは力をいれすぎないように優しく洗って下さい。また、塩を肌に直接つけてしまうと肌が刺激を受けて黒ずみが悪化する場合もあるので要注です。塩は必ず泡に混ぜて肌に直接付けることのないようにしましょう。

お手入れの目安は、週に1~2回ぐらいです。早く黒ずみを取りたいからとり過ぎるとひざに刺激を与えてしまい、黒ずみが悪化してしまう可能性あります。また、お風呂場に塩が付いたままになっていると、カビなどが発生する原因になります。塩を使った後は、お風呂場をキレイに洗い流しておきましょう。

重曹を使って黒ずみを取る方法

油汚れや水垢などをキレイに落としてくれる重曹。重曹は万能なので、掃除や料理で活用したことがある人も多いのでは。じつは重曹はアルカリ性で、酸性の汚れを中和してくれる作用があり、古い角質を除去してひざの黒ずみを取る効果もあると言われています。


【やり方】

  1. 重曹に水を加えてペースト状にする。
  2. ペースト状にした重曹をひざの黒ずみに塗る
  3. 丸を描くようにくるくるとマッサージする
  4. 重曹を洗い流す
  5. 化粧水やクリームなどでしっかり保湿する


重曹にはお掃除用と食用の2種類があります。食用の重曹のほうがきめが細かいので、黒ずみを取るときに使用するのは食用の重曹がおすすめです。きめの荒いものを使うと、肌を傷つけてしまうこともあるので要注意です。また、マッサージするときは力をいれずに優しくマッサージしましょう。さらに、重曹マッサージもやり過ぎは禁物。目安は週に1~2回ぐらいです。やり過ぎはひざの刺激になり逆効果になって黒ずみが酷くなる可能性もあるので気をつけましょう。

市販の膝の黒ずみを消すクリームを使う

スクラブやピーリングで不要な角質を除去した後に、美白成分が含まれているクリームを塗れば、美白成分がしっかり肌に浸透しひざの黒ずみに効果があると言われています美白効果の高い成分としてよく知られているのは、ハイドロキノン。このハイドロキノンは、皮膚科で処方してもらうこともできますが、一般に販売されている化粧品などにも含まれていて、高い美白効果が期待できる成分です。

ほかにも、メラニンの色素沈着を防止してくれるビタミンC誘導体も美白効果がある成分です。さらに、ビタミンC誘導体には抗酸化作用や新陳代謝を促進させる効果などもあり、シワやたるみ対策にも効果を発揮してくれるおすすめの成分です。

保湿ケアで肌を正常に保つ

皮脂腺が少ないひざは、乾燥しやすい部分。さらに肌のターンオーバーの乱れも乾燥を招きます。ひざが乾燥していると刺激に弱くなり色素沈着を起こしやすくなり黒ずみの原因になります。そこで、ひざの黒ずみ対策として保湿ケアをしっかり行うことが大切です。ハンドクリームによく含まれている尿素には、保湿効果のほかにも古い角質を溶かして除去する効果もあると言われています。そこで、ひざの黒ずみケアには、尿素入りのクリームがおすすめです。

しかし、尿素の配合されている量に注意しましょう。尿素がたくさん配合されているものは、肌のターンオーバーを早め、肌に刺激を与えてしまうこともあります始めは10%配合されたものを使用してみて、様子を見ながら配合量が多いものへ変えていくようにすると安心です。

紫外線ケアも忘れずに

顔や腕などは日焼け止めクリームを塗って紫外線予防をしているけど、足は見落としてしまっている人も多いのでは?ひざが紫外線を浴びれば浴びるほど、大量のメラニン色素が作られ黒ずみの原因になります。ロングスカートやパンツでひざが隠れているときはいいですが、ひざが出る服を着た時には要注意です。特に夏は、ひざが出る服を着る機会が多くなります。

しかも夏は紫外線が多く、紫外線をたっぷり浴びればメラニン色素が大量に作られて、ひざの黒ずみになってしまいます。また、紫外線は季節に関係なく出ています。ひざの黒ずみを予防するためには、顔や腕などと同じようにしっかり紫外線対策を行うようにすることが重です。

【注意】ヒルドイドが効果ありはウソ

アトピーや乾燥肌の治療に使用されるヒルドイドが、ひざの黒ずみに有効であるという話もありますが、これは間違であるという説もあります。ヒルドイドの主な成分は、ヘパリン類似物質。このヘルパリン物質には、保湿や、血行をよくする効果、傷ついた肌の炎症を抑えて傷の治りを早くする効果などがあります。

しかし、メラニン色素が作られるのを抑える効果はないとされています。また、ひざの黒ずみは、肌が炎症を起こしてわけではありません。メラニン色素が蓄積されて黒くなっている状態です。このような理由から、ヒルドイドで黒ずみを改善することは難しいと言われています。

頑固な黒ずみを皮膚科やエステで消す方法

どうしても取れない頑固な黒ずみは、皮膚科やエステで消すことも可能です。ここでは、どんな方法があるのか詳しくご紹介します。

ハイドロキノンなどの塗り薬

ひざの黒ずみは皮膚科で治療してもらうこともできます。皮膚科を受診すると、個々に合わせた有効な治療をしてもらうことができ、もし肌トラブル発生しても適切に処置してもらえるので安心です。皮膚科での主な治療としては、美白成分が含まれているハイドロキノンなどの塗り薬が処方されます。

また、ハイドロキノンなどの高い美白作用がある塗り薬は、市販でも販売されていますが、皮膚科で処方されるものの方が濃度が高く、黒ずみを取る効果も高いとされています。しかし、高い美白作用があるハイドロキノンには、かぶれや白い斑点ができるなどの副作用もあるので注意が必です。

ケミカルピーリング

古い角質が蓄積して固くなり黒ずんでしまったひざ、皮膚科などで行っているケミカルピーリングとは、ひざの固くなった角質に柔らかくする薬を塗って固くなった古い角質を強制的に除去する方法です。このなかなか取れなかった古い角質が除去されれば、肌のターンオーバーを促すこともできるので、ひざの黒ずみを取るのに有効だと言われています。

また、このケミカルピーリングは、通販などでも売られていて自分で行うこともできます。しかし、人によっては薬が合わなくて肌トラブルを起こしてしまう可能性もあるので、自分でセルフケアをする時は気をつけましょう。

イオン導入

皮膚科などでケミカルピーリングと併用して良く行われるのが、イオン導入です。イオン導入とは、微弱の電流を利用して肌の奥まで美容成分を届ける方法です。古い角質が蓄積されている状態の肌に、イオン導入を行っても古い角質が邪魔をするので、美容成分の浸透力が落ちてしまいます。しかし、ケミカルピーリングをした後の肌は、古い角質が除去されているので、イオン導入をして美容成分を浸透させるのにより効果的であと言われています。

レーザー

美容皮膚科などで行っているレーザー治療。治療方法は、メラニン色素だけに反応する光を照射してメラニン色素を破壊させ黒ずみを取ります。また、1回の治療で黒ずみを完全に取ることは出来ないので、1ヶ月に1回程度の繰り返しの治療が必要になります。治療回数は、黒ずみの度合いなどで変わりますが、早ければ3~5回の治療で黒ずみを取ることができると言われています。

しかし、人によっては白い斑点や炎症、火傷、黒ずみの悪化などの副作用があらわれることもあるとされているので注意が必要です。

膝の黒ずみにおすすめ4つのスキンケア

ひざの黒ずみは、一度出来てしまうとなかなか取ることが難しくなります。そこで、頑固なひざの黒ずみを作らないためには、日頃のケアが大切。ここでは、ひざの黒ずみにおすすめのスキンケアをご紹介します。

ミネラルボディシャインジェル

日焼けした肌やひざや脇などの体の黒ずみ、ザラザラした二の腕やひざに効果があるミネラルボディシャインジェル。日焼けした肌をケアする、ゲンアナ根エキスやローマカミツレ花エキス、体の黒ずみやザラザラをケアする、新安定型ハイドロキノやαアルブチンなど27種類の美容成分を配合。この27種類の美容成分の働きで、日焼けが原因の色素沈着を予防したり、すでにある黒ずみを美白ケアすることができます。さらに、敏感肌や子供でも使用できる肌に優しいジェルで、体はもちろん顔にも使用OKです。
効果日焼けの炎症ケア
日焼け跡の予防
体の黒ずみ・くすみをケア
二の腕、ひざのザラザラをケア

使用感サラサラすべすべ
保湿度高め
おすすめ度★★★★★
価格5,500円(税別)/公式サイト
内容量200g
  •  
  • しばらくすると、さらさらのすべすべに!!
    保湿系のボディクリームを使っていますが美白系は初めて。 だってボディの黒ずみって奥が深そうなんですもん。。。 でもこちらはただ白くするだけのジェルじゃなく、 色素沈着ができる全てのプロセスに沿ってそれぞれを徹底ブロックし、 ターンオーバーを促進させてくれる!! と知り興味深々で使い始めました。 内容がいいので使用感などは全く期待していなかったんですが、 こちら、手触りもものすごく気持ちいいんです! 塗ってすぐはもちろんべたつくんですが、しばらくすると、さらさらのすべすべに!! この手触りだけでもかなり貴重です☆ もちろん美白効果にも期待して☆6です。

    アットコスメ

 

  •  
  • 効果あります
    膝に塗っています。 2週間ほどで白くなってきました。 お高いので大事に使ってますが、それでも効果ありです。

    楽天

 

水野春子
ミネラルボディシャインジェルは、顔や体全身に使える便利なジェルよ。日焼け肌のケアや黒ずみの解消、傷跡を薄くするためなどに使っている人が多いみたい。伸びも良くて、つけた後のお肌がサラサラすべすべになると使い心地の良さも人気。ベタベタしないので、夏でも快適に使えちゃいますよ♪

商品はこちら

ピールローション

毛穴やニキビ対策として人気のピールローションは、化粧水などを付ける前に使う導入化粧水。古い角質を柔らかくして除去し、肌を滑らかににする効果があると言われています。古い角質が除去されれば、その後に使う化粧水の浸透力が良くなり、使い続けるとお肌の透明感がUPして、毛穴を引き締めてニキビもできにくくなります。このような作用があるピールローションは、ひざの黒ずみの古い角質を除去するにも効果的です。しかし、保湿力のある化粧水ではないので、使用後は保湿力のある化粧水やクリームでひざをしっかり保湿しましょう。

効果古い角質の除去
化粧水などの浸透力UP
使用感さっぱり
保湿度低め
おすすめ度★★★★
価格2,000円(税別)/楽天市場
内容量100ml
  •  
  • こんなに効果があったのは初めて
    みなさんのレビューが良かったので試しに1本買って使ってみました。 もうすぐ使い終わりそうなので、感想を書かせてもらいます。 顔やひざ、ひじに使って約1カ月持ちました。 顔に関しては、劇的に良かった!と感じることはなっかったのですが、なんとな~く使わないよりは使っている方が肌の調子がいいような気がする、というところです。 ひざ・ひじの黒ずみが気になっていたので、顔に塗ったついでに塗っていたのですが、こちらは黒ずみがかなり薄くなっていると思います。 今までも黒ずみ対策を色々試してみたのですが、こんなに効果があったのは初めてでした。 なので、さっそくリピートします!

    楽天市場

 

  •  
  • お肌の透明度がアップ
    数ある導入化粧水やピーリングの中でも群を抜いていいなと感じています。 使い始めのころは正直、違いをあまり感じませんでした。 でも使い続けていくとお肌の透明度がアップしていて、半年以上使っていますが肌トラブルが起きなくなりました。 毎日使えるという点がとてもいいのと、まったく剥がれたりしないんですよね・・・それがいいです。

    アットコスメ

水野春子
ピールローションは、ニキビが出来にくくなった、化粧水の浸透力がUPしたなど使った人の評価が高い人気のローション。ひざやひじの黒ずみの解消も期待できそうね♪

 商品はこちら

みんなの肌潤

砂糖が原料となっているみんなの肌潤は、アトピーや乾燥肌に効果があるとされている人気の保湿剤。砂糖の持っている高い浸透力・吸水・保湿力の作用で角質層まで潤いを浸透、そしてその潤いをしっかり保持する効果もあとされています。また、角質層まで潤いがしっかり届くので、肌のバリア機能が向上しアトピーや乾燥肌でガサガサになったお肌に潤いをあたえてくれます

ひざは皮脂腺が少ないので、乾燥しやすく潤いも不足しがちです。ひざの乾燥は黒ずみを引き起こす原因になります。みんなの肌潤は、角質層までしっかり潤いを届けることができるので、乾燥しやすいひざの保湿剤としておすすめです。

効果保湿
肌のバリア機能をUP
使用感しっとりツルツル
保湿度高め
おすすめ度★★★★
価格3,000円(税別)/公式サイト
*全額返金保証付き
内容量100g
  •  
  • 一度使ってみる価値はありますよ
    最近つるすべ肌が続いていて、「なんでかなー」と思っていたところ 肌潤糖が無くなった途端にガサガサ肌に逆戻り。 急いでネットで注文し使ってみると、やっぱりコイツの仕業でした。 毎日つるすべ☆ 化粧ノリがよくなるし、毛穴も無くなってきた気がします。 もう肌潤糖無しでは生きていけないかも。 くらい重宝しています♪ 一度使ってみる価値はありますよ。 ネットでしか購入できないのがたまに傷ですね。

    アットコスメ

 

  •  
  • 長年の鮫肌が治った
    夏場になるとブツブツが出てきてすごく嫌でした。こちらの砂糖で治りました。何回か継続しないといけないけど、皮膚科でも匙を投げられた鮫肌だったので、感動です。

    楽天市場

水野春子
乾燥した肌にしっかり潤いを与えてくれる肌潤は、ニキビにも効果があるのよ。使った人のなかには、ニキビが小さくなってニキビ跡も気にならなくなったという人もいるみたい。高い保湿力と浸透力があるから、乾燥しやすいひざにしっかり潤いが届けられそうよね♪

 商品はこちら

ホワイトショット

サプリとして1日2粒服用して、体の中から美白へ導くホワイトショットインナーロック。添加物や刺激のある美白成分は含まれていない、安全性の高いサプリです。美白に効果がある、ビタミンCがたっぷり配合されていて、飲むだけでくすみが取れて透明感のあるお肌になることができと言われています。

ひざの黒ずみを取るためには、肌を美白することがポイントになります。敏感肌で美白ケア用品を使うことができない人も、サプリなら飲むだけなので安心です。体の中から美白して、ひざの黒ずみを解消できますよ。

効果美白
飲みやすさ飲みやすい
保湿度高め
おすすめ度★★★★
価格6,696円(税込)/公式サイト
内容量60粒


  •  
  • 顔より体の方が、くすみ抜けを実感
    今年の夏場3ヶ月飲んでみました。 飲んでいる最中は顔より体の方が、くすみ抜けを実感しました。 ただ毎年夏の終わりに疲れからか顔がくすみがちになるのですが、今年はくすまなかったので、この商品が効果を発揮してくれたのだと思います。 高いため通年は飲めませんが、また夏場は購入しようと思います。

    アットコスメ

 

  •  
  • 通年使いたいです
    ちょっとお値段が高いけど、これだけ効き目があれば、 安くて効き目がないよりいいかな。 だいたい1年飲用。 夏に関係なく飲んでました。 うっかり日焼けがなくなり、腕や足の甲、首など 日焼け止めを塗っていませんが、日焼けしてません。 日傘は使ってます。 インナーロックのでおかげだと思うので、通年使いたいです。 焼けてからアタフタするより ちょっと高く感じても、自己投資だと思ってます。 年齢的に今焼けてしまったら、アウトだもの。

    アットコスメ

 

水野春子
面倒なことは一切なし、ただ飲むだけのサプリは手軽よね。飲むだけで顔や体、全身に美白効果が現れたとしたら、もう手放せなくなりそうじゃない!

 商品はこちら

▼膝の黒ずみケアにおすすめのクリームをもっと詳しく知りたい人はこちらをCHECK▼

膝の黒ずみにおすすめクリーム3選|美白と保湿で隠さない素足美人に

膝の黒ずみケアは予防もしないと意味が無い!

出来てしまったらなかなか取れないひざの黒ずみ。ひざに黒ずみがあると気になって丈の短いスカートなどは、履けなくなりますよね。ひざに黒ずみが出来てしまうと、すぐに取ることは難しく長い時間をかけてケアしていかなければいけません。おしゃれの幅をせまくしない為ためには、ひざの黒ずみを作らないようにすることが大切です。

せっかくケアして取れたひざの黒ずみも予防をしないと、またすぐに黒ずみが出来てしまう可能性もあります。ひざの黒ずみを再発させないためには、日常生活のなかで黒ずみの原因になることは出来るだけ避けケアしていくことが大切です。脚がいくらキレイでもひざが黒ずんでいたら台無しに。見えてないからと安心しないで、薄着になる前にしっかりケアしましょう。

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事