「肌のカビ」ってどんな症状?ニキビと間違えやすい症状と対策法

​顔にカビが生えるってどういうこと?​

​一見するとニキビと間違われやすいのです​が、​肌にカビが生え炎症が起きている場合があります。肌にカビが生えると聞くとなんだかビックリしますよね。そのカビの原因はマラセチア菌かもしれません。そのままにしていると症状が重くなったり、いつまでたっても良くならないということがあることでしょう。私、水野と一緒に肌にカビが生える原因と対策を習得し、いつまでも綺麗な肌を維持しましょう。

肌カビって何?

​原因はマラセチア菌

肌カビの原因は何だかご存知ですか。肌カビの原因は、マラセチア菌という常在菌です。マラセチア菌は、主に肌の皮脂と湿気を好み繁殖します。特に、皮脂が出る毛穴に集中して増殖するのが特徴です。マラセチア菌は、普段は本来、健康な肌に生息していて、肌を弱酸性に整えてくれる役割を持っていますが、異常に繁殖してしまうと肌に悪影響を与え、肌カビの炎症症状を起こしてしまいます。肌にカビが生えると聞くと、治るのか心配になったり、なんだか恐ろしく感じてしまいますが、肌カビの原因や症状を把握し、対策や治療法を知ればきれいに治すことができます。​

​​マラセチア菌が繁殖して炎症を起こす

​肌カビは、常在菌であるマラセチア菌が皮脂を餌として繁殖して肌に炎症を起こすものです。マラセチア菌の症状が多く出る体の箇所としては、皮脂が比較的多い体の箇所で、顔、頭皮、首、背中、胸といった上半身です。マラセチア菌は特に、皮脂の分泌量の多いオイリー肌の人に症状として表れやすいのですが、梅雨のじめじめした季節や、夏場の湿気の多い時期に多く出現するため、汗をかいた人であれば誰でも炎症を起こしかねないものです。


肌カビは、大きさはニキビよりも小さく、小さいブツブツとしたものが広範囲に広がって症状が出ます。そして、ニキビと違って放っておいても治ることがないのが特徴です。また、症状の出る場所によって脂漏性皮膚炎、マラセチア毛包炎、癜風といった症状名が付けられています。

​脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、マラセチア菌が原因であり、皮脂の分泌の多いところ、例えば顔や頭皮、脇の下などに炎症を起こすものです。脂漏性皮膚炎は炎症を起こすと、肌が赤くなりかゆみを伴いかさついたり、皮膚がポロポロ剥がれ落ちたりします。肌荒れのように肌の皮膚がかさつき荒れたり、頭皮の場合はフケが多くなることがあり、そのままにしておくと皮脂が酸化して臭いにおいを放ちます。


脂漏性皮膚炎を起こす原因としては、ホルモンバランスの乱れやストレス、生活習慣の乱れ、顔や髪の洗いすぎが影響しています。炎症を抑えるためには、病院で処方される抗真菌薬やステロイド外用薬で治りますが、脂漏性皮膚炎の予防と再度炎症を起こさないためにも、皮膚を清潔に保つこと、生活習慣を見直すこと、ストレスや紫外線を避けることといった日常生活の改善も必要です。

​マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎は、首から腕、背中、胸にかけて小さい赤みを帯びたブツブツが毛穴に洗われ炎症を起こすものです。マラセチア菌は、湿気や汗の肌環境の状態で、毛根を包む毛包に癜風菌が繁殖することにより炎症を起こします。自然には完治しなく、病院で処方される抗真菌薬や内服薬を使うことにより1~2カ月で治ります。マラセチア毛包炎の予防法としましては、汗をかいたらシャワーで皮脂を洗い流したり、部屋の温度や湿度を気にかけ高温多湿を避けたり、肌を日常的に清潔に保つことが予防となります。​

​癜風

​癜風は癜風菌というカビが皮膚に感染して炎症を起こすものです。癜風の症状としては、皮膚がフケのようにはがれ、胸から背中にかけて、かゆみや痛みを感じない白色や褐色の円形状の発疹が出るのが特徴で、自覚症状がない人が多くいます。汗をかきやすい人や皮脂の分泌量が多い人、肌が弱い人がなりやすいと言われています。病院で処方される抗真菌薬を使うことにより完治します。


癜風の予防としては、スキンケアを怠らないことと、汗はこまめに拭くようにして常に清潔にして、肌を乾燥させて余分な皮脂を取り除くことが対策となります。抗真菌薬を使うことにより治りますが、日常で肌を清潔に保つことが先決です。

​肌カビの症状とは?

​頭皮にでる症状

​頭皮に出る症状としては、髪を洗っても頭皮がかゆく、ベタベタしたフケが出るというものです。また、頭から嫌な臭いがすることがあります。シャンプーが肌に合わないせいかもしれないと思うこともあるかもしれませんが、頭皮の症状が一向に良くならないようなときは肌カビを疑いましょう。又、かゆいからといって髪の毛をごしごしと過剰に洗ってしまうと逆に皮脂が失われ、身体が皮脂を出し始め、それを肌カビが餌にして悪化することもありますので気を付けましょう。

​​顔などにでる症状

​顔に赤いポツポツとした小さめの湿疹が広範囲で現れ、なかなか治らなかったり、繰り返し炎症を起こすことが特徴です。単なる肌荒れと思い清潔を保って放置していても良くならなかったり、ニキビと思いニキビ用の薬を塗っても効果がないときは肌カビの恐 れがあります。

​カビかどうかの見分け

​ニキビとの違い

​ニキビと肌カビの症状は一見かなり似ています。しかし、よく見ると違っていたり、治療法が違います。よく見るニキビと思い込んで薬を塗ったりしてもなかなかよくならないということもあるかもしれません。そのようなときは肌カビを疑ってください。

 

ニキビには、成長ホルモンが影響している思春期ニキビとホルモンバランスの乱れやストレスなどから起こる大人ニキビがあります。ニキビの原因はアクネ菌で、アクネ菌や皮脂が詰まった芯があるのが特徴です。ニキビの場合、部分的に単体ででき数個できることが多いです。膿をもったものや赤身のあるものなど様々な種類のニキビがあり、むやみに触ってしまったり、つぶしてしまうとニキビ跡が残ってしまうことのあります。ニキビは、ニキビ用の薬を使うことで芯を小さくしたり除いたりして治すことができます。規則正しい生活やストレスの改善、スキンケアの見直しなどで治るケースが多いです。

 

しかし、マラセチア菌の吹き出物の場合は、ニキビのような芯がなく、広範囲に小さなブツブツができます。そのままにしていても治ることがありません。かゆみを伴い、吹き出物部分がかさぶたになっていたり、掻くとフケのようなものが出ます。ニキビと同じように悪化すると膿を持つこともあったり、アトピー性皮膚炎のような肌のかさつきがあるため、見分けがつかないこともあることでしょう。


​かゆみ

​肌カビは、かゆみを伴い、皮膚がカサカサと乾燥してフケが剥がれ落ちるのが特徴です。肌荒れをしている場合にもこのような症状が出るため、見分けがつかないこともあるでしょうが、症状がなかなか改善されないときは肌カビかもしれません。

​赤み

​肌カビの特徴として目で見てとれるものとしては、小さいツブツブで赤くなっているということです。これはニキビととても似ている特徴ですが、毛穴の周りが赤みを帯びているということが特徴です。ニキビよりも大きさが小さいということも見分けるポイントかもしれません。


​​​毛穴の盛り上がり

​更に、肌カビの特徴は、毛穴が盛り上がっていることです。赤くポツポツとした小さな盛り上がりがあるのであれば、肌カビの可能性があります。ニキビと間違われやすいですが、肌カビの場合、毛穴にかさぶたが付いている場合もありますのでよく観察してみましょう。

​肌荒れ

​ストレスや睡眠不足、食生活の偏りにより、すぐに肌荒れを起こしてしまうという人は沢山いることでしょう。肌荒れをしているときには肌が過敏になっており、肌カビとニキビとの見分けがつかないこともありますが、ニキビ用の薬を塗っても効果が無かったり、食生活やストレスを見直しても、赤みやかゆみといった症状がいつまでたっても改善されない場合には、肌カビを疑った方が良いでしょう。症状が重くなる前に、自分で判断できない時には早めに病院に行って診てもらいましょう。​

​肌カビの対処法

​マラセチア菌の繁殖を抑える

​マラセチア菌の繁殖を抑えるために、直接的に肌のことで気を付けたいこととしては、身体を不潔にしないことと、あまり過剰に石鹸などで洗いすぎないことです。又、間接的に気を付けたいこととしては、バランスの良い食生活に気をつけること、良質な睡眠をとること、日常生活のストレスを溜めないこと、紫外線対策をすることなどに気を付ける必要があります。

  特に、梅雨から夏場にかけての湿度の高い時期には多く繁殖するため、普段よりもさらに汗や皮脂をこまめに拭きとったり、身に付けるものを清潔に取り換えたりして肌カビ対策をとると良いでしょう。

​炎症を抑える

​マラセチア菌の炎症を抑えるには、餌となり得るもの、つまり、汗や湿気をなるべく除外する必要があります。お風呂上りはよく身体の水気をふき取り、髪の毛を乾かすようにします。肌や髪の毛の自然乾燥は避けましょう。自然乾燥は肌に水分や皮脂が残ってしまうため、マラセチア菌が繁殖してしまいます。濡れた髪の毛をタオルドライだけで済まし、生乾きの状態でいると、カビが繁殖し嫌な臭いやフケや抜け毛の原因となります。しっかりと髪の毛の根本から乾かしましょう。

  肌の洗いすぎには注意しましょう。肌を洗いすぎて肌に皮脂がなくなってしまうと、肌が乾燥し、肌が皮脂を補うように多く分泌するようになります。それでは肌カビにとって好条件の環境になってしまいます。

​適切な治療薬を使う

​​抗真菌薬

​たとえ赤みやかゆみ、フケの症状が軽くても、肌カビのおそれがある時には早めに医療機関を受診することをおすすめします。早いうちに抗真菌薬といった適切な治療薬を使うことで、炎症の広がりを抑えたり、肌をもとの状態へ改善させることもできることでしょう。

 

肌カビは肌の表面だけでなく、奥にまで入り込んでいるためなかなか治りませんが、マラセチア菌は、抗生物質が入った塗り薬の抗真菌薬を適切に使うことで治すことができます。市販の薬でも症状を軽くすることはできますが、皮膚科で処方してもらう抗真菌薬を使用した方が効果が高いでしょう。 病院では肌の状態に合わせて、肌荒れの症状に効く尿素の配合されたクリームやビタミン剤の飲み薬も一緒に処方されることがありますので、相乗効果で肌荒れと肌カビを早く治すことができることができることでしょう。

​肌カビを予防する方法

​皮膚を清潔に保つ

​基本的なことですが、皮膚を清潔に保つということが肌カビを予防する最善の方法です。ゴシゴシ洗うと必要な皮脂までとりすぎてしまいますので洗いすぎに注意しましょう。又、シャンプーやボディソープのすすぎ残しはマラセチア菌の餌になってしまいますので、洗い残しの無いようにきちんと水で流しましょう。今まで使っていたシャンプーやボディソープが合わないようであれば、抗真菌成分や殺菌成分が配合されているシャンプーやボディソープに変えてみるというのも良いでしょう。かゆみやフケが減るかもしれません。

​体に触れるものの衛生面も配慮

​直接体に触れるものは清潔なものを使いましょう。タオルは濡れたままにしているとどんどん菌が増殖してしまいます。きちんと乾かしたり新しいものを使いましょう。又、通気性の良いコットン素材のものや汗の速乾性のあるポリエステル素材のものを選んで着るようにすることや、締め付ける下着は汗を発散させないで蒸れてしまうので避けるなど気を付けましょう。

​肌カビ予防のNGの習慣チェック

​メイク用品を洗っていない

​ファンデーションのパフやチークのブラシなど、直接肌に接触するメイク用品はこまめに洗って常に清潔にしておきましょう。一見あまり汚れが目立たず清潔そうに見えていても汚れや菌が沢山ついているものです。洗って使うか、使い捨てのものを使うというのでも良いでしょう。​

​脂っこい物が好き

​脂っこい食べ物は皮脂の分泌を増やし、肌カビの原因となります。脂っこい物を控えることはもちろんですが、皮脂の代謝を良くする緑黄色野菜・豆・卵といったビタミンB群や果物などのビタミンCを多くとるように心掛けると良いでしょう。​

​睡眠不足

​睡眠不足は肌のターンオーバーや、皮膚の抵抗力にも影響するので、睡眠不足は避け、日常的にしっかりとした睡眠時間を確保しましょう。

​ストレス

​ストレスはあらゆる病気にとって大敵ですが、肌も同じです。ストレスや過労により肌は肌自身の抵抗力を落としてしまいます。日常生活ではストレスを溜めないように適度な運動をして体を動かしたり、規則正しい生活を送りましょう。

​寝具をまめに洗濯していない

​睡眠は人生の三分の一と言われるほど寝ている時間というのは長いものです。人は睡眠時に知らず知らず多くの汗をかきます。汗や湿気を好む肌カビは、その長い睡眠時間を過ごす寝具に大量に繁殖してしまいます。枕やシーツは皮膚が直接触れるものです。枕カバーやシーツはこまめに洗濯し、清潔なものを使いましょう。​

​過剰な洗顔をしている

​皮脂を取ろうとして過剰に洗顔をすると、洗顔後肌の水分が蒸発し、極度に乾燥を招き、肌の角質が硬くなって毛穴を塞いでしまいます。その結果、皮膚は皮脂が足りないとおもい逆に皮脂の分泌を増やします。洗顔のしすぎはよくありません。刺激の少ない石鹸を使い、よく泡たてて肌をこすらないように優しく顔を洗い、しっかりと石鹸を落としましょう。石鹸が残っているとマラセチア菌の餌となり、増殖してしまう原因となります。

​マラセチア菌が繁殖しない環境を整えよう​

​マラセチア菌を増殖させないためには、第一に肌を清潔に保つことです。肌に触れる下着や洋服、寝具類、メイク道具を清潔に保ち使うことです。一見綺麗そうに見えても、菌は目に見えていないだけで繁殖している場合があります。意識して交換することを心掛けると良いでしょう。又、肌は洗いすぎないことや、肌に触れる下着や洋服は綺麗なものを身に付け、寝具類は常に清潔なものを使うこと、そして、食生活やストレスに気を付けることが肌カビ対策にとって最善と言えるのではないでしょうか。ニキビだと思っていてもなかなか治らないと悩んでいるときには、肌カビを疑ってみいると良いでしょう。