【必読】オリーブオイルで角栓をとるには見逃せないデメリットがある!

オリーブオイルで小鼻の黒ずみや角栓除去できる!?

オリーブオイルで角栓を除去する手法が話題となっていますが、そもそもオリーブオイルは肌に使用しても問題はないのでしょうか?何故オリーブオイルが注目されたのかというと、オリーブオイルは健康食品であると同時に髪にもいいと話題となっているからです。この髪などに使用できるという事実が外用品としての効果を期待され、肌にも使われるようになったと考えられています。しかし、実際オリーブオイルは角栓の除去に効果がありません。その詳細とどうしてもオリーブオイルを使いたい場合の方法、そしてその後のスキンケア方法についてを、私水野がご説明します。

オリーブオイルでは角栓・黒ずみは取れない!

角栓はオリーブオイルで溶かすのは無理

角栓の除去の手順として、まずオイルを肌に馴染ませ、毛穴に詰まった角質を溶かしてから洗顔し除去するのが一般的なオイルクレンジングの原理です。このクレンジング専用のオイルの代用品として今話題となっているのが、万能食品オリーブオイル。純性のオリーブオイルは添加物の入っていないオーガニック食品として、食品としてはもちろん髪に使用しても良い効果をもたらします。しかし、角栓の除去には不適当であると言えます。それは一体なぜなのでしょうか?

角栓を除去する方法

  1. 不要な角質を肌にダメージを与えずに取り除く
  2. 不要な角質を産出する原因を取り除く
  3. 角栓がスムーズに除去出来るよう毛穴を柔らかくする

角栓の元となるものは、肌の皮脂ではなく古くなった角質(タンパク質)が70%を占めています。この角質を取り除く事が一番のポイントとなります。今回取り上げたオリーブオイルにタンパク質を分解する効果はありません。その為、オリーブオイルで角栓を溶かし出す事は出来ないのです。

それどころか、角栓を取り除こうとオリーブオイルを使ってしつこくマッサージしてしまうと肌を傷つけてしまいます。結果、肌が自らを守ろうと次から次へと角質を生み出す悪循環を引き起こしてしまうのです。これにより、以前よりも角質が多くなり、余計毛穴が詰まってしまう可能性が高くなってしまいます。

色素沈着の黒ずみにはまったく効果なし

毛穴の詰まりと共に問題視されているのが、色素沈着による黒ずみ。これは、角栓の原因である古くなった角質が汚れで黒ずんでしまったもの。これも、角栓の除去に効果がないオリーブオイルでは改善は見込めません。


オリーブオイルの角栓ケアに潜むデメリット

毛穴がますます目立つようになる

オリーブオイルに角質を溶かす効果はありません。それを知らずに丁寧にマッサージして無理矢理角栓を除去しようとすると、肌へのダメージが大きくなります。肌ダメージを修復しようと肌はまた新たな角質を作り出し、古くなった角質は次々排除され毛穴に溜まっていきます。結果、毛穴が開いて目立つようになってしまうのです。そこに皮脂、そして汚れが入り込むことでどんどんその被害は拡大され、毛穴の黒ずみやニキビへ発展していくことも少なくありません。

角栓や毛穴の黒ずみができやすくなる

女性は日々メイクをしている状態が多いですので、毛穴の黒ずみの大きな原因ともなる『汚れ』が溜まりやすくなっています。クレンジングを怠ってしまうとその汚れが毎日毛穴に溜まっていきます。この汚れが、毛穴から排出される皮脂に付着したり、汚れのせいで毛穴から出てこられなくなった皮脂が酸化し、黒ずみとなって残ってしまうのです。これが繰り返されると、やがてしつこい黒ずみとなって皮膚科へ通う事になってしまうケースもあります。

ニキビの原因となる

汚れが溜まる事で発生するのが『ニキビ』。ニキビの発生するメカニズムは、まず汚れが毛穴に詰まってしまう事が原因です。毛穴で生成された皮脂が出口から外に出る事が出来ず毛穴の中に溜まってしまいます。この状態が『白ニキビ』と呼ばれているものです。そして、このまま放置してしまうと毛穴内部で炎症が起き、赤いニキビとなってしまうのです。赤ニキビになってしまうと、患部に熱を持ったり、痛みを伴うケースも多く、気になって弄ってしまうと跡が残る場合も多くあります。皮膚科のお世話になった後でも、一度開いた毛穴はなかなか元には戻りませんので、根気よく修復していく必要が出てくるのです。

それでもやってみたいなら負担の少ない方法で

オリーブオイルを使った角栓ケアのやり方

1.毛穴を広げる

角質を除去しやすいように、まず出口である毛穴を広げます。ここでは蒸しタオルを使ってご紹介します。軽く絞ったタオルを500~600Wの電子レンジで1分温めます。そして、蒸したタオルを適温まで冷ました後、メイクを落としたすっぴん状態の顔に優しく乗せ、3分待ちます。この時、大体体温より少し高め位まで冷ますとよいでしょう。

2.適量のオリーブオイルを手に取り温める

角栓除去に用いるオリーブオイルの量は、鼻単体で500円玉大程度。角栓除去したい箇所の範囲に適した量を手に取ります。このとき用いるオリーブオイルは、なるべく不純物が少なく精製度の高い『エクストラバージンオリーブオイル』を使用するのが良いでしょう。これを手に取り、しばらく人肌で温めます。温めることで肌に馴染みやすくします。冷たいままですと、毛穴詰まりの原因となるので注意して下さい。

3.オリーブオイルを除去したい箇所に乗せ1分待つ

オリーブオイルを除去したい箇所に優しく乗せたら、そのまま1分程度待ちます。すぐには手を触れず、この1分間の間にオリーブオイルを肌に馴染ませ、汚れを浮かせます。

4.優しくマッサージする

1分置き汚れを浮かせたら下から上に優しくマッサージします。これは毛穴の向きが下になっている為です。毛穴の方向と逆向きにマッサージし、汚れを取りやすくします。このマッサージの時点で肌へダメージが掛かっていますので、出来るだけ優しくマッサージしてください。

5.オリーブオイルをコットンでふき取る

マッサージを終えたら、オリーブオイルをふき取ります。このふき取りの時におすすめするのがコットン。これも肌への負担を軽くする為です。出来るだけ柔らかいものでふき取る事をおすすめします。

6.洗顔する

残ったオリーブオイルと角栓、汚れを落とす為に洗顔します。洗顔フォームをよく泡立て出来るだけ優しく汚れを落として下さい。この時の洗顔フォームもしくは石鹸は『弱アルカリ性』のものを使用するとよいでしょう。これは、毛穴の汚れ・角栓が『酸性』である為、弱アルカリ性を用いる事で中和され、綺麗に洗い流す事が出来る為です。

洗い終わった後は、丁寧にすすぎます。この時の水の温度はぬるま湯がベスト。その後、毛穴を引き締める為に温度を下げた水ですすいで下さい。

7.保湿する

ここまでの過程が終了したら保湿です。この保湿がとても重要。乾燥肌が原因で皮脂が多く分泌され毛穴が詰まるケースも多いので、化粧水を沁み込ませ、しっかりと保湿してください。このオリーブオイルによるケアは肌の皮脂も一緒に奪ってしまっています。マッサージも含め肌への負担が大きくなっている為、この保湿が重要となってくるのです。

ホホバオイルを使用すると?

ホホバオイルはオリーブオイル同様、最近注目されている万能オイルです。オリーブオイルのように体にも髪にも良いとされています。このホホバオイルも純度の高いオイルを使用する事で、オリーブオイルと同じ効果を期待できます。しかし、注意点もオリーブオイルと同じく、マッサージによる肌の負担と角栓を溶かし出す効能はない為、上記のオリーブオイルの代用としてなら使用可能と言えます。

オリーブオイルとホホバオイルの違いはその成分。オリーブオイルはオレイン酸主体なのに対し、ホホバオイルはその半分がロウで構成されています。この2つは人間の肌にあるものですので、一度試してみて相性を見るとよいでしょう。オリーブオイルは合うけど、ホホバオイルは合わないなどといった使い分けができると思います。

角栓のできる原因

乾燥によるターンオーバーの乱れ

角栓の出来る原因は毛穴の詰まりだけではありません。その中の一つとして挙げられるのが『乾燥』です。肌は乾燥するとよりデリケートになり外部からのダメージを受けやすくなります。そして、このダメージを肌自身が修復しようと新しい肌細胞を生成し始めるのですが、この時出来る細胞は即興のもの。完全な肌細胞には至らず、弱い細胞のまま些細な事で剥がれ落ちてしまいます。この角質が毛穴に詰まり、上記の汚れと同じ働きをしてしまうのです。

まだ古い角質との交換期が来ていないのに新しい角質が生成してしまう、この『ターンオーバーの乱れ』が今回の角栓の原因です。毛穴の蓋となったこの角質も汚れ同様。角栓はもちろん、肌トラブルの原因ともなりますので、洗顔後など乾燥している状態のまま放置せず、すぐに保湿するよう注意が必要です。

皮脂の過剰

皮脂と古い角質で構成されている角栓は、皮脂の過剰分泌によっても引き起こされます。多くは古い角質によるものですが、乾燥などにより過剰に分泌された皮脂が毛穴に入り込みます。肌のターンオーバーは通常通り行っていても、この時過剰に出た皮脂が隙間を埋めてしまい、角栓となるのです。この皮脂の過剰分泌は、乾燥と洗顔のし過ぎが大きな要因となります。角栓や黒ずみが気になってしまうと一生懸命洗顔してしまいがちです。この時、必要な顔の油分も一緒に落としてしまっているのです。

その為、洗顔後何も守ってくれるものがなく、いつも以上に肌が乾燥しやすい状態となっています。この乾燥を防ごうと、肌が皮脂を分泌し、結果いつも以上の量の皮脂が肌に乗り、角栓の元となってしまう仕組みです。

間違いケアも角栓の元に

間違ったケアが角栓の元となるケースもあります。この代表的な例が『毛穴パック』です。毛穴パックは速効性が高く、簡単に角栓を取り除くことが可能です。しかし、角栓を取るにあたり、肌に直接ダメージを与える事になり、肌トラブルの大きな原因となります。多用し過ぎると、毛穴が広がったままになってしまい、更なる毛穴の詰まりを引き起こしてしまう為、1ヶ月に1、2回で留めておいた方が良いでしょう。

アッキー
はるこ先生、ではこれらの問題が解決できれば角栓の悩みもなくなるという事ですね!
はるこ先生
そうよアッキー。今までのケアを見直して改善すれば角栓の悩みは解決!これらを無視してしまうとどんなに入念にケアしたところで治る見込みは薄いでしょうね。


オリーブオイルの他のNG行為

ピンセットで角栓除去をする

鏡の前に立ちますと、目の前には角栓。ついつい除去したくなりますよね。そこにピンセットや毛抜きなどがあればなおさら。けれどやりたい気持ちはぐっと抑えておく方がベター。無理に角栓を取り除きますと毛穴が傷つき、場合によってはクレーター状の毛穴になってしまう事だってあるんです。

また、そもそも角栓ができるような状態では、角栓だけを取り除いても、そこから回復には簡単に繋がってゆきません。あいた場所に新しい汚れが溜まって悪循環を繰り返す事になってしまいます。

爪での角栓の押し出し

コレもついついやりたくなってしまう事の一つですが、爪をつかって小鼻をぎゅーっと。これはピンセット以上におすすめできません。この方法ではお肌の表面を傷つけてしまい、乾燥やさらなる皮脂の分泌を招いてしまうと共に、爪についた雑菌が毛穴の中に侵入してニキビの原因になってしまう事だってあるんです。

またピンセットでの処理同様に、毛穴が開いてしまい、クレーター状の結果を招く事もあるんです。そうなってしまいますと、さらに毛穴の奥に汚れが溜まって……、悪循環の始まりになってしまいます。

毛穴パックを使用する

角栓を一網打尽にしてくれる必殺アイテム毛穴パック。これについてもピンセットや爪での処理同様に大きな問題があります。そもそも角栓を無理に引っ張り出しますと、毛穴の入り口を無理にこじ開ける事に繋がります。無理に開かれた毛穴はそう簡単に閉じる事はありません。ましていわんや、それが鼻全体に及ぶのですから、その衝撃たるや。

一網打尽にしてさっぱりしたいという気持ちはわかりますが、今後の毛穴ケアの事を考えるのであれば、そこはぐっと我慢する事をおすすめします。

オロナインパックをする

オリーブオイルを使った角質除去と同様に、ネット上で一世を風靡したのがオロナインパック。

オロナインと言えば家にありがちなので、ついついやりたくなる方法として流行ったのかもしれませんね。その方法はと言いますと、オロナインを鼻に塗ってしばらく放置、その後洗い流して毛穴パックを使用するというもの。

そもそも毛穴パックを使うという時点でおすすめはできかねるのですが、オロナインを使って皮脂を柔らかくしておくことによって、角栓に加えて、余計な角質まで取ろうというもの。この方法では毛穴に負担がかかるだけでなく、必要な角質までごっそりと持って行かれてしまいますので、お肌にとっては一大事。毛穴へのダメージに加えて、お肌の乾燥を招いてしまいます。

はるこ先生
どんな事でもそうなのですが、急激に物事を解決しようとしますと、その急激な変化によって、思わぬところに思わぬ事を招いてしまう事もあるんです。この場合では毛穴へのダメージですね。毛穴はいったん開いてしまいますと、それをもとに戻すのはかなりの努力が必要となってしまいます。角栓のケアは、毛穴に余計なダメージを与えないよう、正しい角栓除去方法を知る事が大切なんです。続いては角栓除去方法についてご紹介してゆきますね。

 

角栓を作らないための正しいスキンケア方法

皮脂を取り過ぎないクレンジング&洗顔

女性はメイクをしている以上、クレンジングが必要不可欠となります。このクレンジングにも様々な種類が販売されていますが、最も一般的であるオイルクレンジングは、皮脂の除去に非常に効果が高く、肌に必要な油分まで落としてしまいます。これにより、洗い終わった後の乾燥が酷くなり、皮脂の過剰分泌に繋がっていきます。皮脂の取り過ぎを防ぐには、オイルクレンジングよりもミルクタイプ、もしくはクリームタイプを用いる事をおすすめします。

クレンジング後の洗顔については、クレンジングの際水で落としきれなかった分を落とす役割も担っています。この落としきれなかったクレンジング剤は、放置してしまうと汚れとして肌の上に残ってしまいます。これがまた毛穴の詰まりとなり角栓の原因となりますので、このクレンジング剤を洗顔で落とす必要があります。

洗顔には添加物の少ないものおすすめします。クリームタイプよりも石鹸などの固形タイプに多くみられます。また、皮脂や汚れの除去に効果的とされている『スクラブ入り洗顔料』は肌にダメージを与えがちですので、日常使用する洗顔料としてはおすすめできません。

保湿ケアが重要

角栓を作らない為には、クレンジング・洗顔後の保湿が重要となります。この保湿が適切に出来ていないと、皮脂の過剰分泌に繋がっていき、また新たな角栓の原因となってしまいます。私たちの肌は10~20層にも重なった角質層と呼ばれるもので守られています。これは、肌を外部からの異物の侵入を守る働きをしており、これにより角質層深部まで水分を行き渡らせる事は難しくなっております。肌が水を弾くのはこの角質層のおかげなのです。

この角質層を構築している角質細胞は、ケラチンタンパク質と水分で出来ています。このうち30%を水分が占めているのですが、この水分の80%を占めているのが『セラミド』と呼ばれる角質細胞間脂質です。昨今よく耳にするこの『セラミド』は、肌の潤いを司る水分の大半を占めているのです。この『セラミド』を外部から取り入れる事が、『保湿』において最も重要となってきます。ここで必要な『セラミド』が、化粧水の成分に含まれているか確認し、使用すると効果的に保湿する事が可能となります。

必要なら適度な角質ケアを

肌へのダメージを考え、日常的に行う事はおすすめ出来ませんが、肌を保つ為に古い角質を取り除くケアも肌を綺麗に保つには効果的ですしょう。顔の角質ケア方法には、ピーリング・パック・スクラブ洗顔などがあります。どれも今では自宅で手軽に出来る方法ですが、肌へのダメージが伴う行為ですので十分な知識と注意が必要です。強く、または長い時間ケアを行ってしまうとケア製品に含まれている酸や粒子によって肌が大きく傷ついてしまいます。その為、用法容量を守って肌への負担を最小限に抑えるよう心がけましょう。

出来れば、自分で行うのではなくクリニックなどでのピーリングをおすすめします。クリニックでは、グリコール酸やサリチル酸を用いてピーリングを行う為、新陳代謝が活発になりやすくなります。肌のターンオーバーは28日周期と言われています。その為、角質ケアも1ヶ月に1度程度が望ましいです。角質ケアを行った後は肌がデリケートになっていますのでしっかりと保湿をするようにして下さい。

毛穴を引き締める化粧品も有効

角栓の原因となるのは肌の汚れ。その大きな要因となる化粧品を選ぶことも、角栓の予防には効果的かと思います。最近では、汚れが入り込む毛穴に引き締め効果のあるマスクやスキンコントロールが販売されています。これらを使用する事で、汚れが毛穴に入り込むのを最小限に抑える事が期待できます。引き締め効果の高いビタミンC誘導体が含まれているものが良いと思います。

角栓の予防&改善におすすめスキンケア6選

【業界注目No1】 ビーグレンクレイウォッシュ

 

ビーグレンから販売されている『クレイウォッシュ』。

これは、天然クレイ『モンモリロナイト』を配合した洗顔フォームとなっています。この『モンモリロナイト』は、メイク残りや古い角質・皮脂・垢などの汚れだけに吸着する性質があり、肌を痛めることなくすっきりと洗い上げることが可能となるようです。

他にも、肌に潤いを与えるグリチルリチン酸ジカリウム・スクワラン・カモミラエキス・ヒアルロン酸の4つの成分が配合されており、優しく汚れを落としスキンケア効果の高まる肌へ仕上げる仕様となっています。

そんなクレイウォッシュがついたフルライントライアルセットが今なら安い!

今ならそんなクレイウォッシュがお得に試せるトライアルセットが51%オフで販売されています。

クレイウォッシュだけでなく、フルライン使い出来るので、角栓除去•毛穴引き締め•肌質改善が狙えます。

•クレイ洗顔

•QuSomeローション

•ビタミンC美容液

•モイスチャーゲルクリーム

これら4点が7日分たっぷり使用出来ます。

凄いのはクレイウォッシュだけじゃない!

クレイウォッシュで角栓を取ったあとは、QuSomeローション(化粧水)でしっかり毛穴を引き締めて再発予防が大切。

このビーグレンとは医学会認定のスキンケアブランドで、独自で開発した美容成分浸透技術を持っています。

今までエステや皮膚科のマシンでしか角質層まで美容成分を届ける事が出来なかったのですが、ビーグレンが開発したQuSomeという技術でセルフケアでも奥まで浸透させる事が出来る様になりました。

なので毛穴•角栓対策だけでなく、エステやプロ現場並のケアが出来るスキンケアなのです。

ぜひクレイウォッシュと一緒に試してみたいアイテムです!

口コミは?

いつも鼻にポツポツ、ファンデーションを塗っても角栓が目立っていたので、いい加減どうにかしたい!と思ってビーグレンクレイウォッシュを買おうか悩んでいたんです。
ただ1本4000円くらいするから高いなー…と思って躊躇っていたのですが、ちょうどトライアルセットが安くなっていたので、チャンス!と思って使い始めました。

クレイ洗顔の効果の早さにただただビックリ!1回洗っただけでも大きな角栓がゴッソリ。
まだまだ小さいのは残ってしまいましたが、5日くらい使う頃にはほとんどなくなっていました。

 トライアルセット1週間使った後の写真を見せてくれたAさん。

鼻頭のポツポツがなくなっていますね。

トライアルセットでライン使いしたから効果が出るのが早かったのでしょうか?

勧誘も一切ないビーグレん、試してみる価値アリですね!


\ビーグレンで今すぐ角栓除去したい!/ビーグレントライアルセット注文はコチラ


どろあわわ

どろあわわは、健康食品である『豆乳』を使用した石鹸です。大豆に含まれるイソフラボンの高い保湿効果に着目しており、この性質を洗顔料として用いた製品となっています。この豆乳を発酵させたものに、コラーゲン・ヒアルロン酸・黒砂糖エキスを配合し、保湿力に長けた性質を作り出しています。

どろあわわ購入サイト



▽どろあわわの価格

  • 通常価格:2,980円 (税別)
  • 送料:630円
  • 内容量:110g

初回半額6回以上定期コース

  • 初回価格:1,490円(税別)
  • 2回目以降:2,533円(税別)
  • 送料無料

10個まとめセット

  • 購入価格:20,860円(税別)
  • 送料:無料

ルナメアAC

ルナメアACは、独自開発された『アクネシューター』という潤い成分を用いたニキビケア製品です。この成分が、毛穴の油分に馴染み、入り込んだ汚れを浮き上がらせ優しく落とす効果があるようです。商品ラインナップが充実しており、メイク落としから保湿ジェルクリームまで一貫性のある製品シリーズとなっています。

ルナメアAC購入サイト

▽ルナメアACの価格

〇クレンジングオイル

  • 通常価格:2,268円
  • 定期割引価格:2,041円
  • 送料:無料
  • 内容量:120ml

〇ファイバーフォーム(洗顔料)120ml 

  • 通常価格:2,268円 
  • 定期割引価格:2,041円
  • 送料:無料

〇ファイバーフォーム(洗顔料)80ml

  • 通常価格:1,944円 
  • 定期割引価格:1,741円
  • 送料:無料

〇化粧水(ノーマル・しっとり)

  • 通常価格:2,376円 
  • 定期割引価格:2,138円
  • 送料:無料
  • 内容量:120ml

アクポレス

アクポレスは、毛穴やニキビに悩みを持つ方の為に開発された薬用スキンケアシリーズです。クレンジングからポイントケア製品までラインナップが揃っており、全ての製品が無香料無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用となっています。

アクポレス公式サイト

▽アクポレスの価格

〇初回限定おすすめ毛穴ケア4点セット

  • 内容:アクネソープ・クリアローション・モイストバランスミルク・オイルコントロールエッセンス
  • 通常価格:12,875円(税抜)
  • 定期便特別価格:13,125円(税抜)
  • 送料:無料
  • 内容量:各約2ヶ月分

ヴェルモア

ヴェルモアは、毛穴の黒ずみに悩んでいる方への美白をアプローチしている美白美容液です。高濃度プラセンタ・浸透性低分子コラーゲン・フルーツ酸を配合し、毛穴黒ずみに対応した構成となっています。

ヴェルモア購入サイト

▽ヴェルモアの価格

〇集中ケア・定期コース

  • 通常価格:8,300円(税別)
  • 特別価格:4,980円(税別)
  • 送料:無料
  • 内容量:30ml(約1ヶ月分)

セラミディアル(モイスチャーライジングセラム)

セラミディアル(モイスチャーライジングセラム)は、肌の水分の多くを占めているヒト型セラミドと植物性成分の『パワープランツ』を配合したスキンケア製品シリーズです。ナチュラルなスキンケアとして肌本来の保湿能力を引き出す製品となっているようです。

セラミディアル購入サイト

▽セラミディアルの価格

〇モイスチャーライン3点セット

  • 内容:モイスチャライジングローション150ml、モイスチャライジングセラム50ml、モイスチャライジングクリーム30g
  • 通常価格:11,000円(税抜)
  • 定期別価格:9,350円(税抜)
  • 送料:無料

角栓にはオリーブオイルより日常ケアが効果的

角栓の原因は、肌の汚れや古い角質など、日常の生活習慣がその主な要因となっていました。オイルケアやピーリングなどの速効性の高い方法よりも、日々の洗顔やスキンケアを見直す事が効果的と言えるでしょう。日々の習慣を見直して、より健康的な肌へ近づきましょう。

PICK UP

ピックアップ

Post thumbnail 100300

大人ニキビに効く化粧水ランキング2018|市販や人気の24品辛口テスト

2018.09.16 | スキンケア

Post thumbnail 163948

大人ニキビに効く「神」洗顔料ランキング!しっかり治せる18選

2018.12.06 |

Post thumbnail 101422

おすすめの実力派アイクリーム30選|透明感のあるハリツヤ目元に!

2018.11.26 | スキンケア

Post thumbnail 167086

シミをケアする美白化粧水8選!紫外線ダメージやニキビ跡にも◎

2018.11.27 | スキンケア

Post thumbnail 115956

シミに効く化粧品おすすめ20選!話題の美白ケアでクリアな肌へ

2018.09.20 | スキンケア

Post thumbnail 106367

シミに効く美容液ランキング9選!口コミ評判のおすすめからプチプラまで

2018.11.08 | スキンケア

Post thumbnail 69118

シミを消す化粧品6選|美白効果が出せるシミの種類も要チェック!

2018.11.27 | 肌悩みで選ぶ

Post thumbnail 144079

【厳選】おすすめ化粧水76選!肌別・目的別ベストアイテムを紹介

2018.12.06 |

Post thumbnail 119533

【2018年最新】洗顔料おすすめランキングTOP10!人気の洗顔でツルスベ肌に

2018.09.21 | スキンケア

Post thumbnail 151533

美白クリームおすすめ20選!今年の夏までに欲しい人気アイテムを大公開

2018.10.25 | スキンケア

Post thumbnail 132369

美白サプリメントおすすめ10選!今年の夏買うべきトレンドランキング

2018.12.06 |

Post thumbnail 127867

美白美容液おすすめ9選!2018年新登場のシミに効く人気3つを審査

2018.10.31 | スキンケア

Post thumbnail 92809

ブツブツ毛穴は正しい洗顔で解決!毛穴ケアにおすすめランキング3

2018.09.01 | スキンケア

Post thumbnail 60800

毛穴ケアランキング60選!女子1000人が選んだ黒ずみに効く化粧品

2018.11.30 | 肌悩みで選ぶ

feature

特集記事