デリケートゾーンの黒ずみをなくそう!黒ずみ解消法と美白アイテム5選

デリケートゾーンの黒ずみが気になる

お肌の悩みの中でも、人に言えない悩みはズバリ「デリケートゾーンのトラブル」。特にこの部分の黒ずみに悩んでいる人ってとても多いんです。場所が場所だけに、悩みがあっても人に相談しにくいし、病院に行くのも恥ずかしいし、だけど何とかしないとデートの時に恥ずかしい…今まさにその袋小路にハマっているそこのあなた、ここで諦める必要はありません。心配しなくても大丈夫、デリケートゾーンの黒ずみはちゃんと改善できるんです!

お肌の黒ずみは絶対に消えないと思われがちですが、そんなことはありません。最近はデリケートゾーンの専用美白商品も充実しているので、自宅でも十分にケアできます。

今回は、そんな悩めるあなたを救うべく、編集長である水野春子がデリケートゾーンの黒ずみ対策を大特集。デリケートゾーンの黒ずみの原因からセルフケア、病院の治療まで、ありったけの黒ずみ解消方法をお伝えします!

そもそもデリケートゾーンってどこ?

デリケートゾーンの黒ずみ解消法特集の最初は、デリケートゾーンについてです。

デリケートゾーンってどのあたり?

デリケートゾーンという言葉、なんとなく使っていますが、正確にどの辺りを指すのか、実はあまり知られていないのではないでしょうか。聞いてみると意外にも違う場所だと思っている人も多いので、ここでデリケートゾーンの正確な場所についておさらいしておきましょう。

デリケートゾーンの場所はズバリVIOライン。「VIOって何?」という質問もよく耳にするので、下の答えを参考にしてください☆

VIOとは何ですか?

VIOはデリケートゾーン全体を指す言葉です。女性器を前から見るとVの字、陰部の両サイドはIの字、肛門回りをOの字に見立てることができることから、V・I・Oと呼ばれています。この3つを合わせるとVIOとなり、デリケートゾーンの部位の総称として使われます。

デリケートゾーンが黒ずむメカニズム・原因は何?

次はデリケートゾーンの黒ずみの原因についてです。デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女子はとっても多いのですが、それもそのはず、VIOラインは肌が黒ずみやすい条件がそろっているんです。その原因は大きく分けて2つあります。

摩擦や圧迫などの刺激

デリケートゾーンは体の中でも常に刺激にさらされている場所です。多くの人は下着を365日24時間着用しているので、いやがおうにもVIOラインは刺激にさらされます。歩くときの摩擦はもちろん、デスクワークの最中も座ることによる圧迫を受け続けます。体の中でもそれだけ外部の刺激を多く受けている部分は他にはありません。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、下着以外にもあります。例えば過度なムダ毛処理や洗いすぎによる皮膚への負担。不衛生も良くありませんが、洗いすぎも問題なんです。

皮膚は摩擦や圧迫を受けると、メラニン色素がその部分に集まってくるという特性があります。メラニン色素には肌を守る役割があり、色素を集めることで肌を強くしますが、同時にその部分は黒ずんでいきます。常に刺激にさらされているデリケートゾーンは、こうした理由で黒ずみやすくなってしまうんです。

生活習慣の乱れ

デリケートゾーンの黒ずみには生活習慣の乱れも影響します。生活と黒ずみ、一見無関係にも思えますが、実は切っても切れない深い関係があるんです。

生活習慣が乱れると、ストレスからホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが崩れると、体内ではメラニン色素の生成が促進され、デリケートゾーンの黒ずみが進行してしまうのです。また、ストレスが溜まったり、睡眠不足が続いたり、食生活が乱れると、お肌のターンオーバーのサイクルも乱れます。皮膚の新陳代謝が正常に行われないと、古い角質が残り、色素は沈着していきます。

これら2つの理由により、デリケートゾーンの黒ずみを解消するには、VIO周辺部分への刺激を少なくするとともに、生活習慣の見直しもしてみてください。

黒ずみの原因についての話はこれで終わり、次は黒ずみ解消方法についてお話します!

【自宅】デリケートゾーンの黒ずみ解消方法2選

ここからはデリケートゾーンの黒ずみ解消「自宅編」です。お家でできる黒ずみ対策を2つ紹介するので、毎日のセルフケアに取り入れてくださいね☆

1. 洗い方は「お湯と泡で優しく」

自宅でできる黒ずみ解消法の最初は、デリケートゾーンの洗い方の工夫です。デリケートゾーンは常に刺激にさらされていますが、洗う時まで乱暴にしたら余計に黒ずみは悪化します。そうしないためにも、デリケートゾーンを洗うときには「お湯と泡で優しく」洗うようにしましょう。

また膣の中は自浄作用があるので、ゴシゴシ洗う必要はありません。性器周りの皮膚はとってもデリケート。泡で優しく洗うイメージで綺麗にしていきましょう。デリケートゾーンの洗い方の手順は以下の通りです。石鹸でパックをするように洗うと効果がありますよ☆

デリケートゾーンの洗い方

  1. 石鹸を泡立てて、デリケートゾーン全体を泡で包むように洗う
  2. 泡でデリケートゾーンを包んだら3分~5分程度おく
  3. シャワーで泡をしっかり流す(水圧は弱めにする)

こうすることで黒ずみは改善していきます。黒ずみ予防の専用石鹸を使うとさらに効果があるので、ぜひ試してみてください。

2. 保湿方法は「優しくなじませる」

黒ずみ解消の2つ目は、保湿についてです。デリケートゾーンの保湿はあまり注目されていませんが、黒ずみ解消をするために保湿はマストです!

デリケートゾーンの保湿が必要な理由は、この部分の角質層の薄さにあります。角質層が薄いと肌は乾燥しやすく、乾燥することで外部からの刺激がダイレクトに伝わり、それが黒ずみの原因になってしまうのです。特にアンダーヘアの脱毛をしている人は要注意。お手入れ後は特に肌が敏感になっているので、保湿はしっかりと行いましょう。

保湿のタイミング

デリケートゾーンの保湿のタイミングは3つあります。

  1. 風呂上がり
  2. ムダ毛処理前後
  3. 朝出かける前

黒ずみ対策をする場合は、上記のタイミングが鍵となります。朝晩は必ずデリケートゾーンの保湿をする習慣をつけましょう。

以上の2つが自宅でできる黒ずみ解消方法でした。気になるのは、こうしたケアを始めて一体どれくらいで黒ずみが改善されるか?ということですが、黒ずみが解消する大体の目安については以下の通りです。

黒ずみ解消効果を実感するためには、どれくらい続ければいいですか?

黒ずみ解消には、お肌のターンオーバーが関係します。ターンオーバーは正常なサイクルで28日とされているため、黒ずみが薄くなり始めるのは早くても1ヶ月後からです。1ヶ月経過した時点でも完全に黒ずみが消えることはまれで、目に見える成果が出るのは早くても数か月後というのが一般的です。

デリケートゾーンの自宅ケアについてはこれで終わりです。次はいよいよデリケートゾーンの美白アイテムの紹介です。話題の商品が目白押しなので、チェックしてくださいね!

デリケートゾーン専用ケアアイテムを口コミ付で紹介

次はデリケートゾーンのおすすめ専用アイテムについて紹介していきます。デリケートゾーンの黒ずみ対策の商品には石鹸と美白クリームの2つがあります。どちらか一つでも効果がありますが、ダブルで使えば相乗効果が期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみは何とかしたいけど、専用商品を買いに行くのはちょっと恥ずかしい…そんなあなたはここで内緒でお買い物できるので、必要な人はこちらからどうぞ☆

肌のターンオーバーを整える石鹸2選

最初は石鹸の紹介です。デリケートゾ-ンのケアに使う石鹸は殺菌作用があるのはもちろん、肌のターンオーバーを整える成分や保湿成分が入ったものを選ぶようにしましょう。ここでは2つのおすすめ商品を紹介します! 

(1)クリアネオパール

一つ目のおすすめは「クリアネオパール」。この石鹸は、デリケートゾーンの黒ずみとニオイを改善するために作られた、VIOだけでなく全身に使えるボディーソープ。高密度で濃厚な泡が、デリケートゾーンを優しく包んで洗います。贅沢に配合された美肌サポート成分と、植物性の高保湿成分がお肌を乾燥と刺激から守ります。ボディソープの液体はかわいらしいピンク色。着色成分には天然成分のアスタキサンチンを使用しています。アスタキサンチンにはビタミンEの1000倍、コエンザイムQ10の150倍以上の抗酸化力があり、デリケートゾーンのターンオーバーを促進、黒ずみを根本から改善してくれます。

内容量300ml(専用詰替1本ボトル付き)
価格2,980円(定期便・送料無料)、3,480円(お試し一本・送料660円)
スラリおすすめ度★★★★★
おすすめポイント・抗酸化力の強い天然色素を使用
・植物性の高保湿成分が肌を乾燥から守る
・美肌サポート成分で透明感のある肌を実現
・初回購入(1回)のみでの解約も可能
クリアネオパールの感想を見てみましょう。実際に黒ずみがとれたのか気になりますよね。効果はあったのでしょうか?
  •  
  • 旦那ともラブラブ
    デリケートゾーンの黒ずみが気になって、裸になることに抵抗がありました。 女性用のこんなボディーソープがあるんですね。クリアネオパールに出会ったおかげで、旦那ともラブラブです。

    クリオネオパール公式サイト

 

石鹸1つで夫婦仲がこれまで以上に良くなるなら、私たちもそのご利益にあやかったみたいですね。

クリアネアパール

(2)ラヴージュ

2つ目のおすすめはラヴージュです。この石鹸もボディーソープタイプの液体石鹸。水色の可愛らしい容器に入った、とっても素敵なボディーソープです。デリケートゾーンのニオイや黒ずみをしっかりと落としてくれます。

この石鹸の特徴は、ニオイや黒ずみの元となる悪玉物質に直接働きかける成分を配合している点です。生石鹸のぬめりと、十分な保湿効果のある美容成分がデリケートゾーンの肌を悪玉物質の刺激から守ります。これまでVIOラインの黒ずみやニオイが気になって自分に自信が持てなかった…という人もこの石鹸を使ってコンプレックスを解消。自分に自信がついて、日々積極的になっていくのを実感した、という声が続々寄せられています!

内容量ソープ60g、保湿美容液30mlのセット
価格4,980円(税別・送料無料)
スラリおすすめ度★★★★★
おすすめポイント・黒ずみ・ニオイの元の悪玉物質を除去
・保湿効果のある天然美容成分を配合
・続けやすい料金・ケアのコストは1日80円~
  •  
  • 黒ずみ&臭いの改善
    1度使うのをやめてしまい、そしたら臭いがひどくなりまたラヴージュを使い始めました。 半年使って黒ずみ&臭いの改善が少しみられました。 毎日続けるのが大変ですけど、来年の夏までに良くなってる事を願い、がんばります!!
  •  
  • 少し薄くなったような気がします
    黒ずみが気になっていたので、おもいきって購入しました。 まだ1ヶ月ぐらいしか使用していないので、はっきりした効果は見えませんが、少し薄くなったような気がします。 泡立ちやにおいがいいかんじなので、続けてみます。

ラヴージュを購入した人の口コミを見ると、黒ずみも臭いも徐々に改善してきたという人、 産後のデリケートゾーンのケアに使って効果があったという人など、みなさん何かしら効果があったようですね。黒ずみが気になる人はもちろん、ニオイが気になる人にもおすすめの石鹸です。

おすすめ美白クリーム3選

石鹸の次は美白クリームです。本格的にデリケートゾーンの黒ずみを改善するには、専用クリームによるケアもしましょう。美白クリームにはメラニン色素の生成を抑える効果があり、保湿をすることで、乾燥からくる黒ずみもカバーすることができます。編集部おすすめの美白クリームは全部で3つ。順番に紹介していきます!

(1)セプト ヴィエルホワイト

最初のおすすめは「セプト ヴィエルホワイト」です。このクリームはデリケートゾーンと乳首の両方の黒ずみに効く商品で、人気女性誌をはじめ、スキンケア大学でも特集されたほどの実力派クリームです。

デリケートゾーンの黒ずみの理由は3つ。摩擦や刺激、脱毛処理、そして紫外線です。紫外線は夏場の海水浴シーズンに影響を受けやすいと言われています。ヴィエルホワイトは、これらの原因で引き起こされるデリケートゾーン特有の黒ずみに対し、美白と保湿に効く14種類の成分をリポソーム化して、肌の奥まで必要なエキスを届けます。ジェルタイプの液体は無添加・低刺激。敏感肌のデリケートゾーンに安心して使える美白クリームです。

内容量30ml(1ヶ月分)
価格4,390円(定期便・送料無料・税別)※通常購入は9,960円(送料500円・税別)
スラリおすすめ度★★★★★
おすすめポイント・リポソーム化した薬用美白美容液
・120日間の返金保障あり
・殺菌混入の心配のないプッシュ式
  •  
  • こっそり、お手入れした甲斐がありました!
    私はもともと色白なんですが、皮膚が弱いせいか?下着などでこすれると、ガサガサの黒ずみになって、よけいに目立つんです。エステも考えたけど、人に見せるのは恥ずかしい・・・これは自宅でこっそりお手入れできるので助かります! 今では、その甲斐あって真っ白です!

    ヴィエルホワイト公式HP

  •  
  • 新婚旅行に間に合いました!!感謝してます★
    結婚が決まり、今までほったらかしだったボディケアを入念に始めたのですけど、新婚旅行がバリ島に決まり、Vラインの黒ずみに困っていました。このエッセンスは、自宅で美白ケアができることが気に入ってます! お陰で新婚旅行も楽しめました!感謝してます!!

    ヴィエルホワイト公式サイト

  •  
  • 何とかしたい!と思い使い始めました。
    下着の黒ずみ(骨盤部分)、デリケートゾーンが黒く、特にIラインは黒ずみがひどくて恥ずかしいほどです。何とかしたい!と思い、ヴィエルホワイトを使い始めました。使い始めて1週間経ったころ、お肌のキメが整ってきて、すべすべになりました。おしりのザラザラがなくなり、ツルツルになってきたのが嬉しいです。

    ヴィエルホワイトの使用感と口コミ

ヴィエルホワイトを使った人の口コミを見てみると、みなさん効果があったみたいですね。中には新婚旅行に間に合った!という人もいて、本当によかったです。とっても評判の良い美白クリームですので、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる人は、一度試してみる価値はあると思います。 

セプト ヴィエルホワイト

(2)イビサクリーム

2つ目のおすすめはイビサクリームです。 このクリームもデリケートゾーンの黒ずみ対策ではとっても人気の高いクリーム。雑誌や新聞で多く取り上げられ、『GLITTER』はじめ、『ヴォーチェ』や『MAQUIA』その他メディアでも多数紹介されています。

デリケートゾーンの黒ずみはお肌のダメージが主な原因。イビサクリームには、メラニンの生成を抑える成分とうるおい成分をたっぷり配合、黒ずみを内側から改善していきます。特に効果的なのは、黒ずみをケアする「トラネキサム酸」と、肌荒れを防止して肌のキメを整える「グリチルリチン酸2K」の2つの薬用成分。さらに4つの天然由来の美容成分が美白ケアをしっかりサポート。美白と保湿を同時に叶えて、デリケートゾーンをキレイにしていきます。

内容量35g(約1ヶ月分)
価格4,970円( 定期コース・送料無料・税別)※クレジットカード払いはさらに500円OFFの4,470円
スラリおすすめ度★★★★
おすすめポイント・黒ずみをケアする「トラネキサム酸」を配合
・肌のキメを整える「グリチルリチン酸2K」を配合
・4つの天然由来の美容成分
・厳選された8種類の保湿成分
・28日間の全額返金保障付き
  •  
  • 可愛い水着が着られるのが楽しみ
    21歳から全身脱毛のコースに通っていたのですが、ムダ毛が生えなくなってからは嬉しい反面、Vラインの黒ずみが目立ち、こんな状態になるのだったら脱毛なんてせずに毛で隠れていた方がマシだったかもと思ったほどです。 そんな時に、ネットでイビサクリームの存在を知り、興味を持ちました。脱毛サロンが開発してということも信頼でき、使ってみたところ数週間経ったころには黒ずみがほとんど気にならなくなりました!!黒ずみが気になってここ数年は可愛い水着や下着は敬遠していましたが、今はとても楽しみになりました!

    イビサクリーム公式サイト

  •  
  • 毎日のケアでの効果を期待中
    デリケートゾーン美白ケアクリームで、VIOをはじめとする色素沈着=黒ズミケアの出来るクリームです。デリケートゾーンでも使える処方なので、安心安全な刺激のない使い心地が良いです。傷跡や虫さされ痕、色んな色素沈着に使えそうです。 チューブタイプで先の細い容器が使いやすくて気に入りました。 美白効果は気長に使うコトが1番の先回りなので、 毎日のケアでの効果を期待中です!

    アットコスメ

イビサクリームを試した人は、お一人は脱毛後の黒ずみに悩んでいたようですが、水着を着るのが楽しみになるほど改善したようで、効果はバッチリだった様子がうかがえます。もうお一人は使い心地の良さについてコメントしていますね。刺激が少ないとのことなので、毎日ケアできそうなところもいいですね。

イビサクリーム

(3)ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

おすすめの美白クリームのラストは「ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム」。この商品もデリケートゾーンの黒ずみ対策では定評があり、Ray読者モデルの伊東亜梨沙さんや、姉ageha専属モデルのけいこさんをはじめとした、モデル愛用者も急増中の注目商品です。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは、メラニン色素沈着抑制作用のある有効成分・水溶性プラセンタエキスと4種類の美白成分を配合、メラニンの生成を抑えて、黒ずみを根本からシャットアウトします。美白の後は、最高級といわれるうるおい成分が肌を優しく保護、摩擦や刺激による黒ずみを予防してデリケートゾーンのお肌を美しく整えてくれます。

内容量35g(1ヶ月分)
価格4,250円(定期コース初回・クレジットカード払い・送料無料)都度購入通常価格7,000円(送料別・税別)
スラリおすすめ度★★★★★
おすすめポイント・モデル愛用者も急増中の人気商品
・メラニン色素を抑える水溶性プラセンタエキスを配合
・60日間の返金保障あり
・使うたびに癒される野ばらの香り
  •  
  • 黒ずみケア商品は何個か試したけど、1番良い感じです
    3つ4つ別の商品も試したけど、ハーバルラビットが1番良いと感じました♪効果が出るのが早いです。1ヶ月目には、黒ずみが薄くなっているのを感じました。毎日ケアするのは大変だけど、匂いに癒されながらケアを楽しみます!

    ハーバルラビット公式サイト

  •  
  • 黒ずみなくなりました!
    ほんとに黒ずみなくなりました!効果があってもどうせ半年くらい必要だと思ってましたが、2ヶ月で目に見える効果があって嬉しかったです‼︎効果が実感できたので、日々のケアも苦にならず出来ました。

    ハーバルラビット公式サイト

  •  
  • 夏はビキニを久々に着たいと思います!
    よく海に一緒に行っていた友人から海に行こうと誘われて相談したところ、ハーバルラビットナチュラルゲルクリームを紹介されました。すぐに効果が出たわけじゃありませんが1ヵ月ほどでかなり改善されてきているので、来年の夏までにはビキニを新調してまた海に行きたいと思います!

    ピグリー

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームを試した人のコメントを見ると、みなさんなかなか好感触を得られた様子がうかがえます。中にはいろいろ試した強者もいて、使用した中では一番良かったとのこと。自分に合う商品に出会うことが黒ずみ改善の第一歩。みなさんも自分の体質に合った美白クリームを見つけられるといいですね。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

デリケートゾーンのお手入れQ&A

その他のデリケートゾーンのケアについて、よくある質問にここでお答えします☆デリケートゾーンの皮膚はとっても繊細で、正しいケアをすることが何より大事です。デリケートゾーンのお手入れの際の参考にしてくださいね!

ジャムウハーバルソープはどうですか?

ジャムウハーバルソープは、デリケートゾーンをケアする石鹸として有名ですが、どちらかというと黒ずみ対策というよりは、臭いが気になる方におすすめの商品です。
黒ずみが気になる人は、ここで紹介した2つの石鹸の方がおすすめです。

美白化粧水は効果がある?

デリケートゾーンに美白化粧水は必要ありません。デリケートゾーンは皮脂や水分保持が少ないため、クリームや美容液を塗るだけで十分です。また顔用の化粧水は、デリケートゾーンには刺激が強いため、使用するのは控えましょう。

【皮膚科】デリケートゾーンの黒ずみ解消方法2選

デリケートゾーンの黒ずみ改善、自宅ケアの次は皮膚科での解消方法です。皮膚科といってもデリケートゾーンの黒ずみは美容皮膚科で受け付けています。普通の市民病院の皮膚科に行っても、治療対象とはしていないため注意が必要です。デリケートゾーンのトラブルは、場所が場所だけに、専門クリニックに行って処置してもらうのが一番です。ここでは美容皮膚科で行う黒ずみ解消方法を2つ紹介します。

1. 処方箋をもらう

美容皮膚科での治療は大きく分けて2つあり、そのうちの1つは薬の処方です。黒ずみ対策の石鹸やクリームは、市販品も多く販売されていますが、医師の処方薬に比べれば効き目は穏やか。一般的に病院処方薬の方がより効果があるため、本格的な黒ずみ対策をしたい人にはおすすめです。

病院で処方される黒ずみ改善の薬は「ハイドロキノン」です。強力な美白成分を含んでおり、黒ずみの元となるメラニン色素を作らせない作用があります。市販品のクリームよりも効き目が強いので、使用に際しては医師の指示に従って、用法・用量を守るようにしましょう。

ハイドロキノンの処方の料金目安はおよそ1回2,000~7,000円。クリニックによって料金には幅があります。処方薬の内容量・成分によっても料金は変わるので、詳しくは最寄りの美容皮膚科に問い合わせましょう。HPに料金が公開されている美容外科も多いので、受診の参考にしてみてください。

美容皮膚科の治療については、診療内容によって保険適用になるものもあれば、適用にならないものもあります。受診の際には必ず保険証は持参しましょう。

2. レーザー治療をする

美容皮膚科の治療の2つ目はレーザー治療です。レーザー治療は、デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで直接除去するという方法で、薬に比べて効果が高いと言われています。黒ずみ除去の方法としてはオーソドックスで人気も高いです。

料金はおよそ1回10,000円前後で6~12回通うのが一般的です。これもクリニックによって若干の違いはありますが、総額で10万円前後を予定しておけば安心です。分割払いが可能な病院もあるので、お財布と相談して病院選びをしてくださいね。


以上が皮膚科での黒ずみ解消方法でした。次は再びセルフケアに話を戻し、黒ずみを悪化させない方法についてお伝えします!

デリケートゾーンの黒ずみを悪化させない方法3選

ここからはデリケートゾーンの黒ずみ予防についてです。デリケートゾーンは体の中でも特に刺激を受けやすい部分。黒ずみやすい条件がそろっているので、日ごろから丁寧にケアをすることが必要です。VIOラインの黒ずみを悪化させない方法は3つあります。順番に見ていきましょう!

1. ムダ毛処理を正しく行う

デリケートゾーンの黒ずみを悪化させないためには、正しい方法でムダ毛の処理をすることが重要です。ムダ毛の処理方法を誤ると黒ずみが悪化するので、慎重に行う必要があります。ムダ毛処理のポイントは、肌に負担のない道具を使って、正しい順序で行うことです。

肌刺激の少ない電気シェーバーを使う

ムダ毛処理には、肌刺激の少ない電気シェーバーの使用をおすすめします。デリケートゾーンのムダ毛処理をカミソリでしている人もいますが、カミソリはお肌への負担も大きく、一歩間違えれば皮膚がめくれてしまいます。カミソリの刃が繰り返し肌にあたると、それがさらなる黒ずみの原因にもなります。

その点、電気シェーバーは肌刺激も少なく安心です。自宅でケアをするときに、特におすすめなのはペンタイプの電気シェーバー。ペンタイプならVIOラインの細部処理も簡単にでき、ピンポイントで処理できるので肌への負担も少なく、黒ずみを予防するには最適です。

電気シェーバーによるムダ毛処理は安全ですが、使う際にはいくつか注意が必要です。そのポイントについては次に解説します。

正しいムダ毛処理の方法

最初に保湿をする

ムダ毛処理をする前に、デリケートゾーンは保湿をしておきましょう。保湿方法は自宅ケアで紹介した通りの方法で実践してください。電気シェーバーは安全ですが、肌への負担がゼロになるわけではありません。デリケートゾーンのダメージは黒ずみの原因となるため、しっかり保湿をして肌を守りましょう。

長いムダ毛は短くカット

電気シェーバーをあてる際に、ムダ毛が長いと引っかかって肌を傷つける可能性があります。予防のためには、あらかじめ長い毛をハサミでカットしておきましょう。そうすることでシェービングの際の思わぬ怪我を防ぐことができます。

敏感肌用のシェービングジェルを塗る

シェービングをするときには必ずジェルを使いましょう。デリケートゾーンのお肌はとっても敏感。保湿成分や美容成分の含まれている肌に優しいジェルを使用しましょう。男性用のシェービングジェルは多くありますが、基本的に刺激が強めなのでVIOラインでの使用はNGです。

ムダ毛は「上から下」に向かって処理

デリケートゾーンの肌にジェルを塗り終わったら、いよいよシェービング。毛の流れに沿って上から下に向かって処理しましょう。見えにくい場所は手鏡を使って丁寧にケアします。毛の流れに逆らって処理すると、毛がひっかかったり、肌に負担がかかり血が出ることもあるので、処置をするときには絶対に反対方向にはしないでくださいね。

2. 下着は肌に優しい素材を選ぶ

VIOラインの黒ずみを悪化させないためには、肌に優しい素材の下着を選ぶことも大切です。デリケートゾーンは常に下着の摩擦にさらされています。いくら黒ずみ対策を施しても、下着の素材の刺激が強いと肌を守るためにメラニン色素がVIOラインに集まってきてしまいます。下着売り場に行くと、つい「きれい」「かわいい」で選んでしまいがちですが、デリケートゾーンのことを思えば「肌に優しい素材・形」を優先しましょう。

おすすめなのは、通気性の良い天然素材のシルクかコットン。特にシルクは通気性も良く、なめらかな肌触りで刺激も少ないため、黒ずみを予防したい女子はシルクショーツを身に着けると良いでしょう。

3. 食事改善で体内から肌を整える

黒ずみ対策には食事も関係しています。体の内側から美白に効く栄養をしっかりとって、デリケートゾーンの黒ずみを解消していきましょう。おすすめの栄養素は全部で4つです。

タンパク質を摂る

第一のおすすめはタンパク質です。タンパク質を含んだ食品は肉類・魚介類・卵・納豆、豆腐、豆乳などの大豆製品等があります。タンパク質に含まれるアミノ酸にはお肌のターンオーバーを促す効果があり、色素が沈着する前に皮膚が生まれ変わるため、黒ずみを改善することができます。

アミノ酸のひとつであるシステインは、黒ずみの原因となるメラニン色素生成を抑制する働きがあります。さらにアミノ酸には保湿をして肌を守る役割もあります。こうしたことから、タンパク質を摂ることで、デリケートゾーンを外部の刺激から守り、黒ずみを予防することができます。

タンパク質には肉や魚、卵などの動物性タンパク質と、豆乳・野菜などから摂れる植物性タンパク質の2つがあります。このうち肌に良いとされる必須アミノ酸を多く含むのは動物性タンパク質。美肌目的でタンパク質を摂取する際には、肉や魚を積極的にとっていきましょう。ただし脂肪分が気になるときには、植物性タンパク質も上手に組み合わせて、バランスよく栄養を摂っていくことをおすすめします。

ビタミンCを摂る

ビタミンCには、黒ずみの原因となるメラニン色素の増加を抑える効果があります。また抗酸化作用もあり、コラーゲンの生成も促すため、肌にうるおいをもたらします。肌の保湿がキープされれば、デリケートゾーンも乾燥の刺激から肌を守ることができ、黒ずみの原因をブロックすることができます。

ビタミンCは、ブロッコリー・カリフラワー・ゴーヤ・パプリカ・ケール・キャベツなどの緑黄色野菜や、イチゴ・レモン・キウイ・グレープフルーツなどの果物から摂ることができます。

ビタミンEを摂る

ビタミンEは、強い抗酸化力を持つビタミンで、黒ずみ対策には必須の栄養素です。デリケートゾーンが黒ずむ原因の一つに「活性酸素」があると言われます。この活性酸素はストレスや生活習慣の乱れ、激しい運動、紫外線、喫煙、加齢などが原因で増加します。体の中で活性酸素が増えると、体内の老廃物の排出機能が衰え、肌が老化するばかりでなく、メラニンが過剰に生成されお肌の黒ずみも悪化します。

それを防ぐのに必要なことは、ビタミンEをしっかり摂ることです。ビタミンEを多く含む食品には、ーモンド、種実類(ひまわりの種など)、小麦胚芽、あんこうの肝・からすみなど魚の肝、たらこ・キャビアなど魚の卵、マヨネーズ。西洋かぼちゃなどがあります。ビタミンEを含む食品は、タンパク質やビタミンCに比べると、毎日お目にかかるほどポピュラーな食品は少ないため、意識的に摂取をしていく必要があります。

鉄分を摂る

黒ずみ対策に効く食事のラストは鉄分です。鉄分が不足すると、血液中のヘモグロビンが不足します。そうすると体内に十分な酸素が行きわたらなくなり、お肌のターンオーバーが乱れます。新陳代謝が正常に行われないと、皮膚には古い角質が残り色素は沈着、黒ずみが悪化します。特に年齢を重ねた肌はターンオーバーにも時間がかかります。黒ずみが気になる場合には、鉄分をしっかり摂ることでケアしていきましょう。

undefined
はるこさん
デリケートゾーンの黒ずみの改善には、ここに取り上げた4つの栄養素をしっかり摂っていってね。毎日の食事の中で摂っていければいいけど、栄養が偏ってしまう場合には、サプリを利用してもいいと思うわ。

デリケートゾーンの黒ずみは専用の美白アイテムで解消しよう

いかがでしたか?今回はデリケートゾーンの黒ずみ対策についての特集でした。デリケートゾーンの黒ずみが気になったら、最初に取り組むのはセルフケア。黒ずみを解消するために、規則正しい生活を送り、栄養もしっかり摂りましょう。また専用の美白石鹸・美白クリームでケアすると、より早く黒ずみ解消効果を感じられると思います。

それでも改善しない場合は、美容皮膚科でケアすることも検討してみましょう。確実に言えるのは、もし今、黒ずみに悩んでいたとしても解決方法はあり、決して諦める必要はない、ということです。

どうか自分に合った方法で、気長に黒ずみ改善に取り組んでいってくださいね。結果がでるまでには数か月かかることもありますが、ケアを続ければ、徐々に黒ずみが薄くなっていくと思います。次の夏までには悩みを解消して、自信を持って水着を着られるといいですね☆

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事