すぐに行いたい紫外線対策3選!正しい方法でトラブルから肌を守ろう

紫外線の対策ってどうしたらいいの?

太陽から降り注ぐ光成分の1つの紫外線。紫外線が肌にとって悪いイメージはあるものの、全く浴びないことは不可能ですよね。夏場に強いイメージのある紫外線ですが、美肌を保つためには年中ケアが欠かせません。

紫外線対策と言えば日焼け止めクリームが1番に思い浮かぶかもしれませんが、他にも簡単にできる紫外線対策は数多くあります。簡単にできる紫外線対策3選と、紫外線に対する正しいケア方法をご紹介します♪

はるこ先生
紫外線対策と言えば1番に思い浮かぶのは、日焼け止めクリームよね。でも日焼け止めクリームはあの独特の塗り心地や、感触が苦手だったり、肌荒れしてしまう!そんな人が多いの。日焼け止めがどうして紫外線を防いでいるのか、表記の秘密、選び方のポイントも一緒に紹介するわね♪

紫外線(英語:Ultra Violet)とはどんなもの?

 紫外線って言葉を知らない人はいないと思いますが、紫外線がどういったものか実は正しく知らないですよね。紫外線対策を行うためには、紫外線について正しく知っておく必要があります

2つの波長|UV-AとUV-B

太陽光には目に見えている可視光線と呼ばれる光と、目に見えない不可視光線の2種類があります。不可視光線はさらに赤外線と紫外線の2つに分かれるのですが、紫外線はそこからさらに3段階に分かれます。

種類内容危険度
UV-A物質を透過しやすいため、曇っていても届く★★
UV-B
大気層で吸収されるものの、一部は地表に届く★★★
UV-C大気層で吸収されて、地表には届かない
★★★★★

こうやってみるとUV-Cに1番注意しないと!と思ってしまいがちですが、UV-Cは現段階では地球は大気層(オゾン層)に守られているため、UV-Cが私たちに届くことはありません。そのため実際に注意が必要なのはUV-AとUV-Cの2つの波長になります。

UV-A

UV-Aは、太陽から届く紫外線の約9割を占めています。UV-Aは肌の奥深くまで浸透することによって、肌のハリや弾力を失わせたり、メラニン色素を刺激することでシミを作ったり肌を黒くする作用があります。

UV-B

UV-Bは太陽から届く紫外線の残りの約1割です。肌表面に与える刺激が強く、外で活動をした際に真っ赤に日焼けしてしまうのはUV-Bの影響になります。UV-Aより100~1000倍近く有毒性が高いといわれています。

アッキー
その昔地球にはオゾン層がなくて、太陽から降り注ぐ紫外線UV-Cによって地上には生き物が存在していなかったんです!その後オゾン層ができたことによって、生命が誕生して、今僕たちも暮らせているんですが、僕たちが使っていた家電製品に含まれるフロンガスによって、近年オゾン層は破壊され続けているんですよね。
はるこ先生
そうね。もしかりにオゾン層がなくなってUV-Cに直接あたってしまうと、皮膚がんや白内障・失明・生物細胞の遺伝子にも影響があるといわれているわ。オゾン層を守るためにも、1人1人が環境に対して考えることが大切ね!

月別や天気で見る紫外線の強さ

紫外線といえば夏の晴れた日が1番強いイメージがありますが、それ以外にも注意すべき時期がたくさんあります。月別・天気別にみる紫外線の強さを知っておきましょう。

紫外線注意ランキング季節天気時間帯
かなり多い6~8月晴れ正午前後
多い3月~5月曇り午前中
少なめ9月~10月午後
かなり少ない11月~2月早朝・夕方

年中で1番注意が必要なのはやっぱり夏場の晴れた日の正午前後ということになります。ですが実は隠れた要注意ポイントは。夏になると自然と日焼け止めに手が伸びますが、暖かくなってきたころの春ってついつい日焼け止めを忘れてしまいがちなんですよね。そのため、実は春が最も危険ともいえるのです。

紫外線情報や予報はどうやって知ることができるの?

紫外線情報や予報は、気象庁のHPや天気予報、携帯のアプリで確認することができます。春に花粉情報が出るように、夏は紫外線情報の出る天気予報も増えてきたので、意識すれば簡単にチェックすることができますよ。

紫外線を浴びるメリット

そんなに美容や体によくないなら全く浴びない方がいいんじゃ?と思ってしまう紫外線ですが、実は紫外線にもメリットがあるんです。全く紫外線を浴びないことは、実は体にとって意外な悪影響を及ぼすことがあります。

ビタミンDの生成

紫外線の最も重要な役割として、浴びることで体内のビタミンDを生成する働きがあります。ビタミンDは体内のカルシウムの利用効率を高める役割があって、骨の形成や代謝に影響力を持っています。ビタミンDは食事やサプリメントから摂取することが難しいため、適度に日光を浴びることが大切と言われています。

光線療法

紫外線は免疫の働きを弱める作用を持っています。こう聞くとやっぱり紫外線は悪いんだ!と思ってしまいますが、この力を逆に治療に使うことができます。紫外線を上手に使うことで、悪い細胞が増殖するのを抑えたり、炎症をしずめたり、体に害を与えている免疫の働きを弱める治療を行うことができるのです。

アッキー
紫外線って悪いことしかないイメージがあったけど、そうじゃないんですね。そういえば日光浴がいいってよく言いますもんね!
はるこ先生
そうね。昔は小さな赤ちゃんも1日1回は太陽にあてましょうという育児方法があったくらいよ。だけど、今は紫外線の悪影響のほうが大きいとされていて、赤ちゃんへの日光浴は推奨されなくなったの。太陽の力は大切だけど、むやみやたらに日光浴するのはNGだから、正しい知識が必要よ。

紫外線を浴びすぎると起こるトラブル

紫外線が適度に必要とはいえ、浴びすぎはトラブルにしかなりません。紫外線を浴びすぎることによって起きるトラブルにはいったいどんなものがあるのでしょうか?

日焼けによるシミ

紫外線を浴びすぎることによって起きるトラブルとして1番に思い浮かぶのが、日焼けそしてシミですよね。ですがそもそもどうやって日焼けやシミができるのでしょうか?

日焼けができるメカニズム

紫外線が肌にあたることで肌の奥深くにあるメラノサイトと呼ばれる細胞が肌を守ろうとメラニン色素を作り出して紫外線を吸収しようとします。紫外線にあたればあたるほどこのメラニン色素は作り出されるのですが、このメラニン色素が沈着することで肌が黒くなっていきます。これが日焼けです。

日焼けがシミになるメカニズム

肌はターンオーバーを繰り返しているので、紫外線を浴びることによって日焼けしてしまっても、メラニン色素が沈着した皮膚はまた生まれ変わって元の肌色に戻っていきます。ですが、紫外線に当たりすぎるとターンオーバーがメラニン色素の沈着に追いつけなくなり、次第に濃い色のまま定着してしまいます。これがシミになるのです。

紫外線アレルギー

もう1つの紫外線の浴びすぎて起きる大きなトラブルとして、紫外線アレルギーがあります。アレルギーは持って生まれた体質なんじゃないの?と思いがちですが、アレルギー要因を過剰に取り込むことによって発症してしまう場合もあります。花粉症と一緒で紫外線アレルギーはある日突然発症してしまう可能性があるのです。

紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーの原因は内因性のものと、外因性のものの2種類に分かれます。まず内因性のものは生まれつき遺伝子異常や代謝障害などなんらかの病気を持っている場合です。本来人は紫外線に対する抗体量を持っているのですが、この抗体量が極端に少ない場合、アレルギーを発症する確率が高くなります。

次に外因性のものとしては、飲んだ薬や日焼け止めの成分が原因となる場合です。これは飲んだ薬や塗った日焼け止めが紫外線を吸収し光毒性をもったことによって発症します。

光毒性ってなに?

柑橘系などある特定の精油成分を肌につけた状態で、紫外線にあたってしまうとわずかな紫外線量でもひどい日焼けを起してしまうことです。シミ、かゆみ、発疹などの症状や、ひどい場合にはやけどを引き起こす場合もあります。エッセンシャルオイルなどは特に注意が必要です。

症状一覧

  • 皮膚の赤み・発疹
  • 皮膚のただれやかゆみ
  • 頭痛
  • 発熱
  • 吐き気
はるこ先生
紫外線アレルギーになると、対して紫外線にあたっていないにもかかわらずひどい日焼けをおったり、こうした全身症状が現れる場合があるの。紫外線にあたるたびに、こういった症状が出る場合は早めに医療機関を受診する必要があるわ。

目の病気

紫外線を浴びすぎることによって引き起こされるトラブルは、皮膚だけではありません。実はにも重大なトラブルを引き起こす可能性があります。目は光を吸収して脳に伝える役割があるため、光りを吸収しやすいようむき出し状態です。その分ダメージを受けやすくなっています。ダメージを受けすぎることで目は老化が進みやすくなり、病気も引き起こしやすくなってしまうのです。目に起こりやすいトラブルをまとめてみました。

角膜炎

黒目の表面に傷がついて炎症が起こしてしまう症状です。目の充血や痛み、涙が止まらなくなってしまいます。別名「紫外線角膜炎」とも言って、強い紫外線を一気に浴びてしまうことで起こりやすくなります。

白内障

紫外線のほとんどは、表面にある角膜で吸収されるのですが多すぎる紫外線や波長によっては、目の奥まで紫外線が到達してしまいます。すると目の奥にある水晶体に変異が起こり、目が白く濁ってしまう白内障という病気につながります。白内障は悪化すると失明してしまう危険性があるため、特に注意が必要です。

翼状片

白目の細胞が異常に増えることによって、黒目に食い込んでしまう状態です。充血や異物感、目が乾く、目が疲れるなどが主な初期症状で症状がない場合放置しても問題ないと言われています。ですが症状が悪化すると乱視や失明などの危険性につながるため、黒目に白目が入りこんでいるように感じる人は眼科を受診するようにしましょう。

徹底したい!紫外線対策の方法3選

紫外線の怖さと大切さがわかったところで、正しい紫外線対策の方法を覚えておきましょう。紫外線対策は重ねて行うことでより効果を発揮します。1番徹底したい3つの方法を紹介します。

サングラスや帽子で紫外線を防ぐ

1番肌への負担も少なく、手軽にできるのがこの方法です。目を守るためのサングラス、帽子、UVケア手袋や日傘など紫外線を遮るための道具は数多くあります。どの道具も手軽に手に入るものばかりですので、日ごろから使うことを心がけましょう。特に車移動が多い人の場合は、ガラス側の半身だけ日焼けしがちですので注意しましょう。

日焼け止めをこまめに塗る

次にオーソドックスな方法が日焼け止めです。重要なのは日焼け止めをこまめに塗ることです。女性の場合はお化粧をしてしまうとなかなか塗り直しはできませんが、腕や首など塗りなおせるところは塗り直すようにしましょう。日焼け止めは汗や衣服とのこすれなどで比較的落ちやすくなっています。こまめに塗り直すことでより効果をアップすることができます。

日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶときにSPFやPAという表記を目にしたことがありませんか?とりあえず数字が高ければいいのかな?という理解しかない人が多いかもしれませんが、正しい意味を把握しておきましょう。

SPFUV-Bを防ぐ紫外線があたってから日焼けするまでの平均時間(15分~20分)を数字の分だけ延長してくれる
SPF50なら15分×50倍=750分(12時間半)
PAUV-Aを防ぐ
紫外線(UV-A)の防止効果をあらわしています。+の数が多ければ多いほど効果が高い

PAはUV-Aが肌に侵入するのを防止してくれる効果があるため、+が多いもののほうがより高い効果を得られます。紫外線量にあわせて選ぶようにしましょう。ですがSPFの方は防止する効果の強さではなく、防止してくれる時間の長さになります。そのため、今から買い物にいくだけ、洗濯を干す間だけなど短時間しか紫外線を浴びない場合は、高い数字のものにする必要はないということになります。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤どちらの物を選ぶべきなの?

日焼け止めを選ぶにあたって紫外線吸収剤紫外線散乱剤の2つの種類があります。この2つの違いはまさしく名前の通りで、日焼け止めが紫外線を吸収するのか、散乱(反射)するのかの違いになります。吸収剤の方が防御力は高いですが、その分肌への負担が高めになっています。逆に散乱剤のほうは肌への負担は少ないものの、防御力が少し低めになってしまいます。自分の肌状態に合わせて選ぶようにしましょう。

アッキー
日焼け止めって2つも種類があったんですね。いつもあまり意識せずに買ってましたよ…
はるこ先生
一般的に販売されている日焼け止めのほとんどは紫外線吸収剤の方が使用されているわ。だからあまり気にする機会がなかったのかもしれないわね。だけど肌が未熟な赤ちゃんや、敏感肌の人は吸収剤が配合された商品は避けることをおすすめするわ!「吸収剤不使用」や「ノンケミカル処方」を選ぶようにしてね!

なるべく正午前後の外出を控える

お仕事や約束など、どうしても避けられない場合は仕方ありませんが時間を自由に選べる場合は、できるだけ正午前後のお出かけを控えるようにしましょう。正午前後は1番紫外線量が多いため、いつでもできる用事であれば違う時間帯を選択することで、浴びる紫外線の量を減らすことができます。

紫外線を浴びてしまった時のケア方法3選

仕事や約束、子どもの相手などどうしても紫外線をたくさん浴びてしまうときってありますよね。ですがそんな時でも素早く紫外線から受けた影響をリセットすることで、影響を最小限に抑えることができるんです。

入念なスキンケアを行う

紫外線を浴びてしまった後は入念なスキンケアが大切です。日焼けによって肌の水分が失われている為、いつもよりしっかり化粧水や乳液で保湿する必要があります。紫外線を浴びた肌は炎症を起している状態ですので、ローションパックなどで冷やしてあげることもより効果的です。

はるこ先生
特に肌の弱い赤ちゃんをうっかり日焼けさせてしまった時には、冷たいタオルでしっかり冷やして炎症を抑える必要があるわ。炎症を抑えたあとは低刺激の保湿剤でケアすることも忘れないでね!

 CODINA

日焼けした肌におすすめのスキンケア用品として、アロエの力がたっぷり入ったCODINAがおすすめです。アロエは古くからやけどの治療にも使われていた植物で、保湿効果や鎮静効果に非常に優れています。CODINAはそんなアロエエキスがたっぷり配合されているのです。

CODINA 5つの特徴

  • 成分の99%がオーガニック原料の天然成分
  • ジェルタイプなので素早く浸透、長時間持続!
  • オーガニック認証を受けているため安心安全
  • 赤ちゃんや子どもにも使える優しい処方
  • チアパック仕様なので持ち運びも便利♪

うっかり日焼けをきちんとケアしてくれるCODINAのアロエジェルは、化粧水としてお顔にもボディーローションとして身体にも使うことができます。さらにあせも対策として入浴剤がわりの使用も可能です。公式サイトでは50mlが1,944円、Lサイズ100mlが3,672円で発売中です。家族そろって使える日焼けケアアイテムに1つあると安心ですよね。

CODINA 公式サイトはこちら♪

ビタミンCを摂る

ビタミンCには日焼けやシミの原因となるメラニン色素の生成を抑えるほか、肌の弾力のもとになるコラーゲンやエラスチンの生成を活発にする働きがあります。ビタミンCは多く摂取しても、吸収しきれないものは体外に排出されてしまうため、夜寝る前に毎日こまめに摂取するのがポイントです。

肌の新陳代謝を促す生活をする

例え紫外線によって日焼けをしてしまっても、肌のターンオーバーが正常に行われていればだんだんと黒くなった部分は剥がれ落ちていってくれます。メラニン色素を作り出さない対策以外にも、上手に排出するために肌の新陳代謝を高める必要があります。肌の新陳代謝を高めるポイントは以下の3つ。

  1. 早寝・早起きなど質のいい睡眠
  2. 栄養バランスのとれた3食の食事
  3. 正しいスキンケア

どれも難しいことではなく、生活する上で基本的なことです。これらの行動は紫外線関係なく、美肌を保つために大切なことになるのでできるだけ守れるように心がけましょう。

肌のために紫外線対策をしっかり行おう!

紫外線は皮膚にとっては大敵です。ですが、人にとってなくてはならない存在でもあります。紫外線の良い部分だけ上手に吸収して、ダメージは吸収しないためには紫外線対策をしっかり行うことが大切です。ついつい夏場にのみ意識してしまいがちですが、紫外線は年中降り注いでいます。常日頃から紫外線対策を心がけるクセをつけておきましょうね。

アッキー
紫外線や日焼けのことってよくわかっているつもりでも、意外と知らないことが多くてびっくりしました。男からすると日焼けぐらい…って甘くみてしまいますけど、男だって将来肌がボロボロに老化したり、アレルギーになるのは困りますもんね!
はるこ先生
そうね!男性でも紫外線の浴びすぎは身体によくないから、紫外線対策は大切よね。ついつい面倒に思ってしまうかもしれないけど、いったん浴びてしまった紫外線ダメージをリセットするには何ヶ月もかかってしまうの。リセットするより最初から浴びないよう予防するほうが簡単なのよ!夏だけではなく通年紫外線ケアを心がけて美肌を目指しましょうね♪

PICK UP

ピックアップ

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

feature

特集記事