ブツブツ毛穴は正しい洗顔で解決!毛穴ケアにおすすめランキング3

毛穴の悩みがあるなら洗顔を変えてみない?

毛穴のブツブツ、これさえなければもっと美人なのに!」わかります、本当に毛穴の汚れは厄介ですよね。特にはじめて会う人への印象として肌のキレイさはとても大事。ブツブツ毛穴をしていては、清潔感にダメージがあるかもしれません。

そこで、今度こそ人もうらやむようなつるりん肌に仕上げるために、今一度洗顔方法や洗顔料についてもう少し深く考えてみましょう。私、シャボン編集長の水野はるこがあなたの分までしっかりリサーチしてきましたので、ぜひ一緒にチェックしていってくださいね。

undefined
はるこさん
毛穴、本当困りものよね。うっかり小鼻の毛穴が目立っちゃったりすると、ファンデーションで塗り固めて隠したりするでしょう?でも夕方には毛穴落ちになって逆に目立っちゃったり。今回はもうそんな「毛穴」に打ち勝つ洗顔について見ていくわよ。みんなしっかりついてきてね。
undefined
あっきー
はるこさん、わかってるようでわかってない洗顔について、僕も今一度しっかりおさらいしたいです。せっかくキレイに見せるためにした化粧が崩れたら、ファンデーションじゃなく不安デーションですもんね。ハハハ。
undefined
はるこさん
あっきー、まだ20代なのにオヤジギャグ出ちゃってるわよ……しかも自分で笑って……。さて、まずは毛穴に勝つための基本、「なぜ洗顔が重要か」からチェックするわよ。

毛穴の悩みに洗顔が重要なわけ

毛穴の悩みに大切なことは「できた角栓を取る」ことではなく、「そもそも角栓を作らせない」ようにすることです。そのために最も重要なことの1つが洗顔。角栓に成長してしまう前に、スッキリキレイに取り去ってしまいましょう。まずはそんな角栓を放置するとどうなるかから見ていきましょう。

毛穴の角栓は放置すると黒ずみの原因に

 角栓は肌のたんぱく質汚れと皮脂汚れが固まって、毛穴に詰まったもののこと。簡単なメカニズムを順を追って見てみましょう。

  1. 健康な肌は新陳代謝により、毛穴から余分な角質を排出しています。
  2. 肌がダメージを受けると、毛穴が硬くなったり炎症を起こしたりします。
  3. すると上手に角質が排出されなくなり、出口付近で渋滞に。
  4. しだいに皮脂と混ざりあって硬く大きな「角栓」になっていきます。

そう、角栓は突如肌に現れたものではなく、日常的に排出されているものが肌のダメージにより上手に排出されなくなったものです。言ってしまえば、毛穴の便秘状態。出口が硬くなってしまい、こうなると簡単には排出できません。なので硬く大きくなる「角栓」に成長してしまう前に、洗顔でスムーズな排出を手伝ってあげるのが良い方法です。

便秘は放置するとニキビができたりお腹が痛くなったりしますが、角栓も放置はNG。放置することで毛穴の中で菌が繁殖し赤ニキビの原因になったりします。周辺の皮膚では炎症も起きるので、痛みもあるでしょう。この炎症が大きくなり、大きなニキビになってから皮膚が破れて中の膿が出ると周辺の肌組織は修復しきれず、最悪の場合肌が陥没するいわゆる「クレーター」状態になってしまうかもしれません。

undefined
あっきー
こ、怖い!はるこさん、毛穴の便秘状態をさっさと解決しなきゃダメじゃないですか。これはあれですよ、剥がして角栓を取る「鼻の毛穴パック」の出番じゃないですか?あれで強制的に角栓を取れば、毛穴の便秘も解消しますよ。
undefined
はるこさん
あっきー、話聞いてるようで聞いてないわね?そもそも通常は排出される角質が詰まった原因の1つは、肌のダメージによる毛穴周辺の炎症よ。毛穴パックじゃ、剥がすときに大ダメージで追い打ちになっちゃうわ。北風と太陽の話のように、「ひたすら肌には優しく!」がモットーよ。

洗顔で優しく取り除く&予防するのが正解

確かに毛穴パックを使えば、一時的に角栓はすっかり取れ、スッキリして「掃除した」気分になるでしょう。しかしポッカリ空いてしまった毛穴や健康な角質を埋めるため肌は必死で脂を分泌しようとしたり、剥がしたときのダメージを何とかしようと炎症を起こしたりします。「ついこの前毛穴パックしたばかりなのに、もう角栓が詰まってる」のは、肌が頑張った証拠ともえいるでしょう。

これを繰り返してしまうのは、そう、悪循環でしかありません。毛穴の角栓を頻繁に取ればそれだけ脂の出やすい肌になり、角栓ができやすく大きくなりやすいのです。毛穴のために頑張ったと思ったことが、裏目に出る。これでは困ってしまいます。

undefined
あっきー
確かに毛穴パックやるとスッキリしますけど、剥がした後ははるこさんに「トナカイ」ってあだ名付けられるくらい鼻が真っ赤になります。自分から肌を傷めつけちゃってたんですね。

では何が正解か、それはもともと肌にある「排出機能」をサポートしてあげることです。最初に確認したように、健康な肌は余分な角質を排出する力を持っています。この力を、できるだけダメージを与えないようにサポートをするために必要なのが、「優しい洗顔」と言うわけです。

「ダメージを与えるのが良くないなら、洗顔もいらないのでは?」と思った人もいるかもしれません。しかし残念ながら、肌表面に残った角質や脂を洗い流すことだけは肌にはできません。

古い角質や脂は酸化することでも肌へのダメージになり得るのです。つまり、健康な肌にしてあげられる最も重要なことは「肌表面に残った汚れを優しく取り除く」ことなのです。さらに毛穴周辺がダメージを受けにくく健康であるように、適度な保湿でバリア機能を十分に保てるようにすることも大切です。

角栓は無理やり取ると悪化する

ここまでおさらいしたように、毛穴パックなどの「無理やりとる」角栓ケアは角栓を悪化させてしまうことになりかねません。もちろんこれは毛穴パックだけにとどまりません。どんな方法がNGなのか、チェックしてみましょう。

NGな「角栓取り」方法

  • 爪で押し出す
  • 毛穴パックで剥がして取る
  • 毛穴を絞る道具で押し出す
  • ピンセットで抜く
  • 爪楊枝でほじる
  • オロナインパックをする

一時期SNSなどで話題になった方法もありますが、あくまで「角栓が取れる方法」であり、その後の肌の健康については保証できないものが多いでしょう。爪で押し出す、毛穴を絞る道具やピンセットは、周辺の肌にダメージを与える可能性が極めて高いと言えるでしょう。

爪楊枝でほじるのは論外です。オロナインパックは「オロナインを使うとごっそり角栓が取れる」と話題になりましたが、オロナインは傷薬であり消毒成分が含まれていて、肌に必要な常在菌にダメージを与える恐れがあります。ニキビなど炎症を起こしている部分にはいいですが、健康な皮膚に使うのはやめましょう。

undefined
はるこさん
SNSで話題になると、やりたくなっちゃうのよね。「私もこんなにスッキリした―♪」ってアップしたくなっちゃうわよね。でもどうか、ぐっと我慢して。無理やり取った先に、本当の美しさはやってこないわ。

毛穴のための洗顔料の選び方

毛穴のためには、まずは健康な肌作りから。とは言え、洗顔を水だけで行っても皮脂や角質は取り切れません。乾燥肌の人も、1日1回は洗顔料を使って優しく汚れを落としましょう。そこで注意したい、洗顔料の選び方をチェックしましょう。

弱アルカリor弱酸性?

「赤ちゃんでも使える弱酸性」などのCMがあるように、肌はそもそも弱酸性です。「ならばもちろん洗顔料も弱酸性の方がいい」と思っている人は、半分正解で半分間違いです。ここでまずは弱アルカリと弱酸性の違いを表で簡単に見ていきましょう。

弱酸性弱アルカリ性
主なアイテム「弱酸性」と書かれた洗顔料石鹸(石鹸素地からできているもの)
洗浄力とても優しい
逆に言えば頼りない面も
しっかり洗い上げ、角質を柔らかくするので
余分な角質を取り除く力に優れる
保湿力脱脂力が弱く、保湿力が高め脱脂力が強いので保湿力に乏しい
洗い上がりしっとりさっぱり
刺激ほとんど感じないやや強い
向いている人乾燥肌がひどめの人
アトピー肌の人
健康な肌の人
オイリー肌の人
保湿で補える乾燥肌の人

いわゆる「石鹸」は、すべてアルカリ性です。石鹸の形をしていて「弱酸性」となっているものは、界面活性剤を石鹸の形に固めているものです。界面活性剤は水と油がまじりあうように働きかける成分で、これにより汚れを落とすようにします。弱酸性にされているため、肌への刺激はほとんどありません。その分、アルカリ性の石鹸のようにしっかり汚れを落とす働きも少ないのです。

最後の項目でチェックしているように、「肌にいいって言われているから弱酸性にしよう」ではなく、自分の肌質をきちんと考えることが重要です。ア

トピー肌の人や通常の洗顔では乾燥がひどくなってしまう人は弱酸性の洗顔料、特に乾燥を感じない人や、オイリー肌の人はアルカリ性の洗顔料を選びましょう。

「毛穴汚れを落とす」と言う点からいえば、きちんと汚れを落とすアルカリ性石鹸成分がおすすめでしょう。ですが、もちろんあなたの肌に合わせて選ぶことが第一です。

固形石鹸or洗顔フォーム?

固形石鹸と洗顔フォームは、使い方や便利さでまずは選びましょう。なぜなら、形だけでは判断できないからです。固形石鹸の形をした洗顔フォームのような成分もあれば、洗顔フォームのパッケージ(縦型のチューブですね)に入った石鹸成分のものもあります。なので見た目で判断することはとりあえずおいておきましょう。

では何で判断するかと言えば、先ほどの弱アルカリ・弱酸性でまずは判断します。さらに配合されている成分もチェックしましょう。チューブタイプでも石鹸と同じ「カリ石鹸素地」から作られているものも多くあります。その上で、石鹸タイプとチューブタイプのどちらが使い勝手が良いか、口コミはどうか、人気度はどうかと言った総合的な面で判断していくのが良いでしょう。

undefined
はるこさん
他にも、石鹸はお風呂場に置いておくと溶けやすいとか、カビの原因になりやすいとか、洗顔フォームは最後まで使いにくいとか、いろんな理由があるわね。肌に合うことが一番だけど、快適に使えることも重要ポイントよ。

トラブルなく肌質にあったものを使う

これが一番大切ですが、「肌にいいって聞いたから」と、なんだか自分の肌には合わないと思っているものを使い続けるのはやめましょう。ピリピリ、赤み、肌の熱さなどを感じたらすぐに使用を中止してください。そんな反応が出るときは、肌がその洗顔料の何らかの成分に対してNOを出しているのです。

トラブルが出たものは絶対にNG。もったいなくても、2度目は使わないようにしてください。また、肌質にあったものを使用しましょう。「肌を甘やかさない」などと、アトピー肌に強い洗顔料を使うようなこともやめましょう。肌は悲鳴を上げる一方です。

undefined
あっきー
でもはるこさん、トラブルなく肌質に合うものから選ぶにしても、毛穴に効果を出すためにはどんな成分が配合された洗顔料を選んだらいいんでしょう?洗顔料のパッケージにはどれも「毛穴スッキリ」って書いてあるものが多くて、「ええ……どれが正解なの?」って悩むんですよ。
undefined
はるこさん
そうね、洗顔料の性質はもちろん、成分もとても大事。やっぱり毛穴に効かせたいときのおすすめは、汚れを吸着すると言われる「泥=クレイ」や火山灰の成分よ。それらの成分が配合されたおすすめの洗顔料があるから、次の項目でチェックしていきましょう。

毛穴汚れにおすすめ洗顔料ランキング3

洗顔が肌にとても大事なことがわかったところで、巷にあふれる洗顔料から自分にピッタリの商品を見つけ出すのもなかなか至難の業です。ここでは、当サイト厳選の毛穴汚れおすすめ洗顔料をランキング形式にしてみましたので、ぜひ参考に見てみてください。

どろあわわ

泥と泡で毛穴の悩みに働きかける「どろあわわ」。逆さまにしても落ちないほどのもっちりとした濃密泡が、毛穴の奥の汚れまでしっかり届き、クレイ成分で汚れを吸着してすっきり落とします。吸着泥の成分は「マリンシルト」と「ベントナイト」。もっちり泡で弾力たっぷりに洗い上げるから、肌への負担も少ないのです。

さらに豆乳発酵液、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸、黒砂糖エキスの保湿成分入りで、つっぱりを感じにくい洗い上がりへ。どろあわわは、110g入りで定期コースが初回限定税別1,490円。2回目以降は税別2,831円です。6回以上続けるコースは2回目以降が税別2,533円と、さらにお得に続けられますよ。口コミも見てみましょう。

  •  
  • 使用感としては、
    洗い上がりはさっぱりしていますが、つっぱったりはしません。肌のトーンも上がって、その後の化粧のりがとてもよかったです。 洗顔ネットで泡立てるとモチモチの泡がたっぷりできるので楽しいです。 これからも使い続けたいです。

    @コスメ

undefined
あっきー
この口コミのように、すっごいもっちりな泡がクッションのように肌を洗い上げてくれて、すごく気持ちいいんです。クレイ成分配合で洗い上がりは「キュッ」とする感じなので、さっぱり派のあなたにおすすめです。

公式サイトはこちら

ビーグレン クレイウォッシュ

天然クレイ成分「モンモリロナイト」配合のビーグレン「クレイウォッシュ」。汚れにピッタリクレイ成分が吸着して、逃しません。さらに肌の油分と水分のバランスをとる働きで、うるおい感にあふれる肌に導きます。その秘密は4つの美容成分。グリチルリチン酸ジカリウム、スクワラン、カモミラエキス、ヒアルロン酸が、汚れと交代で肌にしっかり働きかけます。

さらにこの洗顔料は、洗顔料なのに泡立ちません。まるでクリームのようななめらかなテクスチャーで、肌を包むように洗い上げるのです。ビーグレンのクレイウォッシュは150g税抜3,800円。定期コースなどはありませんので、いつでも必要な時に購入しましょう。送料も無料なのでお財布にも優しいのです。さらに365日返品・返金保証があり、万が一肌に合わないときでも安心ですね。

  •  
  • 特定の匂いがせず、
    顔(肌)に無理なくフィットする感じが気に入っています。「クレイ」と言うだけあって、自然な使い心地がして、ごしごしこすらずともメイクが落ちます。洗顔した後に顔が突っ張る感じや肌が疲れる感じが軽減されました。

    ビーグレン公式通販サイト

undefined
はるこさん
肌に無理なくフィット!まさにそんな感じね。無理やりこそげ落とすんじゃなく、癒しながら汚れを吸着する感じが「攻めも守りもこなす一流選手」って印象よ。仕事から疲れた後はこんな毛穴ケアアイテムでゆっくり癒されたいわぁ。

公式サイトはこちら

然り(しかり)よかせっけん

「つかってみんしゃいよか石けん」をご存じの人もいるでしょう。その石鹼のリニューアルバージョンです。リニューアル前の商品よりもさらに細かく、毛穴より小さい超微粒子パウダー状になった火山灰の成分が毛穴の奥の汚れをしっかり吸着するよう働きます。

ジャータイプでとても使いやすく、最後までしっかり使い切れるのも嬉しいポイントでしょう。チューブタイプもあります。さっぱり度が高めなので、オイリー肌の人に特におすすめです。

よかせっけんは、定期コースなら毎月税別1,705円の送料無料。続けやすい価格で、定期コースの縛り回数も無いのでまずは気軽に始めてみるのはいかがでしょうか。毛穴の引き締め効果が高いとの口コミ、多数です。

  •  
  • 思春期ニキビに悩んでいる子どもに購入しました。
    子どもには贅沢~と思いましたが試しに購入。、もっちりした泡が気に入っているようです。肌に吸いつき、汚れが…角栓が…毛穴から出てきますように~と鏡に向かいやってます。年頃ですね…。

    Amazon

undefined
あっきー
もちろん、大人ニキビにもいいんですよ。もっちりですが泡がやや硬めなので、こするのではなく泡マッサージするように洗うといいですね。ふわふわで、眠くなるような心地よさです。

公式サイトはこちら

undefined
はるこさん
それじゃ、この3つの商品を表で並べてみましょう。比べてこそわかることがあるかも?早速行くわよ。

どろあわわ

110g
注目の成分マリンシルト
ベントナイト
使用感普通~さっぱり
価格定期コース
初回1,490円(税別)
2回目以降2,831円(税別)
特徴6回以上の定期コースはさらにお得に

ビーグレン クレイウォッシュ

150g
注目の成分モンモリロナイト
グリチルリチン酸ジカリウム
スクワラン
カモミラエキス
ヒアルロン酸
使用感しっとり
価格3,800円(税別)
1つから送料無料
特徴365日返品・返金保証

然り よかせっけん

88g>
注目の成分シリカパウダー
コラーゲン
アロエエキス
ローヤルゼリー
使用感さっぱり
価格定期コース1,705円(税別)
特徴ポイント制度あり

気になる商品はありましたか?「うーん、どれも良さそうで決められない……。」そんなあなたは、ドラッグストアで手に入りやすい商品も一緒にチェックしてみましょう。どんな商品があるか、効果はどうか、評判はどうか、あなたの代わりにしっかり調べてきましたよ。

ドラッグストア編・市販の人気洗顔料の口コミは?

では次から早速、ドラッグストアやAmazon、楽天などで購入しやすい市販商品をチェックしていきましょう。

資生堂 専科 パーフェクトホイップn

資生堂の「パーフェクトホイップ」名前の通り、手で泡立てるだけでもっちりとした泡ができる洗顔料です。しかも市販価格は120g400円前後と、ワンコインでおつりがくるところもすごい。1本で約2カ月使えますから、コスパの良さは他の追随を許さないでしょう。さらに天下の資生堂ブランドなので、ドラッグストアなら大抵どこにでも置いてある入手のしやすさもポイントです。

では、ブツブツ毛穴にいいか……と言うと、「可もなく不可もなく」と言ったところ。もふもふの泡で包み込むように洗えるのはいいのですが、かと言って汚れを吸着するような成分は配合されていないので、人によっては物足りなさを感じるでしょう。

  •  
  • 弾力のある、しっかりとした泡で、
    心地よく洗顔できます。 泡で、肌をやさしく包み込んでくれます。 香りも特に癖が無く、使用しやすく感じます。 洗い流した後は、さっぱりとしており、適度な潤いと、肌に弾力があり、汚れもしっかりと洗い流せたような気がます。

    Amazon

あまり毛穴に問題がなく、もっちり泡で癒しの洗顔タイムを楽しみたい!そんな人にはおすすめアイテムです。しかし今回はブツブツ毛穴に悩む人向けにリサーチしているので、その点からいえばまさに「悪くはないが特別良くもない」、と言ったところです。

楽天はこちら

ロゼット 洗顔パスタ

この商品名を目にしたことがある人も多いかもしれませんが、実はとっても種類の多い商品です。ジャータイプで4種類、チューブタイプは、なんと驚きの13種類!「どんな肌質もどんとこい」と言うような、ロゼットの懐の深さが垣間見えます。

まさにそれを象徴するように、白泥、海泥、ガスール、氷河泥、アクネクリアとクレイ成分だけでも5種類。ロゼット洗顔パスタだけで、あなたの「なりたい肌」になれるかもしれません。

undefined
あっきー
ちなみに洗顔パスタの「パスタ」って何ですかね。見るたびに麺類のパスタで顔を洗っているところを想像しちゃうんですけど。
undefined
はるこさん
そんなこと考えるの、あっきーだけだから大丈夫よ。ちなみに「パスタ」は、「粉を練りこんでペースト状にしたもの」と言う意味だそうよ。つまりロゼット洗顔パスタは、全部何らかのパウダーが入ってるってわけね。

クレイ成分が5種類に加え、ニキビ対策の「イオウシリーズ」、年齢肌対策の「古来美人」シリーズがあります。すべてに共通するのはパウダー入り洗顔料であることと、チューブ入りで120g500円程度のワンコインで購入できること。お財布と毛穴に嬉しいアイテムと言えそうです。あまりにも種類が多いので、口コミはチューブ入りでクレイ成分の「海泥スムース」についてチェックしましょう。

  •  
  • もともとアラフォーなので、
    色々なけあには悩んでいたので、この手の商品は試したいと思っていたのでちょうどよかったです。 しっかりとした泡が顔の上に乗せても潰れることなく、まさに「泡で洗顔する」を体感している状態。 洗い流した後は少し乾燥を感じたので、早めに保湿しました。けど、ロゼットのセラミドゲルも愛用しているので乾燥は問題なし。

    Amazon

スッキリ毛穴汚れを吸着する分、乾燥を感じたと言う口コミも目立ちました。もともと乾燥肌の人は先ほどの「ビーグレイ・クレイウォッシュ」のような、保湿しながら洗い上げる商品がいいかもしれません。普通肌~オイリー肌で毛穴に悩んでいる人向けでしょう。

楽天はこちら

キュレルの皮脂トラブルケア用泡洗顔料

乾燥肌で、さらにトラブルに悩む人におすすめしたいのは「セラミド」の成分です。ただしこのキュレルのセラミドは「疑似セラミド」と呼ばれるもので、人の肌に存在するセラミドとは構造に少し違いがあります。その分「ヒト型セラミド」配合の洗顔料よりも安価で手に入り、まずはセラミドの力を試してみたいと言う人にいいでしょう。

トラブルケア用洗顔料の名の通り、非常に肌あたりがやさしく、泡で出てくるので泡立てる必要もなく、使いやすい便利な商品です。もちろん素肌と同じ弱酸性。その分毛穴汚れに対しては効果はいまひとつ、と言うところでしょう。肌トラブルが多くまずは乾燥している肌の立て直しからしていきたい人におすすめです。市販価格は150mlで1,300円前後となっています。

  •  
  • 低刺激の洗顔料を探していて、
    コレを使って3日目ですがすごく良かったです。 今年になってから肌トラブルが出てきて、色んな洗顔料を試しても洗顔後につっぱり感やヒリヒリかゆみを感じる部分があったのですが、コレはまったく違和感無く安心して使えています。

    @コスメ

通常の洗顔料や石鹸ではヒリヒリ感を感じてしまう人に、とても評価の高い商品でした。弱酸性の洗顔料すべてに言えることですが、そもそも界面活性剤で洗うため泡立てる必要が少なく、どの商品も「泡立ちが悪い」と言う点があります。

泡で洗うのではなく「水クレンジング」のように、水で洗うようなイメージでいいかもしれません。 泡立ちが悪いからと、無理に泡立てる必要はあまりないと言うことです。この商品も「泡がすぐへたる」とのコメントが多いので、その点は考慮しておきたいですね。

楽天はこちら

なめらか本舗クレンジング洗顔 豆乳イソフラボン

大豆発酵エキスの保湿成分入りで、しっとり優しく洗い上げるのが「なめらか本舗クレンジング洗顔 豆乳イソフラボン」。白いパッケージに、大豆を思わせる橙色の柄が印象的な商品です。大容量タイプなら200g800円前後と、こちらもとてもお財布に優しい価格設定。無香料・無着色・無鉱物油の「3ない」で、あなたの肌を優しく洗い上げるでしょう。

ただしこちらも「パーフェクトホイップ」のように基本的な洗浄成分に申し分はないものの、それ以上を期待するとやや物足りなさを感じるかもしれません。弾力とうるおいに力を入れた洗顔料なので、毛穴ケアに関しては2度洗いなどをしている人も多いようです。毎日の汚れを優しく洗い流したいときに使いたいアイテムではないでしょうか。

  •  
  • 無香料、低刺激で、やや緩めの柔らかい泡立ち
    洗浄力はそれほど高くなく、しっとり系です クレンジング効果は期待できないと思います ただつっぱることはないので気に入っております

    Amazon

undefined
あっきー
「攻め」の洗顔料ではなく、どちらかと言えば「守り」に徹している洗顔料と言えそうですね。基本的な仕事は充分こなしてくれますししっとりもしますが、健康な肌の人の日常ケア用と言えそうです。

楽天はこちら

クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング

りんごのパッケージが印象強い緑の透明ソープ「クレンジングリサーチソープ」の洗顔フォーム版パパイン酵素・キウイエキス・スクラブ配合で、さらにAHA(フルーツ酸)入り。例えるなら、勇者が剣だけでなく斧やナイフやムチに魔法の杖まで持っているような、かなり攻撃力の強い洗顔料に仕上がっています。

ハッキリ言えば、汚れや古い角質は他の洗顔料に比べてかなりしっかり落ちるでしょう。ただ、「落としすぎてしまう」危険性もあります。フルーツ酸は、弱いピーリング成分です。強制的に肌をゆるめ、角質を落としやすくします。さらにパパイン酵素は角質のたんぱく質汚れを落とす働きがあるので、ダブルの働きで初めて使った後は洗い上がりが今までにないツルツルさでびっくりするかもしれません。顔のあかすりを行ったようなものです。

ただしこの最初の使い心地がクセになって毎日使い続けると、強い肌でない限り乾燥を感じてきてしまうかもしれません。あかすりを毎日するようなものなので、あくまで一時的な使用にとどめ、毎日の使用は控えた方がいいでしょう。できる事ならばここまで攻撃力の強いものは肌に必要ないので、もう少し優しい商品を選ぶことも視野に入れましょう。

もし気に入って使ったとしても、ニキビや毛穴が気になる時の週に1度程度のケアに留めるのが良いでしょう。スクラブは刺激が強いのでスクラブなしを選ぶのがいいかもしれません。保湿力はほとんどありませんから、洗顔後はいつもよりしっかりした保湿をしてください。120g1,000円前後です。

  •  
  • 洗顔料は最早これしか使っておりません。
    というのも凄く良く落ちるから。そして安価。 泡立ちしやすいし、実に使いやすい商品です。 ただし、こちらの商品はスクラブ入りですので、 ゴシゴシこすると肌が痛むので要注意。 スクラブ入りで無くてもゴシゴシは禁物ですが、スクラブ入りですとちょっと長く磨いたり、 ちょっと強くこするだけで肌が赤くなったりするので加減が必要ですね。 自分は特に肌が弱いのでそうなるのかもしれませんが。。

    Amazon

やはりスクラブ入りなのがネックですね。同じクレンジングリサーチでも、ソープや「敏感肌用」と書かれているスクラブなしの商品がありますから、そちらを選んでもいいでしょう。

気づいている人もいるかもしれませんが、角栓ができる原因の1つは「肌への刺激」です。スクラブは肌への刺激になり得ますから、避けた方が無難なのです。

楽天はこちら

undefined
はるこさん
それじゃ、例によってこの5つを表で比べてみましょう♪

資生堂 専科パーフェクトホイップn

120g
注目の成分シルクエッセンス 
Wヒアルロン酸
使用感ややしっとり
価格400円前後
特徴たっぷりの泡で洗う

ロゼット 洗顔パスタ(海泥スムース)

120g
注目の成分海泥
ローズエキス
使用感さっぱり
価格500円前後
特徴パウダー入り洗顔

キュレル 皮脂トラブルケア用泡洗顔料

150ml
注目の成分疑似セラミド
ユーカリエキス
使用感とてもしっとり
価格1,300円前後
特徴セラミド入り
弱酸性

なめらか本舗クレンジング洗顔 豆乳イソブラボン

200g
注目の成分豆乳発酵エキス
植物性コラーゲン
使用感しっとり
価格800円前後
特徴豆乳でしっとり

クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング

120g
注目の成分AHA(フルーツ酸)
パパイン酵素 
キウイエキス
使用感とてもさっぱり
価格1,000円前後
特徴ピーリング成分配合

先ほどの通販商品「どろあわわ」などに比べると、どれもとても安価な分毛穴には思ったような働きが無かったり、かと思えばかなりの攻撃力があったりとやはり自分にピッタリの商品を選ぶのが少し難しくなっています。もちろんこれだけにとどまらず、皮膚科などでも推奨されることのある「牛乳石鹸青箱・赤箱」などと言う選択肢もあります。石鹸素地と乳脂を主成分としたシンプルな成分で作られている石鹸で、青箱はさっぱり、赤箱はしっとりと言った特徴があります。本当に色々あって、迷ってしまいますね。

どの場合も大切なのは自分の肌質と相談すること、使ってみて合わないと感じたら使いかけでもきっぱりやめることです。

undefined
あっきー
市販品から選ぶのもやっぱり難しそう、そんなあなたは、ちょっとUターンして先ほどの「どろあわわ」などの通販商品をチェックしてみてください。どれもしっかり毛穴に働きかけてくれる成分入りですが強すぎる洗浄力ではないので、毎日使うのにもおすすめですよ。

▼毛穴ケアにおすすめの洗顔料をもっと知りたい人はコチラもチェックしてみてくださいね。
毛穴の黒ずみが取れる洗顔料おすすめ30選!正しいスキンケアでつるつる肌♪

毛穴に効く!正しい洗顔方法

自分に良さそうな洗顔料が入手できたら、あとは洗うだけ。手に取って適当に泡立ててわしゃわしゃ~と、洗ってはいませんか?最後に大切なのは洗い方。あなたがもっとキレイになるためにも、ブツブツ毛穴にさよならするためにも、正しい洗顔方法を今一度考えましょう。

基本の洗い方

洗顔料とぬるま湯があれば、あとは洗うだけ。泡立てネットや泡立て用アイテムがあれば、一緒に用意しておいてください。

正しい洗顔のポイント

  • 手をきれいに洗う
  • ぬるま湯で「予洗い」して、毛穴を開かせる
  • 洗顔料をしっかり泡立てる
  • Tゾーンから洗い始める
  • 次にUゾーンを洗う
  • 頬を泡のクッションで洗う
  • 最後に目や口のわきを洗う
  • 洗面器にためたぬるま湯で洗い流す
  • タオルで水を吸収させるようにして拭く
undefined
あっきー
け、結構多いですね……覚えられますかね。
undefined
はるこさん
「肌に優しく」を考えていれば難しいことはないわ。さ、てきぱきと細かい注意点をチェックしていくわよ。

・まずは、手が汚れていては話になりません。手をキレイにしましょう。

・次にぬるま湯で予洗いです。毛穴を開かせると同時に、ほこりや花粉も落としていきます。洗顔料はこれでもかと言うくらい泡立てます。手ではなく泡で洗うことを意識するようにしましょう。

・油脂分の多いTゾーン、大人ニキビの出やすいUゾーン(顎~フェイスライン)、優しく洗いたい頬、皮膚の薄い目や口の順で洗います。

・洗顔料を落とすときは洗面器にためたぬるま湯を、手ですくってすすぐようにします。シャワーをバーッと顔に浴びて落とすのはできるだけ避けましょう。スッキリ落ちますが、肌には意外と刺激になります。

・最後にタオルはポンポンと乗せるように水分をふき取りましょう。ゴシゴシこするのはNGです。

▼洗顔方法をもっと知りたい人はコチラもチェックしてみてください。
【保存版】正しい洗顔方法|肌トラブルは顔の洗い方で予防できる

 酵素洗顔やピーリング石鹸の注意点

毛穴のブツブツの原因角栓は、古い角質と脂分が混じってできたものでしたね。その割合は7:3。実はたんぱく質汚れの方が、角栓の中身は多いのです。

そこで活用したいのが酵素洗顔。通常の洗顔料ではなかなか落ちにくいたんぱく質汚れにも効果的に働きかけます。 ピーリング石鹸は、角質を柔らかくする成分で、その働きにより今ある角質を剥離しやすくし、新しい肌に変えていくサポートをします。この2つの働き、どちらも毛穴には良さそうですが、注意点はあるのでしょうか?

酵素洗顔やピーリング石鹼、スッキリするから毎日使ってもいい?

毎日では刺激が強くなることも。週に1度~月に2回程度のスペシャルケアにしてください。

酵素洗顔もピーリング石鹸も、どちらもやや強制的に今ある角質を取り除こうとする力があります。「今あるものを強制的に」と言えば、そう、毛穴パックがありましたね。もちろんそれに比べればダメージは小さいものの、毎日使えば正常な肌に影響が出るかもしれません。 とは言え、角栓が詰まりやすい人は「肌の便秘」である角栓をできるだけ作りにくい肌にしたいでしょう。

健康な肌の人に限り、これらのアイテムを週1程度のスペシャルケアとして活用しましょう。乾燥肌や敏感肌の人はただでさえバリア機能に乏しく影響を受けやすいので、あまり積極的に使用しない方がいいでしょう。

スペシャルケアとして使うときはどんな風に使うの?

毛穴の気になるところに、部分的使用がおすすめです。

スペシャルケアとは言え、やはり肌全体に使うのは抵抗があります。肌全体に使うのは、夏の終わりに紫外線をうっかり浴びてしまい肌がごわごわしているときなど、限定的な場面にしましょう

通常は毛穴の気になる部分にのみ使用します。小鼻のブツブツが気になるなら小鼻のみ、と言った使用法です。小鼻がすっきりしたら、小鼻の保湿も他の部位よりスペシャルにしてあげてください。 

undefined
はるこさん
どうしても肌全体のピーリングを本格的にしたい!と言うときは、自己流ではなく美容皮膚科で「ケミカルピーリング」をするのがいいわ。専門家のもとで行う方が安心よ。

洗顔ブラシは有効?

「洗顔は泡で洗う」のが基本ですが、数々の洗顔グッズもありますね。硬め洗顔ブラシ(歯ブラシの大きいもの)、柔らかめ洗顔ブラシ(極細柔らかな毛先のもの)、洗顔パフ、こんにゃくスポンジなど。「できるだけ優しく洗う」のが第一ですが、これらのグッズを使うのはどうなのでしょう。

結論から言えば、硬めの洗顔ブラシは避けるようにしてください。硬い洗顔ブラシはもともと海外でのユーザーが多く、皮膚が薄い日本人にはあわないと言う声が多く見られます。あの硬いブラシでゴシゴシこするのは、せっかく肌が頑張ってキレイに整えている角質細胞を、自ら壊しにかかるような行為です。

柔らかい洗顔ブラシは「極細」が売りですが、洗顔料をつけてしまうと「一束」になってしまい、あまり極細感が生かしきれません。あくまで優しく泡で洗うことを目的とし、スペシャルケアとして使いましょう。洗顔パフ、こんにゃくスポンジも軽いマッサージやピーリングの働きが期待できるので、週1程度での使用がいいでしょう。

先ほどと同じように、敏感肌や乾燥肌の人は積極的な使用はやめておきましょう。

毛穴美人の第一歩は洗顔から

やはり最も大切なことは「刺激しないようにあくまで優しく洗う」と言うことです。「ゴシゴシ洗わないとスッキリしないし、ゴワゴワするのよね」と言う人は、そのゴシゴシ洗顔に慣れてしまった肌が刺激に耐えられるように、硬くこわばっているためです。

少しずつ優しい洗顔に変えていき、ふわふわの肌になることを目指していきましょう。ふわふわの肌になれば毛穴汚れも自然に排出されやすくなります。毛穴美人になるために、今日できる事から始めていきましょう。