『ブツブツ埋没毛』抜いちゃダメ!自宅での治し方と作らない方法とは

埋没毛をどうにかしたい!

埋没毛は毛が皮膚の下に埋もれている状態ですが、この埋没毛に悩んでいる方は意外と多いです。毛が濃ゆくて多い、剛毛な人は特にこの埋没毛になりやすいともいわれています。ムダ毛は処理すればいいけど、埋まっている毛は一体どうしたらいいんだろう?と埋没毛と格闘している方もいるのではないでしょうか。埋没毛はどうにかして改善したいですよね。

埋没毛は脇や髭、足など毛のしっかりしているところに特に出来やすいようです。皮膚の下にわりと長い埋もれ毛を発見すると、無理やり取ろうとする方もいると思いますが、皮膚の下に完全に埋まっているものを無理やり抜いてしまうのは痛いですし、肌にもよくありません。埋没毛を改善するためには、まずは埋没毛というものをしっかりと知ることが大事です。原因なども知って、対策、予防をしていきましょう。埋没毛の自宅で出来るケア方法のやり方、埋没毛になるデメリットなどたっぷりとご紹介していきます。

埋没毛の自宅で出来る治し方

埋没毛は自己処理など毛が皮膚の下に埋まっている状態です。埋もれ毛とも言いますね。パッと見は普通に表面に生えてきているように見えるものもありますが、カミソリなどで剃っているときに剃ることが出来ないため気づくことも多いと思います。この埋没毛が出来てしまったら、正しくケアを行うことが大事になってきます。まずは自宅で出来る埋没毛の治し方をご紹介します。

スクラブ・ピーリング+肌を柔らかくするケア

埋没毛は出来てしまったら、悪化させないようにすることが大事です。自然に毛が伸びて表に出てくるのを待つほうが肌のためにはいいのですが、気になるからそこまで待てない!という方もいるでしょう。その場合は肌を柔らかくして埋没毛が出てきやすいようにしてあげましょう。埋没毛が出来ているときは角質が固くなっている傾向があります。角質を柔らかくしてくれるスクラブやピーリングでケアしていくと埋没毛を改善しやすくなります。いらない角質を除去して新しい皮膚になると毛が表面にも出やすくなります。スクラブでマッサージするときは粒子が大きいものだと逆に肌に負担がかかってしまうこともありますので、なるべく粒子が細かいものを選んだり、力を入れてこすったりしないように気をつけましょう。


埋没毛が出来ているときは肌が痛んでいる場合も多いですので、スクラブで肌を傷つけないように注意しましょう。そして、スクラブやピーリングで角質ケアをした後は、クリームでしっかりと保湿することが大事です。角質ケアした後の肌を守るためと、肌を柔らかくする意味でもクリームは忘れずにぬりましょう。埋没毛はすぐに改善されるものでもありませんので、気長にケアしていくことが大事ですが、どうしても今すぐにどうにかしたい!ということもあるでしょう。目立つ場所にあったら、気になってスカートをはけなかったりすることもあると思います。そういう場合は無理やり抜くというのも一つの手でもあります。

はるこ先生
スクラブやピーリングとそのあとの保湿ケアをすることで埋没毛が実際に改善されたという口コミを多く見かけました。改善されなかったという人も、乾燥して固くなった肌の状態は良くなったと感じている人が多いようです。角質ケアと保湿を行うことは、今後埋没毛を作らないようにするためにも有効と言えますね!

放置しても出てくることもある

埋没毛が出来ても放置していると、埋まっていた毛が出てくることもあります。埋没毛は皮膚の中で毛の成長がストップすると、毛穴から毛が離れて、皮膚のターンオーバーで毛が表面に出てきます。埋没毛を自然に治すためには、皮膚のターンオーバーが正常に行われていることが大事になってきます。自己処理による肌への刺激やストレス、疲れなどで皮膚のターンオーバーは乱れてしまいます。そのため、なるべく自己処理で肌に刺激を与えないことも大事ですし、睡眠をしっかりとって疲れやストレスなどをためないようにしましょう。ですが、目立つところにある埋没毛なら自然に治るまで待つというのも難しいですよね!そんなときはピンセットなどで埋まっている毛を引き抜いたりすることが必要な時もあると思います。

無理やり抜くなら、これだけは守って!

無理やり抜く場合に気をつけること

・抜く前に肌を柔らかくする。入浴後などがオススメ!
・ピンセットなどは消毒する
・ゆっくりひっぱりだす
・抜いた後はたっぷり保湿

はるこ先生
無理やり抜く場合はピンセットやカッターなどが一般的です。抜くのは基本的におすすめは出来ませんが、どうしても気になるときはしっかりと消毒して、菌が入らないように気をつける必要があります。そして抜いた後はいつも以上に保湿を心がけましょう。 

皮膚科での埋没毛の取り方

自分で埋没毛をケアすることもできますが、皮膚科で治療をするのもいいでしょう。医療機関のレーザー脱毛で埋没毛改善することも出来ますし、安心して脱毛を行うことが出来ます。レーザー脱毛をしていれば、自己処理を行わなくて良くなります。埋没毛は自己処理が一番の原因となっていますので、脱毛をすることで肌をいためることもなく埋没毛の予防にもつながります。


レーザー脱毛のあとまれに肌の赤みやひりひり感が残ることもありますが、皮膚科であれば、その状況に応じて処置をしてくれるのも安心ですよね。医療機関での脱毛は費用もかかるため、まずはカウンセリングをしっかりと受けてから決めるようにしましょう。

埋没毛になる原因は無理な脱毛

埋没毛の出来かた

埋没毛は、普段の自己処理が原因となっている場合がほとんどです。自己処理の際に皮膚に傷がついてしまうと、最近が入り込んで炎症を起こしてしまいます。それが原因となり毛穴がふさがれてしまうことで埋没毛が出来てしまいます。​埋没毛はひざ下や脇、デリケートゾーンなど毛の太いところが出来やすいのですが、間違った自己処理を続けていると、他の部位にも出来る可能性は十分にありますので注意が必要です。​

こんな脱毛に要注意

ムダ毛処理の仕方も人によって違いますが、埋没毛になりやすい方法としては

  • 毛抜きで抜く
  • カミソリ
  • 脱毛に使う器具が不衛生
  • 毛の処理後に保湿をしない

などがあげられます。毛抜きなどで毛を無理やり抜くと、皮膚が傷ついて炎症も起こりやすくまれに出血することもあるでしょう。それがかさぶたとなって毛が表に出てくることが出来ずに皮膚の中で成長して埋没毛となります。他にもカミソリでの処理も肌には非常に負担がかかっています。一見、毛のみを処理しているように見えますが、角質も削れてしまいます。そしてそのカミソリが不衛生な状態だと菌が侵入して皮膚に炎症が起こりやすくなります。繰り返し自己処理を行っていると、角質も固くなってしまっていることがおおいですが、その状態でカミソリを皮膚にあてるというのは、思った以上に肌に刺激が加わっているのです。毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりというのは自己処理ではもっとも一般的なやり方ではありますが、本来はおすすめ出来る方法ではありません。このような自己処理をずっと続けていると埋没毛も増えてしまう可能性が大きいのです。

埋没毛を作らない脱毛方法

​自己処理をする際に、ピンセットやカミソリなどを使っていると、埋没毛が出来やすくなりますし、これから改善していきたいのであれば、これらの脱毛はなるべく避けるようにすることが大切になります。埋没毛を作らないようにする脱毛方法を以下でご紹介します。

自宅で脱毛するなら

自宅で自己処理を行うのであれば、肌に負担が少ない、除毛クリームや電気シェーバーでの脱毛がおすすめです。電気シェーバーはカミソリよりもはるかに肌への刺激が少ないので、どうしても自分ですぐに処理したい場合にはおすすめです。そして自宅で自己処理をした場合には、角質ケアやしっかりと保湿を行うようにしていきましょう。

プロにおまかせする

脱毛はレーザー脱毛に通うという方法もあります。医療レーザーでの脱毛は費用はかかりますが、毛そのものを生えてこないようにするため、自分での処理が必要なくなります。もちろんすぐになくなるわけではないため一定期間通う必要がありますが、自己処理が大きな原因となっている埋没毛を作らないようにするためには脱毛はおすすめです。カウンセリングなどで埋没毛が気になることもしっかりと伝えるといいでしょう。

はるこ先生
口コミでは、レーザ脱毛によって埋没毛がなくなった!とか、出来なくなった!という声がとても多いように感じました。気になる埋没毛も改善されて、毛も無くなるなんてこんな良いことはありませんよね。レーザー脱毛によって毛が減ってくると、自己処理の回数もかなり減ってきますし、段々とまったく自己処理をしなくてよくなってくるので、肌の状態も良くなり一石二鳥ですよね!

埋没毛のデメリット

放置すると色素沈着の恐れあり

埋没毛は、見た目もいやなものですが、それだけでなくほかにも影響が出てきます。埋没毛が出来ても自然と改善される場合もありますが、それを無理やり自分でほじくって毛を抜いていたりしていると色素沈着になる恐れもあります。シミやくすみ、黒ずみなどの肌トラブルもこの自己処理が原因となっている場合も多いのです。色素沈着になってしまうと、毛を丁寧に処理しても綺麗に見えなくなってしまいます。

無理やり抜いて炎症の原因になる

埋没毛の中には皮膚の中で毛が成長してグルグルに伸びていくものもあります。そうなるとやっぱり気になるので無理やり抜いてしまう方もおおいのですが、やはり無理やり抜いてしまうと炎症の原因となってしまいます。皮膚を無理にほじくっていると傷がついてしまうため毛が抜けても、また埋没毛になる可能性が大きいといえるようです。

埋没毛ケアにおすすめ2選

クリアボディローション

クリアボディローションはオルビスから出ている和漢植物由来の成分が配合されている薬用のボディローションです。このローションはスプレータイプになっていますが、逆さにしても使えるので背中などにも気軽に使えます。オイルフリーで、無香料、無着色、殺菌剤不使用で肌に優しく作られています。ニキビやニキビ跡以外にも、脱毛後などの肌荒れも防いでくれます。植物性の保湿成分も配合されていますので乾燥が気になる肌を保湿してくれます。

税込1,399円

クリアローションはこちら

ジュエルレイン

ジュエルレインは乾燥した肌に潤いを与えてニキビを予防する医薬部外品です。自己処理を繰り返した肌も乾燥しやすい状態となっています。乾燥していると埋没毛が出来やすくなるためしっかりと保湿することが大事です。ジュエルレインはクリームとピーリングがセットになったものがありますが、ピーリングは醗酵ローズハチミツを使用している天然ピーリングで、 肌にやさしく古い角質と汚れをしっかりと落としてくれます。保湿効果も高い為、使用後も肌のツッパリ感を感じません。

​通常価格2,475円(税抜)​ 

ジュエルレインはこちら

埋没毛は「作らない脱毛」で根本から対策

埋没毛は気になるからと言って、無理矢理だしたり自己処理を続けているとさらに悪化してしまいますし、肌にとってもよくありません。毛がなくなっても肌が痛んでいては綺麗にみえませんよね!自己処理をする方は後の保湿もしっかりと行うようにして、ケアを怠らないことが大事です!埋没毛が気になる方は、日頃のケアをしっかりと行って改善、予防をしていきましょう!