背中の”できもの”に気付いたら!ぶつぶつをきれいに治して背中美人になろう

背中の”できもの”に気付いたら、今日からケアを始めよう 

背中のできものは死角となっているので、普段の生活ではなかなか気づくことができません。そのため気付く機会が多いのが人に指摘された時です。例えば旅行で温泉に入ったときや着替えの時など、背中のできものを指摘されることが多いんですよね。

ぶつぶつは見た目に悪いので指摘されるととっても恥ずかしい!それにぶつぶつがあるだけでどんなに美容に気を付けていても、周りからの評価はがた落ちになってしまいます。そんな事態を避けるためにも今日からでも早めのケアをしていくことが大切なのです。美容は一日にして効果が出ないことが多いので、早めのケアで改善していきましょう♪

よくある”できもの”《痛くない場合》

実は背中にできるできもの中には、痛くないものと痛いものが存在します。痛くないものは「放っておいても大丈夫♪」と思いがちですが、実はそれは大間違いなのす。

痛くないものであっても重症化すれば、炎症が広がるなどの大きな被害をもたらすことがあります。実は私水野も昔ひどい目にあったことがありました。しっかりと勉強して嫌なぶつぶつの正体を知りましょう。

軽症ニキビとは?

軽症ニキビとは比較的軽度のニキビで、黒ニキビまたは白ニキビ、もしくは赤ニキビの炎症が軽い状態のできものを指します。黒ニキビは皮脂が酸化したもので白ニキビはそうではないもの、赤ニキビは炎症をおこし赤くなったものを指します。

原因は様々ありますが、主にホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌・シャンプー液などによる毛穴のつまり・肌の乾燥による皮脂の過剰分泌などがあります。実は黒ニキビと白ニキビは、毛穴に皮脂やアカまたは膿がたまった状態を言います。面皰(めんぽう)と呼ばれるこの症状ですが、比較的軽度のものであるため簡単な方法で治すことができますよ。

ビダール苔癬とは?

ビダール苔癬は別名慢性単純性苔癬とも呼ばれ、主に腕、首筋と背中、陰部に出ることが多い症状です。

特徴としては強いかゆみを引き起こすことが多く、強く患部をかきすぎることによって皮膚が赤くなったり皮膚の表面が剥がれたりなどの症状も出ることがあります。

はっきりとした原因はまだわかっていませんが、ストレスやホルモンバランスの乱れが一因となっているといわれています。できものの中には痛いものも存在します。背中は寝る時などのあたる部分なので痛いぶつぶつができてしまったら最悪……。でも大丈夫!そのニキビの特徴を知って対策法も実践していけば治すことは可能ですよ。

赤い=しこりニキビとは?

ニキビの中にはしこりのある赤いニキビが存在します。赤いしこりニキビは毛穴に皮脂+アクネ菌が混在している状態をいいます。皮脂の裏側でアクネ菌が繁殖しているので、皮脂が蓋の役割を担ってしまっている状態です。 

そのため膿がたまっていき炎症を引き起こすことになります。赤というよりも紫に近くなっていることがありますが、出血が起こっていることが原因となります。

  この状態を放っておくと赤みが引かなくなったり、ニキビ跡の原因となるので治していきたいですね。

臭い・固い・大きい・黒い=粉瘤

粉瘤(ふんりゅうは)表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)とも呼ばれる皮膚病の一つです。見た目は黒いものが浮き上がっているように見えるので、一見皮脂が酸化した黒ニキビと変わりがないように見えます。 

しかし、ニキビと粉瘤(ふんりゅうは)とでは決定的な違いがあるんです。ニキビは皮脂が毛穴につまり雑菌が繁殖しできものが出てきてしまうことをいいます。

 それに比べて粉瘤は表皮に嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋のような物体ができることにより、古い角質が剥がれ落ちることができずにたまっていく症状が起こります。 

背中だけではなく体中にできる可能性があるうえ、同じ場所に何度もできる可能性があるため厄介な皮膚病といえますね。はっきりとした原因はわかっていませんが、もともとの体質が関係することがあるといわれています。通常の状態では痛みを感じることはありませんが、粉瘤内に雑菌がわき炎症が起こると痛みを感じることがあるので注意が必要なのです。

おできとはどんなもの?

背中にできるおできは赤く腫れあがりブヨブヨとした見た目が特徴です。炎症が起こると腫れあがり触ると痛みを感じることがあるため、一時も早く治していきたいですね。アレルギー症状が出てくると、かゆみや痛みが出てくることがあります。ニキビや粉瘤と違いしこりを感じないので、触ってみて判断するといいでしょう。

ヘルペスとは?

ヘルペスは帯状疱疹(たいじょうほうしん)と呼ばれる湿疹です。ウイルスによって起こる症状で、神経痛を起こす厄介なものです。見た目は神経の周りを中心にして赤い水疱が起こるので、比較的わかりやすいといえます。

チクチクもしくはピリピリとした痛みを感じるので、その感覚を目安にするといいですね。ストレスや疲れが原因で起こることが多いので、精神的に安定すると自然と治ることもあります。

よくある”できもの”《かゆい場合》

背中にできるできものやぶつぶつの中にはかゆみを感じるものもあります。見た目だけでも痒く感じるので、一刻も早く治していきたいものですね。以下にかゆみを感じるできものをご紹介していきます。

かゆみを伴う汗疹とは?

夏によくみられる汗疹(あせも)ですが、その原因を知っている人は少ないですよね。汗疹ができてしまう原因は、角質層と呼ばれる肌の表面のしまりが悪くなり汗の出口をふさいでしまうことにあります。汗がきちんと出ないとたまった汗が水泡を作ってしまい、赤みを帯びたぶつぶつができてしまいます。これが汗疹の正体というわけですね。汗疹は見た目に悪いだけではなくかゆみを伴うこともあります。

かゆい!蕁麻疹って?

蕁麻疹はかゆみを伴う湿疹です。赤みを帯びたかゆみを伴うもので、やけどをしたような感覚を伴うことがあります。時間とともに治る人もいますが、何度も繰り返す人もいるので油断はできません。赤みを帯びたふくらみが次々とできたら蕁麻疹を疑ってみましょう。

生まれつきの疾患アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、皮脂が少なく水分量が少ない人がなりやすい症状です。カサカサとした赤みや盛り上がった丘疹(きゅうしん)ができ、激しいかゆみを感じる症状です。またかきむしることにより、肌がかたくなるので美容にもよくないことも多い症状です。 

アトピー性皮膚炎は全体的にできる特徴があり、手足はもちろん背中や顔など場所を特定せず様々な場所にできます。生まれつきのアトピー性皮膚炎の人もいますが、成人してから発症する人もいるため油断はできないといえます。

そのほか、背中にできる可能性のあるできものは?

痛みやかゆみに関する背中のできものについて書いていきましたが、それ以外にもできる可能性があるぶつぶつはあるんでしょうか? 

できものやぶつぶつの知識を高めるためには、あらゆる症状を知っておく必要があります。背中にできる可能性があるものに加えて、他の部位に関するものについてもご紹介しますね。

脂肪腫って?

脂肪腫は脂肪細胞からできる良性腫瘍のことです。特に痛みやかゆみはありませんが、脂肪が固まったことによるふくらみがあるので美容の面では見逃せませんね。身体のどこにもできるもので、お尻などあらゆるところに症状が出ます。

おできとは?

上記でもご紹介したおできですが、おできとはいっても必ずしも痛みやかゆみが出てくるものばかりではありません。しかし、かゆみや痛みがないからといって問題がないわけではなく重症化すると膿が出るようになる可能性もあるので注意が必要です。

毛巣洞とは?

毛巣洞はお尻の割れ目の上部分、または近辺の皮下にできる膿瘍です。症状としては毛が皮膚に突き刺さることによって、毛の集合体を作ってしまいます。そうなると皮下の状態が悪くなり雑菌がわき膿が出るようになってしまいます。特に毛深い人がなりやすいと言われているので、心当たりがある人は心にとめておきましょう。

脂漏性皮膚炎とは?

脂漏性皮膚炎は、皮脂の多い部分やこすれることの多い部分にできやすい皮膚炎です。頭部や顔に紅斑が現れかゆみを伴うこともあります。原因は様々ありますがストレスや生活習慣の乱れなどが挙げられます。

酒さとは?

酒さは特に中年以降に多いもので、顔にまるでお酒を飲んだような赤みが出る症状を言います。重症化すると膿疱の症状が出ることが珍しくありません。原因は今現在不明で生まれつきのこの症状が出る人がいます。

毛嚢炎とは?

毛嚢炎とはひげやムダ毛などの体毛の処理をしたときに、毛の奥に存在する毛包に細菌が繁殖し炎症を起こしてしまう症状のことです。人によって赤みが出る場合と出ない場合がありますが、いずれにしろ小さなぶつぶつができてしまいます。

最初のうちはかゆみや痛みを感じることがありませんが、重症化すると炎症が悪化しかゆみを伴った症状が出ることもあるので、早めに治していくことが得策となります。

面皰とは?

面皰は簡単にいうとニキビの総称です。上記で説明したように軽症ニキビと呼ぶこともありますが、基本的に同じものと考えていいでしょう。

ステロイドざ瘡とは?

ステロイドざ瘡とは簡単にいえば、ステロイド剤が原因でできてしまうざ瘡のことを指します。ざ瘡とは専門用語におけるニキビのことで、正確には尋常性ざ瘡(じんじょうせい・ざそう)といいます。 

ステロイドざ瘡ができてしまう原因には二種類あり、一つはすでにできてしまったステロイドざ瘡にステロイド剤を使い続けることにより悪化するケースと、ステロイド剤により顔や背中の上部分、他にも胸の上部分などにステロイドざ瘡ができてしまうケースがあります。 

原因はステロイドを使ったことによる、ホルモンバランスの崩れが要因だといわれています。ホルモンバランスが崩れると、皮脂の分泌が促進され毛穴のつまりを引き起こします。 

そしてつまった毛穴にアクネ菌が繁殖し毛穴が炎症を起こしていきます。これがステロイドざ瘡の正体というわけですね。見た目は赤黒いぶつぶつができるので赤ニキビ等と間違えないようにしましょう。

青年性偏疣贅とは?

ウイルス感染によってできるものの一種です。主に青年の顔や手にできることから青年性という名前がついています。とはいっても子供にもできる可能性があるので、青年だけにできる症状とも言い切れません。主にヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)と呼ばれるウイルスの3型が原因でできるもので、色は淡褐色でイボ状のぷつぷつとした小さな状態のものができます。

SDD(h)とは

SDD(h)とはちかかね皮膚科の医師が独自につけた名称で、正式に認められたものではありません。ですが医師が見てきた中で実際に起こっている症状を端的に表す名称とは言えます。症状としては人間が自分の皮膚守るために行った反応が、結果的に皮膚病の症状として現れます。どのような皮膚病になるかは人によって違うのでいまだ研究段階にある症状です。


正式に学会などで認められている病名ではありません。仮に私が付けた皮膚病を起すメカニズムです。一般的には認められていませんので私のHP内と私が診療する時に通じる略語だと考えて下さい。

Source: https://www.e-skin.net/v/simplessd.htm


SDD(h)とは、皮膚を守る為に起こった皮膚の変化です。 皮膚の変化は、個人差・原因・出来た部位・経過・合併症なのでバラエティに富んでいて見た目・症状も異なります。最も疑っているウィルスがHPVなので最後に(h)を付けています。

Source: https://www.e-skin.net/v/simplessd.htm

疥癬とは

疥癬は皮癬ダニ(ヒゼダニ)と呼ばれるダニが原因でできてしまう症状です。赤いぶつぶつができ、場合によってはかゆみも感じる厄介なできものです。加えて皮癬ダニ(ヒゼダニ)は人から移るので、拡散の可能性があり油断できない存在といえます。一度症状が出ると赤い発疹が様々な場所にでき、次第にカサカサとした皮膚がぽろぽろと剥がれ落ちるようになります。

マラセチア毛包炎とは

マラセチア毛包炎とは赤い小さなぶつぶつが身体にできてしまう症状です。かゆみを伴うこともあるので、できたら非常に困ってしまいますね。一見ニキビと変わらないように見えますが原因は全く違います。マラセチア毛包炎になってしまう原因は、癜風菌と呼ばれるカビの一種が毛穴に繁殖し炎症を起こしてしまうことが原因です。常在菌のため誰にでもできてしまう可能性があるのが痛いところです。

背中の”できもの”の治し方

背中のできものやぶつぶつを治すには、様々なケアをしていく必要があります。ではどういった治し方があるんでしょうか?

一言にできものとはいっても、いろいろな種類があるんですね。
そうね。生活習慣が原因であるものや生まれつきのもの、人から人への感染によるものなどさまざまな種類があるから、医師ではない人が判断するのはなかなか難しいところだわ。
でも目安として知識を持っておくことで、ある程度は自分で判断したり安心感を得ることができるから、勉強しておくことは無駄にならないと思います!
ところで一つ忘れていないかしら?
何ですか?
できものの種類や症状を知ることも大切だけど、治し方を知ることも大切よ。中には手術が必要なタイプもあるの。

 

そうでした!できものを治すには、どういったやり方があるんですか?

セルフケアで治せるもの

軽症ニキビやおでき汗疹など肌トラブルが原因で起こる症状の場合、早めのセルフケアを行うことで改善が期待できます。肌を清潔に保ち保湿とホルモンバランスの調節を心がけることで、肌の状態がよくなりできものができにくくなるので、日常的に行っていきたいですね。

薬や医師の力が必要なもの

ビダール苔癬やヘルペス、蕁麻疹、アトピー皮膚炎、疥癬などの身体の中で起こっている以異常や虫による菌が原因で起こっている症状の場合は、セルフケアで解決することはなかなか難しいんです。ステロイド剤や抗ヒスタミン薬、抗生物質などで改善される可能性があるので医師に相談するのがおすすめです。

手術が必要なもの

粉瘤や脂肪腫、重症化したニキビなどの脂肪や皮脂の塊が毛穴につまってしまう症状の場合、皮膚腫瘍切除やくり抜き法といった手術が行われる可能性があります。皮膚腫瘍切除はできもの自体を切り取る方法となります。くり抜き法は皮膚を一部切開し中身を取り出す手術法になります。 

どちらも悪性のできものである可能性を考えて、病理検査を行うことが可能なのでもしかして……と考える人は手術を受けて病理検査を受けると安心ですね。

毛嚢炎のように毛が埋没してしまうことによって起こる炎症の場合も、切開手術が行われることがあります。

背中ニキビのセルフケア​

生活習慣に気をつける​

背中のできもののセルフケアといっても、具体的にはどうやったらいいのか分からない人もいると思います。もちろん背中を清潔は大切ですが、それよりも大切なのが保湿です。肌が乾燥すると肌を守ろうと必要以上に皮脂が分泌され、その結果ぶつぶつやできものができやすい肌になってしまうことがあります。

加えて皮膚が乾燥すると肌の新陳代謝が衰えターンオーバーしにくい肌になってしまうので、できるだけ保湿に気を付けていきたいものです。その方法としておすすめなのがロージョンやジェル等の美容製品です。ただ保湿するだけではなく、美肌にしてくれる効果もあるのでぶつぶつやできものだけではなく美しさのために使用していきたいですね。  そんなローションやジェルですが、特に人気の商品があるのでご紹介していきます。

《背中ニキビおすすめローション1位》メルシアン

メルシアンは安心の日本製で、ニキビはもちろんシミにも効くと言われている商品です。

メルシアンの特徴

アーティチョークエキス

含まれるシナロピクリンが美白とエイジング作用をもたらす

ボタンエキス

​メラニンの活性化を抑制

水溶性プラセンタ

角質を取り、シミを予防

安全性 

8つの無添加  合成着色料・タール系色素・鉱物油・動物性原料・石油系界面活性剤・パラベン・シリコン・紫外線吸収剤 不使用

金額

初回4,994円+税のところ40%オフ

返金保障

60日間返金保障

商品はこちら

《背中ニキビおすすめローション2位》クリアボディローション

和漢の力による保湿と引き締め効果で、ニキビのできにくい美肌を実現できます。使いやすくするために逆さにしてもOKな容器を採用していて、オイルカットにより季節を問わずに気軽に使っていくことができます。

クリアボディローションの特徴

甘草エキス

メラニンの活性化を抑え、美白を促進

桃仁エキス

高い保湿力で、なめらかな肌を実現

桑白皮エキス

保湿し、きめ細かい肌に整える

安全性

​無油分、無香料、無着色 、界面活性剤不使用

金額

1,296円

返金保証

​30日以内

商品はこちら

《背中ニキビおすすめジェル1位》ジッテプラス

ジップテラスに配合されている加水分解ヒアルロンは、肌の表面だけではなく角質層の奥にまで浸透させることができるので高い保湿力を感じることができます。加えてジッテプラスは背中だけではなく身体全体に使うことができるので、ニキビができやすい女性には強い味方となる商品といえます。

ジッテプラスの特徴

ヒアルロン酸

潤いをしっかり閉じ込め、バリア機能を強化

スーパーヒアルロン

多量の水分で肌表面をしっかり潤す

加水分解ヒアルロン

肌の奥まで水分を浸透

ナノセラミド

​水分の浸透率をアップ

安全性

パラベン・アルコール・着色料・鉱物油・合成香料 5つの無添加

金額

初回のみ980円、以降4,980円

返金保証

90日間長期保証

商品はこちら

《背中ニキビおすすめジェル2位》ルフィーナ

美容に関係する商品の場合、特に気になるのがその使い心地ですよね。でもそういったことは実際に使ってみないと分からないのも事実です。そこでおすすめできるのがルフィーナです。120日間にも渡る長期保証で、安心して使用することができます。

ルフィーナの特徴

シロキクラゲ

​ヒアルロン酸をしのぐ保湿力

低分子コラーゲン

肌に密着し、美容成分をしっかりとキープ

安全性

​鉱物油・合成着色料・合成香料・紫外線吸収剤 5つの無添加

金額

​2個まとめ買いで17,000円

返金保証

 肌に異常が出た場合のみ、一回分返金保証 120日以内

商品はこちら

《背中ニキビおすすめジェル3位》パルクレール

朝晩に2回プッシュするだけで、真珠のような肌を実現してくれる商品です。モデルや女優さんにも多く使用され、マイナビウーマン、ラルーン、スキンケア大学などのニュースサイトでも話題になっています。


パルクレールの特徴

アラントイン

ターンオーバーを促進し、新しい肌に生まれ変わらせる

ビタミンC

角質層の奥にまで浸透し、メラニンの活性化を抑制

安全性

パラベン、鉱物油、香料、石油系界面活性剤、タール系色素、エタノール、紫外線吸収剤等が無添加

金額

定期便パック5,200円

返金保証

永久に返金可能な永久返金保証書付き​

商品はこちら

きちんとケアして、背中美人になりましょう!

ぶつぶつやできものがない背中美人になるためには普段からのケアがとても大切です。そのために大切なのが手軽に使える美容製品です。上記で様々なタイプの美容製品をご紹介しましたが、今回特に注目したいのがジッテプラスなんです。

ジッテプラスはできものやぶつぶつなどを抑えてくれるとっても頼りがいのある製品ですが、特にその裏付けとされるのが実際にジッテプラスを使っている女性タレントの存在です。

そこで実際にジッテプラスを使っている女性タレントさんをご紹介しますね。

手島優さん・鈴木奈々さん・益若つばささん

手島優さん・鈴木奈々さん・益若つばささん、この3人の女性には共通点があります。それは背中美人であることと、ある商品のイメージモデルをされている点です。ジッテプラスは上記でもご紹介しましたね。ツイッターやブログでも紹介されており、大胆な背中の空いたドレスを公開するなどジッテプラスの効果を身をもって体現していらっしゃいます。

手島 優 ブログ

ジッテプラスは全身使えて便利!​

そして特におすすめしたい点がもう一つあります。それがジッテプラスは全身に使えるという点です。できものやぶつぶつは背中だけではなく、あらゆる場所にできてしまうものですよね。そのため美容のためには背中だけではなく、他の部位にも気を付けていきたいものです。 

ジッテプラスは全身に使えるジェルとして販売しているので、顔やウエスト部分などの様々な部分に使用が可能です。分けて購入していると金銭的に結構大変なことになりますよね。ジッテプラスならこれ1本でカバーできるので、面倒はありませんし金銭的にも助かります。まずは初回購入でお得に試してみましょう。

背中のできものは、気付いたときが治しどきですよ!

背中のできものやぶつぶつの原因はたくさんあり、その奥には意外な病気が潜んでいいる場合があります。でもいずれにしろ共通しているのは早めの対策がとても大切だということです。できものの種類によっては放っておいた機関が長いほどに炎症が広がるなどの、重症化が起こる可能性が高くなります。

そのため症状を改善するには気づいた時の行動が大切になるんです。今回は様々な症状の解説に加え対策法も書かせていただきましたので、ぜひもう一度読み返してみていただけると嬉しいです。