流動パラフィンとは?ベビーオイルにも含まれる成分の安全性を解説

目次

  • パラフィンって体に良くない成分?
  • パラフィンとは?
  • パラフィンは医療や美容分野でも使用されている
  • パラフィンは体への悪影響はないのか?
  • パラフィン(ミネラルオイル)は身近なもの
  • ミネラルオイルを使用したくないなら
  • パラフィンは安全性の高い成分

パラフィンって体に良くない成分?

パラフィンってお肌に良くない石油から出来てるんでしょう?そんなものが配合されている化粧品は使いたくないって思ってしまいますよね。それでは、どうしてお肌に悪い成分と言われているか知っていますか?石油由来の鉱物油だから……。では、パラフィンが医薬品にも使用されているのはどうしてでしょう。石油が原料になっていて、お肌に悪い成分なのであれば皮膚科などで処方されるのはおかしいですよね。そう考えると頭の中に?がたくさん溢れてきませんか?お肌に悪いと言われ続けるパラフィン(鉱物油)がどうして化粧品に使用され続けているのか、その疑問をスッキリさせてみたいと思いませんか?私と一緒にパラフィンについて詳しくチェックしていきましょう♪

パラフィンとは?

アッキー
石油由来のパラフィンってどうしても避けたいと思っているのに、たくさんの製品に使用されていて困ります。
はるこ先生
確かに良くないイメージがついているわね。でもね、アッキー。化粧品に使用されているパラフィンってどんなものか、ちゃんと知ってる? 
アッキー
石油から出来てるってことぐらいしか、知りませんけど……。

 

はるこ先生
じゃあ、これからパラフィンについて説明していくわね。詳しくパラフィンを知ろうとすると化学的な話で埋もれてしまうから、化粧品や化粧品以外のどんなものに使用されているか、どんな成分なのかをメインに説明するから、ちゃんとチェックしてね。

化粧品や医薬品に使われる成分の1つ

パラフィンは大きく分けて2種類あります。ロウソクのようなやや半透明で白い固形パラフィンとホワイト油、ヌジョールと言われているような液状の流動パラフィンと呼ばれているものです。ほぼすべてのパラフィンが石油原油が原料になっていて、石油を蒸留して、精製した成分の事をいいます。

ロウソクの原料になったり、クレヨンの原料やエンジンオイルに使用されるだけでなく、メイクのクレンジング剤や乳液といった化粧品の原料になったり、軟膏などの医薬品にも使用さるなど、私たちの周りに溢れている様々なものの原料として使用され、不自由のない生活を送るために欠かせないものになっています。

アッキー
車のエンジンオイルにも使われるものが、医薬品にも使用されてるなんて大丈夫なんですか?
はるこ先生
アッキー……。まったく同じものを使ってるわけじゃないのよ。石油を精製する段階でたくさんの種類の原料となる油が作られるの。でも、それぞれ性質や成分が違ってくるから用途も変わってくるのよ。
アッキー
ええっ‼……確かに、石油が原料になっているものは色々ありますね。ガソリンだったり、クレヨンだったり。じゃあ、化粧品に使われているパラフィンってどんな性質があるんですか?
はるこ先生
性質やどんなもの使われているかについては次の項目で説明するわね。 

パラフィンの性質

パラフィンが多くの製品に使用されている理由の1つに使用しやすいパラフィンの性質にあります。パラフィンは普通の状態で酸化することがなく、揮発もしません。さらに水に溶けることもなく、化学的に安定した成分として知られています。パラフィン自体、分子の量で固体や液体、また気体に変化する炭化水素の1つで化粧品や医薬品に使用されているパラフィンも熱を加えることで柔らかくなったり、固くなったりする性質を持っていて乳化しやすい性質もあるので、軟膏や口紅、クリーム類に使用されているのです。

流動性パラフィンは安全なオイル

流動パラフィンは一般的にミネラルオイルとも呼ばれ、多くの化粧品に使用されているオイルです。酸化することなく、乳化しやすい性質を活かして保護剤、親油性増粘剤などの役割でファンデーションや美白クリーム、口紅、アイシャドウなどに使用されています。水に溶けて欲しくないマスカラなどにも使用され、夏に大活躍する脱毛剤などにも使われていたりします。

お肌の上でものびがよく、密着性もあるのでお肌の表面をなめらかにしてツルツルとした肌ざわりを演出してくれる効果も多くの化粧品に使用される理由の1つです。そんな化粧品や医薬品に使用されるパラフィングレードも高く、現在では非常に安全性が高いと言われています。

パラフィンは医療や美容分野でも使用されている

はるこ先生
医療分野や美容分野でパラフィンがどんな風に活用されているか確認してみましょう♪

温熱療法に活躍

パラフィンはゆっくりとした熱伝導を活かして、整形外科などの医療分野でも使用されています。腱鞘炎やリュウマチの治療で行われる理学療法の1つ、温熱療法の1つにパラフィン浴が取り入れられているのです。50℃~55℃に温められて液状になったパラフィンの中にゆっくり手や腕などを数回に分けて浸け、ビニール袋で覆いタオルを巻いてゆっくりと温めます。保温効果が持続するので筋肉の緊張を緩和したり、鎮痛作用や新陳代謝促進の効果があり知覚異常・過敏などの治療にも使用されているようです。

アッキー
パラフィン浴って聞いたことがあります!どういった治療法かは知りませんでしたけど、思っていたよりも色々な効果があるんですね。
はるこ先生
ゆっくりとポカポカしてくるから、温熱治療にはもってこいの成分なの。パラフィン浴に加えて運動療法を取り入れると効果的らしいわ。

エステでも

新陳代謝促進や血行促進の効果があるパラフィン浴の理論はエステなのど美容分野でも多く活用されています。溶けて液状になったパラフィンはどんな凹凸にもまんべんなく密着させることができるので、ネイルサロンのハンドパックで使用されたり、パラフィンパックとしてエステサロンでも施術の項目に入っているところが多いです。

美容分野で使用されるパラフィンには、ビタミンCやコラーゲン、アロマオイル(精油)などが配合されているモノもあり、パラフィンの保湿効果はもちろんのこと、美肌・美白効果、血行促進による老廃物の除去美容成分の浸透を促す効果もあります。保湿や美肌効果があるパラフィンパックは、Amazonなどでも自宅用のキットが販売されていたります。気になる人はチェックしてみて下さい♪

はるこ先生
ネイルケアのついでにハンドケアをするときなんかにパラフィンパックをするとお肌がすべすべツルツルになるのよ。使ってるパラフィンの中にアロマの精油が入ってるサロンなんかは癒し効果も抜群!

Amazonでパラフィンパックをチェック♪

パラフィンは体への悪影響はないのか?

発がん性があるという噂

石油が原料となっているパラフィンには、発がん性に対する噂がどうしても付きまといます。パラフィン自体が毒性のある炭化水素の1つであるというのも理由にあがります。口から摂取するとシックハウス症候群や肺炎の原因になる炭化水素の1つで、更には大きな分類で分けるとアスファルトなどもパラフィンになってしまうのです。実際に流動パラフィンは国際化学物質安全性カード(ICSC)の中で健康有害性で皮膚に付着した場合は洗い流して水と石けんでよく洗浄するように表記されています。

こういった毒性を一部の自然派化粧品メーカーがネガティブキャンペーンに利用したというのが発がん性があるという噂の発端になっているようです。しかし、アスファルトや工業用などで使用されているパラフィンは精製のグレードが低くい不純物が混ざった状態で、逆に医薬品や化粧品などで使用されているパラフィンは精製のグレードが高く特に精良なものが使用されています。2016年12月22日に更新された国際がん研究機関(IARC)の発がん性リスク一覧の中に流動パラフィンは入っていません。リストの中のおそらく発がん性の成分という分類の中に石油精製が入っていますが、化粧品や医薬品で使用されるものは通常の基準よりも精巧な精製を行っているので、この項目には当てはまらないとも言われています。

アッキー
肌についたら洗い流してって説明が入るほど、害のあるものもあるってことですか⁉
はるこ先生
アッキー、それはあくまでも工業用の流動パラフィンの事なのよ。化粧品や医療用で使用されるものにはちゃんとした安全基準になるものがあるの。それは後で説明するわね。

敏感肌はアレルギーを起こす可能性

安全と言われている流動パラフィンですが、お肌のバリア機能が低下している敏感肌の人はアレルギー反応が出てしまう可能性があります。というのもお肌は解毒作用がない変わりに免疫センサーとしての役割を持っているため、パラフィンが肌に浸透する段階で肌に入ると危険な異物と判断したお肌が過敏に反応してしまう可能性ゼロではありません。更に肌を保護する役割があるパラフィンのせいでお肌自体が持っているバリア機能が乱れて乾燥肌になってしまう可能性もあります。

そして、密着性の高いパラフィン配合の化粧品を使用した際、そのメイク落とす為には強い界面活性剤配合のクレンジング剤を使用する必要が出てきてしまい、お肌への負担は避けられません。それだけでなく、しっかりと落としきれなかった場合は毛穴が詰まってしまい、炎症を起こして肌トラブルが起きてしまう可能性もあります。

はるこ先生
バリア機能が低下している人には、パラフィンの持つ密着性は悪影響を与える可能性があります。とくに炎症を起こしているような状態のアトピー肌とかにはパラフィンが配合されている化粧品は使用を避ける必要があるので要注意ですよ。

昔は精製技術が低く肌に悪影響もあった

発がん性がある事やお肌に悪い成分として噂が絶えないパラフィンですが、その根強いイメージの原因はネガティブキャンペーンの他にもちゃんとした理由があります。それは、原油事情が悪化していた1970年代まで話はさかのぼります。当時は質の悪い原料を使ったうえに、精製技術も低く不純物が多く残っていた状態の鉱物油を使用して化粧品を作っていました。その使用された鉱物油なかに硫黄化合物や芳香族化合物といった紫外線を吸収する成分も入っていたのです。その不純物が原因になり、油焼けや化粧焼けといった紫外線による色素沈着や接触性皮膚炎から黒皮症といったシミなどの症状が起きたからでした。

精製技術が格段に向上した現在では、99.9%以上の精製度に加えて安全性の試験も行われています。しかし、油焼けや化粧染みといったニュースがメイクを楽しむ女性にとって鉱物油=悪い成分としてのイメージを付けてしまい、その印象が今でも残ってしまっているのです。

はるこ先生
かなり昔の出来事だけど、この時の衝撃は女性を恐怖に陥れた事は間違いないニュースでした。しかし、精製技術が格段に進化している現在では不純物による油焼けなどの心配はないと言われています。

パラフィン(ミネラルオイル)は身近なもの

ミネラルオイルは石油由来

パラフィンは石油由来の成分で鉱物油としても、有名な成分です。しかし、鉱物油と聞くと先ほども書きましたが、体に悪そうなイメージが根強く残っています。では、ミネラルオイルと聞くとたちまち体に良さそうなイメージに変わりませんか?実は鉱物油を英語に言い換えるとミネラルオイルになり、パラフィンもミネラルオイルになります。そして、そのミネラルオイルのパラフィンを使用した製品は、私たちの身近にたくさん溢れているのです。

アッキー
言葉のイメージって怖いですね。確かにミネラルオイルって書かれていたり、言われると体に良さそうな気がします。
はるこ先生
そうなの。思い込みやイメージってホントに怖いけれど、そもそも石油由来の成分=鉱物油に対してもかなり思い違いをしている人がいるの。化学的なことだからちょっと難しいんだけど。石油自体の成分は、ほぼ炭化水素。この炭化水素に色々な混合物や化合物、金属類が混ざったものなの。それを精製する段階でそれぞれの成分に分類して、それぞれの用途に分けることができるのよ。
アッキー
それは元々は石油だけど、成分や性質がそれぞれ違ってくるってことですよね。でも、はるこ先生。成分や性質で分けても体には悪そうなイメージはそのままですよ。
はるこ先生
確かにそうよね……。じゃあ、石油由来のパラフィン……、ミネラルオイルが私たちの身近にあるどんなものに使われていて、どれだけ安全性が高いかを解説していくわ。

ワセリンもその1つ

乾燥対策によく使われ、皮膚科でも処方される白色ワセリンもミネラルオイル(パラフィン)が原料になっています。他にも皮膚科などで処方されるほとんどの軟膏類もベースはミネラルオイルです。直接、皮膚に塗ったり、出血を止めるために出血患部に塗っている医薬品に使用されるミネラルオイル。皮膚の表面に脂の膜を張って肌表面の水分蒸発を防ぐ効果だけでなく、外部からの刺激を防いでくれる効果もあります。稀にアレルギー反応を起こす人もいますが医療用で使用されるワセリンはかなり基準が高く、純度の高いミネラルオイルを使用しているので基本的には安全なものと言えます。

アッキー
はるこ先生。医療用で純度も高くて安全という根拠ってあるんですか? 
はるこ先生
アッキー。医療用で使うミネラルオイルっていうのは、製造許可を貰った工場でしか製造することが出来ない決まりがあるの。免疫機能に関わる生物学的製剤や新医薬品みたいなリスクの高い薬を作るのに設備や薬物の品質管理とか色々な厳しい基準をきちんと満たしているかを実際に工場に行ったりして判断する医薬品GMP適合性調査が行われて、そのGMP認定を受けなくてはいけないの。製薬会社にはこれが義務づけられているのよ。
アッキー
スゴイですね‼製薬工場にそんな義務があったなんて知りませんでした!そんな基準があるところで作られているなら、安全と言われる理由が何となく分かった気がします。なんか、安心しました。
はるこ先生
1980年代に厚生労働省が定めたGMP省令というものがちゃんとあるの。当たり前だけど、医薬品の製造はそれだけ神経質にならないといけないってことよね。特に眼科で使用されてる目の周りに使う軟膏なんかは粘膜が近いから、かなりグレードの高いものを使っているそうよ。

 

ベビーオイルにも使われている

ワセリンのような意外と身近なものに使われているミネラルオイルは、お肌の敏感な赤ちゃんが使うベビーオイルにも使われています。赤ちゃんのお肌はバリア機能も低くて大人よりも薄い状態で様々な肌トラブルを起こしやすい状態です。過剰な皮脂分泌も行われるので、入浴時などにしっかりと洗浄する必要があるのですが、落としきれなかったりすると黄色いかさぶたのようなものが出来たりします。さらに、3か月を過ぎた頃から急激に皮脂分泌が減少するのでカサカサの乾燥肌になりがちです。そんな時に使用すると効果的なのがベビーオイル。かさぶた状になった皮脂を柔らかくして落ちやすくしてくれたり、カサカサお肌を減少してしまった皮脂の代わりに保護してくれたりします。

アッキー
ベビーオイルにもミネラルオイルが使われていたんですね。でも、ベビーオイルって医薬品ではないですねよ。医薬品を製造する工場みたいな規定ってあるんですか?
はるこ先生
安心してアッキー。医薬品ではないけれど、化粧品にもちゃんと化粧品GMPという基準のがあるのよ。薬事法では、化粧品の製造には製造業の許可販売には製造販売業の許可が必要になってくるのよ。製造も販売もとなるとこの両方が必要なの。
アッキー
確かに化粧品は製造も販売もって両方を行うメーカーだけじゃないですよね。なんだか、ちょっと不安になってきました。
はるこ先生
そうね。メーカーによっては違う製造会社に委託している場合もあるけれど、品質管理などの責任は販売業者にあるの。そして、販売業者は製造販売業の許可をとる必要があると言ったけれど、製造販売業の許可の中にはGQP、GVP省令といった厳しい基準があって、このGQP省令では製造業者を監査したり、監督するという義務づけられているのよ。
アッキー
なんだか、難しいですけど……。簡単にいうと販売業者は委託している製造所を監視したり、指導するっていう義務があるんですね…。
はるこ先生
その通り!どうしても安全な製品を使いたいという人はGMPだけじゃなく、国際標準化機構(ISO)で決められた国際規格を満たしている会社を選ぶといいと思うわ。国際規格の承認が得られている会社はISO***って表示がHPとかに書いてあるから安心よ。ISOの後の数字もネットで検索したら意味が出てくるから気になる人はやってみて♪

ミネラルオイルの安全性

医薬品や化粧品に使用されているミネラルオイルは、それぞれに厳しいグレードの基準があります。更に製品を製造する工場にも規定があり、認定の基準を満たした工場がちゃんとした設備と管理のなかで製造をしているので、現在の化粧品や医薬品に使用されるミネラルオイルはかなり安全性が高いと言えます。

はるこ先生
ただし、すべての人にアレルギー反応がないとは言い切れない点があるので、敏感肌の人やアトピー肌の人は注意が必要。気になる人はパッチテストを行うことをおすすめします。

ミネラルオイルを使用したくないなら

アッキー
どんなに安全と言われても不安な人や敏感肌の人はミネラルオイルは避けたいと思いますよね。特にアレルギー体質の人は避けたい成分。ココでは、ミネラルオイルという表示以外にどんな表示がされているか見ていきますので、表示名をチェックしてください♪

使用している商品の見分け方

ミネラルオイルだけでなく、パラフィンと同様の鉱物油であるイソパラフィンも油性成分として使用されたり、エモリエント剤として使用されています。

ミネラルオイル以外の表示名

  • 流動パラフィン
  • パラフィン
  • ワセリン
  • セレシン
  • 水添ポリイソブテン
  • イソパラフィン
  • 鉱物油

 

はるこ先生
イソパラフィンパラフィン同じ石油由来の成分。炭化水素の混合物でワセリンやミネラルオイルと同じような役割で化粧品に使用されているので、化粧品を購入の際はイソパラフィンも確認してみて下さいね。

ベビーオイルは植物性の成分の物もある

ミネラルオイルを主成分にしているベビーオイル。その中でも植物性のオイルを使用した製品もあります。配合されている成分や価格、内容量などを確認していきましょう。

ピジョン ベビークリアオイル

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルカプリル酸とカプリン酸の混合脂肪酸がグリセリンと結合したオイル。ココナッツオイルなどに含まれる中鎖脂肪酸と同じ成分構造をしています。油剤として使用
エチルヘキサン酸セチル別名・オクタン酸セチル。2-エチルヘキサン酸と植物由来のセチルアルコールが結合したオイル。油剤として使用
イソステアリルアルコール医薬品にも使用される高級アルコールで、植物を原料にしたり油性を原料にする合成アルコール。
グリチルレチン酸ステアリルカンゾウ根エキスの主成分で抗炎症作用があります。
スクワラン植物・哺乳類などに含まれている成分に水素を配合した成分で皮脂に馴染みやすい天然の保湿剤と言われています。油剤として使用
イソステアリン酸コレステリルヤシや大豆に含まれている疑似セラミドの一種で保湿効果があります。
セラミドNPセラミド3とも言われる成分でヒト型セラミドの一種で保湿効果があります。
【ピジョン ベビークリアオイルの口コミ】
  •  
  • 安心して使えます
    4/5
    33歳 普通肌 sayyyaさん
    無着色・無香料。パラベンフリーで胎脂に近い成分使用との事で安心して使えます。 大人が使うスキンケア系のオイルとは異なりサラサラしていて少量でもよく伸びます。

    @コスメ

  •  
  • 乾燥肌にはOK
    4/5
    としひで
    軽度のアトピーです。乾燥肌でカサカサしている所にはOKでした。アトピーのひどい所に試しに塗ってみたらダメでした。

    Amazon

  •  
  • 1ヶ月の子どもの肌荒れに
    5/5
    Amazonカスタマー
    1カ月の子どもが肌荒れしたため購入しました。 3000円代のミルクを使っていましたが、なんだかんだ言って、このオイルが効きました。 オイルをつけ始めて数日で改善してきました。 付けて少し経つと、すぐにサラサラになり、ベタつきもあまりありません。

    Amazon

  •  
  • 洗顔に使用しています
    4/5
    25歳 混合肌 atyako-miさん
    通常の使い方とは違うのでしょうが…洗顔に使用しています。 洗顔後特有のツッパリ感が嫌で、早く化粧水を塗りたいけれど全身タオルドライして服を着用し、自室でゆっくりスキンケアしたいタイプで焦りたくないので… 泡立てネットに洗顔フォームをつけて泡立て、2-3滴オイルをたらして、もう一度泡立てて馴染ませ洗顔します お風呂上がりは独特のツッパリ感や乾燥している感じが軽減され助かっています

    @コスメ

はるこ先生
植物性で、さらに妊婦さんのお腹の中で新生児の皮膚を保護する役割を持っている胎脂に近い成分で出来たベビーオイル。髪の毛に使ったり、乾燥肌に使ったりと用途はたくさんありますが、中には洗顔に混ぜるという人も。ベビーオイルを1滴洗顔に混ぜるとクリーミーな泡になるとネットでも話題になってますね♪口コミの中に臭いが気になったという人もいました。

ピジョン クリアベビーオイルのおすすめの使い方

アッキー
無香料のクリアベビーオイルは素材そのものの臭いがクサイとどうしても感じてしまう人がいるようです。せっかく購入したのにクサくて使えずに捨ててしまうのはもったいないですよね。そんな人におすすめの使用方法をご紹介します♪

・乾燥部分にだけ使用

普段から広範囲に使用するとどうしても匂いが気になってしまいます。そこで、乾燥がより気になるカサカサしている部分にだけ使用する方法がおすすめです。少し乾燥している程度の部分にはベビーローションや元々使用している化粧水などを馴染ませるようにしましょう。

・毛先に少量だけ

髪の毛に使用する人もいますが、多めに髪の毛全体につけるのではなく、ハネが気になる毛先などに1滴・2滴ほど少量を手のひらで伸ばしてからサッとなじませてるようにしましょう。

・洗顔料に混ぜて使用

TVなどで紹介されて話題になったベビーオイルの使用方法ですが、泡がきめ細かくなって洗顔した後もツッパらないと人気の使用方法です。ベビーオイルを1滴、少し泡立てた洗顔料に混ぜて更に泡立てるとクリーミーな泡に。洗顔後のツッパリ感が気になる人はチャレンジしてみて下さい♪

・お気に入りのスキンケア用品に少量加える

乾燥肌の女性には、今まで使っていたスキンケア用品に1・2滴少量を加えてから肌に馴染ませる方法もおすすめです。

内容量80ml
価格オープン価格 ※店舗によって価格が変動400円~700円

公式サイトをチェック!!

パラフィンは安全性の高い成分

パラフィンに対するイメージは少しでも変わったでしょうか?パラフィンにアレルギーが出てしまう人は避けなければいけない成分かもしれませんが、お肌にトラブルを抱えていない人がわざわざ避ける必要が無い成分という事なんです。パラフィンは鉱物油の中でも安全性の高い成分です。植物性でも石油由来でもお肌に合う合わないは人それぞれ。自分にあった製品を正しく使用することが美肌への第1歩になります。化粧品の全成分表示は使用者が製品にちゃんと関心を持って、自分で使うものを自分で選ぶ基準になるようにされた対策です。自分のお肌のため、基本となる知識をちゃんとつける事も大切ということですね。


PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事