産後の肌荒れ3つの原因と対策法!ひどい肌トラブルを早く治そう

お産をしてから肌がカサカサ・・・

出産を経験した女性の多くが経験する肌荒れ。出産前から肌トラブルがあった人は症状が悪化したり、出産前は肌トラブルと無縁だった人も、肌が乾燥したり、今まで使っていた化粧品が合わなくなったりすることも多いようです。育児に奮闘している時に、肌荒れのせいで更に悩みが増えるのはつらいですよね。産後の肌トラブルの原因と、それに対する対処法を知ることで、早めに問題を解決していきましょう。

産後は誰でも肌トラブルが起こる

肌荒れの原因

産後の肌荒れが起こる原因としては、以下のものが考えられます。

 

ホルモンバランスの変化

まず、妊娠中から産後にかけての短い期間に、ホルモンバランスが急激に変化することが挙げられます。妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんを育てるため、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが急増します。しかし、出産後は急激にそれらのホルモンが減少し、代わりに母乳の分泌を促すプロラクチンというホルモンが増加することから、ホルモンバランスが乱れ、肌荒れにつながってしまうのです。

疲れやストレス

育児は24時間365日体制。昼夜を問わず授乳等赤ちゃんのお世話に追われ、睡眠不足になる人がほとんどでしょう。当然、体力的にも精神的にも大きな負担が掛かっています。そんな育児による疲れやストレスも肌荒れの原因になります。

便秘

妊娠中から便秘に悩まされる人は多いのですが、出産後も続く人が多いようです。特に母乳育児をしている場合、母乳は体内の水分から作られるため、体内の水分量が不足し便秘になりやすくなります。老廃物の塊である便が排出されず体内に留まり続けることで、毒素が体内に充満して肌にも回ってしまい、肌荒れの原因となります。

水野 春子
出産は”最大のデトックス”とも言われていて、産後1ヶ月くらいは肌の調子が良くなる人が多いんです。でも、産後1ヶ月以降になってくると、だんだん肌トラブルを感じる人が多くなってくるんですよ。

 乾燥から様々な肌トラブルを引き起こす

肌バリア機能を維持する三大保湿因子

健康な肌は、肌バリア機能が正常に機能している状態です。肌バリア機能とは、乾燥や紫外線、ほこり、雑菌などの外部からの刺激から肌を守ってくれる働きのことです。肌バリア機能の維持のためには、以下の三大保湿因子が重要となります。

因子働き
細胞間脂質(セラミド)角質層の細胞と細胞の隙間を埋め、水分が肌から逃げないようにしっかりつかまえる。
天然保湿因子角質細胞内にあり、水分をとどめる。
皮脂肌の一番外側を覆い、水分の蒸発を防ぐ。


乾燥による肌バリア機能の衰え

産後は様々な心身の変化に加え、スキンケアに時間を掛けられなくなるために乾燥肌になる人が多く見られます。乾燥肌は、角質層の水分が少なくなっている状態であり、三大保湿因子が不足し、肌バリア機能が衰えています。肌バリア機能が衰えると、肌が外的刺激の影響を受けやすくなり、かゆみを感じたり、ニキビや吹き出物ができるなど、様々な炎症が起こるのです。

水野 春子
産後の肌は乾燥肌になりがちで、それが様々なトラブルを引き起こす原因にもなっています。忙しい中でスキンケアの時間がなかなか取れないかもしれませんが、様々な炎症を防ぐためにも、産後の肌にとって保湿はとても重要なんです。

産後の肌荒れ対策スキンケアのポイント

敏感肌でも使える化粧品

肌荒れを起こしている肌には、敏感肌でも使える低刺激の化粧品を使用することが有効です。肌質の変化により、今まで使っていた化粧品が合わなくなっている場合もあるので、使用する化粧品を見直してみましょう。

時短できるオールインワン化粧品

朝やお風呂上りなどは特に、赤ちゃんのお世話でばたばたしてスキンケアする余裕がない・・・という人も、化粧水、乳液、クリームなどが一つになったオールインワン化粧品ならスキンケアが一度に済むので、時短になります。ご自身に合うものを探してみるのもよいでしょう。

紫外線対策と保湿を十分にする

外出時は赤ちゃんの準備だけでも一苦労で、自分の紫外線対策までできないという人も多いのではないでしょうか。しかし、紫外線による肌のダメージは乾燥の原因になります。ちょっとの外出であっても、日焼け止めを塗ったり帽子を被るなど紫外線対策は入念にしましょう。また、紫外線をたくさん浴びてしまったという日は、特に保湿を念入りにするようにしてみましょう。


水野 春子
まずは、敏感になってしまっている肌に合う化粧品を見つけることが先決ですね!中でも忙しくてケアする時間がない時にはオールインワン化粧品ならささっと済ませられるから便利ですよ♪日中は重要なのが紫外線対策!アッキーも紫外線対策の重要性は分かってるよね?

 

進藤 明人
僕も学生時代野球部だった頃は紫外線のせいで肌荒れに悩みましたよ・・・。練習中はこまめに日焼け止めを塗るようにして克服しました。肌への紫外線の影響は侮れないです!

敏感肌におすすめの化粧品

HANAオーガニック

HANAオーガニックは、石油由来成分を排除し、農薬や化学肥料を排除した天然100%の国産オーガニックで作られた化粧品です。HANAオーガニックの化粧品は、肌の外側から与えるだけでなく、肌本来の持っている力を内側から高める効果があります。

HANAオーガニックの特徴

  • 抗酸化作用、活性作用が高い天然100%の国産オーガニック素材
  • 日焼け止めのウェアルーUVで敏感肌にも優しい紫外線対策
  • 洗顔料のピュアリクレイで肌への負担は最小限に汚れを落とす
  • 化粧水のフローラルドロップ、乳液のムーンナイトミルクで肌自身の力を高め本来の状態に立て直していく


日焼け止めのウェアルーUVは、オーガニック植物エキスでできた美容液ベースとピュアなミネラルパウダーから作られ、肌への負担を抑えながらもしっかり紫外線を防ぎます。洗顔料のピュアリクレイは、天然の界面活性剤とバイオエコリアを使用しており、肌への負担は最小限にしっかりと汚れは落とした上で、肌の再生力を高めます。化粧水のフローラルドロップ、乳液のムーンナイトミルクに含まれているオーガニックローズは肌の疲れを癒し、自律神経にまで働きかけて肌本来の状態に整えてくれます。

  •  
  • 保湿力抜群の乳液
    5/5
    34歳 脂性肌
    ローズの香りは好みがわかれると思いますが、わたしは嫌いではありません。 ダマスクローズの香りには、脳を活性化し幸せな気分にさせたり、自律神経を整え、再生力を助ける働きもあるようですね。 少し緩めのテクスチャーなので、さっぱりとした使用感なのかと思いきや、なかなかの高保湿でとても良いです!HANAorganicのラインを使っていたのが、秋・冬のシーズンでしたが、そんな時期でも抜群の保湿力でした。 化粧水も水を一滴も使用していない商品でしたが、乳液も同様に水を一滴も使用せず、ブルガリア産の濃縮ダマスクローズウォーターのみを使用しているので、これもまた贅沢乳液* 化粧水の方の口コミにも同じく記載しましたが、今は別ブランドの基礎化粧品を使っていますが、いつかまた何だかんだと戻りそうな予感がするくらい優秀なアイテムです* 美白効果が分からないまま一旦おやすみをしてしまいましたが、化粧水の方の潤い効果がプラスされた日には、「オーガニック・美白・アンチエイジング」この3拍子で、わたしの中では完璧な基礎化粧品です。

    @cosme

 

 口コミでは、トライアルセットを利用している人が多く、特に乳液を高く評価する声が多く見られ、保湿力には定評があるようです。


HANAオーガニック公式サイト

ディセンシア サエル

ディセンシアのサエルシリーズは、敏感肌の人のための美白ケアに特化した化粧品です。

ディセンシア サエルの特徴

  • 特許応用技術のヴェールによる保護とセラミドナノスフィアによる保湿で正常なターンオーバーを実現
  • 3つの天然成分により、美白効果が表れるような肌作り
  • メラニンを4つの段階で徹底ケア

 

敏感肌は乾燥しやすくなっており、更に紫外線でダメージを受けることで炎症や酸化を起こし、シミやくすみができやすい状態になっています。この弱った肌を特許応用技術のヴェールが守り、通常のセラミドの4倍の保湿力を持つセラミドナノスフィアにより保湿することで、正常なターンオーバーを可能にしていきます。また、コウキエキス、ムラサキシキブエキス、アルニカエキスにより、美白効果が表れるような土台作りをします。また、黒色メラニンはしみやくすみの原因となりますが、それを防ぐためメラニン生成前、受け渡し時、誕生時、黒化後の4つの段階でケアを行います。


  •  
  • 敏感肌の人におすすめの美白化粧品
    5/5
    22歳 乾燥肌
    化粧水、美容液、クリームとライン使いをしています。 現在使用一か月目ですが、すでに全体のトーンアップ、シミが薄くなった というようないい効果が表れています。 また、私は生理前になるといつも肌荒れやニキビができて悩んでいましたが、 本品に変えてからどういうわけかそういった肌トラブルがなくなりました。 乾燥肌で今までブースターを使用しても化粧水の潤いはそこそこにしか感じませんでしたが、 こちらはブースターなしでそのまま適量塗布するだけで結構潤います。 トライアルキットを使った時にはじめは潤いが足りないかな、と思うことがありましたが、 それまでが過保護だったようでしばらくサエルを続けると十分潤うようになりました。 美白ケアをしたいけど敏感肌で美白コスメが使えないという方には本当にお勧めしたい商品です。

    @cosme

 トラブルを抱えた敏感肌は美白ケアが難しいと言われる中でも、サエルシリーズは敏感肌の美白ケアに特化しているので、ライン使いがおすすめです。

 

 ディセンシア サエルシリーズ 公式サイト



ラ・ミューテ美肌セット

ラミューテ美肌セットは、洗顔、化粧水、美容液をライン使いすることで「洗う」、「潤す」、「育み守る」という3ステップで保湿と同時に肌本来の機能を高めていきます。

ラ・ミューテ美肌セットの特徴

  • 洗顔、化粧水、美容液の3ステップで保湿と同時に肌本来の機能を高める
  • 洗顔フォームで肌に優しくしっかり洗浄
  • 化粧水の天然保湿成分とナノ保湿成分が肌の奥まで浸透、保湿
  • 美容液の3種セラミドやスクワランが肌のバリア機能をサポートし肌自身の力を高める

 

ビオリズム洗顔フォームは、肌に優しい天然洗浄成分でありながら古い角質や毛穴の奥の汚れを落とすことができます。エンリッチ化粧水は、ダマスクローズウォーターの天然保湿成分とナノ保湿成分が肌の芯まで浸透し保湿します。アドバンス保護美容液は、3種セラミドやスクワランが肌のバリア機能をサポートし、更に肌自らが潤い、ハリ、弾力を作り出す力を高めていきます。

  •  
  • 透明感を実感!確実にお肌の調子が良くなっています。
    25歳 乾燥肌
    私は肌荒れしやすく、乾燥しがちでニキビが出来やすいトラブル肌でした。ラ・ミューテのお手入れを続けてから、肌の赤みが目立たなくなり、キメが整った感があります。 また、ニキビも以前より出来る頻度が減った様に感じます。そしてそして!!透明感を1番感じました。 確実にお肌の調子がよくなってきています。あと、ラ・ミューテさんの洗顔方法のアドバイス。洗い方一つでもお肌は変化するんですね!

    ラミューテ公式サイト

 ラ・ミューテの敏感肌ケアは保湿ケアだけでなく、洗顔から取り組むことで効果を発揮します。今まで洗顔に気を使っていなかった人は、ラ・ミューテの美肌セットで洗顔から見直してみてはいかがでしょうか。  

ラミューテ美肌セット 公式サイト


水野 春子
どの化粧品も、肌の外側から与えるだけじゃなくて、内側から本来の肌の力を引き出すことを目的として作られているから、使い続けることで敏感になってしまった肌が正常な状態に戻っていってくれるんです。ご自分に合ったものを選んでみてください♪


編集部おすすめ乾燥肌対策アイテム

みんなの肌潤セット

みんなの肌潤セットは、みんなの肌潤風呂(入浴剤)、みんなの肌潤糖(保湿ケア化粧品)、みんなの肌潤ろーしょん(化粧水)の3つからなる潤い特化型のスキンケアセットです。全ての商品の原料に砂糖が使用されており、砂糖のもつ高浸透力、吸水・保湿力により肌に潤いを与え、バリア機能を向上させます。

【みんなの肌潤セットの4ステップ】

  1. お手持ちの石鹸で身体を洗います。
  2. みんなの肌潤風呂を入れた湯船で入浴します。天然温泉成分が肌を清潔にするとともに潤いを与え、潤いヴェールが一日中潤いをキープしてくれます。
  3. みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~で保湿ケアすることで、肌が柔らかくなり潤いが浸透しやすい状態に。みんなの肌潤風呂を入れたお湯で流すと、より潤いがキープされます。
  4. 入浴後、通常の肌のお手入れの中でみんなの肌潤ろーしょんを使用します。こんにゃくセラミドがバリア機能を整えます。ヒアルロン酸の2倍の浸透力をもつ「リピジュア」、もっちりした肌を保つ「シュガースクアラン」により、潤いの浸透と同時に貯水の効果もあります。
  •  
  • とても保湿感が良い商品で満足できました
    女性
    この商品を使うまでは、違和感を伴う肌荒れが腕にあり、気にしていたのですが、使い始めて3回目くらいですっかり気にならなくなっていました。乾燥が原因だったのですね。とても保湿感が良い商品で満足できました。有難うございました。

 

みんなの肌潤セットの特徴

  • 入浴剤、保湿ケア化粧品、化粧水の3つからなる潤い特化型のスキンケアセット
  • 砂糖のもつ高浸透力、吸水・保湿力が肌に潤いを与えバリア機能を向上
  • みんなの肌潤風呂は天然温泉成分が肌を清潔にし潤いをキープ
  • みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~で潤いが浸透しやすい肌に
  • みんなの肌潤ろーしょんでバリア機能を整え、潤いの浸透と貯水を実現


 

みんなの肌潤セット 公式サイト 

水野 春子
みんなの肌潤糖は、赤ちゃんの沐浴にも使えるほど肌にやさしい商品なんです!乾燥肌対策はお風呂から始めてみませんか?いつもの入浴タイムがリラックスタイムにもなり、一石二鳥ですよ♪

なかなか治らないひどい肌荒れは皮膚科で相談

皮膚科での治療法

化粧品で対応しきれないようなひどい肌荒れの時は、皮膚科で相談してみましょう。皮膚科では、まず、診察で肌の状態を確認した後、様々な質問をすることにより肌荒れの原因を突き止めていきます。いつから症状が出ているか、今までにどのような症状があり治療を行ったか、アレルギーはあるか、使用している薬やサプリメント、化粧品などについて確認します。次に、食生活や睡眠時間といった生活習慣についても確認し、改善できる点については指導されるかもしれません。その上で、治療として薬が処方されます。


外用薬や漢方薬について

皮膚科で処方される薬は、保湿剤、抗生剤、ステロイド剤などの外用薬を始め、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、漢方薬などの内服薬など、症状に合わせて処方されます。

保湿剤

皮膚の乾燥を防ぎます。軽症の場合には保湿剤だけでも改善できることもあります。皮膚の表面を保護し、水分の蒸発を防ぐワセリンや、古い角質を除去し角質層の水分保持をサポートする尿素含有軟膏などがあります。

抗生剤

殺菌作用や炎症を抑える作用があり、赤ニキビの原因のアクネ菌を倒すために使います。外用薬も内服薬もあります。欠点としては、善玉菌も殺菌してしまうので、肌の調子がわるくなることがあります。耐性菌という抗生物質が効かない菌ができてしまうため、長期間の使用には向きません。

ステロイド剤(外用薬)

強力な抗炎症作用によって炎症を抑えます。また、体内で起きる様々な免疫反応を抑える免疫抑制作用によって、アレルギー反応を抑えます。強力な作用があるため、効果は高いですが、医師の指導の下正しく使用することが重要です。

抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤

かゆみを抑えるために処方される内服薬です。かゆみのために引っ掻いてしまい症状を悪化させるのを防いでくれるため、外用薬による治療と併用して使用されるのが基本のようです。眠気や倦怠感といった副作用があるので、車の運転をする場合などには注意が必要です。

漢方薬

近年、皮膚科でも漢方薬を処方されることが多くなってきました。薬とは違い強い効果があるものではないので、漢方薬だけで症状が改善する可能性は低いですが、血液の流れを良くしたり、炎症を抑えるなどの効果があり、体質改善に効果があると言われています。

授乳中の注意点

母乳育児をしている場合、授乳中には使用してはいけない薬としていい薬があります。必ず授乳中であることを医師に伝え、使用しても問題ないかどうかを確認してください。

水野 春子
授乳中は母乳に影響が出ないように気をつける必要があるんですよね。お医者さんに相談しながらできる範囲で治療していきましょう。

 

肌荒れを予防する方法

バランスの良い食事

肌荒れの予防には、肌の外側からのケアだけではなく、内側から改善していくことも有効であり、食生活は重要です。油分の多い食事はニキビなどの肌荒れの原因となります。また、甘いものを摂り過ぎると、糖分が体内で分解・吸収される際にビタミンB群を消費してしまい、肌の老化につながります。炭水化物などの糖質の摂り過ぎも、肌の老化の原因です。また、塩分の過剰摂取により、細胞から水分が失われ、乾燥しやすくなります。こういった成分の摂り過ぎに注意した上で、鉄分やビタミンを多く含む野菜などをしっかり食べることで、バランスの良い食事にしていくことがとても重要です。

便秘対策

便秘になると、体内の毒素が肌に回り肌荒れの原因となるので、便秘にならないようにしましょう。まず、腸内環境を整え、腸内の善玉菌を増やすために食生活の改善が重要です。野菜、大豆類、キノコ類、海藻類、玄米などの繊維質が豊富な食品を摂ることで腸のぜん動運動が促進されます。また、ビフィズス菌は腸内環境の改善に効果があると言われています。ビフィズス菌をオリゴ糖と一緒に摂取することでより効果が高まるため、ビフィズス菌の入ったヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて食べるのが効果的です。また、水分が不足すると便が出にくくなるので、水分を意識して摂るようにしてみましょう。また、ウォーキングなどの運動をすることも、腸のぜん動運動が促されスムーズな排便を助ける効果が期待されます。便が出にくくなったら、お腹の周りを手で時計回りにゆっくりとマッサージしてみることも腸に刺激を与えられるので有効な方法です。

ストレスをうまく解消しよう

ストレスが溜まると、免疫力が低下し、外部刺激を受けやすくなる結果、肌が炎症を起こす可能性があります。また、皮脂分泌が増え、吹き出物などができやすくなると言われています。ストレスが溜まっていると感じたら、思いっきり笑ったり、泣いたり、思っていることを紙に書き出してみたり、ゆっくりお風呂につかるなど、うまくストレスを解消していくことも重要なことです。

質の良い睡眠をとる

睡眠不足は肌に良くないとは言われていますが、単にたくさん眠ればいいかというとそうではありません。眠りには、体は休んでいるけれども脳は活動していて浅い眠りであるレム睡眠と、体も脳も休んでいる深い眠りであるノンレム睡眠の2種類があります。肌の新陳代謝が活発に行われるのは、入眠から3〜4時間と言われており、ノンレム睡眠の間に行われやすいため、入眠後に熟睡し、質の良い睡眠をとることが重要となります。人間は、体温が高い状態よりも、体温が下がってきた状態で眠気を感じるため、ベッドに入る2〜3時間前に入浴すると、体温が下がってきた頃に眠気を感じやすくなるため、深い睡眠がとれるようになると言われています。

 

水野 春子
せっかく化粧品や薬で肌荒れが治っても、肌荒れの原因となっている生活習慣が改善されないとまた肌荒れを繰り返すことになってしまうんですよね。ご自分の生活習慣に問題がないか、見直してみてください。


焦りは禁物!ゆっくり肌荒れをケアしよう

肌荒れが起こると、恥ずかしいし早く治したいと思う人がほとんどでしょう。しかし、ただでさえ産後のデリケートな体なので、焦ってあれもこれもとやり過ぎるのは体にも心にも負担になります。焦らず、できることから少しずつ生活の中に取り入れて、ゆっくり肌荒れを治していきましょう。

水野 春子
産後の肌荒れ対策のこつはつかめましたか?産後の体は特別な状態なので、今の状態がいつまでも続くわけではありません。すぐに改善しなくても焦らずに、心にゆとりをもって根気強く治していきましょう。